logo

top

世界の絶景30選!死ぬまでに行きたい絶景スポットを紹介





日本国内では見ることのできない絶景を楽しむのは、海外旅行の楽しみの一つですよね。
今では交通機関が発達したおかげで、短時間で世界の絶景を見ることができるようになりました。

しかし、地球はあまりにも広く、未だに到達するまで困難を伴う絶景スポットも存在します。
中には交通の便が極めて悪い僻地だったり、ほとんど観光地化されていない場所もあります。

今回は、全世界から飛び切りの絶景スポットを厳選してご紹介します。
気軽に訪れることができない場所もありますが、一生に一度は行ってみたい抜群の絶景ばかりです。

【目次】世界の絶景30選!死ぬまでに行きたい絶景スポットを紹介

 

1ページ目 :

 

<アジアのおすすめ絶景スポット>

1. 九寨溝(中国)

2. ハロン湾(ベトナム)

3. ゴールデンロック(ミャンマー)

4. カッパドキア(トルコ)

5. サマルカンド(ウズベキスタン)

<ヨーロッパのおすすめ絶景スポット>

1. モン・サン・ミッシェル(フランス)

2. カプリ島(イタリア)

3. サントリーニ島(ギリシャ)

4. プリトヴィッツェ湖群国立公園(クロアチア)

5. シンクヴェトリル国立公園(アイスランド)

 

2ページ目 :

 

<北米のおすすめ絶景スポット>

1. キャピラノ吊り橋(カナダ)

2. イエローナイフ(カナダ)

3. アンテロープキャニオン(米国)

4. イエローストーン国立公園(米国)

5. セブンマイル・ブリッジ(米国)

<中南米のおすすめ絶景スポット>

1. グレート・ブルーホール(ベリーズ)

2. ウユニ塩湖(ボリビア)

3. マチュピチュ(ペルー)

4. ギアナ高地(ベネズエラ)

5. ロス・グラシアレス(アルゼンチン)

 

3ページ目 :

 

<オセアニア・太平洋地域のおすすめ絶景スポット>

1. ロックアイランド(パラオ)

2. ボラボラ島(タヒチ)

3. エアーズロック(オーストラリア)

4. ミルフォード・サウンド(ニュージーランド)

5. ウベア島(ニューカレドニア)

<アフリカのおすすめ絶景スポット>

1. ギザのピラミッド群(エジプト)

2. ダナキル砂漠(エチオピア)

3. セレンゲッティ(タンザニア)

4. ナミブ砂漠(ナミビア)

5. ヴィクトリアの滝(ジンバブエ・ザンビア)

 

 


<アジアのおすすめ絶景スポット>

 

台湾 九份 観光

 

気軽に行ける海外旅行先として人気のアジア。

風土や気候、文化、宗教などが多様性に富んでいます。

その広大な土地には、あまり知られていない素晴らしい絶景が残されています。

未知なる絶景スポットから、おすすめをご紹介します。

 

1. 九寨溝(中国)

 

九寨溝
九寨溝・五花海:Photo credit:  culantor  on  VisualHunt.com  /  CC BY-SA

 

九寨溝は中国四川省の奥地にある峡谷で、ユネスコ世界遺産に指定されている景勝地です。

標高2,000〜3,000mの高地にあり、原生林の生い茂る峡谷に大小100以上の湖沼や瀑布が点在しています。

湖底に沈んだ倒木がくっきり見えるくらい透明度の高い湖は、息を呑むほどの美しさです。

 

 

エメラルドグリーンやコバルトブルーに輝く湖水巡りは、さらに高地に存在する「黄龍」と共に、中国でも屈指の人気観光地です。

また、この周辺はジャイアントパンダの生息地としても知られています。

 

九寨溝の観光情報

 

 

住所 : 中華人民共和国四川省

アクセス :

東京〜成都まで直行便で6時間
成都から九寨溝空港まで1時間、または長距離バスで8〜11時間

 

