logo

top > 北米 > アメリカ > ニューヨーク

ニューヨークを訪れたら外せない!体験者がオススメする観光スポット37選





アメリカ合衆国の東海岸に位置するニューヨーク州。
経済・金融・政治・文化・音楽・ファッションなど、様々な面で世界リードしています。

また、ニューヨーク州は、観光地としても世界的に人気です。
特に「自由の女神」や「タイムズ・スクエア」などがあるニューヨーク市には毎年多くの観光客で賑わっており、2017年にはおよそ6,300万人もの人が訪れました。

こちらの記事では、そんな「ザ・観光スポット」なニューヨーク市の中でも特に人気がある、マンハッタンでオススメの観光スポットをエリア別にご紹介いたします!

【目次】ニューヨークを訪れたら外せない!体験者がオススメする観光スポット37選

 

1ページ目 :

 

アメリカの中心、ニューヨークを観光しよう!

ニューヨーク州の基本情報

ニューヨーク州の歴史

ニューヨーク州の気候・自然

ニューヨーク州の交通機関

 

< ニューヨークでオススメの食べ物は? >

リトル・カップケーキ・ベイクショップ

ジェルソー・アンド・グランド

ベニトー・ワン

ゴンチャ

ポケ・ボウル

ビブレ・アンド・シップ

ハラール・ガイズ

 

2ページ目 :

 

ニューヨーク州・マンハッタンでオススメの観光スポットは?

< ダウンタウン・マンハッタンのオススメ観光スポット >

ナショナル・セプテンバー・11 メモリアル

ナショナル・セプテンバー・11 メモリアル・ミュージアム

ワールド・トレード・センター駅

ワン・ワールド・オブザーベトリー

ザ・ハイライン

ブルックリン橋

ウォール街

チェルシー・マーケット

チャイナタウン

リトル・イタリー

イタリアン・アメリカン・ミュージアム

ニューヨーク公共図書館

自由の女神像

エリス島移民博物館

 

3ページ目 :

 

< ミッドタウン・マンハッタンのオススメ観光スポット >

エンパイア・ステート・ビルディング

ロックフェラー・センター

タイムズ・スクエア

ブロードウェイ・シアター

マディソン・スクエア・ガーデン

グランド・セントラル駅

MoMA

ブライアント・パーク

国際連盟本部

ヘルズ・キッチン

イントレピッド 海上航空宇宙博物館

セント・パトリック大聖堂

 

4ページ目 :

 

< アップタウン・マンハッタンのオススメ観光スポット >

セントラル・パーク

ストロベリー・フィールズ

トランプ・ウォールマン・リンク

セントラル・パーク動物園

アメリカ自然史博物館

メトロポリタン美術館

リバーサイド・パーク

さくら・パーク

リンカーン舞台芸術センター

アポロ・シアター

ヤンキー・スタジアム

 

アメリカの中心、ニューヨークを観光しよう!

 

nyc

 

アメリカ合衆国本土の北東部に位置しているニューヨーク州は、国内や世界の経済や政治、さらに文化や流行などの中心地です。

観光地としても繁栄しており、ブロードウェイや自由の女神など、多くの有名観光スポットがあります。

日本でも人気となった「マダガスカル」や「華麗なるギャッツビー」など、人気映画やドラマの舞台もニューヨーク州ですよね。

 

そんな季節や昼夜を問わず国内外から観光客が訪れているニューヨーク州ですが、いったいどんな場所なのか気になっている方がいらっしゃることと思います。

そこで!オススメの観光スポットをご紹介する前に、まずはニューヨーク州がどのような場所なのかを、簡単にご紹介したいと思います。

世界屈指の人気観光地であるニューヨーク州の歴史や交通事情について知っておくと、実際にニューヨーク州を訪れた際にさらに楽しく観光ができるかもしれません。

 

 


ニューヨーク州の基本情報

 

nyc

 

ニューヨーク州の人口はおよそ2000万人で、この数字は 中国 の首都である北京市の人口とほぼ同じです。

ニュージャージー州・ペンシルベニア州・コネチカット州・マサチューセッツ州・バーモント州の5州と隣り合っており、カナダとも国境を接しています。

 

