logo

top > 北米 > アメリカ > カリフォルニア

アナハイムのおすすめ観光・グルメスポット15選!ディズニーランドだけじゃないアナハイムの魅力





アメリカ合衆国西海岸のカリフォルニア州南西部に位置する「アナハイム」。
その名前を聞いてディズニーランドを連想する人は多いかと思います。

そんなアナハイムには、ディズニーランドの他にもいくつものテーマパークがあることをご存知でしたか?
テーマパークだけでなく、歴史的な観光スポットや美味しいレストランなども目白押しです。

本記事では、アナハイムで訪れたいおすすめの観光スポットをジャンル別にご紹介します。
ぜひアナハイムに観光や旅行をされる方は、プランを立てる際に参考にしてくださいね。

【目次】アナハイムのおすすめ観光・グルメスポット15選!ディズニーランドだけじゃないアナハイムの魅力

 

1ページ目 :

 

アナハイムへ行く前に!アナハイムの基本情報と楽しみ方を知っておこう

アナハイムの土地柄・気候

アナハイムの歴史

アナハイムの観光シーズン

アナハイムに行くときに留意しておきたいこと

<アナハイムのおすすめ観光スポット>

1. ディズニーランドパーク

2. ナッツベリーファーム

3. アドベンチャー・シティー

4. ディスカバリー・キューブ・オレンジ・カウンティ

 

2ページ目 :

 

5. エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイム

6. ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーパーク

7. オールド・タウン・オレンジ

8. キャシードラル・メモリアル・パーク

9. ジュニペロ・ビーチ

 

3ページ目 :

 

<アナハイムのおすすめショッピングエリア>

1. ダウンタウン・ディズニー・ディストリクト

2. アウトレット・アット・オレンジ

<アナハイムのおすすめグルメスポット>

1. イン・アンド・アウト・バーガー

2. インディア・テーブル

3. ドリー・デリ

4. フィリング・ステーション・カフェ

 

 


アナハイムへ行く前に!アナハイムの基本情報と楽しみ方を知っておこう

 

knotts

 

アメリカ合衆国本土の西海岸沿いに位置し、アリゾナ州、ネバダ州、オレゴン州の3州と接し、メキシコとも国境を共有しているカリフォルニア州。

そんなカリフォルニア州の中でも、子どもからお年寄りまで多くの旅行者が集まり、活気にあふれているエンターテインメント都市がアナハイムです。

ディズニーランドパークやナッツベリーファームといったテーマパークが集まっているアナハイムには、アメリカ国内はもちろん、海外からも多くの観光客が日々訪れています。

 

アナハイムの土地柄・気候

 

knotts

 

アナハイムは、ロサンゼルスからおよそ40キロメートル南西に位置している、カリフォルニア南部にある「オレンジ・カウンティ」という郡の中にある都市です。

カリフォルニア南部特有の暖かな気候に恵まれたアナハイムでは、夏季の平均気温がおよそ30度、冬季の平均気温がおよそ7度と比較的過ごしやすい場所。

 

また、年間を通して晴れの日がおよそ280日もあり、1年のうち80%は晴天です。

雨が降ることもほとんどなく、1年で30日程度しか雨天の日がないそう。

アメリカ合衆国全体での平均晴天日数はおよそ200日、雨天日数がおよそ100日というところから、アナハイムの晴天日数の多さがわかると思います。

 

アナハイムの歴史

 

初めてアナハイムあたりに人が住み始めたのは1850年代後半のことで、ドイツからの移民およそ50人が最初の住人だったと言われています。

1870年ごろに、街の近くを流れる「Santa Ana River(サンタ・アナ川)」という川と、家(home)を意味する「heim」というドイツ語を合わせて「Anaheim」という名前が付けられました。

 

その頃のアナハイムにはぶどう畑が広がっていて、アナハイムはカリフォルニア州のワイン産業の中心地として活躍をしていました。

しかし、1880年ごろに病害が広がったことがきっかけでぶどう畑がダメになってしまい、その代わりにカリフォルニア南部の暖かい気候を利用してオレンジの栽培が広まっていきました。

 

そんなアナハイムは60年ほど前までは小さな街でしたが、1955年にディズニーランドパークがオープンしてからは、観光の目的地としても居住地としても人気が上昇していきました。

現在ではオレンジ・カウンティはもちろん、カリフォルニア州南部の中でも有名な大都市へと成長を遂げています。

 

アナハイムの観光シーズン

 

knotts

 

