logo

top

世界の絶景30選!死ぬまでに行きたい絶景スポットを紹介





日本国内では見ることのできない絶景を楽しむのは、海外旅行の楽しみの一つですよね。
今では交通機関が発達したおかげで、短時間で世界の絶景を見ることができるようになりました。

しかし、地球はあまりにも広く、未だに到達するまで困難を伴う絶景スポットも存在します。
中には交通の便が極めて悪い僻地だったり、ほとんど観光地化されていない場所もあります。

今回は、全世界から飛び切りの絶景スポットを厳選してご紹介します。
気軽に訪れることができない場所もありますが、一生に一度は行ってみたい抜群の絶景ばかりです。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】世界の絶景30選!死ぬまでに行きたい絶景スポットを紹介

 

<アジアのおすすめ絶景スポット>

1. 九寨溝(中国)

2. ハロン湾(ベトナム)

3. ゴールデンロック(ミャンマー)

4. カッパドキア(トルコ)

5. サマルカンド(ウズベキスタン)

<ヨーロッパのおすすめ絶景スポット>

1. モン・サン・ミッシェル(フランス)

2. カプリ島(イタリア)

3. サントリーニ島(ギリシャ)

4. プリトヴィッツェ湖群国立公園(クロアチア)

5. シンクヴェトリル国立公園(アイスランド)

<北米のおすすめ絶景スポット>

1. キャピラノ吊り橋(カナダ)

2. イエローナイフ(カナダ)

3. アンテロープキャニオン(米国)

4. イエローストーン国立公園(米国)

5. セブンマイル・ブリッジ(米国)

<中南米のおすすめ絶景スポット>

1. グレート・ブルーホール(ベリーズ)

2. ウユニ塩湖(ボリビア)

3. マチュピチュ(ペルー)

4. ギアナ高地(ベネズエラ)

5. ロス・グラシアレス(アルゼンチン)

<オセアニア・太平洋地域のおすすめ絶景スポット>

1. ロックアイランド(パラオ)

2. ボラボラ島(タヒチ)

3. エアーズロック(オーストラリア)

4. ミルフォード・サウンド(ニュージーランド)

5. ウベア島(ニューカレドニア)

<アフリカのおすすめ絶景スポット>

1. ギザのピラミッド群(エジプト)

2. ダナキル砂漠(エチオピア)

3. セレンゲッティ(タンザニア)

4. ナミブ砂漠(ナミビア)

5. ヴィクトリアの滝(ジンバブエ・ザンビア)

 

 


<アジアのおすすめ絶景スポット>

 

台湾 九份 観光

 

気軽に行ける海外旅行先として人気のアジア。

風土や気候、文化、宗教などが多様性に富んでいます。

その広大な土地には、あまり知られていない素晴らしい絶景が残されています。

未知なる絶景スポットから、おすすめをご紹介します。

 

1. 九寨溝(中国)

 

九寨溝 中国 絶景

 

九寨溝は中国四川省の奥地にある峡谷で、ユネスコ世界遺産に指定されている景勝地です。

標高2,000〜3,000mの高地にあり、原生林の生い茂る峡谷に大小100以上の湖沼や瀑布が点在しています。

湖底に沈んだ倒木がくっきり見えるくらい透明度の高い湖は、息を呑むほどの美しさです。

 

九寨溝 中国 絶景

 

エメラルドグリーンやコバルトブルーに輝く湖水巡りは、さらに高地に存在する「黄龍」と共に、中国でも屈指の人気観光地です。

また、この周辺はジャイアントパンダの生息地としても知られています。

 

九寨溝の観光情報

 

 

住所 : 中華人民共和国四川省

マップ: Googleマップ

アクセス :

東京〜成都まで直行便で6時間
成都から九寨溝空港まで1時間、または長距離バスで8〜11時間

 

※合わせて読みたい:  中国の絶景観光地10選

 

 

2. ハロン湾(ベトナム)

 

ハロン湾 ベトナム 絶景

 

ベトナム北部の景勝地であるハロン湾は、日本でも人気のある観光スポットとして知られています。

エメラルドグリーンの海に、大小3,000もの島々が奇岩のように点在している景観が特徴で、ユネスコ世界遺産にも指定されています。

その姿は中国の景勝地に例えられて「海の桂林」とも呼ばれています。

 

ベトナム ハロン湾 クルージング 

 

ハロンとは「龍の降臨」を意味し、この地に棲んでいた龍の親子が、口から炎を吐いて外国からの侵略軍を撃退した故事に因んでいます。

ハロン湾の観光を満喫するには、クルーズ船に乗って湾内の島々を周遊するコースがおすすめです。

 

ハロン湾の観光情報

 

 

住所 : Halong Bay, Vietnam

マップ: Googleマップ

アクセス :

東京〜ハノイ間は直行便で6時間
ハノイからバスで3時間30分

 

※合わせて読みたい:  ベトナムの観光名所15選!ハノイ・ホイアン・フエなど都市別に人気のおすすめスポットを厳選

 

 

3. ゴールデンロック(ミャンマー)

 

ミャンマー 絶景 ゴールデンロック

 

崖の上から今にも転がり落ちそうな巨大な石は、見ているだけでハラハラしてきます。

金色に染められた石の名前はゴールデンロック、正式な名前は「チャイティーヨー・パゴダ」です。

最大都市ヤンゴンの北東部に位置する標高1,100mの山頂にあり、高さ6.7m、周囲は25.6mの大きさがあります。

 

ミャンマー 絶景 ゴールデンロック

 

このゴールデンロックは、その正式名称のとおりパゴダ(仏塔)です。

石の上には約11mの仏塔が鎮座しており、国民の90%が仏教徒のミャンマーではとても神聖な場所となっています。

仏塔にはお釈迦さまの遺髪が納められており、その霊力で落ちることがないのだとか。

過去に何度も大地震に見舞われながらも、びくともしなかったと言われています。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Supajunya Siripoon Ploysiri (@ploysiri_fm99) on

