logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 兵庫

兵庫の人気観光地23選! 定番観光地を兵庫各地域のご当地グルメと合わせて紹介





多様な気候と風土に恵まれた兵庫県は、神戸市のようなお洒落な都会から、六甲山や神鍋高原などの自然にも恵まれていて、子供から大人まで楽しめる観光スポットが盛りだくさんです。

また、姫路城をはじめとする歴史と文化に触れ合える地域もたくさあり、中には武田城跡のような映画やCMの舞台になった観光スポットもあります。

本記事では、兵庫県のおすすめ旅行・観光スポットとそれに付随するグルメ情報をご紹介していきたいと思います。

定番の観光スポットから穴場スポットまでまとめていますので、兵庫観光の参考にしてください。

<淡路島エリア>

 


1. あわじ花さじき

 

 

兵庫県の淡路島へ足を運んだならここ、「あわじ花さじき」へぜひ遊びに来てみてください!

兵庫県が設立した近畿地方最大の花の公園で、四季折々の様々な花を散策する事ができます♪

 

花さじきは明石架橋大橋が作られたのと同時にオープンし、その面積は甲子園球場の4倍の大きさです。

広大な敷地には美しい花々が咲き誇り、春には菜の花やポピー、夏にはバーベナやひまわり、秋にはコスモスやストックなどが楽しめます。

また、花さじきのメイン花壇もとても見所があり、その年々のテーマにあわせたデザインをおこない、草花で癒しのある花絵を造園しています。

 

あわじ花さじきの観光情報

 

・住所   :〒656-2301 兵庫県淡路市楠本2865-4

・営業時間 :9:00~17:00

・アクセス :

【電車・バス】JR「舞子」駅、山陽電鉄「舞子公園」駅下車→「高速舞子」バス停から高速バスに乗車→
「東浦バスターミナル」下車後タクシー利用→東浦バスターミナルからタクシーで約10分
【淡路島内路線バス】岩屋-洲本(縦貫線)を利用→「東浦バスターミナル」下車後タクシー利用。
【車】
[往路]神戸淡路鳴門自動車道「淡路IC」を降りる。
(「淡路IC」出口の交差点を直進、県道157号線沿いに南へ約12分(約7km))
[帰路]県道157号線を南へ。
*県道71号線を経由、北淡町震災記念公園へ約17分(約10km)
*国道28号を経由、淡路夢舞台(奇跡の星の植物館)・国営明石海峡公園へ約25分(約15km)
*神戸淡路鳴門自動車道「東浦IC」へ約20分(約12km) 経由してハイウェイオアシスへ入場可能
(周辺の道路事情が悪いため、上記往路、帰路をご利用ください。)
※無料。乗用車130台、バス10台が駐車可能。

・料金   :無料(駐車場も無料)

・公式URL :  あわじ花さじき

 

 

2. 伊弉諾神宮

 

 

「伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)」は日本最古の神社として有名な場所で、古事記、日本書紀にも登場する由緒ある神社です!

日本神話に登場する国つくりの神「イザナギ」と「イザナミ」が祀られていて、日本神話によると、この夫婦神が一番最初につくった国がこの淡路島とされています。

そして、後に隠居したイザナギがこの地の多賀の地に「幽宮(かくりのみや)」を構えて余生を過ごしたと言われているんですよ。

落ち着いた空気の中に神秘さを感じます。

 

境内にはイザナギ・イザナミの二神が宿る御神木として「夫婦楠」が樹立し、夫婦円満、安産子授、縁結びなどの御利益があると信仰されています。

樹齢は約900年だそうです!

 

他にも、秋に行われる「神楽祭り」もおすすめですよ♩神を祀るために歌や踊りを舞い、素朴で落ち着きのある音を奏でながら古き良き伝承を紡がれています。

その独特の神秘さに心が洗われますよ。

 

伊弉諾神宮の観光情報

 

・住所   :〒656-1521 兵庫県淡路市多賀740

・営業時間 :営業時間:終日参拝可 ※社務所は8:30~17:00

・定休日  :年中無休

・料金   :【大人 (満18歳以上)】¥1000【小人(小・中・高校生)】¥300

・アクセス :

