logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 千葉

幕張新都心のおすすめ観光スポット5選!モダンなオフィス街と海浜エリアが融合した地域





幕張新都心は、千葉市美浜区をメインとする日本最大の新都心です。
イオン本社をはじめ大手企業のオフィスビルが立ち並び、国際会議や展示会を行う幕張メッセがあります。

その他にもマリンスタジアムやアウトレット、日本最大級のイオンモールにコストコなど、生活に必要なものや娯楽は全て揃っています。

集合住宅群エリアは、グッドデザイン賞や日本建築学会賞を受賞したおしゃれな街並みで、少し都心から離れれば海が広がっています。

本記事では、人気エリアである幕張新都心をピックアップ。
おすすめの観光スポットを紹介します。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】幕張新都心のおすすめ観光スポット5選!モダンなオフィス街と海浜エリアが融合した地域

 

幕張には3つの駅がある

幕張駅

幕張本郷駅

海浜幕張駅

1. 幕張メッセ

2. 三井アウトレットパーク幕張

3. イオンモール幕張新都心

グランドモール

ファミリーモール

アクティブモール

ペットモール

4. ZOZOマリンスタジアム

5. 県立幕張海浜公園

Aブロック

Bブロック

Cブロック

D〜Gブロック

 

 

幕張には3つの駅がある

 

幕張

 

幕張には「幕張駅」、「幕張本郷駅」、「海浜幕張駅」と幕張という文字がつく駅が3つあります。

幕張駅は観光目的で使うことはなく、幕張の中心地に一番近い駅は海浜幕張駅です。

 

ここでは、誤解しやすい幕張の3つの駅について解説します。

 

幕張駅

 

幕張

 

幕張駅は幕張新都心の主要駅のような感じがしますが、実はこの3つの駅で最も駅前が落ち着いた雰囲気となっています。

 

JR総武線が通っており、徒歩3分ほどのところに京成線の「京成幕張駅」があるので、利便性が悪いわけではありませんが、駅前は小さなスーパーがあるくらいです。

 

幕張

 

民家が多いエリアで、幕張を観光する際には使うことはまずありません。

観光の際に間違えて降りないように気を付けてください。

 

幕張本郷駅

 

幕張本郷

 

幕張本郷駅は、JR総武線と京成線の「京成幕張本郷駅」が接続している駅です。

幕張駅は総武線と京成線が接続しておらず、乗り換えに一度駅を出なければいけませんが、幕張本郷駅は接続駅となっているため利便性が高く、利用者も多い駅です。

 

幕張本郷

 

そのため、千葉県免許センターや海浜幕張駅、幕張メッセ、イオンモール幕張新都心、ZOZOマリンスタジアムなど、幕張の主要スポットへもバスが出ています。

 

幕張本郷

 

後述する海浜幕張駅の方が都心部には近いですが、幕張本郷駅は総武線があるのでアクセスがしやすく、観光の際に使うという方も多い駅です。

 

海浜幕張駅

 

海浜幕張

 

海浜幕張駅は幕張の中心地にある駅で、幕張新都心の玄関口となっている駅です。

その理由が、とにかく幕張各スポットへのアクセスが良いということです。

 

幕張メッセへは徒歩10分、ZOZOマリンスタジアムへは徒歩13分、三井アウトレットパーク幕張へはなんと徒歩1分。

もちろん幕張メッセやマリンスタジアムへはバスも出ているので、10分以上も歩きたくないという方でも安心です。

 

さらに、駅前に広がるイオン本社をはじめとしたオフィスビルやホテル、商業施設へのアクセスも抜群です。

 

駅前からは幕張各場所へのバスはもちろん、茨城方面や千葉の銚子方面、羽田空港や成田空港への高速バスも出ており、JR京葉線の途中駅では唯一特急電車が停車する駅です。

 

海浜幕張

 

幕張観光の際に使う場合は不便を全く感じない駅ですが、唯一の欠点が路線がJR京葉線しか通っていないこと。

東京駅から乗り換えせずに来ることができますが、そうでないと海浜幕張駅に来るまでイマイチ乗り換えが面倒な路線です。

 

