logo

top > ヨーロッパ > フランス

フランスの人気観光地!パリからニース、リヨンまで見所紹介!





フランスはヨーロッパ大陸の西側、西ヨーロッパ地域の中央部にあります。
総面積は640,679km2、人口は6,660万人。首都はパリです。

世界トップクラスの観光大国であるフランスには、パリだけではなく至る所におすすめ観光地があります。
今回はそのような中からパリ、リヨン、ロワール地方、ニーム、ニースの五都市・地方から合計10箇所を選んでみました。

フランス旅行先を選ぶ際の参考にして頂けたら幸いです。

観光大国、フランスに行ってみよう!

 

フランスはヨーロッパ大陸の西側、西ヨーロッパ地域の中央部にあります。

総面積は640,679km 2 、人口は6,660万人。首都はパリです。

2015年の観光客人口は何と、8445.2万人も訪れたという 統計結果 があります。やはり1位でした。

ちなみに日本は、1973.7万人で16位でした。

 

 

そのようなフランスですが、見どころは首都のパリだけではなく国中至る所にあります。

今回はそのような中から、とっておきのおすすめ観光スポットを五都市・地方から合計15箇所選んでみました。

 

1ページ目:パリ、リヨン

2ページ目:ロワール渓谷

3ページ目:ニーム

4ページ目:ニース

 

もちろんフランスの観光地はまだまだ他にもたくさんありますが、皆さんの観光目的地を選ぶ際の参考にして頂けたらと思います。

それでは早速パリのおすすめ観光スポットをご紹介していきます!

 

フランス:パリ(Paris)のおすすめ観光スポット

 

ご存知パリはフランスの首都で、フランスの北部にあります。

 

 

人口は2010年の段階で224.4万人。フランス最大の都市です。

日本からパリへの直行便は沢山あり、大体12時間で到着できます。

なお、現在ほとんどの直行便はシャルル・ド・ゴール空港に到着します。

 

空港からパリ市街地へのアクセスは、郊外電車RER-B線、リムジンバスなど沢山あります。

パリの観光スポットは別記事でも紹介しているので是非ご覧ください。

パリのおすすめ観光地ベスト10!これを見ずにパリ旅行には行けない!?

 

本記事では上記ではまだご紹介していないパリのおすすめ観光地をチョイスしました!

 


1. オルセー美術館

 

オルセー美術館は、セーヌ川左岸の7区の中にあります。

 

 

オルセー美術館にたどり着くには、メトロやRERといった電車を使う方法や、バスを使う方法があります。

あるいは路線バスに乗って、バスの車窓越しにパリの空気を感じるのもいいかと思います。

ただし、路線バスは停留場案内のアナウンスがありませんので、降りるときに注意が必要です。

そういう意味では、路線バス使用は旅慣れている人の方がいいでしょう。

 

電車の場合、一番最寄り駅はRER-C線の「ミュゼ・ド・オルセー駅」です。

が、天気のいい穏やかな日でしたら、セーヌ川挟んで反対側にあるメトロ1線のコンコルド駅で下車するのもいいかと思います。

「コンコルド広場」や「ルーブル美術館」のあたりからセーヌ川沿いを散歩し、「ソフェリーノ橋」という木製の橋を渡っていくのも楽しいことでしょう。

ちなみに、「ソフェリーノ橋」にも橋の欄干に南京錠が沢山取り付けられています。

南京錠で有名な橋は、さらに上流にある「ポンデザール」なのですが、あまりに沢山のカギが取り付けられたために崩落の危機に直面し、「ソフェリーノ橋」にも南京錠がつけられるようになったのでしょう。

 

