logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 北海道

北海道のお土産10選!ロイズや六花亭など北海道のグルメお土産を厳選!





北海道は、日本国内において人気の観光スポット。
魅力的な旅行とともにお土産選びも楽しいエリアです。

北海道には「ロイズのチョコレート」「六花亭のバターサンド」「白い恋人」などのように、全国的に有名なお菓子のブランドがたくさんあります。
北海道のお菓子は定番のお土産ですが何度もらっても嬉しいおいしさです。

お菓子のお土産選びのポイントは、喜ばれること、おいしいこと、北海道らしいことの3点です。

今回はお菓子のお土産選びの3つのポイントを満たした本当に喜ばれるお土産10選を紹介します。

1. ROYCE(ロイズ) 生チョコレート

 

 

北海道土産の定番中の定番といえば、ROYCE(ロイズ)のチョコレート。

中でも生チョコレートは一番人気のお菓子です。

ROYCE(ロイズ)生チョコレートの大きな魅力は3点あります。

 

1点目は、濃厚でしっとりした味わいです。

北海道の生クリームをたくさん使った生チョコレートは、濃厚でありながら、口の中でスッと溶けていきます。

冷蔵庫で冷やされたソフトに固まったチョコレートは、独特な食感で、ひんやりした舌ざわりからチョコレートが解けていく感覚がROYCE(ロイズ)生チョコレートならでわの魅力です。

 

2点目は、バリエーションの豊富さです。

ROYCE(ロイズ)生チョコレートは、大人気商品のため、チョコレートのテイストや素材を変えた定番商品を数多く取り揃えています。

さらに定番の商品以外にも毎シーズンさまざまなテーマで期間限定商品が発売されるのも魅力です。

 

3点目は、コンパクトなデザインです。

ROYCE(ロイズ)生チョコレートの魅力にコンパクトな箱のデザインがあります。

旅行の帰りの悩みのひとつにお土産の収納があります。

ROYCE(ロイズ)生チョコレートならコンパクトでスペースを取りません。

要冷蔵商品ですが、6箱程度入る保冷袋小108円(税込)から20箱程度入る保冷バッグ390円(税込)があるので安心です。

 

 

2. ROYCE(ロイズ)ポテトチップチョコレート

 

 

ROYCE(ロイズ)生チョコレートとともに人気があるのが、ポテトチップチョコレート。

凹凸のある厚手のポテトチップにROYCE(ロイズ)のチョコレートがたっぷりとコーティングされています。

チョコレートの甘さとポテトチップの塩味が程よくマッチして、一度食べたら忘れられない味です。

 

厚手のポテトチップは、チョコレートがコーティングされることによりさらに重量感が増して、ややビスケット的にも感じられる食感があります。

高級感があり、大人にも受けがいい仕上がりです。

 

テイストのバリエーションも好みに合わせて、チョコレートの甘みを楽しむ「オリジナル」と、ちょっとビターな「マイルドビター」、チーズ風味のホワイトチョコレートをコーティングした「フロマージュブラン」が用意されています。

パッケージのデザインがおしゃれなところもお土産に最適ですね。

 

 


3. 六花亭 マルセイバターサンド

 

 

マルセイバターサンドのおいしさの秘密

 

「 六花亭 マルセイバターサンド」は、日本全国にあるレーズンバターサンドの中でも、5本の指に入る人気のお菓子。

バターサンドは、大きく分けるとビスケットがしっとりしているタイプとパサパサしているタイプの2種類ありますが、「 六花亭 マルセイバターサンド」はしっとりしているタイプに区分されます。

 

ビスケットに挟まれているレーズンバターもおいしさの秘密。

バターはもちろん北海道産の生乳100%を使用。程よい甘さは、ホワイトチョコレートがミックスされているからです。

 

しっかりとした食感のある大粒のレーズンがたっぷり入っているのも魅力的です。

口に入れた瞬間に、しっとりしたビスケットとレーズンバターが溶け合って、六花亭ならではのおいしさが広がります。

レーズンの甘酸っぱさとビスケットの食感がさらに満足感をプラスする北海道ならではのお菓子のお土産です。

 

