logo

top > 北米 > アメリカ

アメリカの人気観光地21選!西海岸、東部、中部、南部などエリア別に有名観光地を厳選





世界随一の超大国として、幅広い分野で国際社会をリードするアメリカ合衆国。
ビジネスや文化事業の面においても、アメリカとの交流は欠かせません。

観光の面からみても、日米相互間の旅行者の行き来は緊密な状況です。
しかし、日本からアメリカを旅行しようと思った場合、アメリカは途方もなく広いです。
全土を一度に周遊することはほぼ難しいでしょう。

そこで今回は、広大なアメリカ本土を6つの地域に分け、それぞれからおすすめの観光スポットを厳選しました。
アメリカ観光や旅行の参考にして頂ければ幸いです。

【目次】アメリカの観光地21選!アメリカを旅行するなら知っておきたい情報が盛り沢山

 

1ページ目 :

 

大自然にエンタテインメント、名画の舞台など、魅力たっぷりのアメリカ観光

アメリカへの渡航情報

アクセス

渡航に必要な手続き

アメリカの観光地を地域別に分類

<アメリカ西海岸のおすすめ観光地>

1. サンフランシスコ

ゴールデンゲート・ブリッジ

フィッシャーマンズ ワーフ

2. ロサンゼルス

サンタモニカ・ピア

ユニバーサルスタジオ・ハリウッド

3. アナハイム

ディズニーランド・リゾート

ナッツベリー・ファーム

4. デスバレー国立公園

デスバレー国立公園の観光情報

5. ヨセミテ国立公園

ヨセミテ国立公園の観光情報

<アメリカ西部のおすすめ観光地>

1. ラスベガス

カジノホテル・ルクソール

ショーケース・モール

ストラトスフィアタワー

2. グランドキャニオン国立公園

グランドキャニオン国立公園の観光情報

3. イエローストーン国立公園

オールド・フェイスフル・ガイザー

グランド・プリズマティック・スプリング

イエローストーン国立公園の観光情報

4. モニュメントバレー

モニュメントバレーの観光情報

 

2ページ目 :

 

<アメリカ東部のおすすめ観光地>

1. ニューヨーク

自由の女神像

タイムズスクエア

2. ワシントンD.C

リンカーン記念堂

ホワイトハウス

3. フィラデルフィア

独立記念館と自由の鐘

<アメリカ中部のおすすめ観光地>

1. ナイアガラの滝

風の洞窟

レインボーブリッジ

2. マウントラシュモア国立記念公園

3. サン・アントニオ

リバー・ウォーク

アラモ砦

 

3ページ目 :

 

<アメリカ南部のおすすめ観光地>

1. アトランタ

ジョージア水族館

ワールド・オブ・コカコーラ

2. ニューオーリンズ

フレンチ・クオーター

3. フロリダ

ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート

キーウェスト

<アラスカのおすすめ観光地>

1. フェアバンクス

2. デナリ国立公園

3. グレイシャー・ベイ国立公園

 

 



大自然にエンタテインメント、名画の舞台など、魅力たっぷりのアメリカ観光

 

フラッグ

 

アメリカは、日本の国土面積のおよそ25倍もの広さを誇ります。

アメリカ合衆国は、本土にある48州と、アラスカ、ハワイの2州を含めた50州、首都であるワシントンD.Cと、各地に点在する海外領土から構成されています。

 

海外領土は日本でもお馴染みの グアム ・サイパンを含む「マリアナ諸島」、南太平洋の西サモア、カリブ海のプエルトリコやヴァージン諸島があります。

独立直後の東部13州から、買収や戦争を経て大きく領土を拡張しました。

そのため、旧宗主国だったイギリスだけでなく、フランスやスペインの影響も街並みに残っています。

「移民の国」だけあって、アフリカ系をはじめ、イタリア系やユダヤ系、ヒスパニック、もちろん日系人を含むアジア系移民のもたらした文化が融合していることも魅力です。

 

自由の女神

 

ニューヨークやロサンゼルス、サンフランシスコなどの大都市観光も、見どころ満載で楽しいのですが、「古き良きアメリカ」の伝統が息づく「田舎」を観光してみるのも楽しいです。

