logo

top > ヨーロッパ > フランス > パリ

フランス観光のド定番!「エッフェル塔」の見どころや観光する上での注意点を解説





フランス・パリを観光するなら必ず訪れたい「エッフェル塔」。
万国博覧会のために1889年3月15日に建設され、今ではフランスを代表する観光スポットとなっています。

世界中からはなんと年間700万人もの人々が訪れています。
美しいパリの街で堂々と存在感を放つエッフェル塔に、一度は訪れてみたいものですよね。

エッフェル塔に行く上で知っておきたい基礎知識を頭に入れつつ、スムーズに観光したい方は必見!
本記事では、意外と知られていないエッフェル塔の歴史や、現地で戸惑うことなく観光できる巡り方などを紹介します。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】フランス観光のド定番!「エッフェル塔」の見どころや観光する上での注意点を解説

 

エッフェル塔の歴史

エッフェル塔へのアクセス

エッフェル塔の構造

エッフェル塔の観光ポイント

エッフェル塔のチケット

エッフェル塔の下

エッフェル塔の第一展望台

エッフェル塔の第二展望台

エッフェル塔の第三展望台(最上階)

エッフェル塔のおみやげ

エッフェル塔を観光する上での注意点

エッフェル塔に行く時の服装

エッフェル塔のおすすめフォトスポット

エッフェル塔の観光情報

 

 

エッフェル塔の歴史

 

エッフェル塔が建てられた背景は、1889年にパリで万国博覧会が開催されることになり、その目玉になるものを作るためでした。

1886年、正式にエッフェル塔の建設が決定し、1887年~1889年の2年という短い期間で高さ324mのエッフェル塔が完成したのです。

 

名前の由来は、エッフェル塔の建設を担当した建設会社の社長であるギュスターヴ・エッフェルの名前に由来しています。

 

完成当初、当時には珍しい鉄塔の形や色合い、さらには大きすぎてパリの街にそぐわないという理由で反対派も多くいました。

しかし、1889年のパリ万国博覧会ではエッフェル塔が盛況の中心となり、現在に至るまで世界中で人気の観光スポットのひとつとなっています。

 

 

エッフェル塔へのアクセス

 

 

エッフェル塔は、フランスの北部に位置するパリの7区(西部)、セーヌ川沿いに位置しています。

 

<電車でのアクセス>

 

・メトロを利用する場合

6番線のBir-Hakeim(ビラケム)駅・・・徒歩10分
9番線のTrocadéro(トロカデロ)駅・・・徒歩15分
8番線のEcole militaire(エコール・ミリテール)駅・・・徒歩15分

 

・RER C線(近郊鉄道)を利用する場合

Champ de Mars – Tour Eiffel(シャン・ド・マルス=トゥール・エッフェル)駅・・・徒歩7分

 

以上の4駅が近くにあり、そこからエッフェル塔へ向かうことができます。

 

 


エッフェル塔の構造

 

eiffel tour

 

エッフェル塔は、第一展望台・第二展望台・塔のてっぺんにある第三展望台(最上階)という構造になっています。

第二展望台と最上階行きにエレベーターがあり、第一展望台へは地上から階段で登るか、第二展望台から数段の階段を降りて行くことができます。

 

実はエッフェル塔の周りはフェンスで囲まれていて、エッフェル塔の下にどこからでも入れるわけではありません。

 

入口のゲートから荷物検査を経て入り、専用出口から敷地内を出ることができます。

荷物検査は長蛇の列になっていることもあるので、時間に余裕をもって行くようにしてください。

 

 

エッフェル塔の観光ポイント

 

実際にどのようにエッフェル塔の中を観光できるのかをご紹介します。

 

エッフェル塔のチケット

 

Eiffel Tour ticket

 

チケットの種類は4つあり、登る方法や年齢によってそれぞれ料金が異なります。

 

  1. 第二展望台まで階段・・・€10(4〜11歳:€2.5/12〜24歳:€5)
  2. 第二展望台までエレベーター・・・€16(4〜11歳:€4/12〜24歳:€8)
  3. 第三展望台まで階段+エレベーター・・・€19(4〜11歳:€4.8/12〜24歳:€9.5)
  4. 第三展望台までエレベーター・・・€25(4〜11歳:€6.3/12〜24歳:€12.5)

 

第二展望台から第三展望台へはエレベーターでしか行くことはできません。

 

また、現地だけでなく、オンラインでも購入することができるため、行列に並びたくない方はオンラインでのチケット購入がオススメです。

さらに、オンラインで購入するとチケットを買うための行列を避けることができるだけでなく、入口の荷物検査のゲートも当日券の場合とは別のところから入ることができます。

 

※チケットの購入は  公式ホームページ   から

 

エッフェル塔の下

 

EiffelTour under
下から見たエッフェル塔

 