 

石の表面に貼られている金箔は、信者から寄進されたものです。

ミャンマーの人々にとっては、一生に一度は訪れたい聖地として知られています。

 

ゴールデンロックの観光情報

 

 

住所 : Kyaiktiyo,Mon State, Myanmar

マップ: Googleマップ

アクセス :

東京〜ヤンゴン間の直行便7時間30分
ヤンゴンより長距離バスで5時間

 

 

4. カッパドキア(トルコ)

 

カッパドキア

 

奇岩が延々と続く大地は、まるで異次元空間に迷い込んだようです。

トルコ中央部・アナトリア高原に広がるカッパドキアは、その独特の景観が訪れる人を魅了します。

 

圧巻の奇岩群だけでなく、歴史的遺産も多く残っており、「ギョレメ国立公園およびカッパドキアの岩石遺跡群」としてユネスコ世界遺産登録されています。

その広さは、東京都がすっぽり入るほどの規模があります。

 

カッパドキア トルコ 絶景 妖精の煙突

 

「妖精の煙突」ともいわれる奇岩群は、数億年前に発生した火山の大噴火によって形成したと考えられています。

この地域の歴史は古く、紀元前1200年前のヒッタイト帝国に時代に都市が成立していたようです。

 

さらに、ローマ帝国の時代からセルジューク・トルコが支配するまで、迫害されていたキリスト教徒が潜伏して地下国家を形成していました。

カッパドキアには、その当時の洞窟教会やフレスコ画が良好な保存状態で残されています。

 

カパドキア3

 

トルコ有数の観光地であるカッパドキアには、様々な楽しみ方があります。

気球に乗って上空から奇岩群を鑑賞したり、洞窟の中に造られた「洞窟ホテル」に泊まってみたり、地下都市跡を見学したみたり。

時間があれば最低3日間くらいは滞在したいものです。

 

カッパドキアの観光情報

 

 

住所 : Cappadocia, Turkey

マップ: Googleマップ

アクセス :

東京からイスタンブールまで直行便で12時間
イスタンブールから国内線で1時間15分、長距離バスで11時間

 

※合わせて読みたい:  トルコの人気観光地まとめ!トロイの木馬にカッパドキアに絶品トルコグルメまで

 

 

5. サマルカンド(ウズベキスタン)

 

サマルカンド

 

旧ソ連から独立した、中央アジアの未知なる国・ウズベキスタン。

このウズベキスタンの古都・サマルカンドは、別名「青の都」と称されるほど、全体が青く彩られた美しい街です。

青いタイルを基調としたモスクなど建造物は、澄みきった青空と調和して抜群の絶景を演出しています。

 

サマルカンド レギスタン広場
レギスタン広場

 

サマルカンドは紀元前10世紀頃にオアシス都市として歴史に姿を現し、シルクロードの中継都市として栄えました。

そして、14〜16世紀にはティムール帝国の首都として全盛期を迎えます。

この当時に建造された歴史展建造物は、サマルカンドの重要な観光スポットとなっています。

 

サマルカンド シェル・ドル・マドラサ
シェル・ドル・マドラサ

 

サマルカンド観光の見どころは、神学校が立ち並ぶ「レギスタン広場」、ティムールの霊廟・グル・アミール廟、シャーヒズィンダ廟群などが有名です。

異国情緒に溢れた古都で、「サマルカンド・ブルー」の美しさに酔いしれたいものです。

 

サマルカンドの観光情報

 

 

住所 : Samarkand,Uzbekistan

マップ: Googleマップ

アクセス :

東京〜首都・タシケント間は直行便で9時間(経由便あり)
タシケント-サマルカンド間は国内便で50分

 

 

<ヨーロッパのおすすめ絶景スポット>

 

ヴェネツィア

 

今も昔も憧れの旅行先・ヨーロッパ。

これまで知られていなかったロシアや東欧諸国、また北欧なども、旅行先として訪れる人が多くなりました。

絵画のような絶景が楽しめるスポットを、ヨーロッパ全域からご紹介します。

 

1. モン・サン・ミッシェル(フランス)

 

モン・サン・ミッシェル

 

フランスを代表する絶景観光地が、北部・ノルマンディー地方にあるモン・サン・ミッシェルです。

海岸から約1kmほど沖にある小島で、島内に建つ「モン・サン・ミッシェル修道院」の景観が圧巻の美しさを誇ります。

 

モン・サン・ミッシェル フランス 夜景

 

この修道院のはじまりは、708年にオベール司教という人が建立しました。

オベール司教は夢の中で、大天使ミカエルから「この島に修道院を建てるように」とのお告げを受けたと伝えられています。

モン・サン・ミッシェルの名前は、この大天使・「聖ミカエル」に由来します。

 

その後建造、崩壊、修復を繰り返し、13世紀にはほぼ今の形になったと言われています。

この周辺の海域は干潮の差が激しく、昔はこの島に渡ることは命がけでした。

 

モン・サン・ミッシェル オムレツ

 

現在では島まで橋が架かり、潮の満ち干に関係なく渡ることができます。

修道院まで続く参道では、名物のオムレツを味わってみましょう。

 

モン・サン・ミッシェルの観光情報

 

 

住所 : Le Mont-Saint-Michel,France

マップ: Googleマップ

アクセス :

東京〜パリ間は直行便で12時間30分
パリから観光バスツアーで4時間30分

 

▼合わせて読みたい

フランス旅行の行き先に困ったらここ!地域別に超人気観光地を厳選

・  パリの観光地24選!パリ市内から郊外までおすすめ観光名所をご紹介

 

 

2. カプリ島(イタリア)

 

カプリ島 イタリア 絶景

 

南イタリア・ナポリとその近郊は、風光明媚な観光地として世界的に知られています。

カプリ島は、ナポリの沖合30kmに浮かぶ小島ですが、その美観によりローマ帝国の時代から多くの皇帝や貴族に愛されてきました。

 