その他、グランドキャニオンやイエローストーン、アラスカなどの大自然にも触れておきたいですね。

 

 

アメリカへの渡航情報

 

アクセス

 

デルタ航空
デルタ航空: Wikipedia

 

日本からアメリカ本土へ就航している航空便は、とても充実しています。

成田・羽田・ 大阪 名古屋 などから、米国内主要都市までの直行便の本数も多く存在しています。

主要都市を経由して、別の都市を訪問する場合には、あらかじめ余裕をもったフライト時間を確認しておく必要があります。

参考までに、成田空港を出発してロサンゼルスまで10時間、シカゴまでは11時間30分、ニューヨークまでは13時間のフライトです。

 

渡航に必要な手続き

 

パスポート
Photo on  Visual Hunt

 

旅行目的で滞在日数が90日以内(乗り継ぎを含む)であれば、ビザの取得は免除されます。

しかし、事前に電子渡航認証システム「ESTA(エスタ)」の認証を受けることが必要となりました。

テロ防止の観点から平成21年1月から実施されているもので、インターネット経由で渡航72時間前までの申請が必要となります。

1回認証を受ければ2年間有効です。

初めてアメリカを訪問する人はもちろんのこと、しばらくぶりに訪問する人も、ESTAの申請を忘れないようにしてください。

 

 


アメリカの観光地を地域別に分類

 

 

今回、広大なアメリカの観光地を下記6地域に分け、それぞれよりおすすめ観光スポットをご紹介します。

 

  1. アメリカ西海岸:ロサンゼルス、サンフランシスコなど
  2. アメリカ西部:ラスベガス、グランドキャニオンなど
  3. アメリカ東部:ニューヨーク、ワシントンD.C.など
  4. アメリカ中部:ナイアガラ、サンアントニオなど
  5. アメリカ南部:フロリダ、ニューオーリンズ、アトランタなど
  6. アラスカ

 

 

<アメリカ西海岸のおすすめ観光地>

 

サンフランシスコやロサンゼルスを有するカリフォルニア・西海岸は、日本人にも人気のある観光地です。

内陸部にあるヨセミテ国立公園やサンバレー国立公園など、雄大な自然も見逃せません。

 


1. サンフランシスコ

 

sanfrancisco

 

太平洋に面した港町・サンフランシスコは、温暖な気候と素晴らしい景観が魅力の観光都市でもあります。

日本との関係も深く、幕末に勝海舟らが初めてアメリカに上陸した地であり、戦後のサンフランシスコ平和条約が締結された地としても知られています。

また、アメリカ人の国内旅行先としても人気のある街です。

 

ゴールデンゲート・ブリッジ

 

sanfrancisco

 

サンフランシスコのシンボルでもある「ゴールデンゲート・ブリッジ」は、市街地とマリンカウンティを結ぶ約3kmの吊り橋です。

1937年に完成し、日本の瀬戸大橋とは姉妹橋の関係にあります。

 

展望台が設けられ、ゴールデンゲート海峡の素晴らしい景観を満喫することができます。

歩行者用と自転車専用の道があるので、歩いてみたり、レンタサイクルを借りて、その絶景を楽しんでみましょう。

ゆっくり歩いて1時間ほど、自転車だと30分程度の道程になります。

 

ゴールデンゲート・ブリッジの観光情報

 

 

住所 : Golden Gate Bridge, San Francisco, California 94129, United States of America

アクセス : バス28番、 PresidiGo Crissy Field のGolden Gate Bridge駅すぐ

料金 :

徒歩・自転車は無料
車両は7USドル

 

フィッシャーマンズ ワーフ

 

sanfrancisco

 

「漁師の波止場」を意味する「フィッシャーマンズ ワーフ」は、サンフランシスコで一番賑やかな観光スポットです。

ピア39から、ギラデリスクエアまで約2kmに渡り、レストランやお土産店、水族館などが立ち並びます。

元々はその名前のとおり漁港だった場所ですが、今ではグルメやエンターテインメントあふれるエリアに変貌しました。

 

あしか
Photo credit:  varnent  on  Visual Hunt  /  CC BY-SA

 

ピア39では野生のカリフォルニアアシカが日向ぼっこしている様子を見られますし、博物館や水族館など見どころもたっぷり。

ユニークなカニのオブジェがお出迎えです。

屋台が並ぶピア41では、名物のクラムチャウダーで舌鼓を打ちましょう。

 

フィッシャーマンズ ワーフの観光情報

 

 

住所 : Fisherman's Wharf, San Francisco, California 94133, United States of America

アクセス : 路面電車 EF Jefferson & Taylor 駅 徒歩1分

 

その他、サンフランシスコの観光スポットは下記記事にて詳しくご紹介していますので、合わせてご覧ください。

→  サンフランシスコのおすすめ観光スポット15選!

