logo

top > 北米 > アメリカ

ロサンゼルス旅行で絶対訪れたいオススメ観光スポット30選!モデル観光ルートもご紹介





暖かくのどかな気候とキレイなビーチで人気の観光エリア・カリフォルニア。
その中でも特に多くの観光客が訪れているのがロサンゼルスです。

ハリウッドやビバリーヒルズなど、ビーチ以外にも楽しめる観光スポットが多いロサンゼルスですが、限られた日程の中できになる場所すべてを見てまわるのは、結構大変ですよね。

そこで、こちらの記事では、ロサンゼルスを訪れたら行っておきたいオススメ観光スポット30選を、8つのエリアに分けてご紹介いたします。
レストランやモデル観光ルートもご紹介しますので、参考にしてみてくださいね!

【目次】ロサンゼルス旅行で絶対訪れたいオススメ観光スポット30選!モデル観光ルートもご紹介

 

1ページ目 :

 

今年の海外旅行はロサンゼルスで決まり!

<ダウンタウン>

1. グラミー・ミュージアム L.A.

2. ロサンゼルス・タイムズ紙

3. ステープルズ・センター

4. チャイナタウン

5. リトル・トーキョー

<ハリウッド>

1. ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム

2. ハリウッドランド・エクスペリエンス

3. ワーナー・ブラザーズ・ツアー

4. グリフィス・パーク

<ビバリーヒルズ>

1. オリジナル・ファーマーズ・マーケット

2. ロサンゼルスカウンティー美術館

3. セレブのお家巡りツアー

 

2ページ目 :

 

<ウエストウッド>

1. カリフォルニア大学ロサンゼルス校

2. 南カリフォルニア大学

3. LDS ロサンゼルス神殿

<サンタモニカ>

1. サンタモニカ・ステート・ビーチ

2. サンタモニカ・ウェンズデー・ファーマーズ・マーケット

3. パシフィック・パーク

<マリーナ・デル・レイ>

1. ヨットハーバー

2. フィッシャーマンズ・ビレッジ

3. ウォーターサイド・マリーナ・デル・レイ

 

3ページ目 :

 

<ロングビーチ>

1. ジュニペロ・ビーチ

2. クイーン・メリー号

3. ウェール・ウォッチング

<パサディナ>

1. ローズ・ボウル・フリーマーケット

2. ローズ・パレード

おまけ:ロサンゼルスのテーマパーク

1. ディズニーランド

2. ナッツ・ベリー・ファーム

3. ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド

 

4ページ目 :

 

ロサンゼルスのおすすめグルメ

1. パパ・ジェイクズ・サブ・ショップ

2. ブロッサム・レストラン

3. フーチョウ・レストラン

ロサンゼルス観光のモデルルート

<1日目>

1. サンタモニカ・ステート・ビーチで泳ぐ

2. パーク・ランドで遊ぶ

3. ブロッサム・レストランでランチ

4. カリフォルニア大学ロサンゼルス校を見学

5. オリジナル・ファーマーズ・マーケットで小腹を満たす

6. ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームとハリウッドランド・エクスペリエンス

7. グリフィス展望台で夕日を眺める

<2日目>

1. ローズ・ボウル・フリーマーケットでお宝探し

2. グラミー・ミュージアム L.A.でアメリカの音楽を楽しむ

3. フー・チョウ・レストランでランチ

4. ヨット・ハーバーとフィッシャーマンズ・ビレッジ

 


今年の海外旅行はロサンゼルスで決まり!

