logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 東京

東京の高級ホテル20選!一度は宿泊してみたい東京のおすすめ豪華ホテル





ホテルの超激戦区である東京。
毎年のように、都心の新たなランドマークとなる一流ホテルがオープンしています。

一度は泊まりたい高級ホテルばかりだけど、種類がありすぎて選べないというあなたに。
本記事では世界的にも業界的にも評価の高い東京のホテルを厳選し、サービスや様々な各種情報と共にご紹介します。

国内でも最上級のホテルに泊まりたい方は要チェックです。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次と東京高級ホテルマップ】

 

 

取り上げる高級ホテルの立地は、やはり交通の便が良く、ビジネスでの利用も多い都心(千代田区、港区)に集中しています。

今回は千代田区と港区・中央区・文京区・目黒区・新宿区からそれぞれ高級ホテルをご紹介します。

 

また、  東京の観光地はこちらの記事 で詳しく紹介しています。

エリア別に詳しくまとめてありますので、ぜひ合わせてご覧になってください。

 

<千代田区の高級ホテル>

【大手町】星のや東京

【大手町】アマン東京

【大手町】フォーシーズンズホテル東京大手町

【大手町】パレスホテル東京

【東京駅】シャングリラホテル東京

【東京駅】フォーシーズンズホテル丸の内 東京

【日比谷】ザ・ペニンシュラ東京

【日比谷】帝国ホテル

【永田町】ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町

<港区の高級ホテル>

【六本木】グランドハイアット東京

【六本木】ザ・リッツカールトン・東京

【汐留】コンラッド東京

【台場】グランドニッコー東京台場

【虎ノ門】The Okura Tokyo

【虎ノ門】アンダーズ東京

【虎ノ門】東京エディション虎ノ門

<中央区の高級ホテル>

【日本橋】マンダリンオリエンタルホテル東京

<文京区の高級ホテル>

【目白】ホテル椿山荘東京

<目黒区の高級ホテル>

【下目黒】ホテル雅叙園東京

<新宿区の高級ホテル>

【西新宿】パークハイアット東京

 

 

<千代田区の高級ホテル>

 

東京23区のほぼ中央に位置しており、かつての江戸城・皇居もある千代田区。

その他にも国会議事堂や中央省庁、大手企業の本社や本店もあり、日本の政治・経済の中心を担っています。

 

また、区内には交通の拠点となる東京駅もあるため、外交面・観光面からも必然的に高級ホテルが多くなっているエリアです。

ここでは、そんな千代田区の中でも「大手町」「東京駅」「日比谷」の高級ホテルをご紹介します。

 

【大手町】星のや東京

 

 

2016年7月のオープンが大きな話題となった星のや東京。

星のやと言えば、竹富島や軽井沢などにあり、セレブリティの間で大人気のリゾート高級ホテルです。

 

その星のやが、大手町という都心のど真ん中に、和の伝統と寛ぎの作法を現代に進化させた東京らしい"日本旅館”をオープンしました。

 

 

  • 入館者は宿泊者に限定
  • 裸足のまま自由に館内を歩く

 

など、現代の旅行者に合う利便性や快適性を確保したまま、日本旅館の良さを維持するというのが星のや東京の概念です。

 

 

ロビーにある畳スペースは、時に雅楽や舞など日本の伝統芸能を披露する舞台にもなります。

 

 

客室から畳続きにあるお茶の間ラウンジ。

ここでは、お茶や珈琲、お酒、お菓子などを味わえます。

 

その他、星のやがその時に見つけた日本の佳いものも紹介してもらえます。

日本旅館らしい、ゆったり寛げるスペースです。

 

 

客室の一例。

クローゼットや障子は竹素材。

座椅子や掘りごたつなど、日本の伝統的な和室がスタイリッシュに変わってます。

 

もちろん、独立したシャワーブースもあります。

 

 

おすすめの夕食は、フランスの国際料理コンクールにて魚料理の世界一と評された料理人が作る、日本旅館に合う新しい価値観のフランス料理。

ゆっくり寛ぎながらお部屋で食べたいという方向けには、インルームダイニングもあり。

 

 

都心で温泉が味わえます。

強塩温泉のため、体の保温効果が高く、きりきず、末梢循環障害、冷え性などに効果があると言われています。

 

そして、ため息が出る程スタイリッシュな露天風呂!

宿泊者限定の温泉は男女共に内風呂、露天風呂があります。

 

 

7種類のスパと、美しく健康な体作りを支えるボディリメイクのパーソナルケアコースも。

 

 

立地は東京駅から徒歩圏内。

徒歩5分程の所に皇居があります。

朝夕のお散歩やランニングに訪れたいスポット。

 

東京の中心地で、深い歴史に身を寄せながら、季節の移ろいを感じてみてはいかがでしょうか。

ランニング後の露天風呂は格別なはずです。

 

星のや東京


住所 : 〒100-0004 東京都千代田区大手町一丁目9番1

マップ : Googleマップ

アクセス :

東京駅 丸の内中央口より徒歩10分(850m)
丸の内中央口乗り場よりタクシーで11分(2.6km)約1,000円
※地下鉄大手町駅からもお越し頂けます。

電話番号 : 宿泊予約(9:00~20:00)0570-073-066

営業時間 : 【チェックイン】15:00〜 【チェックアウト】〜12:00

注意点 :

宿泊者以外の入館不可。
送迎サービスなし。

予約サイト : 楽天トラベル

 

 


【大手町】アマン東京

 

アマン東京

 

地上38階の高層複合ビル大手町タワーの最上層6フロアを占めるアマン東京。

アマン初の都市型ホテルです。

 

東京駅から徒歩5分、地下鉄大手町駅に直結という利便性に優れた立地にあります。

 

 

広々とした空間のロビーは、床から約30mの高さ!

ガーデンラウンジと呼ばれるエリアには、石庭や生け花を据えた池などがあり、ビルの中でありながらも、解放的でそれを感じさせない寛ぎ空間があります。

 

 

客室は3つのスイートを含む6タイプ。

デラックスパレスガーデンビューからは、晴れた日は丹沢山系の山並みや富士山を見ることができます。

 

アマン東京の朝食
朝食セットはボリューム満点

 

その他、外苑の森や煌びやかな東京の摩天楼も一望できます。

客室内は、木や和紙、石材など豪華な和の素材が使われています。

 

 

コーナースイートのリビングルームと日本らしい深めの浴槽。

 

 

まるで上空に浮いているかのようなパノラミックな景色です。

 

 

33階にある素晴らしい見晴らしの素晴らしい温水プールはデイベッドも完備されています。

 

 

海塩を使った足浴や、黒文字のオイルで深呼吸することから施術スタートするスパ。

クスノキや黒文字の木の粉と粘度で作られたボディスクラブを使用するなど、地域の自然や環境と寄り添ってきた世界各地のアマンリゾートと変わることのないくつろぎの精神が嬉しいですね。

 

 

そんなアマン東京にきたら絶対に外せないのが「ブラックアフタヌーンティー」。

 

アフタヌーンティと共に頂くお茶は30種類もある中から選びます。

お値段は、サービス料・税込で約7,464円から。

 

アマン東京_アフタヌーンティー

 

最下段には竹炭を使用したサンドイッチや黒オリーブのプチタルトなどの軽食があり、中段と上段は見るも可愛らしいスイーツ達です。

フレッシュベリーを入れたチョコレートバッグ、ダイヤモンドの器に入ったケシの実と青りんごのバートドフリュイなど。

 

アマン東京_アフタヌーンティー

 

味はもちろんですが、ブラックの器で出されるアフタヌーンティーなんて斬新!

これも日本の和を意識した演出の1つなんでしょうね。

 

アマン東京_アフタヌーンティー

 

宿泊者以外も食べることができますが、数ヶ月前から予約が必要になることも。

宿泊者用に席が確保されているので、これは大きな特典です。

 

ホテル自慢のバーで味わいたいのは、日本の素材にこだわったというオリジナルカクテル。

滋賀県で作られたこだわりのラムと、日本薄荷(ハッカ)を使ったモヒートがホテルのおすすめです。

 

アマン東京


住所 : 〒100-0004 東京都千代田区大手町1-5-6 大手町タワー

マップ : Googleマップ

アクセス :

地下鉄大手町駅 東西線中央改札前 地下通路直結
JR東京駅 丸の内北口より徒歩5分

電話番号 : 03-5224-3333

営業時間 : 【チェックイン】15:00~ 【チェックアウト】 〜12:00

注意点 : 有料の送迎あり

予約サイト : 一休.com

 

 

【大手町】フォーシーズンズホテル東京大手町

 

 

2020年9月にオープンした「フォーシーズンズホテル東京大手町」は、日本国内3番目のフォーシーズンズホテル。

超高層複合ビル「Otemachi One」の最上階6フロアを占めています。

 

東京メトロと都営地下鉄が乗り入れる「大手町」駅に直結し、東京駅からも徒歩圏内という大変便利な立地。

皇居の美しい森を臨み、人気のルーフトップテラスからは東京のスカイラインが一望できます。

 