 

 

2. ロサンゼルス

 

souvenir

 

スペイン語で「天使たち(Los Angels)」の意味を持つ西海岸最大の都市であり、一大観光都市でもあります。

ハリウッドやディズニーランドなど、エンターテインメントに富んだ観光スポットが豊富で、とてもエキサイティングな街です。

 

高級住宅地ビバリーヒルズや、シーサイドリゾート地・サンタモニカもこの市に存在します

多くの日本人選手が在籍して活躍した、メジャーリーグのロサンゼルス・ドジャースの本拠地でもあります。

 

サンタモニカ・ピア

 

 

太陽が燦燦と輝く、カリフォルニアのイメージにぴったりな場所が「サンタモニカ」です。

サンタモニカはロサンゼルスの市街地から一番近いビーチタウンで、南国風の街並みが爽やかなところです。

シカゴを起点とする有名な大陸横断道路「Route 66」は、このサンタモニカが終点となっています。

様々な映画やドラマ、音楽の舞台となったことでも知られ、ビーチだけでなくショッピングやグルメも楽しめます。

 

サンタモニカ1
Photo credit:  szeke  on  VisualHunt.com  /  CC BY-SA

 

サンタモニカピアは、サンタモニカ・ステート・ビーチに突き出た桟橋です。

1909年に一般開放された歴史ある桟橋で、世界でも一番有名な桟橋のひとつになっています。

サンタモニカピアの特徴は、桟橋の上に遊園地やレストラン、ギフトショップが設置されていることです。

ここから眺める夕日は格別です。

 

サンタモニカ・ピアの観光情報

 

 

住所 : 321 Santa Monica Pier, Santa Monica, CA

アクセス : サンタモニカ市内から市営バスあり

 

ユニバーサルスタジオ・ハリウッド

 

universal studio

 

映画の都ハリウッドは、一度は行ってみたい憧れの場所です。

このハリウッドにあるテーマ―パーク「ユニバーサルスタジオ・ハリウッド」は、映画製作スタジオに隣接しています。

1915年に映画スタジオとして誕生しましたが、1964年にテーマパークとして再出発しました。

 

puch

 

大阪にある「 USJ 」の本家本元であり、アッパー・ロットとロウアー・ロットの2つのエリアに、7つのアトラクションと5つのショーが展開されています。

「ジュラフィック・パーク」や「ミニオンズ」、「ハムナプトラ」や「ハリーポッター」などのアトラクションを満喫してみましょう。

 

ユニバーサルスタジオ・ハリウッドの観光情報

 

 

住所 : 100 Universal City Plaza, Universal City, CA 91608

アクセス :

ロサンゼルス国際空港より車で40分
Universal City.stationより無料シャトルバスあり

電話番号 : (800) 864-8377

定休日 : なし

営業時間 :曜日によって異なる

料金 :

ワンデーチケット 109ドルから124ドル
ユニバーサル・エクスプレス 179ドルから259ドル など

公式URL : Universal Studios Hollywood

 

その他、ロサンゼルスの観光スポットは下記記事にて詳しくご紹介していますので、合わせてご覧ください。

→  ロサンゼルス旅行で絶対訪れたいオススメ観光スポット30選!モデル観光ルートもご紹介

 

 


3. アナハイム

 

エンゼルス
Photo credit:  bryce_edwards  on  VisualHunt  /  CC BY

 

アナハイムはカリフォルニア州南部、ロサンゼルスから約45kmに位置する都市です。

日本での知名度は高いとはいえませんが、実はディズニーランドの総本山である「ディズニーランド・リゾート」はこの街に存在します。

ディズニーランドのほかにも、「スヌーピー」や「パイレーツオブカリビアン」などのテーマパークの宝庫でもあります。

大谷翔平選手が在籍するアナハイム・エンゼルスの本拠地「エンゼルスタジアム」もこの街にあります。

 