 

los angeles

 

綺麗なビーチと暖かい気候で人気のアメリカ・カリフォルニア州の中でも特に人気の観光地といえば、ロサンゼルスです。

ビーチはもちろん、ハリウッドやビバリーヒルズなどの有名観光エリアから、カリフォルニア大学などの名門校まで、様々な観光スポットが揃っているカリフォルニア州を代表する「ザ・観光地」です。

こちらの記事では、そんなロサンゼルスの中でも特にオススメの観光地を下記8つのエリアに分けてご紹介していきます。

 

  • ダウンタウン
  • ハリウッド
  • ビバリーヒルズ
  • ウエストウッド
  • サンタモニカ
  • マリーナ・デル・レイ
  • ロングビーチ

 

観光スポットの他にも、オススメのレストランやモデル観光ルートなどもあわせてご紹介いたします。

みなさんのロサンゼルス観光の参考になれば幸いです!

 

 

<ダウンタウン>

 

ロサンゼルスの中心地「ダウンタウン」では、ビジネスマンから大道芸人まで、色々な職業や人種の人々に出会うことができるでしょう。

自由の国アメリカの中でも特にリベラルなロサンゼルスの繁華街で、エキサイティングな観光を楽しみましょう。

 

1. グラミー・ミュージアム L.A.

 

grammy

 

はじめにご紹介するのは、グラミー賞にまつわる品々を集めた博物館「グラミー・ミュージアム L.A.」です。

グラミー賞とは、アメリカの音楽界の素晴らしい作品を賞するためのもので、「ナショナル・アカデミー・オブ・レコーディング・アーツ・アンド・サイエンス」という団体が主催しています。

毎年2月に授賞式が開催されており、授賞式の様子はテレビなどで国内外で視聴が可能です。

受賞者に贈られる蓄音機の形をしたトロフィーを、テレビで目にしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

テイラー・スウィフトやブルーノ・マーズなど、世界中で大人気のアーティストたちが受賞しているグラミー賞について学ぶことができるのが、こちらの博物館です。

マイケル・ジャクソンやエルビス・プレスリーの写真、彼らがパフォーマンスの際に着ていた衣装などが展示されています。

アーティストや音楽についての映画上映もあるので、映像や音を通して学ぶことができますよ。

 

grammy

 

館内を自由に見て回るのも良いですが、グラミー賞やこちらの博物館などについてさらに詳しく学びたいという方は、ガイド付きツアーもおすすめ。

30分のツアーは400ドル、60分のツアーは500ドルとなっており、どちらも、展示物についての情報や博物館の歴史などについて、豊富な知識を持ったガイドが丁寧に解説をしてくれます。

また、ギターのデザインをしたマグネットなど、グラミー賞や音楽に関係したおみやげも多く販売されているので、音楽好きな友人や家族へのおみやげを購入するのにも良いチャンスです。

 

グラミー・ミュージアム L.A.の観光情報

 

住所 : 800 W Olympic Blvd, Los Angeles, CA 90015

アクセス : ロサンゼルス国際空港より車で20分、公共交通機関で1時間15分

電話番号 : (213) 765-6800

定休日 : サンクスギビングデー・クリスマス

営業時間 : 

月曜日から金曜日 10:30~18:30
土曜日から日曜日 10:00~18:30

料金 :

6歳から17歳・軍人 10.95ドル
18歳から64歳 12.95ドル
学生・65歳以上 11.95ドル
団体 10ドル

注意点 : 10人以上のグループの入場には団体料金が適用されます。

公式URL :  G RAMMY Museum L.A. LIVE

 

2. ロサンゼルス・タイムズ紙

 

la times

 

ダウンタウン・ロサンゼルスのビジネス街にそびえ立っている建物の1つが「ロサンゼルス・タイムズ紙」です。

ロサンゼルス・タイムズ紙は、130年以上の歴史を持つ、アメリカ国内で最大の日刊新聞です。

 

毎日140万人から240万人もの読者に愛読されており、公式ウェブサイトの訪問者は毎月3900万人にも及んでいます。

ピューリツァー賞を受賞したこともある、由緒ただしき伝統的な新聞社なのです。

 

la times

 

