logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本

癒し効果と運気アップにおすすめ!関東のパワースポット25選!





人生には自分の努力だけではどうにもならないことがあります。

例えば、ずっと健康でいたいとか、仕事や恋で成功したいとか、もっとお金に恵まれたいとか・・・。
しかし最終的には「運」が味方してくれるかどうかで、結果が大きく左右されてしまいます。

そんな時にすがりたいのは、どうしても「神様」のご利益でしょう。
今回、関東地方にある強力な神様の住まう場所〜パワースポットを厳選してご紹介します。

これから挙げるパワースポットで運気をたっぷり上昇させて、幸運をつかんでしまいましょう!

関東のおすすめパワースポット11:大宮氷川神社( 埼玉

 

 

埼玉県内のパワースポットとして、トップクラスにランク付けされるのが大宮氷川神社。

荒川流域を中心に200社以上ある氷川神社の総本社であり、宮中の四方拝で遥拝される格式の高い神社です。

そのパワーの強烈さは、著名な占い師や霊能者も絶賛するほどです。

 

 

氷川神社とは「素戔嗚尊(すさのおのみこと)」を祀る神社のことです。

素戔嗚尊は天照大神の弟神で、ヤマタノオロチを退治して出雲建国を成し遂げた神様として有名です。

荒川は農業用水として重要な藩麺、暴れ川として度々氾濫を起こしていました。

 

その荒川をヤマタノオロチに見立てて、氾濫を鎮めた素戔嗚尊を祀るようになったといわれています。

また、氷川という名前は出雲の斐伊川(ひいかわ)に由来するとされています。

その氷川神社の総本社だから「大宮」、地名の大宮(さいたま市大宮区)もこの神社から採っています。

 

大宮氷川神社の沿革

 

大宮氷川神社は、第5代天皇・孝昭天皇の時代に創建されたと伝えられています。

2400年以上の長い歴史をもつ神社なのです。

第12代天皇・景行天皇の時代に、出雲の民がこの地を開拓して出雲神を祀るようになったとされます。

 

大宮氷川神社の境内がある場所には、江戸時代の中頃まで「見沼」とよばれる広大な沼がありました。

もともとは、この見沼の水神を祀っていたと考えられています。

 

その後平安時代の延喜式神明帳で破格の社式が与えられ、鎌倉-江戸時代には武家の守り神として崇敬されてきました。

明治になって、明治天皇が関東の神社として初めて同神社を訪問されました。

 

祀っている神様

 

 

●素戔嗚尊

●稲田姫命

●大国主

 

稲田姫命は素戔嗚尊の妻神で、ヤマタノオロチの生贄になりそうなところを素戔嗚尊に助けられた「クシナダヒメ」

大国主は両神の子「オオクニヌシ」で、出雲神話の中心神です。

 

大宮氷川神社のご利益

 

 

素戔嗚尊と稲田姫命はとても仲のよい夫婦だったと伝えられることから、「夫婦円満」「縁結び」にご利益があるといわれます。

人間関係がスムーズになり、仕事運にも効果を発揮します。

出雲大社の主祭神でもある大国主は、「縁結び」の神様として有名です。

 

大宮氷川神社境内のパワースポット

 

神池

 

 

かつて存在した見沼の名残で、龍神伝説がある強力なパワースポットです。

全てを洗い流す浄化効果が期待できます。

 

門客人神社

 

 

隠れ神といわれる先住の水神・アラハバキ神を祀っています。

今の主祭神である出雲3神を祀る以前から、この地を守ってきた縄文の神様です。

この神様もきちんと参拝することで、より高いパワーを期待できます。

 

氷川丸

 

 

横浜の観光スポット・山下公園のシンボル「氷川丸」。

この氷川丸もまた、大宮氷川神社に縁のある船です。

昭和5年(1930年)に竣工した豪華客船で、横浜-シアトル間を運航していました。

太平洋戦争中には海軍の病院船として徴用され、3度も触雷しましたが、奇跡的に沈没を免れてきたのです。

 

氷川丸の神棚では、大宮氷川神社の祭神を祀っていました。

この奇跡も、大宮氷川神社のパワーに守られていたのかもしれません。

 

大宮氷川神社の観光情報

 

名称 : 大宮氷川神社

住所 : 埼玉県さいたま市大宮区高鼻町1-407

アクセス :

【電車】JR「大宮駅」・東武線「北大宮駅」徒歩15分
【自動車】首都高速埼玉新都心線「新都心西IC」約15分、東北自動車道「岩槻IC」約20分

電話番号 : 048-641-0137

 

 


関東のおすすめパワースポット12:三峰神社(埼玉)

 

 

大宮氷川神社と双璧をなす埼玉県の最強パワースポット、三峰神社(みつみねじんじゃ)。

奥秩父地方の標高1100メートルの高台に聳え、決して交通の便がよいとはいえません。

しかし、多くの著名人が訪れるスポットであり、参拝者が崇敬してやまない魅力と特徴にあふれています。

その魅力と特徴とはどんなものでしょうか?