ディズニーランド・リゾート

 

DR
Photo credit:  wwarby  on  VisualHunt  /  CC BY

 

世界中にある「夢の国」の総本山、ディズニーファンの聖地として君臨するのが、アナハイムにある「ディズニーランド・リゾート」です。

100万㎡という広大な敷地内に、1955年開業の元祖「ディズニーランド」、少し大人向けの「ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャー」とホテル、ショッピングモールが存在します。

 

 

ディズニーランドは、「メインストリート USA」など8つのテーマランドで構成され、日本のディズニーランドにはないアトラクションを楽しむことができます。

ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーは、少し趣が異なりますが、園内でアルコールの提供がされるなど「ディズニーシー」のようなイメージです。

こちらも「ブエナビスタ・ストリート」など8つのテーマランドで構成され、ここでしか楽しめないアトラクションがたくさんあります。

日本語パンフレットや日本語が話せるキャストをはじめ、日本人向けのサービスも充実しているので、英語に不安のある人でも安心して遊ぶことができますよ。

 

ディズニーランド・リゾートの観光情報

 

 

住所 : 1313 Disneyland Dr, Anaheim, CA 92802

アクセス : ロサンゼルス国際空港より車で40分

電話番号 : (714) 781-4636

営業時間 :

月曜日-火曜日・木曜日 8:00~24:00
水曜日 9:00~24:00
金曜日-日曜日 9:00~23:00

公式URL : Disneyland Resort

 

ナッツベリー・ファーム

 

 

1940年に開業した世界で最初のテーマパークが「ナッツベリー・ファーム」です。

こちらはスヌーピーの公式テーマパークとなっています。

 

園内にはスヌーピーのキャラクターが点在し、ファンにはたまらない場所ですが、10個以上設置されている絶叫マシーンも魅力です。

なかでも約470mの木製レールの上を、上下13の急降下を繰り返す、スリル満点の「ゴーストライダー」は大人気。

他にも19世紀に作られたメリーゴーランドをはじめ、珍しくて楽しいアトラクションを満喫できます。

 

ナッツベリー・ファームの観光情報

 

 

住所 : 8039 Beach Blvd, Buena Park, CA 90620

アクセス : ロサンゼルス国際空港より車で40分

電話番号 : (714) 220-5200

営業時間 : 日によって異なる

料金 : 1dayチケット=79$など

 

 

4. デスバレー国立公園

 

 

直訳して「死の谷」という恐ろしい名前の国立公園は、アメリカの国立公園の中で最大の面積を誇ります。

海抜下86mの灼熱砂漠から標高3368mの高山まで幅広く、アメリカで最も暑く、最も乾燥し、最も標高が低いエリアです。

デスバレーの気温は50℃を超えることはザラで、かつてゴールドラッシュに沸いたとき、多くの人がこの地で命を落としたことが名前の由来と言われています。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Darryl Lehmann (@darryl.lehmann) on

 

この危険な場所が観光客を惹きつける理由は、ここでしか見られない想像を遥かに超えた絶景にあります。

結晶化した塩が一面に広がる塩水湖「バッドウォーター」、白い岩山が太陽に照らされて黄金に輝く「ザブリスキーポイント」が有名です。

ほかにも、ひとりでに動く石「レーストラック」など奇妙な現象に遭遇できます。

この荒涼とした地帯は映画「スターウォーズ」のロケ地としても使用されました。

 

デスバレー国立公園の観光情報

 

 

住所 : Death Valley, CA 92328

アクセス : ロサンゼルスから車で4時間

電話番号 : (760) 786-3200 管理事務所

料金 : 車1台で$20(7日間有効)

 

 


5. ヨセミテ国立公園

 

 

カリフォルニア州・シエラネバダ山脈の西山麓に広がる「ヨセミテ国立公園」は、 東京都 の1.4倍の広さを誇る公園です。

樹齢2700年を超えるセコイア杉、アメリカ最大の落差を誇る「ヨセミテ滝」、世界最大の花崗岩の一枚岩「エルキャピタン」などアメリカの大自然が凝縮しています。

 

