logo

top > 北米 > カナダ > ナイアガラ

カナダを観光するなら世界三大瀑布のナイアガラの滝は外せない!





カナダのナイアガラにあり、世界三大瀑布にも選出されているナイアガラの滝。
世界三大瀑布の中では唯一世界遺産ではないものの、その迫力満点の景色を見に訪れる観光客は後を絶ちません。

今回は、ナイアガラの滝の素晴らしさをお届けします。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】カナダを観光するなら世界三大瀑布のナイアガラの滝は外せない!

 

カナダのナイアガラの滝って?

カナダのナイアガラの滝の歴史は?

カナダのナイアガラの滝には2つの側面がある?

カナダのナイアガラの滝の伝説

カナダのナイアガラの滝周辺のスポット1:スカイロンタワー

カナダのナイアガラの滝周辺のスポット2:クリフトン・ヒル

 

カナダのナイアガラの滝って?

 

世界で最も有名な滝である世界三大瀑布の一つです。

ナイアガラの滝以外だと、南米のアルゼンチンとブラジルにまたがるイグアスの滝、アフリカのジンバブエとザンビアにまたがるヴィクトリアの滝があります。

いずれの滝も2つの国をまたいでいることから、国境としても扱われます。

 

カナダ:ナイアガラの滝1

 

この中で唯一、世界遺産と認められていないのはナイアガラの滝です。

その理由は、人工的にコントロールされた滝だからです。

 

自然のまま放置しておくと侵食が進み、滝が後退していく恐れがあるため、夜間や冬季は水量をできるだけ抑えて侵食が進むのを抑えていると言われています。

ちなみに、落差が世界一の滝はベネズエラにあるエンジェルフォールで、落差はなんと979mと言われています。

とてつもないスケールですね。

 

カナダのナイアガラの滝の歴史は?

 

滝それ自体としては、1万年前の氷河期に形成されたと言われており、当時は現在よりも11kmも下流にあったらしく、現在は侵食によって上流に移動しているようです。

その侵食を防ぐための工事が行われ人工的な滝となってきていますが、今でも侵食は毎年3cmほど進んできているようで将来的には消滅する恐れがあるそうです。

 

カナダ:ナイアガラの滝2

 


カナダのナイアガラの滝には2つの側面がある?

 

ナイアガラの滝はカナダとアメリカの国境地点にあるため、それぞれの国から見ることができるという2つの側面があります。

カナダ側から見るナイアガラの滝と、アメリカ側から見るナイアガラの景色は全く違うため、ここでは双方の観点から見ていきたいと思います。

まずはアメリカ側からナイアガラの滝を見てみましょう。

 

カナダ:ナイアガラの滝3

 

アメリカ側のナイアガラの滝は、最大でも落差が55mほどとカナダ側と大差はないですが、幅(260mほど)がカナダ側の半分ぐらいなので、迫力でいうとそこまで凄くはないかもしれません。

 

カナダ:ナイアガラの滝4

 

カナダ:ナイアガラの滝5

 

反対に、カナダ側のナイアガラの滝は落差は53mほどですが、幅がなんと670mほどあります。

アメリカ側の倍以上もあるため、なんといっても迫力が全然違います。

 

カナダ:ナイアガラの滝6

 

また、幅があるため水量もアメリカ側とは比較にならないほど多く、常に水しぶきがナイアガラの街に飛び散っていてます。滝の全貌も見ることは難しいですね。

 

カナダ:ナイアガラの滝7

 

写真を見るだけでも物凄い力強さが伺えます。

また、見て頂けるように船に乗ってナイアガラの滝に出来る限り近づくことができます。

 

あまりの水量に、必ず合羽を着てボートに乗らされます。

実際に船に乗りましたが、嵐のような水しぶきを食らうことになります。

ここでお伝えしたいことは、とにかくナイアガラの滝はアメリカ側ではなく、カナダ側から見て頂きたいということです。

 

カナダのナイアガラの滝の伝説

 

1901年に当時63歳の女性教師であるアニー・テラーが有名になろうと、飼い猫と共にワイン樽に入ってナイアガラの滝を下ったことが影響し、全国各地の冒険家たちも彼女の真似をして樽に入って滝下りを実施しました。

総勢16名も冒険家たちが挑戦し、うち5名が死亡するという悲惨な事態になってしまい、現在はナイアガラの滝を下ることは法律で禁止されています。

 

仮にやってしまった場合は、1万ドル(日本円にして100万円前後)の罰金を科せられます。

やろうとする方は絶対にいないかと思いますが、念頭に置いておきましょう!