 

 

三峰神社の魅力と特徴

 

天空の神秘

 

 

 

標高1100メートルにある境内は、まさに雲の中の世界・・・。

とても神秘的で、荘厳な空気に包まれます。

三峰神社は、晴れた日に参拝するより雲がかかった日の参拝する方がご利益があるといわれます。

霊的なパワーに導かれていることを実感します。

 

三ツ鳥居

 

 

三峰神社の鳥居は少し変わっています。

通常の鳥居の両脇に小さな鳥居が組み合わさった「三ツ鳥居」なのです。

この鳥居の形式は、三峰神社を含めて7ヵ所しかありません。

 

オオカミ信仰

 

 

三峰神社の狛犬は、実はオオカミなのです。

日本武尊をこの地に導いたのが、オオカミだったといわれており、神の使いとして扱われているのです。

オオカミは「大神」に通じ、縁起のよい動物といわれています。

悪運を取り払ってくれるご利益があります。

 

白い「気」のお守り

 

 

毎月、その月の朔日のみ頒布されるのが白い「気」のお守りです。

このお守りを入手すると抜群のご利益があるといわれます。

元フィギュアスケートの浅田真央選手が入手したことでも話題になりました。

三峰神社の気が凝縮した白いお守りは、行列必至でも入手したいものです。

 

三峰神社の沿革

 

 

 

三峰神社は景行天皇の御代、日本武尊が東征の折りにこの地で、イザナギ・イザナミの両神を祀ったのがはじまりとされています。

2000年近い歴史をもつ神社です。

鎌倉時代初期の武将・畠山重忠は当神社に深く帰依し、御神木の杉の木を奉納しました。

現在樹齢800年を超える御神木は、深呼吸して触れると抜群のパワーを授かることができるといわれます。

 

祀っている神様

 

●伊弉諾尊(いざなぎのみこと)

●伊弉冉尊(いざなみのみこと)

 

両神様は、神産み・国産みの神として知られ、天照大神、素戔嗚尊の両親です。

 

三峰神社のご利益

 

 

三峰神社は山の強い気が流れ込む竜穴パワースポットであり、ほとんどの願い事が成就するといわれます。

悪い気を浄化する効果は抜群とされます。

特に昔から、「火除け」のご利益はてきめんで、江戸の街の殆どを焦土と化した「明暦の大火(1657年)」の際にも、三峰神社のお札を貼っていた家だけが燃えなかったとの言い伝えもあります。

 

三峰神社の観光情報

 

名称 : 三峰神社

住所 : 埼玉県秩父市三峰298-1

アクセス :

【電車】西武鉄道「西武秩父駅」より三峯神社行き急行バスで約1時間30分、又は、秩父鉄道「三峰口駅」より三峯神社行き西武バス
【自動車】関越自動車道「花園IC」より約1時間30分

電話番号 : 0494-55-0241

 

 

関東のおすすめパワースポット13:鷲宮神社(埼玉)

 

 

 

最近ではアニメ「らき☆すた」の聖地として、すっかり有名になった鷲宮神社。

その影響で参拝者が激増し、今や埼玉県内の初詣参拝客数で2位(1位は大宮氷川神社)にランクインするに至っています。

この鷲宮神社、実は「関東最古の大社」といわれる由緒ある神社なのです。

 

 

鷲神社とは日本武尊ゆかりの神社であり、大鳥神社を社名とするものも含めて全国に存在します。

商売繁盛の祭り「酉の市」を行う神社として知られています。

鷲宮神社は、関東の鷲神社の総本社に位置付けられているのです。

 

 

また、境内には龍神様がお住まいになっているといわれる「光天之池」があり、当神社内最強のパワースポットとなっています。

 

鷲宮神社の沿革

 

 

伝承によると神代の昔、天穂日命と御子神の武夷鳥命が東国を経営するために一族でこの地に移住、大国主命を祀ったのがはじまりとされています。

もともとこの場所には、土器を作る集団・土師氏(はじし)が住んでいて土師の宮とよばれていました。

それが年月を経るに従って鷲宮とよばれるようになったようです。

 