上記の通り、年間を通しての天候や気候は基本的に暖かなので、アナハイムは秋から冬にかけて訪れても、過ごしやすい環境の中で観光を楽しむことができるでしょう。

アメリカの学校は8月ごろに始まり5月中旬ごろに終了するので、ディズニーランドなどのテーマパークを訪れることがメインの目的の場合は、3月から5月上旬にかけてと10月から11月にかけての期間が天候面からも混雑度からもおすすめと言えます。

 

また、アナハイムは「アナハイム・ダックス」というホッケーのプロチームや、大谷翔平選手が所属している「ロサンゼルス・エンゼルス」という野球チームの本拠地でもあります。

ホッケーやプロ野球の観戦をしたいという方は、それぞれのスポーツのシーズンに合わせて旅行の予定を立てることをおすすめします。

 

アナハイムに行くときに留意しておきたいこと

 

アナハイムを含め、ロサンゼルス周辺の地域は非常に車の渋滞が激しいエリアとして知られています。

予想していたよりも渋滞がひどく、移動に時間がかかり過ぎてプラン通りに観光できなかったということにならないよう、移動時間に余裕を持ったプランニングをしておきましょう。

 

また、テーマパークはもちろん、ショッピングセンターでも比較的高額な駐車料金が発生します。

そのため、レンタカーを使用する代わりにバスなどの公共交通機関を利用したり、「ウーバー」や「リフト」という安価なタクシーサービスを利用して移動するのがおすすめです。

 

 

<アナハイムのおすすめ観光スポット>

 

ここからは、あの超人気のテーマパークからアナハイムの歴史を感じられるヒストリースポットまで、アナハイムを訪れた際には必ず行っておきたいおすすめの観光スポットをジャンル別にご紹介します。

まずは、おすすめのテーマパークや有名な観光スポットからです。

 

1. ディズニーランドパーク

 

knotts

 

「アナハイムで最も人気の観光スポットといえばここ!」と断言しても間違いがないほど、日々途切れることなく世界中から多くの観光客が訪れ続けているのが、みなさんもご存知「ディズニーランドパーク」です。

隣接しているディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーパークや周辺にあるホテルやレストラン、ショッピングエリアを合わせて「カリフォルニア・ディズニーリゾート」ということもあります。

 

knotts

 

ディズニーランドパークは8つのテーマランドが集まってできています。

トゥモローランドなど東京ディズニーランドでもお馴染みのランドはもちろん、「トムソーヤの冒険」や「ファンタズミック!」などの世界が広がっているフロンティアランド、「パイレーツオブカリビアン」などのアトラクションを楽しめるニューオリンズ・スクエアなどがあり見所満載です。

 

knotts

 

さらに、5月31日には「スターウォーズ・ギャラクシーエッジ」という新しいテーマランドがオープンする予定で、映画で見たスターウォーズの世界に実際に足を踏み入れることができるようになるんです!

スターウォーズのファンいう方は、ぜひ5月31日以降にディズニーランドパークに訪れて、スターウォーズのアトラクションを楽しんできてくださいね。

 

knotts

 

また、上記のアトラクションやテーマランドを楽しむのはもちろん、パークを歩き回って隠れミッキーを探したり、お気に入りのディズニーキャラクターをモチーフにしたスナックを食べたりと、大好きなディズニーの世界にどっぷりと浸かりながら広大なパークを朝から夜まで満喫しちゃいましょう!

 

ディズニーランドパークの観光情報

 

住所 : 1313 Disneyland Dr, Anaheim, CA 92802

アクセス : ロサンゼルス国際空港から車でおよそ40分、公共交通機関でおよそ1時間10分

電話番号 : +1 (714) 781-4636

定休日 : なし

営業時間 : 毎日 8:00~24:00

料金 : 

1日券 : 

レギュラー 104ドル、124ドル、もしくは149ドル (大人) 、98ドル、122ドル、もしくは141ドル (小人)
ピーク 154ドル、179ドル、もしくは199ドル (大人) 、148ドル、172ドル、もしくは191ドル (小人)

2日券 : 

レギュラー 225ドル (大人) 、210ドル (小人)
パーク・ホッパー  280ドル (大人) 、265ドル (小人)

3日券 : 

レギュラー 300ドル (大人) 、280ドル (小人)
パーク・ホッパー  355ドル (大人) 、335ドル (小人)

4日券 : 

レギュラー 325ドル (大人) 、305ドル (小人)
パーク・ホッパー  380ドル (大人) 、360ドル (小人)

