logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 広島

広島県民がおすすめするのはここ!広島旅行に来たら必見の観光地42選





広島観光と聞いて思い浮かぶ場所や食べ物は何ですか?

おそらく、多くの方が思い浮かべるのは世界遺産である厳島神社や原爆ドーム、グルメでいうとお好み焼きや牡蠣などの有名どころだと思います。
これらは広島に行ったことのない方でも、テレビや雑誌で頻繁に見たことがあるかもしれませんね。

しかし、「誰もが知ってる広島の観光スポットもいいけど、それだけじゃ物足りない。」
そう思う方も少なくないのではないでしょうか。

そこで、広島出身の筆者が穴場スポットから定番の広島旅行・観光スポットまでを一挙にまとめてみました。

<広島西エリアのおすすめ観光スポット>

 

広島県の西側に位置する大竹市と廿日市市がある広島西エリア。

広島を代表する観光スポット、宮島や厳島神社を始め、数多くの神社・寺院が点在しています。

自然も多く残されている地域なので、秋の行楽シーズンは多くの観光客で大賑わい。

ここでは時間を掛けてじっくりと巡りたい、広島西エリアのおすすめスポットをご紹介します。

 


1. 紅葉谷公園

 

紅葉谷公園

 

紅葉谷公園は歴史のある公園で、江戸時代に紅葉の苗木を埋められたことが始まりとされています。

その名の通り、200本もの紅葉が主役の公園ですので、11月の紅葉シーズンには是非とも足を運んで頂きたい観光名所です。

 

1945年には台風で一度は土砂に飲み込まれてしまいましたが、1948年から2年間をかけて、およそ8,000万円もの資金が投じられて復旧作業が行われました。

そのような背景があったからこそ、今日のように綺麗な紅葉を拝めるということなのです。

 

自然の景観を損なわないような配慮が行き届いており、例えばコンクリート面が見えないように野面石で覆われていたり、樹木は人の手で切らないようにしたりしています。

まさに自然が織りなす神秘的な光景です。

紅葉だけではなく、春には桜、夏には新緑を眺めることができ、四季を通じて楽しむことができます。

紅葉谷公園は一年を通して観光・デートで利用することができるためおすすめです。

 

紅葉谷公園 の観光情報

 

住所:広島県佐伯郡宮島町紅葉谷公園

アクセス:JR山陽本線宮島口駅宮島口桟橋よりフェリー10分、宮島港より徒歩20分

公式URL:  紅葉谷公園

 

 

2. 厳島神社

 

厳島神社

 

有名な宮島にあるのがこちらの厳島神社です。

写真の海上に浮いているように見える赤い鳥居を、テレビや雑誌等で見たことがある方も多いのではないでしょうか。

全国にある約500もの厳島神社の総本山で、ユネスコ世界文化遺産にも登録されています。

荘厳な景色は圧巻です。

 

宮島の正式名称は厳島ですが、厳島神社(お宮)が島にあるということで宮島と呼ばれるようになりました。

厳島神社は593年の推古天皇の時代に建てられました。

現在の海上に建てられたのは平安時代後期の平清盛によるものです。

時間によって潮の満ち引きがあり、訪れる時間帯によって色々な厳島神社を垣間見ることができます。

全国各地だけではなく、世界からも観光客が多く訪れる広島の一大観光スポットです。

 

厳島神社の観光情報

 

住所:広島県廿日市市宮島町1-1

アクセス:宮島棧橋から徒歩で約10分

電話番号:0829-44-2020

営業時間:

【秋冬】6:30~17:30(1/6~2/28、10/15~11/30)
【春夏秋】6:30~18:00(3/1~10/14)
【冬】6:30~17:00(12/1~12/31 ※1/1~1/5は状況判断)

料金:

小学生100円(昇殿初穂料)、団体(50名以上)は70円
中学生100円(昇殿初穂料)、団体(50名以上)は70円
高校生200円(昇殿初穂料)、団体(50名以上)は150円
大人300円(昇殿初穂料)、団体(50名以上)は250円

公式URL:  厳島神社

 

※合わせて読みたい:  厳島神社のほかにも魅力がたくさん!宮島のおすすめ観光スポット18選!グルメやお土産もご紹介

 

 