1984年にはユネスコ世界遺産(自然遺産)に指定されました。

ヨセミテ国立公園内の95%は原生林に覆われており、この公園を訪れる観光客のほとんどが、わずか1%に満たない「ヨセミテ渓谷」に集中しています。

 

ヨセミテ2
Photo credit:  Dimitry B  on  Visual Hunt  /  CC BY

 

サンフランシスコ空港から3〜4時間とアクセスがよく、キャンプ場ロッジをはじめ宿泊施設も充実しているため、アウトドアの聖地としても知られています。

アメリカグマやミュールシカ、ハイイロキツネなどの野生動物も数多く生息し、絶景を満喫できる各種トレイルが楽しめます。

 

ヨセミテ国立公園の観光情報

 

 

住所 : Yosemite, CA 95389-0577

アクセス :

サンフランシスコ空港から車で3-4時間
ロサンゼルスから車で7時間(長距離バスで11時間)

 

 

<アメリカ西部のおすすめ観光地>

 

グランドキャニオン
Photo on  Visualhunt.com

 

アメリカ西部と聞いて、カウボーイやガンマンが活躍する「西部劇」を連想された方が多いと思います。

この地域はアメリカが西の方面に版図を広げ、開拓を進めてきた歴史と深い関わりを持っています。

荒涼としていながら、雄大な大自然が残されており、グランドキャニオンやモニュメントバレーなどが代表的な観光地となっています。

カジノで有名なラスベガスも見逃せません。

 

1. ラスベガス

 

vegas

 

砂漠の中にある「不夜城」と言われるラスベガスといえば、やはりカジノのイメージがありますよね。

しかし、ラスベガスの魅力はカジノだけではありません。

ユニークな型のホテル、世界中のブランドが集まるショッピングモール、抜群の夜景鑑賞や本格的エンタテインメントショーなど、楽しみ方はたくさんあります。

まさに街中がアミューズメントパークで、米国きっての人気観光地となっていることにも頷けます。

 

vegas

 

ラスベガスは、ネバダ州最大の都市で、ネバダ砂漠の中の盆地に市街地が存在します。

街の一番の中心地は「ストリップ」とよばれ、この一角に巨大なカジノホテルや観光スポットが集中しています。

 

カジノホテル・ルクソール

 

vegas

 

ラスベガスでカジノを楽しめる場所が、カジノホテルです。

このカジノホテルがとてもユニークで、 パリ ベネチア 、そしてエジプトなどをモチーフにしたテーマパークのような外観となっています。

それらを見て回るだけでも、世界一周をするような楽しい気分です。

 

なかでもエジプト風「ルクソール」は圧巻です。

30階建てのピラミッド型ホテルで、夜間は頂上から天空に向けてパワービームを照射しています。

 

カジノへのチャレンジは、21歳以上の成人であれば誰でも参加可能で、24時間好きな時間に楽しめます。

気軽に楽しめるゲームもあるので、ラスベガスに行った記念にぜひ挑戦してみましょう。

 

カジノホテル・ルクソールの観光・宿泊情報

 

 

住所 : 3900 Las Vegas Boulevard South, Las Vegas, Nevada 89119

電話番号 : 702 262 4000

構造: 30階建 4407室

料金 : ピラミッドクイーンルーム:7600円~(2名1室)

公式URL :  Luxor Hotel

 

ショーケース・モール

 

 

ラスベガスはショッピングモールが充実しており、世界中の有名ブランド品だけでなく、日本未上陸のレアなブランドまで幅広く取り揃えてあります。

チョコレートm&m’s の巨大店舗「M&M’S World」やコカ・コーラ・ストアが出店し、煌びやかな外観が魅力の「ショーケース・モール」は訪問する価値充分です。

ストリップ周辺に集中しており、取り扱っているアイテムも豊富なので、欲しいものがきっと見つかるはずです。

 

Showcase Mallの観光情報

 

 

住所 : 3785 S. Las Vegas Blvd., Las Vegas, NV 89109

アクセス : ホテル「MGMグランド」前

営業時間 : 9:00-24:00(時期によって異なる)