※合わせて読みたい:  中国の絶景観光地10選

 

 

2. ハロン湾(ベトナム)

 

ハロン湾
Photo credit:  gudi&cris  on  Visualhunt  /  CC BY-ND

 

ベトナム北部の景勝地であるハロン湾は、日本でも人気のある観光スポットとして知られています。

エメラルドグリーンの海に、大小3,000もの島々が奇岩のように点在している景観が特徴で、ユネスコ世界遺産にも指定されています。

その姿は中国の景勝地に例えられて「海の桂林」とも呼ばれています。

 

ハロン湾2
Photo credit:  -JvL-  on  Visualhunt  /  CC BY

 

ハロンとは「龍の降臨」を意味し、この地に棲んでいた龍の親子が、口から炎を吐いて外国からの侵略軍を撃退した故事に因んでいます。

ハロン湾の観光を満喫するには、クルーズ船に乗って湾内の島々を周遊するコースがおすすめです。

 

ハロン湾の観光情報

 

 

住所 : Halong Bay, Vietnam

アクセス :

東京〜ハノイ間は直行便で6時間
ハノイからバスで3時間30分

 

※合わせて読みたい:  ベトナムの観光名所15選!ハノイ・ホイアン・フエなど都市別に人気のおすすめスポットを厳選

 

 

3. ゴールデンロック(ミャンマー)

 

ゴールデンロック
Photo credit:  jasoneppink  on  Visualhunt  /  CC BY

 

崖の上から今にも転がり落ちそうな巨大な石は、見ているだけでハラハラしてきます。

金色に染められた石の名前はゴールデンロック、正式な名前は「チャイティーヨー・パゴダ」です。

最大都市ヤンゴンの北東部に位置する標高1,100mの山頂にあり、高さ6.7m、周囲は25.6mの大きさがあります。

 

ゴールデンロック2
Photo credit:  jasoneppink  on  VisualHunt  /  CC BY

 

このゴールデンロックは、その正式名称のとおりパゴダ(仏塔)です。

石の上には約11mの仏塔が鎮座しており、国民の90%が仏教徒のミャンマーではとても神聖な場所となっています。

仏塔にはお釈迦さまの遺髪が納められており、その霊力で落ちることがないのだとか。

過去に何度も大地震に見舞われながらも、びくともしなかったと言われています。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Supajunya Siripoon Ploysiri (@ploysiri_fm99) on

 

石の表面に貼られている金箔は、信者から寄進されたものです。

ミャンマーの人々にとっては、一生に一度は訪れたい聖地として知られています。

 

ゴールデンロックの観光情報

 

 

住所 : Kyaiktiyo,Mon State, Myanmar

アクセス :

東京〜ヤンゴン間の直行便7時間30分
ヤンゴンより長距離バスで5時間

 

 

4. カッパドキア(トルコ)

 

カッパドキア

 

奇岩が延々と続く大地は、まるで異次元空間に迷い込んだようです。

トルコ中央部・アナトリア高原に広がるカッパドキアは、その独特の景観が訪れる人を魅了します。

 

圧巻の奇岩群だけでなく、歴史的遺産も多く残っており、「ギョレメ国立公園およびカッパドキアの岩石遺跡群」としてユネスコ世界遺産登録されています。

その広さは、東京都がすっぽり入るほどの規模があります。

 

 

「妖精の煙突」ともいわれる奇岩群は、数億年前に発生した火山の大噴火によって形成したと考えられています。

この地域の歴史は古く、紀元前1200年前のヒッタイト帝国に時代に都市が成立していたようです。

 

さらに、ローマ帝国の時代からセルジューク・トルコが支配するまで、迫害されていたキリスト教徒が潜伏して地下国家を形成していました。

カッパドキアには、その当時の洞窟教会やフレスコ画が良好な保存状態で残されています。

 