ニューヨーク州は全部で27の行政区に分かれており、州の中心都市であるニューヨーク市は、ブルックリン・ブロンクス・マンハッタン・スタテンアイランド・クイーンズという5つの行政区から成り立っています。

また、ニューヨーク市の人口はおよそ8万5000人にも上っており、ニューヨーク市はアメリカ国内で最も大きな都市、安全な都市ランキングの第10位に選ばれたこともあります。

 

地下や物価はアメリカの他の地域と比べて非常に高く、ハワイやカリフォルニアと並んでアメリカ国内で最も生活費がかかる州の1つです。

どのくらい高いのかというと、たとえば2018年2月の時点で、ニューヨーク市のマンハッタンで2ベッドルームのアパートを借りる場合の家賃の平均相場はおよそ3,900ドル、日本円にしておよそ41万8,000円にもなるのです!

東京都港区の2ベッドルームのアパートの平均家賃が20万円程度ですので、マンハッタンの家賃は港区の家賃のおよそ2倍にもしてしまうんですね!

 

 

ニューヨーク州の歴史

 

nyc

 

「ニューヨーク」という名前は、当時イングランド・スコットランド・アイルランドの王であったヨーク公ジェームズが、1663年に現ニューヨーク州辺りの土地を植民地化したことから名付けられました。

以来、印紙法などといったイギリス側からの厳しい法律や制限に耐えてきた13植民地の愛国主義者たちは、「自由の息子たち」という愛国主義グループを立ち上げて、ニューヨークを中心に活動しました。

「自由の息子たち」はボストン茶会事件を引き起こしたほか、イギリス軍とアメリカ独立戦争においても重要な役目を果たしました。

 

1776年にアメリカが イギリス から独立を宣言してから12年後の1788年、「アメリカ合衆国建国の父」の1人であるアレクサンダー・ハミルトンに率いられ、アメリカ合衆国第11番目の州「ニューヨーク州」が誕生しました。

以来、ニューヨーク州は世界中の多くの国と地域からの移民を受け入れてきています。

「人種のるつぼ」というニックネームで呼ばれている通り、ニューヨーク州には異なる文化・言語・宗教などが共存し、政治・金融、経済・ファッション・音楽など多岐にわたり、アメリカ国内はもちろん世界中の中心地として発展しています。

 

 


ニューヨーク州の気候・自然

 

nyc

 

ニューヨーク州は最大で南北およそ550キロメートルにも渡っており、地域によって気候区分が異なります。

タイムズ・スクエアなどの観光名所が集まるニューヨーク市の気候は、日本の 東京 大阪 と同じ「温暖湿潤気候」ですが、その他のほとんどの地域は「湿潤大陸性気候」に分けられており、これは 北海道 や東北地方の気候区分と同様です。

そのため、夏はニューヨーク市近辺は湿度が高くなりがちで、ジメジメとした蒸し暑い日々が続くことが多く、州のその他の地域では基本的には過ごしやすい天気が続きます。

 

反対に、冬の時期は気温がマイナス20度ほどまで下がることがよくあり、吹雪や豪雪に見舞われることも多いです。

特に昨年から今年にかけては、ニューヨーク州を含む東海岸の一部の地域がここ数年で最大の寒波に襲われ、ニューヨーク市では3月中旬になっても吹雪の影響で学校が休みになったりフライトが取りやめになったりと大きな被害を受けていました。

 

そんなニューヨーク州は、ニューヨーク市付近の影響で大都会のイメージが強いと思いますが、実は州の多くは緑豊かな自然があふれる場所です。

たとえば日本の大都会・東京は、中心部から少し離れれば山や渓谷があったり、23区辺りにも自然にあふれた公園があったりしますよね。

それと同様に、ニューヨーク州でも都会から離れれば山や森などがありますし、都心部でも、高層ビルや住宅街の中に自然公園や街路樹が多くあるため、花々や野鳥などを身近に感じることができます。

 

 

ニューヨーク州の交通機関

 

Bus

 

①地下鉄  

 