 

170の客室と、インペリアルスイートを含む20室のスイート。

機能性と快適性と美しさが調和したレイアウトが特徴です。

 

床から天井まである広々とした窓、スパのような開放的なバスルーム、寝心地を追求したフォーシーズンズ独自のベッド。

和のエッセンスを取り入れたモダンでスタイリッシュなデザインは、アマンリゾートも手掛けたジャン・ミシェル・ギャシー率いるデザインスタジオによるものです。

 

 

ホテル最上階の39階には、20mの屋内温水プールを備えたスパがあります。

スパスイート1室を含む5つのトリートメントルーム、最新トレーニング機器が充実しているジム、そしてジャグジーやミストチェアを備えた屋内温水プールと、筋肉の疲れを癒すバイタリティプールを完備。

 

 

イタリアの伝統的なレシピを再現したパスタメニューや、旬の食材を活かした季節のイタリア料理を提供する「PIGNETO / ピ二ェート」では、シェフが腕を振るう姿をライブで眺めながら食事を楽しむことができます。

 

フォーシーズンズホテル東京大手町


住所 : 〒100-0004 東京都 千代田区大手町1-2-1

マップ : Googleマップ

アクセス : 丸の内線・東西線・千代田線・半蔵門線・都営地下鉄三田線「大手町」駅直結(C4/C5出口)

電話番号 :  03-6810-0600

営業時間 : 【チェックイン】15:00~24:00 【チェックアウト】 〜12:00

予約サイト : 一休.com Booking.com

 

 


【大手町】パレスホテル東京

 

 

2012年5月にリニューアルオープンしたパレスホテル東京。

創業1961年という老舗ホテルならではの伝統のおもてなしと、革新的な最新設備が融合したホテルとして生まれ変わり、注目を集めています。

 

 

ホテルに一歩足を踏み入れると、そこはアートの世界。

館内にはホテルを取り巻く緑や水をモチーフとした700点以上の芸術作品が点在し、上品で華やかな雰囲気が漂っています。

 

 

客室は8階から23階まで全290室。

全室45平米というゆったりとした客室の窓からは、都会らしい高層ビル群と、まるでリゾートのような緑あふれる景色が広がります。

 

夜景を眺めながらリラックスできるのは、ガラス仕切りのバスタブならではですね。

 

 

エビアンスパは、フランスのレマン湖畔にあるエビアンリゾートの中にあり、ヨーロッパセレブの御用達。

 

そんなエビアンスパが日本初上陸したのが、「エビアンスパ東京」。

水を通じての健康づくりをテーマに、心身のリフレッシュとリラクゼーションを目的にした上質な施術が人気です。

 

 

大きな窓から見える景色と一体化したような開放感抜群のプールと、ジムは宿泊者なら無料で利用可能。

ホットバス、寝湯、サウナなどの温浴施設は有料です。

 

 

和食、鉄板焼き、寿司、フレンチ、中国料理料理など10店舗のレストランやバーは、旧パレスホテル時代からの伝統の味を継承しています。

1階ロビーフロアのオールディダイニング「グランドキッチン」では、伝統の味、ローストビーフや名物スイーツ、マロンシャンティイも味わえます。

 

お天気が良ければ、ぜひテラス席で四季を感じながらゆったりとお食事を楽しんでください。

 

パレスホテル東京


住所 : 〒100-0005 東京都 千代田区丸の内1-1-1

マップ : Googleマップ

アクセス : 丸の内線・東西線・千代田線・半蔵門線・都営地下鉄三田線「大手町」駅直結(C13b出口)

電話番号 : 03-3211-5218

営業時間 : 【チェックイン】15:00~24:00 【チェックアウト】〜12:00

予約サイト : 一休.com Booking.com

 

 

【東京駅】シャングリラホテル東京

 

 

シャングリ・ラ ホテル 東京の特徴は、なんといってもその抜群の立地!

東京駅日本橋口から徒歩1分、八重洲北口からも徒歩2分。

何をするにも大変便利なロケーションにあります。

 

銀座・日本橋・浅草・お台場など東京の観光地は言うまでもなく、地方にだって気軽に旅立てますね。

 

東京駅に至近で5つ星のラグジュアリーホテル。

これだけで十分特徴的で、心を満たしてくれるのではないでしょうか。

 

 

ご覧ください。

ほぼ東京駅直結と言えるような立地です。

 

 

デラックスインペリアルガーデンビュー(スタンダードルーム)など西側の客室からは、東京駅が眼下に見渡せます。

東京駅全景と丸の内が模型のように見える、特別な景色を味わえるお部屋です。

 

 

シャングリラホテル東京には、イタリアン、和食、ロビーダイニングと3つのレストランがあります。

中でも一押しは、シャングリラホテル東京のシグネチャーレストランでもある「ピャチェーレ」です。

 

ピャチェーレとはイタリア語で喜びという意味があり、その名の通り喜びに溢れた極上のコンテンポラリー・イタリアンを味わえます。

 

 

朝食はホテルの朝食ビュッフェNo.1と言われるほど定評があり、中でもメロンジュースは絶対に飲むべき一品。

そのまま果肉を飲んでいるかのような贅沢なジュースです。

 

シャングリラ東京
アラカルトランチもおすすめ

 

メロンジュースとエッグベネディクトを朝から食べたくて宿泊する人もいるほど人気があります。

 

 

中国系ホテルだけあって、スパは中国古来のヒーリング哲学に基づいた「氣」の流れを整えるセラピー。

「陰陽」の刺激によって「氣」のバランスを調整します。

 

トリートメントは約30種類と豊富です!

 

 

東京のパノラマを眼下に眺めながら泳ぐプールは20m。

食からファッションまで、最新のおしゃれ情報を集めた  大丸東京  が目の前にあり、これもまた便利です。

 

シャングリラホテル東京


住所 : 〒100-8283 東京都 千代田区 丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー本館

マップ : Googleマップ

アクセス :

JR東京駅 八重洲北口から徒歩2分
東京メトロ 東西線 大手町駅から徒歩2分
東京メトロ 銀座線 日本橋駅から徒歩4分 

電話番号 : 03-6739-7888

営業時間 : 【チェックイン】15:00~ 【チェックアウト】 〜12:00

注目点 : 東京駅、新幹線のプラットホームまでのエスコートサービス「ミート&グリートサービス」あり

予約サイト : 一休.com 楽天トラベル じゃらん Booking.com

 

※東京駅 ホテルの関連記事:  東京駅周辺のおすすめホテル15選!ビジネスにも観光にも使える東京ホテルを格安から高級まで厳選

 

 


【東京駅】フォーシーズンズホテル丸の内 東京

 

 

東京駅地下直結、「パシフィックセンチュリープレイス丸の内」に位置するフォーシーズンズ丸の内は、9つのスイートを含む全57室のスモールラグジュアリーホテル。

小規模ホテルならではのきめ細やかなおもてなしに、落ち着いて洗練された空間、大人の隠れ家的な雰囲気が人気です。

 

 

写真は広さ65平米の「デラックスプレミアムクイーン」。

2面の窓で囲まれたコーナールームからは、パシフィックセンチュリープレイス丸の内のプラザビューや、国際フォーラムの景色が広がります。

 

各部屋44平米以上というゆったりとした客室には、シモンズと共同開発したオリジナルのフォーシーズンズベッドを完備。

新幹線や在来線のトレインビューの客室もあり、お好みの眺望でお部屋選びが楽しめます。

 

 

フィットネスジム、スチームサウナ、ジェットシャワー、ラジウム含有ミネラル温泉を完備しており、宿泊者は無料で利用できます。

 

ベストセラートリートメントと、MOTIF RESTAURANT&BARの個室「The Library」でのグラスシャンパン付きのアフタヌーンティーがセットになった特別プランはいかがでしょうか。

1日1組限定という贅沢なプランなので、記念日のお祝いや自分へのご褒美に最適です。

 

フォーシーズンズホテル丸の内 東京


住所 : 〒100-6277 東京都 千代田区丸の内1-11-1 パシフィックセンチュリープレイス丸の内

マップ : Googleマップ

アクセス : 東京駅地下連絡通路直結

営業時間 : 【チェックイン】15:00~24:00 【チェックアウト】 〜12:00

電話番号 : 03-5222-7222

予約サイト : 一休.com 楽天トラベル Booking.com

 

 

【日比谷】ザ・ペニンシュラ東京

 

 

イベントやプロモーションを楽しむホテルとしておすすめしたいのがペニンシュラ東京。

こちらのホテルでは、ペニンシュラアカデミーといって様々な催しものを企画しています。

 

場所は丸の内エリアに位置し、地下鉄日比谷線直結なので雨の日のショッピング帰りなどに便利ですね。

 

ホテルのホスピタリティを感じながらゆっくり滞在したいというよりも、ホテルの提案するプロモーションや観光プログラムを体験し楽しみたい方におすすめです。

 

