logo

top > オセアニア > オーストラリア

オーストラリアの観光地15選!世界遺産やビーチ、オペラハウスまで人気スポットを厳選!





日本から直行便に乗り最短7時間で行ける、南半球にある人気の観光地オーストラリア。

オーストラリアは治安が良く、日本にはないダイナミックな自然を満喫できる観光地が魅力的と大人気です。
また時差も少なく、到着後すぐアクティブに観光を楽しめるのもおすすめです。

そんなオーストラリアには、世界遺産もたくさんあります。

見所満載のオーストラリアの中でも、大自然の驚異と息をのむほどの美しさを楽しめるおすすめ観光スポットを、今回はTABI CHANNEL編集部独自の目線で紹介します。

【目次】オーストラリアの観光地15選!世界遺産やビーチ、オペラハウスまで人気スポットを厳選!

 

1ページ目 :

 

オーストラリアおすすめ観光スポットその1:オペラハウス

オーストラリアおすすめ観光スポットその2:ハーバーブリッジ

オーストラリアおすすめ観光スポットその3:エアーズロック

オーストラリアおすすめ観光スポットその4:グレートバリアリーフ

オーストラリアおすすめ観光スポットその5:キュランダ

オーストラリアおすすめ観光スポットその6:ジャプカイアボリジナルパーク

オーストラリアおすすめ観光スポットその7:カランビン・ワイルドライフ・サンクチュアリ

オーストラリアおすすめ観光スポットその8:サーファーズパラダイス

 

2ページ目 :

 

オーストラリアおすすめ観光スポットその9:スリー・シスターズ

オーストラリアおすすめ観光スポットその10:グレート・オーシャン・ロード

オーストラリアおすすめ観光スポットその11:フィリップ島自然公園

オーストラリアおすすめ観光スポットその12:タスマニア原生地域

オーストラリアおすすめ観光スポットその13:ウェーブロック

オーストラリアおすすめ観光スポットその14:シェルビーチ

オーストラリアおすすめ観光スポットその15:カカドゥ国立公園

 

オーストラリアおすすめ観光スポットその1:オペラハウス

 

オペラハウス
Opera House

 

オペラハウスって?

 

20世紀を代表する世界的な建築物として知られるのが、オーストラリア最大の都市シドニーにあるオペラハウスです。

14年ほどの歳月をかけて作られたこの建物は、その特徴的な屋根の形で人々に知られています。

貝殻または帆船の帆のようと形容される屋根は、100万枚を超える白とクリーム色のタイルからなっていて、その輝く白さが観光客の目を引いてやまない優美な建築物です。

 

オペラハウスは、2007年にユネスコの世界文化遺産に登録され、オーストラリア観光の際は外せないと言えるおすすめスポットの一つです。

一年を通じてたくさんのオペラやコンサートが行われるオペラハウスは、オーストラリアの文化芸術の中心地としても有名です。

この建物は世界三大港であるシドニー湾にあり、美しい街並みとのコントラストが見のがせないおすすめ観光スポットです。

 

オペラハウスの魅力って?

 

まず印象的なのは、先ほども少し触れました屋根の形状です。

とても複雑に重なる美しい白い屋根は、人類の知恵と美への探求心を感じることができます。

オペラハウスの純白の屋根は、昼間はオーストラリアの青く澄んだ空を映し出す巨大なキャンバスのようです。

 

一方、夜になるとオペラハウスはライトアップされるため、日中とは全く異なる幻想的でシックな雰囲気を醸し出します。

また5~6月にはライトアップイベントが開催され、色鮮やかな光でオペラハウスの屋根が美しく飾られ、観光客の目を楽しませてくれます。

今度は白い屋根がスクリーンのように変化して私たちを魅了してくれるので、この時期にオーストラリアを観光される方にはぜひ訪れていただきたいおすすめのスポットです。

 

しかし、オペラハウスの魅力は外部だけではありません。

本格的な劇場にコンサートホールもある、世界文化遺産に登録された建物の内部をぜひ観覧するのがおすすめの観光コースです。

館内見学のためのツアーに参加すれば、誰でも内覧できます。

時間も1時間弱と手ごろで、日本語のガイドやパンフレットが用意されています。

ツアー中には、オペラハウスがどうして世界文化遺産に登録されたのか、その秘密を知ることもできます。

 

オペラハウスの情報

 

【名称】オペラハウス(Opera House)

【住所】Sydney Opera House Bennelong Point, Sydney NSW 2000

【営業時間】なし(オフィス:8時30分~17時30分;日曜は9時~16時)

【料金】無料~(観劇する場合チケット代別、オペラハウスツアーは24 AUドル)

【定休日】なし

 


オーストラリアおすすめ観光スポットその2:ハーバーブリッジ

 

 

シドニーハーバーブリッジ
Harbour Bridge

 

ハーバーブリッジって?

