logo

top > 東南アジア > カンボジア > シェムリアップ

シェムリアップの観光地10選





俳優・向井理さんも「第二の故郷」と大絶賛するカンボジア。
面積は日本の約半分の大きさで、人口は1,070万人、政情・治安も比較的穏やかな国です。

その一方で、地域によっては未だに地雷が埋められていたりと、古くの戦争の爪痕は残されたままです。
しかし、優しさに溢れた現地の空気を一度楽しむとみなさんも病みつきになってしまいますよ!

今回は、そんなカンボジアの有名な観光地である「シェムリアップ」のおすすめ観光スポット10選を紹介したいと思います。

【目次】シェムリアップの観光地10選

 

ここ最近、東南アジアのおすすめ観光地として人気が出てきているカンボジア。

首都・プノンペンやシェムリアップを中心に、アジアや欧米からの観光客数も年々増加しています。

 

今回はその中でもカンボジアの首都シェムリアップに絞って定番かつ人気の観光地をご紹介します。

中にはラピュタのモデルとなったとも言われている神秘的なスポットも。

是非、最後までご覧くださいね!

 

シェムリアップの観光名所1:トンレサップ湖

シェムリアップの観光名所2:アキ=ラー地雷博物館

シェムリアップの観光名所3:プレアガーデン(PREAH GARDEN)

シェムリアップの観光名所4:ベンメリア宮殿

シェムリアップの観光名所5:アンコール・トム

シェムリアップの観光名所6:アンコール・ワット

シェムリアップの観光名所7:プノンバケン遺跡

シェムリアップの観光名所8:アマゾン・アンコール

シェムリアップの観光名所9:オールドマーケット

シェムリアップの観光名所10:パブストリート

1日中どこでも楽しめる!ぜひ一度行きたいシェムリアップ

 

 


シェムリアップの観光名所1:トンレサップ湖

 

Tonlesap_lake2

 

カンボジアにある東南アジア最大級の湖がこの「トンレサップ湖」です。

トンレサップ湖は面積が琵琶湖の約10倍ほどで、かなり大きいことが特徴です。

 

トンレサップ湖とは

 

Tonlesap_lake

 

驚くことに、トンレサップ湖には約100万人の水上生活者がいるのです!

これだけ人口が多いにも関わらず、生活は水上。

そうなると、食料はどうしているのか気になりますよね?

 

実はこのトンレサップ湖は、漁業が盛んなことでも有名なのです!

しかも、湖内の魚やプランクトンはかなりの栄養価を持っているため、人々は魚を捕まえて食料にしているようです。

 

今回は、そんなトンレサップ湖ならではのおすすめの楽しみ方を紹介します!

 

トンレサップ湖のおすすめポイント

 

Ships_Cambodia

 

先ほどお話したように、トンレサップ湖は面積がものすごく広い水上の観光スポットなので、クルーズで一周することをおすすめします。

クルーズの所要時間は約1時間ほどで、海外からのツアー客の方もたくさんいます!

クルーズがスタートすると、朝日に照らされながら、水面に反射した太陽の光を感じることができます。

 

また、クルーズで周遊していると、水上の村で生活を営んでいる人々の様子も見ることができます。

そして、そこにはなんと警察や小学校が!

ガソリンスタンドなどもあり、まるで町がそのまま水の上に浮いているようです。

 

日本では決して見られない水上での生活ですが、村として秩序を保っている彼らの生活からは、日本にはない力強さと明るさを感じることができます。

また、クルーズの途中では、トンレサップ湖で捕れた魚料理が楽しめるレストランもあるのでぜひ立ち寄ってみてください!

