logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 北海道

道民がおすすめする北海道の人気観光地27選





「北の大地」の愛称で親しまれている北海道。
人口約195万人の政令都市である札幌市を中心に、全道各地の至るところにおすすめ観光スポットがあります。

また、新鮮な魚介類や乳製品、ジンギスカン、ビールなど挙げればキリがないほど魅力溢れたグルメ・食に囲まれており、気候においても四季がハッキリとしていて季節ごとに様々なアクティビティが楽しめることも大きな特徴です。

今回はそんな北海道の定番・人気スポットを札幌近辺、札幌以外、グルメ関連のテーマ別にご紹介していきます。

グルメに観光、デートにおすすめのおしゃれスポットも紹介します!

 

北の大地、北海道。

手つかずの大自然に、おいしい北の幸、広い土地を活かした豊富なアクティビティなど、観光客を惹きつけて離さない魅力でいっぱいです。

ただ、北海道はとにかく広い!なんと83,450k㎡で九州の2倍以上もあります。

 

広大な北海道を旅行する際には、プランを上手く組まないと移動だけで旅行が終わってしまうこと必至です!

そこで今回は、北海道在住経験のある筆者がおすすめスポットを道央・道南・道北・道東の4つのエリアごとにご紹介します。

また、北海道の旅・観光情報についてもっと知りたくなった方はこちらから他の記事も確認してみてください♪

 

TABI CHANNEL:北海道の記事一覧

 

目次:北海道のおすすめ観光地

 

1ページ目 :

 

【道央のおすすめ観光スポット】

1. 札幌駅・札幌ステラプレイス

2. さっぽろ時計台

3. 大通公園

4. 旭山記念公園

5. モエレ沼公園

 

【道央のおすすめグルメ】

1. 白い恋人パーク

2. 北広島三井アウトレットパーク・北海道ロコFARM VILLAGE

3. ツキサップじんぎすかんクラブ

4.札幌ら〜めん共和国

 

2ページ目 :

 

【道南のおすすめ観光スポット】

1. 函館山

2. 五稜郭タワー

3. おたる水族館

4. 北一硝子三号館

 

【道南のおすすめグルメ】

1. ラッキーピエロ ベイエリア本店

2. 北のどんぶり屋 滝波食堂

 

3ページ目 :

 

【道北のおすすめ観光スポット】

1. ニングルテラス

2. 四季彩の丘

3. 白金青い池

4. 旭山動物園

5. 男山酒造り資料館

 

【道北のおすすめグルメ】

1. bi.ble(ビブレ)

2. 自由軒

 

4ページ目 :

 

【道東のおすすめ観光スポット】

1. 知床

2. 日本一の直線道路

 

【道東のおすすめグルメ】

1. 帯広「十勝千年の森」

2.釧路和商市場

3. 六花亭

 


<道央エリア>

 

clark

 

道央は、北海道の経済の中心である 札幌市 を擁し、北海道の面積の約30%を占めるエリア。

人口は北海道全体の6割ほどで、観光や産業も多岐にわたっています。

 

明確な定義づけはされていませんが、本記事では、石狩・空知・胆振・日高の4振興局を道央エリアとしてご紹介したいと思います。

有名な観光地としては、北海道の中心地である札幌、登別温泉のある登別、千歳空港のある千歳、夕張メロンで有名な夕張などがあげられます。

それでは、札幌を中心におすすめの観光地とグルメをみていきましょう♪

 

 

【道央のおすすめ観光スポット】

 


1. 札幌駅・札幌ステラプレイス

 

Sapporo_station

 

北海道旅行のハブである札幌駅と札幌ステラプレイス

 

札幌駅は、北海道各地にアクセスする上でのいわば”ハブ”です。

新千歳空港までJR「快速エアポート」で36分。

北海道の最南・函館までは「スーパー北斗」で最速3時間ほど。

 

とにかく北海道は広大なので、ハブとなる札幌駅を中心に効率良く観光していきましょう!

また、札幌駅にはショッピングまで楽しめるイチオシスポットがあるんです!

それが札幌ステラプレイスです。

 

ショッピングも楽しめる札幌ステラプレイスとは

 

札幌ステラプレイスはJR札幌駅に隣接していて、ショッピングも楽しめるおすすめスポットです!

大丸札幌店などの百貨店も近くにあるため、女性の方でも安心して楽しめます。

また、ステラプレイス内では雑貨店が多く、小物などのショッピングも楽しむことができます。

ステラプレイス内での総店舗数はなんと200以上!