 
 
シドニーはシドニー湾によって、シティ側とノース側に分かれています。
 
その間を結んでいるのが、こちらのハーバーブリッジで、1920年~30年代に不況対策の公共工事として作られました。
 
全長1149m、幅49m、アーチの一番高い部分は海面から134mの高さがあります。
 
シングルアーチ橋としては、ニューヨークのベイヨン橋に次いで、世界第二位の大きさ。
 
世界一車線が多い橋として知られ、自動車道が8車線、鉄道路線が2路線、両側には歩行者・自転車用の歩道も設けられています。
 
その見た目から、古いハンガー(Old Coat Hanger)と呼ばれ親しまれています。

 

ハーバーブリッジの魅力って?

 
何といってもその美しい姿が魅力です。
 
歩いて渡る事はもちろん、パイロンと呼ばれる支柱にある展望台兼博物館ににのぼって見学したり、アーチの最高峰部分にのぼるアトラクションを楽しむ事もできます。
 
 

★歩いて渡る!

 
おススメはノース側からシティ側へのウォーキングです。
 
もちろん往復歩くのもいいですが、片道だけならば、断然ノース側からシティ側へのウォーキングがおススメです。
シティの「サーキュラー・キー」からフェリーで約13分、海上からオペラハウスとハーバーブリッジを眺めながらノース側の「Jeffrey Street Wharf」へ渡ります。
 
そこから、ハーバーブリッジに向かうと、「BRIDGE STAIRS」という階段が見えてくるので、そこがスタート地点になります。
 
前方にオペラハウスやシティのビル群を眺めながらの絶景ウォーキングは、渡り切るまで約30分といったところです。

 

★パイロン展望台に登ってみる!

 

シティ側にあるパイロン(支柱)の一つが展望台兼博物館になっています。

ハーバーブリッジの鉄柱、鉄脚部分を目の前で見る事ができ、真下には車が行きかうという珍しい景色を楽しめます。

ハーバーブリッジ建設の歴史、建設中の写真パネル、蝋人形などが展示されていて、関連のお土産も売っています。

 

★シドニー・ブリッジクライムに参加する!

 

インストラクターと一緒に134mのアーチ頂上部分を目指すツアー。

安全スーツを身に着けて、命綱を着用して自分の足でゆっくりと頂上に向かいます。

日中のデイクライム、夕方のトワイライトクライム、夜間のナイトクライム、夜明けのドーンクライムなどがあり、所要時間は約3時間半から4時間程度。

参加者にしかわからないスリルと、360°パノラマの絶景を楽しみましょう。

ツアー費用は季節、時間帯によって色々で、旅行会社からのオプショナルツアーもたくさん出ています。

オフィシャルサイト からも申し込めます。

 

ハーバーブリッジの情報

 

【名称】ハーバーブリッジ(Harbour Bridge)

【住所】Sydney Harbour Bridge, Sydney ,Australia

【営業時間】パイロン展望台 10:00~17:00

【料金】大人13AUドル、学生8.5AUドル、5歳~12歳 6.5AUドル、4歳以下無料

 

 

オーストラリアおすすめ観光スポットその3:エアーズロック

 

エアーズロック
Ayers Rock

 

エアーズロックって?

 

オーストラリア中心部にある、世界でも二番目に大きな一枚岩がエアーズロックです。

ここはオーストラリア先住民のアボリジニの言葉で、「ウルル」とも呼ばれています。

 

エアーズロックは、1987年にユネスコの世界複合遺産に認定されました。

古来よりエアーズロックは、アボリジニたちの聖地として儀式の際に使われており、そうした文化的な価値が世界に認められました。

加えて、一枚岩ながら348メートルという高さは、自然の驚異をまざまざと観光客に示しています。

しかし、調査によると地表部分に表れているのは岩全体の三分の一、あるいは十分の一に過ぎないとも言われ、これもまた観光客を驚かせる一つの理由です。

 

エアーズロックの魅力って?