外国人観光客も多く、接客部分についても賛否両論なので、あくまで都心の一等地で宿泊してイベントを楽しみたいという気持ちでいると、より素敵な思い出ができるでしょう。

 

 

客室は5種類のスイートを含む全10種類のお部屋があります。

部屋の方角によってはビルビューの為、景観が今一つのところも。

 

室内は広々としていて、居心地は抜群。

写真は、皇居外苑もしくは日比谷公園を 望めることができるグランドプレミアガーデンルームです。

 

 

ホテルの5,6階に位置する、総面積900平米を誇る、ザ・ペニンシュラスパ。

数多くの国際的な賞を受賞している本格派で、東洋、西洋、アーユルヴェーダを統合したホリスティックなトリートメントを体験することができます。

 

皇居外苑に面した絶好のロケーションの中、都会の喧騒を忘れてリラックスしてみるのも良いですね。

 

 

「食のペニンシュラ」と言われる所以は、その洗練されたレストランのレベルの高さにあります。

 

 

メインエントランスを抜けたところには、ペニンシュラ東京の象徴でもあるコンチネンタルダイニング「ザ・ロビー」があり、旗艦ホテル香港を象徴する人気のアフタヌーンティーを楽しめます。

 

 

また、中国料理、日本料理やステーキハウスなど、フォーマルでもカジュアルでもシーンに合わせて様々なお食事を楽しめるのは言うまでもありません。

 

 

2階に位置する中国料理「ヘイフンテラス」は、香港人デザイナーによる中国、江蘇省の蘇州の庭園様式をテーマにしたスタイリッシュな空間。

香港出身のシェフによる本格的な広東料理を味わえる人気レストランです。

 

 

ランチタイムには、本場の点心師が1つ1つ手作りする点心を20種類以上の中国茶とともに楽しめるコースが人気。

3つのプライベートダイニングルームと、シェフズテーブルがあるので、接待やお祝いの席などにもおすすめです。

 

 

魅力的なプログラムが特徴の「ペニンシュラアカデミー」。

独自の視点で文化を捉え、同ホテルらしい洗練されたスタイルで発信するのが一般的な観光とは違うところ。

 

風鈴制作、食品サンプル制作、着物着付け体験、日本酒醸造所見学ツア、折り紙体験教室などなど盛り沢山!

特に外国の方が喜ばれそうな様々なプログラムがあるので、宿泊時には是非チェックしてみてください。

 

ザ・ペニンシュラ東京


住所 : 〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-8-1

マップ : Googleマップ

アクセス :

日比谷駅 地下通路 A6 ・A7出口直結 東京メトロ日比谷線・千代田線・都営三田線
有楽町駅 地下通路 A6 ・A7出口直結 東京メトロ有楽町線
有楽町駅  日比谷口出口 / 徒歩2分 JR山手線・京浜東北線

電話番号 : 03-6270-2888

営業時間 : 【チェックイン】15:00~ 【チェックアウト】〜12:00

注意点 :

送迎サービスなし
ペット可

予約サイト : 一休.com 楽天トラベル Booking.com

 

 


【日比谷】帝国ホテル

 

 

ザ・ペニンシュラホテルと目と鼻の先の距離にあるのが帝国ホテル。

ただ、ホテルの顔は全く違った要素を持っています。

 

 

帝国ホテルは1890年昭和23年開業。

もともとは、海外の賓客をもてなすための迎賓館としてオープンしました。

だからこそ、そこには日本における多くの歴史と時代を超えて受け継がれてきたおもてなしの精神があります。

 

帝国ホテルの歴史

 

 

それでは、一体どのような歴史があるのでしょうか。

帝国ホテルが誇る歴史の一部を、  帝国ホテル公式サイト   からご紹介します。

 

 

チャーリーチャップリン、ヘレンケラー、マリリンモンロー、などの大人気スターも宿泊。

マリリンモンローは新婚旅行として宿泊しました。

 

ホテルで記者会見の際、夜寝る時の格好を聞かれたマリリンが「シャネルの5番」と答えたという話は、今でも伝説ですね。

 

 

帝国ホテル旧本館「ライト館」は1923年大正12年に完成。

その後関東大震災などの被害に合いながらも1968年の老朽化で取り壊されるまで、社交の中心として活躍しました。

 

「オールドインペリアルバー」では今でも当時の壁紙など残してあるので「ライト館」の匂いを感じられます。

 

 

帝国ホテルで8月1日はバイキングの日なんです。

バイキングは、帝国ホテルで生まれた食のスタイル。

 

1958年(昭和33年)、“好きなものを好きなだけ食べる”というコペンハーゲンの食文化から学び、日本初のビュッフェレストラン「インペリアルバイキング」をオープン。

バイキングという名前は、当時公開されていた海賊映画からインスパイアされたものだそうです。

 

 

ホテルウェディングの始まりも帝国ホテル。

1923年(昭和12年)関東大震災により多くの神社が消失しました。

 

その際、ホテル敷地内に神社を設置し、挙式と披露宴を組み合わせた結婚式ができるようにしました。

これが現代におけるホテルウェディングの始まりです。

 

 

こちらはシャリアピンステーキ。

1934年に帝国ホテルに滞在したロシア人オペラ歌手ヒョードル・イワノビッチ・シャリアピンのリクエストから生まれた料理です。

 

彼のリクエストから急遽考案された料理は、柔らかいランプ肉と玉葱の甘みが特徴のステーキとなっています。

今でもレストランで味わう事が出来る伝統料理です。

 

ホテルショップガルガンチュアでは、このステーキをパイで包んだ「シャリアピンパイ」を持ち帰ることができます。

 

 

1890年当初の帝国ホテルです。

まさに日本の社交や文化を牽引してきたのが帝国ホテルなんですね。

 

 

インペリアルフロアのジュニアスイートルーム。

帝国ホテルが誕生してから120余年、そのホテルから見る景色は、随分変わったのでしょう。

 

 

帝国らしさ溢れるのが、ミュージックルームがあること。

ゆったりとしたスペースに、スタインウェイ社製のグランドピアノを配した演奏用の空間です。

 

宿泊者は1日2時間まで無料で使えます。

 

 

「東光庵」という名のお茶室もありました!

数寄屋造りで名高い建築家、村野藤吾氏設計の本格的なお茶室です。

抹茶がいただけるそうです。

 

もちろん、お茶会の席としても使用できますよ。

 

 

タワー館20階に位置する屋内プールは宿泊者専用。

窓からは新橋駅発着の列車を眺める事もできます。

 

その他、スパや会議室なども完備されてます。

 

観光だけでなく、観劇やビジネスなど色々な目的の人が利用する帝国ホテル。

歴史を背景に、古くから続くおもてなしの心に浸りたいホテルです。

 

帝国ホテル


住所 : 〒100-8558 東京都千代田区内幸町1丁目1番1号

マップ : Googleマップ

アクセス :

地下鉄
日比谷駅 東京メトロ : 日比谷線・千代田線、都営地下鉄 : 三田線 徒歩3分(A13出口からすぐ)
内幸町駅 都営地下鉄 : 三田線 徒歩3分(A5出口から)
銀座駅 東京メトロ : 日比谷線、丸の内線、銀座線 徒歩5分(C1出口から)
有楽町駅 東京メトロ : 有楽町線 徒歩7分
新橋駅 東京メトロ : 銀座線、都営地下鉄 : 浅草線 徒歩9分(7出口から)徒歩12分(A2出口から)
JR
有楽町駅 山手線、京浜東北線 徒歩5分
新橋駅 山手線、京浜東北線、横須賀線 徒歩7分

電話番号 :

03-3504-1111 (大代表)
03-3504-1251 (客室予約専用)

営業時間 : 【チェックイン】14:00〜 【チェックアウト】〜12:00

予約サイト : 一休.com 楽天トラベル Booking.com

 

 

永田町】ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町

 

 

プリンスホテルの最上級ホテル、「ザ・プリンスギャラリー」

東京メトロ永田町駅直結、グランドプリンスホテル赤坂(旧赤坂プリンスホテル)跡地にできた商業施設「  東京ガーデンテラス紀尾井町  」の30階から36階を占めています。

 

ギャラリーの名の通り、館内には五感を刺激するアートやデザインが散りばめられており、高層階からの都会の眺望もまるで絵画のよう。

 

 

機能性と快適性を追求した250の客室。

お部屋に入ってまず目を引くのは、大きな窓からの一枚の絵のような眺望でしょう。

 

窓際には靴を脱いでゆったりと横になれるソファがついているので、映り行く都会の景色をのんびりと眺めることができます。

 

開放的なバスルームはガラス張りで、バスタブに入ったまま景色を眺めるという贅沢体験も可能。

スイッチ一つですりガラスに変更できるため、お部屋に人がいても安心です。

 

 

30階に位置するSPA & FITNESS KIOI。

会員制の室内プール、温浴施設、フィットネスジム、トリートメントルーム(有料)があり、地上140mからの絶景を眺めながらリラックスした時間を楽しめます。

 