【車】津名一宮インターより5分。
【高速艇】淡路ジェノバライン明石港→13分→岩屋港
【バス】
(阪急バス、淡路交通)大阪・梅田→99分→津名港ターミナル
(淡路交通、神姫バス)神戸・三宮→59分→津名港ターミナル
(本四海峡バス、JR本四バス)新神戸~三宮→72分→津名港ターミナル
(山陽電鉄、淡路交通)学園都市→44分→津名港ターミナル
(JR本四バス、本四海峡バス、神姫バス、山陽電鉄)高速舞子→38分→津名港ターミナル
(淡路交通、神姫バス)神戸三宮→61分→淡路市郡家

・公式URL :  伊弉諾神宮

 

 


3. 淡路ワールドパークONOKORO

 

ミニチュアのタージマハル: じゃらん

 

世界の有名な建物が1/25スケールで再現されているミニチュアワールド、鉄道のジオラマ、三階建て立体迷路、観覧車やメリーゴーランドなどのライドアトラクション、ジップラインや芝滑りなどの体験型アトラクションなど、様々な施設があり、大人から子供まで楽しめる淡路ワールドパーク。

ライドは小さな子供向け中心なので、絶叫系などはありません。

その分、乗り物はほぼ並ばずに入れるので、フリーパスの購入がお得です。

小学校低学年くらいのお子さんがいる方には最適なテーマパークです。

 

大人向けのイチオシはジップライン!

ワイヤーロープと滑車を使って空中を一気に滑走するスリルと爽快感を体験してみましょう。

最初に簡単なコース、その後シーサイドコース、マウンテンコース、ヤシの木コースを体験する4本セット。

ガイドによる講習があるので、初めての方でも安心です。

 

たっぷり遊んだあとは、海の見える足湯でのんびり、海の見えるレストランで淡路島の名物料理を堪能。

あまり混んでいないのでのんびり出来るのが嬉しいですね。

 

淡路ワールドパークONOKOROの観光情報

 

・住所 :〒656-2142 兵庫県淡路市塩田新島8-5

・営業時間 :

3月~9月 9:30(平日は10:00)~17:30 夏休み期間中は、9:30~18:00
10月~2月 9:30(平日は10:00)~17:00

・定休日 :無料

・料金 :大人(中学生以上)\1200 子供(4歳~小学生)\600 3歳以下無料

・アクセス :津名港から車で5分、津名一宮ICから車で15分

・公式URL :  淡路ワールドパークONOKORO

 

 

4. 淡路ファームパーク イングランドの丘

 

 

淡路ファームパークイングランドの丘は、農業振興と地域活性化を目指して平成13年(2001年)、南あわじ市にオープンしました。

甲子園球場14個分という広大な敷地は、イギリスの湖水地方をイメージして作られたイングランドエリアと、動物との触れ合いを楽しめるグリーンヒルエリアに分かれています。

人気のコアラ館や、うさぎのくに、ひつじのくに、ワラビー広場など、動物好きにはたまらないコーナーがいっぱい。

イングランドエリアには、バラ園やいちご狩りやトマト狩りが楽しめる温室、収穫体験が出来る野菜畑など、農業体験、酪農体験、パンやバターなどの手作り体験が出来るコーナーも。

 

ゴーカート、サイクルボート、水中に浮かぶロールに入るアクアロール、おもしろ自転車、乗馬、ミニゴルフなど遊びの施設も充実。

手ぶらで楽しめるバーベキュー施設や、しらす丼など名物料理を味わえるレストラン、カフェなどもありますよ。

1日たっぷり楽しめる人気のテーマパークは淡路島観光に欠かせないスポットです。

 

淡路ファームパーク イングランドの丘の観光情報

 

・住所 :〒656-0443 兵庫県南あわじ市八木養宜上1402

・営業時間 :9:00~17:00 (3月~11月) 10:00~17:00(12月~2月)

・定休日 :無休

・料金 :大人(中学生以上)\800 子供(4歳~小学生)\400 3歳以下無料

・アクセス :

神戸淡路鳴門自動車道 洲本インターより約7km(約15分)
洲本高速バスセンターからバスでファームパーク下車。従歩1分

・公式URL :  淡路ファームパーク イングランドの丘

 

 


5. うずの丘 大鳴門記念館

 

おっ玉葱と大鳴門橋: じゃらん

 

淡路島最南端の丘の上に建つ「うずの丘 大鳴門橋記念館」は、1985年大鳴門橋の開通時にオープンした複合施設です。

絶景レストランうずの丘、ショップうずの丘味市場、淡路島オニオンキッチンうずの丘店、うずしお科学館、そして最近話題のたまねぎキャッチャーとおっ玉葱もここにあります!