ニューヨーク州、特にニューヨーク市周辺などのニューヨーク州中心部では、地下鉄を使用するのが最も一般的な移動方法と言って良いでしょう。

「ニューヨーク・シティ・サブウェイ」の特徴の1つは、東京の地下鉄と異なり24時間運行している点です。

始発や終電を気にすることなく、朝早くから夜遅くまでニューヨーク観光を楽しめるので嬉しいですよね。

 

さらに、隣の駅で降りても10駅先まで乗っていても、乗車賃は変わらず2.75ドルとなっています。

日本で地下鉄に乗るときと同様の手順で、改札付近で「メトロカード」というものを購入しそれを改札に通すことでホームに入ることができます。

乗車賃が一定のため、カードを改札に通した時点で2.75ドルが引かれる仕組みになっているので、電車を降りホームから出る際はカードは必要なく、改札ではレバーを押すだけで外に出られます。

 

メトロカードには、使い捨てタイプ・チャージタイプ・定期タイプの3種類があります。

使い捨てタイプのカードは「シングル・ライド」と呼ばれ、最初の乗車から2時間は乗り降りがし放題となっています。

なお、シングル・ライドの運賃は3ドルです。

 

チャージタイプのカードは、5.5ドルから80ドルまで好きな金額のカードを購入することができ、カードの残額が少なくなってきたらお金をさらにチャージすることができます。

定期タイプのカードは、7日間乗り降りし放題のものと30日間乗り降りし放題のものがあります。

たとえば1週間程度ニューヨーク中心部を観光する場合であれば、7日間乗り降りし放題の定額カードを購入すると1番お得だと思います。

ちなみに、日本の「SUICA」や「PASMO」と同じように、メトロカードは地下鉄だけでなく、以下でご紹介する路線バスでも使用が可能となっています。

 

ニューヨーク市地下鉄の基本情報

 

営業時間 : 24時間365日

料金 : 2.75ドル

使用方法 : メトロカードを購入してください

 

メトロカードの基本情報

 

料金 : 3ドル〜

 

②路線バス

 

クモの巣のように入り組んだ地下鉄と共に、ニューヨーカーの足として重宝されているのが路線バスです。

現金の他に、地下鉄でも使えるメトロカードの利用が可能なので簡単に乗り降りできます。

 

日本とは違い、2時間までなら1回分の乗車賃でバスや地下鉄が何度でも乗り降りできるので大変便利です。

1日にたくさんの場所を訪れたい観光客にとっては、なんとも嬉しいシステムですよね。

普通のバスと特急のバスの2種類があり、値段が異なりますのでご注意ください。

 

路線バスの基本情報

 

料金 :

普通バス運賃 2.75ドル
特急バス運賃 6.5ドル

使用方法 : 現金を使用するか、メトロカードを購入してください

注意  :  現金を使用する際は、1セント硬貨及びお札は使用できません

 

③タクシー

 

ニューヨーク市を中心に長年活躍しているのが、黄色い車体で有名なタクシーです。

ニューヨークを題材とした写真や、絵画に黄色いタクシーが入っているのを見たことがある方も多いと思います。

 

他の交通機関に比べ値は張りますが、目的地まで他の乗客を気にすることなく座って移動できるなど、タクシーならではの長所がありますよね。

以下の電話番号でタクシーを呼ぶこともできますし、オンラインで来て欲しい時間と場所などを書き込み予約をすることも可能となっています。

 

タクシーの基本情報

 

電話番号  :  (800) 609-8731

料金 : 5ドル〜

 

④ウーバー

 

ニューヨーク市をはじめとするアメリカ国内の大都市部で人気の交通手段となってきているのがウーバーです。

ウーバーの最大の特徴は、一般の人が自分の車を使用して、休日や空いた時間にお客さんを目的地まで送り届けるというシステムです。

ウーバーを使用したい人は専用のアプリをダウンロードし、好きな時間に好きな場所に車を呼ぶことが可能です。

 

タクシーに比べて低い運賃で乗れたり、真夜中でもアプリで簡単に車をオーダーできたりといった利便性から、ウーバーが新たな交通手段として浸透し始めています。

ニューヨークの観光中に一度は試してみても良いかもしれません。

 

