logo

top > ヨーロッパ > クロアチア

クロアチアのおすすめ観光スポットや旅行情報を紹介!アドリア海の秘宝クロアチアを旅しよう





クロアチアは日本よりも小さいヨーロッパの国ですが、その観光資源はとても豊富で、世界遺産は9つもあります。
中でもアドリア海が最も人気ですが、その他にも多くの大自然に恵まれ、毎年多くの旅行者がクロアチアを訪れています。

日本ではジブリ映画の「魔女の宅急便」や「紅の豚」の舞台のモデルになってることでも有名です。
さらに、最近ではアドリア海の美しさも手伝ってハネムーン旅行でも大人気の国となっています。

本記事では、魅力あふれるクロアチアの最新情報とおすすめの観光スポットを厳選してご紹介します。

【目次】クロアチアのおすすめ観光スポットや旅行情報を紹介!アドリア海の秘宝クロアチアを旅しよう

 

1ページ目 :

 

クロアチアへ行こう!

クロアチアの観光情報

日本からクロアチアへのアクセスは?

クロアチア出入国に必要な書類は?

クロアチアを知るキーワード

1. 治安は大丈夫?

2. クロアチアのお土産といえば「ハーブ」

3. クロアチアといえばサッカー!

<ザグレブのおすすめ観光スポット>

1. イェラチッチ広場

2. ドラツ市場

3. 聖マルコ教会

4. 石の門

5. ウスピニャチャ(ケーブルカー)

 

2ページ目 :

 

<ドブロブニクのおすすめ観光スポット>

1. バニェビーチ

2. ドブロブニク・ケーブルカー

3. プラツァ通り

4. ミンチェタ要塞と城壁の遊歩道

5. フランシスコ会修道院

<スプリットのおすすめ観光スポット>

1. ディオクレティアヌス宮殿

2. 聖ドムニウス大聖堂&鐘楼

3. 聖イヴァン洗礼堂

<プリトヴィッツェのおすすめ観光スポット>

1. プリトヴィッツェ湖群国立公園

2. プリトヴィッツェ滝&ミルカ・トルニナ滝

 

 


クロアチアへ行こう!

 

 

クロアチアはバルカン半島にある国の1つで、アドリア海を挟んでイタリアの対面に位置しており、西にスロベニア、北にハンガリー、東にボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビアと国境で接しています。

1991年に旧ユーゴスラビアから独立するまでは、ユーゴスラビアの一部でした。

 

クロアチアといえば、アドリア海の美しい海が有名ですが、温暖な気候と美しい自然と建物の調和はヨーロッパ随一の美しさを誇っています。

今回は、数あるクロアチアの観光都市の中から厳選して、ザグレブ、ドブロブニク、スプリット、プリトヴィッツェの4都市をご紹介します。

 

クロアチアの観光情報

 

croatia01

 

国名:クロアチア共和国

首都:ザグレブ

国土:5万6542平方キロメートル(日本の約1/7) 

人口:約440万人(2019年時点) 

民族:クロアチア人、セルビア人、ボシュニャク人

言語:クロアチア語、セルビア語

宗教:キリスト教(ローマ・カトリック、セルビア正教会、プロテスタント)、イスラム教

日本との時差:冬マイナス8時間、夏マイナス7時間 

通貨:クーナ 1kn=16.71円(2019年5月時点)

 

 

日本からクロアチアへのアクセスは?

 

 

残念ながら現在(2019年5月時点)、クロアチアへの直行便はないため、ヨーロッパの各都市にて乗り換えて行く必要があります。

乗り換えも含めて、約14〜16時間になります。

 

羽田・成田・名古屋・関西空港からドイツのフランクフルト経由でルフトハンザ・ドイツ航空がザグレブに毎日就航しています。(一部、フランクフルトからドブロヴニク便もあり)

その他にも、成田からはウィーン経由でオーストリア航空がザグレブに就航、成田・名古屋・関西航空からはヘルシンキ経由でフィンランド航空がドブロヴニクに就航しています。

詳細なスケジュールはそれぞれのオフィシャルサイトから確認してください。

 

→  ルフトハンザ・ドイツ航空

→  オーストリア航空

→  フィンランド航空

 

クロアチア出入国に必要な書類は?