 

エアーズロックは、一日のうちに七色に変化するとも言われるほど多様な姿を見せてくれます。

中でも特に朝日が昇る時と、夕方の日没にかけての色彩の変化は、思わず呼吸を忘れてしまうほどの美しさです。

エアーズロック全体を見渡せる場所からこの岩山の様々な表情を眺めていると、改めて地球の美しさに感動します。

 

荒野の中に忽然と現れるエアーズロックですが、気温や風といった気象条件が合えば登山も可能です。

往復約2時間の登山ですが、頂上からの景色もまた必見です。

地球のおへそとも呼ばれるこの場所に立てば、広大な大地を見渡すことができ悩みがあっても吹き飛んでしまいます。

こうした普段できない岩山登山を楽しむのも、オーストラリア観光の醍醐味の一つです。

 

それに加えて、エアーズロックには先住民アボリジニの壁画があり、彼らの文化や生活に思いをはせるのもおすすめです。

こうした神秘的な美しさを通して、この場所が古代より人々から聖なる土地と言われてきた理由が納得できること間違いなしです。

都市部の観光も楽しいですが、時には大自然のど真ん中でゆっくりと過ごすのもおすすめの観光プランです。

 

エアーズロックの情報

 

【名称】エアーズロック(Ayers Rock)(ウルル カタ ジュタ国立公園/Uluru-Kata Tjuta National Park )

【住所】Red Centre Way, Uluru-Kata Tjuta National Park, Northern Territory, Australia

【営業時間】7時~18時

【料金】ウルル カタ ジュタ国立公園/Uluru-Kata Tjuta National Parkへの三日間有効の入園料25 AUドルを支払います。その他料金は、各ツアーによります。

【定休日】なし

 

 


オーストラリアおすすめ観光スポットその4:グレートバリアリーフ

 

グレートバリアリーフ
Great Barrier Reef

 

グレートバリアリーフって?

 

オーストラリア北東部クイーンズランド州に位置する世界最大のサンゴ礁地帯、それがグレートバリアリーフです。

ここは2,000キロメートルを超える長さと、3,500万ヘクタールという広さがあります。

これは、日本の本州が全部収まってしまうほどの大きさです。

 

1981年にはユネスコの世界自然遺産に登録され、オーストラリアを代表する象徴の一つとして世界中の観光客に人気があります。

さらに、この美しい海を楽しもうと多くの観光客がマリンスポーツをするために訪れます。

また空からの景色を楽しむ遊覧飛行があり、こちらも観光客におすすめのアクティビティです。

加えて、グレートバリアリーフにはハート形をしたリーフがあるため、こちらを見るために訪れる観光客もたくさんいます。

 

グレートバリアリーフの魅力って?

 

グレートバリアリーフの最大の魅力は、なんといっても美しいサンゴ礁の海です。

この澄み切った海を眺めているだけで、日頃の疲れやストレスはどこかへ消えてしまうほどです。

しかし、せっかく世界最大のサンゴ礁帯まで来たのなら、ぜひともマリンスポーツを行うのがおすすめです。

すぐに楽しめるおすすめアクティビティは、シュノーケリングです。

難しい技術も講習・道具も必要なく、すぐに美しい海を楽しむことができます。

 

もし時間があれば、ぜひおすすめしたいのがダイビングです。

ボートに乗って沖合の島やリーフまで行き、そこで貴重な海の生物と一緒に泳ぐのは言葉にできないほどの感動体験です。

グレートバリアリーフは、オーストラリアの中でもとても多くの貴重な海の生き物が住んでいる場所です。

その中には絶滅が危惧されている生物もいることから、自然の美しさだけではなくその貴重さを肌で感じることができるおすすめのスポットです。

 

その他にも、シーカヤックやフィッシングなどの自然を満喫できる楽しみがあります。

リゾートホテルへの宿泊も良いですが、テントを借りてアウトドア体験も思い出深い観光の方法です。

様々な選択肢があるグレートバリアリーフは、オーストラリア観光で外せないおすすめポイントです。

 

グレートバリアリーフの情報

 

【名称】グレートバリアリーフ(Great Barrier Reef)

【住所】Queensland, Australia

【営業時間】なし

【料金】なし(ホテル・ツアーやアクティビティごとに別途有料)

【定休日】なし

 

 

オーストラリアおすすめ観光スポットその5:キュランダ

 

 

A post shared by miyu takahashi (@tomtme_2) on

 

キュランダって?