 

館内には2つのダイニングがあります。

 

ホテル最上階に位置する「オールディダイニング・オアシスガーデン」では、空中庭園をコンセプトに、カジュアルな雰囲気で地中海料理をはじめとした洋食を味わえます。

 

また、伝統の味を活かしたコンテンポラリーなスタイルの和食「WASHOKU蒼天」では、ダイニングエリアの他に、鉄板焼きカウンター、寿司カウンター、SAKEバー、個室が供えられています。

 

ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町


住所 :  〒102-8585 東京都 千代田区紀尾井町1-2

マップ : Googleマップ

アクセス :

南北線永田町駅(9-a口)直結
地下鉄銀座線、丸ノ内線赤坂見附駅(赤坂地下歩道D紀尾井町方面口)から徒歩1分
半蔵門線永田町駅(7番口)から徒歩2分
有楽町線永田町駅(9-b口)から徒歩1分
麹町駅(麹町口)から徒歩5分

電話番号 : 03-3234-1111

営業時間 : 【チェックイン】15:00~25:00 【チェックアウト】〜12:00

予約サイト : 一休.com 楽天トラベル Booking.com

 

 

<港区の高級ホテル>

 

千代田区に次いで、企業の本社をはじめオフィスが多くある港区。

その一方で、青山・赤坂・六本木は商業エリアとしての色が強く、特に六本木はセレブな街としてのイメージがありますよね。

 

ここでは、観光の拠点にもしやすい「六本木」「汐留」「お台場」の高級ホテルを中心にご紹介します。

 

【六本木】グランドハイアット東京

 

 

200ものお店やレストランが集結する六本木ヒルズの一角に位置するグランドハイアット東京。

六本木は外国人も多く、グルメ、ファッション、文化など全てにおける流行の最先端の街です。

 

お洒落上級者で遊びを知った大人が集うイメージのグランドハイアット東京。

活気に満ちたお洒落な街、六本木でのホテルライフはどのようなものなのでしょうか。

 

 

客室は7室のスイートを含む、全15種類。

写真は、スタンダードなタイプの客室です。

 

 

でました!都内で唯一、まさかのプライベートプールを備えた究極のスイート。

プレジデントスイートルームです。

 

こんなお部屋がビルの上にあるなんて、スケールが違いますね。

 

 

グランドハイアット東京のレストラン・バーはすべてホテル直営です。

オールディダイニング、ステーキハウス、江戸前寿司、日本料理、鉄板焼き、中国料理、イタリアンの7つのレストランに、ジャズラウンジ、オークドアバーと、バラエティ豊かなので、様々なシーンに合わせて利用できます。

 

 

1日の始まりは良質なブレックファストが必要不可欠。

グランドハイアット東京では、ブッフェスタイル、和朝食、イタリアンテイストのサンドイッチやジュースなど様々な朝食を楽しむことができます。

 

中でも1番人気は、フルオープンキッチンが楽しいオールディダイニング「フレンチキッチン」のブッフェ。

卵料理だけではなく、ブッフェではちょっと珍しい特製フレンチトーストや、エッグベネディクト、ワッフルまで目の前で作って貰えるので、出来立てをいただけるのが嬉しいです。

 

旬の野菜をはじめ、フランス直輸入のチーズや大きなジャンボンブランなど常時50種類以上のお料理に生絞りジュース。

これでエネルギーチャージは完璧です。

 

 

Nagomi スパ アンド フィットネスは宿泊ゲストとメンバーだけの特別なリラクゼーションエリアです。

ウッドデッキに囲まれた天然石造りの20mプール。

 

ほのかに光り、まるで宙に浮いている円盤かのような神秘的なデザインのジャグジー。

六本木のプールは一味違います。

 

8つあるスパトリートメントルームは全て個室。

クリスチャンフロリアンやオマージュに加え、日本ならではの天然成分を取り入れたNagomiオリジナルの化粧品をつかったトリートメントで極上の都会のリラクゼーションタイムを過ごしてみるのも良いでしょう。

 

グランドハイアット東京


住所 : 〒106-0032 東京都港区六本木6丁目6−10−3 六本木ヒルズ

マップ : Googleマップ

アクセス :

六本木駅 東京メトロ 日比谷線 1C番出口より 徒歩3分
六本木駅 都営地下鉄 大江戸線 3番出口より 徒歩6分

営業時間 : 【チェックイン】15:00〜 【チェックアウト】〜12:00

電話番号 : 03-4333-1234

予約サイト : 一休.com 楽天トラベル Booking.com

 

※六本木 ホテルの関連記事:  六本木のおすすめホテル12選!高級ホテルからビジネスホテルまで

 

 

【六本木】ザ・リッツカールトン・東京

 

 

東京で最も高いビル「ミッドタウン・タワー」の45階から53階の9フロアを占めるザ・リッツカールトン東京。

ザ・リッツカールトンホテルカンパニーは、質の高いサービスとホスピタリティで知られ、世界的にも高い評価を得ています。

 

 

エンターテインメントやカルチャースポットに囲まれる六本木に位置しているので、アクティブに楽しむのに最適。

もちろん、窓の外に遮るものがない素晴らしい眺望の中、ゆったりとホテルステイを楽しむのにもおすすめです。

 

 

日本の美意識と洗練されたラグジュアリーが融合する客室は、全247室。

 

写真は「トーキョーデラックス」ルーム。

その名の通り、東京ならではの皇居外苑、丸の内の高層ビル群、隅田川方面、東京タワーなどの景色が特徴のツインベッドタイプのお部屋です。

 

 

記念日など特別な日のステイには、ホテルの中のホテルと名高い、クラブレベルの宿泊がおすすめです。

 

ホテル最上階53階のクラブラウンジの利用、クラブラウンジでのパーソナルチェックイン/チェックアウト、1日5回のフードプレゼンテーションとアフタヌーンティー、到着時のプレッシングサービス、専用コンシェルジェ対応など、ザ・リッツカールトンの最高峰のおもてなしが待っています。

 

 

特別なホテルステイに特別な食事は不可欠要素と言えるでしょう。

 

2016年からミシュラン一つ星を連続獲得しているモダンフレンチレストラン「アジュール フォーティーファイブ」。

店名のアジュールはフランス語で青という意味で、45階の窓から広がる美しいスカイラインと東京湾を望む景色を表しています。

 

宮崎慎太郎料理長が紡ぎ出す、繊細でありエレガントな料理は至高の味わいだと評判です。

9歳未満のお子様は入店できないのでご注意ください。

 

ザ・リッツカールトン・東京


住所 : 〒107-6245 東京都 港区赤坂9-7-1 東京ミッドタウン

マップ : Googleマップ

アクセス :

六本木駅 都営大江戸線 8番出口より地下通路直結
六本木駅日比谷線: 4a出口側から地下通路経由で8番出口より地下通路直結
乃木坂駅 東京メトロ千代田線: 3番出口より徒歩約3分

営業時間 : 【チェックイン】15:00~24:00 【チェックアウト】 〜12:00

予約サイト : 一休.com 楽天トラベル Booking.com

 

 

【汐留】コンラッド東京

 

 

シックな雰囲気漂うコンラッド東京。

コンラッドは、ヒルトングループの最高級ホテルブランドです。

 

和のおもてなし精神と共に、客とのちょうど良い距離感を大切にしたやり過ぎない謙虚な接客には定評があります。

窓からは浜離宮恩賜庭園、東京湾やレインボーブリッジの絶景を一望できますよ。

 

 

スタンダードなベイビュールーム。

高さは3mの天井は圧迫感を一切排除。

昼間はお日様の光がしっかり入り、夜は東京の絶景を眼下に見渡せます。

 

シーリー社製のマットレスやベッドフレームは、コンラッド東京オリジナルのものを使用。

柔らかいのに安定感のある寝心地です。

 

 

お部屋では、可愛らしい模様のコンラッドベアがお出迎え。

心配りが嬉しいです。

 

もちろん、持ち帰ることができます。

 

 

水月スパ&フィットネス。

スパ&フィットネスは、東京のホテルとしては最大級1,400平米の広さです。

 

プールは都内では珍しい25m!