 

上品な赤い包装もマルセイバターサンドの魅力

 

「 六花亭 マルセイバターサンド」が、お土産に最適な理由のひとつに、上品な赤い包装があります。

銀紙をベースにした高級感のある包装にレッドとゴールドのレトロなデザインが施されています。

一目で北海道のお土産と分かるデザインと高級感のある包装は、お土産を渡された相手の満足感を誘います。

 

「 六花亭 マルセイバターサンド」は、大人気のお土産ですので、個数のバリエーションが多いのも魅力です。

たとえば、5個入りの650円(税込)は、とてもコスパのいいお土産。

30個入りの3870円(税込)は、お世話になっている方へのお土産や、大人数へのお土産に最適ですよ。

 

 

4. 札幌おかきOh!焼とうきび

 

 

札幌大通公園の「焼きとうきび」をインスパイアしたおかき

 

北海道でトウモロコシが収穫されるシーズンになると、 札幌 にある大通公園では「焼きとうきび」を売るとうきびワゴンが並びだします。

大通公園で売られる焼きとうきびの味をインスパイアしてつくられたのが「札幌おかき Oh!焼きとうきび」です。

お菓子の袋を開けると、トウモロコシの香ばしい香りがパアッと広がり、「これぞ北海道」という雰囲気を味わうことができます。

 

一度食べたら止まらないトウモロコシが入っているおかき

 

手に取って口に運ぶと、小粒のおかきと乾燥コーンのコラボで素晴らしいハーモニーが口の中全体に広がっていきます。程よい塩味も絶品。

「札幌おかき Oh!焼きとうきび」は、一度食べ始めると止まらない、北海道を感じさせる代表的なスナック菓子のひとつです。

 

 

パッケージは明るい印象のイエローとスカイブルー

 

「札幌おかき Oh!焼きとうきび」のパッケージには、ここ数年トレンドカラーであるイエローとスカイブルーの明るいのカラーが使われています。

大きくプリントされた焼きとうきびのイラストは楽しい印象を発散して、楽しい北海道の旅の思い出を伝えるお土産として最高の品物です。

明るくてPOPな印象の箱の中に、小袋がいくつか入っているパッケージ。

そのまま渡しても、分けて数人に渡すこともできます。

 

 


5. もりもと ハスカップジュエリー

 

 

クッキー、チョコレート、ハスカップジャム、バタークリームのハーモニーが芸術的なおいしさ

 

ハスカップジュエリーは、北海道産の果物「ハスカップ」のジャムが入った洋菓子です。

ハスカップをかぶった可愛い女の子のイラストが入ったシンプルな白い箱を開けると、ハスカップジュエリーが顔を出します。

袋を開けるとハスカップジュエリーがあらわれます。

 

長方形のクッキーの四方をミルクチョコレートでコーティングした独特の作りは、中に挟んだハスカップジャムとバタークリームを閉じ込めるためです。

口に含むと、クッキー、チョコレート、ハスカップジャム、バタークリームのハーモニーが芸術的なおいしさです。

 

特にハスカップジャムの味わいは最高で、リピーターが多いお菓子のひとつです。

クッキーはしっとりしていてキャッチコピーとしてパッケージにプリントされている「北の小さなケーキ」そのものです。

 

 

甘酸っぱくておいしいハスカップジャム

 

ハスカップは寒いエリアに生息する植物で、どこにでもある果物ではありません。

喜ばれるお土産のポイントに、地方特有の名産品があります。

ハスカップは、喜ばれるポイントを満たした素材です。

ハスカップジャムの味は、甘酸っぱくてとても魅力的です。ベリー類とよく似た味ですが、独特でハスカップならではの味わいがあります。

 

 

6. カルビー じゃがポックル

 

 

じゃがいもを皮ごと使ったこれぞ北海道というお土産

 

