logo

top > 東南アジア > タイ > バンコク

バンコクの旅行・観光地18選!バンコク通が語る必見観光地





世界有数の観光資源を有する国、タイ。
その首都であるバンコクは、豊富な観光スポット・グルメ・ショッピングなどから、海外旅行には最適とも言えるエリアです。

それゆえに、一体どこで何をすればよいのか迷ってしまうことも。
せっかくの海外旅行ですから、限られた時間の中で最大限にバンコクを楽しみたいですよね?

そんなあなたのために、筆者が実際に足を運んだバンコクのおすすめ観光スポットをご紹介します。
これさえ押さえれば、あなたのバンコク旅行がもっと素晴らしいものになるはずですよ!

バンコクのおすすめ観光スポットを紹介します!

 

現在、旅行先として多くの日本人から注目を集めている「微笑みの国」タイ・バンコク。

成田空港からは片道6時間ほどで、タイ・バンコクのスワンナプーム空港に到着します。

 

タイの中心に位置するバンコクでは、必ずあなたにとって新鮮で面白い発見がたくさんあるはず!

しかし、バンコクの本当に面白いスポットは実際に訪れたことのある人間にしかわからないのも事実です。

 

今回はバンコク通の筆者による、バンコクのおすすめ観光スポット18選をご紹介します。

これからタイ・バンコクに行かれる方は是非とも参考にしてみてください。

 

 

目次とバンコク観光マップ

 

 

1ページ目 :

バンコクおすすめ観光スポット1:ワット・アルン(暁の寺)

バンコクおすすめ観光スポット2:ワット・ポー

バンコクおすすめ観光スポット3:ワット・プラケオ(王宮)

バンコクおすすめ観光スポット4:ターミナル21

バンコクおすすめ観光スポット5:トンロー アジアハーブアソシエィション トンロー店

バンコクおすすめ観光スポット6:サバイジャイ・ケブタワン

 

2ページ目 :

バンコクおすすめ観光スポット7:スネークファーム

バンコク観光おすすめスポット8:シリラート病院

バンコク観光おすすめスポット9:カオサン通り

バンコク観光おすすめスポット10:MANGO TANGO

バンコク観光おすすめスポット11:ラーン・ガイトーン・プラトゥーナム

バンコクおすすめ観光スポット12:シット・アンド・ワンダー

バンコクおすすめ観光スポット13:アジアティーク ザ リバーフロント

 

3ページ目 :

バンコクおすすめ観光スポット14:バンコク・アート・アンド・カルチャー・センター

バンコクおすすめ観光スポット15:Studio Lam

バンコクおすすめ観光スポット16:ソンブーン・レストラン バンタットン本店

バンコクおすすめ観光スポット17:タリンチャン水上マーケット

バンコクおすすめ観光スポット18:ソイカウボーイ

 

 

バンコクおすすめ観光スポット1:ワット・アルン(暁の寺)

 

バンコクにある寺院で、正式名称はワット・アルンラーチャワラーラームです。

 

ワット・アルン1

 

写真の門の中に入るためには入場料である50バーツ(その時のレートによって変動はあるものの、日本円で約150円ほど)をお支払いする必要があります。

露出度の高い格好をしていると入場規制がかかることがあるので、ノースリーブ・タンクトップ・ショートパンツなどはなるべく避けるように心がけましょう。

 

写真中央に位置する仏塔は高さ75メールにもなり、仏塔の上に登ることもできます。

仏塔近くに寄った際の写真を掲載します。

 

ワット・アルン2

 

階段があまりにも急になっているので、必ず階段の手すりにつかまりながら登るようにしてください。

筆者が登っていた際にも、転んで階段から滑り落ちている外国人女性の方を何人か見かけました。

 

ワット・アルン3

 

ワット・アルン4

 

名前のワットは”お寺”、アルンは”暁”を表しているため、ワット・アルンは通称「暁の寺」と呼ばれています。

三島由紀夫の小説『暁の寺』の舞台にもなっていることで有名ですね。

 

ワット・アルンの仏塔から見える景色がおすすめ

 

ワット・アルンの仏塔を登った場所からは、目の前を流れるチャオプラヤー川とバンコクの街並みを一望することができますよ。

 

ワット・アルン5

 

写真の向こう側がバンコク市内です。

おわかり頂けるように、高層ビルが立ち並んで栄えている様子が伺えます。

 

ワット・アルンに行くためには、チャオプラヤー川を渡らなければならないため、船で移動する必要があります。

ターティアン船着場からワット・アルン船着場までの渡し舟に乗って、5分ほどのお時間があれば行くことが可能です。

 

お値段も3バーツとお財布にも優しいです。

下記は渡し舟の写真です。

 

ワット・アルン6

 

