logo

top > 中南米 > ペルー

【ペルー】幻の天空都市マチュピチュ遺跡の見どころや周辺の観光スポットを紹介





インカ帝国時代に繁栄を遂げたマチュピチュ遺跡。
アンデス山脈に位置し、約2,400mほどの標高を誇るマチュピチュ遺跡は、絶景を眺められることで有名です。
その景色を一目見るために海外からたくさんの観光客が訪れます。

マチュピチュ遺跡だけでなく、周辺にも見どころや楽しめるスポットがありますが、マチュピチュ観光を楽しむためにはいくつか押さえておくべきポイントがあります。
本記事では、マチュピチュ遺跡の見どころや周辺にある観光名所をはじめ、マチュピチュを旅行する上での注意点を詳しくご紹介します。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】【ペルー】幻の天空都市マチュピチュ遺跡の見どころや周辺の観光スポットを紹介

 

マチュピチュはどんなところ?

日本からマチュピチュへの行き方

リマからクスコへ

クスコからマチュピチュ村へ

マチュピチュ村からマチュピチュへ

マチュピチュ観光のベストシーズン

マチュピチュ遺跡の見所

1. アンデネス(段々畑)

2. 見張り小屋

3. 石切り場

4. インティワタナ(日時計)

5. 水くみ場

6. 太陽の神殿

7. 市街地出入り口

8. リャマ

9. コンドルの神殿

10. 3つの窓の神殿

マチュピチュを観光する際の注意点

服装について

マチュピチュ遺跡内に入る前にトイレを済ませておく

高山病対策を入念にする

マチュピチュ周辺のおすすめ観光スポット

1. マチュピチュ村(アグアスカリエンテス)

2. ワイナピチュ

3. オリャンタイタンボ遺跡

インカ帝国の歴史を感じながら、マチュピチュ観光を楽しもう!

 

 


マチュピチュはどんなところ?

 

マチュピチュとは?

 

マチュピチュは、インカ帝国時代に築かれた南米 ペルー にある遺跡です。

なぜアンデス山脈の奥まった高所にできたのかは、未だに理由が解明されていません。

 

マチュピチュは、1911年に映画『インディー・ジョーンズ』のモデルともなったアメリカの探検家ハイラム・ビンガムによって発見されました。

「空中都市」「インカの失われた都市」などと呼ばれており、インカ帝国が残した遺跡の中で最も神秘的で美しい遺跡です。

 

現在、 マチュピチュはユネスコの世界遺産に登録されていて、2007年には「新・世界七不思議」の一つに選ばれました。

そんなマチュピチュは、毎年多くの観光客が訪れるほど人気の遺跡です。

 

 

日本からマチュピチュへの行き方

 

マチュピチュまでの行き方

 

日本からマチュピチュまでに行くためには、まず首都の リマ を目指します。

ペルーまでの直行便がないため、アメリカやメキシコなどの国で2~3回ほど乗り継いで行く必要があります。

首都のリマまで所要時間は約20~23時間、運賃は片道約48,000円~です。

 

リマからクスコ、クスコからマチュピチュ村、マチュピチュ村からマチュピチュまで行く時間を考えると、合計で1日~2日ほど時間を見ておいた方が良いでしょう。

 

リマからクスコへ

 

アンデス広場

 

リマからクスコへ行くには2通りの行き方があります。

1つ目はバスで行く方法、2つ目は飛行機で行く方法です。

 

筆者は少しずつ高度を上げて高山病対策をしたかったのでバスで行きましたが、日程に余裕がない、また早くマチュピチュに行きたい人は飛行機で行くのが良いでしょう。

タイミングにもよりますが、南米は飛行機の方が安いこともあるので、飛行機も検討していいと思います。

 

ただし、 一気に高度が上がり高山病になるリスクが高まるので、薬を服用をするなどして事前に高山病対策はしておいてください。

 

クスコからマチュピチュ村へ

 

アンデス広場

 

クスコは標高3,399mの天空都市です。

クスコに着いたら、2~3日ほど高所慣れしておくことをおすすめします。

 

クスコからマチュピチュ村まで行くには、全部で3つの行き方があるので以下を参考にしてください。

 