「カルビー じゃがポックル」は、北海道産のじゃがいもを風味豊かに皮ごとカットしてフライした北海道を代表するスナック菓子です。

サクッとした食感が独特で、口の中に入れるとじゃがいもの風味が広がります。

北海道限定商品で、スナック菓子の北海道土産の人気商品のひとつ。

大手航空会社の機内販売スナックにも採用されているのも人気の証です。

 

カルビーは北海道産のじゃがいもにこだわり、お菓子製造のためのじゃがいもを畑づくりから行っている企業です。

「カルビー じゃがポックル」を作っているPOTATO FARM(ポテトファーム)は、カルビーのなかでも特にじゃがいもにこだわった商品をつくっているブランド。

 

オホーツクの塩をつかったこだわりのテイスト

 

「カルビー じゃがポックル」は味付けの塩にもこだわりがあります。

なんとオホーツク海と接しているサロマ湖の海水を釜で煮込んで作った塩を使っているんです。

オホーツク海の海水から作られた塩は独特の風味をプラスしています。

 

北海道ならではのネーミング

 

「カルビー じゃがポックル」の名前は、アイヌの妖精「コロポックル」からきています。

 

 


7. 柳月 三方六

 

 

インパクトのある名前と形状

 

「柳月 三方六」は北海道十勝の銘菓。まずインパクトがあるのが、その三方六という名前とその形状です。

実は三方六という名前とお菓子の形は密接な関係があるのです。

 

三方六とは三方向が六尺(約18cm)という意味をあらわす言葉。

北海道を開拓していた時代、冬の燃料として使われていたのは「薪」でした。

木の切り株を斧で割って薪をつくる基準となったのが三方向が六尺(約18cm)だったのです。

北海道開拓時代の薪の形状をインスパイアしてつくられたのが「柳月 三方六」です。

北海道を代表する樹木である白樺の印象をチョコレートとホワイトチョコレートのマーブル柄で表現しています。

 

チョコがサクッとして中のバームクーヘンはしっとり

 

「柳月 三方六」は表面にチョコレートとホワイトチョコレートをマーブル状に厚手にコーティングした、バームクーヘン菓子です。

薪の形につくられた細長い形状なので、ナイフで幅約1cmぐらいに切って食べます。

口の中に入れると、表面にコーティングされたチョコレートがサクッとした食感で、その次の瞬間しっとりとしたバームクーヘンがミックされて溶けていきます。

「柳月 三方六」の完成度に高い上品な味を経験すれば、第27回世界菓子博覧会「モンドセレクション」で最高金賞を受賞している事も納得できます。

 

 

三方六の文字が趣深くお土産に最適

 

お土産選びのポイントにパッケージの印象があります。

三方六の箱には筆書きの文字をつかったネームが大きくプリントされています。

北海道開拓時代の歴史を伝える老舗の印象とオープンマインドな印象を併せ持つパッケージは趣深くてお土産に最高です。

「三方六」のネーミングのうんちくを語りながら、お土産を渡すのもいいアイデアです。

 

 

8. ルタオ ドゥーブルフロマージュ

 

 

小樽の超人気洋菓子店が作る人気のチーズケーキ

 

ルタオは、北海道小樽に本店を置く洋菓子店で、今や全国的に有名なブランドです。

ドゥーブルフロマージュは、ルタオを代表する、チーズケーキ。

 

ベイクドチーズケーキとレアチーズケーキのハーモニーが魅力

 

「ルタオ ドゥーブルフロマージュ」の魅力はベイクドチーズケーキとレアチーズケーキが同時に味わえるところです。

ベイクドチーズケーキの上にレアチーズケーキを重ねた贅沢な組み合わせは、口の中でまろやかに広がります。

 

素材に北海道の牛乳と本場海外のチーズを使用

 

「ルタオ ドゥーブルフロマージュ」のおいしさの秘密に厳選された素材があります。

北海道産の牛乳と、オーストラリア産のクリームチーズ、イタリア産のマスカルポーネチーズを使い、ルタオのお菓子作りのスピリッツと技術でおいしいチーズケーキが作られています。