川の上を走る渡し舟はスリルがあり、ちょっとしたアトラクションのようにさえ感じます。

船の中からも、バンコクの街並みやチャオプラヤー川を撮影することができます。

 

ワット・アルン7

 

写真はたまたまスコールの中で撮影したもので、天気を心配される方もいるかもしれませんが、タイの中ではスコールが起こることが日常茶飯事で、雨季の間は1日の間に30分~1時間ほどの強い雨が数回ほど降ることがあります。

 

また、日本の雨季と違いタイの雨季は4月中旬から10月までと長いので、いくら晴天の日でも突然のスコールにはご注意ください。

 

ワット・アルン内にあるその他の見どころ

 

仏塔を目の前にして、左手には本堂があります。

本堂の前には鬼の門番が2体そびえたっており、迫力満点です。

 

ワット・アルン8

 

日本人がイメージする鬼とは少しギャップがあるかもしれませんが、こちらがタイでの鬼(タイ語で”ヤック”)を表しています。

鬼の像の高さは2メートルもあります。

 

本堂の中には数多くの仏像が並んでおり、荘厳なさまが広がっています。

仏像の数はおよそ120体で、本尊の中にはラーマ2世の遺骨が入っていると言われています。

 

ワット・アルン9

 

ワット・アルンの基本情報

 

住所 : 34 Arunamarin Rd., WatArun, BangkokYai, Bangkok, 10600

電話番号 : 0-2465-5640

営業時間 :8:00~18:00

休業日 : 年中無休

料金 :50バーツ

行き方 :

タクシー + 渡し舟
ワットポー近くのティアン船着場から渡し舟で約5分。ワットアルン船着場を降りてすぐです。
タクシーに乗る際は、下記のように運転手の方に伝えてもらえれば大丈夫だと思います。
※タクシー(ティアン船着場まで) 「パイ ティー ター・ナム ターティアン」
※タクシー(ワットアルンまで) 「パイ ティー ワット・アルン タノン アルンラチャワラーラーム」

 

 

バンコクおすすめ観光スポット2:ワット・ポー

 

ワット・ポーは王宮とエメラルド寺院のすぐ北側にあり、先ほどご紹介したワット・アルンの周辺にあるため一緒に回りやすいです。

タイ人は無料で入れますが、外国人は入場料100バーツがかかります。

 

ワット・ポー1

 

ワット・アルンの際にも入場時の格好について記載しましたが、基本的にタイの寺院には、肌を露出した格好では入ることができません。

そのため、ノースリーブ・キャミソール・タンクトップ・ショートパンツなどを着たまま現地に向かわないようにしてください。

 

入口には肌の露出を隠すための羽織が貸し出されていますが、タイ人の持つ文化に敬意を表するためにも、TPOに合わせた格好をすることが大切です。

また、礼拝堂に入る際には靴を脱いでの入場になります。

 

大寝釈迦仏の迫力がすごい

 

こちらの寺院は寝ている大仏がいることで有名で、下記の写真がワット・ポーに収められている大寝釈迦仏です。

その大きさは、まさに圧巻です。

 

ワット・ポー2

 

全長49メートル、高さは12メートルもあり、あまりの大きさにカメラの枠にも収まりません。

頭から足の方へと順路は進んでいきます。

 

ワット・ポー3

 

お釈迦様の足裏は扁平足になっており、仏教では”悟りを開いた者のしるし”として崇められています。

足だけでも長さ5メートル、幅1.5メートルもあり、足裏には108の絵が描かれています。

 

足から背後に回ると、お次は108の鉢が置かれています。

希望される方は、側にあるデスクでサタン硬貨を20バーツで購入し、108のいずれかの鉢にお好みで納めることができます。

 

タイにおいてサタン硬貨は煩悩の象徴と言われており、その煩悩を鉢に納めましょうという風習があるそうです。

サタンは日本に置き換えると円以下のお金の単位で、銭と同じような感覚です。タイではバーツ以下の通貨単位となります。

 

トゥクトゥクの運転手には要注意

 

ワット・ポーの周辺にはトゥクトゥクの運転手を装い詐欺を仕掛けてくる人が散見されます。

実際に筆者もついてはいきませんでしたが、声は掛けられました。

 

手口としては、「ワット・ポーは本日お休みだから、別の観光地に案内してあげますよ。」と嘘を付き、観光客を宝石店やお土産屋さんなどに連れて行った上で高額な商品を買わせてくるみたいです。

 

こういったいわゆる詐欺師たちは、見たくれで悪そうな人だと判別できないことが多いため、極力声を掛けられたら断るようにしてほしいです。

 

ワット・ポーの基本情報

 

住所:329/25-28 Maharaj Rd., Prabarommaharajchawang Pranakorn Bangkok 10210

電話番号:0-2226-0369

営業時間:8:00~17:00

休業日:年中無休

料金:100バーツ

行き方:タクシー、またはトゥクトゥクが便利です。

 