 

トンレサップ湖のスポット情報

 

住所】Tonle Sap Lake Cambodia 

【アクセス】アンコールワットから、チャールズ・ドーゴール通りをルート63沿いに沿って歩くこと約20分

【クルーズ所要時間】約1時間

【クルーズ料金】20~30USドル(定期的な価格変更あり。現地にて要確認)

 

シェムリアップの観光名所2:アキ=ラー地雷博物館

 

 

カンボジアには、未だに600万個もの地雷が埋まっているといわれています。

地雷は死に至るのではなく、片足をなくなしてしまう兵器といわれており、内戦による被害の証として今もなお語り継がれています。

 

アキ=ラー地雷博物館の名前の由来

 

地雷博物館の正式名称は、アキ=ラー地雷博物館といいます。

名前の由来になっているアキ=ラーさんは、内戦時代に地雷を埋めていた兵隊の一人でした。

しかし、過去の自分の行いを悔いたアキ=ラーさんは、自分たちが埋めた地雷を掘り起こし、実際にこうして今も展示を行っているのです。

 

そんなアキ=ラー地雷博物館は、貴重な体験ができる「ぜひ行っておきたい名所」です!

 

地雷博物館ならではの体験1:「地雷の山」が見れる

 

 

ここでは、実際に現地に訪れたことのある筆者がおすすめする地雷博物館ならでの見所を2つ紹介します!

地雷博物館では、アキ=ラーさんが実際に処理した地雷の山を見ることができます。

 

アキ=ラーさんは、実際に地雷が埋まっている地域に出向き、自ら地雷を処理しているのです。

しかもすごいのは、彼はいまだに怪我も処理未遂もしていないということです!

そんな彼が処理した地雷の山は、博物館の入り口を入ったすぐのところにあります。

これはぜひ生で見てほしいです!

 

地雷博物館ならではの体験2:各スポットでガイドさんの話が聞ける

 

地雷博物館では、ボランティアの方が観光客にガイドを行っています。

また、ボランティアの方の中には日本人の方もいらっしゃるので、当時の状況から内戦の話までいろいろなお話を聞くことができます。

 

ガイドの方のお話を聴いていると、片足を失った現地の被害者の方がどれだけ苦しんだかが伝わります。

このようなお話を聞きながら、歴史を学ぶことができるのもアキ=ラー地雷博物館ならではなのです!

午前中は比較的空いている時間なので、もしガイドさんのお話を聞きたい方は午前中に行ってみるのがいいですよ!

みなさんも、カンボジアに行くときはぜひ立ち寄ってみてください!

 

地雷博物館のスポット情報

 

【住所】Angkor National Park, 7km, south of Banteay, Srey, Temple, SIem Reap, Cambodia

【アクセス】バンテアイスレイ遺跡の手前から徒歩約6km

【入場時間】7:30〜17:30

 


シェムリアップの観光名所3:プレアガーデン(PREAH GARDEN)

 

プレアガーデン 外観

 

女性におすすめの「隠れた観光スポット」をご紹介します!

プレアガーデンは、カンボジアで「ヨガ」や「スパ」が楽しめるおすすめスポットです。

カンボジアで「朝ヨガ」といえば、このプレアガーデンを思い浮かべる人もいるほど。

 

プレアガーデンはシェムリアップに誕生した「のんびりとした田舎を満喫できるリゾート」。

美しい田舎の景観を楽しみながら、ヨガやスパ、お店の周辺をトゥクトゥクで巡る「いなかさんぽ」などを満喫できます。

全てのメニューで、ホテルからの送迎が無料なのも嬉しいポイントとなっています。

 

おすすめポイント:朝日を見ながらヨガでリフレッシュ

 

プレアガーデン 朝ヨガ

 

プレアガーデンのヨガは、「朝日ヨガ」「夕日ヨガ」そして「お寺ヨガ」の3種類があります。

中でも、壮大な蓮畑と朝日を眺めながら行う「朝日ヨガ」は格別!

太陽の正面に向かっての礼拝は、身も心も清らかになる感覚があっておすすめです。

 

色々なポーズで身を清めた後は、ストレッチをして朝ヨガ終了となります。

ちなみに、朝が苦手な方や時間が無い方は、開始時間が選べる「お寺ヨガ」が最適です。

 

所用時間は約60分ほどで、インストラクターの先生も簡単な英語を使って実演しながら説明してくれます。

料金は30ドル(米ドル、日本円にして約3300円)。

 

日本人スタッフによる写真撮影と丁寧なおもてなし、ドリンクも付いてきます。

なんと、撮影してもらった写真は後日データでプレゼントしてくれますよ!