したがって、JR京葉線にアクセスが良いところなら海浜幕張駅を、京葉線にアクセスが悪いところからであれば幕張本郷駅とバスを利用するのがいいでしょう。


 

1. 幕張メッセ

 

メッセ

 

幕張メッセは、国際会議場に国際展示場、11ものイベントホールがあり、アジア有数のコンベンションセンターとなっています。

 

メッセ

 

主だったイベントでは、今までに東京モーターショーや東京ゲームショー、ニコニコ超会議などが開催されています。

コロナ前は毎日のようにイベントが開催され、2017年には841件ものイベントが開催されていました。

 

幕張メッセはかなり広いので、イベントに参加した時に迷わないように、ある程度の建物の知識を入れておいた方がいいでしょう。

 

幕張メッセは「国際展示場」、「国際展示場北ホール」、「国際会議場」、「幕張イベントホール」の4つの建物から構成されています。

国際展示場は1〜8ホール、国際展示場北ホールは9〜11ホールがあります。

 

メッセ

 

幕張メッセの魅力はもちろんイベントですが、実は建築物の外観もとても趣があり、数々の賞を受賞しています。

 

千葉県の房総半島の山をイメージしたという、丸みを帯びた独特の屋根が特徴の国際展示場は、第32回BCS賞(建築業協会賞)、IAITAクォーターナリオ賞を受賞。

 

メッセ

 

一方、房総半島の波を表現しているという国際展示場北ホールは、第40回BCS賞、第5回千葉県建築文化賞を受賞しています。

 

メッセ

 

幕張メッセは海浜幕張駅から徒歩で10分程度、駐車場も5,000台を超える駐車スペースがあります。

 

幕張に遊びに行く際は、事前に幕張メッセでどんなイベントが開催されているかを調べてから行くようにしましょう。

 

幕張メッセ


住所 : 千葉県千葉市美浜区中瀬2-1

マップ : Googleマップ

電話番号 : 043-296-0001(代)

アクセス :

JR京葉線「 海浜幕張駅」から徒歩5分
JR総武線・京成線「幕張本郷駅」よりバスで約17分

営業時間 : イベントにより異なる


 


2. 三井アウトレットパーク幕張

 

アウトレット

 

最近は日本各地にアウトレットが点在し、日本でもアウトレット文化がかなり根付いてきました。

 

アウトレットというと皆さんは何をイメージするでしょうか。

「安い」という前に、まず「遠い」とイメージする方も多いのではないでしょうか。

 

アウトレットは広大な場所を必要とするため、どうしても郊外にできることが多く、車がないと行けないという場所が多いのが事実です。

そんなアウトレットの「遠い」というイメージを覆すのが、今回ご紹介する「三井アウトレットパーク幕張」です。

 

アウトレット

 

三井アウトレットパーク幕張の一番の特徴は、そのアクセスの良さ。

幕張には3つの駅がありますが、三井アウトレットパーク幕張は、その最も中心となる海浜幕張駅から徒歩なんと1分。

駅から出たらすでにアウトレットが見えているという近さです。

 

アウトレット

 

海浜幕張駅自体も東京駅から乗り換えなしで30分程度。

もちろん、駐車場も約800台駐車できるスペースがあるため、駅前のアウトレットでも車で行くことも可能です。

 

アウトレット

 

店舗数は140店舗と特別多いわけではありませんが、有名ブランドは一通り揃っているので、欲しかったアイテムをお求めやすく見つけられるかもしれません。

 

アウトレットモール館内にはベンチが多く配置されており、ゆっくり休憩できるスペースが多くあります。

 

アウトレット

 

また、Dサイトの最上階にはROOF TERRACEがあります。

 

アウトレット

 

レストランやカフェも併設されており、開放感のある屋上でゆっくりティータイムを過ごすこともできます。

 

アウトレット

 

都会からすぐ近くでショッピングを楽しむことができ、都心部とは思えないゆったりとした時間を過ごすこともできる三井アウトレットパーク幕張は、幕張エリアでもおすすめの観光スポットです。

 

三井アウトレットパーク幕張


住所 : 千葉県千葉市美浜区ひび野2-6-1

マップ : Googleマップ

アクセス :

JR京葉線「 海浜幕張駅」南口から徒歩1分
JR総武線・京成線「幕張本郷駅」よりバスで約12分

電話番号 : 043-212-8200

営業時間 :

