logo

top

「WILD THINGS(ワイルドシングス)」の特徴や人気商品、おすすめコーデを紹介!





アウトドア好きにとって「機能的かつおしゃれなウェアでアウトドアを楽しみたい!」という思いは誰しもあるはず。
そんな方におすすめなのが、機能性とデザイン性を兼ね備えたブランド「WILD THINGS(ワイルドシングス)」。

ビームスをはじめ大手セレクトショップでも取り扱われる高いデザイン性がある一方で、アメリカ軍にも正式採用されるほどの機能性がウリのブランドです。
本記事では、ワイルドシングスのクライミングパンツやジャケット、サコッシュやリュックなど、おすすめアイテムをご紹介します。

【目次】「WILD THINGS(ワイルドシングス)」の特徴や人気商品、おすすめコーデを紹介!

 

おしゃれアウトドアブランドなら「WILD THINGS(ワイルドシングス)」で決まり!

実は1981年誕生の老舗アウトドアブランド

ブランドコンセプトは”LIGHT IS RIGHT”

ワイルドシングスはどこで買える?店舗は?

別注アイテムにも注目!

コラボアイテムがアツい!

玄人好みのミリタリーラインがアツい!

ワイルドシングスを使ったコーディネートご紹介!

メンズ

レディース

ワイルドシングスのおすすめアイテム

マウンテンパーカー

サコッシュ・ショルダーバッグ

クライミングパンツ

バッグ

キャップ

Tシャツ

 

 


おしゃれアウトドアブランドなら「WILD THINGS(ワイルドシングス)」で決まり!

 

wildthings_16

 

「WILD THINGS(ワイルドシングス)」はサコッシュやキャップ、クライミングパンツが代表アイテムのアウトドアブランドです。

登山をはじめキャンプやフェス、クライミングで愛用するユーザーが多く見受けられます。

 

アウトドア・アイテムは、機能性を追求したものかおしゃれさを追求したものかに大きく二分されます。

実際にアウトドア・アイテムを見てみると、思いのほか「ガチすぎ」ておしゃれさが欠けていたり、おしゃれなものは機能性が弱くフィールドで使えなかったりしますよね。

そんなバランス感覚を上手くとっているのがワイルドシングスです。

 

プロの登山家や軍隊にも採用されるエクストリームな仕様ながら、本格的な登山ブランドと異なりオシャレ度が高いのがワイルドシングスの特徴です。

綿や麻素材も上手く用いており、「抜け感」のあるバランス感覚の高いアイテム作りに定評があります。

そのおしゃれさは、ビームスのように感度の高いセレクトショップが取り扱っていることからもわかります。

 

実は1981年誕生の老舗アウトドアブランド

 

wildthings_03

 

ここ最近、アウトドア界・ファッション界を騒がせている印象の強いワイルドシングスですが、実は1981年に誕生した老舗ブランドです。

登山家のジョン・ボーチャードとマリー・ムニエによって、アメリカ・マサチューセッツ州ノースコンウェイで創業されました。

 

アメリカの登山家やクライマーとともにプロダクトを開発して成長し、2000年代に入ると米軍特殊部隊の発注を受けてタクティカルギアを製造するようになりました。

以降、ミリタリーとアウトドアを基軸としてウェアからリュックに至るまで、様々なアウトドアギアを製造しています。

 

ブランドコンセプトは”LIGHT IS RIGHT”

 

wildthings_04

 

ワイルドシングスのコンセプトは、1983年に掲げた”LIGHT IS RIGHT(軽く、タフでなければならない)”。

軽量にこだわり、防水透湿素材「GORE-TEX(ゴアテックス)」やマイクロファイバー素材「Primaloft(プリマロフト)」などの最新素材も積極的に取り入れて製品開発を行っています。

クライマーやハイカー、キャンパーだけでなく、タクティカルユースまで使われていることを考えると、ワイルドシングスのクオリティの高さがわかりますね。

 

日本ではセレクトショップが多く取り扱っていることもあり、クライミングユースやフェス、キャンプユースなど「おしゃれアウトドアブランド」という印象が強いですが、本国アメリカではれっきとした「ガチアウトドア」ブランド。

アイテムも本格的にアウトドアアクティビティに使えるモデルが多くラインナップされています。

 

 

ワイルドシングスはどこで買える?店舗は?