ぜひ、朝日を見ながら朝ヨガしてみてはいかがでしょうか。

 

プレアガーデンのスポット情報

 

【住所】Svay Prey Village Rd, Krong Siem Reap, Cambodia

【アクセス】シェムリアップ市内からトゥクトゥクで約15分。送迎無料。

【営業時間】11:00〜21:00 (現地時間)※朝日ヨガの場合は時間が異なります

【ウェブサイト】日本語対応の公式ホームページは コチラ

【ご予約・お問い合わせ】

LINE ID:pgarden
E-mail:preahgarden@gmail.com

 

シェムリアップの観光名所4:ベンメリア宮殿

 

Bengmeala_Cambodia

 

みなさんもご存知、ジブリの名作・「天空の城ラピュタ」のモデルになった遺跡が、このベンメリア宮殿です!

ベンメリア宮殿では、まるでアニメにでも出てきそうなくらい太い木や独特な形をした遺跡を見ることができます。

現時点ではまだ大規模な観光地が進んでいないため、映画内に出てくる「茨のような道」も通ることができます。

そこで今回は、ベンメリア宮殿の見どころを2つ紹介します。

 

ベンメリア宮殿の見どころポイント1:入り口を守る精霊

 

 

最初の見どころポイントは、入り口にあります。

「三つ巴の精霊・ナーガ」の銅像は、ベンメリア宮殿の入り口を守る精霊だといわれています。

 

そしてなんと、このナーガの銅像は、11世紀から形を変えずに存在し続ける「奇跡の像」ともいわれています!

そんな奇跡の像を崇めようと、たくさんの観光客も像を触って「パワー」をもらっています。

こちらもまだ観光地化していないので、もしかしたら触れなくなる日も近いかもしれません。

 

ベンメリア宮殿の見どころポイント2:まるでアスレチックのような遺跡

 

 

入り口から更に宮殿の中の遺跡を進んでいくと、まるでアスレチックのような遺跡があります。

木々や岩が入り組んでおり、とても神秘的な雰囲気です。

所々、ブロックが崩れていたり足場が悪かったりします。

 

ガイドさんによると、ベンメリア宮殿の樹木は成長スピードがすごいんだそうです。

生命力の高さを感じさせられますね!

 

遺跡では、アスレチックばりにブロックや岩が入り組んでいて、足場が危険です。

安全のためにトレイルを使って進んでいくのもいいですが、安全の範囲内で、この「アスレチックのような遺跡」を探索してみるのもおすすめですよ!

ぜひみなさんも、神秘的なベンメリア宮殿に一度行ってみてくださいね!

 

ベンメリア宮殿のスポット情報

 

【住所】Angkor Archaeological Park, Cambodia

【アクセス】シェムリアップ中心地より、トゥクトゥクで1時間〜1時間半(値段交渉次第では、20USドルほどで行けます)

【入場時間】6:00〜17:00

【入場料】5USドル(日本円で約550円)

 


シェムリアップの観光名所5:アンコール・トム

 

Angkor_Tom

 

アンコール遺跡群の一つである、アンコール・トムは日本語に訳すと「大きい都」を意味するそう。

各祠堂は一辺あたり約3kmで、形状はほぼ正方形の形をしている遺跡です。

 

そんなアンコール・トムは、クメール時代最大の王城であったといわれています。

しかし、クメール時代の1177年に、ベトナムのチャンパ族によって一時的に王都を奪われてしまいます。

そんな窮地を救ったジャヤバルマン7世が王座を奪還し、その祝いに建設されたのがこのアンコール・トムなのです!

今回は、そんなアンコール・トムのおすすめのポイントを紹介します!