【ショップ】10:00~20:00
【レストラン】店舗により異なる

休園日 : 不定休


 

3. イオンモール幕張新都心

 

イオン

 

ここのイオンモールは他のイオンモールとは違います。

 

それは、とにかく大きいこと。

イオンモール幕張新都心は、「グランドモール」、「ファミリーモール」、「アクティブモール」、「ペットモール」の4つのエリアとなる大きな建物から構成され、延床面積が約40.2万平方メートルと日本最大級のショッピングモールなんです。

 

それもそのはず、売上総収入8兆円という日本の小売業でダントツトップの企業「イオン」の本社は、千葉県千葉市美浜区。

そう、ここ幕張に本社があるんです。

 

イオン

 

イオンの本拠地に建っているイオンモールが大きくないわけがない!

 

イオンモールの横にはコストコも建っているのですが、イオンモールの4つの建物にコの字型に囲まれたコストコが小さく見えてしまうほどの大きさです。

 

もちろん、大きいだけでなく施設内容も充実しています。

イオンスタイルの他に350もの専門店を有しています。

 

イオン

 

350もの店舗があるため目的もなく行ってしまうと、全て見るだけで3時間ほどはかかってしまいます。

イオンモール幕張新都心は4つのエリアに分かれ、それぞれのエリアコンセプトごとに特徴があるので、イオンモール幕張新都心へ行く場合はあらかじめ目的を決めて行くようにしましょう。

 

グランドモール

 

イオン

 

グランドモールは、イオンモール幕張新都心で最も中心となるエリアです。

ファッションや雑貨店などのショッピングをしたい場合は、グランドモールへ行きましょう。

 

イオン

 

ショッピングができるのはもちろん、グランドモールはデートや家族で遊ぶのにもぴったりな娯楽施設も多くあります。

 

まず紹介したいのがイオンシネマです。

 

イオン

 

ただの映画館ではなく、特別な設備がある映画館です。

 

8番スクリーンにあるのが、DOLBY ATMOS(ドルビーアトモス)です。

ドルビーアトモスの特徴は、とにかく臨場感がすごいこと。

今までの映画館の音響の場合、例えばヘリコプターが飛び立つ音と車のクラクションが鳴るシーンがあった場合でも、その音はミックスされていました。

 

しかし、ドルビーアトモスでは、それぞれの音が独立し、映画館のどの位置からでも自然な音響を再現することができるんです。

先程の例でいうと、ヘリコプターの音は頭上から聞こえ、車のクラクション音は左から聞こえてくるなんていうことができるんです。

そのため、自分がまさに映画の中にいるような、臨場感溢れる音を楽しむことができます。

 

また、予約が必要となりますが、7番スクリーン、8番スクリーンにはD-Boxが導入されている座席もあります。

 

D-Boxとは、低音に反応して振動する椅子とは異なり、映画のシーンやアクションに合わせた動きを再現する最新システムの座席です。

動きには上下・左右・前後さまざまな動きがあり、例えばカーチェイスのシーンではカーブや道路の感覚を体感でき、飛行機のシーンでは急降下や浮いたりする感覚がリアルに味わえます。

 

イオン

 

8番スクリーンではこれら2つにプラスして、最新テクノロジーで驚異的な明るさと鮮明さを実現した画面を、天井ギリギリまで迫り左右いっぱいに広がる特別使用のシルバースクリーンを採用した新時代シアターURTIRA(ウルティラ)を完備。

 

最新鋭の映画館を楽しんでみたい方は、ぜひ一度イオンモール幕張新都心のイオンシネマへ行ってみてください。

 

続いてグランドモールでおすすめしたいスポットは、「よしもと幕張イオンモール劇場」です。

 

イオン

 

名前の通り吉本興業の常設施設で、ショッピングモール内に常設劇場を設けるのは吉本興業でも日本初の試み。

平日の14:30〜から開催されるネタとゲームコーナーの「幕張ネタライブ」や、土日は豪華メンバーを迎え1日3回の公演の他、夜は単独ライブや企画ライブなど盛りだくさん。

 

イオン

 

出演者は日によって違いますが、ミルクボーイや和牛、すゑひろがりず、ジャングルポケットなど、普段テレビで見ている人気芸人も数多く出演します。

 

また、この劇場では芸人のライブだけでなくトークショーやアイドルのライブ、ダンスパフォーマンスなども行われているので、ぜひスケジュールをチェックしてみてください。

 

最後にグランドモールでおすすめしたいのが、グランドモール4階にある「グランドテラス」です。

 

グランドテラス

 

3階のエスカレーターから行けるグランドテラスからは、東京湾が一望できます!