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by beaver_shinjuku (@beaver_shinjuku) on

 

ワイルドシングスは全国のセレクトショップやアウトドア量販店を中心に展開しています。

現在、ワイルドシングスのみを取り扱った店舗というのはありませんので、「ワイルドシングスのアイテムをできるだけ多く見てみたい」という方は事前に店舗に問い合わせるのが良いでしょう。

 

ワイルドシングスをお探しの方は「おしゃれにアウトドアを楽しみたい!」という方が多いハズ。

そんな方は、独自の視点でアイテムをセレクトしているセレクトショップで購入するのがおすすめですよ。

ワイルドシングスは、ビームスやフリークスストア、BEAVERなど大手セレクトショップにて取り扱われています。

 

別注アイテムにも注目!

 

ワイルドシングスといえば、セレクトショップとともに積極的に別注アイテムを展開しているのも特徴です。

特にビームスやフリークスストアといったショップとのコラボは必見!

人気のあまりすぐに店頭から姿を消してしまうものも多いので、見つけた方はお早めに入手することをおすすめします。

 

コラボアイテムがアツい!

 

 

セレクトショップとのコラボは他のブランドでも目にしますが、「コカ・コーラ」のようにユニークなブランドとコラボを行っているのもワイルドシングスの特徴。

アウトドアやファッションの枠にとどまらないところからは、積極的なブランドの姿勢を感じ取れます。

 

玄人好みのミリタリーラインがアツい!

 

wildthings_18
ワイルドシングス タクティカル スモーキングジャケット: 楽天市場

 

ワイルドシングスが得意とするギアは、軽量かつタフなものが多く、これらはアメリカ特殊部隊にも提供されています。

 

ミリタリー好きにおすすめなのが、ミリタリーライン「ワイルドシングスタクティカル」。

コヨーテやカモ、カーキなどミリタリーカラーは、アウトドアはもちろん、タウンユースにも非常に合わせやすいです。

 

 


ワイルドシングスを使ったコーディネートご紹介!

 

ワイルドシングスのアイコン的アイテム「デナリジャケット」や定番のクライミングパンツ、サコッシュなど、定番アイテムを使ったおしゃれコーデがずらり。

メンズ・レディース問わず、ワイルドシングスを使ったコーディネートはどれもおしゃれで真似したくなるものばかりですよ。

 

メンズ

 

ワイルドシングスの魅力といえば、アウトドアだけでなくタウンユースでもおしゃれに使いこなせるデザイン性の良さ。

 

このリネンコットンのシャツも、デザイン性の良さを象徴するようなアイテムです。

リネン素材を採用しており涼しいので、タウンユースだけでなく、キャンプやフェスにも使うことができます。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by bluebeat tosu (@bluebeat_tosu) on

 

ワイルドシングスの定番「ウェストポーチ」を使ったコーデ。

 

トレンドでもあり、どんな色合いにも合いやすいアースカラー「ベージュ」のウェストポーチを使った定番コーデです。

耐久性が高く防水性能も併せ持つ素材「X-Pac」を採用しており、日常生活でもアウトドアでも活躍してくれます。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by サカゼン カジュアル (@sakazen_casual) on

 

こちらはワイルドシングスの定番ショーツを合わせたコーデ。

アウトドアブランドには珍しいチェック柄のアイテムです。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by BEAMS KAWASAKI OFFICIAL (@beams_kawasaki) on

 

レディース

 

定番の半袖シャツを使ったコーデ。

 