墨絵をモチーフにした幻想的な空間で、照明の配置具合もばっちりですね。

 

最新設備を揃えたフィットネスジム、スタジオ、ヒート&ウォーター(サウナ&ジェットバス)も自由に利用できます。

 

 

トリートメントルームは全10室。

1番人気のコース水月スピリットは、檜風呂のバスタイムとバンブーを使ったトリートメント。

ボディやフェイシャルのお手入れをした後には、お抹茶とお茶菓子を頂けます。

 

和の安らぎは外国人にも大人気です。

 

コンラッド東京


住所 : 〒105-7337 東京都港区東新橋1-9-1

マップ : Googleマップ

アクセス :

汐留駅 都営大江戸線・ゆりかもめ線  徒歩1分
新橋駅 JR・都営浅草線・東京メトロ銀座線  徒歩7分

営業時間 : 【チェックイン】15:00~ 【チェックアウト】 〜12:00

電話番号 : 03-6388-8000

予約サイト : 一休.com 楽天トラベル Booking.com

 

 

【台場】グランドニッコー東京台場

 

 

ニッコー・ホテルズ・インターナショナルの最上級ブランド「グランドニッコー」は、2016年7月にオープンしたばかりのホテルです。

 

東京ベイエリアのお台場に位置し、ゆりかもめ線台場駅直結。

東京国際空港(羽田)からはリムジンバスで20分。

 

東京湾やレインボーブリッジ、ゆりかもめなどお部屋によって東西南北それぞれの景観が一望できます。

景色をのんびり楽しむために、お台場の街や東京ディズニーリゾート®までのアクセスを考えてなど、お台場のホテルを選ぶ人の理由は様々です。

 

 

一番リーズナブルなスーペリアルルーム。

お部屋は少し狭めですが、お台場は東京ディズニーリゾート®や最寄りの観光を楽しむ街。

 

ホテルは結局寝泊まりだけになってしまうかもという人には、この部屋で十分ですね。

広めのお部屋や豪華なスイートルームは7種類あります。

 

 

部屋からの景色は抜群です。

特に夕暮れから夜にかけての風景は格別。

 

南側のお部屋に泊まると、羽田空港から飛び立つ飛行機が見えますよ。

 

 

レストラン・バーは全部で10店舗。

中でも邸館のリビングルームをイメージしたバー「ルイ・ペロス」では、世界の名酒や珍しいお酒、シガーなど楽しめます。

 

ホテルの2階奥に位置しており、大人の隠れ家的雰囲気でお台場のナイトタイムを堪能できます。

 

 

お台場エリアは、ランニングコースでも有名。

海岸沿いの広い歩道を信号に待たされる事なく快適に走れ、海風を感じながらの朝のランニングや夕暮れ時のお散歩はお台場ホテルならではなので、ぜひトライしたいところです。

 

グランドニッコー東京 台場


住所 : 〒135-8701 東京都港区台場2-6-1

マップ : Googleマップ

アクセス :

ゆりかもめ 台場駅に直結
りんかい線 東京テレポート駅から徒歩約10分
※東京テレポート駅から、臨海副都心無料バス「東京ベイシャトルバス」も運行

電話番号 : 03-5500-6711

営業時間 : 【チェックイン】15:00〜 【チェックアウト】〜12:00

予約サイト : 一休.com 楽天トラベル じゃらん Booking.com

 

 

【虎ノ門】The Okura Tokyo

 

 

世界の一流ホテルに並ぶ、格式と快適さを備えた日本ならではのホテルを作りたい。

そんな思いから、1962年にホテルオークラ東京が誕生しました。

 

長い年月を経て、2019年9月、ホテルオークラ東京は「The Okura Tokyo」へと生まれ変わりました。

17階建ての静かで気品のある「オークラヘリテージウイング」と、41階建ての都市型ホテル「オークラプレステージタワー」の2つのブランドで構成されています。

 

 

ホテルが位置するのは、六本木と虎ノ門に挟まれた閑静なエリア。

広々とした日本風のロビーは、本館に息づいていた日本の伝統美が継承されています。

 

窓から見える美術館や日本庭園、ロビーの照明や家具、廊下やエレベーターのさりげないしつらえなど、日本らしい奥ゆかしさを感じるシーンがそこかしこに広がります。

 

 

オークラヘリテージウイングでは、ジェットバス、ウォークインクローゼット、全室にスチームサウナを完備。

オークラ庭園側に位置する客室には、眼下に庭園の風景が臨めるようにバルコニーを設けています。

 

国際的でありながら日本的、都市型でありながら開放的なオークラプレステージタワーは、リビング空間に大きな窓面をとったワイドリビングタイプ、浴室より外が一望できるビューバスタイプ、2面の大きな窓が開放的なコーナータイプの3タイプのお部屋が用意されています。

 

 

ヘリテージウイング5階、フランス料理のヌーヴェル・エポック。

日本のフランス料理の父と称され、オークラフレンチの基礎を築いた故小野正吉の系譜をひいています。

 

他にも日本料理の山里、鉄板焼きのさざんか、中国料理の桃花林、オールデイダイニングのオーキッドなどバラエティ豊かなレストランやバーが充実しています。

 

The Okura Tokyo


住所 :  〒105-0001 東京都 港区虎ノ門2-10-4

マップ : Googleマップ

アクセス :

東京メトロ日比谷線 虎ノ門ヒルズ駅 出口A2より徒歩約5分(宴会場入口まで)
東京メトロ銀座線 虎ノ門駅 出口3より徒歩約10分
東京メトロ銀座線・南北線 溜池山王駅 出口14より徒歩約10分

営業時間 : 【チェックイン】15:00~29:00 【チェックアウト】 〜12:00

電話番号 : 03-3582-0111

予約サイト : 一休.com Booking.com

 

 

【虎ノ門】アンダーズ東京

 

 

Hyatt(ハイアット)が日本初のラグジュアリーライフスタイルホテルとして2014年に開業した、アンダーズ東京。

 

ハイアットといえば、世界各地で500以上のホテルを展開する外資系の高級ホテルブランドです。

国内では、東京だけでなく沖縄や北海道などのリゾート地にも進出しているので、1度は耳にしたことがあるかもしれません。

 

アンダーズ(Andaz)はハイアットが手がけるラグジュアリーホテルの1種で、2007年にロンドンで誕生しました。

東京で開業したのは比較的最近ですが、高級ホテルの既成概念を覆す様々な工夫が施されており、まさに目から鱗です。

 

 

近代的な要素を取り入れたスタイリッシュな空間設計や宿泊客のスタイルに合わせた柔軟かつフレンドリーなサービスは、新しいホテルならでは。

まるで自宅に居るかのような居心地の良い空間、そしてラグジュアリーホテルが誇る洗練されたおもてなしは必見です。

 

ちなみに、アンダーズとはヒンディー語で「パーソナルスタイル」を意味します。

一人ひとりに合った快適なステイを実現するという意味では、ホテルのコンセプトと見事に合致していると言えるでしょう。

 

アンダーズ東京が位置するのは、虎ノ門ヒルズの最上階を含む47~52階です。

建物の1階にはご覧のように専用のエントランスが設けられているので、最寄り駅などから徒歩で訪れる場合はこちらを利用しましょう。

 

 

アンダーズ東京で、最初に皆さまをお出迎えするのがこちらのエレベーター。

よく見ると、鯛・鶴亀・松竹梅など縁起の良い装飾が施されているのがお分かりいただけると思います。

 

こちらは「白の蒸留箱」と呼ばれる作品で、アンダーズ東京を訪れるゲストの歓迎と祝福を表すそう。

 

 

その他にも、館内にはフォトジェニックなアートワークが至るところに施されています。

特に、レセプションフロアにある伝統工芸・組子細工のウォールアートは圧巻の迫力。

 

職人によって受け継がれる日本の伝統は、近いようで意外と触れ合う機会が少ないもの。

アンダーズ東京では、様々な形で「日本の美意識」を体感していただけます。

 

 

チェックインなどを行うレセプションエリアは51階に位置しています。

一般的なホテルはロビーエリアにフロントデスクがありますが、こちらのホテルでは見当たりません。

 

というのも、アンダーズには従来のホテルのようなスタッフの業務分担が存在しないのです。

そのため、このホテルではそれぞれのスタッフが宿泊者の要望に沿って柔軟に対応するスタイルを採用しているのだとか。

 

 

チェックインやチェックアウトは、レセプション横にある「アンダーズラウンジ」で行います。

 

ここは宿泊者であれば24時間利用し放題で、ソフトドリンクやスナックなどが無料で楽しめます。

カクテルタイム(18:00~20:00)には、ワインなどのアルコール類や軽食も提供されるそうなのでぜひご利用ください。

 

 

164室の客室は、全て50平米以上で広々としているのが特徴です。

ホテルそのものが高層階に位置しているので、どの客室を予約しても素晴らしいパノラマ眺望を堪能できます。

 

 

地上200m超から望む夜景は絶景そのものです。

客室でゆったりと寛ぎながら東京の夜景を独り占めできるだなんて、なんて贅沢なのでしょう。

 

日本家屋をイメージした内装は、どこか懐かしさを覚える居心地の良さ。

古くより日本人が大切にしてきた「自然の温もり」を感じさせる造りは、機能性とデザイン性の両方を兼ね備えています。

 

 

また、客室に浴衣が用意されているのも嬉しいポイント。

温泉旅館を訪れると必ず目にする浴衣ですが、アンダーズ東京で着られるのは意外ですよね。

 

日本人にとっては心を落ち着かせる細やかなホスピタリティー、そして訪日観光客には「日本らしさ」を感じさせる素敵なおもてなし。

アンダーズ東京は、国籍を問わず幅広い世代に満足していただける素晴らしいホテルでしょう。

 