天気がよければ富士山もきれいに見ることができますよ。

 

イオン

 

イオンモール幕張新都心はとにかく人が多いので、人混みに疲れた時はグランドテラスで一息つきましょう。

 

ファミリーモール

 

イオン

 

親子3世代を対象にしたファミリーエリアでは、子供と遊べるエンターテイメント施設や、メーカーのアンテナショップなど約80店舗が入っています。

 

ファミリーモールでは子供が過ごしやすい環境を整えており、子連れの家族に嬉しい子供専用のキッズトイレや、赤ちゃんとお母さんがゆったり過ごせるベビールームもあります。

 

イオン

 

イオン

 

フードコートとなる「ごちそうパーク」では、幼児用の低いテーブルや椅子が設置されているコーナーもあり、まさにファミリーモールの名前通りの親子で行くのにぴったりな施設となっています。

 

イオン

 

ファミリーモールで親子で訪れて欲しいのが「カンドゥー」です。

 

カンドゥーは職業体験テーマパークで有名な「キッザニア」の創設者手がける施設で、日本初のレストラン併設型の職業体験テーマパークとなっています。

 

イオン

 

パイロットや警察官、ファッションショーのモデルやYoutuberまで幅広い職業の体験をすることができます。

各アクティビティには本格的な施設やコスチュームも用意され、遊ぶだけでなくしっかりとそれぞれの職業を体験できますよ。

 

イオン

 

カンドゥーでは、子供だけでなく大人も職業体験をすることができます。

大人の方も子供と一緒になって、昔にあこがれていた職業の体験をしてみるのも面白いですね。

 

ファミリーモールの3階には、子供に嬉しいスカイパークという屋上公園があります。

 

イオン

 

1,700㎡の屋上公園には芝生エリアが2つあり、ゆったり座れるスペースや噴水エリアもあります。

芝生なので、暑い時期には裸足の子供たちが思いっきり走り回っているのが見受けられます。

 

イオン

 

3階の屋内にはフードコートがあるので、そこでたこ焼きなどを買って外で食べるのも気持ち良いですよ。

 

イオン

 

アクティブモール

 

イオン

 

アクティブモールでは、店舗内面積約1万5000平方メートルと国内最大級の規模となる「スポーツオーソリティ」をはじめとした、約20店舗のスポーツブランドが入っています。

 

イオン

 

アクティブモールの特徴は徹底した少人数スクールで、1人1人に行き届いた指導を行うインドアテニススクールや、屋外でバスケットができる「3 on 3コート」。

 

イオン

 

イオン

 

屋上には、富士山や東京湾を一望しながら思いっきりボールを蹴ることができる「K9フットサルパーク」など、とにかく体験施設が多いこと。

 

イオン

 

さらに、売り場に多くの体験コーナーが設置されているのもアクティブモールの特徴です。

 

約500本の試し打ちシャフトが揃っている「シャフトミュージアム」や「ゴルフシミュレーター」。

 

イオン

 

テニスやバドミントンのラケットの試し打ちや、サッカーの試し蹴りができる体験コーナーも充実しており、元プレイヤーの専門スタッフがアドバイスもしてくれます。

 

イオン

 

イオン

 

さらには、自転車の試乗コースまで完備しているサイクルゾーンなど、スポーツ用品を買う前の不安を取り除いてくれるようなサービスが充実していますよ。

 

イオン

 

ペットモール

 

イオン

 

国内最大級の総合ペットストアとなるペットモールは、とにかくペットへのサービスの充実ぶりがすごいです。

 

1階には介護サービスや医療ケアも行ってくれるペットホテルはもちろん、24時間診察可能な動物病院や、ペットを可愛くしてくれるトリミング、獣医師の指導のもとエクササイズやスイミングができるペット専用のプールまで完備している「ウォーターセラピー」があります。