カプリ島 イタリア
Photo credit:  paulmaraj  on  VisualHunt  /  CC BY

 

カプリ島と聞いて真っ先に思い浮かぶのが、「青の洞窟」だと思います。

島西部の街・アナカプリ近くにある海蝕洞で、洞窟の穴から差し込む光の加減により海水が青く輝きます。

その光景はとても幻想的で、一生に一度は見る価値があります。

 

青の洞窟 イタリア カプリ島

 

青の洞窟に行くには、小さなボートで洞窟のなかに入ることになります。

しかし、入口がとても狭く、晴れた波の低い日にしか入ることができません。

他にも様々な条件をクリアしないと鑑賞できない、幻の絶景スポットとなっています。

 

カプリ島 イタリア 絶景

 

カプリ島のもうひとつの絶景スポットは、「モンテソラーロの丘」。

標高589mの頂上までリフトで登り、頂上から眺めるナポリ湾の眺望は抜群です。

 

カプリ島の観光情報

 

 

住所 : Isola di Capri,Campania , Città metropolitana di Napoli,Italy

マップ: Googleマップ

アクセス :

東京-ナポリ間は乗継便で14時間30分
ナポリ港から高速船で40分

 

※合わせて読みたい:  イタリア好きが選ぶおすすめ観光スポット60選!イタリア全20州のエリア別におすすめの旅行先をご紹介

 

 

3. サントリーニ島(ギリシャ)

 

サントリーニ島 ギリシャ 絶景

 

エーゲ海は紺碧の美しい海に、大小2,500もの島々が存在しています。

サントリーニ島は、ギリシャ本土から200km沖合にある島で、エーゲ海に数ある離島の中でも抜群の人気を誇ります。

純白を中心とした建物が、紺碧の海と絶妙なコントラストを醸し出し、まるで絵画を見ているかのような絶景を演出しています。

 

サントリーニ島 ギリシャ 絶景

 

サントリーニ島のシンボルとして有名な建物は、ブルードームの教会です。

また、世界一美しいと絶賛される夕日や、夜景の眺望も必見です。

 

サントリーニ島 ギリシャ 絶景 夕暮れ

 

極上の景色を楽しみながら、至福のバカンスを満喫できるサントリーニ島。

まさに夢のような島です。

 

サントリーニ島の観光情報

 

 

住所 : Santorini,Cyclades, Greece

マップ: Googleマップ

アクセス :

東京-アテネ間は乗継便で15時間20分
アテネから国内線で40分、高速船で5〜6時間

 

 

4. プリトヴィッツェ湖群国立公園(クロアチア)

 

クロアチア プリトヴィッツェ湖群国立公園

 

「プリトヴィッツェ湖群国立公園」は、クロアチアの首都サグレブの南方、ボスニア・ヘルツェゴビナとの国境近くにある国立自然公園です。

192km²もある広大な森には大小16の湖が階段状になって点在しており、92の滝によって繋がっています。

旧ユーゴスラビア内戦で甚大な被害を受けましたが、地雷の撤去等で修復し、今ではクロアチア最大の観光スポットとして復活しました。

 

プリトヴィッツェ湖群国立公園

 

ミネラルや有機物の含有濃度、日光の角度などによって、湖水の色がエメラルドグリーンやコバルトブルーに変化します。

その湖水の色と森の緑、躍動的な滝が絶妙に一体化し、奇跡のような絶景をつくりあげています。

最下流付近でプリトヴィツェ川が流れ込んでできた、落差78mの大滝は必見です。

 

プリトヴィツェ湖群国立公園の観光情報

 

 

住所 : Plitvice Lakes municipality,Croatia

マップ: Googleマップ

アクセス :

東京-首都ザグレブ間は乗継便で17時間
ザグレブからバスで約3時間

 

※合わせて読みたい:  クロアチアの観光地10選

 

 

5. シンクヴェトリル国立公園(アイスランド)

 

 

日本人にはまだ馴染みの薄い国ですが、アイスランドは手つかずの大自然や温泉に恵まれた観光大国です。

そのアイスランドを代表する絶景観光スポットが「シンクヴェトリル国立公園」で、ユネスコ世界遺産にも指定されています。

この国立公園と「グトルフォスの滝」、「ゲイシールの間欠泉」を巡るルートは、「ゴールデンサークル」と呼ばれ、アイスランド観光の定番コースとなっています。

 

シンクヴェトリル国立公園 アイスランド
Photo credit:  Anosmia  on  Visual hunt  /  CC BY-ND

 

シンクヴェトリル国立公園は、地球の割れ目が間近で体験できる珍しい場所です。

「ギャウ」とよばれる割れ目は、ユーラシアと北米の両大陸のプレートが衝突することによってできました。

本来海底に存在するはずの割れ目が、この国立公園では地上に露出しており、その上を歩いたり登ったりの体験ができます。

 

 

シンクヴェトリルには、驚くほど透明な「シルフラの泉」でのダイビングや、ギャウの崖から豪快に流れる「オクスアルアゥルフォスの滝」などの観光スポットがあります。

また、冬の時期にはオーロラを楽しむことができます。

 

シンクヴェトリル国立公園の観光情報

 

 

住所 : Þingvellir,Iceland

マップ: Googleマップ

アクセス :

東京〜レイキャビク間は乗継便で18時間
レイキャビクから車で2〜3時間

 

 


<北米のおすすめ絶景スポット>

 

北米

 

アメリカ合衆国とカナダから成る北米大陸は、人気のある旅行先です。

都市部への観光が多いかもしれませんが、ダイナミックな自然景観も見逃せません。

北米に行ったら、ぜひ見ておきたい絶景スポットをご紹介します。

 

1. キャピラノ吊り橋(カナダ)

 

キャピラノ吊り橋 カナダ
Photo credit:  goobiebilly  on  Visualhunt.com  /  CC BY

 