この鷲宮神社は、実際にはかなり古い時代から存在していたようですが、書物に登場するのは、『吾妻鏡』の建長3年(1251年)の記載が最初です。

中世以降には、関東の総社また関東鎮護の神として、武将の尊崇が厚く、歴史上有名な武将だけでも源義経・北条時頼・新田義貞・武田信玄・豊臣秀吉の寄進を受けたといわれます。

江戸時代には徳川将軍家からも篤く庇護されていました。

明治以降も、明治天皇・昭和天皇より幣帛の奉納がなされました。

このように、非常に由緒・格式のある神社なのです。

 

祀っている神様

 

主祭神

 

●天穂日命

●武夷鳥命

●大国主命(大己貴命)

 

合祀祭神

 

●天照大神 ほか8柱

 

鷲宮神社のご利益

 

主祭神3柱に下記のご利益があるといわれます。

 

●天穂日命:商売繁盛 出世金運 厄除け

●武夷鳥命:交通安全

●大国主命(大己貴命):家内安全 縁結び 病気治癒、開運招福

 

また、鷲宮神社は神事芸能である神楽・土師一流催馬楽神楽(鷲宮催馬楽神楽)は、国の重要無形民俗文化財に指定されています。

年末に開催される「大酉祭」は大変活気に満ちており、ぜひ訪れたいものです。

 

鷲宮神社の観光情報

 

名称 : 鷲宮神社

住所 : 埼玉県久喜市鷲宮1丁目6-1

アクセス : 東武伊勢崎線鷲宮駅から徒歩で7分

電話番号 : 0480-58-0434

 

 


関東のおすすめパワースポット14:香取神宮( 千葉

 

 

香取神宮は関東地方、特に利根川・江戸川流域に約400社ある香取神社の総本社です。

非常に古い歴史をもつ神社であり、千葉県下最強のパワースポットといわれています。

先にご紹介した鹿島神宮とは、とても深い縁で結ばれていて、両神社を合わせて参拝すれば開運アップ間違いなしです。

 

鹿島神宮と香取神宮のある場所には、かつて「香取海」という内海が広がっていました。

現在の霞ヶ浦、印旛沼、多賀沼を含む一帯です。

この岸辺に鎮座している両神社は、大いなる水のパワーを秘めた関東の守護神として、古代から君臨してきました。

格式が高く、鹿島神宮・息栖神社とともに東国三社の一社でに数えられます。

 

香取神宮の沿革

 

 

香取神宮の創建は遥か古代・・・神武天皇18年と伝えられているので、2600年以上の歴史があります。

8世紀初頭に編纂された『常陸風土記』に香取神宮の記述があることから、この頃には確実に存在していたようです。

 

鹿島神宮と同じように、藤原氏の氏神として崇敬され、奈良の春日大社創建の際には香取神も勧請されています。

武神の神社として、中世以降は時の武家権力者から深い帰依を受けてきました。

 

祀っている神様

 

●経津主神(ふつぬしのかみ)

 

経津主神は、霊剣・布都御魂の威力を神格化した刀剣の神様です。

鹿島神宮の主祭神・武甕槌と同様に、武神して崇められています。

日本神話では、武甕槌と一緒に大国主命と国譲りの交渉を行った神様になっています。

現在でも武道場などで、武甕槌とともに御神札が掲げられていることが多いようです。

 

香取神宮のご利益

 

 

仕事運や勝負運、および人生を総合的に導いてくださるパワーをもっています。

何か新しいことにチャレンジしたい時には最適です。

 

香取神宮の観光情報

 

名称 : 香取神宮

住所 : 千葉県香取市香取1697-1

アクセス :

電車:JR佐原駅からバス15分

マイカー;東関東自動車道・佐原香取ICより5分

電話番号 : 0478-57-3211

 

 

関東のおすすめパワースポット15:成田山新勝寺(千葉)

 

 

成田山新勝寺は、千葉県下だけでなく全国的にも有名な名刹です。

初詣参拝客数は明治神宮について2位(仏閣では1位)にランクインされています。

 

 

「成田山」と称する別院・末寺は北海道から九州まで存在していますが、当寺はその中核寺院です。

空海を祖とする真言宗智山派の大本山になります。

またこの寺は節分の豆まきに、大相撲力士や芸能人が参加することでも知られています。

 