 

最大の見どころポイント:バイヨン寺院

 

Bayon_temple

 

アンコール・トムに来たらぜひ見てほしいのが、バイヨン寺院です。

バイヨン寺院は、アンコール・トムの中央に位置しており、二層の回廊に囲まれている構造となっています。

それはまるで、ピラミッドのようにも見えます。

 

早速中に入っていくと、第一回廊の壁画には、当時の生活やチャンパ族との死闘の様子が描かれています。

対して、第二回廊の壁画にはヒンドゥー神話が描かれています。

見ているだけで、当時の様子がありありと伝わってきますよ!

 

あまりの迫力につい見とれすぎて、時間をとりすぎないよう注意が必要です。

ぜひみなさんも直接見てみてくださいね!

 

アンコール・トム/バイヨンのスポット情報

 

【住所】Angkor Ruins, Siem Reap

【アクセス】シェムリアップ中心地よりトゥクトゥクで約15分(駐車場がないため、トゥクトゥクがおすすめ)

【入場時間】5:00〜17:30

【入場料】アンコール遺跡1日入場券20USドル(同券はアンコール・ワット入場時にも使用可)

 

 

シェムリアップの観光名所6:アンコール・ワット

 

Angkor_wat

 

先ほどは、アンコール遺跡群の一つである「アンコール・トム」を紹介しました。

しかし、みなさんが想像する遺跡群といえばやはり「アンコール・ワット」なのではないでしょうか!

アンコールワットは、スーリヤヴァルマン2世が建立したヒンズー教寺院の遺跡で、カンボジアの国旗にもデザインされる「国のシンボル」ともいえる遺跡なのです。

今回は、そんなアンコール・ワットの魅力を紹介していきますね!

 

アンコール・ワットの見どころ:クメール建築の美しさ

 

Kmer_ANgkorwat

 

アンコール・ワットの魅力の一つに、クメール建築の美しさが挙げられます。

クメールとは、メコン川中・下領域に分布するカンボジアの主要民族のことです。

 

そんな彼らが築きあげたクメール建築様式のアンコール・ワットは、神の神殿は耐久性のある砂岩やレンガをベースに、人間を祀る王の神殿は木造をベースに作られています。

その建物ごとに、使う材料をわけているなんてビックリですよね!

しかも、30年以上もの年月アンコール・ワットを支え続けているので余計に驚きです!

 

アンコール・ワットといえば、湖に反射する神殿の画を思い浮かべる方も多いと思います。

それももちろん素晴らしいのですが、訪れたときにはぜひ「クメール建築様式」の神殿にも注目してみてくださいね!

 

アンコール・ワットのスポット情報

 

【住所】104EO, Svaydongkun St, Siem Reap 855, Cambodia

【アクセス】シェムリアップ国際空港よりトゥクトゥクで約10分

【入場時間】8:30〜18:00

【入場料】アンコール遺跡1日入場券20USドル(同券でアンコール・トム入場時にも使用可)

 


シェムリアップの観光名所7:プノンバケン遺跡

 

 

アンコール・ワットから歩いてすぐのところにあるのがプノンバケン遺跡です。

このプノンバケン遺跡は、「きれいな夕日」を見ることができるのでとても有名です!

今回は、そんなプノンバケン遺跡の夕日の楽しみ方と注意点について紹介します!

 

プノンバケン遺跡での「夕日」の楽しみ方と注意点

 

 

プノンバケン遺跡で「夕日」を楽しむことをおすすめする最大の理由は、「カンボジアで最も高いところ」から夕日を楽しめるためです!

しかも、アンコール・ワットを観光した後にすぐ立ち寄れることも大きなポイントです。

小高い丘から見えるシェムリアップの街並みは、これまでの旅疲れすらも吹き飛ばしてしまうほど綺麗です!

 

ただ、注意点は「1日最大300人までしか入場できない」ことです!

それ以降の人は入場を拒否されてしまうので、アンコール・ワットの観光を早めに終え、16時くらいからは移動し始めておくことがポイントです。

登れた暁には、360°見渡してもきれいな夕日が待っていますので、ぜひこの楽しみ方で絶景を満喫してくださいね!

