logo

top > ヨーロッパ > フランス > パリ

パリの観光地まとめ!パリ市内からパリ郊外までおすすめを一挙にご紹介





ヨーロッパの中でも特に観光地として人気が高いフランスの首都・パリ。
観光名所が盛り沢山な上に、ファッションや音楽・芸術など文化の発信地として多くの注目を集める都市です。

様々な人気観光地ランキングでも軒並みトップ10にランクインするパリは、毎年世界中から多くの観光客が押し寄せます。

そんなオシャレで流行の最先端なパリ旅行に初めて行かれる方向けに、パリ及びその近郊のおすすめ観光地をまとめてみました。
これを見ずにはパリを楽しめない必見スポットばかりです!

パリを旅行・観光される際にご活用くださいね。

フランスのパリを観光しようとしている方へ、パリ郊外も含めて人気の観光地10選をご紹介します!

 

今回は人気の観光地であるパリをエリア別に分けてご紹介していきます。

それに加え、もしもパリに行くのであれば頑張って足を伸ばしたいパリ郊外の観光地もおまけでご紹介していきます。

 

2015年11月にパリ同時多発テロ事件が勃発して厳戒体制が敷かれていましたが、2017年現在は徐々に観光客が戻ってきている状態となっています。

ただ、かつてのような惨事が起こらないとは言い切れませんので、絶対に安全と言えるわけでないということは念頭に入れておきましょう。

 

パリの治安について

 

観光客が非常に多い街ですので、そういった観光客を狙ったスリやひったくりは多発しています。

高齢の方や女性の方は比較的狙われやすいと思いますので、貴重品は肌身離さず自分の目の見える位置で持っておくようにしましょう。

手提げバッグやリュックなどは死角があって危ないので、大切なものはショルダーバッグに入れて背中ではなく前にかけて観光すると狙われにくいです。

 

パリの食事について

 

カフェが多くておしゃれに食事を楽しむことができます。

一人でも気軽に入ることができますし、ランチにもディナーにも重宝できますよ。

また、フランスパンは本当にどこでも置いていることが多いです。

本場のものはより一層硬くて顎が鍛えられます。

 

パリのエリアについて

 

フランスの首都であるパリ市は、20の行政区に分かれています。

そのため、パリを旅行される際はパリがどのような区に分かれていて、それぞれにどういった観光名所があるのか把握しておくと大変便利です。

下記の図のように、パリは1区から20区あり、番号はローマ字で記されることがあります。

 

 

パリ市の中心から外側にいくに連れて面積が大きくなっていくことから、「エスカルゴ」と例えられることも多いですよ。

時計回りで螺旋状の綺麗な形をしていますよね。

 

本記事では20区のうち有名なパリの観光名所があるところをいくつかピックアップしてご紹介してきます。

マップも用意してありますので、現地を旅行するときには是非ともご活用ください。

 

 

それでは、早速各区の観光名所を見ていきましょう。

パリは非常におしゃれな街なので、写真を見ただけでも行きたくなるような場所がきっと見つかると思います!

 

 

【パリ観光:目次】

 

<パリ1区>

1区のおすすめ観光名所:ルーブル美術館

<パリ2区>

2区のおすすめ観光名所:オペラ・ガルニエ

<パリ4区>

4区のおすすめ観光名所:ノートルダム大聖堂

<パリ7区>

7区のおすすめ観光名所:エッフェル塔

<パリ8区>

8区のおすすめ観光名所①:凱旋門

8区のおすすめ観光名所②:シャンゼリゼ通り

<パリ14区>

14区のおすすめ観光名所:モンパルナス・タワー

<パリ18区>

18区のおすすめ観光名所:サクレ・クール寺院

<パリ郊外>

パリ郊外のおすすめ観光名所①:ベルサイユ宮殿

パリ郊外のおすすめ観光名所②:モン・サン・ミッシェル

 

 


<パリ1区>

 

1区はエスカルゴ状であるパリの中心です。

パリ最大級のショッピングセンターがあって若者がたくさんいるエリアとなっています。

美術館を目当てとした観光客が多く、犯罪率も高めとなっているのでご注意ください。

 

1区のおすすめ観光名所:ルーブル美術館

 

ルーブル美術館の画像

 

パリの芸術と言えばここ、世界三大美術館の1つでもあるルーブル美術館です!