美術館の建物自体は、元はオルレアン鉄道オルセー駅の駅兼ホテルとして、1900年パリ万博に向けて建造し開業されました。

しかしながら、開業して35年経ったころ、長くなった列車に対してプラットホームが短すぎて使いにくくなり、駅の役目を終えました。

それからは、駅舎にあったホテルが細々と経営を続けていたものの、やがて1973年に廃業。いよいよ廃墟となって、取り壊される話も持ち上がりました。

それに対しパリ市民による取り壊し反対運動が起こり、パリの有力政治家をも巻き込む規模になりました。

そして1986年12月9日、パリの印象派美術を主に収蔵する「オルセー美術館」として、開館することになりました。

 

 

美術館の館内は、昔の駅舎の面影をそのまま残しています。

 

収蔵されている美術品は主に19世紀のもので、特に絵画は印象派のものが大半です。

ゴッホ、ミレー、マネ、モネ、アングル、コロー、クールベ、ドガ、セザンヌ、ゴーギャン、スーラ、ロートレック、マティスなど有名人ばかり。

また絵画だけではなく、アールヌーヴォーの彫刻家であるガレなどの作品もあります。

名前を見るだけでも、行きたくなりますよね。

沢山の収蔵品がありますが、近くにあるルーブル美術館よりは小さいので、数時間あれば全作品を見て回ることが出来るでしょう。

それでも疲れることがあるでしょうから、美術館内のカフェでくつろいだり、上層階の大時計越しにパリの風景を眺めるのもいいかと思います。

 

オルセー美術館からの景色

オルセー美術館からの景色

 

ご覧のように、オルセー美術館の大時計の内側からは、モンマルトルの丘のサクレクール寺院などがとてもよく見えます。

 

オルセー美術館の基本情報

 

名称 : オルセー美術館

仏名 : Musée d'Orsay

住所 : 62, rue de Lille 75343 Paris Cedex 07 France

アクセス : RER C線 Musée d’Orsay駅 徒歩2分

電話番号 : +33 1 40 49 48 14

定休日 : 月曜日 1/1(祝)、5/1(祝)、12/25(祝)

営業時間 :

火~日曜 9:30~18:00
木曜日は21:45まで

料金 :

一般 11ユーロ
毎月第一日曜日は 無料

公式URL : http://www.musee-orsay.fr/

 

2. モンマルトルの丘とその周辺

 

モンマルトルの丘は、パリ北部18区の「サクレクール寺院」を中心とした丘一帯の事を言います。

2001年に公開された映画「アメリ」の舞台になった場所でもある「モンマルトルの丘」ですが、ここ周辺は同じパリでもとても大衆的なところで、時間帯によっては猥雑な危険な雰囲気を醸し出すところです。

でも、昼間にわりと質素な格好で訪れれば、そんな問題になる場所ではありません。とても庶民的なパリの街角を楽しめると思います。

 

 

モンマルトルの丘に行くには、メトロを使うのが便利かと思います。

あるいは路線バスに乗って、バスの車窓越しにパリの空気を感じるのもいいかと思います。

ただし、路線バスは停留場案内のアナウンスがありませんので、降りるときに注意が必要です。

そういう意味では、路線バス使用は旅慣れている人の方がいいでしょう。

電車を使うならば、メトロ2線Anvers駅か12線Abbesses駅など最寄り駅は複数ありますが、Anvers駅がわかりやすいと思います。

Anvers駅を降りると、セーヌ川の反対方向にサクレクール寺院がありますので、そこに向かって歩いていきます。

沿道は、北アフリカの布地などを売っているお店がわんさかとあります。それを見ながら歩いていくのもいいでしょう。

モンマルトルの丘へは、坂になっている公園の階段を上がっていきます。

 

 

写真の人々が座っているのは全部階段で、結構段数があります。

階段を上がるのがしんどい人は、写真左側に短いケーブルカーがありますので、それに乗りましょう。メトロの切符がそのまま使えます。

サクレクール寺院のある「丘のてっぺん」にたどり着きましたら、ぜひ一度振り返ってパリの街並みを眺めてみましょう。

 

モンマルトルの丘からの眺め

モンマルトルの丘からの眺め

 