 

ケアンズから北へ40分ほど行った場所にあるキュランダは、「クイーンズランドの湿潤熱帯地域」という名称で1988年、世界遺産に登録されています。

最大の特徴は現存する地球上の熱帯雨林の中で世界最古だという事。

ただし、数百万年前に起きた気候や地殻変動によって、現在の熱帯雨林は北はクックタウン、南はタウンズビルの間の限られた地域になってしまいました。

規模は小さくても、1億年以上前、オーストラリア大陸を覆っていた森林の一部が今も残っており、樹齢3000年以上という樹木もあるというから驚きます。

 

キュランダとは先住民族アボリジニの言葉で「熱帯雨林の村」という意味で、イギリス人が入植した19世紀には鉱山の街として栄えました。

1960年代にはヒッピーやアーティストが多く集まっていたので、今でもアートな雰囲気が残っています。

ケアンズから日帰りで訪れる事が出来る観光地として人気があり、楽しみ方も様々です。

 

キュランダの魅力って?

 

キュランダでは、世界遺産である熱帯雨林を体感できる様々なアトラクションやアクセスが用意されています。

ケアンズからキュランダへのアクセス方法は、ケアンズ駅から発着する「キュランダ・シーニック鉄道」を利用するか、ケアンズ郊外の駅から発着する「スカイレール」というロープウェイを利用するのが定番です。

往復に片道ずつ鉄道とロープウェイを利用するのがおススメです。

 

★キュランダ・シーニック鉄道

 

高原列車は、海抜0mのケアンズから、328m地点までの全長33kmを片道1時間45分かけてのんびりと熱帯雨林の中を進んでいきます。

30年も続く人気番組の「世界の車窓から」のオープニングに10年以上使われたので、車窓に見覚えがある方も多いかも知れません。

もともとは鉱山からの物資をケアンズ港へ運ぶ目的で1891年に作られたもの。

現在は1日2往復、木造客車の長い編成をディーゼル機関車がのんびりと牽引するレトロ感満載の観光列車になっています。

 

★スカイレール

 

熱帯雨林のわずか数メートル上空をを渡る全長7.5kmのスカイレールは、世界初の環境保護をコンセプトにした観光アトラクションです。

ケアンズから北へ車で15分ほどのスミスフィールドターミナル発着で、終点のキュランダターミナルまで1時間半の旅。

6人乗りのゴンドラは、まるで滑るように雄大な景色の中を進んでいきます。

途中には2つの駅があり、それぞれ数十分の停車時間があるので、見晴台、ボードウォークなど周辺の散策を楽しむ事ができます。

 

料金やスケジュールについては、 オフィシャルサイト でご確認ください。

キュランダ・シーニック鉄道とのセットになったお得なプランなどがあります。

 

★レインフォレストステーション・ネイチャーパーク

 

キュランダからシャトルバスで5分、熱帯雨林内に作られた40ヘクタールという広大なネイチャーパークでは3つのアトラクションを楽しめます。

1番人気のアトラクションは、第二次世界大戦時に作られた水陸両用車のアーミーダックに乗って、熱帯雨林探検をするツアーです。

珍しい植物や鳥類、ほ乳類、爬虫類など熱帯雨林特有の動植物に出会う事が出来るのが魅力です。

コアラやカンガルー、ワラビー、ウォンバットなどオーストラリア固有の動物が飼育されている、コアラ&ワイルドライフパークや、先住民族アボリジニの文化に触れる事が出来るアトラクションなどがあり、キュランダ屈指の観光地です。

詳細については、こちらの オフィシャルサイト から確認して下さい。

 

キュランダの情報

 

【名称】キュランダ(kuranda)

【住所】Kuranda, QLD 4881 Australia

 

 


オーストラリアおすすめ観光スポットその6:ジャプカイアボリジナルパーク

 

 

ジャプカイアボリジナルパークって?

 

オーストラリアの先住民族アボリジニのジャプカイ族は、ケアンズ近郊や、キュランダに多く暮らしていました。

「ジャプカイ」とはアボリジニの言葉で「熱帯雨林の人々」という意味。

彼らの歴史、文化を学べるテーマパークが、ジャプカイアボリジナルパークです。

 

オーストラリアには、白人が入植して以来、アボリジニの人々は迫害を受け、土地や権利を奪われてきたという歴史があるのをご存じでしょうか。

あっという間に人口が90%減少したというのは、免疫を持たない彼らに伝染病が蔓延したから、という理由だけではないのは周知の事実です。

このテーマパークを見学する時は、この施設が歴史的には迫害をした側が作った物だという事を頭に置いておくのが賢明です。

 

ジャプカイアボリジナルパークの魅力って?