そんなロサンゼルス・タイムズ紙は、一般の人々用に建物の一部を博物館仕様にしています。

以前使用されていた巨大な印刷機や、新聞記事の元となる金属板、過去のビッグニュースについて書かれた新聞記事のギャラリーなどを見ることができますよ。

1世紀以上にも渡ってアメリカや世界の最新の情報を発信しているエネルギーと技術を見た後は、街中で見かけるロサンゼルス・タイムズ紙を見る目が変わるかもしれません。

 

ロサンゼルス・タイムズ紙の観光情報

 

住所 : 202 West 1st Street, Los Angeles, California 90012

アクセス : ロサンゼルス国際空港より車で25分、公共交通機関で1時間

電話番号 : (213) 283-2274

定休日 : なし

営業時間 : 

月曜日から金曜日 7:00~17:00
土曜日から日曜日 7:00~12:00
祝日 7:00~11:00

料金 : なし

公式URL : Los Angeles Times

 

3. ステープルズ・センター

 

staples

 

「ステープルズ・センター」といえば、アメリカ国内で最も有名なコンサート会場の1つです。

「世界のスポーツとエンターテインメントの中心」として活躍しており、ロサンゼルスで行われるコンサートや試合の多くがこちらで開催されています。

 

これまでに、ローリング・ストーンズやポール・マッカートニー、ケイティ・ペリーやU2など、世界的に有名なアーティストたちがステープルズ・センターでコンサートを行ってきました。

先ほどご紹介したグラミー賞の授賞式も、こちらで行われています。

 

また、NBAやNHLのオールスターゲームやフィギュアスケートの世界選手権も開催されるなど、音楽だけでなく様々なスポーツの試合会場としても頻繁に使用されています。

ロサンゼルスを訪れた際は、年間で400万人以上が訪れているステープルズ・センターでコンサートを楽しんだりバスケットボールの試合を観戦したりするのも良いですね。

 

ステープルズ・センターの観光情報

 

住所 : 1111 S. Figueroa Street, Los Angeles, CA 90015

アクセス : ロサンゼルス国際空港より車で20分、公共交通機関で1時間10分

電話番号 : (213) 742-7100

定休日 : なし

営業時間 :

月曜日から金曜日  :  イベントがある日 10:00からイベント開始の30分前、イベントがない日 10:00~18:00
土曜日から日曜日  :  イベントがある日 10:00からイベント開始の30分前

料金 : イベントの内容によって異なります。

公式URL :   STAPELS Center

 

4. チャイナタウン

 

china town

 

移民の国アメリカの中でも特にアジア系の移民が多く住んでいるカリフォルニアですが、その中でもロサンゼルスの中心街には多くの中国系移民が生活をしており、彼らは「チャイナタウン」を形成しています。

チャイナタウン一帯には、「パゴダ」と呼ばれる、仏教やヒンドゥー教のお寺などを模したデザインのカラフルな建物が立ち並んでいます。

建物の周りには赤いちょうちんがいくつもあり、どことなく映画「千と千尋の神隠し」の夜店らしさを感じさせます。

 

china town

 

伝統的な中国料理を楽しめるレストランや、仏教のお寺、ギャラリー、中国語が飛び交うバーなどがあり、小さなコミュニティではあるものの1日中楽しむことができます。

アジアの食材を比較的安価で購入することもできるので、自炊しながら観光をしたいという方にもオススメですよ。

 

チャイナタウンの観光情報

 

住所 : Chinatown, Los Angeles, CA

アクセス : ロサンゼルス国際空港より車で30分、公共交通機関で1時間

 

5. リトル・トーキョー

 

little tokyo

 

チャイナタウンのすぐ隣にある日系人コミュニティが「リトル・トーキョー」です。

20世紀のはじめにできたこちらのエリアは、現在は北アメリカで最も大きい日系アメリカ人のコミュニティとなっています。

また、1955年にはアメリカ合衆国国定歴史建造物地区に指定されました。

 