 

 


9. 石屋製菓 白い恋人

 

 

 「石屋製菓 白い恋人」は、北海道のお菓子土産のレジェンド的な存在。

知名度は数あるお菓子の中でも圧倒的に高く、北海道土産として最適です。

 

薄く焼き上げられた甘みのあるクッキーで、厚みのあるチョコレートをサンドイッチした形状は、口の中でサクッと軽く砕けて、スッととろけていきます。

濃厚な味わいは、北海道産の卵、牛乳、バターをたっぷりと使用して作られています。

 

 

「石屋製菓 白い恋人」の魅力のひとつに一目で分かるパッケージがあります。

北海道の白いパウダースノウをイメージさせる、ホワイトをベースにスカイブルーのイラストが描かれたデザインは貫禄さえ感じさせます。

イラストの真ん中に描かれている山並みはアルプスの山のようですが、北海道にある「利尻山」を描いたものです。

 

 

10. 石屋製菓 美冬

 

 

 「石屋製菓 美冬」は、サクッとした食感が楽しめるミルフィーユをチョコレートで包み込んだお菓子です。

美冬の魅力は3種類の味が楽しめるところです。

チョコレートは、ミルクチョコレート、ビターチョコレート、ホワイトチョコレートを使用して、ミルクチョコレートの中にはキャラメル味のミルフィーユ、ビターチョコレートの中にはブルーベリー味のミルフィーユ、ホワイトチョコレートの中にはマロン味のミルフィーユが入っています。

 

 

 「石屋製菓 美冬」の落ち着いた印象のパッケージも魅力です。

お土産の包装はお土産のお届け先によって重要なポイントのひとつになります。

 

 

北海道  のお土産は、魅力的な商品が多くて迷ってしまいますよね。

お土産から北海道の広大な大地とおおらかな印象が伝わってきます。

今回紹介した10種の商品の中から、届けたい方の顔を浮かべてチョイスすれば、きっと喜ばれる瞬間が訪れるはずです。


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(120)
北海道・東北(14)
  北海道(6)
  宮城(3)
  山形(1)
  岩手(1)
  福島(1)
  秋田(1)
  青森(1)
関東(32)
  千葉(4)
  埼玉(3)
  山梨(3)
  東京(10)
  栃木(1)
  神奈川(8)
  群馬(2)
  茨城(1)
甲信越・北陸・東海(18)
  三重(2)
  富山(1)
  愛知(3)
  新潟(3)
  石川(2)
  福井(1)
  長野(3)
  静岡(3)
近畿(19)
  京都(5)
  兵庫(4)
  和歌山(1)
  大阪(6)
  奈良(1)
  滋賀(2)
中国・四国(12)
  山口(2)
  岡山(2)
  島根(1)
  広島(2)
  徳島(1)
  愛媛(1)
  香川(1)
  高知(1)
  鳥取(1)
九州・沖縄(13)
  大分(1)
  宮崎(1)
  沖縄(6)
  熊本(1)
  福岡(2)
  長崎(1)
  鹿児島(1)

国外エリア一覧

東南アジア(12)
ヨーロッパ(13)
東アジア・中国・台湾(5)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(2)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(4)
オセアニア(3)
アフリカ(1)
北米(5)
中南米(1)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(102)
イベント情報(101)
ショッピング・買い物・お土産(96)
シーン別(139)
ビジネス・出張(53)
マナー(46)
ロケ地、舞台(70)
世界遺産(41)
乗り物・交通・アクセス(137)
宿・旅館・ホテル(60)
旅行準備(105)
歴史・豆知識(152)
温泉・スパ(52)
絶景(125)
聖地巡礼(16)
観光旅行(173)
言語・役立ちフレーズ(9)
食事・グルメ(124)
ランキング(45)
デート(102)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(41)
ツアー/旅程(6)
海水浴場・ビーチ・リゾート(6)

人気記事ランキング