エッフェル塔やモンパルナスタワーの最上部展望台ほど高くはありませんが、なかなか良い眺めです。

さて、モンマルトルの街中を徒歩で歩くのもいいですが、サクレクール寺院そばにあるテルトル広場にも注目してみましょう。

ここはパリ北部に住む画家の卵が、似顔絵を描いてお金を稼いでいる場所です。

素晴らしい似顔絵を描いてくれる大家の卵もいますが、ぼったくり画家もどきも客引きして強引に売りつけますので、注意が必要です。

あまり面倒な目に遭いたくない人は、モンマルトルの丘一帯を案内してくれる「プチトラン」に乗ってみるのもいいと思います。

 

 

これに乗れば、スリに遭ったりすることもなく安全にモンマルトルの丘周辺を見て回ることが出来ます。

例えばパリ市街地の真ん中にあるブドウ畑。

 

パリ市内のブドウ畑

パリ市内のブドウ畑

 

モンマルトルの南側、ちょうど丘の下のピガール駅付近にある、有名な劇場「ムーランルージュ」

 

ムーランルージュ

ムーランルージュ

 

ムーランルージュは赤い風車で有名な劇場ですが、そこの周辺は東京の新宿でいうと歌舞伎町のようなところで、夜に行くととても猥雑な歓楽街です。

はじめて訪れる方で「夜の歓楽街」に興味の湧かない方は、プチトランにのって颯爽と流すのがいいかと思います。

 

そんなプチトランですが、さすがモンマルトル周辺は庶民の街です。

近くのショッピング街もオシャレというよりは庶民的で、東京ならば蒲田駅西口のような、横浜ならば横浜橋商店街のようなローカルな雰囲気で一杯です。

プチトランが交差点を曲がる際に、地元の若者がこっそり一番後ろの席に飛び乗って、少し過ぎたところでサッサと降りて行ってしまいました。

地元の人も観光客も、プチトランの運転手も少々のことは大目に見ているようです。

このような地元ならではの味も、プチトランでは味わうことが出来ます。

 

モンマルトルの丘の基本情報

 

名称 : モンマルトルの丘

仏名 : Montmartre

住所 :

35 Rue du Chevalier de la Barre, 75018 Paris
(ちなみにここはサクレクール寺院です)

アクセス :

地下鉄M2線 Anvers, M12線Abbesses から 徒歩10分程度
丘の上に上がるには、ケーブルカーを使うと便利

定休日 : 無休

営業時間 :

観光案内所
月~金曜10:00~16:00 (金18:00)
土・日曜10:00~13:00、14:00~16:00

プチトラン
時間:10時~18時(4月から9月は~24時)

料金 :

プチトラン
6.5ユーロ、12歳以下4.5ユーロ

注意点 :

テルトル広場では、スリと、悪質な似顔絵描きに注意。

公式URL : http://www.montmartre-guide.com/

 


3. アルマ橋

 

アルマ橋はセーヌ川に架かる橋の一つです。

 

 

セーヌ川にはパリ市内で37本の橋が架けられています。他にも個性的な橋はいくつもあるのですが、ここでは敢えて「アルマ橋」を紹介します。

アルマ橋は、メトロM9線アルマ=マルソー(Alma / Marceau)駅を下車してすぐのところにあります。

 

アルマ橋は1854年から1856年にかけて建造されました。命名はちょうどその頃勃発していたクリミア戦争の「アルマの戦い」にちなんで名づけられたものだそうです。

建設当時の橋脚は石造りでしたが沈下しやすく、川を運行する船の通行の妨げになってました。そこで1970年から1974年にかけて鋼鉄製の橋に架け替えられました。

 

 

この橋には二つの大きな見どころがあります。

まずはこの橋の橋脚です。橋脚にズワヴ「アルジェリア歩兵」の銅像が立っています。

最初の橋が架けられたときは、他にも銅像はあって合計4つの銅像が立ってましたが、ほどなくして「アルジェリア歩兵」の像以外はパリの他の施設や、他の都市に移されてしまいました。

現在では「アルジェリア歩兵」の像しか残ってません。

 