 

passport01
Photo credit:  One-Fat-Man  on  VisualHunt  /  CC BY-SA

 

クロアチアはEU加盟国ではありますが、シェンゲン協定加盟国ではありません。

90日以内までの観光目的での滞在ならビザは不要です。

パスポートの残存有効期間は、入国時に3ヵ月以上必要になりますので、しっかりとパスポートの有効期限を確認しておきましょう。

 

 


クロアチアを知るキーワード

 

croatia-03

 

クロアチアの観光スポットをご紹介する前に、クロアチアについて知っておいてもらいたいキーワードをいくつか取り上げます。

どのキーワードも観光スポットごとに関係してくるため、ぜひ事前にチェックしておいてください。

 

1. 治安は大丈夫?

 

croatia-night01
Photo credit:  Miroslav Vajdić  on  Visualhunt  /  CC BY-SA

 

クロアチアと聞くと、少し世界情勢に詳しい人ならユーゴスラビアの紛争を頭に思い浮かべる人も少なくないでしょう。

その時代にはサッカーの試合ですら暴動に発展したこともあるほど、ユーゴスラビアの民族紛争は激しいものでした。

ただし、現在はユーゴスラビアからクロアチアが独立し、20年以上の月日が流れ、紛争などの問題は解決しているため心配はありません。

 

クロアチアの治安は特に問題なく、ヨーロッパの観光都市の中でも良い方だと言われていますので、一般的なスリ、置き引きなどに注意しておけば大丈夫でしょう。

もちろん、夜の出歩きは最低限の注意はしつつ観光するようにしてください。

 

2. クロアチアのお土産といえば「ハーブ」

 

herb01

 

意外と知られていないことですが、クロアチアはヨーロッパでも有数のハーブ大国なのです。

ハーブ栽培がとても盛んで、世界各国からクロアチアのハーブを買い求めにくる観光者も数多くいます。

 

特にハンドクリーム、リップクリーム、ヘアオイル、マッサージオイルなどが人気です。

自分に合った自然派コスメをぜひ見つけてみましょう!

その他にも、ハーブティーも色々な種類を取り揃えており、ぜひ選んでみてほしいお土産の1つです。

 

3. クロアチアといえばサッカー!

 

croatia-02
Photo credit:  Cha già José  on  Visual Hunt  /  CC BY-SA

 

クロアチアはサッカー大国です。

正式には、大国というよりは小国だけど強いといった方が正解かもしれません。

一番直近のロシアワールドカップ(2018年)では、見事強豪国を押し抜けて準優勝しています。

 

クロアチアのサッカー選手は、強靭な体力とメンタルもさることながら、天才肌のテクニシャンが数多く現れます。

ここ最近では2018年のヨーロッパ最優秀選手(バロンドール)にメッシやクリスティアーノ・ロナウドを差し置いてルカ・モドリッチが選ばれているほどです。

もし、クロアチアに訪れた際にサッカーの試合があるのであれば、ぜひ観戦してみることをおすすめします。

特にディナモザグレブやハイドゥクスプリトはヨーロッパでも強豪の2チームです。

 

 

<ザグレブのおすすめ観光スポット>

 

zagreb01

 

クロアチアの首都であり、国内最大の都市でもあるザグレブは、クロアチアの北西部サヴァ川河畔に位置しています。

すぐ北側にはメドヴェドニツァ山がそびえており、海はないものの旧市街と周囲の山々がちょうどいいコントラストとなり、美しくどこかノスタルジックな雰囲気を街に漂わせくれています。

 