ルーブル美術館はパリの中心部に位置し、建物自体が元々王宮の宮殿であったことからも、観光客の人気スポットとなっており世界最大級の美術館です。

中でも1番観光客を引きつけるモノものの1つが、かの有名な画家であるレオナルド・ダ・ヴィンチが描いたとされる「モナ・リザ」です。

パリを訪れたならモナ・リザを見ずには帰れません!

その他にも多くの展示物が収められており、楽しく優雅な時間を過ごせます。

 

また、開館時間は9:00~18:00が基本ですが、水曜日と金曜日だけは夜間開館で21:45まで開いています。

ルーブル美術館で1つ注意したいのが、中に入る際に規定のサイズ(55cm×35cm×20cm)以上の手荷物を持ち込めないことです。

スーツケースなどはホテルやコインロッカーなどに預けておくことをオススメします。

 

ルーブル美術館の観光情報

 

【住所】 Place du Carrousel, 75001 Paris, France

【最寄り駅】 

メトロ1、7番線 Palais-Royal/Musée du Louvre駅
※メトロ1番線Louvre-Rivoli駅にも面していますが美術館入口は上記の駅が最寄となります。

【開館時間】 (月・木・土・日)9時~18時 (水・金)9時~21時45分 12/24、12/31は17時まで

【閉館日】 毎週火曜日 1/1(祝)、5/1(祝)、7/14(祝)、12/25(祝)

 

 

<パリ2区>

 

2区は日本語で書かれた看板や日本人が多かったりするので、「日本人街」と呼ぶ人も中にはいらっしゃいます。

オペラ通りには免税店がたくさんあり、旅行客にも人気です。

日本人向けのサービスをしてくれるお店がいくつかあるので、日本人であれば安心できる場所かもしれません。

 

2区のおすすめ観光名所:オペラ・ガルニエ

 

オペラ・ガルニエの画像

 

パリの音楽芸術の中心とと言えばこのオペラ劇場、オペラ・ガルニエです。

パリではクラシック音楽やバレエ、オペラなど一流の芸術に触れることができます。

オペラ・ガルニエでは年間を通して名作のオペラや一流のバレエなどが毎日のように公演されています。

音楽好きには堪らない観光スポットの1つです!

 

見所としてはオペラやバレエだけでなく、劇場内の豪華絢爛な内装や装飾も楽しめるポイント。

劇場内にはおしゃれなレストランも入っているため、食事も楽しむことができます。

入場料は一般が10€で、25歳までの方や学生は6€となっていますが、10歳以下の子どもは無料となっています。

見学入場チケットなどはオペラ座正面から見て左手に売り場があるので注意してください。

 

オペラ・ガルニエの観光情報

 

【住所】 8 Rue Scribe 75009 Paris

【最寄り駅】 メトロ3,7,8番線 Opéra 駅 RER A線 Auber 駅

【開館日】 

毎日10:00~17:00
※7月中旬~9月中旬は18時まで

【閉館日】 1/1(祝)、5/1(祝)

 

 


<パリ4区>

 

同性愛者が多い地区であり、ゲイのシンボルでもある虹色の旗を掲げているお店もあります。

比較的物価は高めですが、色々なおしゃれな雑貨屋やカフェなどがあり、パリの良い雰囲気を味わうことができます。

 

4区のおすすめ観光名所:ノートルダム大聖堂

 

ノートルダム大聖堂の画像

 

パリの文化を感じる上で外せないのが、こちらのノートルダム大聖堂です。

日本では教会に礼拝する文化がありませんが、ヨーロッパではよく見る光景です。

ここノートルダム大聖堂の歴史は850年ともなり、パリの歴史を見守ってきた存在となっています。

過去にはナポレオンの戴冠式なども見守ってきた歴史ある建物です。

 

ノートルダム大聖堂ではパリの歴史を肌で存分に感じてみましょう。

先程のルーブル美術館とも近く、セットで観光するのもオススメです!