カパドキア3
Photo credit:  Travelbusy.com  on  Visual Hunt  /  CC BY

 

トルコ有数の観光地であるカッパドキアには、様々な楽しみ方があります。

気球に乗って上空から奇岩群を鑑賞したり、洞窟の中に造られた「洞窟ホテル」に泊まってみたり、地下都市跡を見学したみたり。

時間があれば最低3日間くらいは滞在したいものです。

 

カッパドキアの観光情報

 

 

住所 : Cappadocia, Turkey

アクセス :

東京からイスタンブールまで直行便で12時間
イスタンブールから国内線で1時間15分、長距離バスで11時間

 

※合わせて読みたい:  トルコの人気観光地まとめ!トロイの木馬にカッパドキアに絶品トルコグルメまで

 

 

5. サマルカンド(ウズベキスタン)

 

サマルカンド

 

旧ソ連から独立した、中央アジアの未知なる国・ウズベキスタン。

このウズベキスタンの古都・サマルカンドは、別名「青の都」と称されるほど、全体が青く彩られた美しい街です。

青いタイルを基調としたモスクなど建造物は、澄みきった青空と調和して抜群の絶景を演出しています。

 

サマルカンド
レギスタン広場

 

サマルカンドは紀元前10世紀頃にオアシス都市として歴史に姿を現し、シルクロードの中継都市として栄えました。

そして、14〜16世紀にはティムール帝国の首都として全盛期を迎えます。

この当時に建造された歴史展建造物は、サマルカンドの重要な観光スポットとなっています。

 

サマルカンド2
シェル・ドル・マドラサ

 

サマルカンド観光の見どころは、神学校が立ち並ぶ「レギスタン広場」、ティムールの霊廟・グル・アミール廟、シャーヒズィンダ廟群などが有名です。

異国情緒に溢れた古都で、「サマルカンド・ブルー」の美しさに酔いしれたいものです。

 

サマルカンドの観光情報

 

 

住所 : Samarkand,Uzbekistan

アクセス :

東京〜首都・タシケント間は直行便で9時間(経由便あり)
タシケント-サマルカンド間は国内便で50分

 

 

<ヨーロッパのおすすめ絶景スポット>

 

ヴェネツィア

 

今も昔も憧れの旅行先・ヨーロッパ。

これまで知られていなかったロシアや東欧諸国、また北欧なども、旅行先として訪れる人が多くなりました。

絵画のような絶景が楽しめるスポットを、ヨーロッパ全域からご紹介します。

 

1. モン・サン・ミッシェル(フランス)

 

モン・サン・ミッシェル

 

フランスを代表する絶景観光地が、北部・ノルマンディー地方にあるモン・サン・ミッシェルです。

海岸から約1kmほど沖にある小島で、島内に建つ「モン・サン・ミッシェル修道院」の景観が圧巻の美しさを誇ります。

 

モン・サン・ミッシェル2
Photo credit:  miketnorton  on  Visual Hunt  /  CC BY

 

この修道院のはじまりは、708年にオベール司教という人が建立しました。

オベール司教は夢の中で、大天使ミカエルから「この島に修道院を建てるように」とのお告げを受けたと伝えられています。

モン・サン・ミッシェルの名前は、この大天使・「聖ミカエル」に由来します。

 

その後建造、崩壊、修復を繰り返し、13世紀にはほぼ今の形になったと言われています。

この周辺の海域は干潮の差が激しく、昔はこの島に渡ることは命がけでした。

 

モン・サン・ミッシェル3
Photo credit:  Gaetan Zarforoushan  on  VisualHunt  /  CC BY

 

現在では島まで橋が架かり、潮の満ち干に関係なく渡ることができます。

修道院まで続く参道では、名物のオムレツを味わってみましょう。

 

モン・サン・ミッシェルの観光情報

 

 

住所 : Le Mont-Saint-Michel,France

アクセス :