クロアチアの都市としては唯一人口も100万人を超えており、中央ヨーロッパとアドリア海を結ぶ地理的な条件の良さも手伝い、日々多くの人々が行き交う街となっています。

また、首都としてクロアチアの政府機関や省庁はほとんどがここザグレブに集まっているため、自ずと建築物的にも観光名所にもなっています。

100万人を超えるといっても小さな街ですので、2〜3時間もあればいろいろな名所を回ることができます。

 

1. イェラチッチ広場

 

 

ザグレブといえば、まずは中心地にあるイェラチッチ広場です。

ここはザグレブ中央駅からも遠くなく、トラムなども止まり、いろいろな観光地に行くのに便利な立地です。

ちょうどザグレブ中央駅の前から広がる新市街地と旧市街地を繋ぐ役割もしています。

 

広場の中央には、ハンガリー革命を収めたイェラチッチ総督の騎馬像があり、名前の由来にもなっています。

クロアチア人の待ち合わせ場所としても重宝されています。

 

広場といっても、ただ単に休憩したりするだけでなく、その周りはいろいろな歴史的建造物やレストラン、カフェなどに囲まれているので、食事や買い物を楽しむこともできます。

ザグレブに着いたら、真っ先に向かう観光場所だと思いますので、まずは着いたらここに向かい食事やお茶でもしながら、観光の予定を立ててはいかがでしょうか。

 

イェラチッチ広場の観光情報

 

英名 : Ban Jelačić Square

住所 : 10000 , Zagreb

アクセス :ザグレブ中央駅からトラムでイェラッチ広場下車

定休日 : 無休

 

2. ドラツ市場

 

 

ドラツ市場は「ザグレブの胃袋」とも呼ばれ、早朝から夕方までたくさんのザグレブっ子で賑わっている青空市場です。

色とりどりのカラフルなクロアチア野菜やフルーツ、ハーブなどを買うことができます。

 

もちろんそれだけでなく、クロアチアの伝統民芸品も数多く揃っています。

人気の商品は、養蜂が盛んなクロアチアならではのはちみつです。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Ana Paula Fuentes (@anadelcamino) on

 

また、雨の日でも屋内スペースもあるので、雨の日の観光スポットとしても人気です。

最初に買い物をしてしまうと荷物が重くなるので、観光の後半に訪れるのがおすすめ。

その際には営業時間にも注意しましょう。

 

ドラツ市場の観光情報

 

英名 : Dolac Market

住所 : Dolac 9, 10000, Zagreb

アクセス : イェラチッチ広場から北に徒歩3分

定休日 : 祝祭日、年末年始

営業時間 : 6:00-15:00

注意点 : 時期や天候に営業時間に変動あり

公式URL :  ドラツ市場

 

3. 聖マルコ教会

 

 

数多く協会があるザグレブにおいて、最もおすすめしたいのがこの聖マルコ教会です。

伝統のある教会なのですが、どこか可愛らしい印象が特徴的な教会です。

それもそのはず、教会の屋根が特徴的なチェック模様になっているのです。

 

クロアチアといえば国旗も赤と白の市松模様(チェッカーフラッグ)なので、教会にもその可愛らしさがふんだんに用いられています。

左のマークがクロアチア王国、ダルマチア地方、スラヴォニア地方を表す紋章で、右のマークがグラデッツを表す紋章になっています。

 

また、この教会の立っている位置は、日本でいうと永田町に位置すると言っていいほどのクロアチアの中枢機関が集まっています。

近くには国会議事堂、首相官邸が隣接しています。

国の中枢機関が多くあるにも関わらず、可愛らしい屋根の教会があるというアンバランスさが人気の秘密でもあります。

 

聖マルコ教会の観光情報

 

英名 : St Mark's Church Zagreb

住所 : Trg Sv. Marka 5, 10000, Zagreb

アクセス : イェラチッチ広場から北西に徒歩10分

電話番号 : +385 1 485 1611

定休日 : 不定休

注意点:内部解放は基本的に夏季シーズンのみ

公式URL : 聖マルコ教会

 

4. 石の門

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Zagreb Facts (@zagrebfacts) on