 

ホテルに宿泊する際、やはり気になってしまうのが浴室まわり。

 

アンダーズ東京の客室はバスタブとシャワーエリアが別々に設けられているので、バスタイムも充実。

浴槽は大きめに設計されているので、疲れたカラダもゆっくりと癒せます。

 

 

シャンプーやコンディショナーをはじめとするアメニティーには、バスソルトも含まれているのでぜひお試しください。

ボディージェルは季節に応じて異なる香りのものを用意しているので、何度訪れても楽しめます。

 

日本が誇る美しい季節を客室でも体感できるというのは、遊び心溢れるアンダーズ東京ならではと言えます。

 

 

歯ブラシやコームが入っているアメニティーボックスは、「日本の四季」を表現しているそう。

和菓子の箱を連想させる華やかな見た目は、思わず写真を撮らずにはいられません。

 

正直、これが客室のテーブルに置かれていたらウェルカムギフトだと勘違いしてしまいそうですよね。

 

ちなみに、ミニバーにあるソフトドリンクやお菓子は全て無料です。

一般的なホテルではミニバーのお飲み物が有料であるため少し手を出しにくいような気がしますが、こちらでは気軽に利用することができます。

 

 

その他、  AOスパ&クラブ  のプールやフィットネスも無料で利用できます。

はじめにご紹介した通り、アンダーズラウンジも24時間無料なので、まさに至れり尽くせりです。

 

アンダーズ東京_朝食
アンダーズ東京での朝食風景

 

宿泊するメリットがこんなに多いホテルは、東京ではかなり珍しいのではないでしょうか。

アンダーズ東京では、宿泊者全員がクラブフロアに泊まっているようなラグジュアリーで高いコストパフォーマンスのホテルステイを演出します。

 

アンダーズ東京


住所 : 東京都港区虎ノ門1丁目23-4(虎ノ門ヒルズ 森タワー内)

マップ : Googleマップ

アクセス :

東京メトロ 日比谷線「虎ノ門ヒルズ駅」A2出口より徒歩4分
東京メトロ 銀座線「虎ノ門駅」地下鉄歩行者通路経由で徒歩5分

電話番号 : 03-6830-1234

営業時間 : 【チェックイン】15:00~24:00【チェックアウト】12:00

予約サイト : 一休.com 楽天トラベル

 

 

【虎ノ門】東京エディション虎ノ門

 

 

世界的に有名なホテルブランドであるMariott(マリオット)がプロデュースしたラグジュアリーホテル、東京エディション虎ノ門。

2020年10月に開業したばかりのホテルで、神谷町駅直結の「東京ワールドゲート」の高層階に位置しています。

 

 

EDITION(エディション)は、世界で約5,500ものホテルを展開する「マリオット・インターナショナル」が最高級ランクに指定する高級ホテルブランドです。

同社が運営するホテルで同じく最高級ブランドとして扱われているのは、ザ・リッツ・カールトンやセントレジス、ダブリュー・ホテルなど、どれも有名なものばかり。

 

東京エディション虎ノ門は、EDITIONとしては日本初上陸の次世代ラグジュアリーライフスタイルホテルです。

日本が誇る世界的建築家が設計に携わったとされる客室の数々は、シンプルかつ洗練された趣で訪れる人すべてを魅了します。

 

 

「都会のオアシス」を思わせる開放的な空間と新しい時代を生きる人々が求めるスタイリッシュなライフスタイルが融合した革新的なホテルステイ。

開業から間もないですが、人気のインスタグラマーやおしゃれ女子たちの間で既に話題となっているのだとか。

 

これまでの日本には存在しなかったラグジュアリーでユニークな体験を求める方には、ぜひおすすめしたいホテルです。

 

 

全206の客室は全て31階以上の高層階に位置しており、窓の外側には東京の素晴らしい街並みが広がっています。

 

 

そのうち15室はプライベートテラスがある客室で、簡易キッチンを備えていることから長期滞在者にも人気があるそう。

42平米のスタジオテラスなら比較的リーズナブルな価格で泊まれるので、いつものホテルステイにちょっとした贅沢をプラスしたい方にはおすすめです。

 

 

ルームキーは環境に配慮した竹素材を使用しています。

プラスチックゴミの削減を促すサステナブルな取り組みは、現代のホテルならでは。

 

従来のプラスチックカードよりも高級感がありますし、むしろプラスチック素材のルームキーよりもおしゃれに見えませんか?

 

 

その他、アメニティー類も竹やストーンペーパーなどにも環境性に優れた素材を使用しています。

竹素材のコームやヘアブラシは、宿泊したついでに持ち帰っても長く使えそうですね。

 

また、ミネラルウォーターもオリジナルのデザインを施した紙パックで提供しています。

スタイリッシュなだけでなく、「サステナブルな社会の実現」を意識した徹底的なこだわりは目を見張るものがあります。

 

 

こちらは、31階のロビーフロアに位置するプール・ジャグジー(利用時間 7:00~22:00)です。

同じフロアには最先端技術を導入したフィットネス(24時間利用可)もあります。

 

プールのサイズはかなり小さいですが、宿泊客専用である上に無料で利用できるので訪れる価値はあると言えるでしょう。

 

 

31階には、カジュアルな雰囲気が魅力の「LOBBY BAR」やオープンテラス付きのレストラン「THE BLUE ROOM」など、計3つのダイニングエリアも揃っています。

 

 

LOBBY BARでは軽食やドリンクをはじめ女性に人気のアフタヌーンティーも提供しているので、ホテルで1日ゆっくりと過ごす派の方はぜひ利用してみてください。

 

 

ちなみに、31階に位置するダイニングエリアは宿泊者以外でも利用可能です。

宿泊の予約をする前に、下見を兼ねて1度足を運んでみるのも良さそうですね。

 

 

特に記念日などで利用される場合はホテル選びを慎重に行いたいと考える方も多いのではないでしょうか。

 

カクテルであれば1杯 2,000円前後から楽しめるので、話題のホテルの雰囲気を肌で確かめてみるのも方法の1つ。

 

 

2022年にはミシュランシェフが指揮を執るレストラン「The Jade Room + Garden Terrace」のオープンも予定しているそうなので、都会の社交場としてさらに注目を集めることでしょう。

 

東京の新たなトレンドの発信地として存在感を放つ「東京エディション虎ノ門」から、今後も目が離せません。

 

東京エディション虎ノ門


住所 : 東京都港区虎ノ門4丁目1-1

マップ : Googleマップ

アクセス :

東京メトロ 銀座線「虎ノ門駅」2番出口より徒歩8分
東京メトロ 南北線「六本木一丁目駅」泉ガーデン出口より徒歩8分

電話番号 : 03-5422-1600

営業時間 : 【チェックイン】15:00~24:00【チェックアウト】 12:00

予約サイト : 一休.com 楽天トラベル Booking.com

 

 

<中央区の高級ホテル>

 

中央区は23区の中で2番目に面積が小さく、区内には日本橋、八重洲、築地、月島、銀座などがあります。

隣接している千代田区(大手町や丸の内)にホテルが集まっていることもあり、高級ホテルは少ない印象です。

 

しかし、こちらのエリアでもおすすめしたい高級ホテルがあるためご紹介します。

 

【日本橋】マンダリンオリエンタルホテル東京

 

 

東京駅から徒歩15分ほど、東京メトロ三越前駅から直結という便利な立地です。

近年開発が進みショッピングエリアとしても人気あり、一方で日本の歴史を感じさせる情緒溢れる日本橋のど真ん中にあります。

 

皇居も徒歩圏内、銀座へもお散歩がてら歩く事も可能な5つ星のラグジュアリーホテルです。

そしてこのホテル、国内で唯一、ホテル直営レストラン3つがミシュランの星を掲げているという美食のホテルとしても知られています。

 

 

デラックスルーム。室内インテリアのテーマは「森と水」。

ランプシェードは和紙で出来ているので、ほのかな柔らかい明かりを灯しています。

 

 

バスタブにはブラインドがあり、開ける事も可能。

地上30階以上からの絶景が約束されています。

 

足元には荘厳な造りの日本銀行、大手町・丸の内の整然とした街並みが見えます。

 

 

グランドルームは、スタンダードタイプの中で一番の広さがあるお部屋です。

こちらのお部屋も日本の美しい自然を意識してコーディネートされています。

 

絨毯は新緑の森、竹のフローリング、和紙のランプシェード、寄木細工のベッドボード、クッション、カーテンなど全てに伝統の技が光っていますね。

 

マンダリンオリエンタル東京の朝食
マンダリンオリエンタル東京の朝食

 

ちなみに、こちらのホテルのトップスイートルーム(広さなんと250平米)は、「フォーブス・トラベルガイド」にて東京のホテルで唯一2年連続5つ星を獲得しています。

色々なホテルを知り尽くした一流の方達が宿泊し、そのような評価を得るというのは日本人として嬉しいですよね。

 

 

ミシュラン星獲得レストランの1つ目は、フレンチダイニング「シグネチャー」。

4〜6品のコースメニューと3〜5品のランチメニューがあります。

 

フランス料理ですが、日本の良さも取り入れ、また季節も意識されたお料理を出してくれます。

 

 

そして2つ目は、37階に位置する広東料理の「センス」。

あわびや伊勢エビなどを使った高級海鮮など吟味された食材で作り上げられるコース料理は全て1人ずつのお皿で出してくれます。

料理長のおすすめは、和牛サーロインステーキ・牛コラーゲンソースです。

 

土・日・祝には飲茶ランチもあり。

夜は東京ディズニーランドの打ち上げ花火も見えます。

 

 

最後3つ目は、38階に位置する、ユニークなダイニングバー「タパスモラキュラーバー」。

モラキュラーとは、分子。

直訳すると、美味しい料理に関するサイエンス&テクノロジーの一口料理バーということでしょうか。

 

でも、パフォーマンスだけではありません!