高所恐怖症の人にはおすすめできない絶景スポットが、「キャピラノ吊り橋」です。

バンクーバー郊外・キャピラノ渓谷にかかる吊り橋で、長さ140m、眼下の川からの高さは70mあります。

空中散歩している感覚でスリル満点です。

鳥になった気分で圧巻の渓谷美を楽しむことができます。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by @lkf_95555 on

 

キャピラノ吊り橋は、もともとは1889年に造られた歴史が古い吊り橋です。

現在の橋は、1956年に建替られてものです。

渡る人が多いと揺れが激しいですが、とても丈夫な造りなので安心して渡りましょう。

 

キャピラノ吊り橋 Kia’palano totem pole
Photo credit:  -JvL-  on  VisualHunt.com  /  CC BY

 

キャピラノ吊り橋周辺は公園となっており、他にも4本の吊り橋が設置されています。

2011年に増設された「クリフウォーク」は岩肌に沿って設置された遊歩道です。

谷底が丸見えの恐怖体験を味わうことができます。

 

キャピラノ吊り橋の観光情報

 

 

住所 : District of North Vancouver,Canada

マップ: Googleマップ

アクセス :

東京〜バンクーバー間は直行便で9時間
バンクーバーから無料シャトルバスあり

 

 

2. イエローナイフ(カナダ)

 

イエローナイフ カナダ
Photo credit:  JACK-L.COM  on  VisualHunt  /  CC BY

 

日本ではほぼ見ることのできないオーロラ。

一度は本物を見てみたいものですね。

そんなオーロラを高確率で鑑賞できるスポットが、イエローナイフです。

カナダ北部に位置するイエローナイフは、3日滞在すれば95%以上の確率でオーロラと遭遇することができます。

 

イエローナイフ 絶景 カナダ オーロラ

 

イエローナイフのあるノースウェスト準州は、北極圏に近く、オーロラ多発地帯である「オーロラベルト」のど真ん中に位置しています。

そのため、質の高いオーロラに遭遇できる世界屈指のスポットとして、世界中のオーロラハンターから注目されています。

 

イエローナイフ カナダ オーロラ

 

イエローナイフでは、季節によって色も形も違うオーロラを鑑賞することができます。

湖面に映る「ダブルオーロラ」は、湖水が凍結する前の8〜9月のシーズンだけに見られる貴重なものです。

 

イエローナイフの観光情報

 

 

住所 : Yellowknife Northwest Territories,Canada

マップ: Googleマップ

アクセス :

東京〜イエローナイフ間はバンクーバー経由で16時間
市内までは車で10分

 

 

3. アンテロープキャニオン(米国)

 

アンテロープキャニオン アメリカ

 

それほど知名度は高くないのですが、信じられないような絶景を鑑賞できるスポットが存在します。

アンテロープキャニオンは、アリゾナ州のペイジ近郊に位置し、不思議な形をした砂岩に囲まれた渓谷です。

滑らかな地層がいくつもの渦を巻いたような岩壁と、その隙間から差し込む太陽光線が映し出す光景は、神々しいまでに幻想的。

水と風が、何百万年もの長い年月をかけて形成した造形美です。

 

アンテロープキャニオン アメリカ

 

アンテロープキャニオンは、もともと先住民ナバホ族の居住地であり、一般的に開放されたのは1990年代に入ってからでした。

このエリアは今でもナバホ族の管理下にあります。

 

アンテロープキャニオン アメリカ

 

アンテロープキャニオンの観光エリアは、岩層によって「アッパー・キャニオン」と「ローワー・キャニオン」に分かれています。

アンテロープキャニオンらしさに触れられるのはアッパーエリアで、入場するにはガイドツアーに参加する必要があります。

 

アンテロープキャニオンの観光情報

 

 

住所 : Antelope Canyon, Arizona ,U.S.A

マップ: Googleマップ

アクセス :

東京〜ラスベガス間は乗継便で16時間
ラスベガスからツアー参加、もしくはレンタカーで4時間

 

 

4. イエローストーン国立公園(米国)

 

イエローストーン国立公園 アメリカ

 

米国のダイナミックな自然美を間近に感じられるスポットです。

イエローストーン国立公園は、アイダホ州、モンタナ州およびワイオミング州に跨る広大な国立公園です。

一帯は北米最大の火山地帯となっており、温泉や間欠泉が織りなす不思議な景観や、滝や湖などの雄大な大自然を満喫できます。

 

イエローストーン国立公園 アメリカ

 

バッファローやエルク、クマなどの野生動物も生息し、1872年に世界最初の国立公園に指定されました。

この国立公園の見どころは豊富で、全部見るには一生かかっても終わらないとも言われています。

 

イエローストーン国立公園 アメリカ オールド・フェイスフル・ガイザー

 

「オールド・フェイスフル・ガイザー」は代表的な絶景スポットです。

源泉を高さ50m近くまで吹き上げる光景は圧巻です。

また、色鮮やかな温熱泉が数多く存在し、地球の壮大な営みを間近で実感できます。

 

イエローストーン国立公園の観光情報

 

 

アクセス :

東京-ソルトレイクシティ間は乗継便で13時間
ソルトレイクシティから車で5時間

 

 

5. セブンマイル・ブリッジ(米国)

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by maxving (@maxving) on

 

一生に一度は走ってみたい憧れの絶景道路、「セブンマイル・ブリッジ」。

珊瑚礁の大海原に吸い込まれるように伸びる道路は、7マイル(約10km)の長さがあります。

亜熱帯の潮風を感じながら眺める、コバルトブルーの景観は言葉を失うほど。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Andreina Soro (@trippetta67) on

 

フロリダ半島南端から沖に、約300kmに渡って珊瑚礁の島々(フロリダキーズ)が横たわっています。

最南端の地・キーウェストまで、フロリダキーズを縦断する182kmの海中高速道路を通ることになります。

珊瑚礁に架かる32の橋を渡ることになりますが、そのうち一番長くて有名な橋がセブンマイル・ブリッジです。

 