  • クスコからマチュピチュ村まで徒歩で行く
  • クスコ→コレクティーボ(相乗りバス)でオリャンタイタンボを経由→オリャンタイタンボから列車でマチュピチュ村へ
  • クスコ→コレクティーボで水力発電所(Hidroelectica:イドロエレクティカ)を経由→水力発電所から歩いてマチュピチュ村へ

 

1つ目の歩いてマチュピチュ村まで向かう行き方は、体力的にかなり辛いのでおすすめしません。

 

2つ目のコレクティーボと列車を使う行き方は、 体力に自信がなく、お金がかかっても早くマチュピチュ村に着きたい人におすすめです。

水力発電所までのチケットはクスコのアンデス広場前にたくさん旅行代理店があるので、この辺りで購入しましょう。

 

コレクティーボの料金は、水力発電所までの往復で最安値約55~60ソルくらいで購入できます。

料金は旅行代理店によって多少変わりますが、60ソルより高い値段であれば交渉してみましょう。

 

水力発電所からマチュピチュ村までは、「ペルーレイル」か「インカレイル」という鉄道に乗って行きます。

運賃は片道70ドル~です。

 

電車は1日に何本か出ていますが、詳しい時間帯は公式HPをご確認ください。

 

 

3つ目は、水力発電所から歩いてマチュピチュ村まで行く方法で、通称スタンド・バイ・ミーコースと言われています。

映画『スタンド・バイ・ミー』にちなんでこう呼ばれていますが、線路の上をひたすら歩いて3時間ほどかけてマチュピチュ村に向かいます。

 

筆者はこのスタンド・バイ・ミーコースでマチュピチュ村まで行きましたが、線路の上を歩きながら見る景色は格別でした。

少しハードではありますが、バックパッカーには人気の行き方です。

 

体力に自信がある人は帰りも歩いていいかもしれませんが、疲れが出ている頃なので、電車を使うのが無難でしょう。

 

マチュピチュ村からマチュピチュへ

 

マチュピチュ村

 

マチュピチュ村からマチュピチュまではバスと徒歩の2通りの行き方があります。

徒歩で行く場合は約1時間~1時間30分、バスだと約20分でマチュピチュに着きます。

 

おすすめは行きはバス、帰りは歩いて行く方法。

歩きでも行けますが、マチュピチュに着いてもまた遺跡内を歩くので、体力を温存を温存しておくためにもバスが良いでしょう。

 

バスのチケットはマチュピチュ村のバスチケット売り場で買うことができ、片道12ドル、往復24ドルです。

往復チケットを買っても、割引されないのでご注意ください。

 

 


マチュピチュ観光のベストシーズン

 

マチュピチュ

 

マチュピチュ観光のベストシーズンは、 晴天が続く5月~10月頃です。

そうというのも、乾季のマチュピチュは晴れることが多く、山々や谷の絶景をきれいに見ることができるため。

筆者は1月中旬頃に訪れて、その時はあいにくの曇りであまりきれいに写真を撮れなかったので、できれば5月~10月頃に行きましょう。

 

マチュピチュの平均気温は一年を通して20℃、最低気温5℃ほどで、年間を通して変化があまりありません。

ただし、高所特有の気候で寒暖差が激しいため、日中はTシャツ1枚でも大丈夫ですが、朝晩は冷え込むので、上着を持っていくことをおすすめします。

 

 

マチュピチュ遺跡の見所

 

マチュピチュ

 

ここではマチュピチュ遺跡の見所をご紹介します。

いくつか見所があるので、マチュピチュ遺跡に訪れたら見逃さないようにしてください。

 

1. アンデネス(段々畑)

 

段々畑

 

マチュピチュ遺跡に入ると、まず目に入るのが40段にも渡る段々畑です。

3mほどある高さの石の壁が、それぞれの段を支えています。

マチュピチュ遺跡の半分は段々畑が占めていて、入り口から迫力満点です。

 

2. 見張り小屋

 

マチュピチュ

 

アンデネスの上にある見張り小屋からは、段々畑とマチュピチュ遺跡が見渡せます。

観光本などでもよく目にする、後方にワイナピチュがそびえるこの景色は、見張り小屋から撮ったものです。

 

この定番の写真を撮るためにも、必ず見張り小屋まで登ってマチュピチュを一望しましょう!