リトル・トーキョーでは、美味しい日本食レストランはもちろん、本願寺や日本食スーパーなど、アメリカにいながら日本にいるかのような気持ちになれる場所がたくさんあります。

また、全米日系人博物館など日系アメリカ人の歴史や文化を学ぶことができる場も設けられています。

 

little tokyo

 

毎年8月には、「二世ウィーク」と呼ばれるイベントが開催されており、パレード・コンテスト・展示会・コンサートなどを通して日本文化を身近に触れることができます。

アメリカの中の日本人・日系人の生活スタイルを垣間見ることができる人気のイベントです。

 

多くのお店では日本語が通じる人が働いているので、英語に自信がないという方でも安心して買い物や注文ができるでしょう。

ロサンゼルス観光中に日本食・日本文化が恋しくなったら、ぜひ訪れてほしい観光スポットです。

 

リトル・トーキョーの観光情報

 

住所 : Little Tokyo, Los Angeles, CA

アクセス : ロサンゼルス国際空港より車で30分、公共交通機関で1時間

 

 


<ハリウッド>

 

ロサンゼルスといえば「ハリウッド」というほど、毎日国内外から多くの観光客が訪れています。

シアターやおみやげ屋さんが数え切れないほど並んでおり、道路には大道芸人も頻繁に見受けられます。

活気と熱気に満ちあふれたハリウッドは、ロサンゼルス観光で必ず訪れてほしいエリアです。

 

1. ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム

 

fame

 

ハリウッドを訪れる観光客のほとんどが楽しみにしているであろう観光スポットが「ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム」です。

日本語では「名声の歩道」と呼ばれることもあるこちらの観光スポットは、それぞれ、ハリウッド通り  (Hollywood Boulevard)  の上をおよそ2キロメートル、バイン通り  (Vine Street)  の上をおよそ650メートルに渡り、著名人の名前が入ったピンク色のスターが並んでいます。

スターの数は全部で2,600を超え、最近では2018年のはじめにミニー・マウスが2,674個目のスターを贈られています。

 

fame

 

ミニー・マウスの他にも、俳優のスカーレット・ヨハンソンやスヌーピーの作家のチャールズ・シュルツ、映画監督のジョン・ラセターなど、映画・テレビ・音楽といったメディア業界に貢献してきた著名人がスターを贈られています。

日本の缶コーヒーのテレビコマーシャルでもおなじみの「宇宙人」トミー・リー・ジョーンズのスターも見つけました。

お気に入りの俳優やキャラクターのスターを見つけに行ってみてはいかがですか?

 

ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームの観光情報

 

住所 : 202 West 1st Street, Los Angeles, California 90012

アクセス : ロサンゼルス国際空港より車で45分、公共交通機関で1時間20分

電話番号 : (323) 469-8311

公式URL : Hollywood Walk of Fame

 

2. ハリウッドランド・エクスペリエンス

 

souvenir

 

「ハリウッドランド・エクスペリエンス」は、ハリウッドを訪れたらぜひ寄ってほしいおみやげ屋さんです。

お店の外からでもよく見える、天井からぶら下がったカラフルな「HOLLYWOOD」の文字が目印です。

 

店内にはハリウッド関連の商品が何種類も取り揃えられており、帽子やTシャツ、キーホルダーなど様々なアイテムが置かれています。

素晴らしい映画作品や映画監督、俳優たちを讃えるアカデミー賞はご存知の方が多いと思いますが、アカデミー賞で贈られる通称「オスカー」と呼ばれるトロフィーを模した置き物も、ご覧の通りずらりと並んでいます。

 

stars

 

オスカーの下の部分には「ベストOO賞」と書かれており、「ベストルームメート賞」や「ベストガールフレンド賞」など、こちらも豊富なバラエティがあります。

日本の家族に「ベストファミリー賞」を買ってあげたり、上司に「ベストボス賞」をプレゼントしたりなんていうのも面白いですね。

 

ハリウッドランド・エクスペリエンスの観光情報

 