5日券 : 

レギュラー 340ドル (大人) 、320ドル (小人)
パーク・ホッパー  395ドル (大人) 、375ドル (小人)

注意点 : 1日券の料金には「バリュー」「レギュラー」「ピーク」の3種類があり日によって異なります。ウェブサイト上でカレンダーを確認してください。「パーク・ホッパー」とはディズニーランドパークとディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーパークの2パークの入園が可能なチケットです。

公式URL :  Disneylad Park

 

2. ナッツベリーファーム

 

knotts

 

ディズニーランドパークに並んで、アナハイム観光の目玉となっているのが「ナッツベリーファーム」です。

実はこちらのパークは、ディズニーランドパークよりも100年以上早い1846年にオープンしたアメリカ初のテーマパークで、もともとはボイズンベリーをはじめとしたベリーの農場だったんです。

現在は、ジェットコースターやフリーフォールといったスリリングなアトラクションが豊富なテーマパークとして、毎日大勢の人が訪れています。

 

knotts

 

また、アトラクションだけでなくスヌーピーをはじめとしたキャラクターたちのショーも人気です。

さらに「ナッツソークシティ」というプールやスライダーが楽しめるパークも併設されているので、ジェットコースターに加えてウォーターアトラクションも楽しみたいという方には、2パークが1日で楽しめる「ライド&スライド」というチケットの購入をおすすめします。

 

knotts

 

ちなみに、今月の28日までは「ボイズンベリーフェスティバル」が開催されているため、こちらのテーマパークの名前の由来ともなっているボイズンベリーがたっぷり使用されたスイーツをお腹いっぱい楽しむこともできます。

可愛いスヌーピーたちに囲まれながらボイズンベリーを食べて、心身ともに癒されちゃいましょう!

 

ナッツベリーファーム の観光情報

 

住所 : 8039 Beach Blvd, Buena Park, CA 90620

アクセス : ロサンゼルス国際空港から車でおよそ40分、公共交通機関でおよそ2時間15分

電話番号 : +1 (714) 220-5200

定休日 : クリスマス

営業時間 : 日によって異なるのでウェブサイト上でカレンダーを確認してください。

料金 : 

1日券指定日 : 45〜60ドル程度
1日券自由日 (オンライン)  : 64ドル (大人) 、54ドル (小人)
ライド&スライド : 78ドル
ファストレーン付き : 114〜134ドル程度

注意点 : 1日券指定日およびファストレーン付きチケットの料金は日によって異なりますので、ウェブサイト上でカレンダーを確認してください。また、ゲートでの当日購入の場合は1日券自由日の料金が異なります。

公式URL :  Knott's Berry Farm

 

3. アドベンチャー・シティー

 

knotts

 

テーマパークの街アナハイムには、幼稚園児程度の小さなお子様でも思いっきり楽しめるテーマパーク「アドベンチャー・シティ」があります。

パーク内には観覧車、メリーゴーランド、フリーフォール、パーク内を走り回る列車など、幼児から小学校中学年程度の子どもたち向けのアトラクションが目白押し。

また、羊などのおとなしい動物たちに餌をあげたり触れたりすることができるペッティング・ズーや、ロッククライミングなど、他のテーマパークではなかなか見かけないものもあります。

 

knotts

 

特におすすめなのが、アーケードと呼ばれるゲームセンター。

アーケード内にあるそれぞれのゲームは50セント程度の低料金で遊べるものがほとんどで、ボタンを押すだけでプレイできる簡単なものばかりなので、小さな子どもでも思う存分楽しむことができます。

ゲームでゲットしたポイントの大きさによって、最後に景品をもらうことができるのも嬉しいですよね。

 

knotts

 

他のテーマパークのように1つのアトラクションに1時間から2時間もかけて並んで待つことも滅多にないので、子どもがぐずることなく次々とパーク内のアトラクションを制覇していけるのも親としては嬉しいポイントだと思います。

上記でご紹介したテーマパークに比べてかなり小ぢんまりとしたパークですが、小さなお子様でも歩き疲れたり飽きたりすることなく、1日中楽しめる場所として子ども連れのご家族におすすめの遊び場です。

 

アドベンチャー・シティーの観光情報

 

住所 : 1238 S Beach Blvd, Anaheim, CA 92804

アクセス : ロサンゼルス国際空港から車でおよそ1時間10分、公共交通機関でおよそ2時間

電話番号 : +1 (714) 236-9300

定休日 : 月曜日〜木曜日

営業時間 :