エッフェル塔の真下の広場には、当日のチケット売り場やおみやげ屋さんがあります。

また、エッフェル塔の名前の由来であるギュスターヴ・エッフェルの像もあるため、ぜひ探してみてください。

 

チケット売り場は階段で登りたい人専用の売り場と、エレベーターを使いたい人専用の売り場に分かれているので、列が短いからといって安易に短い列に並ばず、どちらのチケット売り場なのかあらかじめ確認することが大切です。

筆者も足を運んだ時、エッフェル塔の地上広場にはたくさんの列があり、どこに並べばいいかとても戸惑いました。

 

売り場のところに表記されている階段のマークやエレベーターのマークが目印になっていますよ。

 

エッフェル塔の第一展望台

 

Eiffel Tour one

 

第一展望台ではパリの街を一望できるだけではありません。

展望台の中央には公式のおみやげ屋さんや軽食がとれるレストラン(The Buffets)、イベントホールがあります。

 

また、ガラスになっている床があるので、その上を歩いてぜひスリルを体験してみてください。

 

エッフェル塔の第二展望台

 

Eiffel Tour two
第二展望台からみた景色

 

第二展望台は、第一展望台と同様に展望台だけではなく、中には公式のおみやげ屋さんや1つ星レストラン「ジュール・ヴェルヌ(Le Jules Verne)」・高級レストラン「サンカントゥイット・トゥールエッフェル(58Tour Eiffel)」・マカロンバー「Bar a macaron」などがあります。

パリの街の絶景を見渡しながら、本場のフランス料理やお菓子を楽しみましょう。

凱旋門やルーヴル美術館もはっきりと見えますよ。

 

第二展望台と最上階を行き来するエレベーターは2基しかなく、非常に混雑しているので、列に並んでいても気付けば他の方々に抜かされてエレベーターに全然乗れないということもしばしば。

そのため、列に並んだら素早くエレベーターに乗るようにしてください。

 

 

エッフェル塔の第三展望台(最上階)

 

Eiffel Tour
セーヌ川

 

第三展望台(最上階)からの眺めは、第一展望台や第二展望台とは一味異なる絶景です。

せっかくエッフェル塔に訪れたからには、最上階まで登ってみたいですよね。

 

※写真は第二展望台からのもの

 

また、「BAR A CHAMPAGNE」(バーラ・シャンパーニュ)というバーがあり、絶景のロケーションで飲むシャンパンは最高ですよ!

 

エッフェル塔のおみやげ

 

Eiffel Tour souvenir
第二展望台にある公式のおみやげ屋さんで購入したもの

 

地上・第一展望台・第二展望台にある公式のおみやげ屋さんでは、エッフェル塔をモチーフにしたグッズがたくさん売られています。

エッフェル塔を訪れたからには、1つはゲットしておきたいですよね。

 

また、「公式」のおみやげ屋さんということも注目ポイント。

パリの市内には、偽物を売っているお店が数多くあります。

そのため、エッフェル塔の内部にある公式のお店であれば安心して購入することができますよ。

 

ただ、「公式」のお店でもグッズの見た目の状態がバラバラなことに注意が必要です。

グッズをよく見ると、どこか少し曲がっていたり、汚れていたりするので、購入したいグッズの状態をよく確かめた上で購入するようにしてください。

 

 


エッフェル塔を観光する上での注意点

 

エッフェル塔の敷地内の出口ゲートに出た瞬間、物売りの商人がしつこくエッフェル塔の小さなオブジェを売りつけてきます。

 

道をふさがれたり、付きまとわれたりするため、以下の3つを常に心掛けましょう。

 

  • 反応しない
  • 止まらない
  • バッグは前にして、バッグの閉まっているチャックの部分から手を離さない

 

それらの商人が売っているものはとても安いですが、偽物で違法の販売です。

気付けば商人が何メートルも付きまとって売りつけてくるので、歩くスピードをなるべく早めたりして回避するようにしましょう。

 

さらに、スリにも遭いやすく、パリの絶景を堪能したあと気が緩み、気付かないうちにお財布やスマートフォンがなくなっているという事件も発生しています。

常にバッグのチャックを手で抑えつつ、防犯対策を徹底するように心掛けてください。

 

エッフェル塔に行く時の服装

 

エレベーターで登るだけなら好きな服装で問題ありませんが、階段で登るならスニーカーや運動靴などの登りやすい靴を選びましょう。

 

また、1つ星レストラン「ジュール・ヴェルヌ(Le Jules Verne)」へ行く場合はドレスコードが必須です。

そのため、カジュアルなTシャツや短いパンツは避けるようにしましょう。


 

エッフェル塔のおすすめフォトスポット

 

エッフェル塔を訪れたらここで写真を撮っておくのがおすすめ!