住所 :  6906 Hollywood Blvd, Los Angeles, CA 90028

アクセス : ロサンゼルス国際空港より車で45分、公共交通機関で1時間20分

 

3. ワーナー・ブラザーズ・ツアー

 

studio

 

ウォーク・オブ・フェイムやハリウッドランド・エクスペリエンスがあるハリウッドの中心地から車で15分ほどのところにある映画・テレビスタジオが「ワーナー・ブラザーズ・スタジオ」です。

こちらのスタジオでは、「ハリー・ポッター」シリーズや、悪党たちが世界を守る「スーサイド・スクワッド、」レオナルド・デカプリオが主演した「インセプション」などの、超がつくレベルの人気映画が製作されてきました。

 

また、映画だけでなく「フレンズ」や「ビッグバン・セオリー・ギークなボクらの恋愛法則」といった有名なテレビ番組も多数収録されています。

そんなワーナー・ブラザーズ・スタジオの、テレビや映画の画面越しには見ることができない裏側を見学することができるのが「ワーナー・ブラザーズ・ツアー」なんです。

 

studio

 

ツアーでは、ユーモアと知識がたっぷりのガイドと一緒に、撮影スタジオや保管庫などを見学することができます。

ハリー・ポッターが撮影で実際に使用していた杖やメガネ、バットマンの歴代マスクなど、お宝アイテムが目白押しです。

 

その他、学校やヨーロッパの街並みなどといった異なる種類の撮影スタジオに実際に足を踏み入れることができます。

もちろん、現在も現役のスタジオとして活躍しているため、収録中の映画やテレビ番組のすぐ近くを通ることもあります。

そんなときは、運が良ければ俳優や監督の声が聞こえるかもしれません。

 

ワーナー・ブラザーズ・ツアーの観光情報

 

住所 : 202 West 1st Street, Los Angeles, California 90012

アクセス : ロサンゼルス国際空港より車で45分、公共交通機関で1時間40分

電話番号 : (877) 492-8687

定休日 : 6月2日・3日

営業時間 : 8:30~16:30

料金 :

スタジオ・ツアー 13歳以上  :  65ドル、8歳から12歳  :  55ドル
クラシックス・ツアー 13歳以上  :  75ドル、8歳から12歳  :  65ドル
デラックス・ツアー 8歳以上  : 295ドル

駐車料金  :  車1台につき12ドル

注意点 :

デラックス・ツアーは毎週金曜日10:00に始まります。
デラックス・ツアーには8歳未満の子どもは参加できません。

公式URL : Warner Bros. Studio Tour Hollywood

 

4. グリフィス・パーク

 

griffith

 

ハリウッドのはずれの丘の上にある「グリフィス・パーク」は、青々とした芝が広がる心地よい公園です。

のんびりとピクニックをしている家族連れやカップルの姿を見かけることもしばしばです。

 

公園としても人気ですが、観光客にはあの有名な山に書かれた「HOLLYWOOD」のサインを見ることができることで非常に人気となっています。

たしかに、ハリウッドまで行ったら「HOLLYWOOD」サインと写真を撮りたいですよね。

 

griffith

 

そんなグリフィス・パークにある「グリフィス展望台」は、ハリウッドの美しい街並みを360度楽しむことができると話題の展望台です。

展望台を訪れるのに特にオススメの時間帯は日暮れごろで、オレンジ色に染まった空をバックグラウンドにキラキラと輝くハリウッドの街を見ることができます。

 

また、山の反対側にゆっくりと沈んでいく夕日の美しさには心が洗われるようです。

公園がある丘の上に到達するまでは少し大変かもしれませんが、丘の頂上に建つグリフィス展望台から見える景色は頑張って登る価値ありです!

