logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 三重 > 伊勢

伊勢の観光地10選





2016年、G7のサミットが開催されて話題となった三重県伊勢市。
観光地としては伊勢神宮やおはらい町にある赤福本店が有名ですね。

今回は伊勢神宮ゆかりの定番旅行スポットはもちろん、カップルにおすすめの絶景スポットや歴史好き垂涎のスポットなど幅広くご紹介します!

記事でしっかり予習して、風情と歴史を感じられる街 伊勢を堪能しちゃおう♪

①伊勢神宮内宮

 

 

伊勢といえばここを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

皇室の御祖神である天照大御神をご祭神とし、歴代天皇も訪れている神社です。

2013年には式年遷宮が行われたことで話題となり、なんと年間1000万人が訪れたようです。

 

今年の半年の時点ですでに200万人が訪れる名スポットです。

伊勢内宮は五十鈴川のほとりにあり、皇室の御祖神である天照大御神をご祭神としている神社です。

 

日本の平和を祈るための神社

 

昔は、天照大御神は皇居に祀られていましたが、疫病が発生し、流行した時に伊勢の地に移されました。

2000年前の崇神天皇の時代です。

その時から2000年にわたって日本を伊勢の地から見守ってくれているのですね。

また、伊勢神宮は日頃の平穏な生活を感謝するための神社です。

何かお願い事をするときは後述の猿田彦神社とセットでお祈りするようにしましょうね!

 

基本情報

 

伊勢神宮内宮(皇大神宮)

住所: 三重県伊勢市宇治館町1

アクセス:

伊勢自動車道の伊勢インターで下りて国道23号線を内宮方面へ約15分
JR伊勢市駅からタクシーで約20分
近鉄宇治山田駅からタクシーで約15分

定休日: 無休

電話番号: 0596-24-1111

駐車場:有料

公式サイトURL:  http://www.isejingu.or.jp/

 

②おはらい町・おかげ横丁

 

おはらい町やおかげ横丁は、伊勢神宮の門前町として広がっています。

江戸時代のような雰囲気を楽しむもよし、てこね寿しや赤福の食べ歩きを楽しむもよし、張り子の体験や門前町の発展についての博物館を訪れるのもよしと楽しみ方は人それぞれです。

 

超定番観光地で、食事やショッピング等は一通り楽しむことが出来ます。

伊勢を訪れたら絶対に訪れるべきスポットの1つです!

 

 

ここに来たら絶対行くべし!赤福本店

 

伊勢のお土産といえば「赤福」を思い浮かべる方がほとんどではないでしょうか。

なんとこの赤福餅は宝永4年にこの伊勢神宮の門前町で生まれたのです!

それ以来約300年にもわたって参拝客から愛されています。

 

伊勢で生まれた赤福!

 

実はこの赤福は伊勢神宮の近くを流れている五十鈴川の形をモチーフにした商品だといわれています。

普段の箱入りの赤福とは違い、出来立てを召し上がることも赤福本店ではできるのです!

一度は食べてみたいですね!

 

 

「お伊勢のおかげ」から名前を付けられたおかげ横丁やおはらい町をぜひ訪れてみてください。

 

基本情報

 

おはらい町

住所: 三重県伊勢市宇治中之切町・宇治今在家町

アクセス: 伊勢市駅・宇治山田駅からバスで(近鉄・JR伊勢市駅から外宮内宮循環バスに乗り停留所『神宮会館前』で下車)

営業時間: 店舗によって異なる

定休日: 店舗によて異なる

電話番号: 0596-28-3705

公式サイトURL:  http://www.ise-kanko.jp

 

おかげ横丁

住所: 三重県伊勢市宇治中之切町52

アクセス:

JR伊勢市駅、近鉄宇治山田駅下車、タクシーで約15分。
または駅から三重交通内宮行きバス「神宮会館前」下車徒歩1分

営業時間: 

8月 9:30~18:00 店舗によって開閉店時間は異なります
11月~2月 9:30~17:00 店舗によって開閉店時間は異なります
その他 9:30~17:30 店舗によって開閉店時間は異なります

定休日: 無休

電話番号: 0596-23-8838(おかげ横丁総合案内所)

公式サイトURL:  http://www.okageyokocho.co.jp

 

③伊勢神宮外宮

 

 

外宮といわれてピンと来る人はなかなか少ないのではないでしょうか?

こちらも伊勢神宮ですが場所は少し離れています。

個々の主催神は豊受大御神が祀られており、食物や穀物の神とされていて、衣食住など日々の営みに対する感謝をささげるの社です!

 

外宮と内宮の違い

 

内宮は前述の通り、天照大神を祀っています。

当然神様もご飯を召し上がられます。

そこで、天照大神が召し上がるお食事を司る御饌都神(みつけかみ)を祀ったのがこちらの外宮です。

外宮では、朝夕の二回、毎日欠かさず祈りをささげているようです!