 

3. 石切り場

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Makoto Nakao (@makoto_nakao81) on

 

市街地の門を過ぎた辺りにあり、岩がゴロゴロと転がる一帯が見下ろせる場所が石切り場です。

石切り場はマチュピチュの建築資材に石を切り出した跡の名残りになっています。

 

ここからは芝生の大広場を挟んで、その先に東西に渡って広がる住宅地区の街並みを見渡すことができます。

石切り場があるエリアに進むのは、日が昇るまで待ってからにしましょう。

 

4. インティワタナ(日時計)

 

 

インティワタナはマチュピチュ内で1番高い場所にあり、パワースポットとしても人気の場所です。

小高い丘の上にあるため見晴らしも良く、360度遮るもののない素晴らしい眺めも一望できますよ。

 

インティワタナは遺跡内で1番高い場所にあることから「太陽を崇拝するための神聖な場所」とも言われており、マチュピチュ遺跡内のシンボル的存在になっています。

インティワタナは見学時間が7:00~10:00までと限られているため、見学したい人は午前中に行くようにしましょう。
 

5. 水くみ場

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 喜代子 (@frostrekitabi) on

 

マチュピチュ遺跡内には、16個の水くみ場があります。

「水の神殿」とされる水くみ場は、石の水路を使って遠くの山から引いたもので、全てマチュピチュ住人の生活用水に使われていたと言われています。

 

第1~4の水汲み場は神殿のエリア、第5~16の水汲み場は市街地を上から下に流れているようです。

 

6. 太陽の神殿

 

 

太陽の神殿は、インカ帝国時代に太陽信仰に基づいて、石組みで曲線を作り出す高い技術を用いて造られた神殿です。

 

太陽の神殿は窓が2つあり、東の窓は冬至の朝、南の窓は夏至の朝に太陽が正確に差し込むのだそう。

下部にはミイラを安置する墓だったと考えられている洞窟があります。

 

残念ながら曲線の内部に入ることができないので、周りから曲線の石組みを眺めてみてください。

太陽の神殿の入場時間は、13:00~16:00までとなっています。

 

7. 市街地出入り口

 

市街地入り口

 

市街地入り口は、大きな石により門が組み上げられてできています。

この正門を内側から見ると扉が取り付けられていたり、上部には縄を通すために使用したと見られる輪があります。

 

そして、正門をくぐると右手に2つの広い部屋があります。
この2つの部屋は「カリャンカ」(Callanca)と呼ばれ、マチュピチュを訪問した人が必ず休憩する場所だったと言われています。

 

また、 この正門は真正面から撮影すると、門の中にワイナピチュ山を拝める撮影スポットでもあります。

ぜひ、市街地入り口からの写真も撮ってみてください。

 

8. リャマ

 

マチュピチュの見どころ

 

マチュピチュ遺跡に行くと、必ず見かけるのがリャマです。

絶景に目が行きがちですが、遺跡内を歩いている途中でリャマがいます。

近くで見れる機会は中々ないので、ぜひ近くで写真を撮ってみてください。

 

ただ、 刺激すると唾を吐いて威嚇してくることがあるため気を付けましょう。

 

9. コンドルの神殿

 

 

自然の石の上に人工の石組みを積み上げてできている「コンドルの神殿」。

翼を広げたコンドルのように見えることから、そのように呼ばれています。

 

コンドルの神殿の手前には、コンドルの頭部とくちばしを型どった大きな平石があります。

地上と天界を結ぶ神聖な場所だと言われており、儀式が行われていたそうです。

 

コンドルの神殿は迫力があり、マチュピチュの他の遺跡にはあまり見られない雰囲気が漂います。

コンドルの神殿の見学時間は10:00~13:00の間と短いですが、見逃さずにチェックしてみてください。

 

10. 3つの窓の神殿

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by kazue.39 (@kaznee413) on

 

3つの窓の神殿は主神殿の隣にあり、名前の由来は文字通り3つの窓があるからです。

石切り場を抜けた先にある場所で、マチュピチュでは重要な場所と言われています。

 