3. 豊国神社(千畳閣)

 

豊国神社

 

厳島神社をお参りしたら、すぐそばの丘の上にある豊国神社にも足を延ばしてみましょう。

1587年(天正15年)に、豊臣秀吉公が毎月1度、千部経を読誦するために建立を命じた大経堂。

秀吉の急死により工事が中止されたため、御神座の上以外は天井もなく、板壁もない未完の状態のまま現在に至ります。

畳857枚分の広さがあることから、別名・千畳閣と呼ばれてきました。

 

江戸時代には、この千畳閣で歌舞伎が行われたり、納涼の場所としても地元の人たちに利用されていました。

明治の神仏分離令により、仏像類は大願寺へ遷され、豊臣秀吉公と加藤清正公をを祀る豊国神社になりました。

 

五重塔

 

千畳閣の隣に建つ美しい五重塔。

厳島神社の末社にあたる豊国神社の五重塔ですが、一般的には厳島神社の五重塔と呼ばれています。

 

1407年(応永4年)室町時代に建てられ、厳島合戦の際に陶晴賢が本陣を構えた場所としても知られています。

和様と唐様が上手く調和した建築様式で、桧皮葺の屋根と朱塗りの柱、内陣天井には龍が、外陣天井には葡萄唐草などが極彩色で描かれています。

内部は一般公開されていませんが、とても美しく絵になる五重塔なので、ぜひ近くまで行ってみてください。

何か所かある高台からや厳島神社側から、千畳閣と並んだ構図が人気です。

 

豊国神社(千畳閣)の観光情報

 

住所 :広島県廿日市市宮島町

アクセス :宮島棧橋から徒歩で10分

電話番号 :0829-44-2020

定休日 :無休

営業時間 :8:30~16:30

料金 :大人100円、中・小学生50円

公式URL :  豊国神社(千畳閣)

 

 

4. 弥山

 

弥山

 

宮島といえば厳島神社が有名ですが、まだ弥山(みせん)も忘れてはなりません。

弥山は、かの有名な弘法大師空海が開山した由緒ただしき霊場です。

海抜は535mのところにありますので、徒歩で行くとなると数十分はかかるので大変です。

往復長くて2時間はかかるルートとなっているので、あまり無理をするのは禁物。

 

あまり時間がないという方や、足腰が弱くて体力に自信のないという方はロープウェイを利用してください。

ロープウェイの終着駅は獅子岩駅といい、駅の2階には「誓いの火のモニュメント」があります。

弥山には約1,200年も前から燃え続けているという「消えずの火」があり、モニュメントはそれにちなんで作られたものです。

恋人の聖地として、消えずの火のように熱い気持ちを大切な人に伝えるのも良いでしょう。

 

その他、弥山によく訪れていた人物として伊藤博文があげられます。

彼は弥山の頂上から見る景色を「日本三景の一の真価は頂上の眺めにあり」と言っていたそうです。

宮島に足を運んだ際は厳島神社と弥山に行っておきたいですね。

 

弥山の観光情報

 

住所:広島県廿日市市宮島町

 

 


5.宮島水族館

 

宮島水族館

 

世界遺産の宮島に行くなら合わせて寄っておきたい観光スポットが宮島水族館です。

「いやし」と「ふれあい」がテーマとなっており、水族館にしては珍しく体感型で身近に海の生き物を感じることができますよ。

 

宮島水族館にいる生き物は、瀬戸内海にいるものを中心に350種以上も!

人気の海獣エリアでは、カワウソ・ペンギン・アザラシ・トドなどがお出迎えしてくれます。

また、毎日のようにアシカショーも開催されていますので、見ておきたいところです。

 

観光の合間の癒しとして、是非とも訪れてみてはいかがでしょうか。

カップルで来られる方には良いデートスポットになります。

 

宮島水族館の観光情報

 

住所:広島県佐伯郡宮島町10-3

アクセス:

宮島桟橋より厳島神社方面へ徒歩25分
宮島メイプルライナー(乗合バス)で10分、運賃は一律300円のフリーバス方式
コース上であれば、好きな場所で下車することができます

公式URL:  宮島水族館

 

 

<呉エリアのおすすめ観光スポット>

 