金曜日 10:00~17:00
土曜日 11:00~20:00
日曜日 11:00~19:00

料金 : 19.95ドル (13〜54歳) 、15.95ドル (55歳以上)

注意点 : 夏季やクリスマスシーズンには月曜日から木曜日も開園する場合があります。ウェブサイト上のカレンダーを確認してください。

公式URL :  Adventure City

 

4. ディスカバリー・キューブ・オレンジ・カウンティ

 

knotts

 

アドベンチャー・シティーに加えて、小さなお子様を連れたご家族におすすめしたいもう1つの観光スポットが「ディスカバリー・キューブ・オレンジ・カウンティ」です。

こちらは幼稚園児から中学生程度の子どもを対象とした体験型科学館で、科学の不思議や仕組み、楽しさを実際に体験しながら学ぶことができる場所となっています。

 

館内には恐竜など古代生物について学べるコーナー、人体の造りを学べるコーナー、プラスチック問題やリサイクルなどについてのコーナー、ロケットなどの宇宙関連コーナーなど、100を超える展示があります。

また、多くの展示が「体験型」科学館を体現しており、アイスホッケーを通して慣性の法則について学べたり、ハリケーンのエネルギーを体感できたり、擬似スーパーマーケットで環境に優しい買い物の仕方を学べたりと、子どもたちが自分の頭や体を使いながら能動的に学ぶことができるようになっています。

子どもだけでなく、大人も展示に夢中になったり「なるほど!」と新たな発見ができる科学館です。

 

knotts

 

ちなみに、写真に映っているように正面エントランスにはキューブ型のオブジェクトがあり、写真撮影のスポットとしても人気です。

そんなこちらのキューブなんですが、実は外側がソーラーパネルで囲まれており科学館内の10パーセント程度の電力を賄っているんです。

ディスカバリー・キューブ・オレンジ・カウンティを訪れた際は、こちらのエコなキューブと写真を撮るのをお忘れなく!

 

ディスカバリー・キューブ・オレンジ・カウンティの観光情報

 

住所 : 2500 N Main St, Santa Ana, CA 92705

アクセス : ロサンゼルス国際空港から車でおよそ1時間10分、公共交通機関でおよそ2時間10分

電話番号 : +1 (714) 542-2823

定休日 : なし

営業時間 : 毎日 10:00~17:00

料金 : 14.95ドル (3〜14歳) 、19.95ドル (15〜61歳) 、16.95ドル (62歳以上)

公式URL :  Discovery Cube Orange County


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(478)
北海道・東北(40)
  北海道(23)
  青森(3)
  岩手(2)
  宮城(7)
  秋田(1)
  山形(3)
  福島(1)
関東(163)
  埼玉(7)
  千葉(11)
  東京(89)
  神奈川(35)
  茨城(4)
  栃木(7)
  群馬(5)
  山梨(5)
甲信越・北陸・東海(72)
  長野(11)
  新潟(7)
  富山(3)
  石川(13)
  福井(1)
  岐阜(5)
  静岡(18)
  愛知(7)
  三重(7)
近畿(75)
  滋賀(7)
  京都(24)
  大阪(21)
  兵庫(15)
  奈良(5)
  和歌山(3)
中国・四国(32)
  鳥取(1)
  島根(5)
  岡山(7)
  広島(8)
  山口(3)
  徳島(2)
  香川(3)
  愛媛(1)
  高知(2)
九州・沖縄(62)
  福岡(9)
  佐賀(2)
  長崎(7)
  熊本(10)
  大分(9)
  宮崎(2)
  鹿児島(8)
  沖縄(15)

国外エリア一覧

東南アジア(19)
ヨーロッパ(46)
東アジア・中国・台湾(18)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(6)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(8)
オセアニア(8)
アフリカ(2)
北米(14)
中南米(3)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(491)
イベント情報(344)
ショッピング・買い物・お土産(453)
ビジネス・出張(163)
ロケ地、舞台(168)
世界遺産(116)
乗り物・交通・アクセス(565)
宿・旅館・ホテル(175)
旅行準備(413)
歴史・豆知識(669)
温泉・スパ(151)
絶景(408)
聖地巡礼(30)
観光旅行(626)
食事・グルメ(513)
ランキング(546)
デート(531)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(407)
ツアー/旅程(215)
海水浴場・ビーチ・リゾート(59)

人気記事ランキング