これは日本のJRタワーの中でも最大級です。

札幌駅に隣接していて、なおかつショッピングも堪能できる札幌ステラプレイスにみなさんも是非一度行ってみてください!

 

札幌ステラプレイスの観光情報

 

【名称】北海道ステラプレイス

【住所】北海道札幌市中央区北5条西2丁目

【アクセス】JR札幌駅直結、市営地下鉄南北線さっぽろ駅2番出口直結、東豊線さっぽろ駅18番出口直結

【営業時間】ショッピング・10:00〜21:00 レストラン・10:00〜23:00

【電話番号】011-209-5100

【公式サイト】  北海道ステラプレイス

 

 

2. さっぽろ時計台

 

Clock_tower

 

手短に市内観光を楽しむならさっぽろ時計台!

 

巷では「日本三代がっかりスポットの一つ」なんて言われているさっぽろ時計台ですが、どのシーズンも観光客が来ている是非一度は訪れたい観光スポットです。

 

さっぽろ時計台は、1878年にかの有名なクラーク博士が建設したことでも有名です。

赤い屋根と白い壁が印象的ですが、これは開拓期の当時のアメリカ中西部での流行を取り入れているともいわれています。

そんな塔内では主に、当時の歴史展示を見ることができます。

 

また、写真からは想像できないほど「こじんまり」としていて回りやすく、いろんな観光スポットを訪れたい観光客の方にもベストな観光地です。

そして最後は写真スポットで記念に一枚パシャリ!

札幌駅からも近いので、アクセスがとても便利なことも特徴の一つです。

ただし、開館時間は17時10分までなので気をつけてくださいね!

 

さっぽろ時計台の観光情報

 

【名称】さっぽろ時計台

【住所】北海道札幌市中央区北1西2

【アクセス】JR札幌駅から地下歩行空間を大通方面に向かうこと約10分。地下鉄南北線(東西線・東豊線からでも可)下車。「市役所側出口」より徒歩5分

【開館時間】8:10〜17:10

【休館日】年始(1月1日〜3日まで)

【電話番号】011-231-0838

 

 


3. 大通公園

 

Odori_park

 

大通公園ってどんなところ?

 

大通公園は、北海道ならではの「四季」の特徴が見られる観光スポットです!

春から秋はライラックやハルニレの木々が見られ、冬には壮大な雪景色が見られます。

 

それもあって、大通公園では各季節ごとに趣向を凝らしたイベントや催し物が開催されています。

初夏には「ライラックまつり」や「YOSAKOIソーラン祭り」、冬には「雪まつり」や「ホワイトイルミネーション」が開催されます。

そんな大通公園でのおすすめポイントを2つご紹介します!

 

大通公園内おすすめポイント1:焼きとうもろこし

 

公園内では焼きとうもろこしが楽しめます。

「札幌市内で焼きとうもろこしといえば大通公園」と言っても過言ではないくらいです。

 

大通公園内で焼きとうもろこしが販売されたのは、なんと明治時代まで遡ります。

かの有名な石川啄木も、「しんとして幅廣き街の 秋の夜の玉蜀黍の焼くるにほひよ」

という大通公園の焼きとうもろこし屋台について歌を詠んでいるほどなのです!

ぜひみなさんも一度、召し上がってみてください!

 

大通公園内おすすめポイント2:さっぽろテレビ塔

 

SapporoTV_tower

 

もう一つ、大通公園のおすすめポイントを紹介します。

大通公園の中には、高さ147mのさっぽろテレビ塔というタワーがあります!

実際にタワー内を登って札幌市内を一望することも可能です。

テレビ塔から見る札幌市内の景色は、まさに絶景そのもの。

 

また、大通公園周辺地域は長岡京をモチーフとして設計されているため、碁盤の目のように区画されているのも見てわかります。

塔の中では、テレビ塔のオリジナルマスコット・テレビ父さんグッズも買うことができますよ!

 

さっぽろテレビ塔の観光情報

 

【名称】さっぽろテレビ塔

【住所】北海道札幌市中央区西1丁目 ※大通公園住所:北海道札幌市中央区西1〜12丁目

【アクセス】大通駅(市営地下鉄東豊線・東西線)下車。27番出口よりすぐ

【展望台入場料】大人1人720円、高校生600円、中学生400円、小学生300円、3歳以上の幼児100円

【電話番号】011-241-1131

 

 

4. 旭山記念公園

 

 

札幌観光で札幌の夜景を楽しむのであれば、「さっぽろテレビ塔」や「JRタワー展望台」がおすすめですが、旭山記念公園の旭山展望台もおすすめ。

旭山記念公園は札幌の中心部からも近く、札幌の夜景をしっかりと見渡すことの出来る公園です。

 