 

基本情報

 

伊勢神宮外宮(豊受大神宮)

住所: 三重県伊勢市豊川町279

アクセス:

JR伊勢市駅から伊勢神宮外宮へ徒歩5分
近鉄宇治山田駅からバス「内宮行」乗車約6分
車の場合、伊勢自動車道伊勢ICまたは伊勢西IC下車

電話番号: 0596-24-1111

公式サイトURL:  http://www.isejingu.or.jp/

 

④伊勢式年遷宮記念せんぐう館

 

 

3年ほど前に話題となりました伊勢神宮の「式年遷宮」の時に新しく作られたスポットです!

伊勢神宮の歴史や、建てられるまでが知ることができるほか、普段は見ることのできない本殿に収められているものの製造の工程なども知ることが出来ます。

伊勢神宮を訪れた人が、ここを訪れなかったことを後悔することも多いらしいので忘れないよう訪れたいスポットですね。

 

そもそも「式年遷宮」って?

 

という方も多いのではないでしょうか。

式年遷宮とは簡単に言えば、「リフォーム」です。

正殿を立て直しご神体を移すということを定期的に行うのが式年遷宮です。

建物の耐久性を維持するために、20年に1度行うことになっています。

 

次はいつ?

 

式年遷宮が前回行われたのが2013年なので2033年に行われる予定です。

この時にもう一度行ってみたいスポットですね。

 

ちなみに2013年に行われたものが第62回だったそうです!

 

基本情報

 

名称: 式年遷宮記念せんぐう館

住所: 三重県伊勢市豊川町前野126-1

アクセス: 近鉄・JR伊勢市駅から徒歩で(JR改札口正面の道を直進。伊勢神宮外宮に入ってすぐ左側)

営業時間: 9:00~16:30

定休日:第4火曜日

電話番号: 0596-22-6263

料金: 

大人 300円 高校生以上
中学生 100円 小学生 100円 
その他:200円 20名以上の団体の場合一人当たり

公式サイトURL:  http://www.sengukan.jp/

 

⑤伊勢神宮別宮

 

 

伊勢市内近郊の14箇所に広がっています。

そのうち5宮は内宮や外宮の宮域内にあります。

 

月夜見宮は三方を堀で囲まれていたり、倭姫命は大正12年創建されたもっとも新しい宮であったりとそれぞれ特色があり、すべて回っても退屈しません。

内宮・外宮と合わせてコンプリートすると縁起もよさそうですね。

 

4つの宮のお参りの順番

 

内宮、外宮ともに別宮があります。

そのうち内宮の別宮である月読宮、月読荒魂宮、伊佐奈岐宮、伊佐奈弥宮の4つの宮は並んでいるため、多くの人が訪れるスポットになっています。

 

実は、この4つにはお参りをする順番が決まっているんです。

月読宮→月読荒御魂宮→伊佐奈岐宮→伊佐奈弥宮の順にお参りすることが一般的とされています。

 

基本情報

 

月夜見宮

住所: 三重県伊勢市豊川町

アクセス:JR参宮線・近鉄山田線伊勢市駅より南へ徒歩10分

営業時間: 5時~17時

定休日: 年中無休

電話番号: 0596-24-1111

公式サイトURL:  http://www.isejingu.or.jp/

 

倭姫宮

住所: 伊勢市楠部町

アクセス:

JR・近鉄伊勢市駅、近鉄宇治山田駅からバスで10分「徴古館前」下車

車 伊勢自動車道・伊勢西又は伊勢ICから15分

営業時間: 1月~4月 5:00~18:00、5月~8月 5:00~19:00、9月 5:00~18:00、10月~12月 5:00~17:00

定休日: 無休

電話番号: 0596-24-1111

公式サイトURL:  http://www.isejingu.or.jp/

 

月読宮

住所:三重県伊勢市中村町742-1

アクセス:JR・近鉄伊勢市駅、近鉄宇治山田駅からバスで10分「徴古館前」

伊勢自動車道・伊勢西又は伊勢ICから15分

営業時間: 

拝観:1月~4月 5:00~18:00 拝観:5月~8月 5:00~19:00
拝観:9月 5:00~18:00 拝観:10月~12月 5:00~17:00

定休日: 無休

電話番号: 0596-24-1111

公式サイトURL:  http://www.isejingu.or.jp/

 

⑥猿田彦神社

 

 

①の内宮の際にご紹介しましたが、こちらが「道開きの神」である猿田彦大神とその子孫を祀る猿田彦神社です。

くれぐれも内宮でお願い事をするのではなく、こちらの猿田彦神社でお願いするようにしましょうね!