味も美味しいと評判です。

 

一口サイズで提供されるため、女性にとっては食べやすく、様々な味(20種類程)をいただけるのは嬉しいです。

カウンターバーは8名席なので、予約必須ですよ。

 

マンダリンオリエンタル東京


住所 : 〒103-8328 東京都中央区日本橋室町2-1-1

マップ : Googleマップ

アクセス :

東京駅から8分
地下鉄三越前駅の地下通路に直結

電話番号 : 03-3270-8800

営業時間 : 【チェックイン】15:00~ 【チェックアウト: 〜12:00

予約サイト : 一休.com 楽天トラベル Booking.com

 

 

<文京区の高級ホテル>

 

「文の京(ふみのみやこ)」という名の通り、著名な文人や学者などが多く住んでいた文京区。

大学も多くあり、落ち着いた住宅街として人気のあるエリアです。

 

観光の拠点とするには少し不便を感じるかもしれませんが、文京区にも高級ホテルがあります。

都会の喧騒を忘れてゆったり過ごしたい方におすすめです。

 

【目白】ホテル椿山荘東京

 

 

ホテル椿山荘東京は、都心から少し外れた目白にありますが、訪れる価値のあるホテルです。

ここの特徴として外せないのは由緒ある史跡が点在するお庭です。

 

それは、1878年に政治家・軍人であった山懸有明が庭園邸宅として作ったのが始まり。

初夏には蛍も飛び交います。

 

お庭の中にあるお食事処は風情があって予約必須の大人気スポットです。

ということで、お庭を中心にご紹介します。

 

 

標準的な客室、スーペリアルーム。

とても高級感の溢れるつくりです。

シティビューとガーデンビューがあります。

 

お部屋や館内はこの上なくラグジュアリーな洋風なのに、お庭や一部施設が思いっきり和。

対照的なこの和と洋が見事に交わった美、それが椿山荘の真骨頂と言えるでしょう。

 

 

面白いところで、和室のスイートルームがあります。

炉が切られ、水屋までありますよ。

 

 

スパには、開閉式の天井をもつプールがあります。

そのすぐ近くにある露天のジェットバス。

新緑に囲まれて、気分はまさに地方の温泉。

都会である事を忘れてしまいます。

 

 

お庭には、総勢20人の羅漢石。

どれかに必ず自分に似た顔があるらしいです。

 

 

お庭の象徴である3重の塔は、600年前に建てられたもの。

 

 

樹齢500歳のご神木で、根回り4.5mもあります。

 

 

ご神木の側には、木春堂というお食事処が。

富士山の溶岩石を鉄板として使用した石焼料理や茶釜会席が楽しめます。

 

 

無茶庵は、森の中にあるおそばやさんです。

国産のそばの実を石臼で挽いたそば粉を使用した自家製おそばを味わえるお店。

会席料理などもあります。

 

リピーターも多く大変な人気なので、予約はマストです。

 

 

千利休の屋敷にあった「残月亭」を模して作った茶室で国の登録有形文化財に登録されているお茶室「残月」。

初心者でも外国の方でも、伝統的な茶室で茶道体験ができます。

 

ホテル椿山荘東京
期間限定で開催されるイベントも必見

 

この他にも、館内にはイタリアン料理やアフタヌーンティーを楽しめる洋テイストのレストランもあります。

宿泊者限定の苔玉作りアクティビティもありますよ。

 

ホテル椿山荘東京

 

また、春から秋の時期を中心に期間限定で様々なイベントも開催されるので、興味のある方は  公式サイト   をチェックしてみてくださいね。

 

筆者は椿山荘の空中庭園で毎年初夏に開催されている人気イベント「シャンパンガーデン」に参加してみました。

緑豊かな自然に囲まれて愉しむシャンパンは格別の美味しさです。

 

シャンパンガーデン_オードブル

 

イベントスケジュールにうまくタイミングを合わせて予約すれば、高級ホテルでの滞在がさらに充実したものになるでしょう。

 

椿山荘は、豪華な客室だけでなく、お食事やスパ、アクティビティーも楽しみたい方には最適なホテルです。

ぜひ実際に宿泊して、その魅力を肌で体感してみてください。

 

ホテル椿山荘(チンザンソウ)東京


住所 : 〒112-8680  東京都文京区関口 2-10-8

マップ : Googleマップ

アクセス :
JR目白駅からバス停5番乗り場「目白駅前」都バス新宿西口行き
8番乗り場「川村学園前」ホテル椿山荘東京行き にて10分乗車

電話番号 : 03-3943-1111

営業時間 : 【チェックイン】15:00〜 【チェックアウト】〜12:00

予約サイト : 一休.com 楽天トラベル じゃらん

 

 

<目黒区の高級ホテル>

 

目黒区は、その面積の大部分を住宅地および教育機関をはじめとする文化施設が集まる閑静なエリアです。

港区や千代田区に比べると高級ホテルは少ない印象ですが、静かで落ち着いた雰囲気が魅力。

 

JR山手線や東急東横線、東京メトロ日比谷線など公共交通機関の主要な路線が多く乗り入れているため、アクセスも便利ですよ。

 

【下目黒】ホテル雅叙園東京

 

 

ホテル雅叙園東京は、JR山手線・目黒駅より徒歩3分の場所に位置する老舗の高級ホテルです。

昭和3年(1928)に築かれた邸宅を改装し、純日本式の料亭を開業したのがはじまりとされ、現在はレストランや結婚式場を併設するホテルとして親しまれています。

 

 

歴史ある建物は各界の著名人や政治家、軍人なども訪れたことで知られ、その一部は東京都指定有形文化財に登録されています。

館内は日本ならではの要素がふんだんに取り入れられた様式で、創業時から受け継がれている美術工芸品が至るところに展示されています。

 

 

現在見られるのは、平成3年(1991)に大規模なリニューアルが施された建物です。

総工費は850億円に及ぶといわれ、その内装は豪華絢爛そのもの。

 

美術館さながらの趣を放つ優美な空間は、思わずため息が出てしまうほど美しいのが特徴です。

 

 

全60室のゲストルームは、宿泊者が自身の好みに合わせて選べるよう和室から洋室まで様々なタイプが用意されています。

シンプルで居心地の良い空間を追求した設計は、モダンでありながらどこか自然の温もりが感じられます。

 

 

こちらは、2019年7月にリニューアルされたばかりの和室(80平米)です。

都心に居ることを忘れさせるような落ち着いた雰囲気は、まるで老舗旅館のよう。

 

 

ホテル雅叙園東京の客室は「和・敬・清・心」というコンセプトを基に造られています。

これは「シンプルな中に、自然な姿を求める清らかな美しさのある空間を提供したい」という思いに基づいて誕生したものなのだとか。

 

 

日本の精神性に現代ならではのスタイルを反映させたデザインは、日本人のみならず海外から訪れる旅行客からも高い評価を得ているそうです。

 

 

また、ホテル雅叙園東京では「雅叙園アートツアー」「モーニングヨガ」「抹茶お点前」「目黒仏閣ウォーキング」など宿泊者専用アクティビティーのご用意もあります。

気になる参加費用は、嬉しいことに宿泊者であればすべて無料なんです。

 

これらの開催状況は事前に変更される可能性があるため、参加を希望する場合は宿泊予約を済ませる前にあらかじめホテルに問い合わせすることをおすすめします。

 

 

こちらは敷地内に位置する日本庭園です。

夜には美しいライトアップが施され幻想的な雰囲気が味わえるので、ぜひ昼と夜の両時間帯に訪れてみてください。

 

 

世界に誇る日本の美と伝統を愉しむなら、ホテル雅叙園がおすすめです。

四季を彩る豊かな自然と心を癒すおもてなし、そして「和」の魅力を再発見しに訪れてみませんか?