昼間に来ても綺麗な札幌の街並みを臨むことは出来ますが、夜はテレビ塔やJRタワーとは違った角度から夜景を楽しめます。

直ぐ近くには旭山記念公園よりも高い「藻岩山」の展望台がありますが、旭山記念公園は無料で入場出来る公園ですので、訪れる方も多い観光名所です。

 

デートにも最適な場所

 

hokkaido3_11

 

旭山記念公園は、山の斜面に沿ってたくさんの座る場所がありますので、夏は特に多くの方が夜景を見に訪れています。

たくさんのカップルが集まる場所でもありますが、お子様連れや老夫婦なども訪れている場所で治安の良さもバッチリです。

観光客の方も特に迷わずに来ることが出来ると思うので、少し街中から抜け出して、夜は札幌の自然を感じながら札幌の夜景を堪能してみてはいかがでしょう。

 

旭山記念公園の観光情報

 

【名称】旭山記念公園

【住所】北海道札幌市中央区界川4丁目

【アクセス】地下鉄東西線「円山公園駅」からバスで約15分

【営業時間】6:00~22:00

【定休日】無休

【入場料】無料

【問い合わせ電話番号】011-200-0311(森の家:10:00〜16:00)

【公式サイト】 旭山記念公園

 

 


5. モエレ沼公園

 

hokkaido3_1

 

「ミケランジェロの再来」とまで呼ばれた、日系アメリカ人で彫刻家のイサム・ノグチの遺作となったモエレ沼公園。

元は不燃ごみの埋立地として利用していた場所でしたが、「人間が傷つけた土地をアートで再生する」という構想から、17年後となる2005年に完成した札幌を代表する公園です。

残念ながらイサム・ノグチはモエレ沼公園の完成を見ずに亡くなってしまいましたが、イサム・ノグチがデザインしたアート作品の数々が、公園内にはたくさん散りばめられています。

 

自然とアートが融合した公園と造形物の数々

 

hokkaido3_7

 

イサム・ノグチがもともとアメリカ・ ニューヨーク の「セントラルパーク」に作ることをコンセプトにしていた「プレイマウンテン」。

残念ながらセントラルパークに作ることは叶いませんでしたが、モエレ沼のシンボルの一つでもあるプレイマウンテンは、非常に美しい形をしたピラミッドを連想させる山です。

 

このほか、「モエレビーチ」や「ガラスのピラミッド」「海の噴水」など、公園として一体化して非常に美しいデザインの造形物がたくさんあります。

札幌市内からも移動しやすい場所にあるので、アートが好きかつ札幌の自然を感じたい方は、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

 

モエレ沼公園の観光情報

 

【名称】モエレ沼公園

【住所】北海道札幌市東区モエレ沼公園1-1

【アクセス】地下鉄環状通東駅からバスで25分

【営業時間】7:00~22:00

【定休日】無休 ※ガラスのピラミッドは4/29~11/3の毎月第1月曜日、11/4~4/28の毎週月曜日及び年末年始

【入場料】無料

【電話番号】011-790-1231

【公式サイト】 モエレ沼公園

 

 

【道央のおすすめグルメ】

 


1. 白い恋人パーク

 

 

美味しいチョコレートや銘菓も楽しめる・白い恋人パーク

 

 

札幌市内にある「白い恋人パーク」。

みなさんもご存知の銘菓・白い恋人の製造会社「石屋製菓」のチョコレートファクトリーがあります。

 

石屋製菓は北海道を代表するお菓子メーカー。会社が設立されたのは、1959年にまで遡ります。

しかし、当時は、北海道を代表するような銘菓は道内にありませんでした。

石屋製菓がラングドシャクッキー・白い恋人を販売し始めたのは1976年。それ以降は、北海道の代表銘菓として地位を保っています。

( 白い恋人を始め、石屋製菓のお菓子が気になる方はこちらをクリック! )

 

また、美味しさの秘密は、製造の段階に隠されています。

白い恋人の製造ラインでは、生クリームを乗せるタイミングまで細かく工程が組まれています。

毎日製造ラインに異常が起きていないか。細かく確認しているようです。

高い品質を保つ為の努力は、製造の段階から始まっているんですね!

 

お菓子の製造ラインまで見れる「ファクトリーウォーク」への参加がおすすめ

 

まるでアニメや中世のヨーロッパに出てきそうな建物は、石屋製菓のチョコレートファクトリー・製造工場なのです!