 

プノンバケンのスポット情報

 

【住所】7 Makara Street, Wat Bo Village, Salakamreuk Commune, Siem Reap , Cambodia

【アクセス】アンコールワットから歩いて10〜15分

【入場時間】6:00〜17:30(17:30には入山禁止になるので要注意)

【入場料】無料

 

シェムリアップの観光名所8:アマゾン・アンコール

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Yoshihiro Yamahataさん(@yoshihiroyamahata)がシェアした投稿 -

 

アマゾン・アンコールは、アンコールワット近くにあるカンボジア料理レストランです。

現地風の生春巻きや、すきやきスープ、フォーなどの美味しい料理を楽しめるのが特徴的なんですが、特徴はその料理だけではないんです!

アマゾン・アンコールでは、カンボジアの伝統舞踊である「アプサラ・ダンス」が楽しめるんです!

 

カンボジアの伝統舞踊・アプサラ・ダンスとは

 

 

アプサラ・ダンスは、世界無形文化遺産にも登録されている歴史ある伝統舞踊です。

美しい音色に合わせて、煌びやかな衣装を着た女性が踊る姿が印象的です。

彼女らが演じているのは、古代インド神話に登場する「天女」だといわれています。

 

そして、音色を奏でているのはロニー・エクという木琴。

踊っている女性たちは、指先で古代インドを表現するよう訓練を受けているとのことで、その華麗な舞と音色についつい酔いしれてしまいます。

アンコールワットからも近いので、ぜひみなさんも綺麗な音色と伝統ある踊りを楽しんでみてはいかがでしょうか!

 

アマゾン・アンコールのスポット情報

 

【住所】No.998, Salakanseng, Svay Dangkum, Siem Reap, Cambodia

【アクセス】アンコールワットから国道6号線へ出てから、アンコールサファイアホテル向かいの交差点を左折し直進。

【営業時間】ランチ(11:00〜14:00)ディナー(18:00〜21:00)※年中無休

【舞踊時間】約50分(19:30〜20:20まで)

 


シェムリアップの観光名所9:オールドマーケット

 

old_market

 

夜といえば、やはりナイトマーケットですよね!

今回紹介するオールドマーケットは日中からも開かれているんですが、シェムリアップを代表するナイトマーケットの一つでもあります。

 

このオールドマーケットは、もともとは観光客向けではなく地元民、ローカル向けのマーケットだったんです。

なので、現地の人々が明るく振舞っている様子が伺えてとても賑やかな雰囲気なんですよ!

早速、そんなオールドマーケットの見どころを紹介していきます!

 

カンボジア旅行のお土産選びに最適

 

 

オールドマーケットは、魚や果物、カンボジア料理のレストランなど食事面での種類も豊富です。

ただ、なんといっても楽しいのはズバリ「お土産選び」です!

こちらのナイトマーケットでは、小物や雑貨などの露店の店員さんまで日本語をしゃべることができます。

筆者も一度このマーケットに行ったことがあるのですが、店員さんの日本語のボキャブラリーの多さに驚きました!

(とはいっても、彼女らは少し難しいカタコトを話せる程度なので事前にご理解ください...)

 

また、店員さんたちは自ら商品の値段を値切ってくれます。

もしほしいお土産があれば、たくさん買っていくのもおすすめですよ!

ちなみに筆者のおすすめは、上の写真の、アンコール・ワットの形をした「アンコールクッキー」です!

ただし、ついお土産を買いすぎてしまった後、帰りの荷物持ちがあることは忘れないでくださいね!

 

オールドマーケットのスポット情報

 

【住所】Psar Chaa Road, Siem Reap, Cambodia

【アクセス】パブストリートにある川辺から歩いてすぐ

【入場および営業時間】6:00〜20:00

【入場料】無料

 

シェムリアップの観光名所10:パブストリート

 

Pub_street

 

さあ、オールドマーケットを存分に楽しんだ後に欲しいものはやっぱり「お酒」ですよね!