成田山新勝寺の沿革

 

 

成田山新勝寺の創建は平安時代の天慶2年(939年)に遡ります。

この年に関東で発生した「平将門の乱」が発生しました。

乱を鎮めるために、朝廷より派遣された僧・寛朝が当地にて祈祷したことが起源とされています。

寛朝は、空海作の不動明王像を都から持参しており、この不動明王像が御本尊になっています。

新勝寺という名前は、「また新たに勝つ」との縁起から名付けられ、東国鎮護の寺院として栄えました。

 

この沿革は、ひとつの因縁を発生させました。

平将門公をご神体とする神社からすれば、絶対に認めることができないのです。

今でも神田明神・築土神社など、将門公を祀る神社の氏子・崇敬者は、新勝寺の参拝はタブーとされています。

 

その後しばらく廃れていましたが、江戸時代に当寺に帰依した歌舞伎役者・市川團十郎が、屋号を「成田屋」と名乗ったことにより再び栄えるようになったのです。

 

成田山新勝寺の御本尊

 

 

成田山新勝寺は、先述のように開祖・空海自ら彫ったとされる不動明王像です。

不動明王とは、真言密教の最高仏に位置付けられる「大日如来」の変化した姿のことです。

その恐ろしい姿とは裏腹に、煩悩を断ち切って正しい道に導き、すべての人を救ってくださる慈悲深い仏様とされています。

 

成田山新勝寺のご利益

 

 

交通安全、家内安全にご利益があるといわれます。

降りかかる厄難を、消除するパワーに優れています。

金運アップ、人気上昇の祈願にも効果的とされます。

 

また大本堂、釈迦堂、出世稲荷、奥の院、平和の大塔は特に強力なパワースポットですので、必ず参拝することをおすすめします。

 

成田山新勝寺の観光情報

 

名称 : 大本山 成田山

住所 : 千葉県成田市成田1番地

アクセス :

【電車】JR成田線「成田駅」徒歩10分、京成電鉄「京成成田駅」徒歩10分

【車】 東関東自動車道「成田IC」から10分

電話番号 : 047-622-2111

 

 


関東のおすすめパワースポット16:長福寿寺(千葉)

 

 

知名度はいまひとつですが、とてもユニークなパワースポットをご紹介します。

千葉県長生郡(いかにもご利益ありそう!)長南町にある長福寿寺です。

 

 

まずこの寺の正式名称(勅名)は「三図河頭極楽東門蓮華台上阿弥陀坊太平埜山本実成院長福寿寺」・・・日本一長い名前です。

もうひとつ、ここはゾウの寺なのです。

境内にある2体のゾウの像、「吉ゾウ」と「結愛(ゆあ)」があり、願いを叶え、幸せを運んでくれるといわれています。

 

 

長福寿寺はまた紅花の寺としても有名で、毎年6月には7万本の華麗な花を鑑賞できます。

 

長福寿寺の沿革

 

 

長福寿寺は平安時代の延暦17年(798年)、桓武天皇の勅願により最澄(天台宗の祖)によって創建されました。

中世においては日本三大学問所(談義所=僧侶の大学)として寺院子弟の教育にあたり、西に比叡山、東に長福寿寺ありと称せられるほどの名門だったのです。

また、房総三国(上総・下総・安房=現在の千葉県全域)の天台宗大本山として末寺308ヵ所の頂点に立っていました。

 

戦国時代、織田信長の比叡山焼き討ちに際して、長福寿寺は木材を寄進したため、延暦寺は「根本中堂」を再建することができたのです。

江戸時代においては将軍より寺領50石が寄進され、10万石の格式が与えらるほど格式の高い寺でした。

このように、長福寿寺は由緒ただしき大名刹なのです。

 

長福寿寺の御本尊と吉ゾウくん

 

 

長福寿寺の御本尊は「阿弥陀如来」です。

阿弥陀如来は、厳しい修行のすえ悟りを開き、如来となった仏様を指します。

 

また、長福寿寺のシンボル・吉ゾウには下記の伝説があります。

今から430年ほど昔の室町時代、長福寿寺の学頭は豪仙という名僧でした。

ある時、豪仙が護摩修行をしていると、炎の中から1頭のゾウが舞い降りてきたのです。

そのゾウは豪仙に向かって「私は人々を幸せにするためにやってきた。私の足をさすれば必ず幸せになれる。そのことを多くの人々に伝えなさい。」と告げました。

ゾウは古来から仏様の使い・・・豪仙はゾウのお告げを知らしめて多くの人を幸せに導いたとされています。

 