 

グリフィス・パークの観光情報

 

住所 : 4730 Crystal Springs Dr, Los Angeles, CA 90027

アクセス : ロサンゼルス国際空港より車で50分、公共交通機関で1時間50分

電話番号 : (323) 644-6661

定休日 : なし

営業時間 : 毎日24時間

料金 : 無料

公式URL : Griffith Park

 

 

<ビバリーヒルズ>

 

地価が高くお金持ちが住んでいることで有名な高級住宅街「ビバリーヒルズ」。

1990年から2000年にかけてNHKで放送された「ビバリーヒルズ高校白書」「ビバリーヒルズ青春白書」というアメリカのテレビドラマの舞台としてご存知の方もいらっしゃるかと思います。

近所を歩いているハリウッド俳優や歌手など、有名人に会えるチャンスがあるかも!?

 

1. オリジナル・ファーマーズ・マーケット

 

market

 

「オリジナル・ファーマーズ・マーケット」は、ビバリーヒルズの中心地から車で10分ほどのところにあるローカルマーケットです。

1930年ごろに、20を超える地元の農民や酪農家たちが集まって「ビレッジ」と呼ばれるローカルマーケットがオープンしました。

 

以降マーケットはその規模を拡大し続け、現在では100を超えるお店が出品しています。

また、写真に映っている時計台は、1948年に建てられて以来半世紀以上もの間、マーケットのシンボルとして愛されて続けています。

 

market

 

マーケットでは、ピザ・サンドイッチ・チョコレート・ケーキなど、美味しいグルメが待っています。

ジャズやカントリーミュージックなどのライブコンサートも行われているので、音楽を楽しみながら食事をするのもオススメです。

料理の他にも、お肉や野菜など新鮮な食材も販売されています。

「フレッシュな地元の食材で料理を作りたい!」という料理好きな方は、ぜひこちらのマーケットで買い物をして行ってくださいね。

 

オリジナル・ファーマーズ・マーケットの観光情報

 

住所 : 6333 W 3rd St, Los Angeles, CA 90036

アクセス : ロサンゼルス国際空港より車で30分、公共交通機関で1時間45分

電話番号 : (323) 933-9211

定休日 : なし

営業時間 :

月曜日から金曜日 9:00~21:00
土曜日 9:00~20:00
日曜日 9:00~19:00

公式URL : the Original Farmers Market

 

2. ロサンゼルスカウンティー美術館

 

museum

 

オリジナル・ファーマーズ・マーケットから歩いておよそ10分のところにある「ロサンゼルスカウンティー美術館」は、アメリカ西海岸最大の美術館です。

「Los Angeles Country Museum of Art」というのが正式名称ですが、略して「LACMA」という愛称で呼ばれることもあります。

 

1965年にオープンして以来、絵画・映像・写真・彫刻など様々なスタイルのアート作品を展示してきました。

カリフォルニアの歴史や地理からインスパイアされた作品や、作者の内面を映し出すような感情的な作品など、合計で135,000点以上のアート作品が日々人々を感動させています。

 

museum

 

館内だけに限らず、美術館の外の広場にもいくつかのアート作品が展示されており、写真のように「体験型」の作品もあります。

子どもも楽しめる作品が多いのは、家族連れには嬉しいポイントですよね。

カリフォルニアの暖かな太陽を感じながらアートを楽しみたいという方にオススメしたい美術館です。

 

ロサンゼルスカウンティー美術館の観光情報

 

住所 : 5905 Wilshire Blvd, Los Angeles, CA 90036

アクセス : ロサンゼルス国際空港より車で30分、公共交通機関で1時間30分

電話番号 : (323) 857-6000

定休日 : 水曜日

営業時間 :

月曜日から火曜日・木曜日 11:00~17:00
金曜日 11:00~20:00
土曜日から日曜日 10:00~19:00

料金 :

18際から64歳 25ドル
学生・65歳以上 21ドル

注意点 : チケットはメンバー割引があります。

公式URL : Los Angeles  County Museum of Art

 

3. セレブのお家巡りツアー

 

house

 