オールドマーケットにある川辺からすぐ近くのパブストリートは、外国人観光客向けのパブやクラブ、レストランが多く並んでいます。

そんなパブストリートのあたりは、昔から西洋人が多かったため、お店も年々ヨーロピアンな感じに変わっていったんだそうです。

ストリート内でのお店では、安くて美味しいビールが楽しめますよ!

 

パブストリートのおすすめポイント:格安ビールを楽しめる

 

Beer_Cambodia

 

夜のシェムリアップを楽しむうえで欠かせないのが、なんといっても「ビール」です!

そもそも、カンボジアのビールはとても値段が安いことで有名です。

500mlの缶に置き換えると、日本円にして高くても70円ほどなんです!

そしてパブストリートのお店のビールも、日本と比べて格段に安いです!

 

肝心な味ですが、日本のビールに比べて、サッパリしていて飲みやすいのが特徴ですね。

ただ、現地のパブでは氷をガンガン入れられるので要注意です。

味が薄くなることはもちろんですが、現地の氷は衛生面が良くないので、体調不良の原因にもなってしまいます。

みなさんもシェムリアップに行ったときは、ぜひパブストリートに立ち寄ってみてくださいね!

 

パブストリートのスポット情報

 

【住所】Street 8 Krong Siem Reap, Cambodia

【アクセス】オールドマーケットの川辺から歩いてすぐ

【営業時間】24時間

 

1日中どこでも楽しめる!ぜひ一度行きたいシェムリアップ

 

Beer_Cambodia

 

今回は、カンボジアの旅行・観光地・シェムリアップでのおすすめ観光スポットを、「午前」「午後」「夜」毎のおすすめにわけて10選ご紹介しました。

この記事内で紹介しきれなかった観光スポットもまだまだありますが、ぜひみなさんの一旅の足がかりになれればと思います!

また、カンボジアの方はみなさん優しくて心が温かい人ばかりです。

観光地も豊富で、現地の人も優しい。一度行くとやみつきになってしまう人が多い理由もわかる気がしますね!

そんなカンボジアはここ最近人気が急上昇中の観光地ですので、みなさんもぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか!


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(511)
北海道・東北(43)
  北海道(26)
  青森(3)
  岩手(2)
  宮城(7)
  秋田(1)
  山形(3)
  福島(1)
関東(173)
  埼玉(7)
  千葉(12)
  東京(96)
  神奈川(37)
  茨城(4)
  栃木(7)
  群馬(5)
  山梨(5)
甲信越・北陸・東海(76)
  長野(11)
  新潟(7)
  富山(3)
  石川(13)
  福井(1)
  岐阜(5)
  静岡(22)
  愛知(7)
  三重(7)
近畿(82)
  滋賀(7)
  京都(31)
  大阪(21)
  兵庫(15)
  奈良(5)
  和歌山(3)
中国・四国(34)
  鳥取(1)
  島根(5)
  岡山(8)
  広島(8)
  山口(3)
  徳島(2)
  香川(4)
  愛媛(1)
  高知(2)
九州・沖縄(69)
  福岡(13)
  佐賀(2)
  長崎(7)
  熊本(11)
  大分(9)
  宮崎(2)
  鹿児島(8)
  沖縄(17)

国外エリア一覧

東南アジア(19)
ヨーロッパ(56)
東アジア・中国・台湾(19)
南アジア・インド・ネパール(2)
中近東(6)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(9)
オセアニア(9)
アフリカ(2)
北米(17)
中南米(5)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(541)
イベント情報(368)
ショッピング・買い物・お土産(473)
ビジネス・出張(164)
ロケ地、舞台(170)
世界遺産(127)
乗り物・交通・アクセス(612)
宿・旅館・ホテル(178)
旅行準備(430)
歴史・豆知識(728)
温泉・スパ(152)
絶景(445)
聖地巡礼(30)
観光旅行(680)
食事・グルメ(537)
おすすめ/ランキング(595)
デート(577)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(427)
ツアー/旅程(242)
海水浴場・ビーチ・リゾート(64)

人気記事ランキング