 


カナダのナイアガラの滝周辺のスポット1:スカイロンタワー

 

スカイロンタワーは、ナイアガラの滝を一望できる絶景スポットです。

最上階のレストランは常に満席状態ですが、事前に予約をして是非行ってみてください。

 

カナダ:スカイロンタワー

 

また、周辺地域を移動する場合は、ケーブルカーの「インクライン・レイルウェイ」や、循環バスの「ピープル・ムーバー」がおすすめです。

 

カナダのナイアガラの滝周辺のスポット2:クリフトン・ヒル

 

ここはテーマパークのようになっており、観覧車のあるアミューズメントパークだけではなく、ホテルやレストランなどがある繁華街のようになっています。

 

カナダ:クリフトン・ヒル1

 

カナダ:クリフトン・ヒル2

 

カナダ:クリフトン・ヒル3

 

予算があればですが、ナイアガラの滝を一番堪能できるヘリコプターツアーに行って頂きたいです。

まるで滝を自分のもののようにした感覚を味わえるかと思います。

 

 

カナダとアメリカの2つの国をまたぐ世界三大瀑布の一つナイアガラの滝。

その壮大さと素晴らしさを少しはお届けできたのではないかと思います。

カナダに行かれる際は、是非ナイアガラの滝に足を運んでみてください!

 


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(677)
北海道・東北(47)
  北海道(26)
  青森(3)
  岩手(2)
  宮城(9)
  秋田(1)
  山形(4)
  福島(2)
関東(269)
  埼玉(9)
  千葉(15)
  東京(160)
  神奈川(59)
  茨城(7)
  栃木(8)
  群馬(6)
  山梨(5)
甲信越・北陸・東海(91)
  長野(13)
  新潟(9)
  富山(3)
  石川(13)
  福井(1)
  岐阜(5)
  静岡(31)
  愛知(9)
  三重(7)
近畿(105)
  滋賀(7)
  京都(44)
  大阪(29)
  兵庫(15)
  奈良(7)
  和歌山(3)
中国・四国(42)
  鳥取(3)
  島根(5)
  岡山(8)
  広島(11)
  山口(3)
  徳島(2)
  香川(6)
  愛媛(2)
  高知(2)
九州・沖縄(81)
  福岡(15)
  佐賀(2)
  長崎(7)
  熊本(10)
  大分(12)
  宮崎(3)
  鹿児島(9)
  沖縄(23)

国外エリア一覧

東南アジア(28)
ヨーロッパ(87)
東アジア・中国・台湾(21)
南アジア・インド・ネパール(2)
中近東(7)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(10)
オセアニア(11)
アフリカ(4)
北米(19)
中南米(8)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(612)
イベント情報(374)
ショッピング・買い物・お土産(514)
遊園地・テーマパーク(574)
ビジネス・出張(177)
ロケ地、舞台(193)
世界遺産(167)
乗り物・交通・アクセス(720)
宿・旅館・ホテル(205)
旅行準備(449)
歴史・豆知識(906)
温泉・スパ(172)
絶景(516)
聖地巡礼(31)
観光旅行(871)
食事・グルメ(594)
おすすめ/ランキング(762)
デート(682)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(436)
ツアー/旅程(247)
海水浴場・ビーチ・リゾート(69)
日帰り旅(32)
1泊2日(18)
寺院・神社・教会(55)
パワースポット(17)
ファミリー(92)
1人旅(95)
雨の日(20)
モデルコース(5)
メーカー/ブランド(5)

人気記事ランキング