長福寿寺のご利益

 

御本尊の阿弥陀如来は、福寿阿弥陀如来と称し、特に元気力増大・人間関係良好のご利益(りやく)が高いとされています。

また事故除け、就職・転職祈願、試験などの合格祈願の願いも叶えていただけます。

 

願いを叶える吉ゾウのご利益は、金運アップには抜群のご利益があると評判です。

他にも心願成就、病気治癒、家庭円満、長寿祈願にの願いも叶えていただけます。

 

吉ゾウの相方のゾウ・結愛は縁結び、夫婦円満、恋愛成就の願いに効果抜群のようです。

 

長福寿寺の観光情報

 

名称 : 長福寿寺

住所 : 千葉県長生郡長南町長南969-1

アクセス :

電車:JR茂原駅からバスで20分
車:茂原長南IC(圏央道)から車で5分

電話番号 : 0475-46-1837

 

 

関東のおすすめパワースポット17:皇居( 東京

 

皇居

 

皇居ってパワースポットなの?って思われるかもしれません。

実は日本国内でも最強のパワースポットなのです。

皇居は富士山と秩父山系の霊的なパワーが流れ込んでいる強力な龍穴の上にあり、天の気と大地の気が結合し充満している場所です。

どんな悪い運気も即座に解消されるほどの効力をもっているといわれています。

 

 

現在皇居のある場所は、明治維新まで江戸城があったところです。

もともとの江戸は寂れており、風水的にも恵まれた場所ではありませんでした。

そこで徳川家康は江戸に幕府を開く際、ブレーンである南光坊天海の風水の知識を駆使して、強力な都市造りを行ったのです。

 

江戸城が築城された場所は、「仙掌格」とよばれる吉相の地でありました。

天海は、その「仙掌格」に富士山と秩父の霊力が江戸に集まるように工夫し、最終的に江戸城に集中するように設計しました。

 

風水の街・江戸

 

 

江戸城を中心として鬼門(東北の方角)に上野・寛永寺があります。

その方角の延長線上に日光東照宮が控えています。

鬼門封じのため、徳川家に縁のある神社・仏閣を設置したのです。

更に裏鬼門(南西の方角)に芝・増上寺を建立して徳川家の菩提寺としています。

 

その方角を延長すると霊峰・大山が存在します。

徹底した鬼門封じをして、悪い気が江戸城に入りこむことを阻止しているのです。

ちなみに現在の東京を代表する2つのタワー、東京タワーと東京スカイツリーも、この鬼門線上に存在しています。

 

皇居のご利益

 

強力な気で守られている皇居周辺を訪れると、邪気が浄化され全体運がアップします。

半蔵門から二重橋にかけてのエリアが強い気のパワーが感じられます。

皇室のお住まいになっている場所のため、常に清められていて気品のあるところです。

皇居周辺を散策するだけで、気分が高揚して運気向上を実感できると思います。

 

皇居の観光情報

 

名称 : 皇居

住所 : 東京都千代田区千代田1-1

アクセス : JR「東京駅」丸の内中央口徒歩10分

電話番号 : 03-3213-1111

 

 


関東のおすすめパワースポット18:明治神宮(東京)

 

明治神宮

 

初詣で全国1番の参拝客を誇る明治神宮。

明治天皇と昭憲皇太后を御祭神としています。

創建は意外に新しく、大正時代に造営されました。

 

都心のオアシスとなっている広大な鎮守の森は、元から存在したものではありませんでした。

神社創建時に、100年後の完全な自然林化をめざし植林されたものです。

それが今や100年を待たずして自然の森となり、約10万本もの木々が息づいています。

大地からのエネルギーが豊富な証拠といえるでしょう。

 

 

明治神宮のある場所は、先にご紹介した皇居と富士山を結ぶ竜穴脈の合流点にあります。

そのため社域全体が強力なパワースポットとなっております。

境内の中には「清正井」や「夫婦楠」など、パワーは強力といわれる場所も点在しています。

 

明治神宮の沿革

 

明治神宮

 

明治神宮は大正9年(1920年)に、現在の東京都渋谷区代々木に創建されました。

元々は肥後藩主・加藤家の別邸だった場所であり、創建当時は政府管轄の「代々木御料地」になっていたところです。

 

明治天皇は明治45年(1912年)に崩御され、京都の伏見桃山御陵に葬られました。

この時東京市民の間から、東京にも明治天皇を追慕する神社を建設してほしいとの市民運動が巻き起こったのです。

 