この銅像ですが、実はとても実用的な用途に使われています。セーヌ川の水位がこの銅像のどのあたりの高さまでに達するかによって、交通規制が敷かれることになっています。

銅像の足首のところまで水位が達すると、セーヌ川河川敷道路が冠水し始めるので、河川敷道路は通行禁止になります。

銅像の膝より上に水位が達すると、船が橋の下をくぐれなくなりますので、セーヌ川が航行禁止になります。

ちなみに2016年6月にもパリで洪水がありましたが、このときは銅像の腰がつかるくらいまで達しました。

記録されている最高水位は1910年のパリ大洪水で、このときは銅像のあごひげのところまで達したそうです。

 

つづいては、橋の「セーヌ川右岸側」のたもとのオブジェです。

 

自由のトーチ

自由の炎

 

このオブジェは「自由の炎(Flamme de la Liberté)」と名づけらています。

ニューヨークの自由の女神像が1989年に修復された際、フランスの修復チームが大きく貢献したということで、アメリカからフランスに贈答されたものだそうです。

 

本来ならば、「自由の炎」という名前のままで静かにこの場所に佇んでいるところでした。

 

ところが、1997年8月31日にイギリスのダイアナ元妃が、このオブジェの下を通るバイパストンネルで交通事故に遭い、36歳の短い生涯を終えられました。

それ以来このオブジェは、「ダイアナ追悼碑」としての役割の方が大きくなっていると言えそうです。

この写真でもオブジェの足元の方に、彼女の写真やメッセージカードなどがお供えされています。

 

ダイアナ遺影

どなたかがお供えした、ダイアナ元妃の遺影

 

アルマ橋に関する基本情報

 

名称 : アルマ橋(自由の炎)

仏名 : Pont de l'Alma(Flamme de la Liberté)

住所 : Pont de l'Alma, Paris

アクセス : メトロM9線アルマ=マルソー(Alma / Marceau)駅下車してすぐ

電話番号 : なし

定休日 : 無休

通行料 : 無料

注意点 : 特になし

フランス:リヨン(Lyon)のおすすめ観光スポット

 

リヨン(Lyon)はフランスの南東部、アルプス山脈にわりと近いところにあります。

 

 

人口はリヨン市だけでは50万人弱ですが、リヨン経済圏全体では160万人以上の人口規模を誇り、フランスで2番目の都市圏です。

飛行機は、パリのシャルル・ド・ゴール空港からの国内線乗り継ぎで1時間10分くらいで行けます。

もちろん、それ以外の他国の空港からの乗り継ぎで行くことも出来ます。

残念ながら、2016年10月現在、日本からの直行便はありません。

 

パリ市内を観光してからリヨンへ移動する計画を立てる場合、高速鉄道TGVを使う方が便利です。

パリのリヨン駅からリヨン・パールデュー駅まで、きっかり2時間で行けます。TGVの運行管理は日本の新幹線並みに正確になされています。

一方リヨンの空港・サン=テグジュペリ国際空港は、リヨンの市街地からかなり離れてます。

よって、飛行機で早く到着しても市街地への移動へはある程度の時間がかかります。

あと、運行本数はパリ・リヨン駅からのものよりは少ないですが、シャルル・ド・ゴール空港乗り入れの駅からもTGVは発着していますので、パリの空港からもTGVで移動するのが便利な時もあります。

 

では、そのリヨンの街から見どころ2つを紹介します。

 


4. ノートルダム大聖堂(フルヴィエール大聖堂)

 

ノートルダム大聖堂のあるフルヴィエールの丘は、リヨンの市街地を流れるローヌ川・ソーヌ川の左側、旧市街のさらに左奥にあります。

 

 

大聖堂は、丘の麓からもこのように目にすることはできます。

 

麓からのノートルダム大聖堂

麓からのノートルダム大聖堂

 