先ほどもご紹介した通り、ビバリーヒルズにはお金持ちがたくさん住んでいます。

テレビや映画でよく見る有名人たちも例に漏れず、ビバリーヒルズの高級住宅でセレブな生活を送っています。

以下は、ビバリーヒルズに自宅を持っている有名人のうちの3名です。

 

  • ジャスティン・ビーバー  :  自身が歌っているビデオをYouTubeに投稿したことで一気に人気となった彼は、若干24歳にしてビバリーヒルズに大きな家を持っています。
  • ライオネル・リッチー  :  歌手や音楽プロデューサーとして才能を発揮している彼は、マイケル・ジャクソンと一緒に「ウィー・アー・ザ・ワールド」という曲を作ったことでも知られています。まだ数少ない黒人ポップスターのうちの1人です。
  • フィル・コリンズ  :  イギリスのミュージシャンである彼も、ビバリーヒルズに住んでいます。ちなみに、娘で俳優のリリーコリンズは、「ビバリーヒルズ青春白書」に登場しています。

 

他にも多くの有名人がビバリーヒルズに自宅を構えています。

そんなビバリーヒルズにあるセレブの住宅を見てまわることができる「ハリウッド・セレブリティ・ホームズ・ツアー」が、「スターライン・ツアー」という会社によって開催されています。

こちらの2時間のツアーでは、ビバリーヒルズに住むセレブのお家に加え、「ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム」などの有名観光スポットを訪ねることができます。

セレブの自宅を一目見てみたいという方は、ぜひ参加してみてくださいね。

 

ハリウッド・セレブリティ・ホームズ・ツアーの観光情報

 

住所 : 6925 Hollywood Blvd., Los Angeles, CA 90028

アクセス : ロサンゼルス国際空港より車で40分、公共交通機関で1時間20分

電話番号 : (800) 959-3131

定休日 : なし

営業時間 :毎日 15分ごと

料金 :

12歳以上 45ドル
3歳から11歳 35ドル

公式URL : Star Line Tours


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(511)
北海道・東北(43)
  北海道(26)
  青森(3)
  岩手(2)
  宮城(7)
  秋田(1)
  山形(3)
  福島(1)
関東(173)
  埼玉(7)
  千葉(12)
  東京(96)
  神奈川(37)
  茨城(4)
  栃木(7)
  群馬(5)
  山梨(5)
甲信越・北陸・東海(76)
  長野(11)
  新潟(7)
  富山(3)
  石川(13)
  福井(1)
  岐阜(5)
  静岡(22)
  愛知(7)
  三重(7)
近畿(82)
  滋賀(7)
  京都(31)
  大阪(21)
  兵庫(15)
  奈良(5)
  和歌山(3)
中国・四国(34)
  鳥取(1)
  島根(5)
  岡山(8)
  広島(8)
  山口(3)
  徳島(2)
  香川(4)
  愛媛(1)
  高知(2)
九州・沖縄(69)
  福岡(13)
  佐賀(2)
  長崎(7)
  熊本(11)
  大分(9)
  宮崎(2)
  鹿児島(8)
  沖縄(17)

国外エリア一覧

東南アジア(19)
ヨーロッパ(56)
東アジア・中国・台湾(19)
南アジア・インド・ネパール(2)
中近東(6)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(9)
オセアニア(9)
アフリカ(2)
北米(17)
中南米(5)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(541)
イベント情報(368)
ショッピング・買い物・お土産(473)
ビジネス・出張(164)
ロケ地、舞台(170)
世界遺産(127)
乗り物・交通・アクセス(612)
宿・旅館・ホテル(178)
旅行準備(430)
歴史・豆知識(728)
温泉・スパ(152)
絶景(445)
聖地巡礼(30)
観光旅行(680)
食事・グルメ(537)
おすすめ/ランキング(595)
デート(577)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(427)
ツアー/旅程(242)
海水浴場・ビーチ・リゾート(64)

人気記事ランキング