実際は製造工場であるにも関わらず、外観にエンターテイメント性を出すことで、集客・認知度アップを図ったと言われています。

 

建物内に入ると、1・2階では、石屋製菓が販売している銘菓を買うことができます。

しかしせっかく現地へ行かれるのであれば、先ほど説明した白い恋人の製造工程を見ることができる、「ファクトリーウォーク」に参加されることをおすすめします!

ファクトリーウォークでは、建物内・全4階をガイド付きで探検することができます。

 

しかも、「白い恋人」を始めとしたお菓子の製造ラインを見れるのは、この「ファクトリーウォーク」に参加した方だけです!

事前予約が不要なので、観光目的で来た方は尚更見てみるといいかもしれません。

 

また、建物の外には「ソフトクリームハウス」や「ローズガーデン」、「白い恋人鉄道」などの無料展示もあります。

購入したお菓子をつまみながら、中庭でゆったりするのもいいですね。

 

白い恋人パークのスポット情報

 

【名称】白い恋人パーク

【住所】北海道札幌市西区宮の沢2-2-11-36

【アクセス】地下鉄東西線「宮の沢駅」下車、徒歩7分。

【営業時間】9:00~18:00(最終入館受付は17時まで)

【定休日】無休

【入場料】無料(ファクトリーウォークのみ有料。高校生以上600円、中学生以下200円。3才以下無料。)

【問い合わせ電話番号】011-666-1481

【公式サイト】 白い恋人パーク

 

 

2. 北広島三井アウトレットパーク・北海道ロコFARM VILLAGE

 

 

食材レベルでの購入が可能な「北海道ロコFARM VILLAGE」

 

北海道といえば、新鮮な野菜や海鮮類が有名ですが、札幌市内に「旬な食材」を買うことができるイチオシスポットがあります。

それはズバリ、北広島三井アウトレットパーク内にある、北海道ロコFARM VILLAGE(以下:北海道ロコ)。

 

北海道ロコでは、北海道各地で採れたばかりの旬な野菜が集結しています。

特ににんじんやタマネギ、ジャガイモなどの野菜は、北海道でもブランドのある農家から採れたものしか扱っていません。

 

また、「北海度ロコファームビレッジ厳選コーナー」では、北海道ロコでしか買うことができない北海道銘菓や高級ワインを買うこともできます。

かなり高いレベルで厳選された食材が多いので、お土産として購入できる商品も多いです。

ぜひ一度、旬な北海道の食材が一同に集まる、北海道ロコFARM VILLAGEで食材探しを楽しんでみてください。

 

北海道ロコFARM VILLAGEのスポット情報

 

【名称】北海道ロコFARM VILLAGE

【住所】北海道北広島大曲幸町3丁目7-6

【アクセス】地下鉄東西線「大谷地駅」より、中央バス「大88」真栄団地線・三井アウトレットパーク行き乗車。

【営業時間】10:00~20:00

【定休日】月によって異なる。詳しくは公式サイト参照。

【電話番号】011-377-2437

【予約サイト・口コミ・クーポン】 食べログ

 

 

3. ツキサップじんぎすかんクラブ

 

北海道で有名なジンギスカンとはどんなもの?

 

zingisukan_hokkaido

 

北海道で有名なお肉料理といえば、やはりジンギスカン。

ジンギスカンは、羊の肉を使った料理。

野菜と羊の肉を炒めて、焼肉の如くみんなで楽しめる美味しい北海道料理です。

ちなみに、北海道でジンギスカンが広まった理由は、北海道の「玉ねぎ」や「にんじん」といった野菜の美味しさと、羊の肉の食べ合わせが絶妙だったからだそうですよ!

 

美味しいジンギスカンを楽しむなら「ツキサップじんぎすかんクラブ」へ

 

 

そんな北海道の美味しいジンギスカンを堪能できるのが、札幌市内のツキサップじんぎすかんクラブです!

北海道にジンギスカンが伝わった1953年(昭和28年)からの伝統ある味を今も忠実に守っている、美味しいジンギスカンを楽しむことができます。

 

また、ツキサップじんぎすかんは、ラム肉の中でも「成熟肉」として分類されているマトン肉を使用しています。

通常のラム肉よりも、脂のノリが良く、濃厚な味わいです。そんな味を堪能できるのも、マトン肉を使っているツキサップじんぎすかんならではです!