 

常に面白い発信を続けているうずの丘大鳴門橋記念館。

高さ2.8m、直径2.5m、重さ約250キロの玉ねぎオブジェ「おっ玉葱」は人気の撮影スポットです。

貸し出ししている玉ねぎカツラをかぶって、大鳴門橋と鳴門海峡をバックに記念写真をどうぞ!

ホンモノの玉ねぎを掴むクレーンゲーム「たまねぎキャッチャー」では、成功すると景品として淡路島玉ねぎ1.5キロがプレゼントされます。
ツルツルとして掴みにくそうですが、横向きの玉ねぎは成功率が高いそうですよ。

 

絶景レストランうずの丘では、旬の淡路島のご馳走をリーズナブルなお値段で味わえます。

海鮮うにしゃぶ、生うにのひつまぶし、生しらす丼、べっぴん鱧など、工夫を凝らした美味しいメニューがいっぱいです。

 

 

うずしお科学館でうずしおについて学んでみませんか?

立体装置と映像でうずしおの仕組みについて学ぶ、うずしおの大きさを体感する、うずしおのライブ映像を見る、うずしおの資料を見るなど盛りだくさん。

 

お勉強のあとは、福良港まで移動して、うずしおドームなないろ館から出ているうずしおクルーズに乗船してみましょう。

世界最大のうずしおを目の前で体験できるチャンスです!

詳しくはこちらをどうぞ→  うずしおクルーズ

 

うずの丘大鳴門橋記念館の観光情報

 

・住所 :兵庫県南あわじ市福良丙936-3

・営業時間:施設により異なる

・アクセス :福良バスターミナル から徒歩約3分でうずしおドーム なないろ館へ⇒無料シャトルバス有

・定休日:火曜日、1/1

・公式URL:  うずの丘大鳴門橋記念館

 

 

<淡路島エリア:おすすめグルメ>

 


1. 淡路島バーガー

 

オニオンビーフバーガー: 食べログ

 

淡路島バーガーって?

 

佐世保バーガーで知られるようになったご当地ハンバーガー。

淡路島もご当地バーガーには力を入れています!

 

瀬戸の豊かな海と温暖な気候に恵まれた淡路島は食材の宝庫。

淡路島の食材を使い、淡路島内で作られたバーガーだけが、淡路島バーガーを名乗る事ができます。

 

淡路島オニオンキッチンのグランプリ受賞バーガー

 

 

全国ご当地バーガーグランプリなるものをご存じでしょうか。

2009年、鳥取県大山町でスタートした「とっとりバーガーフェスタ」という、ご当地ハンバーガーの祭典があります。

 

全国各地からご当地バーガーが参加するようになり、2011年からはそのトップを極めたバーガーに与えられる賞として設定されたのが「ご当地バーガーグランプリ」です。

2013年のグランプリ獲得メニューが、淡路島オニオンキッチンの作る「あわじ島オニオンビーフバーガー」でした。

主役は淡路島産の玉ねぎのカツ!その上に甘辛く炊いた淡路牛、シャキッとしたレタス、濃厚なトマトソースがたっぷり、隠し味に辛子マヨネーズがちょっぴり。

 

オニオングラタンバーガー: 食べログ

 

続いて2014年のグランプリも連続受賞。

2014年度版は、「あわじ島オニオングラタンバーガー」でした。

同じく淡路島産の玉ねぎカツの上に、淡路鶏と淡路島牛乳を使って作ったオニオングラタンソースに肉味噌という組み合わせ。

さらにキッコー酢とワインビネガーを効かせたオニオンフォンデュが挟まれています。

 

オニキチの愛称で親しまれているオニオンキッチン。

他にも淡路島らしいオリジナルハンバーガーメニューがたくさんあり、サイドメニューやソフトクリームも充実していて人気です。

 

淡路島オニオンキッチン本店の基本情報

 

住所 :兵庫県南あわじ市福良丙947-22 道の駅うずしお

アクセス :

神戸淡路鳴門自動車道・淡路島南ICで降り、左折 県道25号を道なりに。
突き当りT字路を右折し、県道237号を道なりに大鳴門橋に向かいます。

電話番号 :0799-52-1157

定休日 :木曜日

営業時間 :平日 9:30~16:30(L.O.)土・日・祝日 9:00~16:30(L.O.)

予約サイト・口コミ・クーポン :  食べログ ぐるなび

 

 

2. 生しらす丼

 

生しらすたっぷり丼と生しらす入りかき玉汁: 食べログ

 

生しらすって?