 

ノートルダム大聖堂から眺めるパリの街も魅力的ですので、ぜひ登ってみてくださいね。

このノートルダム大聖堂では1つだけ注意点があり、あくまで教会ですので大聖堂内では帽子を取ったり、大声を出さないなどのマナーを守ることが重要です。

写真撮影もできますが、あくまで聖堂ですのでシャッターは使用は控えましょう。

パリに根付いた歴史文化に触れてみてください。

 

ノートルダム大聖堂の観光情報

 

【住所】 6 Parvis Notre-Dame, Place Jean-Paul II 75004 Paris

【最寄り駅】 メトロ4番線 Cité 駅 RER A,B線 Saint Michel Notre-Dame 駅

【開門時間】 月~金8:00~18:45  土・日8:00~19:15

【閉門日】 なし

【入場料】 基本的に無料ですが、大聖堂の屋上にある塔へ登るには8.5€かかります。

 

 

<パリ7区>

 

綺麗な建物が多く、パリといえば誰もが想起しやすいエッフェル塔があるのもこの地区です。

セーヌ川の乗船状もあり、観光スポットがたくさんあるので観光客にも大人気ですね。

ロダン美術館の庭で緑に囲まれながらくつろぐ時間はまさに至福のひと時ですよ。

 

7区のおすすめ観光名所:エッフェル塔

 

エッフェル塔の画像

 

絶対外せない超定番の観光スポットがエッフェル塔です。

言わずと知れたパリの観光名所ですね。

正月やクリスマスなどの休日でも空いているのが、観光客としては嬉しいポイントです。

エッフェル塔を眺めるのも良し、エッフェル塔に登ってパリを眺めてみるのも良しです。

 

開園時間は9:00~23:00で、夏場だけは24:00まで空いています。

意外と夜遅くまで空いていて夜まで楽しみたい観光客には嬉しいポイントです。

 

入場料は、何階まで行くのかとエレベーターを利用するかどうかで料金が変わってくるので事前にチェックが必要です。

また、エッフェル塔までは入場パス付きのツアーなども多くありますので、ぜひ有効活用してみてください!

 

エッフェル塔内部には、お土産屋さんからレストランまで用意されており、エッフェル塔からの眺めを楽しみながらゆっくりと楽しんでみてくださいね。

パリでの観光の定番、エッフェル塔のキーホルダーもお忘れなく!

 

エッフェル塔の観光情報

 

【住所】 5 Avenue Anatole France, 75007 Paris

【最寄り駅】 メトロ6番線 Bir Hakeim 駅 メトロ6,9番線 Trocadéro 駅 RER C線 Champ de Mars Tour Eiffel 駅

【開館時間】 年中無休 夏期(6/15~9/1)09:00~24:00 夏以外(9/2~6/14)09:30~23:00

 

 


<パリ8区>

 

パリを観光しようとしている人であれば一度は聞いたことがあるであろう「シャンゼリゼ」がある地区です。

ブランド品や深夜まで空いているスーパー・薬局などもあるので、買い物をするには都合の良い場所でもあります。

 

8区のおすすめ観光名所①:凱旋門

 

凱旋門の画像

 

エッフェル塔と同じぐらいの超定番!有名観光名所の凱旋門です。

名前はよく聞くけど、何の建物か分からない方も多いのではないでしょうか。

実はこの凱旋門、ナポレオンが建設を命じたもので、フランスの強さの象徴とされています。

別名「勝利の橋」とも呼ばれています。

 

そんな凱旋門は、階段を全て登りきるとそこからはパリの街が一望できます。

ちなみに、凱旋門に登ってみると大通りが〇〇の形のように・・・ここからの景色は登ってからのお楽しみです。

入場料は18歳未満が無料で、18歳以上の方は9.5€です。

凱旋門からの景色を楽しんでください!

 

凱旋門の観光情報

 

【住所】 Place Charles de Gaulle 75008 Paris

【最寄り駅】 メトロ1、2,6番線、RER A線 Charles de Gaulle Etoile駅 出口 1.Champs Elysées・Arc de triomphe(凱旋門)方面

【開館時間】 4/1~9/30 10時~23時 10/1~3/31 10時~22時30分

【閉館日】 1/1(祝)、5/1(祝)、5/8(祝)午前、7/14(祝)午前、11/11(祝)午前、12/25(祝)

※午前中の閉館日は、国家主催セレモニーが午前中に行われます。午後からの開館時間は、午前中のセレモニー終了時間により異なります。

 

8区のおすすめ観光名所②:シャンゼリゼ通り

 

シャンゼリゼ通りの画像

 

お~シャンゼリゼ~♪ お~シャンゼリゼ~♪

この歌詞だけでも見たり聞いたりしたことのある方も多いのではないでしょうか。

フランスのグルメやファッション、流行の最先端はパリからと言われますが、その中心がこのシャンゼリゼ通りに集中していると言っても過言ではありません。

 

凱旋門までのびるマロニエ並木道は世界有数の眺めとされてり、パリを訪れたならぜひとも歩きたい大通り!