外せないおすすめのフォトスポットをご紹介します。

 

Eiffel Tour
地上から

 

エッフェル塔の敷地内から上を見上げると、迫力のあるエッフェル塔を撮ることができます。

 

Eiffel Tour Palais de Chaillot
シャイヨー宮&トロカデロ庭園

 

第二展望台から、シャイヨー宮の方面です。

手前からイエナ橋、トロカデロ庭園、シャイヨー宮があり、奥にある森がブローニュの森です。

 

Eiffel Tour
シャン・ド・マルス公園

 

第二展望台からシャン・ド・マルス公園の方面です。

シャン・ド・マルス公園の先にある建物は、エコール・ミリテールという旧陸軍士官学校です。

 

Eiffel Tour
トロカデロ庭園から

 

トロカデロ庭園から見るエッフェル塔です。

 

Eiffel Tour
舟の上から

 

セーヌ川でバトー・ムーシュという舟の上から見るエッフェル塔です。

夜間ライトアップをしているエッフェル塔の写真の著作権侵害にあたるため残念ながら掲載できませんが、舟の上から見るエッフェル塔の夜景はとてもオススメです。

 

エッフェル塔はシャンパン・フラッシュという名で知られるように、毎日夜の正時から約5分間、息をのむほどの美しい光を放ちます。

始まる時間は季節によって異なりますが、終わる時間は一定で24時に終了します。

 

現地で見るシャンパン・フラッシュの美しさは別格ですよ!

 

エッフェル塔の観光情報

 

住所 : Champ de Mars, 5 Avenue Anatole France, 75007 Paris, フランス

マップ: Googleマップ

アクセス :

6番線のBir-Hakeim(ビラケム) 駅・・・徒歩10分
9番線のTrocadéro(トロカデロ)駅・・・徒歩15分
8番線のEcole militaire(エコール・ミリテール)駅・・・徒歩15分
Champ de Mars – Tour Eiffel(シャン・ド・マルス=トゥール・エッフェル)駅・・・徒歩7分

電話番号 : +33892701239

定休日 : 7月14日

営業時間 :

9月2日~7月6日ー9:30~23:45
7月7日~9月1日ー9:00~24:45

公式URL : エッフェル塔

 

 

今回は、エッフェル塔の見どころや観光する上での注意点をご紹介しました。

 

いつも観光客で賑わっているエッフェル塔ですが、意外な歴史があり驚いた方もいるのではないでしょうか。

そんなエッフェル塔の持つ歴史に思いを馳せながら、エッフェル塔の中からパリの街を一望したり、外からエッフェル塔の美しさに見惚れたりと、エッフェル塔を360度堪能してみてください。


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(799)
北海道・東北(53)
  北海道(29)
  青森(3)
  岩手(2)
  宮城(12)
  秋田(1)
  山形(4)
  福島(2)
関東(331)
  埼玉(12)
  千葉(30)
  東京(192)
  神奈川(65)
  茨城(8)
  栃木(11)
  群馬(6)
  山梨(7)
甲信越・北陸・東海(105)
  長野(14)
  新潟(9)
  富山(3)
  石川(16)
  福井(2)
  岐阜(11)
  静岡(31)
  愛知(12)
  三重(7)
近畿(118)
  滋賀(7)
  京都(53)
  大阪(31)
  兵庫(15)
  奈良(8)
  和歌山(4)
中国・四国(51)
  鳥取(3)
  島根(5)
  岡山(8)
  広島(15)
  山口(3)
  徳島(4)
  香川(7)
  愛媛(4)
  高知(2)
九州・沖縄(95)
  福岡(16)
  佐賀(2)
  長崎(7)
  熊本(10)
  大分(12)
  宮崎(4)
  鹿児島(13)
  沖縄(31)

国外エリア一覧

東南アジア(28)
ヨーロッパ(100)
東アジア・中国・台湾(23)
南アジア・インド・ネパール(6)
中近東(7)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(11)
オセアニア(12)
アフリカ(7)
北米(21)
中南米(12)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(672)
イベント情報(379)
ショッピング・買い物・お土産(568)
遊園地・テーマパーク(591)
ビジネス・出張(198)
ロケ地、舞台(213)
世界遺産(190)
乗り物・交通・アクセス(817)
宿・旅館・ホテル(227)
旅行準備(470)
歴史・豆知識(1008)
温泉・スパ(190)
絶景(578)
聖地巡礼(38)
観光旅行(1014)
食事・グルメ(659)
おすすめ/ランキング(888)
デート(777)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(442)
ツアー/旅程(254)
海水浴場・ビーチ・リゾート(78)
日帰り旅(99)
1泊2日(72)
寺院・神社・教会(102)
パワースポット(38)
ファミリー(168)
1人旅(164)
雨の日(30)
モデルコース(13)
メーカー/ブランド(8)

人気記事ランキング