 

イオン

 

イオン

 

屋外には開放感が気持ち良いドッグランがある他、雨でもペットが快適に運動できるように屋内ドッグランも完備しています。

 

イオン

 

イオン

 

ペットが遊び疲れたら、ドトールコーヒーショップ初となるペット一緒と入店できるDOG CAFEで、のんびりコーヒーやスイーツを楽しみながら愛犬と癒しの時間を過ごすことができます。

 

イオン

 

2階では様々な犬や猫をお迎えできる他、ペットフードやウエア、動物をモチーフにしたアクセサリーや書籍まで、数多くのペット関連の商品が販売されています。

 

イオン

 

ペット販売コーナーはもちろんですが、ビューティサロンやトレーニングルーム、ペット専用プールは全てガラス張りのため、ペットを飼っていない方でも楽しめる場所となっています。

 

イオン

 

もちろん、ペットモールでは館内全てのショップがペット同伴で入店することができます。

 

イオンモール幕張新都心


住所 : 千葉県千葉市美浜区豊砂1-1他 

マップ : Googleマップ

アクセス :
JR京葉線「 海浜幕張駅」からバスで7分
JR総武線・京成線「幕張本郷駅」よりバスで約10分

電話番号 : 043-351-7500

営業時間 :

【ショップ】10:00~21:00
【レストラン】11:00~21:00

休館日 : 年中無休


 


4. ZOZOマリンスタジアム

 

マリンスタジアム

 

ZOZOマリンスタジアムは、プロ野球の千葉ロッテマリーンズの本拠地のスタジアムです。

1989年に設立されたZOZOマリンスタジアムは、最新の設備を取り揃え、公認野球規則の条件を満たしているスタジアムです。

 

マリンスタジアム

 

どの席からもスタジアムを見渡すことができ、多目的野球場として高校野球やアマチュア野球の会場となることはもちろんのこと、コンサートや音楽フェスの会場にもなります。

 

マリンスタジアム

 

ZOZOマリンスタジアムの特徴は、様々な需要に応える豊富な種類のシートを準備していることです。

 

プライベート空間が確保されているので、子供がいても安心なピクニックボックス。

ベンチ裏の最前線で、選手の表情までも見える臨場感抜群の上、フットレス付きテーブルやクッション性のある座席が完備されているグランドシーサイドシート。

 

 

さらには冷暖房完備で座敷スタイルのまま、ゆったりと飲食を楽しみ観戦ができるお座敷ボールパーク。

ここでは飲み放題やフードコースもあり、インターホンで注文することができるので、プライベートパーティーをしながら野球を楽しむことができます。

 

 

他にもシングルベンチはもちろんのこと、バックネット裏で臨場感抜群のマスターズドリームシート、幅が55cmもありゆったりくつろげるワイドシートなどがあります。

 

また、最新の照明設備を有しているため、多くのコンサートや音楽も開催されます。

有名どころでは、サマーソニックやEDCジャパンなどの音楽フェスが有名です。

 

マリンスタジアム

 

野外のため、スモークやバルーンなども使われることが多く、終了時には花火が打ち上げられることも多い、コンサート会場としても人気のスタジアムです。

 

マリンスタジアム

 

ZOZOマリンスタジアム


住所 : 千葉県千葉市 美浜区美浜1

マップ : Googleマップ

アクセス :

JR京葉線「 海浜幕張駅」から徒歩15分、バスで6分
JR総武線・京成線「幕張本郷駅」よりバスで約20分

電話番号 : 043-296-1189

営業時間 : イベント開催内容により変化

休業日 : 年末年始、施設整備日


 

5. 県立幕張海浜公園

 

幕張公園

 

県立幕張海浜公園は、約70万㎡もの大きさを誇る千葉県随一の大型公園です。

 

公園はA〜Gの7つのエリアに分けられており、その中の1つのエリアであるFエリアにZOZOマリンスタジアムがすっぽり入っていることからも、その大きさがわかることでしょう。

 

幕張海浜公園にはいくつか駐車場はありますが、その大きさから目的もなく歩くとかなり時間がかかってしまいます。

そのため、本記事を読んで目的の場所に一番近いところに駐車するようにしましょう。

 