 

ストラトスフィアタワー

 

vegas

 

ストラトスフィア・ホテルにある高さ350mの「ストラトスフィアタワー」は、ラスベガスのランドマーク的存在です。

展望台から望む夜景は絶景で、まるでラスベガスの宝石のような夜景を満喫できます。

 

このタワーに設置されている絶叫マシーン「インサニティ」も圧巻、上空320mの上空から真下を見下ろすような状況はスリル満点です。

ほかにも「ビッグショット」「エックススクリーム」などのアトラクションも設置されており、こちらも見逃せません。

 

ストラトスフィアタワーの観光情報

 

 

住所 : 2000 Las Vegas Blvd. South,Las Vegas, NV 89109

公式URL : Stratosphere Hotel & Casino

 

その他、ラスベガスの観光スポットは下記記事にて詳しくご紹介していますので、合わせてご覧ください。

→  ラスベガスの楽しみ方とおすすめの人気観光スポットまとめ

 

 

2. グランドキャニオン国立公園

 

 

ダイナミックなアメリカの大自然を最も象徴している場所が「グランドキャニオン」です。

アリゾナ州北西部に位置し、コロラド川の浸食作用によって約7000万年前に形成されました。

 

その峡谷のスケールは圧巻で、谷の幅6〜29km、長さ約446km、深さ平均約1200m、最深部約1800mの規模を誇ります。

なんと東京から 京都 までの距離があります。

アメリカ最古の国立公園のひとつで、ユネスコ世界遺産にも指定されています。

 

マザーポイント
Photo credit:  Grand Canyon NPS  on  Visual hunt  /  CC BY Copy

 

広大なグランドキャニオンの観光地は、コロラド川を挟んで北側の北のノースリムと、南のサウスリムに分かれます。

道路や宿泊施設などの設備が整っているのはサウスリムで、ほとんどの観光客はこちら側を訪れます。

観光の拠点となるビジターセンターから徒歩5分の場所にある展望台「マザーポイント」からの眺望は圧巻です。

また、各種トレイルコースが用意されており、大自然を散策しながら、キャニオンの雄大な景観を満喫できます。

 

グランドキャニオン国立公園の観光情報

 

 

住所 :5miles north of the park's south entrance, Grand Canyon National Park, AZ(ビジターセンター)

アクセス :

ラスベガスから車で5時間
ラスベガスから定期航空便で90分

 

 

3. イエローストーン国立公園

 

イエローストーン国立公園
Photo credit:  Always Shooting  on  Visualhunt  /  CC BY

 

イエローストーン国立公園は、アイダホ州、モンタナ州およびワイオミング州に跨る広大な国立公園です。

一帯は北米最大の火山地帯となっており、温泉や間欠泉が織りなす不思議な景観や、滝や湖などの雄大な大自然を満喫できます。

バッファローやエルク、クマなどの野生動物も豊富に生息し、1872年に世界最初の国立公園に指定されました。

 

この国立公園の見どころは豊富で、全部見るには一生かかっても終わらないとも言われています。

その中でも、外すことのできない必見スポットをご紹介します。

 

オールド・フェイスフル・ガイザー

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Edward Raphaël Ng (@edward_red) on

 

45分おきに吹き上げる忠実な間欠泉で、イエローストーン国立公園を代表する観光スポットです。

1回に最大32000Lの熱湯が、高さ50m近く吹き上げる光景は圧巻。

 

グランド・プリズマティック・スプリング

 

グランド
Photo on  VisualHunt

 

イエローストーンには、珍しい温熱泉がたくさんありますが、この「グランド・プリズマティック・スプリング」は最大規模を誇ります。

鮮やかな虹色の輪に縁取られたコバルトブルーの温熱泉で、中央部の温度は70℃に達すると言われます。

縁にいくにつれて温度が下がり、様々なバクテリアが繁殖して、黄色、緑や茶色とカラフルな色彩を作り出しています。

深さは37m、直径は113mと非常に大きいので、近くに設置されている遊歩道から全貌を確認するのは困難なほどです。

 

イエローストーン国立公園の観光情報

 

 

住所 : アイダホ州、モンタナ州、ワイオミング州

アクセス : ソルトレークシティから車で約5時間

電話番号 : 307-344-7381(管理事務所)