 

日中のイベントとしては、フェイスペインティング、伝統楽器ディジュリドゥの生演奏、ブーメランややり投げ体験、ジャプカイ族に伝わる伝説の物語を立体映像で再現したクリエーションシアター(日本語対応のヘッドフォンあり)美しく独創的なアボリジナルアートを鑑賞するコーナーなどもあります。

人気があるのは、ディナーショーで、国内外で200以上の賞を受賞し、オーストラリアで最も歴史のあるステージショーとしてギネスに認定されているほどです。

ウェルカムドリンクをいただいたら、アボリジナルアートやブーメランの展示を見学し、フェイスペインティング体験、ディジュリドゥの音色が聞こえてきたらショーの始まりです。

火おこしの儀式を皆で体験したら、ディナー会場へ行き、ご飯やお味噌汁まである種類豊富なビュッフェを楽しみましょう。

ダンスパフォーマンスを見ながらの食事タイムが終わると、ダンサー達との記念撮影や外に出て星空の解説などを聞く事もできます。

 

ジャプカイアボリジナルパークの情報

 

【名称】ジャプカイアボリジナルパーク(Tjapukai Aboriginal Cultural Park)

【住所】Cnr. Kamerunga Rd. & Cook Highway Smithfield, Cairns ,Australia

【営業時間】9時~16時半 ディナーショー19時~21時半

【料金】大人:88 AUドル、 子供:58 AUドル
ディナーショー 大人:123AUドル、 子供:75 AUドル

【公式URL】 http://www.tjapukai.com.au/japanese

 

 

オーストラリアおすすめ観光スポットその7:カランビン・ワイルドライフ・サンクチュアリ

 

 

カランビン・ワイルドライフ・サンクチュアリって?

 

オーストラリア最大の観光地として世界的に有名な都市、ゴールドコースト。

そのゴールドコーストからおよそ30分という距離にあるのが、カランビン・ワイルドライフ・サンクチュアリです。

この自然動物保護園にはオーストラリア固有種の動物だけでなく、オーストラリア大陸に生息する数多くの動物たちに触れ合うことができるたいへんおすすめの観光スポットです。

また、より自然に近い環境をというコンセプトの中、動物たちが生き生きと過ごしている雰囲気を楽しむことができます。

 

こちらの動物保護園は60エーカー(東京ドーム約5.5個分)の広さがあり、もう一度行きたいと感じるほどの貴重な体験ができます。

加えて、オーストラリアの先住民アボリジニのダンスショーも開催されており、一か所でオーストラリアの自然だけでなく、自然との共生をしてきた人々についても知ることができるおすすめの観光地です。

 

カランビン・ワイルドライフ・サンクチュアリの魅力って?

 

こちらの自然動物保護園は、日本でいう動物園とは少し雰囲気が異なります。

あくまで野生動物の保護園という位置づけがされており、動物たちが第一として扱われています。

園内ではたくさんの動物たちが快適で自由に活動している姿を見ることができ、私たちが本当の野生を感じながら楽しむことができるおすすめの観光地です。

 

加えて、こちらのおすすめはコアラの抱っこです。

観光でオーストラリアを訪れたなら必須のアクティビティですが、ここでは専門の係員の指導があるためコアラに余計なストレスを与えることなく楽しめます。

観光の思い出に残る一枚を撮るのに、とってもおすすめの観光スポットです。

そして、コアラだけでなくカンガルーへの餌やり体験や色鮮やかで美しい野生の鳥への餌付けショー、赤ちゃんワニを抱く体験などなど、数多くの大自然と触れ合うアクティビティがここにはあります。

 

それに加えてナイトツアーに参加すれば、昼間では決して見ることができない野生動物の別の姿に出会えること間違いありません。

動物たちの愛くるしくそしてたくましい姿を見られるナイトツアーは、もう一つのおすすめの観光ルートです。

 

広大な敷地の園内ですが、移動のためのミニトレイン(SL)があるため快適に回ることができます。

お子さんだけでなく大人も存分に楽しむことができるカランビン・ワイルドライフ・サンクチュアリは、オーストラリア観光のおすすめ目玉スポットの一つです。

 

カランビン・ワイルドライフ・サンクチュアリの情報

 

【名称】カランビン・ワイルドライフ・サンクチュアリ(Currumbin Wildlife Sanctuary)

【住所】28 Tomewin Street, Currumbin, Gold Coast, Queensland 4223, Australia

【営業時間】8~17時 [ナイトツアー]19時~21時45分

【料金】大人:49 AUドル、 子供:33 AUドル、 シニア:40 AUドル

【定休日】12/25

 


オーストラリアおすすめ観光スポットその8:サーファーズパラダイス

 

サーファーズパラダイス
Surfersparadise

 

サーファーズパラダイスって?