呉市と江田島を合わせた呉エリアは、海にまつわる観光スポットが豊富です。

博物館や美術館もあるため、文化や芸術に触れるにもぴったりと言えます。

たっぷり楽しんだら、一日の疲れを癒しに温泉に浸かるのも良いですね。

年代問わずに広島県を満喫できる人気のエリアです。

 


1. 野呂山

 

野呂山

 

野呂山は古くから霊山として信仰の対象になっており、かつては弘法大師が二度に渡って入山修行したと言われています。

839mの頂上から眺めることのできる瀬戸内海は非常に綺麗で、野呂山は瀬戸内海国立公園に指定されています。

広島県内でも最大規模を誇るキャンプ場もあり、アウトドア好きな観光客にはたまらない場所となっています。

 

春夏秋冬を通して四季折々の景色を見られることがポイントです。

桜、ツバキ、アジサイ、紅葉など、野呂山にはいつ来ても目の保養になるものばかり。

夜には天気が良ければ満点の星空を見渡すこともできます。

さざなみスカイラインを通じてドライブやツーリングで日帰り旅行のできる観光スポットです。

 

野呂山の観光情報

 

住所:広島県呉市川尻町野呂山

アクセス:

安浦駅から車で30分
安芸川尻駅から車で20分
安芸川尻駅から徒歩で120分

電話番号:0823-70-5338

 

 

2. 歴史の見える丘公園

 

歴史の見える丘公園からは四国の山々を臨むことができます。

遠くには島と島を繋ぐ橋まで見えて、天気が良ければ最高の景色を眺められますよ。

 

 

公園のある御手洗地区は、1994年に重要伝統的建造物群保存地区に選定を受けました。

今でも江戸時代の歴史的建造物がたくさんある町です。

選定に合わせて作られたのがこちらの歴史の見える丘公園なのです。

 

また、こちらの公園は人気アニメ「たまゆら」に登場したことでも知られていて、聖地巡礼スポットとなっています。

絶景の見える公園で一息ついてみてはいかがでしょうか。

 

歴史の見える丘公園の観光情報

 

住所:広島県呉市豊町御手洗

アクセス:

広島呉道路呉ICから車で80分
呉駅前からバスで90分(住吉神社バス停下車)、住吉神社バス停から徒歩で40分
竹原港から船で40分、大長港からバスで5分(住吉神社バス停下車)、住吉神社バス停から徒歩で40分

電話番号:0823-67-2278

公式URL:  歴史の見える丘公園

 

 


3. アレイからすこじま

 

広島県呉市にあるアレイからすこじまは、間近で潜水艦を見ることのできる公園です。

潜水艦を見ることができる公園は、日本でもアレイからすこじまぐらいではないでしょうか。

 

 

アレイからすこじまって、ちょっと変わった名前をしていますよね。

名前の由来はアレイは英語で「小路」を表しており、からすこじまは大正時代に呉市エリア付近にあった「烏小島」という島の名前から来ていると言われています。

残念ながら、烏小島は既に埋め立てられてしまっているそうなので、現物を見ることはできません。

 

元々は呉市には海軍の本拠地がありました。

そのため、海上自衛隊の潜水艦や護衛艦があるのです。

公園内には誰でも入ることができますので、観光客が来ることもしばしば。

かっこいい潜水艦や護衛艦を間近で撮影してみてはいかがでしょう。

 

アレイからすこじまの観光情報

 

住所:広島県呉市昭和町

アクセス:呉駅からバスで10分(潜水隊前下車)

電話番号:0823-25-3309

公式URL:  アレイからすこじま

 

 

4. 呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)

 

大和ミュージアム

 

正式名称である呉市海事歴史科学館よりも、愛称である大和ミュージアムの方が広く知れ渡っています。

愛称の通り、旧日本海軍の超大型軍艦である「大和」の建造についてや軍事活動についてを深く学べる場所となっています。

 

館内には10分の1サイズで作られた戦艦大和を見ることができます。

小さく作られているとは言えど、ものすごい迫力です。

 

特筆すべきは、このようなモデルだけではなく本物も多数展示されているということ。

人間魚雷「回天」や、特殊潜水艇「海龍」は本物です。

日本の近代史を学ぶ絶好の機会として活用して頂きたいです。

 

呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)の観光情報

 

住所:広島県呉市宝町5-20

アクセス:

呉駅から徒歩で5分 
クレアライン呉ICから車で5分 
呉中央桟橋から徒歩で1分 
西条ICから車で60分

電話番号:0823-25-3017

営業時間:9:00~18:00

休業日:火曜日(火曜祝日の場合は翌日休業)

公式URL:  呉市海事歴史科学館

 

 

5.てつのくじら館(海上自衛隊呉史料館)

 

てつのくじら館

 

呉駅から徒歩5分ほど、打ち上げられたくじらのように横たわる巨大な潜水艦!