ガチガチのアウトドアウェアにはない、ほどよいアウトドア感を生み出してくれます。

恋人と揃えてペアルックも素敵ですね。

 

 

フリークスストアが別注で手がけているのはクリエイティブな「モンスターパーカ」。

近年流行のオーバーサイズで、おしゃれに使いこなせるアイテムです。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by FREAK'S STORE online (@freaksstore_online) on

 

カジュアルやアウトドアだけでなく、ストリートにも合ってしまうのがワイルドシングスのすごいところ。

 

こちらは、ストリートにぴったりのキャップ+パーカーというコーデ。

背中に回したパープルのウェストポーチは、差し色として効いています。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by RiNc (@rinc_tokyo) on

 

 

ワイルドシングスのおすすめアイテム

 

クライミングパンツやアウタージャケット、サコッシュなど、アウトドアにも使えてタウンユースにもおしゃれに着こなせるものが多いです。

 

マウンテンパーカー

 

wildthings_07
デナリジャケット: 楽天市場

 

ワイルドシングスのアイコン的アイテムとしてまず挙げられるのが、マウンテンパーカー「デナリジャケット」です。

1983年の初登場以降、マイナーチェンジを繰り返しながら販売され続けてきたという驚きの歴史の長さを誇るアイテム。

 

デナリジャケットの特徴は、軽く機能的でタフであること。

ハイエンドモデルとして、秋〜春山のアウタージャケットとして使える防風性・保温性・防水性を備えたアイテムです。

 

防水透湿素材は「eVent(イーベント)」を採用し、雨や雪の中でもムレず、かつeVent特有のしなやかさもあって非常に動きやすいのが特徴です。

2018年モデルからプリマロフトを使ったライナーが取り外せるようになり、保温能力が調整可能に。

ライナーは単体でも使うことができるので、3通りの着こなしができるのです。

 

また、街着としてタウンユース映えするデザイン性の高さ、シルエットの美しさはさすがの一言。

アウトドアアイテムはどうしても「ガチすぎる」印象になってしまいがちですが、ワイルドシングスの「デナリジャケット」はカジュアルにもストリートにもおしゃれにハマるのが嬉しいポイントです。

 

wildthings_01
デナリライトジャケット: 楽天市場

 

ワイルドシングスのアイコン的アイテム「デナリジャケット」は、先ほどご紹介したように取り外し可能なライナーが付属しています。

暑いと感じるときには、ライナーを取り外すことで対応できるという汎用性の高いアイテムでした。

 

ただ、夏山や夏のタウンユースでは、それでも暑く感じてしまうのも事実です。

トラベルユースを想定すると、少しかさばってしまうのも弱点として挙げられます。

 

そんなウィークポイントを解決してくれるのが「デナリライトジャケット」です。

「デナリジャケット」をベースに軽量化を施したジャケットで、軽量性を追求するため3レイヤーの「SAITOS」という生地が採用されているのが特徴です。

 

聞き慣れない名前の「SAITOS」ですが、これは日本の繊維メーカー「小松マテーレ」という会社が開発・販売している合成繊維。

特殊ポリウレタンフィルムを使用し、耐水性と透湿性を両立させた防水透湿性素材です。

 

デナリジャケットの定価7万円に対して、デナリライトジャケットは3万円台。

コストパフォーマンスが高いのもデナリライトジャケットのポイントです。

 

サコッシュ・ショルダーバッグ

 

wildthings_08
サコッシュバッグ: Amazon

 

フェスをはじめ、登山、キャンプなどのアウトドアユースにとても便利な「サコッシュ」。

近年爆発的なブームを巻き起こし、アウトドア界を超えてファッションアイテムと言われるまでになりました。

 

本体素材には防水素材「X-Pac」を採用しています。

「X-Pac」は、ポリエステルのフィルムと格子状に編まれたポリエステル糸「X-Ply」を表地と裏地で挟んだ4層構造でつくられたフィルムで、防水性能と耐久性が非常に高いのが特徴です。