 

豊潤な瀬戸内の海が育んだ海の宝石しらす。

体長2,3センチのイワシの稚魚しらすは、水揚げしてから数時間で鮮度が落ちるとても痛みの早い魚です。

地元の漁師、加工業者、料理人が手を組んだことにより、新たに淡路島ブランドに加わり、淡路島各地でご当地グルメとして食べられるようになりました。

 

淡路島ブランドのしらす、その条件とは、淡路島岩屋港で水揚げされたしらすである事、ベテラン職人が目利きし納得した物のみ使用する事、水揚げ後に先取りし瞬間冷凍する事、そして料理人は驚きと感動を与える痩身の逸品を提供する事、など。

生しらすに対する並々ならぬ情熱を感じる事が出来ますね。

 

現役漁師の店、お食事処渡舟

 

 

生しお食事処渡舟では、「しらすたっぷり丼と生しらす入りかき玉汁」が1000円(税込)でいただけます。

ご飯茶碗1杯程度の白飯に、ほぼ同量の生しらすがのった丼で、柑橘系の白ポン酢で味付けされていて美味。

初めて食べた方は、淡路島のしらすがこんなに美味しいなんて!と感激するかも。

フワフワの卵がたっぷりのかき玉汁にもしらすが入っていて幸せな味です。

 

店内のガラスケースにはタコの天ぷらや旬の魚のお刺身や煮つけなど、女将手作りの一品料理が並んでいます。

どれも新鮮で漁師価格なのでリーズナブルなのが嬉しいですね。

 

お食事処渡舟の基本情報

 

住所 :兵庫県淡路市楠本112

アクセス :明石海峡大橋を渡り初のインター淡路インターより、南に下り車で7分ぐらいの山側

電話番号 :0799-74-3432

定休日 :月曜日

営業時間 :ランチ 10:30~14:00 ディナー 16:30~20:00

予約サイト・口コミ・クーポン :  食べログ ぐるなび

 

 

大都会から自然、あらゆる地域で構築された兵庫県。

今回紹介したスポット以外にも観光を楽しめる場所はまだまだいっぱいあります。

ぜひ一度、足を運んでみてくださいね♪

 

 


格安航空券でお得に観光を楽しもう

 

旅費の大半を占めるのが交通費と宿泊費。

皆さんはどこの旅行代理店やサイトでいつも予約していますか?

実は全く同じホテルや航空券でも、サイトによって価格が違うということはよくあります。

最安値保証をしてくれる予約サイトや、価格比較が出来るサービスを使って賢く旅行しましょう♪

 

 

 


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(484)
北海道・東北(40)
  北海道(23)
  青森(3)
  岩手(2)
  宮城(7)
  秋田(1)
  山形(3)
  福島(1)
関東(164)
  埼玉(7)
  千葉(11)
  東京(90)
  神奈川(35)
  茨城(4)
  栃木(7)
  群馬(5)
  山梨(5)
甲信越・北陸・東海(72)
  長野(11)
  新潟(7)
  富山(3)
  石川(13)
  福井(1)
  岐阜(5)
  静岡(18)
  愛知(7)
  三重(7)
近畿(77)
  滋賀(7)
  京都(26)
  大阪(21)
  兵庫(15)
  奈良(5)
  和歌山(3)
中国・四国(32)
  鳥取(1)
  島根(5)
  岡山(7)
  広島(8)
  山口(3)
  徳島(2)
  香川(3)
  愛媛(1)
  高知(2)
九州・沖縄(65)
  福岡(10)
  佐賀(2)
  長崎(7)
  熊本(11)
  大分(9)
  宮崎(2)
  鹿児島(8)
  沖縄(16)

国外エリア一覧

東南アジア(19)
ヨーロッパ(46)
東アジア・中国・台湾(19)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(6)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(8)
オセアニア(8)
アフリカ(2)
北米(14)
中南米(3)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(496)
イベント情報(346)
ショッピング・買い物・お土産(455)
ビジネス・出張(163)
ロケ地、舞台(168)
世界遺産(116)
乗り物・交通・アクセス(568)
宿・旅館・ホテル(175)
旅行準備(413)
歴史・豆知識(676)
温泉・スパ(151)
絶景(412)
聖地巡礼(30)
観光旅行(633)
食事・グルメ(519)
ランキング(550)
デート(536)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(409)
ツアー/旅程(218)
海水浴場・ビーチ・リゾート(59)

人気記事ランキング