営業時間 : 通年(公園の入口は24時間open 冬季は北口&北東口のみ)

料金 : $30(車1台7日間)$60(1年間)

 

 

4. モニュメントバレー

 

モニュメントバレー
Photo on  VisualHunt

 

モニュメントバレー(Monument Valley)は、ユタ州南部からアリゾナ州北部にかけて位置する砂漠地帯です。

遥か2億7千万年前の地層であるナバホ・サンドストーンが地殻変動で隆起し、形成されたものと考えられています。

 

テーブル状の台地(メサ)や岩山ビュートが特徴で、あたかも記念碑は並んでいるようにみえることから名付けられました。

先住民・ナバホ族の居住地となっており、ナバホ族の管轄下のもと一般公開されています。

 

その光景はまさに西部劇の世界です。

それもそのはず、「駅馬車」「黄色いリボン」など、西部劇のロケ地として使用されこともあります。

ほかにも「フォレストガンプ」や「インディ・ジョーンズ」など多数の映画やCMにも登場しているので、その光景をご覧になった方も多いと思います。

 

モニュメントバレー2
Photo credit:  Tehani Janny  on  Visualhunt.com  /  CC BY

 

赤土色の大地が続くモニュメントバレーは、ナバホ族が運営する「ナバホトライバルパーク」の中にあります。

パーク内にはドライブ用の道路が設置されていて、運転しながらの絶景を鑑賞できます。

有名なビュートは、ミトンの形をした「ミトンズ」、3つのビュートが並ぶ「スリーシスターズ」、高さ約250mの「トーテムポール」などがあります。

夕日に照らされたビュートは息を呑むほどの美しさです。

 

モニュメントバレーの観光情報

 

 

住所: US Highway 160 & US Hwy 163, Monument Valley, UT 84536

アクセス:ラスベガスからレンタカーで8時間

電話番号 : +1 435-727-5874

営業時間 : ピーク・シーズン (4/1 - 9/30) 6:00am – 8:00pm
オフ・シーズン (10/1 - 3/30) 8:00am – 5:00pm

料金 : 個人 $20(6歳以下は無料) 車1台あたり$20 (4名まで 1人追加で+$6)

注意点 : ナバホ族の聖地のため、園内での行動は慎重に


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(422)
北海道・東北(36)
  北海道(20)
  青森(2)
  岩手(2)
  宮城(7)
  秋田(1)
  山形(3)
  福島(1)
関東(144)
  埼玉(7)
  千葉(11)
  東京(71)
  神奈川(35)
  茨城(3)
  栃木(7)
  群馬(5)
  山梨(5)
甲信越・北陸・東海(62)
  長野(10)
  新潟(7)
  富山(2)
  石川(8)
  福井(1)
  岐阜(5)
  静岡(15)
  愛知(7)
  三重(7)
近畿(63)
  滋賀(6)
  京都(14)
  大阪(21)
  兵庫(14)
  奈良(5)
  和歌山(3)
中国・四国(32)
  鳥取(1)
  島根(5)
  岡山(7)
  広島(8)
  山口(3)
  徳島(2)
  香川(3)
  愛媛(1)
  高知(2)
九州・沖縄(57)
  福岡(8)
  佐賀(1)
  長崎(6)
  熊本(9)
  大分(9)
  宮崎(2)
  鹿児島(8)
  沖縄(14)

国外エリア一覧

東南アジア(18)
ヨーロッパ(35)
東アジア・中国・台湾(16)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(5)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(7)
オセアニア(8)
アフリカ(2)
北米(11)
中南米(2)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(422)
イベント情報(301)
ショッピング・買い物・お土産(416)
シーン別(556)
ビジネス・出張(162)
ロケ地、舞台(167)
世界遺産(100)
乗り物・交通・アクセス(489)
宿・旅館・ホテル(165)
旅行準備(395)
歴史・豆知識(577)
温泉・スパ(143)
絶景(352)
聖地巡礼(29)
観光旅行(547)
食事・グルメ(458)
ランキング(481)
デート(455)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(362)
ツアー/旅程(169)
海水浴場・ビーチ・リゾート(54)

人気記事ランキング