司馬遼太郎氏の名作『坂の上の雲』に代表されるように、明治時代は貧しいながらも希望に満ちた時代でした。

極東の弱小国だった日本が、明治時代が終わる頃には世界有数の大国となったのです。

その時代をまとめ、中心的存在であった明治天皇は、国民から広く尊敬されていました。

 

明治天皇の崩御から2年後、皇后だった昭憲皇太后が崩御されました。

ここに明治天皇・昭憲皇太后を祀る神宮建設が具体化し、大正4年(1914年)に内務省告示で正式発表されたのです。

神宮建設にあたっては、延べ12000人近くの市民が自発的に奉仕参加したといわれています。

 

祀っている神様

 

 

●明治天皇(第122代天皇)

●昭憲皇太后

 

明治神宮のご利益

 

明治天皇御夫妻を祀っていることから、縁結び・夫婦円満の効果が高いといわれます。

また新たな人生を送りたいと願っている人には、悪い気を浄化して道を拓いていただけます。

 

明治神宮の観光情報

 

名称 : 明治神宮

住所 : 東京都渋谷区代々木神園町1-1

アクセス :

・地下鉄千代田線「明治神宮前駅」より徒歩約2分
・JR山手線「原宿駅」より徒歩約2分

電話番号 : 03-3379-5511

 

※合わせて読みたい: 都心に佇むパワースポット明治神宮!明治神宮の魅力や、周辺グルメ、観光スポットを解説

 

 

関東のおすすめパワースポット19:神田明神(東京)

 

神田明神

 

東京の地に鎮座して1300年近い歴史をもち、長い間この街を守ってきた神田明神。

首都・東京のまさに中心部~丸の内、大手町、神田、日本橋、秋葉原および築地市場など108の町々の総氏神様です。

 

このエリアは江戸の昔から現在に至るまで、日本の政治・経済・文化の中枢であり続けている地域です。

庶民の身近にある神社として、長い間親しまれ愛されてきています。

 

 

神田明神といえば、毎年5月に開催される「神田祭り」で有名です。

江戸三大祭りのひとつであり、盛大な神輿や山車行列など江戸っ子のパワーを感じさせる楽しいイベントです。

 

もうひとつ忘れてはならないことは、平将門を御神体として祀っている神社であることです。

平将門といえば、「首塚の祟り」とか「反乱を起こした武将」とか・・・マイナスのイメージが先行しますが、実際にはどんな人だったのでしょうか?

そしてなぜ、神様として祀られることになったのでしょうか?簡単におさらいしておきましょう。

 

御神体・平将門

 

 

平将門(?-940)は平安時代中期、下総の国(茨城県南部)の豪族です。

若い頃、京都へ赴いて藤原政権の実力者・藤原忠平に仕えましたが、低い地位しか与えられませんでした。

桓武天皇直系の子孫であり、優秀な人物でしたが、当時の藤原政権では出世の望みが叶わなかったのです。

失意のなか下総に帰国しましたが、土地が叔父たちに横領されていたうえ、命まで狙われること羽目になりました。

 

ここから現地での平家一族の内紛・騒擾がはじまります。

この段階では、朝廷も中立的または将門に同情的でもありました。

 

戦いを優位に進めてきた将門でしたが、常陸国府(県庁)の無礼な態度に激怒して国府を攻撃してしまいます。

この攻撃は、朝廷を敵にまわす結果となりました。

将門はその後次々と国府を攻略し、関東一円を支配下に収めて、自らを「新皇」と名乗るようになります。

 

しかし、将門政権は2カ月しか続きませんでした。

平貞盛ら追討軍との戦闘中に戦死してしまったのです。

将門の首は平安京に送られ、さらし首にされました。

 

その首が故郷を懐かしみ、飛んでいった場所が大手町の首塚だといわれています。

また、その首をこっそりと持ち去り埋葬した場所が神田明神付近(将門塚)だとの説もあります。

 

優れた武勇誇り、藤原政権の圧政に耐えてきた東国の民衆にとって将門は英雄でした。

歴代の武家社会も将門を勝負運に強い神様として、将門を崇敬してきたのです。

 

神田明神の沿革

 

神田明神

 

神田明神は奈良時代の天平23年(730年)に、出雲系の氏族で大己貴命の子孫・真神田臣が創建したといわれています。

14世紀になって、将門塚の周辺で疫病が流行するなど天変地異が続いたため、これが将門の祟りだとの噂が広まりました。

 