尖塔がない教会なので、ぱっと見では「丘の上にある放送局」のようにも見えてしまいます。

丘の上に行ってみたいのですが、標高差が100m近くあるので、麓の旧市街から歩いて登るのは大変です。

地下ケーブルカーに乗れば数分で上がれるので、楽な気持ちで乗っていきましょう。

運賃はリヨンの地下鉄やトラム一回分と同じ値段、1.8ユーロです。5分から10分おきに運行されています。

 

丘の上に上がると見える大聖堂は荘厳です。

 

ノートルダム大聖堂

ノートルダム大聖堂

 

この教会は1872年から1896年の間に建設されました。

ヨーロッパの多くの教会の中でも、比較的新しい年代の建築かもしれません

なお、このノートルダム大聖堂は、1998年に後で述べるリヨン旧市街と一緒にユネスコ世界文化遺産に登録されました。

 

リヨン ノートルダム大聖堂の基本情報

 

名称 : ノートルダム大聖堂(フルヴィエール大聖堂とも呼ばれる)

仏名 : Basilique Notre-Dame de Fourvière

住所 : 8 Place de Fourvière, 69005 Lyon, France

アクセス :

メトロD線Vieux Lyon駅でケーブルカーF2線に乗り換え、
フルヴィエール駅下車徒歩1分ほど

電話番号 : +33 4 78 25 13 01

定休日 : 無休

開門時間 :

教会: 7am-7pm
公園:  7am-9.30pm

料金 : 無料

注意点 : ミサの時間中、観光客は立ち入り禁止

公式URL : http://www.fourviere.org/

 

5. リヨン旧市街

 

リヨン旧市街は、ノートルダム大聖堂のあるフルヴィエールの丘の麓に広がっています。

1998年に「リヨン歴史地区」という名称で、ユネスコ世界文化遺産に登録されました。

 

 

リヨン市はローマ帝国の時代から「ルグドゥヌム」という町の名前で栄え、中世もローヌ川を使った交易の中心地になっていました。

そのころからずっと営みのあるリヨンの旧市街地。まずはフルヴィエールの丘から眺めてみましょう。

 

リヨン旧市街1

リヨン旧市街2

 

フルヴィエールの丘からは眼下に大きく旧市街地が広がるので、とても一枚の写真には収まりきれません。

オレンジ色の屋根の建物が密集している地域を、ほぼ旧市街地とみなしてもいいかと思います。

でも、旧市街地でも特に古い地域はこの写真の下の端の、緑に被っているところなのです。

この丘を降りて旧市街地に行ってみましょう。

時間に余裕があって気温が厳しくなければ、坂道を歩いて降りるのも悪くはありませんが、夕刻だと気持ち悪いので、ケーブルカーを使って降りてみましょう。

旧市街地の中はこのような感じです。

 

リヨン旧市街の中

リヨン旧市街の中

 

本当に古い街並みのところは自動車の通行を想定していないので、自動車はあまり走れません。とても窮屈そうです。

道路は石畳になっており、道の真ん中が凹んでいます。

やはりヨーロッパの昔の街並みは、道の真ん中に水が溜まって排水されるようになっています。

レストランのテラス席も、大きく道路に張り出しています。

 

ところで、リヨンはフランスの「食の都」とも言われているところで、美味しいレストランも何軒もあるそうです。

また、リヨンには「トラブール」という名前の抜け道があり、建物の入り口から奥の勝手口へ抜けられるようなところもあります。

第二次大戦中はレジスタンスの兵士が、ナチスドイツ軍兵士の追手から逃れるための道として、よく使われていたそうです。

 

そんなリヨンの旧市街を一通り歩いてみましたら、リヨンの街中を流れる川、ローヌ川かソーヌ川のほとりに立ってみましょう。

特にソーヌ川にかかる橋の上に立つと、川辺の建つ建物が美しくて、癒されます。

 

リヨン旧市街橋の上から

リヨン旧市街橋の上から

 

リヨン旧市街の基本情報

 

名称 : リヨン旧市街

仏名 : Vieux Lyon

アクセス : メトロD線Vieux Lyon駅下車すぐ

料金 :