 

バンコクおすすめ観光スポット3:ワット・プラケオ(王宮)

 

タイのバンコクに来るのであれば、絶対に寄ってほしいスポットがこのワット・プラケオです。

ワット・プラケオは王室の守護寺でもある寺院で、タイ全土から仏教徒が集まる力の漲る場所でもあります。

 

その他の呼称ではプララーチャワンがあり、日本では”王宮”や”グランドパレス”と呼ばれています。

王宮は白い塀で囲われており、その風貌は周囲の街並みとは一線を画しています。

 

ワット・プラケオ

 

タイの中では最も美しく、輝きを放っている寺院です。

年に3回は、ワット・プラケオの中に納められているメインの仏像である、エメラルドブッダが季節に合わせて衣替えをしています。

 

エメラルドブッダは、タイ人のアイデンティティーとも言われている貴重な仏像です。

一部ではエメラルド製と言われていますが、実際にはヒスイ製です。

 

バンコクのワット・プラケオにおいて、エメラルドブッダは写真撮影が禁じられていますので、是非その目でお確かめください。

チェンライのワット・プラケオにレプリカのエメラルドブッダがありますが、そこでは写真撮影が許可されています。

 

黄金の仏塔を要チェック

 

白い塀で囲われたワット・プラケオの入口から中に入り敷地内を進んでいくと、黄金の仏塔が姿を現します。

下記が王宮内での絶好の写真撮影スポットなので、是非同じような風景を撮影してみてください。

 

ワット・プラケオ

 

この黄金の仏塔はラーマ4世が、アユタヤにあるワット・プラシーサンペットという仏塔を真似して建てたものです。

青空の下で神々しさを放つ黄金の仏塔は一見の価値ありです。

 

タイ国民でも「死ぬまでに一度は行ってみたい場所」と言うほど人気のバンコク観光スポットであり、タイだけではなく、世界各国のあらゆる人々がこの地に足を運んでいます。

タイ国内で最高峰の格式を持つ寺院でありますが、王室専用に建てられたものであるため僧侶がいません。

 

ワット・プラケオの基本情報

 

住所:Thanon Naa Phalaan khween Pra-Barom Mahaa-Rachawang, Khet Phranakhorn

電話番号:0-2221-5315

営業時間:8:30~15:30 (最終入場)

休業日:基本的に無し。ただし国家行事や王室行事がある場合、一般参観は停止される。

料金:外国人一般500バーツ、身長120cm以下は無料。

行き方:

ワットプラケオは近くに最寄り駅がありません。 
そのため、最も近い駅(MRTフアランポーン駅、BTSナショナルスタジアム駅など)からもタクシーやトゥクトゥクなどに乗車する必要があります。
運転手には「ワット・プラケオ」の「ケオ」の部分を強調して発音すると通じやすいです。タイ語で「パイ ワッ プラケオ」 です。
タクシーも時間帯により渋滞が予想されますので時間に余裕を持って行動してください。

 

 

バンコクおすすめ観光スポット4:ターミナル21

 

ターミナル21は、2011年にオープンしたその名の通り空港をモチーフにした商業施設です。

タイ・バンコクのビジネス街であるアソークにそびえ立っており、若者を中心に盛り上がりを見せています。

 

ターミナル21

 

ビルの真ん中は吹き抜けになっており、非常に開放感のある空間が広がっています。

空港をコンセプトに作られているということもあって、なんだかワクワクした気持ちになりますよ。

 

ターミナル21

 

中には一緒に写真を撮るために作られているような銅像や作り物があちこちにあります。

記念写真を撮ってみましょう!

 

ターミナル21

 

色々なお店がビル内には軒を連ねていますが、日本でもお馴染みなお店もいくつかあります。

例えばスターバックスがその1つです。

 

スターバックス

 

ハーゲンダッツだってありますよ!

スターバックやハーゲンダッツは若干やすいものの、そこまで日本と料金は変わりません。

 

ハーゲンダッツ

 

タイは物価が日本よりも安いのですが、ターミナル21内で販売しているものはすべて日本で売られているものと金額に大差はありませんでした。

しかし、それは世界的に展開しているブランドに限るので、タイにしか売られていないようなものであればお求めやすくはなっています。

 

タイ・バンコクにいながらも大都会を感じられる素敵な商業施設ですので、ショッピングには是非足をお運びください。

また、タイは外は暑いですがこのような商業施設は寒いので、軽く羽織れるカーディガンなど持っていると重宝できると思います。

 

ターミナル21の基本情報

 

住所:Terminal21 5floor, 2,88 Sukhumvit Soi 19(Wattana) Sukhumvit Rd. North Klongtoei, Wattana, Bangkok 10110

電話番号:02-651-2888

営業時間:10:00〜22:00

休業日:なし

行き方:

【BTS】BTSアソーク駅で下車。MRTスクンビット駅方面の改札をでると左の方向にターミナル21直結の出入口があります。
【MRT】
MRTスクンビット駅2番出口をでて、エスカレーターを上るとBTSアソーク駅に到着。BTSアソーク駅からはターミナル21直結の出入口があります。

 

 

バンコクおすすめ観光スポット5:トンロー アジアハーブアソシエィション トンロー店

 

タイ・バンコクといえばマッサージがとても有名です。

旅行や観光をしていると色々なところに足を運ぶので、体にガタがきてしまうことってありますよね。

そんなときは一休みもかねてマッサージをしてもらいましょう。

 

バンコクには至る所にマッサージ店がありますが、筆者が全力でおすすめしたいところはこちらです!

日本人の方が経営されているお店なので、安心してご利用頂けると思います。

 

トンロー

 

高級感漂う入口の中に入ると、中も綺麗な空間が広がっていました。

日本人の方が経営しているということもあり、受付は日本語でも対応してくれますよ。

 

トンロー

 

受付を済ませると待合室に連れて行かれます。

そこではお茶を出され、呼ばれるまではしばし休息です。

お金持ちの人の家に上がり込んだ気持ちになってしまいます。

 

トンロー

 

呼ばれてからまずはシャワーを浴び、マッサージ専用の洋服に着替えたらいざ開始です!

アロマの匂いと心地よい音楽が漂った、リラックスできる上質空間へと誘われます。

 

トンロー

 

こんなにラグジュアリーな場所で1時間のマッサージを受けても、お値段なんと500バーツですよ!?

日本円にして約1,500円ほどです。本当に良い意味でありえない価格設定だと思います。

 

トンロー アジアハーブアソシエィション トンロー店の基本情報

 

住所:58/19-24 Sukhumvit Soi55 Bangkok

電話番号:+66-2-392-3631

営業時間:9:00〜25:00

行き方:BTSトンロー駅より徒歩3分

 

 

バンコクおすすめ観光スポット6:サバイジャイ・ケブタワン

 

サバイジャイ

 

サバイジャイは、本格的なタイ料理を味わえるお店で大人気です。

ちなみに、サバイはタイ語で「気持ち良い」、ジャイは「心」を表します。

お店のサバイジャイは心が満たされるほど美味しいってことですね。

 

サバイジャイ

 

地元のお客さんで賑わっていることが多いです。

そんなみなさんに愛されているこのお店の看板メニューが「ガイヤーン」です。

ガイヤーンの名前もご説明すると、ガイは「鶏」でヤーンは「焼く」を表します。

そうです、その名の通り焼き鳥です。

 

ガイヤーン

 

もうこの鶏肉が本当に美味しいです。

外はカリッとこんがり焼かれていて、中は肉汁が溢れるほどジューシーです。

筆者はこのボリュームで1人だけで3皿たいらげました。それほど美味しいので騙されたと思って一度食べてみてください!

 

サバイジャイ・ケブタワンの基本情報

 

住所:エカマイ1 スクンビットソイ63

電話番号:02-7142622

営業時間:10:00〜24:00

休業日:なし


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(79)
北海道・東北(10)
  北海道(4)
  宮城(2)
  山形(1)
  岩手(1)
  福島(1)
  青森(1)
関東(24)
  千葉(3)
  埼玉(2)
  山梨(1)
  東京(6)
  栃木(1)
  神奈川(8)
  群馬(2)
  茨城(1)
甲信越・北陸・東海(13)
  三重(2)
  富山(1)
  新潟(3)
  石川(2)
  福井(1)
  長野(2)
  静岡(2)
近畿(13)
  京都(4)
  兵庫(3)
  和歌山(1)
  大阪(3)
  滋賀(2)
中国・四国(9)
  山口(2)
  岡山(2)
  島根(1)
  広島(1)
  香川(1)
  高知(1)
  鳥取(1)
九州・沖縄(7)
  宮崎(1)
  沖縄(4)
  長崎(1)
  鹿児島(1)

国外エリア一覧

東南アジア(12)
ヨーロッパ(13)
東アジア・中国・台湾(5)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(2)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(4)
オセアニア(3)
アフリカ(1)
北米(5)
中南米(1)

タグ一覧

アウトドア(75)
イベント情報(67)
ショッピング・お土産(63)
シーン別(102)
ビジネス・出張(26)
マナー(27)
ロケ地(51)
世界遺産(35)
乗り物・交通(102)
宿・旅館・ホテル(39)
旅行準備(66)
歴史・豆知識(113)
温泉・スパ(33)
絶景(95)
聖地巡礼(13)
観光旅行(132)
言語・役立ちフレーズ(6)
食事・グルメ(89)
ランキング(11)
デート(69)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(19)

人気記事ランキング