キーズ セブンマイル・ブリッジ アメリカ フロリダ
Photo credit:  joiseyshowaa  on  Visualhunt  /  CC BY-SA

 

南国ムードたっぷりのキーウエストをはじめ、フロリダキーズには個性的で魅力あふれる島が続いています。

絶景道路をドライブしながら楽しんでみたいものです。

 

セブンマイル・ブリッジの観光情報

 

 

アクセス :

東京〜マイアミ間は乗継便で17時間
マイアミから車で5時間

 

※合わせて読みたい:  アメリカの人気観光地21選!西海岸、東部、中部、南部などエリア別に有名観光地を厳選

 

 

<中南米のおすすめ絶景スポット>

 

マチュピチュ

 

日本から最も遠い距離にあり、旅行先としては馴染みの薄い地域かもしれません。

行くのは大変だけれども、一度は見ておきたい雄大な絶景スポットをご紹介します。

 

1. グレート・ブルーホール(ベリーズ)

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by What's Your Best (@whatismybest) on

 

ブルーホールとは、鍾乳洞などが海没して、海に穴が開いたように見える形状のことです。

世界各地に存在していますが、中米のベリーズにあるブルーホールは世界最大規模を誇ります。

直径305m、深さは123mという途方もない大きさで、「海の怪物の寝床」の異名を持っています。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 北川 りな // Rina Kitagawa-Harpin (@rinakitagawaa) on

 

グレートブルーホールは、世界第2位の広さを誇る珊瑚礁で、多くの海洋生物が生息し、ユネスコ世界遺産にも指定されています。

ダイビングを楽しめるほか、遊覧飛行で空中からその雄姿を確認することができます。

 

グレートブルーホールの観光情報

 

 

アクセス :

東京-ベリーズシティ間は乗継便で19時間
ベリーズシティからボートで2時間、セスナで30分

 

 

2. ウユニ塩湖(ボリビア)

 

ウユニ塩湖 ボリビア

 

一度は見てみたい絶景スポットとして、SNSでも人気の「ウユニ塩湖」。

ボリビア西部の標高3,700m(富士山と同じくらい)の高地に存在する塩湖で、岐阜県とほぼ同程度の面積を持っています。

雨季(11〜3月)と乾季(2〜10月)で、全く趣の異なる絶景を楽しむことができます。

 

ウユニ塩湖 雨季 天空の鏡

 

雨季は「天空の鏡」が体験できる時期です。

天気や風向きなどの条件が揃えば、湖面に空や自分の姿が鏡のように映し出され、とても幻想的!

乾季には、水がほとんど干上がって真っ白な塩の台地に変貌し、青空と塩湖の抜群のコントラストを鑑賞できます。

どちらのシーズンも、ここでしか見ることのできない絶景を求めて世界中から観光客が押し寄せます。

 

ウユニ塩湖 乾季

 

日本からは30時間以上かかる遥か遠い地ですが、ぜひ見てみたいものですね。

 

ウユニ塩湖の観光情報

 

 

アクセス :

東京〜ラパス間は乗継便で29時間
ラパスから空路1時間、陸路12時間

 

 

3. マチュピチュ(ペルー)

 

マチュピチュ ペルー 絶景

 

南米屈指の観光地マチュピチュは、アンデス山脈の尾根・標高2,450mにするインカ帝国の遺跡です。

山頂から見下ろさないと全貌が確認できないため「空中都市」の異名を持っています。

山の斜面に段上で遺跡が広がっており、その石積みは剃刀の刃を通さないほど精巧に造られています。

 

マチュピチュ ペルー 絶景

 

インカ帝国は文字を持たなかったため、この遺跡が何の目的で造られたのか、詳しいことはわかっていません。

住民が生活していた期間は80年程度と推定されています。

朝日や夕日に映えるマチュピチュの遺跡は、息を呑むほどの美しさです。

 

マチュピチュの観光情報

 

 

アクセス :

東京〜クスコ間は乗継便で29時間
クスコからバス、電車で3時間半

 

※合わせて読みたい:  ペルーの人気観光地!マチュピチュ!クスコ!ティティカカ湖へいざ!

 

 

4. ギアナ高地(ベネズエラ)

 

ギアナ高地 ベネズエラ
Photo credit:  Stig Nygaard  on  VisualHunt.com  /  CC BY

 

「地球最後の秘境」とも呼ばれるギアナ高地は、ベネズエラ、ガイアナなど6か国に跨っています。

しかし、見どころのほとんどはベネズエラ領に属し、「カナイマ国立公園」としてユネスコ世界遺産に指定されています。

熱帯雨林に囲まれて人を寄せつけない「緑の魔境」であり、コナン・ドイルの小説『ロストワールド』の舞台にもなりました。

 

エンゼルフォール ギアナ高地
Photo credit:  melenama  on  Visualhunt.com  /  CC BY

 

ギアナ高地を最も象徴する景観は「テーブルマウンテン」で、高地全体で100以上存在すると言われます。

標高2,810mのロライマ山は、ベネズエラ、ガイアナ、ブラジルの3か国に跨り、山頂の一角に国境が存在します。

 

 

ギアナ高地最大の見どころは、何といっても「エンジェルフォール」でしょう。

標高2560mのアウヤン・テプイから流れ落ちる滝で、落差は世界最大級の979m(東京タワーの3倍)!