ウーバーの基本情報

 

営業時間 : 24時間365日

料金 : 1ドル〜

使用方法 : ウーバーの専用アプリをダウンロードしてください

 

フェリー

 

ニューヨーク市を訪れたらぜひ乗ってみてほしい交通機関が、ブルックリン・マンハッタン・クイーンズの3行政区を結ぶフェリーです。

ハドソン川や海に囲まれているニューヨーク市では、フェリーが便利な交通手段として活躍しています。

運賃が3ドル以下とお手頃なのも人気の理由です。

さらに、身長が44インチ  (およそ111センチ)  以下の子どもは無料で乗船することができます。

 

チケットはウェブサイトや専用のアプリで購入することもできますし、チケット販売機の購入も可能です。

ニューヨークにいる間に、フェリーに乗ってニューヨークの街並みを水の上から眺めるなんていうおしゃれなことをしてみるのもオススメですよ!

 

フェリーの基本情報

 

料金 :

大人  :  2.75ドル〜 
自転車持ち込み  :  1ドル
30日定期券  :  121ドル
30日定期券・自転車持ち込み可  :  141ドル

 

 


< ニューヨークでオススメの食べ物は? >

 

リトル・カップケーキ・ベイクショップ

 

cupcake

 

アメリカで有名なスイーツといえばカップケーキですよね!

事実、アメリカではスーパーマーケットやカフェ、レストランなど様々なお店でカップケーキが販売されています。

 

もちろんニューヨークにも多くのカップケーキ屋さんがあるのですが、「リトル・カップケーキ・ベイクショップ」は特に人気のカップケーキ専門店です。

白やパステルカラーを基調とした可愛らしい店内に入るとすぐに、ガラス越しに並んでいる色とりどりのカップケーキに目を奪われること間違いなし!

 

cupcake

 

「サザン・レッド・ベルベット」や「ココナッツ・クラウド」、「ドリーミング・プリンセス」をはじめとした20種類近くものカップケーキが日々販売されています。

カップケーキの他にもケーキ・パイ・アイスクリームなどを提供しており、お店自慢のチョコレートケーキが「アメリカで1番のチョコレートケーキ」に選ばれたこともあるんです。

また、食材はできるだけ地元のものを使用したり、遺伝子組み換えのものを避けたりと、見た目や味だけではなく、使用する素材にもこだわっています。

 

リトル・カップケーキ・ベイクショップのグルメ情報

 

住所 : 

PRINCE STREET: 30 Prince Street, New York, NY 10012
THIRD AVENUE: 9102 Third Avenue, Brooklyn, NY 11209
VANDERBILT AVENUE: 598 Vanderbilt Avenue, Brooklyn, NY 11238

アクセス : いずれも、JFK国際空港から車でおよそ35分、電車でおよそ1時間15分

電話番号 :

PRINCE STREET: (212) 941-9100
THIRD AVENUE: (718) 680-4465
VANDERBILT AVENUE: (718) 783-0770

定休日 : なし

営業時間 :

PRINCE STREET:

月曜日から木曜日 7:30~23:00
金曜日 7:30~24:00
土曜日 8:00~24:00
日曜日 8:00~23:00

THIRD AVENUE: 

月曜日から金曜日 6:30~23:00
土曜日・日曜日 8:00~23:00

VANDERBILT AVENUE: 

日曜日から木曜日 8:00~22:00
金曜日・土曜日 8:00~23:00

料金 : 3ドル〜

公式URL : Little Cupcake Bake Shop

 

 


ジェルソー・アンド・グランド

 

italian

 

「リトル・イタリア」で人気を集めているイタリアンレストランが「ジェルソー・アンド・イタリアン」です。

店内の造りはオープンキッチンのデザインとなっているので、注文した料理が出来上がっていく工程を、料理を待ちながら見ることができます。

また、お店のすぐ外にもテーブル席が用意されているので、天気が良い日には暖かな日差しの中で料理を楽しむこともできます。

 