 

ゴールドコーストと言えばサーファーズパラダイス。

その名の通り、多くのサーファー達が訪れる屈指のサーフスポットであり、観光地でもあります。

美しい白い砂浜が42kmも続くビーチでは、サーフィンだけではなく、パラセーリングやカヤック、ジェットスキーなど様々なマリンスポーツを楽しむ事ができます。

多くのホテルやコンドミニアムが連なり、お土産屋さん、サーファー御用達店、オーストラリアのファストファッション店、ハンドクラフト店などがずらり。

カフェやレストランも多く、ナイトスポットも充実しているので、飽きる事がないのが、サーファーズパラダイスです。

 

サーファーズパラダイスの魅力って?

 

砂浜と海の美しさを一望したい方は、ゴールドコーストで一番高い展望台でもある、Q1タワーのスカイポイント展望台がおススメです。

有名人、セレブも住んでいるというQ1タワーは、サーファーズパラダイスの中心から10分程度に位置する80階建ての居住用ビルです。

珍しい形をしているので、遠くから見てもすぐわかります。

スカイポイント展望台は地上230m、77階地点にあり、ゴールドコーストの海岸線が一望、360°のパノラマを楽しめるポイントです。

併設されているカフェ&バーは、モーニング、ランチはもちろん、夜にはドレスアップして訪れたいナイトクラブになります。

昼か夜か、と言われると、ゴールドコーストの夜景は光量が少な目なので、青い海、白い砂浜がはっきりと見える昼間がおススメ。

 

サーファーズパラダイスの情報

 

【名称】スカイポイント展望台 (SkyPoint Observation Deck)

【住所】Level 77 of Hotel Q1, 9 Hamilton Ave, Surfers Paradise

【営業時間】7~20時

【料金】大人:24 AUドル、 子供:15 AUドル、 シニア:17 AUドル

【定休日】なし


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(294)
北海道・東北(28)
  北海道(18)
  宮城(5)
  山形(1)
  岩手(1)
  福島(1)
  秋田(1)
  青森(1)
関東(97)
  千葉(7)
  埼玉(4)
  山梨(4)
  東京(52)
  栃木(3)
  神奈川(22)
  群馬(3)
  茨城(2)
甲信越・北陸・東海(45)
  三重(3)
  富山(2)
  岐阜(3)
  愛知(6)
  新潟(4)
  石川(5)
  福井(1)
  長野(7)
  静岡(13)
近畿(48)
  京都(13)
  兵庫(12)
  和歌山(1)
  大阪(15)
  奈良(4)
  滋賀(3)
中国・四国(22)
  山口(2)
  岡山(5)
  島根(2)
  広島(7)
  徳島(1)
  愛媛(1)
  香川(2)
  高知(1)
  鳥取(1)
九州・沖縄(36)
  大分(3)
  宮崎(1)
  沖縄(13)
  熊本(5)
  福岡(6)
  長崎(4)
  鹿児島(4)

国外エリア一覧

東南アジア(14)
ヨーロッパ(32)
東アジア・中国・台湾(10)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(4)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(6)
オセアニア(6)
アフリカ(2)
北米(9)
中南米(1)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(257)
イベント情報(246)
ショッピング・買い物・お土産(279)
シーン別(364)
ビジネス・出張(141)
ロケ地、舞台(149)
世界遺産(86)
乗り物・交通・アクセス(343)
宿・旅館・ホテル(125)
旅行準備(320)
歴史・豆知識(386)
温泉・スパ(104)
絶景(250)
聖地巡礼(28)
観光旅行(402)
言語・役立ちフレーズ(26)
食事・グルメ(324)
ランキング(284)
デート(311)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(201)
ツアー/旅程(110)
海水浴場・ビーチ・リゾート(33)

人気記事ランキング