水が途中で水蒸気に変化してしてしまい、滝つぼが存在しません。

 

ギアナ高地の観光情報

 

 

アクセス :

東京〜カラカス間は乗継便で29時間
カラカスからカナイマ空港まで3時間(乗継ぎ)

 

 

5. ロス・グラシアレス(アルゼンチン)

 

 

アルゼンチンの南端・パタゴニア地方には、南極、グリーンランドに次ぐ世界で三番目の大氷河が存在します。

スペイン語で「氷河群」を意味するロス・グラシアレスは、東京都と神奈川県を合わせた位の広さを持つ大氷河群です。

そのすぐれた自然美から、国立公園およびユネスコ世界遺産にも指定されています。

 

ロスグレシアレス 絶景 アルゼンチン
Photo credit:  Rodrigo_Soldon  on  Visual hunt  /  CC BY-ND

 

ロス・グレシアレスの魅力は、その果てしない大きさだけではありません。

1番目の魅力は、美しく青い氷河にあります。

この地域の氷が空気をほとんど含んでいないために、青い光を反射するのです。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Beate Stephanie Lang (@miss.travel.85) on

 

2番目の魅力は、氷河の大崩落です。

ロス・グラシアレスは、氷河地帯にしては温暖な気候のため、氷河が固定せす成長を続けます。

そのことから、気温が高い夏の時期には、氷河が溶けて崩落します。

ビルほどの高さがある氷河が、轟音とともに崩れ落ちる光景は圧巻です。

 

ロス・グラシアレスの観光情報

 

 

住所 : Provincia de Santa Cruz,Argentina

マップ: Googleマップ

アクセス :

東京〜ブエノスアイレス間は北米経由の乗継便で27時間
ブエノスアイレス-エル・カラファテは国内線で3時間半
国立公園まで車で1時間

 

 


<オセアニア・太平洋地域のおすすめ絶景スポット>

 

オセアニア 海

 

広大な太平洋には、ビーチリゾートにぴったりの美しい島が点在しています。

しかし、ビーチだけでなく、雄大な自然美もたくさん存在します。

今回は、アジア地域を除く北太平洋、南太平洋、オセアニア州の絶景スポットをご紹介します。

 

1. ロックアイランド(パラオ)

 

ロックアイランド パラオ 空撮

 

透き通った美しい海から、世界有数のダイビングスポットとして知られるパラオ共和国。

中でも「ロックアイランド」は屈指の絶景スポットとして有名で、ユネスコ世界遺産「ロックアイランド群と南ラグーン」に指定されています。

 

ジェリーフィッシュレイク パラオ

 

ロックアイランドとは、古代の火山活動によって隆起した石灰岩の無人の島々です。

こんもりとしたマッシュルーム型の島が特徴的で、コロール島とペリリュー島との間に455の島が点在しています。

島をとりまく海の色もスポットによって異なり、ターコイズブルーやエメラルドグリーンなどに彩られたバリエーションは言葉で言い表せないほど。

海から隔離された「マリンレイク」には多くの希少生物が生息し、タコクラゲが多数生息している「ジェリーフィッシュレイク」など興味深い生態系も楽しめます。

 

ロックアイランドの観光情報

 

 

アクセス :

東京〜パラオ間は直行便で4時間45分
空港からコロールまで車で20分
現地でツアー等に参加

 

 

2. ボラボラ島(タヒチ)

 

ボラボラ島 ボート 海 タヒチ

 

ゴーギャンが愛した南太平洋の楽園・タヒチ。

タヒチ島を中心としたソシエテ諸島は、フランス領ポリネシアとして、極上のバカンスが楽しめる島々が集まっています。

中でも「太平洋の真珠」と称されるボラボラ島は、タヒチで一番と言われるほどの絶景と美しい海に囲まれた島です。

 

ボラボラ島 水上コテージ 海

 

ボラボラ島は、首都パペーテのあるタヒチ島から260km、国内線に乗り継いで50分の場所に位置しています。

抜群の透明度と、青い海のグラデーションがとても美しい海は、時間が経つのを忘れてしまうくらいの心地よさを感じます。

 

ボラボラ島 オテマヌ山 夕焼け

 

島のシンボルである、トンガリ山の「オテマヌ山」をバックにした珊瑚礁の海は、まるで絵画の世界に迷い込んだかのようです。

目の前にある絶景を楽しみながら、水上コテージで至福のバカンスを楽しんでください。

 

ボラボラ島の観光情報

 

 

住所 : Polynésie française,Îles de la Société

マップ: Googleマップ

アクセス :

東京〜パペーテ間は直行便で11時間半
国内線に乗り継ぎ50分

 

 

3. エアーズロック(オーストラリア)

 

エアーズロック オーストラリア

 

オーストラリア中部には、荒涼として乾燥した大地が広がっています。

巨大な一枚岩・エアーズロックは、そんな中部の大地を代表する絶景スポットです。

 

ウルル エアーズロック オーストラリア
Photo credit:  xiffy  on  Visualhunt.com  /  CC BY-SA

 

エアーズロックは周囲9.4m、高さ348mと、東京タワーより高い岩です。

先住民アボリニジの聖地となっており、現地では「ウルル」の名前で呼ばれています。

朝日や夕日に照らされて、赤く染まった岩の眺望はとても幻想的です。

 

エアーズロックの観光情報

 

 

住所 : Uluru-Kata Tjuta National Park,NT,Australia

マップ: Googleマップ

アクセス :

東京〜シドニー間は直行便で9時間
シドニーからコネランまで国内線で3時間半
そこからシャトルバスを利用

注意点 : 2019.10.25以降は登頂禁止

 

※合わせて読みたい:  オーストラリアの観光地25選!世界遺産やビーチ、オペラハウスまで人気スポットを厳選

 

 

4. ミルフォード・サウンド(ニュージーランド)

 

ミルフォードサウンド ニュージーランド 絶景

 

ニュージーランド南島には、「テ・ワヒポウナム」とよばれる雄大な自然が広がっています。

その海岸部に位置し、フィヨルドの自然美を満喫できる景勝地がミルフォード・サウンドです。

名前はウェールズの景勝地・「ミルフォードヘブン」から名付けられ、マオリ語ではピオピオタヒ(1羽のツグミ)と呼ばれます。

 

ミルフォードサウンド ニュージーランド

 

「世界8番目の不思議」と言われる絶景は、悠久の年月をかけて形成された氷河がつくりあげたものです。

垂直にそそり立つ崖壁、落差1,000mに達する滝や奇岩の数々は、海洋生物の宝庫でもあります。

湾内のクルージングや遊覧飛行など、さまざまな角度からの絶景鑑賞もおすすめです。

 

ミルフォード・サウンドの観光情報

 

 

住所 : Te Wahipounamu - South West New Zealand

マップ: Googleマップ

アクセス :

東京〜クイーンズタウンまで乗継便で16時間
クイーンズタウンからツアーに参加

 

※合わせて読みたい:  ニュージーランド旅行はこれで完璧!おすすめ観光地から、言語、文化や風土、入国審査まで徹底解説!