メトロ乗車料金 1回1.8ユーロ

注意点 :

公式URL : http://jp.france.fr/ja/discover/37198

 


6. だまし絵のあるビル

 

リヨンを訪れましたら、これらの建物にダマされに行くのもいいかもしれません。

メトロC線「エノン(Hénon)駅」を下車し、地上に上がって「カヌット通り(Boulevard des Canuts)を南に1分ほど歩いていくと見えてきます。

 

 

何とも言えない異様な建物が目に入ります。

 

 

一つ一つが実際の建物だと思うと、なんだかすごい違和感がありますよね。

それもそのはず、これはほとんどが絵なのです。中には数少ないですが、本物の窓や洗濯物のもあるようです。

でも、どれが本当の窓なのか、すぐには判りそうにもありません。

 

この建物を下から仰ぎ見ると、こんなように映ります。ここまでくると、やっと本物の窓がわかりそうです。

 

 

しかし、よく出来ただまし絵ですね。

意味のない「落書き」よりは、こちらのだまし絵の方が見ていて楽しくなるような気がします。

 

実はリヨンには、このような「だまし絵」のビルが、他にもいくつかあるそうです。

「だまし絵」のあるビルを探しに、リヨンの街を歩き回るのもいいですね。

 

リヨンのだまし絵のあるビルの基本情報

 

名称 : カヌット通りのだまし絵

仏名 :

Mur des Canuts
Fresque des Canuts

住所 : 36 Boulevard des Canuts, 69004 Lyon

アクセス :

メトロC線でHenon駅下車
Boulevard des Canutsという大通りを南に1分ほど歩く

問い合わせ先 :

リヨン観光・コンベンション協会
+33(0)4 72 77 69 69

定休日 :

リヨン観光・コンベンション協会
1/1, 12/25

営業時間 :

リヨン観光・コンベンション協会
9am~6pm

料金 : 無料

注意点 : 特になし

公式URL :

リヨン観光・コンベンション協会
http://www.jp.lyon-france.com/


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(199)
北海道・東北(19)
  北海道(10)
  宮城(4)
  山形(1)
  岩手(1)
  福島(1)
  秋田(1)
  青森(1)
関東(63)
  千葉(5)
  埼玉(4)
  山梨(3)
  東京(30)
  栃木(1)
  神奈川(17)
  群馬(2)
  茨城(1)
甲信越・北陸・東海(28)
  三重(2)
  富山(1)
  愛知(5)
  新潟(3)
  石川(4)
  福井(1)
  長野(5)
  静岡(6)
近畿(34)
  京都(10)
  兵庫(8)
  和歌山(1)
  大阪(12)
  奈良(1)
  滋賀(2)
中国・四国(15)
  山口(2)
  岡山(3)
  島根(1)
  広島(4)
  徳島(1)
  愛媛(1)
  香川(1)
  高知(1)
  鳥取(1)
九州・沖縄(25)
  大分(1)
  宮崎(1)
  沖縄(11)
  熊本(2)
  福岡(5)
  長崎(3)
  鹿児島(2)

国外エリア一覧

東南アジア(14)
ヨーロッパ(15)
東アジア・中国・台湾(8)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(2)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(6)
オセアニア(5)
アフリカ(1)
北米(6)
中南米(1)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(143)
イベント情報(158)
ショッピング・買い物・お土産(157)
シーン別(222)
ビジネス・出張(102)
マナー(60)
ロケ地、舞台(105)
世界遺産(45)
乗り物・交通・アクセス(218)
宿・旅館・ホテル(97)
旅行準備(199)
歴史・豆知識(244)
温泉・スパ(80)
絶景(165)
聖地巡礼(25)
観光旅行(264)
言語・役立ちフレーズ(12)
食事・グルメ(209)
ランキング(132)
デート(173)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(105)
ツアー/旅程(19)
海水浴場・ビーチ・リゾート(18)

人気記事ランキング