そこで、時宗の遊行僧・真教上人が手厚く将門の霊を慰め、神田明神に合祀することになったのです。

戦国時代には、太田道灌や小田原北条氏から手厚く保護されました。

徳川家康は江戸城の東北の方位(鬼門)に神田明神を移転し、朝廷からの圧力を封じ込めたといわれています。

 

祀っている神様

 

●大己貴命 (おおなむちのみこと)

●少彦名命 (すくなひこなのみこと)

●平将門命 (たいらのまさかどのみこと)

 

大己貴命は大国主命のことであり、少彦名命ともに国造りをした出雲の神様です。

 

神田明神のご利益

 

神田明神

 

神田明神は都心でも有数のパワースポットです。

仕事運・商売繁盛の効力は抜群といわれ、氏子地域を中心に参拝する企業が圧倒的に多いのも特徴です。

平将門命のご利益は、勝負運にとても強いですが、成田山新勝寺の項でご紹介したとおり、成田山系列の寺院参拝はタブーです。

大己貴命は出雲大社の主祭神でもあり、縁結びには最適です。

少彦名命は知恵・健康の神様で、病気治癒や合格祈願に優れたご利益があるといわれます。

 

神田明神の観光情報

 

名称 : 神田神社

住所 : 東京都千代田区外神田2-16-2

アクセス :

中央線・総武線 御茶ノ水駅(聖橋口)より徒歩5分
京浜東北線・山手線 秋葉原駅(電気街口)より徒歩7分

電話番号 : 03-3254-0753

 

※合わせて読みたい: 1000年を超える歴史!神田明神の見どころを掘り下げて紹介!

 

 


関東のおすすめパワースポット20:浅草寺(東京)

 

浅草寺

 

 

東京の下町情緒あふれる浅草は、外国人観光客にも人気の観光スポットです。

その浅草のランドマーク、浅草寺(せんそうじ)は、東京都内で最古の歴史を誇る名刹です。

「浅草観音」と通称され、初詣の参拝者数では全国で常にベスト10にランクインされています。

なかでも雷門にある大提灯はとても有名で、浅草のシンボルとして国内外に紹介されることが多いところです。

 

浅草寺の沿革

 

浅草寺

 

浅草寺の草創は、飛鳥時代の推古天皇36年(628年)に遡ります。

宮戸川(隅田川)で漁をしていた漁師の兄弟の網に、一体の仏像がかかったことから始まります。

仏像が「聖観世音菩薩」像であることを知った村長・土師中知(はじのなかとも)のは、出家し自宅を寺に改めて供養したとされています。

この土師中知の寺が浅草寺の起源であるといわれます。

 

平安時代初期に天台宗の座主・慈覚大師円仁がこの地を訪れて中興して以来、浅草は宗教的な聖地として発展します。

鎌倉時代から安土桃山時代にかけて霊験あらたかな寺院として、足利氏や北条氏から篤く帰依されてきました。

江戸時代になって、浅草寺は庶民文化の拠点として栄えました。

門前町の浅草界隈は庶民の娯楽の場として、現在に至るまで活気に満ち溢れています。

 

浅草寺の御本尊

 

隅田川から見つかったとされる「聖観音(しょうかんのん)像」が御本尊です。

この観音像は、大化元年(645年)に当寺の観音堂を改修した勝海上人によって秘仏とされました。

上人の夢に「自身を秘仏とせよ」との観音様からのお告げがあったからだといわれています。

以来1300年以上誰の目にも触れていませんが、高さ5.5センチ位の金色の像だと伝わっています。

 

浅草寺のご利益

 

浅草寺

 

浅草寺は風水上「右關中(うかんちゅう)」とよばれる、人が富み栄える場所に存在します。

民衆の力で育てられた寺院のため、誰でも受け入れてくださる懐の深さがあります。

金運アップ、人生の開運にご利益が高いといわれます。

また龍神が守護する寺院のため、お水舎などの水に触れると効果倍増です。

 

漢音様と御慈悲と、右關中の土地、民衆のエネルギーがバランスよく配合された、活気のあるパワースポットです。

 

浅草寺の観光情報

 

名称 : 金龍山 浅草寺

住所 : 東京都台東区浅草2-3-1

アクセス : 東武線・銀座線・つくばエクスプレス・都営浅草線「浅草駅」徒歩5分

電話番号 : 03-3842-0181

 

※合わせて読みたい: 境内は見どころ満載!浅草寺の見どころを総解説!周辺観光地に浅草グルメスポットも紹介!