 

 

5. ウベア島(ニューカレドニア)

 

ニューカレドニア ウベア島 絶景

 

映画『天国にいちばん近い島』で一躍脚光を浴びることになった、南海の楽園・ニューカレドニア。

フランスの海外領土であり、ビーチリゾートだけでなく、パリを彷彿させるお洒落な街並みも人気があります。

ニューカレドニア本島の東には、「ロワイヨテ諸島」と呼ばれる離島群が存在します。

本格的な観光地がされておらず、公共交通機関もないため滞在には不便するかもしれませんが、本当の「天国」が待っています。

 

ウベア島 ニューカレドニア 絶景

 

ウベア島は、ロワイヨテ諸島北部に位置する三日月型の島です。

ひたすら青く美しい海を見るために行く島、ウベア島の魅力を表現すればこの一言に尽きます。

 

コバルトブルー、エメラルドグリーンなど、海の美しさを表す言葉はたくさんありますが、この島ではそのすべてを鑑賞できるといっても過言ではありません。

観光客が少ないので、目の前にある絶景を独り占めできることは幸せです。

 

ウベア島の観光情報

 

 

住所 : Ouvéa Island,îles Loyauté (Loyalty Islands)

マップ: Googleマップ

アクセス :

東京〜ヌーメア間は直行便で8時間半
国内線に乗継ぎで35分

注意点 : 現地ガイドツアー参加がおすすめ

 

※合わせて読みたい:  ニューカレドニアのおすすめ観光スポット12選!「天国に一番近い島」で至福のバカンスを

 

 

<アフリカのおすすめ絶景スポット>

 

アフリカ

 

日本からは遥か遠いアフリカの大地。

多くの方がまだ見ぬであろう、ダイナミックなアフリカの絶景スポットをご紹介します。

 

1. ギザのピラミッド群(エジプト)

 

ピラミッド ギザ エジプト

 

エジプト観光の定番スポットであるギザのピラミッドは、首都カイロから1時間程度の街・ギザの砂漠の中にあります。

クフ王、カフラー王、メンカウラー王の「三大ピラミッド」とスフィンクスのほか、王妃のピラミッドなど周辺の遺跡で構成されています。

 

一番大きなクフ王のピラミッドは約4500年前に建造されたと推定され、その規模は40階建てのビルの高さに匹敵します。

その精巧な造りは、遥か大昔に建造されたとは思えないほどの出来栄えで、間近に鑑賞すると歴史のロマンを痛感せずにはいられません。

 

エジプト ギザ スフィンクス

 

1日の入場制限がありますが、クフ王のピラミッドは内部見学が可能です。

ラクダに乗ってピラミッド周辺を散策したり、ライトアップしたピラミッドのショーを鑑賞してみるのも良いでしょう。

 

ギザのピラミッドの観光情報

 

 

住所 : Giza,Egypt

マップ: Googleマップ

アクセス :

東京〜カイロ間は直行便で13時間20分
カイロ市内から車で1時間

 

 

2. ダナキル砂漠(エチオピア)

 

 

エチオピア北東部、エリトリア国境近くに位置するダナキル砂漠は、地球上で最も暑くて過酷な場所です。

日中の平均気温は40℃に達し、夏場は50℃以上になることもしばしば。

地球の裂け目「アフリカ大地溝帯」にあり、海抜はマイナス100mという自然環境の下、ここでしか見ることのできない絶景を鑑賞できます。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Scott Lin 林渝軒 (@lin_photostudios) on

 

ダナキル砂漠を訪れるツアーは「世界一過酷」だと言われています。

酷暑のうえ、道なき道を進まなければならず、有毒ガスが蔓延している地域もあります。

そこまでしても見る価値充分な素晴らしい景観が、訪れる人を魅了します。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Omri A. (@aomri1) on

 

ダナキル砂漠で最も有名な景観は、「ダロール火山」に広がる溶岩域です。

黄色やオレンジ、黄緑など極彩色に染まった灼熱の塩水は、ほかの惑星に迷い込んだかのようです。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Josue Diaz (@jd_02) on

 

他にも、アフリカのウユニ塩湖・「アサレ湖」や、マグマを間近で観察できる「エルタ・アレ火山」など、驚異のスポットが満載です。

 

ダナキル砂漠の観光情報

 

 

アクセス :

東京-アジスアベバ間は乗継便で18時間
アジスアベバから国内線でメケレまで90分
メケレからツアー参加

注意点 : ツアー参加が原則

 

 

3. セレンゲッティ(タンザニア)

 

セレンゲティ キリン

 

最もアフリカを象徴する風景といえば、ライオンやキリン、シマウマなど野生動物が生活する姿でしょう。

タンザニアのセレンゲッティ国立公園は、最高峰・キリマンジャロの裾野に広がる大サバンナ地帯です。

セレンゲッティとはマサイ語で「果てしなく広がる平原」を意味し、面積は関東平野の8割の広さを誇ります。

 

セレンゲティ ライオン

 

公園内には300万頭以上の大型哺乳動物がいて、いわゆる「ビックファイブ」のほか、ヒョウ、バッファローなど35種類の平原に住む動物をみることができると言われています。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Rick Bhowmick (@pathikrit) on