様々なショッピングが楽しめ、おしゃれなカフェやレストランも数多く立地しているので、旅の休憩にもおすすめです。

また夜景もたまらなく絶景なので、ふらっと足を向けてみてください。

凱旋門とシャンゼリゼ通りに行けば、パリを観光しにきた気分を一挙に味わえます。

 

シャンゼリゼ通りの観光情報

 

【アクセス】 フランクラン・ルーズヴェルト駅(Franklin Roosevelt)、ジョルジュ・サンク駅(George V)

 

 

<パリ14区>

 

この地区の大部分は住宅地となっています。

休日であれば子連れの地元民をたくさん見かけますよ。

治安も悪くなく、観光客も過ごしやすい地区だと思います。

 

14区のおすすめ観光名所:モンパルナス・タワー

 

モンパルナスタワーの画像

 

パリの街中でひときわ異彩を放つ、モンパルナス・タワー。

最上階からはパリの夜景を眺めることができ、夜にはライトアップされたエッフェル塔やルーブル美術館、ノートルダム大聖堂などを見ることができます。

有名観光スポットを一度に観ることができる贅沢な観光スポットです。

 

色々な観光名所を回った最終日の夜にモンパルナス・タワーから最後に全ての観光名所を振り返ってみるのも楽しいかもしれませんね。

パリを一望しながら、パリでの思い出を振り返ってみましょう。

 

施設内にはレストランなどもありますので、ゆっくりくつろぎながらパリの観光を締めくくるのもいいかもしれません。

開館時間は、年中無休で9:30~23:30となっています。ただし、冬季の10月~3月までは22:30分で閉まってしまいますので注意しましょう。

 

モンパルナス・タワーの観光情報

 

【住所】 33 Avenue du Maine 75015 Paris

【最寄り駅】 メトロ4,6,12,13番線 Montparnasse Bienvenüe 駅 SNCF国鉄 Gare Montparnasse 駅

【開館時間】 年中無休 夏期(4/1~9/30) 09:30~23:30 冬期(10/1~3/31) 09:30~22:30 冬期の金・土曜・祝日は23時まで

 

 


<パリ18区>

 

パリで一番高い丘であるモンマルトルの丘があり、パリを一望することができます。

街並みも非常に情緒がありパリらしさを感じることができます。

映画「アメリ」の舞台にもなっている場所で、お散歩をするにはぴったりです。

 

18区のおすすめ観光名所:サクレ・クール寺院

 

モンマルトルの丘の画像

 

パリで一番高い丘のモンマルトルにはサクレ・クール寺院があります。

このサクレ・クール寺院はパリのどこからでも見ることができる目印のような存在にもなっています。

 

周囲の街もパリの古き良き街並みを残しており、歩くだけでも雰囲気を味わえるスポットです。

パリで一番高い丘にあるので、サクレ・クール寺院からの眺めも絶景です!

 

ここの街は昔から多くの画家が集まる場所でもあり、未だに多くの画家がアトリエを構えています。

パリの芸術的一面を垣間見ることもできますよ。

 

ぜひ近くの街並みを楽しみながら、サクレ・クール寺院からの眺めを楽しんできてください。

寺院からの眺めや街並みを写真に収めましょう。

 

サクレ・クール寺院の観光情報

 

【住所】 35 Rue du Chevalier de la Barre 75018 Paris

【最寄り駅】 メトロ2番線 Anvers 駅 メトロ12番線 Abbesses 駅 ケーブル線 Funiculaire Gare Haute 駅

【開門時間】 毎日 6:00~22:30

【閉門日】 なし

【寺院内天井ドーム見学】 5~9月 8:30~20:00  10~4月 9:00~17:00

 

 

<パリ郊外>

 

パリ市内ではないけれども、せっかくパリに来たのであれば何とか時間を作って行って頂きたい観光名所をまとめていきます。

もしスケジュールに余裕がありましたら、是非とも旅程に組み込んでみてください。

 

パリ郊外のおすすめ観光名所①:ベルサイユ宮殿

 

ベルサイユ宮殿の画像

 

もし足を運べば、住みたいと思うかもしれません。

ルイ14世が築いたとされている豪華で煌びやかな宮殿に誰もがうっとり♪

この歴史ある宮殿を見ずには帰れません。

見所はもちろん豪華な宮殿なのですが、その周囲を囲う川や木々の庭園もぜひ楽しんでみてください。

 

開館時間は9:00~18:30までですが、冬季の11月~3月の間は17:30で閉まってしまうので注意しましょう。

また、日曜日や祝日も閉館となっていますので、旅行の計画はしっかり立ててから観光してください。

 

パリからは少し距離がありますが、電車だとパリから40分ほどで行けちゃいます。

電車も頻繁に出ているのでぜひ足を伸ばしてみてください。

豪華絢爛な宮殿をカメラに収めましょう!