Aブロック

 

幕張公園

 

公園の北部に位置するAブロックの最北部には「出会いの広場」があります。

円形の大きな噴水が中央にあり、公園の周辺には学生街やショッピングセンターがあることから、待ち合わせの場所としてよく使われる場所です。

 

幕張公園

 

噴水も気持ちよく、9:00、10:00、11:00、13:30、15:00、16:30からは15分間。

12:00〜13:00の間は1時間噴水が出ます。

 

Aブロックは幕張の中でも都会側にある場所で、噴水広場はまるで都会にあるオアシスのようなので、晴れた日には噴水を眺めながらのんびりしている人も多くいます。

水は出ますが、小さい子供が中に入って水遊びすることはできないため注意してください。

 

出会いの広場から海側へ進むと、大きな芝生広場があります。

芝生広場を通り過ぎると見えてくるのが「彫刻と緑のプロムナード」です。

 

都会の喧騒に疲れた際、散歩するのにとても気持ち良い場所です。

 

幕張公園

 

Bブロック

 

幕張公園

 

Aブロックは大都会幕張の喧騒の中にあるオアシス、シックな落ち着いた場所という大人で落ち着いた雰囲気ですが、Bブロックは遊びの空間というイメージが強い場所です。

 

Bブロックのメインエントランスとなる「にぎわいの広場」には噴水やカナールなどがあり、落ち着いた雰囲気を演出しています。

夏にはバーベキューの会場ともなるので、週末は多くの人で賑わいます。

 

幕張公園

 

また、Bブロックにある大芝生広場は、幕張海浜公園で最も大きい芝生広場で週末には多くのファミリー客で賑わいます。

最も大きい芝生広場であるため、イベントの会場になることも多い場所です。

 

その他、大芝生広場を海側に向かうと見えてくるのが「わんぱく広場」。

わんぱく広場は子供が使用したことを想定した広場となっており、ターザンロープやジャンボリンなどが設置されている子供に大人気の広場です。

 

幕張公園

 

幕張公園

 

ここまで見るとBブロックは賑やかな場所しかなさそうに見えますが、もちろんのんびりできる場所もあります。

 

その一つが四季折々の花に囲まれた公園のシンボルともなっている「花時計」です。

関東一の大きさを誇る花時計は、綺麗な花に囲まれ時間を教えてくれる綺麗なアートです。

 

幕張公園

 

Bブロックでのんびりしたい時は、花時計周辺の場所かにぎわいの広場でくつろぐのが良いでしょう。

 

Cブロック

 

美浜園

 

CブロックはBブロックのアクティブな雰囲気から一転、海に向かって佇む日本庭園「美浜園」が広がります。

 

「日本の伝統文化を表現し、接してもらうこと」をコンセプトとして作られた美浜園は、日本の文化に親しむことができる、面積約1.6haの日本庭園です。

 

美浜園

 

美浜園は、「池泉回遊式庭園」という形式の庭園です。

池泉回遊式庭園は、室町時代から江戸時代にかけて完成された庭園形式で、大きな池を中心とし、その周りに園路を回らす形式です。

 

日本庭園では、古来から池を大切にしてきました。

園路には所々に橋をかけ、池の中に小島や石など浮かべて日本各地の景勝美を表現してきました。

 

そのため、この池泉回遊式庭園も大名や武家屋敷では一般的な庭園でした。

 

美浜園

 

また、美浜園の中には茶室「松籟亭(しょうらいてい)」もあります。

 

松籟亭は京都の北山杉を使った本格的な数寄屋造りの茶室で、抹茶と季節によって変わるお菓子のセットを頂くことができます。

 

美浜園

 

美浜園では、秋に「灯篭祭り」が開催されます。

日本の伝統的な建築物の合間に輝く灯籠はとても綺麗で、一見の価値があります。

 

紅葉を扇子風呂敷で三角形に覆い、ライトアップもされますよ。

 

 

とても幻想的な光景なので、ぜひ秋の灯篭祭りに幕張海浜公園に足を運んでみてください。

 

D〜Gブロック

 

幕張公園

 