平成16年まで実際に海で活躍していた「あさしお」は、長さ76.2m、幅9.9m。

日本で唯一の内部公開されている潜水艦です。

愛称「てつのくじら」として、呉のランドマーク的な存在になっています。

 

「海上自衛隊呉史料館」は資料の展示や保存を通じて、隊員教育や国民への広報活動を目的として2007年に開館しました。

館内では、海上自衛隊の歴史や潜水艦の活動、作業、訓練内容など様々な情報が映像とグラフィックパネルを通じて展示されています。

また、潜水艦の構造や館長室、士官室の見学が出来るのはかなり貴重な体験と言えるでしょう。

ミュージアムショップでは、てつのくじら館のオリジナルグッズや自衛隊グッズがあり、ちょっと珍しいお土産にぴったりです。

 

てつのくじら館の観光情報

 

住所:広島県呉市宝町5-32

アクセス:

呉駅から徒歩5分
呉中央桟橋から徒歩2分

電話番号:0823-21-6111

定休日:火曜日

営業時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)

料金:無料

公式URL:  てつのくじら館

 

 

6. 灰ヶ峰

 

 

「中四国三大夜景」に輝く、呉市を一望できる有名な夜景スポットです。

夜景の光の筋が「くれ」と読めれば、そのカップルは結ばれるという噂もありますよ。

道が若干複雑なので、出向く際にはレンタカーのカーナビを使用するか、タクシーの利用がおすすめです。

 

夜景だけでなく、灰ヶ峰から見下ろす呉の町や山や海の様子は昼間でも絶景となっています。

晴れていれば夕陽も抜群なので、ぜひ足を運んでみて下さいね。

 

灰ヶ峰の観光情報

 

住所:広島県呉市栃原町

電話番号:0823-25-3309


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(484)
北海道・東北(40)
  北海道(23)
  青森(3)
  岩手(2)
  宮城(7)
  秋田(1)
  山形(3)
  福島(1)
関東(164)
  埼玉(7)
  千葉(11)
  東京(90)
  神奈川(35)
  茨城(4)
  栃木(7)
  群馬(5)
  山梨(5)
甲信越・北陸・東海(72)
  長野(11)
  新潟(7)
  富山(3)
  石川(13)
  福井(1)
  岐阜(5)
  静岡(18)
  愛知(7)
  三重(7)
近畿(77)
  滋賀(7)
  京都(26)
  大阪(21)
  兵庫(15)
  奈良(5)
  和歌山(3)
中国・四国(32)
  鳥取(1)
  島根(5)
  岡山(7)
  広島(8)
  山口(3)
  徳島(2)
  香川(3)
  愛媛(1)
  高知(2)
九州・沖縄(65)
  福岡(10)
  佐賀(2)
  長崎(7)
  熊本(11)
  大分(9)
  宮崎(2)
  鹿児島(8)
  沖縄(16)

国外エリア一覧

東南アジア(19)
ヨーロッパ(46)
東アジア・中国・台湾(19)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(6)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(8)
オセアニア(8)
アフリカ(2)
北米(14)
中南米(3)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(497)
イベント情報(347)
ショッピング・買い物・お土産(455)
ビジネス・出張(163)
ロケ地、舞台(168)
世界遺産(117)
乗り物・交通・アクセス(569)
宿・旅館・ホテル(175)
旅行準備(413)
歴史・豆知識(677)
温泉・スパ(151)
絶景(413)
聖地巡礼(30)
観光旅行(634)
食事・グルメ(520)
ランキング(551)
デート(537)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(409)
ツアー/旅程(219)
海水浴場・ビーチ・リゾート(60)

人気記事ランキング