 

店内も凄く賑やかで、雰囲気を味わうのにも最適です。

お店では森林に囲まれているテラス席も用意されているので、北海道の自然に囲まれながらジンギスカンを楽しめます。

 

ツキサップじんぎすかんクラブのスポット情報

 

【名称】ツキサップじんぎすかんクラブ

【住所】北海道札幌市豊平区月寒東3条11丁目2-5

【アクセス】車でのアクセスが便利でおすすめ。北野通りからセイコーマート付近の第一駐車場へ右折。

【営業時間】11:00〜21:00

【定休日】毎週水曜日・年末年始(変更の可能性あり。要問い合わせ)

【電話番号】011-851-8018

【予約サイト・口コミ・クーポン】 食べログ

 

 

4.札幌ら〜めん共和国

 

 

札幌といえば、国内でも有数のラーメン激戦区ですよね。

それだけに、是非おすすめのラーメン店を巡ってみたい!という方もいらっしゃると思います。

 

そこで今回紹介するのは、札幌駅の「エスタ」内にある札幌ら〜めん共和国。

北のラーメンフロンティアを作ること。を目標に作られた札幌ら〜めん共和国ですが、北海道の名店・8つが一箇所に集っています。

( 8つの店舗の情報、ラーメンの種類は こちら からご確認ください! )

 

ちなみに、札幌ら〜めん共和国に店舗を置くには厳正な審査があるようです。

つまり、激戦区を勝ち抜いた名店のみぞ集まるラーメンスポットということになりますね!

 

レトロな雰囲気で味を楽しむことができる

 

 

お店は隣り合っているので、ラーメンが大好きなマニアの方には堪らないと言えるら〜めん共和国。

複数店をハシゴする方に向けてか、ハーフサイズのラーメンを用意しているお店がほとんどです。

 

中々お店が決められない!という方は、ハーフサイズだけ得を注文して、食べ比べしてみるのもいいかもしれませんね!

「細麺が当たり前だ」という方も多いかと思いますが、北海道の場合はほとんどのラーメン店が太麺です。

お腹にたまりやすいと感じる方もいらっしゃるようなので、注文サイズには気をつけましょう。

 

また、共和国内に入ると、昭和の家庭を再現しているかのようなレトロな雰囲気が見てとれます。

東京やその他のラーメン激戦区にはない独特な雰囲気ですので、ぜひゆったりとした時間に心酔しながら、美味しいラーメンを味わってください。

 

札幌ら〜めん共和国のスポット情報

 

【名称】札幌ら〜めん共和国

【住所】北海道札幌市中央区北5条西2丁目エスタ10階

【アクセス】JR札幌駅東改札口より徒歩5分

【営業時間】11:00〜22:00(全店舗ラストオーダー21:45)

【定休日】年中無休

【電話番号】011-209-5031

【公式サイト】 札幌ら~めん共和国


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(361)
北海道・東北(32)
  北海道(18)
  青森(2)
  岩手(2)
  宮城(7)
  秋田(1)
  山形(1)
  福島(1)
関東(119)
  埼玉(7)
  千葉(9)
  東京(62)
  神奈川(26)
  茨城(2)
  栃木(5)
  群馬(4)
  山梨(4)
甲信越・北陸・東海(53)
  長野(10)
  新潟(4)
  富山(2)
  石川(6)
  福井(1)
  岐阜(4)
  静岡(14)
  愛知(7)
  三重(5)
近畿(53)
  滋賀(5)
  京都(13)
  大阪(17)
  兵庫(13)
  奈良(4)
  和歌山(1)
中国・四国(27)
  鳥取(1)
  島根(4)
  岡山(5)
  広島(8)
  山口(2)
  徳島(1)
  香川(3)
  愛媛(1)
  高知(2)
九州・沖縄(49)
  福岡(8)
  佐賀(1)
  長崎(5)
  熊本(7)
  大分(7)
  宮崎(2)
  鹿児島(6)
  沖縄(13)

国外エリア一覧

東南アジア(17)
ヨーロッパ(33)
東アジア・中国・台湾(12)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(4)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(7)
オセアニア(7)
アフリカ(2)
北米(10)
中南米(2)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(338)
イベント情報(279)
ショッピング・買い物・お土産(345)
シーン別(465)
ビジネス・出張(157)
ロケ地、舞台(161)
世界遺産(92)
乗り物・交通・アクセス(423)
宿・旅館・ホテル(148)
旅行準備(361)
歴史・豆知識(484)
温泉・スパ(127)
絶景(308)
聖地巡礼(29)
観光旅行(476)
食事・グルメ(398)
ランキング(382)
デート(390)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(278)
ツアー/旅程(141)
海水浴場・ビーチ・リゾート(44)

人気記事ランキング