 

圧巻なのが、ヌーの大移動です。

草原を求めて、ケニアのマサイマラまで移動する大群が地平線を埋め尽くします。

 

セレンゲッティの観光情報

 

 

アクセス :

東京〜タンザニア・キリマンジャロ空港まで乗継便で21時間
空港からアルーシャを経由して車で8〜9時間

 

 

4. ナミブ砂漠(ナミビア)

 

ナミブ砂漠 ナミビア 絶景

 

アフリカ南西部・ナミビアの大西洋岸沿いに広がるナミブ砂漠は、約8000万年前に誕生した世界最古の砂漠です。

北はアンゴラ国境、南は南アフリカ北部まで1,000km以上に及び、その面積は5万㎢に達します。

ナミブとは現地の言葉で「なにもない」という意味です。

 

ナミブ砂漠 夕焼け ナミビア

 

ナミブ砂漠の美しさは、赤みを帯びたオレンジ色の砂にあります。

その砂の色は、風に乗って鉄分が付着して酸化したためだと考えられています。

砂丘の風紋の美しさも格別ですが、朝日や夕暮れ時に真っ赤に染まる光景は圧巻です。

 

ナミブ砂漠 ナミビア デッドフレイ

 

ナミブ砂漠の見どころは他にもあります。

砂漠最奥部にあるデッドフレイは、900年前まで湖底だったところです。

朽ち果てて立つ古木が、とても幻想的な雰囲気を醸し出します。

この砂漠に植生する固有植物のウェルウィッチアは、少ない地下水を吸いながら1000年以上の寿命を保つ変わり種です。

 

ナミブ砂漠の観光情報

 

 

アクセス :

東京〜首都ウィントフックまで乗継便で27時間
ウィントフックから車で4〜5時間

 

 

5. ヴィクトリアの滝(ジンバブエ・ザンビア)

 

ヴィクトリア滝
Photo credit:  ben.hollis  on  VisualHunt.com  /  CC BY

 

世界三大瀑布に数えられる「ヴィクトリアの滝」は、アフリカ南部のジンバブエとザンビアの国境に存在します。

大河・ザンベジ川の途中に位置し、最大落差108m、滝幅1,708mと途方もない規模を誇ります。

 

ザンビアでの公式名称・「モーシ・オワ・トゥーニャ(雷鳴する水煙)」の名前の通り、水煙が1,000mの高さまで上がり、数キロ先からも確認できるほどです。

また、通常は周囲に滝を形成するはずの断崖や渓谷が一切存在しない点も特徴的です。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Jesper Eriksson (@resglad_jeppe) on

 

滝の大迫力を鑑賞する以外にも、楽しみ方はたくさんあります。

水量が多い時期の満月の夜にだけかかる「ルナレインボー」は、他では体験できない貴重なもの。

滝の崖っぷちにある天然プール・デビルズプールはスリル満点です。

 

ヴィクトリアの滝の観光情報

 

 

アクセス :

ジンバブエ側:東京〜ヴィクトリアフィールズ空港まで乗継便で24時間
空港からバス・車で20分
ザンビア側:東京〜リビングストン空港まで乗継便で24時間
市内からバスで40分

 

 

世界には、信じられないような絶景スポットがたくさん残っています。

今回ご紹介したスポットの中にも、距離的に遠すぎたりして、まだ気軽な観光が難しい場所も含まれています。

大自然が織りなす素晴らしい景観や、先人が残した偉大な遺産の大きさを感じながら、いつかはきっと訪れてみたいものですね。

 

※合わせて読みたい:  日本全国の絶景観光スポット総まとめ!全都道府県からとびっきりの絶景を厳選


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(666)
北海道・東北(47)
  北海道(26)
  青森(3)
  岩手(2)
  宮城(9)
  秋田(1)
  山形(4)
  福島(2)
関東(265)
  埼玉(9)
  千葉(15)
  東京(159)
  神奈川(59)
  茨城(5)
  栃木(7)
  群馬(6)
  山梨(5)
甲信越・北陸・東海(90)
  長野(13)
  新潟(8)
  富山(3)
  石川(13)
  福井(1)
  岐阜(5)
  静岡(31)
  愛知(9)
  三重(7)
近畿(101)
  滋賀(7)
  京都(43)
  大阪(27)
  兵庫(15)
  奈良(6)
  和歌山(3)
中国・四国(41)
  鳥取(3)
  島根(5)
  岡山(8)
  広島(11)
  山口(3)
  徳島(2)
  香川(5)
  愛媛(2)
  高知(2)
九州・沖縄(81)
  福岡(15)
  佐賀(2)
  長崎(7)
  熊本(10)
  大分(12)
  宮崎(3)
  鹿児島(9)
  沖縄(23)

国外エリア一覧

東南アジア(28)
ヨーロッパ(84)
東アジア・中国・台湾(20)
南アジア・インド・ネパール(2)
中近東(7)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(10)
オセアニア(11)
アフリカ(2)
北米(19)
中南米(8)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(607)
イベント情報(373)
ショッピング・買い物・お土産(513)
遊園地・テーマパーク(574)
ビジネス・出張(177)
ロケ地、舞台(189)
世界遺産(165)
乗り物・交通・アクセス(710)
宿・旅館・ホテル(202)
旅行準備(448)
歴史・豆知識(894)
温泉・スパ(169)
絶景(506)
聖地巡礼(31)
観光旅行(856)
食事・グルメ(585)
おすすめ/ランキング(749)
デート(673)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(435)
ツアー/旅程(246)
海水浴場・ビーチ・リゾート(69)
日帰り旅(27)
1泊2日(12)
寺院・神社・教会(49)
パワースポット(17)
ファミリー(85)
1人旅(90)
雨の日(19)
モデルコース(4)
メーカー/ブランド(5)

人気記事ランキング