 

心を落ち着かせる至福の空間は、意外とすぐ近くにあるのかもしれません。

 

ホテル雅叙園東京


住所 : 東京都目黒区下目黒1丁目8−1

マップ : Googleマップ

アクセス :

JR山手線「目黒駅」西口より徒歩3分
東急目黒線・地下鉄南北線「目黒駅」より徒歩3分

電話番号 : 03-3491-4111

営業時間 : 【チェックイン】15:00~29:00【チェックアウト】 12:00

予約サイト : 一休.com 楽天トラベル じゃらん Booking.com

 

 

<新宿区の高級ホテル>

 

高層ビルがひしめく近代都市・東京ならではの街並みを満喫するなら、新宿区のホテルがおすすめです。

 

中心駅として親しまれる新宿駅はJRおよび東京メトロが運行する計11の路線が乗り入れる超巨大ターミナル。

東京23区のほか、湘南や千葉方面への移動も便利なので、観光拠点として選ぶ人も多いそう。

 

また、このエリアには「日本一の歓楽街」でお馴染みの歌舞伎町をはじめ、ゴールデン街や思い出横丁など飲み屋街も多く点在しています。

観光に便利なのはもちろん、飲み帰りのタクシー代が安く済むのも嬉しいポイント。

 

ここでは、都庁が位置する西新宿の高級ホテルをご紹介します。

 

【西新宿】パークハイアット東京

 

 

パークハイアット東京は、新宿のランドマークとして親しまれる新宿パークタワーの高層階にあるラグジュアリーホテルです。

都内では六本木や西新宿2丁目にHyatt(ハイアット)の名が付くホテルがありますが、「Park Hyatt(パークハイアット)」はその中でも最高級カテゴリーに位置付けられるホテルブランドとして知られています。

 

 

ホテルが位置するのは、地上52階建ての超高層ビルの39階から52階です。

東京タワーだけでなく、晴れた日には富士山を遠く見渡す絶景を眼下に臨むことができます。

 

新宿といえば治安があまり良くないというイメージを抱いている人が多いと思いますが、このホテルは小さなお子さま連れのご家族もよく訪れる新宿中央公園に面した立地なので、安心してお過ごしいただけます。

 

JRおよび都営大江戸線の最寄り駅からも徒歩10〜12分の立地なので、公共交通機関へのアクセスも便利です。

 

 

日本屈指の摩天楼を望む超一等地に位置していますが、そこは高さ約200m以上を誇る天空の世界。

都会の喧騒から離れてゆっくりと過ごす贅沢なひと時は格別です。

 

上質な安らぎと心地良さを体験いただけるラグジュアリーな空間およびホスピタリティーは、世界中の名だたるセレブたちも絶賛するほどのクオリティ。

アメリカの超人気歌手としてお馴染みのレディー・ガガも、パークハイアット東京に魅了されたうちの1人なのだとか。

 

 

全177室の客室は、広さ45平米のパークルームからデラックス、スイートまで様々です。

 

スイートルームは、お部屋の設備や面積に応じて3種類に大別されています。

最も大きな客室は「ディプロマットスイート」で、160平米(畳で例えると約88畳)の広さを誇るそう。

 

 

こちらは、広さ55平米のデラックスルームです。

パークルームに比べ客室がやや広く設計されており、落ち着いた色合いのインテリアでまとめられています。

 

バスルームは、モダンなデザインの浴槽と独立したシャワーブースを完備。

壁にはオリジナルアートが飾られており、スタイリッシュな趣をプラス。

 

 

アメニティーには高級感のあるパッケージのオリジナルバスソルトも含まれているので、こちらを使用すればさらに贅沢な気分でバスタイムお楽しみいただけます。

 

 

また、その他のアメニティーも必見です。

シャンプー・コンディショナー・ボディージェルなどのバニティーセットには、オーストラリアの高級スキンケアブランド「Aesop(イソップ)」を採用。

 

国内外で大人気の自然派コスメブランドをアメニティーとして提供するだなんて、さすが5つ星ホテルですね。

 

 

ちなみに「ガバナーズスイート」では、ひのき風呂が楽しめるそうです。

広さ140平米以上のプレミアムスイートには、Aesopの200mlボトルが含まれており、さらに特別感があるアメニティー内容となっております。

 

パークハイアット東京の宿泊者と会員のみが利用できるスパ&フィットネス施設「  クラブ・オン・ザ・パーク  」。

東京の絶景を見渡すアトリウムは、非日常的な空間を演出します。

 

 

ワンランク上のホテルステイを満喫したい方には、本格的なスパ体験もおすすめ。

45階にはジャグジーやサウナ、リラクゼーションラウンジなどを備えたスパ施設(追加料金)が併設されており、訪れる人に優雅なくつろぎの時間を提供しています。

 

スパトリートメントのコースは、60分または90分からお選びできます。

朝食やアフタヌーンティーとセットのプランもあるので、興味のある方は  クラブ・オン・ザ・パーク  までお問い合わせください。

 

 

その他、いくつかのフロアには高級レストランやバーラウンジなどもあります。

 

 

中でも筆者がおすすめしたいのが、41階に位置する「ピークラウンジ」です。

太陽光がたっぷりと降り注ぐ開放的で緑豊かな空間は、まるで天空に浮かぶ温室のよう。

 

 

こちらでは、種類豊富な紅茶や伝統的な英国式アフタヌーンティーなどが楽しめます。

 

ピークラウンジ・アフタヌーンティー
ピークラウンジ・アフタヌーンティー

 

サンドイッチやスコーン、フィンガーサイズのスイーツなどバラエティー豊富なラインナップが特徴で、女性を中心に人気のコースです。

 

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/tabi-channel/upload_by_admin/Afternoontea_partkhyatttokyo_1.jpeg

 

海外セレブ御用達の高級ホテルで極上の宿泊体験をしてみませんか?

パークハイアット東京なら、思わず人に話したくなるような特別なホテルステイが満喫できるでしょう。

 

パークハイアット東京


住所 : 東京都新宿区西新宿3丁目7-1-2

マップ : Googleマップ

アクセス :

都営大江戸線「都庁前駅」より徒歩8分
JR新宿駅より徒歩12分

電話番号 : 03-5322-1234

営業時間 : 【チェックイン】15:00~25:00【チェックアウト】 12:00

送迎 : 新宿西口エルタワー横よりホテルまで無料送迎サービス

予約サイト : 一休.com Booking.com

 

※新宿 ホテルの関連記事:  東京観光からビジネスまで!新宿のおすすめホテル12選

 

 

東京は一流のホテルが乱立している大都市なので、ホテル選びは本当に迷います。

その中でも、ラグジュアリーさだけでなく、ホスピタリティ、ホテルが力を入れていることなどを総合的に見てセレクトしました。

 

気になるホテルがあれば、是非チェックしてくださいね。

 

※東京ホテルの関連記事:  東京都内のおすすめホテル24選!格安ホテルからおしゃれな高級ホテルまで地域別に厳選


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(799)
北海道・東北(53)
  北海道(29)
  青森(3)
  岩手(2)
  宮城(12)
  秋田(1)
  山形(4)
  福島(2)
関東(331)
  埼玉(12)
  千葉(30)
  東京(192)
  神奈川(65)
  茨城(8)
  栃木(11)
  群馬(6)
  山梨(7)
甲信越・北陸・東海(105)
  長野(14)
  新潟(9)
  富山(3)
  石川(16)
  福井(2)
  岐阜(11)
  静岡(31)
  愛知(12)
  三重(7)
近畿(118)
  滋賀(7)
  京都(53)
  大阪(31)
  兵庫(15)
  奈良(8)
  和歌山(4)
中国・四国(51)
  鳥取(3)
  島根(5)
  岡山(8)
  広島(15)
  山口(3)
  徳島(4)
  香川(7)
  愛媛(4)
  高知(2)
九州・沖縄(95)
  福岡(16)
  佐賀(2)
  長崎(7)
  熊本(10)
  大分(12)
  宮崎(4)
  鹿児島(13)
  沖縄(31)

国外エリア一覧

東南アジア(28)
ヨーロッパ(100)
東アジア・中国・台湾(23)
南アジア・インド・ネパール(6)
中近東(7)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(11)
オセアニア(12)
アフリカ(7)
北米(21)
中南米(12)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(672)
イベント情報(379)
ショッピング・買い物・お土産(568)
遊園地・テーマパーク(591)
ビジネス・出張(198)
ロケ地、舞台(213)
世界遺産(190)
乗り物・交通・アクセス(817)
宿・旅館・ホテル(227)
旅行準備(470)
歴史・豆知識(1008)
温泉・スパ(190)
絶景(578)
聖地巡礼(38)
観光旅行(1014)
食事・グルメ(659)
おすすめ/ランキング(888)
デート(777)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(442)
ツアー/旅程(254)
海水浴場・ビーチ・リゾート(78)
日帰り旅(99)
1泊2日(72)
寺院・神社・教会(102)
パワースポット(38)
ファミリー(168)
1人旅(164)
雨の日(30)
モデルコース(13)
メーカー/ブランド(8)

人気記事ランキング