東京〜パリ間は直行便で12時間30分
パリから観光バスツアーで4時間30分

 

▼合わせて読みたい

フランス旅行の行き先に困ったらここ!地域別に超人気観光地を厳選

・  パリの観光地24選!パリ市内から郊外までおすすめ観光名所をご紹介

 

 

2. カプリ島(イタリア)

 

 

南イタリア・ナポリとその近郊は、風光明媚な観光地として世界的に知られています。

カプリ島は、ナポリの沖合30kmに浮かぶ小島ですが、その美観によりローマ帝国の時代から多くの皇帝や貴族に愛されてきました。

 

カプリ
Photo credit:  ell brown  on  VisualHunt  /  CC BY

 

カプリ島と聞いて真っ先に思い浮かぶのが、「青の洞窟」だと思います。

島西部の街・アナカプリ近くにある海蝕洞で、洞窟の穴から差し込む光の加減により海水が青く輝きます。

その光景はとても幻想的で、一生に一度は見る価値があります。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Giuseppe Mascolo (@giuseppe_mascolo) on

 

青の洞窟に行くには、小さなボートで洞窟のなかに入ることになります。

しかし、入口がとても狭く、晴れた波の低い日にしか入ることができません。

他にも様々な条件をクリアしないと鑑賞できない、幻の絶景スポットとなっています。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Iriss (@cico_andres) on

 

カプリ島のもうひとつの絶景スポットは、「モンテソラーロの丘」。

標高589mの頂上までリフトで登り、頂上から眺めるナポリ湾の眺望は抜群です。

 

カプリ島の観光情報

 

 

住所 : Isola di Capri,Campania , Città metropolitana di Napoli,Italy

アクセス :

東京-ナポリ間は乗継便で14時間30分
ナポリ港から高速船で40分

 

※合わせて読みたい:  イタリア好きが選ぶおすすめ観光スポット60選!イタリア全20州のエリア別におすすめの旅行先をご紹介

 

 

3. サントリーニ島(ギリシャ)

 

サントリーニ島

 

エーゲ海は紺碧の美しい海に、大小2,500もの島々が存在しています。

サントリーニ島は、ギリシャ本土から200km沖合にある島で、エーゲ海に数ある離島の中でも抜群の人気を誇ります。

純白を中心とした建物が、紺碧の海と絶妙なコントラストを醸し出し、まるで絵画を見ているかのような絶景を演出しています。

 

サントリーニ島2

 

サントリーニ島のシンボルとして有名な建物は、ブルードームの教会です。

また、世界一美しいと絶賛される夕日や、夜景の眺望も必見です。

 

サントリーニ島3
Photo credit:  szeke  on  Visualhunt  /  CC BY-SA

 

極上の景色を楽しみながら、至福のバカンスを満喫できるサントリーニ島。

まさに夢のような島です。

 

サントリーニ島の観光情報

 

 

住所 : Santorini,Cyclades, Greece

アクセス :

東京-アテネ間は乗継便で15時間20分
アテネから国内線で40分、高速船で5〜6時間

 

 

4. プリトヴィッツェ湖群国立公園(クロアチア)

 

クロアチア
Photo credit:  PabloBM  on  VisualHunt  /  CC BY

 

「プリトヴィッツェ湖群国立公園」は、クロアチアの首都サグレブの南方、ボスニア・ヘルツェゴビナとの国境近くにある国立自然公園です。

192km²もある広大な森には大小16の湖が階段状になって点在しており、92の滝によって繋がっています。

旧ユーゴスラビア内戦で甚大な被害を受けましたが、地雷の撤去等で修復し、今ではクロアチア最大の観光スポットとして復活しました。

 

クロアチア2
Photo credit:  Darij & Ana  on  Visualhunt.com  /  CC BY

 