 

ワイルドシングスのサコッシュバッグは、X-Pacを採用していることに加え、上部ジッパーに防水シームテープ処理を施すことによって防水性を高めています。

B5サイズで使いやすく、外側に2種類のポケットがついたシンプルな構造が使いやすいです。

 

wildthings_09
ショルダーバッグ: Amazon

 

貴重品を入れるのにちょうどいいサイズ感のショルダーバッグは、サコッシュバッグと並んでワイルドシングスの定番アイテム。

500mlペットボトルと長財布、スマートフォンなどが入るサイズなので、フェスなどのイベントをはじめ、外出にもぴったりのバッグです。

 

素材はサコッシュバッグと同じく防水・タフな「X-Pac」製。

登山においても、カメラや地図、携行食を入れておくポシェットとして使うことができます。

 

クライミングパンツ

 

デナリジャケット、サコッシュと並ぶワイルドシングスの定番として挙げられるのが「クライミングパンツ」です。

大きく分けて、フルレングスとショートパンツの2種類がラインナップされています。

 

wildthings_10
クライマークライミングパンツ: 楽天市場

 

ワイルドシングスの定番プリント柄「クライマープリント」を使ったクライミングパンツ。

簡素な装備でクライミングに挑むクライマーを描いたプリントで、80年代に創業者マリーの友人のアーティストが描いて以降、クライミングショーツやクライミングパンツをはじめ様々なアイテムに採用されています。

カモ柄のように見えますが、よく見るとたくさんのクライマーが見てとれるユニークなパターンが特徴です。

 

コットン100%で作られており、丈夫でタフな使用にも耐えられるため、クライミングはもちろん日常生活でのヘビーユースにも最適です。

クライミングパンツの特徴とも言える片手で開閉できるベルトループや、股が180度開く「ガゼットクロッチ」も採用されています。

ヒップ右側にあるジッパー付きのポケットも嬉しいポイントです。

 

wildthings_11
ストレッチチノ クライミング ショートパンツ: 楽天市場

 

クライミングショーツといえばコットン100%でできた丈夫な素材感が特徴ですが、この「ストレッチチノ クライミング ショートパンツ」はその名の通り素材にストレッチ性があるのがポイント。

コットンに加え、ポリエステルを3%配合した素材は非常にストレッチ性が高く、着ていてもストレスを感じない楽な履き心地が特徴です。

 

ベルトループやジッパー、裾のポケットなど、シンプルなクライミングパンツに1手間加え、タウンユースやフェスユースにも使いやすい工夫が良いですね。

 

バッグ

 

wildthings_12
バックパック: Amazon

 

ワイルドシングスのリュックはどれもクオリティが高く、かつ街でも使えるオシャレ感が魅力のアイテムばかりですが、こちらのバックパックもその2つを兼ね備えたプロダクトです。

 

防水性の高いX-Pac素材に加え、上部にはフラップがついているため防水性はさらに強化。

そもそもがアウトドアユースを前提に作られているため、ショルダーベルトも非常に頑丈で、重いものを入れてもびくともしません。

 

A4サイズに対応しているため、ノートパソコンや資料も入れることができ、通学カバンとしても大活躍してくれますよ。

 

キャップ

 

 

アウトドアといえば欠かせないのが「帽子」です。

紫外線は年中降り注いでおり、季節に関わらず行う必要があります。

 

ワイルドシングスのロゴが入ったキャップは定番アイテム。

シンプルなコットン素材の帽子はアウトドアをはじめストリート、カジュアルとコーディネートを選ばないのが特徴です。

 

コットン素材なので、登山のような本格的なアクティビティには向きませんが、キャンプやフェス、デイリーユースには特におすすめなアイテムと言えるでしょう。

 

Tシャツ

 

wildthings_14
S/S FROCKING LOGO(S/S フロッキングロゴ): 楽天市場

 