パスタやグリル料理などが提供されていますが、やはりオススメのメニューは本場の味が感じられるピザです。

レンガ造りの本格的なピザ窯を使用して焼かれたピザは絶品で、一口食べればこちらのお店が人気な理由が分かるはずです。

 

ジェルソー・アンド・イタリアンのグルメ情報

 

住所 : 186 Grand Street, NY, NY 10013

アクセス : 

電話番号 :(212) 226-1600

定休日 : なし

営業時間 :

日曜日から木曜日 11:00~1:00
金曜日・土曜日 11:00~2:00

料金 : 3ドル〜

注意点 : 予約は、電話・オンライン・メールから行うことができます。

公式URL :  Gelso & Grand

 

 

ベニトー・ワン

 

beinto one

 

リトル・イタリアには「ジェルソー・アンド・イタリアン」の他にも、アメリカ国内屈指の本格的で美味しいイタリア料理を楽しめるレストランがいくつもあります。

中でも、今年で50周年を迎える「ベニトー・ワン」は、1968年のオープン時からほとんど変わっていない、伝統的なイタリア料理のメニューが地元の住民や観光客から愛され続けています。

店内の壁にかけられている写真は、店主の家族と両親・祖父母・曾祖父母なんだそうで、50年の長い歴史を象徴していますね。

 

前菜からデザートまで何種類ものメニューが提供されていますが、特にオススメのメニューは「チキン・パルミジャーナ」という料理で、大人の手のひらサイズの大きなとり肉に衣をまぶして油であげ、トマトソースとモッツァレラチーズをトッピングした一品です。

濃厚なトマトソースとトローリととろけるモッツァレラチーズの絶妙な組み合わせが、チキンをさらにコク深く贅沢な味わいにしています。

 

ベニトー・ワンのグルメ情報

 

住所 : 174 Mulberry Street, New York NY 10013

アクセス : 

電話番号 : (212) 226-9171

定休日 : なし

営業時間 : 毎日 11:00~22:00

料金 : 7ドル〜

公式URL : Benito One

 

 


ゴンチャ

 

gong

 

アメリカで近年流行している飲み物が、紅茶やジュースにタピオカが入った「バブル・ティー」と呼ばれるドリンクです。

そしてニューヨーカーに大人気のバブル・ティーのお店が「ゴンチャ」です。

マンハッタンでは全部で7つの店舗を経営しており、マンハッタンの観光中にいつでも気軽に訪れることができます。

 

定番のミルクティーやコーヒーの他にも、抹茶やハーブティーなど様々なフレーバーが楽しめます。

また、バブル・ティーの他にもスラッシュやヨーグルトドリンク、さらにはプリン入りのドリンクなども販売されているので、1度の観光中に何度訪れても飽きることがないでしょう。

 

ゴンチャのグルメ情報

 

住所 :

New York- Manhattan  :  160 E. 44th Street, New York, NY 10017
New York - Midtown  :  75 West 38th Street New York, NY 10018
New York - Koreatown  :  12 W 32nd Street, New York, NY 10001
New York - Union Square  :  209 East 14th Street, New York, NY 10003
New York - Chinatown  :  72 Bayard Street, New York NY 10013
New York - Chinatown  :  1 Catherine Street, New York NY 10038
New York- Manhattan  :  Fulton Center, 200 Broadway, New York, NY 10038

アクセス : いずれもJFK国際空港から車でおよそ30分、電車でおよそ1時間10分

電話番号 :

New York- Manhattan  :  (646) 707-3375
New York - Midtown  :  (212) 398-2716
New York - Koreatown  :  (646) 998-4362
New York - Union Square  :  (212) 777-7286
New York - Chinatown  :  (646) 726-4940
New York - Chinatown  :  (212) 343-7019
New York- Manhattan  :  Coming Soon

定休日 : なし

営業時間 : 毎日 10:30~21:30

料金 : 5ドル〜

公式URL : Gong Cha

 

 

ポケ・ボウル

 

poke

 

ニューヨーク観光中に日本食、特に生魚が恋しくなってきたら、「ポケ・ボウル」で食事をするのがオススメです。

「ポケ」とは、ハワイ語で「切り身」を意味しており、魚介類の切り身と野菜や海藻などを混ぜて味付けしたハワイ料理のことです。

 