 

ザグレブの旧市街最大の見所が、この石の門。

1731年の大火によって多くの木造の歴史的建造物が焼け払われる中、唯一この門だけが無傷で生き残りました。

その中に納められていた聖母マリアのイコンも見事に無傷で残り、現在は石の門に修繕され、門内部のチャペルにて保存されています。

 

数多く協会があるザグレブですが、この石の門こそがザグレブで最も信仰深い場所だと言われています。

通りすがりのクロアチア人が入らずとも、石の門に手を合わせてお祈りするほどの聖なるスポットです。

 

石の門の観光情報

 

英名 : Stone Gate

住所 : kamentia ul., 10000, Zagreb

アクセス : イェラチッチ広場から北西に徒歩5分

定休日 : なし

営業時間 :24時間営業

 

5. ウスピニャチャ(ケーブルカー)

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Masayo Ito (@matanmatantan) on

 

ウスピニャチャは、ダウンタウンを結ぶ「世界一短いケーブルカー」と呼ばれるほど短いケーブルカーです。

1890年から運行しているこのケーブルカーは、びっくりすることにその走行距離はたったの66mです。

乗ってる時間もわずか40秒程度だと言われていますが、料金も4kh(100円)なのでぜひ訪れた際には乗ることをおすすめします。

 

10分おきに運行していますが、待てない観光客はケーブルカーと隣接した階段が用意されているので、歩いて登る人も結構いらっしゃいます。

夜はライトアップしていて綺麗なので、ザグレブに宿泊する際にはぜひ訪れてみてください。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Vanja Margetic Photography (@vanja_margetic_photography) on

 

また、このケーブルカーはたった66mですが、アップダウンの激しいクロアチアの街を移動するには便利なようで、多くのクロアチア人の足となっています。

 

ウスピニャチャ・ケーブルカーの観光情報

 

英名 : Uspinjaca

住所 : Tkalciceva , 10000 , Zagreb

アクセス : イェラチッチ広場から西に徒歩5分

定休日 : なし(工事点検は適宜実施)

営業時間 : 10分おきに運行

料金 : 4kh


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(469)
北海道・東北(38)
  北海道(21)
  青森(3)
  岩手(2)
  宮城(7)
  秋田(1)
  山形(3)
  福島(1)
関東(162)
  埼玉(7)
  千葉(11)
  東京(88)
  神奈川(35)
  茨城(4)
  栃木(7)
  群馬(5)
  山梨(5)
甲信越・北陸・東海(71)
  長野(10)
  新潟(7)
  富山(3)
  石川(13)
  福井(1)
  岐阜(5)
  静岡(18)
  愛知(7)
  三重(7)
近畿(72)
  滋賀(7)
  京都(21)
  大阪(21)
  兵庫(15)
  奈良(5)
  和歌山(3)
中国・四国(32)
  鳥取(1)
  島根(5)
  岡山(7)
  広島(8)
  山口(3)
  徳島(2)
  香川(3)
  愛媛(1)
  高知(2)
九州・沖縄(61)
  福岡(9)
  佐賀(2)
  長崎(7)
  熊本(10)
  大分(9)
  宮崎(2)
  鹿児島(8)
  沖縄(14)

国外エリア一覧

東南アジア(18)
ヨーロッパ(43)
東アジア・中国・台湾(18)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(6)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(8)
オセアニア(8)
アフリカ(2)
北米(12)
中南米(2)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(477)
イベント情報(331)
ショッピング・買い物・お土産(445)
ビジネス・出張(163)
ロケ地、舞台(168)
世界遺産(109)
乗り物・交通・アクセス(549)
宿・旅館・ホテル(173)
旅行準備(408)
歴史・豆知識(652)
温泉・スパ(149)
絶景(395)
聖地巡礼(30)
観光旅行(610)
食事・グルメ(502)
ランキング(534)
デート(515)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(400)
ツアー/旅程(201)
海水浴場・ビーチ・リゾート(56)

人気記事ランキング