「S/S FROCKING LOGO(S/S フロッキングロゴ)」は、ワイルドシングスのブランドロゴを大きく使ったビッグシルエットのTシャツ。

ウェイト感のある天竺素材で作られており、肌さわりもなめらかで着心地が良いのが特徴です。

 

トレンドのビッグシルエットも嬉しいポイント。

ロゴTシャツはアウトドアブランドのTシャツの定番ですが、アウトドアだけでなく、ストリートスタイルにもハマるファッション性の高さがワイルドシングスらしいですね。

 

色はミリタリー感あるカーキがおすすめ。

ロゴの同色プリントもトレンドをしっかりおさえており、さすがの一言です。

 

wildthings_15
VULTURE(バルチャー): 楽天市場

 

アウトドアTシャツといえば、かわいいグラフィックの入ったものを着たいですよね。

そんな方におすすめなのが、ワイルドシングスの「VULTURE(バルチャー)」です。

 

胸に入ったバード柄が、アメリカっぽくどこかクラシックでおしゃれ。

綿100%で着やすく、3,200円という価格設定も良心的ですね。

 

 

おしゃれかつ機能的なアウトドアブランド「WILD THINGS(ワイルドシングス)」についてご紹介しました。

機能性にこだわるあまり「ガチすぎる」印象を与えてしまうアウトドアブランドも多い中、美しいシルエットやプリント柄のユニークさ、ナチュラル感を意識した素材のセレクトなど、おしゃれにもこだわって作られているのがワイルドシングス。

 

デザイン性にもこだわる一方で、アメリカ軍にも装備提供しているほどの「技術力の高さ」も光っており、GORE-TEX(ゴアテックス)やeVent(イーベント)、Primaloft(プリマロフト)など、最新鋭の素材を使ったプロダクトも要注目です。

フェスや登山において、おしゃれにアウトドアを楽しみたいという方には欠かせないブランドですよ。


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(495)
北海道・東北(41)
  北海道(24)
  青森(3)
  岩手(2)
  宮城(7)
  秋田(1)
  山形(3)
  福島(1)
関東(165)
  埼玉(7)
  千葉(11)
  東京(91)
  神奈川(35)
  茨城(4)
  栃木(7)
  群馬(5)
  山梨(5)
甲信越・北陸・東海(75)
  長野(11)
  新潟(7)
  富山(3)
  石川(13)
  福井(1)
  岐阜(5)
  静岡(21)
  愛知(7)
  三重(7)
近畿(81)
  滋賀(7)
  京都(30)
  大阪(21)
  兵庫(15)
  奈良(5)
  和歌山(3)
中国・四国(33)
  鳥取(1)
  島根(5)
  岡山(7)
  広島(8)
  山口(3)
  徳島(2)
  香川(4)
  愛媛(1)
  高知(2)
九州・沖縄(66)
  福岡(10)
  佐賀(2)
  長崎(7)
  熊本(11)
  大分(9)
  宮崎(2)
  鹿児島(8)
  沖縄(17)

国外エリア一覧

東南アジア(19)
ヨーロッパ(52)
東アジア・中国・台湾(19)
南アジア・インド・ネパール(2)
中近東(6)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(9)
オセアニア(8)
アフリカ(2)
北米(15)
中南米(4)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(518)
イベント情報(361)
ショッピング・買い物・お土産(467)
ビジネス・出張(163)
ロケ地、舞台(169)
世界遺産(121)
乗り物・交通・アクセス(588)
宿・旅館・ホテル(175)
旅行準備(417)
歴史・豆知識(703)
温泉・スパ(152)
絶景(430)
聖地巡礼(30)
観光旅行(655)
食事・グルメ(530)
おすすめ/ランキング(571)
デート(556)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(419)
ツアー/旅程(235)
海水浴場・ビーチ・リゾート(63)

人気記事ランキング