窓は日の出の方向である東を向いていて、手前には長い石の柱とその横に「チャカナ」と呼ばれる石が置かれています。

3つの窓の神殿には大きな窓があり、それぞれの神殿の窓からはマチュピチュ遺跡を見渡すことができますよ。

 

 


マチュピチュを観光する際の注意点

 

注意点

 

ここでは、マチュピチュ観光の注意点をご紹介します。

 

服装について

 

マチュピチュ観光をする際には、上に羽織るものがあると良いでしょう。

特に朝は肌寒いので、上下長袖を着ることをおすすめします。

半袖か長袖のTシャツの上に登山に適したジャケットを着るのがベストです。

 

また、虫避けスプレーや、日差し対策のためにサングラスを持っておくと良いですよ。

 

マチュピチュ遺跡内に入る前にトイレを済ませておく

 

マチュピチュ遺跡内にはトイレがないため、中には入る前に出入り口にあるトイレを利用しましょう。

もし中に入った後にトイレに行きたくなった場合は、わざわざ出入り口まで戻らなければいけません。

マチュピチュ遺跡内は広く、戻るとなると時間がかかってしまうので、必ず事前にトイレに行くようにしてください。

 

高山病対策を入念にする

 

急に標高が高いところ(2,000m以上)に行くと、個人差はありますが、たいてい高山病の症状が現れます。

そのため、一気に標高を上げるのではなく、徐々に標高を挙げながらマチュピチュ村に向かうことをおすすめします。

 

ただ、それでも人によっては具合が悪くなることがあります。

筆者もリマからクスコまで移動した際に少し体調が悪くなりました。

具体的には、吐き気や嘔吐、熱、悪寒、倦怠感など風邪と似た症状が出てきます。

 

高山病の対策としては以下がおすすめです。

 

  • 日本の病院、または現地の薬局で薬を買う
  • 現地でコカ茶を飲む
  • 激しい運動や移動は2~3日は避けて、体調が良くない場合は安静にする

 

上記のことを守っていれば、高山病を発症しても症状が軽くなるでしょう。

せっかくの絶景を楽しむためにも、高山病対策を入念にしておいてください。

 

 

マチュピチュ周辺のおすすめ観光スポット

 

マチュピチュ周辺には、マチュピチュ以外にも観光名所があるので、合わせて訪れてみてください。

 

1. マチュピチュ村(アグアスカリエンテス)

 

マチュピチュ村

 

マチュピチュ村は、マチュピチュ遺跡へ行く時の拠点になる場所です。

日本の温泉街のような雰囲気で、実際にマチュピチュ村には温泉があります。

日本の温泉とは違ってお湯の温度はぬるめですが、温泉好きな人は試しに行ってみても良いでしょう。

 

他にも、お土産物を売るマーケットが開かれていて、かばん、スカーフ、民芸品やアルパカの毛で作ったマフラーやセーターなどが売られています。

お店の数も多く、歩いて回るだけでも楽しめますよ。

 

マチュピチュ村

 

また、線路脇にはショップやカフェ、レストランが立ち並んでいます。

中にはアルパカの肉を提供しているお店もあるので、ぜひ食べてみてください。

 

マチュピチュ村の観光情報

 

 

住所:Pueblo de Machu Picch

マップ: Googleマップ

アクセス:クスコからコレクティーボと列車で約7時間~10時間(行き方によって異なる)

※詳細はマチュピチュまでの行き方を参照

 

2. ワイナピチュ

 

 

ワイナピチュは、マチュピチュの奥にそびえる標高2,693mの山です。

 

マチュピチュが「老いた峰」を意味するのに対して、ワイナピチュは「若い峰」を意味しています。

マチュピチュまで来たらワイナピチュにも合わせて登るのがおすすめですが、 ワイナピチュのみのチケットは販売していないので注意してください。

ワイナピチュのチケット購入方法は、マチュピチュ遺跡の入場券とセットになったチケットを購入する必要があります。

 

その他、ワイナピチュは入場制限があるので注意しましょう。

朝の7:00~8:00までに入場する第一グループが200人、10:00~11:00までの第二グループが200人と合計400人までしか入れません。

そのため、ワイナピチュに行く人は時間に気を付けてください。

 

ワイナピチュの観光情報

 

 