そんなポケをご飯や海藻の上に盛ったものが「ポケ・ボウル」と呼ばれており、その美味しさやヘルシーさから、近年ニューヨークなどの大都市をはじめとしてアメリカの多くの地域で人気となってきているのです。

「ポケ・ボウル」で人気のメニューは、「ホノルル・サーモン」と呼ばれるサーモンが中心のポケ・ボウルや、ハラペーニョなどでピリ辛に味付けされた、メキシカンスタイルの「ナチョ・サプリーム」というものなどがあります。

 

poke

 

人気メニューも良いですが、オススメなのは自分好みの材料のみで作ったオリジナルのポケ・ボウルです。

作り方は簡単で、カウンターの端から順に、お米・魚介類・トッピング・ドレッシングを選ぶだけ。

 

魚介類には、マグロやサーモンなどの定番アイテムの他にも、カニカマや豆腐などから選べます。

トッピングにはキュウリ・マンゴー・エダマメ・海藻・アボカドなどから好きなものをトッピングすることができます。

ドレッシングは、ショウガ・味噌・ポン酢など和風なものも多く取り揃えられているので、日本食が恋しい時にぴったりです。

 

ポケ・ボウルのグルメ情報

 

住所 :

Fidi Location  :  104 Fulton St, New York, NY 10038
Soho Location  :  386 Canal St, New York, NY 10013

アクセス : いずれもJFK国際空港から車でおよそ30分、電車でおよそ1時間10分

電話番号 :

Fidi Location  :  (646) 371-9773
Soho Location  :  (212) 775-8090

定休日 : なし

営業時間 : 毎日 11:00~22:00

料金 : 8ドル〜

注意点 :

公式URL : Poke Bowl

 

 

ビブレ・アンド・シップ

 

Bibble

 

ニューヨークで人気の美味しいスイーツを食べたい!という方にぜひ訪れていただきたいのがアルパカのマークが目印のスイーツ屋さん「ビブレ・アンド・シップ」です。

店内に一歩入るとすぐに、ほんのりとした甘い香りが出迎えてくれます。

 

そんな店内には、ケーキ・スコーン・パフェ・プディング・クッキーなど、様々な種類のカラフルで可愛らしいスイーツがずらりと並んでいます。

甘い香りと可愛い見た目のスイーツたちに誘惑されて、ついつい食べ過ぎてしまうかもしれません。

さらに、ポップな見た目のスイーツたちは「インスタ映え」にもぴったりかも?

 

bibble

 

そんな可愛いスイーツに目が行きがちな店内ですが、「シップ  (= すする)  」という単語が店名に入っているだけあり、こちらのお店ではコーヒーもオススメです。

エスプレッソをすすりながらマンハッタンの街並みをのんびりと眺める・・・なんていうおしゃれな午後の過ごし方もありですよね。

 

ビブレ・アンド・シップのグルメ情報

 

住所 : 253 West 51 Street, New York, NY 10019

アクセス :  JFK国際空港から車で35分、電車で1時間15分

電話番号 : (646) 649-5116

定休日 : なし

営業時間 :

月曜日から金曜日 7:30~20:00
土曜日・日曜日 10:00~20:00

料金 : 3ドル〜

公式URL : Bibble & Sip

 

 

ハラール・ガイズ

 

kebab

 

マンハッタンで黄色と赤色のトラックを見かけたら、それはおそらく「ハラール・ガイズ」でしょう。

「ハラール」とは、イスラム教で「合法的なもの」のことを指しており、イスラム教のルールに沿って正しく処理をされた肉類を含みます。

イスラム教徒はハラールではない肉類や、その脂などを使用した料理を口にすることはできないので、食事がハラールであるかどうかはイスラム教徒にとって非常に重要なポイントです。

 

もともと、「ハラール・ガイズ」の前身であるホットドッグ屋さんが1990年にニューヨーク・シティで経営を始めた当時は、ハラールの肉を使用してはいませんでした。

しかし、当時ニューヨーク・シティでタクシー運転手として働いていた多くのイスラム教徒たちが手軽に食べられるハラールの料理を求めていたことに目をつけ、ホットドッグ屋さんからハラール料理屋さん「ハラール・ガイズ」に転身しました。