 

 

関東のおすすめパワースポット21:高尾山・薬王院(東京)

 

 

高尾山
Photo credit: *_* via VisualHunt / CC BY

 

高尾山は東京都郊外・八王子市にある標高599メートルの山です。

世界一の登山者数(年間270万人)を誇る山として、フランスのミシュラン3つ星にも指定されている観光地です。

植物の採取や鳥類の捕獲などが禁止されているため、豊かな自然が守られており、特に山頂からの眺めは絶景・・・ハイキングにはぴったりの山です。

 

 

その高尾山は古来より修験道の霊場として知られており、高尾山薬王院の寺域となっています

山は霊気に満ちていて、歩いているだけでも心身が浄化してすがすがしい気分になります。

 

高尾山薬王院

 

高尾山_薬王院
Photo credit: *_* via Visual Hunt / CC BY

 

真言宗智山派・薬王院は奈良時代の天平16年(744年)に、聖武天皇の勅命により、名僧・行基によって創建されたと伝えられます。

正式な寺名は「高尾山薬王院有喜寺」ですが、御本尊として薬師如来が安置されているため、薬王院と通称されています。

 

14世紀になって信州の山岳信仰「飯縄権現」を奉るようになり、飯縄信仰の霊山であるとともに修験道の道場として繁栄することになりました。

江戸時代中期に建立された本殿には鳥居があって、神仏習合の聖地であることを実感します。

薬王院にはムササビが棲んでいて、ムササビの観察に訪れる人も多く、また高尾山のマスコットキャラクターにもなっています。

 

高尾山・薬王院のご利益

 

 

高尾山は富士山と皇居を結ぶ龍脈上に位置していて、富士山に登るのと同種のパワーを得ることができます。

そのためハイキングなどで歩いているだけで心身が浄化され、活力がアップするのです。

 

武田信玄と上杉謙信が深く帰依したとされる「飯縄権現」はカラス天狗であり、勝ち運・厄除けの御利益をもたらす神様です。

薬師如来は、病気治癒・安産・貧困救済の仏様です。

特に名僧・行基の手彫りとされているため霊感あらたかです。

 

高尾山は全山が強力なパワースポットといっても過言ではないでしょう。

 

高尾山薬王院の観光情報

 

名称 :高尾山薬王院有喜寺

住所 : 東京都八王子市高尾町2177

アクセス :

京王線「高尾山口駅」徒歩3分、高尾登山電鉄ケーブルカーに乗車6分(清滝駅→高尾山駅)徒歩20分

電話番号 : 042-661-1115


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(484)
北海道・東北(40)
  北海道(23)
  青森(3)
  岩手(2)
  宮城(7)
  秋田(1)
  山形(3)
  福島(1)
関東(164)
  埼玉(7)
  千葉(11)
  東京(90)
  神奈川(35)
  茨城(4)
  栃木(7)
  群馬(5)
  山梨(5)
甲信越・北陸・東海(72)
  長野(11)
  新潟(7)
  富山(3)
  石川(13)
  福井(1)
  岐阜(5)
  静岡(18)
  愛知(7)
  三重(7)
近畿(77)
  滋賀(7)
  京都(26)
  大阪(21)
  兵庫(15)
  奈良(5)
  和歌山(3)
中国・四国(32)
  鳥取(1)
  島根(5)
  岡山(7)
  広島(8)
  山口(3)
  徳島(2)
  香川(3)
  愛媛(1)
  高知(2)
九州・沖縄(65)
  福岡(10)
  佐賀(2)
  長崎(7)
  熊本(11)
  大分(9)
  宮崎(2)
  鹿児島(8)
  沖縄(16)

国外エリア一覧

東南アジア(19)
ヨーロッパ(46)
東アジア・中国・台湾(19)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(6)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(8)
オセアニア(8)
アフリカ(2)
北米(14)
中南米(3)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(496)
イベント情報(346)
ショッピング・買い物・お土産(455)
ビジネス・出張(163)
ロケ地、舞台(168)
世界遺産(116)
乗り物・交通・アクセス(568)
宿・旅館・ホテル(175)
旅行準備(413)
歴史・豆知識(676)
温泉・スパ(151)
絶景(412)
聖地巡礼(30)
観光旅行(633)
食事・グルメ(519)
ランキング(550)
デート(536)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(409)
ツアー/旅程(218)
海水浴場・ビーチ・リゾート(59)

人気記事ランキング