ミネラルや有機物の含有濃度、日光の角度などによって、湖水の色がエメラルドグリーンやコバルトブルーに変化します。

その湖水の色と森の緑、躍動的な滝が絶妙に一体化し、奇跡のような絶景をつくりあげています。

最下流付近でプリトヴィツェ川が流れ込んでできた、落差78mの大滝は必見です。

 

プリトヴィツェ湖群国立公園の観光情報

 

 

住所 : Plitvice Lakes municipality,Croatia

アクセス :

東京-首都ザグレブ間は乗継便で17時間
ザグレブからバスで約3時間

 

※合わせて読みたい:  クロアチアの観光地10選

 

 

5. シンクヴェトリル国立公園(アイスランド)

 

 

日本人にはまだ馴染みの薄い国ですが、アイスランドは手つかずの大自然や温泉に恵まれた観光大国です。

そのアイスランドを代表する絶景観光スポットが「シンクヴェトリル国立公園」で、ユネスコ世界遺産にも指定されています。

この国立公園と「グトルフォスの滝」、「ゲイシールの間欠泉」を巡るルートは、「ゴールデンサークル」と呼ばれ、アイスランド観光の定番コースとなっています。

 

シンク
Photo credit:  Anosmia  on  Visual hunt  /  CC BY-ND

 

シンクヴェトリル国立公園は、地球の割れ目が間近で体験できる珍しい場所です。

「ギャウ」とよばれる割れ目は、ユーラシアと北米の両大陸のプレートが衝突することによってできました。

本来海底に存在するはずの割れ目が、この国立公園では地上に露出しており、その上を歩いたり登ったりの体験ができます。

 

 

シンクヴェトリルには、驚くほど透明な「シルフラの泉」でのダイビングや、ギャウの崖から豪快に流れる「オクスアルアゥルフォスの滝」などの観光スポットがあります。

また、冬の時期にはオーロラを楽しむことができます。

 

シンクヴェトリル国立公園の観光情報

 

 

住所 : Þingvellir,Iceland

アクセス :

東京〜レイキャビク間は乗継便で18時間
レイキャビクから車で2〜3時間


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(463)
北海道・東北(38)
  北海道(21)
  青森(3)
  岩手(2)
  宮城(7)
  秋田(1)
  山形(3)
  福島(1)
関東(162)
  埼玉(7)
  千葉(11)
  東京(88)
  神奈川(35)
  茨城(4)
  栃木(7)
  群馬(5)
  山梨(5)
甲信越・北陸・東海(69)
  長野(10)
  新潟(7)
  富山(3)
  石川(13)
  福井(1)
  岐阜(5)
  静岡(16)
  愛知(7)
  三重(7)
近畿(68)
  滋賀(7)
  京都(17)
  大阪(21)
  兵庫(15)
  奈良(5)
  和歌山(3)
中国・四国(32)
  鳥取(1)
  島根(5)
  岡山(7)
  広島(8)
  山口(3)
  徳島(2)
  香川(3)
  愛媛(1)
  高知(2)
九州・沖縄(61)
  福岡(9)
  佐賀(2)
  長崎(7)
  熊本(10)
  大分(9)
  宮崎(2)
  鹿児島(8)
  沖縄(14)

国外エリア一覧

東南アジア(18)
ヨーロッパ(41)
東アジア・中国・台湾(18)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(6)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(7)
オセアニア(8)
アフリカ(2)
北米(12)
中南米(2)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(466)
イベント情報(326)
ショッピング・買い物・お土産(439)
ビジネス・出張(163)
ロケ地、舞台(168)
世界遺産(107)
乗り物・交通・アクセス(541)
宿・旅館・ホテル(173)
旅行準備(405)
歴史・豆知識(638)
温泉・スパ(149)
絶景(387)
聖地巡礼(30)
観光旅行(601)
食事・グルメ(497)
ランキング(528)
デート(506)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(393)
ツアー/旅程(194)
海水浴場・ビーチ・リゾート(55)

人気記事ランキング