以来、イスラム教徒を中心にファンが増え、今ではアメリカのみならずインドネシアやカナダなど世界中で店舗を展開するほどの人気店に成長しています。

 

halal

 

メニューは、肉・野菜・ソースなどの具材がプレートに盛られたプレート料理と、具材をトルティーヤのような生地で巻いた「サンドイッチ」と呼ばれる料理の2種類があります。

肉はチキン・ビーフ・チキンとビーフのコンボ・ファラフェルの4種類から選ぶことができ、オススメはファラフェルです。

 

ファラフェルとは、肉を一切使用せず、代わりにひよこ豆などの野菜を使用して作られた、菜食主義  (ビーガン)  のミートボールです。

ビーガンではあるものの、肉を使用していないのが信じられないほど濃厚な味わいと肉々しい食感で、多くの人を病みつきにしています。

「バクラバ」というイスラム教徒が大好きな甘い焼き菓子も販売しており、こちらもニューヨーカーから人気があります。

 

ハラール・ガイズのグルメ情報

 

住所 :

AMSTERDAM AVE  :  720 Amsterdam Avenue, New York, NY 10025
WEST 53 ST & 7 AVE  :  W 53rd Street & 7th Avenue, New York, NY 10019
WEST 53 ST & 6 AVE (SOUTHEAST CORNER)  :  W 53rd Street & 6th Avenue, New York, NY 10019
EAST 14TH STREET  :  307 E 14th Street, New York, NY 10019

アクセス : いずれもJFK国際空港から車で4およそ40分、電車でおよそ1時間20分

電話番号 :

AMSTERDAM AVE  :  (212) 665-3033
EAST 14TH STREET  :  (212) 533-7707

定休日 : なし

営業時間 :

AMSTERDAM AVE  : 

日曜日から木曜日 10:00~2:00
金曜日・土曜日 10:00~4:00

EAST 14TH STREET  : 

日曜日から木曜日 10:00~4:00
金曜日・土曜日 10:00~5:00

料金 : 3ドル〜

公式URL :  The Halal Guys


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(369)
北海道・東北(32)
  北海道(18)
  青森(2)
  岩手(2)
  宮城(7)
  秋田(1)
  山形(1)
  福島(1)
関東(121)
  埼玉(7)
  千葉(9)
  東京(62)
  神奈川(27)
  茨城(2)
  栃木(5)
  群馬(4)
  山梨(5)
甲信越・北陸・東海(56)
  長野(10)
  新潟(5)
  富山(2)
  石川(7)
  福井(1)
  岐阜(4)
  静岡(14)
  愛知(7)
  三重(6)
近畿(55)
  滋賀(6)
  京都(13)
  大阪(17)
  兵庫(13)
  奈良(4)
  和歌山(2)
中国・四国(28)
  鳥取(1)
  島根(4)
  岡山(6)
  広島(8)
  山口(2)
  徳島(1)
  香川(3)
  愛媛(1)
  高知(2)
九州・沖縄(49)
  福岡(8)
  佐賀(1)
  長崎(5)
  熊本(7)
  大分(7)
  宮崎(2)
  鹿児島(6)
  沖縄(13)

国外エリア一覧

東南アジア(17)
ヨーロッパ(33)
東アジア・中国・台湾(13)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(4)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(7)
オセアニア(7)
アフリカ(2)
北米(10)
中南米(2)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(349)
イベント情報(280)
ショッピング・買い物・お土産(355)
シーン別(477)
ビジネス・出張(158)
ロケ地、舞台(161)
世界遺産(92)
乗り物・交通・アクセス(432)
宿・旅館・ホテル(150)
旅行準備(363)
歴史・豆知識(497)
温泉・スパ(128)
絶景(316)
聖地巡礼(29)
観光旅行(485)
食事・グルメ(405)
ランキング(394)
デート(397)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(288)
ツアー/旅程(147)
海水浴場・ビーチ・リゾート(45)

人気記事ランキング