 

芸能人になりたい人はこちら!?佐瑠女神社

 

同じ敷地内にある佐瑠女神社はなんと芸能の神様を祀られている神社になっています!

歌や、演劇などの芸能の上達を願っている人は合わせてお参りしたいですね。

お参りしすると、ひょっとしたら有名人になれるかも。

また、縁結びの神様でもあるので、恋人が欲しい方や恋人とうまくいくよう祈りたい方は合わせて行ってみてください。

 

基本情報

 

猿田彦神社

住所:三重県伊勢市宇治浦田2-1-10

アクセス:

伊勢市駅からバスで(近鉄・JR伊勢市駅から外宮内宮循環バスに乗り停留所「猿田彦神社前」で下車)

伊勢西ICから車で伊勢自動車道伊勢西インターで下りて内宮方向へ5分

電話番号:0596-22-2554

公式サイトURL:  http://www.sarutahikojinja.or.jp/

 

⑦夫婦岩・二見興玉神社

 

 

こちらの夫婦岩も言わず知れた観光スポットです。

堂々とした大きな男岩とかわいらしいサイズの小さな女岩が仲良く並んでいます。

日の出の時間帯に、二つの岩の間から太陽が上がってくる景色は絶景です!

その沖合にある二見興玉神社は、縁結び、夫婦円満などの ご利益があるそうですので、是非行ってみたいスポットですね!

 

絶景だけじゃない!?夫婦岩

 

そもそも夫婦岩とは何なのか気になった方も多いと思います。

実は夫婦岩にあは、二見興玉神社の海の中の鳥居としての役割もあるんです。

 

「夫婦岩」のみで観光スポットとして訪れられることも多いですが、本当は興玉神社も併せていかないとご利益が半減するかも!?

ちなみに神社に入るとまた別の岩が、まず目に入ります。

 

この岩がわが国の国家「君が代」に出てくるさざれ石のモデルともされているので、夫婦岩だけで満足せずにこちらも参拝しましょう!

 

基本情報

 

夫婦岩

住所:伊勢市二見町江 二見興玉神社内

アクセス:

JR二見浦駅下車徒歩15分 
JR伊勢市駅・近鉄宇治山田駅から「鳥羽」行きバス約20分「夫婦岩東口」下車徒歩5分
伊勢自動車道伊勢ICより10分

駐車場:有(無料)

電話番号: 0596-43-2020

オススメの時期: 5月~7月(日の出) 11月~1月(満月)

公式サイトURL:  http://www.amigo2.ne.jp/~oki-tama/

 

⑧伊勢・安土桃山文化村

 

 

安土桃山時代の文化を楽しむことができるちょっと変わったテーマパークです。

村の人気者のニャンまげやドラマでおなじみの大岡越前がいたことでも有名な山田奉行所の大岡裁きについてのショーなど多くの見どころがあります。

なんといっても見どころは安土城!(伊勢だけど)

安土城本体(滋賀県)はもう戦国時代になくなりましたが、忠実に再現されています。

大きく立派なお城だけでも一見の価値があります。

 

織田信長と伊勢

 

織田信長と伊勢というとまったく接点がないように思われがちですが意外と関係が深い土地だったりします。

伊勢の守護である北畠氏やその家臣神戸氏に苦戦した際には、次男信雄や三男信孝を養子として和睦しました。

さらに信長を苦しめた本願寺との戦いにおいては、越前や加賀と並び長島願証寺が中心となり激しい戦いを繰り広げました。

その激しさを恐れた信長は籠城していた人を降伏しても許さないほどだったとか…

知られていない歴史スポットを巡ってみるのも、伊勢の楽しみ方の一つかもしれませんね。

 

基本情報

 

安土桃山文化村

住所: 伊勢市二見町三津1201-1

アクセス:

JR二見浦駅より南へ徒歩15分

近鉄宇治山田駅より三重交通伊勢二見鳥羽周遊バス「CANばす」にて40分伊勢「安土桃山文化村前」下車

伊勢自動車道伊勢ICから伊勢二見鳥羽ライン二見JCTより1分

営業時間: 

3/17~11/15 9:00~17:00
11/16~3/16 9:30~16:30

定休日: 不定休

電話番号: 0596-43-2300

料金:

入村手形(入場のみ):大人2,500円、中人1,200円、小人900円
通行手形(フリーパス):大人3,900円、中人2,500円、小人2,000円
シルバー(65歳以上・証明書呈示)3割引、未就学児無料

公式サイトURL: http://www.ise-bunkamura.co.jp/index.php

 

⑨二見シーパラダイス

 

 

トドやセイウチなどの海獣、淡水魚などなんと158種類の生き物を見たり触れたりできる水族館です。

「ふれあいメニュー」という写真撮影が出来るコースもあります。

また、隣接する二見プラザでは、赤福などのお土産やここでしか買えない土地の名産品を買うことも出来ます。

大好きなあの人とのデートや、お子様連れの家族旅行など忘れられない思い出を作る場所にいかがでしょうか?