 

ベルサイユ宮殿の観光情報

 

【住所】 Place d’Armes 78000 Versailles

【開館時間】 ベルサイユ宮殿 9:00~18:30(11~3月 17:30まで)

【閉館日】 毎週月曜日、1/1(祝)、5/1(祝)、5/15、11/11(祝)、12/25(祝)

【入館料】 1日券で18€

 

パリ郊外のおすすめ観光名所②:モン・サン・ミッシェル

 

モンサンミッシェルの画像

 

写真やパズルでもお馴染み、言わずと知らたフランス有数の観光名所の1つですね。

パリからは少し遠いのですが、超人気スポット&パリから日帰り可能ということでご紹介させて頂きます。

 

世界中から多くの観光客が訪れるこのモン・サン・ミッシェルは、あまり日本では知られてないかもしれませんが、実はただの島ではなく修道院です。

たくさんの巡礼者が各国から訪れており、中世の面影を残したモン・サン・ミッシェルは世界遺産にも認定されています。

 

なんと観光客や巡礼者を合わせると年間300万人を超える人が訪れているのです。

モン・サン・ミッシェルは昼と夜では全然雰囲気が変わってくるので、ぜひ見てみたい時間帯をあらかじめ決めた上で計画的に観光してみましょう。

 

絶対カメラに収めたい観光スポットです!

付近にあるオムレツも大変有名ですよ。

 

モン・サン・ミッシェルの観光情報

 

【住所】 Abbaye du Mont-Saint-Michel, 50170 Le Mont-Saint-Michel

【時間】 (9~4月)9:30~18:00(5月~8月)9:00~19:00 切符販売は1時間前に終了

【休館日】 1/1(祝)、5/1(祝)、12/25(祝)

 

 


パリの観光のおわりに

 

パリ市内やパリ郊外のおすすめ観光名所をご紹介させていただきました。

どこの観光名所もパリの旅行や観光では外せないスポットとなっております。

 

ぜひ色んなところを回ってパリの雰囲気や文化・芸術、絶景に触れてみてください。

魅力溢れるパリを存分に楽しみましょう!


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(120)
北海道・東北(14)
  北海道(6)
  宮城(3)
  山形(1)
  岩手(1)
  福島(1)
  秋田(1)
  青森(1)
関東(32)
  千葉(4)
  埼玉(3)
  山梨(3)
  東京(10)
  栃木(1)
  神奈川(8)
  群馬(2)
  茨城(1)
甲信越・北陸・東海(18)
  三重(2)
  富山(1)
  愛知(3)
  新潟(3)
  石川(2)
  福井(1)
  長野(3)
  静岡(3)
近畿(19)
  京都(5)
  兵庫(4)
  和歌山(1)
  大阪(6)
  奈良(1)
  滋賀(2)
中国・四国(12)
  山口(2)
  岡山(2)
  島根(1)
  広島(2)
  徳島(1)
  愛媛(1)
  香川(1)
  高知(1)
  鳥取(1)
九州・沖縄(13)
  大分(1)
  宮崎(1)
  沖縄(6)
  熊本(1)
  福岡(2)
  長崎(1)
  鹿児島(1)

国外エリア一覧

東南アジア(12)
ヨーロッパ(13)
東アジア・中国・台湾(5)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(2)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(4)
オセアニア(3)
アフリカ(1)
北米(5)
中南米(1)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(102)
イベント情報(101)
ショッピング・買い物・お土産(96)
シーン別(139)
ビジネス・出張(53)
マナー(46)
ロケ地、舞台(70)
世界遺産(41)
乗り物・交通・アクセス(137)
宿・旅館・ホテル(60)
旅行準備(105)
歴史・豆知識(152)
温泉・スパ(52)
絶景(125)
聖地巡礼(16)
観光旅行(173)
言語・役立ちフレーズ(9)
食事・グルメ(124)
ランキング(45)
デート(102)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(41)
ツアー/旅程(6)
海水浴場・ビーチ・リゾート(6)

人気記事ランキング