D〜Gブロックは全てが海岸線となっており、FエリアにはZOZOマリンスタジアムも含まれているほか、D、EブロックにはJFA夢フィールドも含まれています。

 

幕張公園

 

JFA夢フィールドは、日本サッカー協会が選手はもちろん、指導者や審判員、フィジカル、メディカルのインストラクターなどの専門スタッフを含めて全てのサッカー関係者を集め、日本サッカー界の強化に向けて2020年に完成された施設です。

 

最近はなかなか日本代表の試合がなかったため、日本代表も2021年3月に初めてこの施設を使ったというほど、できたてほやほやの施設です。

 

施設はA代表やなでしこ代表がなどが使用する天芝のピッチや人工芝のピッチ、フットサルアリーナやメディカルルームやカンファレンスルームを備えたクラブハウスからなります。

 

幕張公園

 

JFA夢フィールドはスタジアムではないので外からピッチを見ることができます。

そのため、スケジュール次第では日本代表の練習を至近距離で見学できる貴重なスポットです。

 

幕張公園

 

また、「幕張の浜」として知られるこのD〜Gエリアでは、静かな波音の東京湾の海岸沿いをのんびり散歩することができます。

 

幕張の浜

 

週末にはヨットやセーリングをする人が多く集まり、賑わいます。

 

また、Gブロックにはマウンテンバイクのサイクリングコースもあり、気持ち良い浜風を感じながらサイクリングを楽しむことができますよ。

 

幕張公園

 

県立幕張海浜公園


住所 : 千葉県千葉市美浜区ひび野2-116

マップ : Googleマップ

アクセス :

JR京葉線「 海浜幕張駅」南口から徒歩10分
JR総武線・京成線「幕張本郷駅」よりバスで約20分

電話番号 : 043-296-0126

入園料 : 無料

 


 

幕張はモダンでおしゃれな街と海が融合したとても綺麗な街です。

 

商業施設などのレジャー施設も多く、街がコンパクトなため、バスで簡単に回ることができるのも幕張の特徴。

ぜひ今度の週末には幕張へ足を運んでみてください。


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(751)
北海道・東北(49)
  北海道(27)
  青森(3)
  岩手(2)
  宮城(10)
  秋田(1)
  山形(4)
  福島(2)
関東(305)
  埼玉(10)
  千葉(26)
  東京(176)
  神奈川(65)
  茨城(7)
  栃木(8)
  群馬(6)
  山梨(7)
甲信越・北陸・東海(100)
  長野(13)
  新潟(9)
  富山(3)
  石川(16)
  福井(2)
  岐阜(8)
  静岡(31)
  愛知(11)
  三重(7)
近畿(114)
  滋賀(7)
  京都(50)
  大阪(31)
  兵庫(15)
  奈良(8)
  和歌山(3)
中国・四国(50)
  鳥取(3)
  島根(5)
  岡山(8)
  広島(14)
  山口(3)
  徳島(4)
  香川(7)
  愛媛(4)
  高知(2)
九州・沖縄(89)
  福岡(16)
  佐賀(2)
  長崎(7)
  熊本(10)
  大分(12)
  宮崎(4)
  鹿児島(13)
  沖縄(25)

国外エリア一覧

東南アジア(28)
ヨーロッパ(96)
東アジア・中国・台湾(21)
南アジア・インド・ネパール(6)
中近東(7)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(11)
オセアニア(11)
アフリカ(7)
北米(21)
中南米(11)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(646)
イベント情報(377)
ショッピング・買い物・お土産(546)
遊園地・テーマパーク(581)
ビジネス・出張(193)
ロケ地、舞台(207)
世界遺産(186)
乗り物・交通・アクセス(780)
宿・旅館・ホテル(221)
旅行準備(464)
歴史・豆知識(977)
温泉・スパ(185)
絶景(553)
聖地巡礼(36)
観光旅行(962)
食事・グルメ(635)
おすすめ/ランキング(835)
デート(736)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(439)
ツアー/旅程(250)
海水浴場・ビーチ・リゾート(71)
日帰り旅(69)
1泊2日(47)
寺院・神社・教会(85)
パワースポット(28)
ファミリー(142)
1人旅(142)
雨の日(25)
モデルコース(12)
メーカー/ブランド(6)

人気記事ランキング