 

日本でここだけでしか見られない!?

 

シーパラダイスにいるミナミゾウアザラシは日本国内でここにしかいないことで有名です。

ミナミゾウアザラシは、芸達者として有名で、あっかんべーをしてくれることもあります。

一部の生き物に触ることも出来るので、お子様も喜ぶこと間違いなし!

 

基本情報

 

二見シーパラダイス

住所: 伊勢市二見町江580

アクセス:

車 伊勢二見鳥羽ライン二見ICから約5分

電車 JR 伊勢市駅・近鉄宇治山田駅から鳥羽、又は夫婦岩東口行きバス「夫婦岩東口」下車

JR二見浦駅下車徒歩20分

営業時間: 9:00~17:00 ※季節により営業時間変更あり

定休日: 12月16日・17日

電話番号: 0596-42-1760

料金: 大人 1,400円 小人600円 幼児(3才以上)300円

公式サイトURL:  http://www.futami-seaparadise.com/

 

⑩山田奉行所記念館・山田奉行所跡

 

 

伊勢市の宇治山田で有名だった奉行所の「山田奉行所」

ここはあの、「大岡裁き」で有名な大岡越前守忠相が赴任していたこともある旧直轄地を管轄していた奉行所です!

公平な裁きをしたと評判の大岡越前のお話の中でも、有名なものをご紹介します。

 

時代劇「大岡越前」の宇治山田での裁き!

 

山田奉行所に持ち込まれた案件で徳川御三家の紀州藩と山田領の揉め事がありました。

歴代の山田奉行は徳川御三家の意向を恐れて、どれだけ紀州側に落ち度があっても山田領に不利な判決を数多く繰り返していました。

しかし初めて大岡は公平に判決を下し、紀州側に恨まれるようになりました。

その噂を聞いた紀州側の領主が後の徳川吉宗で、「大岡裁き」を江戸でも行うよう声掛けを行ったそうです。

江戸町奉行のイメージが強いですが、山田が足がかりだったんですね!

 

是非、こんな大岡越前ゆかりのスポットに足を運んでみてください♪

 

基本情報

 

山田奉行所記念館

住所: 三重県伊勢市御薗町上條1602

アクセス: 伊勢自動車道「伊勢IC」から松阪方面に車で約10分

営業時間: 9:00~16:00

定休日: 火曜日

電話番号: 0596-22-7884

料金: 無料

公式サイトURL:  http://www.city.ise.mie.jp/4272.htm

 

 

伊勢の観光名所について色々と見てきましたが、いかがでしたか?

サミット開催の志摩とセットで訪れてみたいスポットが沢山ありましたね!

伊勢は定番の伊勢神宮以外にも、沢山の歴史が詰まった面白い街です。

この夏休みに是非訪れてみてはいかがでしょうか?


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(68)
北海道・東北(10)
  北海道(4)
  宮城(2)
  山形(1)
  岩手(1)
  福島(1)
  青森(1)
関東(19)
  千葉(2)
  埼玉(2)
  山梨(1)
  東京(6)
  栃木(1)
  神奈川(5)
  群馬(1)
  茨城(1)
甲信越・北陸・東海(10)
  三重(2)
  富山(1)
  新潟(1)
  石川(2)
  福井(1)
  長野(2)
  静岡(1)
近畿(11)
  京都(3)
  兵庫(3)
  大阪(3)
  滋賀(2)
中国・四国(8)
  山口(2)
  岡山(1)
  島根(1)
  広島(1)
  香川(1)
  高知(1)
  鳥取(1)
九州・沖縄(7)
  宮崎(1)
  沖縄(4)
  長崎(1)
  鹿児島(1)

国外エリア一覧

東南アジア(12)
ヨーロッパ(12)
東アジア・中国・台湾(5)
南アジア・インド・ネパール(0)
中近東(2)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(4)
オセアニア(3)
アフリカ(1)
北米(5)
中南米(1)

タグ一覧

アウトドア(66)
イベント情報(57)
ショッピング・お土産(49)
シーン別(90)
ビジネス・出張(16)
マナー(19)
ロケ地(47)
世界遺産(33)
乗り物・交通(92)
宿・旅館・ホテル(31)
旅行準備(52)
歴史・豆知識(102)
温泉・スパ(27)
絶景(87)
聖地巡礼(11)
観光旅行(116)
言語・役立ちフレーズ(3)
食事・グルメ(74)
ランキング(5)
デート(58)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(11)

人気記事ランキング