住所:Santuario Historico, Machu Picchu, Cusco, Peru

マップ: Googleマップ

アクセス:マチュピチュ村からバスで約30分、徒歩で約1時間30分

電話番号:+51-84-582030

営業時間:6:00-17:30

休日:なし

料金 :入場料 200ソル~

注意点:入場制限あり

 

3. オリャンタイタンボ遺跡

 

 

オリャンタイタンボは、クスコから車で約2時間で行ける聖なる谷にある遺跡です。

侵略してきたスペイン人に追われるインカ帝国の「要塞」とも言われていて、マチュピチュにも負けないくらい迫力があります。

上まで登るのは少々キツいですが、上からは素晴らしい光景を見ることができまよ。

 

オリャンタイタンボに来て驚くのは、かなり大きな段々畑。

平地でも遺跡は見られますが、上からの眺めはとても見応えがあります。

 

オリャンタイタンボ遺跡の観光情報

 

 

住所:Distrito de Ollantaytambo, Provincia de Urubamba, Departamento del Cusco

マップ: Googleマップ

アクセス:クスコから車で約1時間45分

営業時間:7:00~17:00(無休)

料金 :クスコ観光チケット(Boleto Turístico del Cusco)の一般入場券(Boleto General:S/130)、もしくは周遊コースⅢ-聖なる谷入場券(Circuito III-Valle Sagrado:S/70)

 

 


インカ帝国の歴史を感じながら、マチュピチュ観光を楽しもう!

 

マチュピチュ

 

マチュピチュは魅力が満載。

遺跡だけでなく、周辺の観光スポットも楽しみたい方は、数日かけて訪れることをおすすめします。

 

また、標高が高いので高山病対策をお忘れなく。

インカ帝国の歴史を感じながら、ぜひマチュピチュの絶景を楽しんでください。

 

▼ペルーの観光関連記事

 

・  ペルーの人気観光地!マチュピチュ!クスコ!ティティカカ湖へいざ!

・  ペルーの首都・リマのおすすめ観光スポット17選!インカ帝国が色濃く残る世界遺産都市


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(666)
北海道・東北(47)
  北海道(26)
  青森(3)
  岩手(2)
  宮城(9)
  秋田(1)
  山形(4)
  福島(2)
関東(265)
  埼玉(9)
  千葉(15)
  東京(159)
  神奈川(59)
  茨城(5)
  栃木(7)
  群馬(6)
  山梨(5)
甲信越・北陸・東海(90)
  長野(13)
  新潟(8)
  富山(3)
  石川(13)
  福井(1)
  岐阜(5)
  静岡(31)
  愛知(9)
  三重(7)
近畿(101)
  滋賀(7)
  京都(43)
  大阪(27)
  兵庫(15)
  奈良(6)
  和歌山(3)
中国・四国(41)
  鳥取(3)
  島根(5)
  岡山(8)
  広島(11)
  山口(3)
  徳島(2)
  香川(5)
  愛媛(2)
  高知(2)
九州・沖縄(81)
  福岡(15)
  佐賀(2)
  長崎(7)
  熊本(10)
  大分(12)
  宮崎(3)
  鹿児島(9)
  沖縄(23)

国外エリア一覧

東南アジア(28)
ヨーロッパ(84)
東アジア・中国・台湾(20)
南アジア・インド・ネパール(2)
中近東(7)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(10)
オセアニア(11)
アフリカ(2)
北米(19)
中南米(8)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(607)
イベント情報(373)
ショッピング・買い物・お土産(513)
遊園地・テーマパーク(574)
ビジネス・出張(177)
ロケ地、舞台(189)
世界遺産(165)
乗り物・交通・アクセス(710)
宿・旅館・ホテル(202)
旅行準備(448)
歴史・豆知識(894)
温泉・スパ(169)
絶景(506)
聖地巡礼(31)
観光旅行(856)
食事・グルメ(585)
おすすめ/ランキング(749)
デート(673)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(435)
ツアー/旅程(246)
海水浴場・ビーチ・リゾート(69)
日帰り旅(27)
1泊2日(12)
寺院・神社・教会(49)
パワースポット(17)
ファミリー(85)
1人旅(90)
雨の日(19)
モデルコース(4)
メーカー/ブランド(5)

人気記事ランキング