logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本

カーシェアの仕組み&利用方法とは?レンタカーとの違いや費用、都内でおすすめのサービスを紹介





「若者の車離れ」という言葉を耳にして久しくなります。
経済的理由などから自動車を所有する人は減ったものの、少し遠出をするときや公共交通機関の発達していない場所へ行く際には、やはり車があると便利ですよね。

そこで利用者の増えているサービスが、必要なときに必要なだけ車に乗れる『カーシェア』。
従来の車を借りる方法としてはレンタカーが挙げられますが、最近はより安く気軽に利用できるカーシェアが注目を集めています。

本記事ではカーシェアの概要や良い点・悪い点、利用手順や金額、おすすめのサービスなどを解説します。

本ページに掲載のリンク及びバナーには広告(PR)が含まれています。


カーシェアとは

 

カーシェア とは

 

カーシェアとは、登録を行なった複数の会員で事業者が所有する車を共有し、共同で利用できるサービスです。

スイスが発祥だと言われており、日本でもここ10年ほどで首都圏を中心に市場が拡大しています。

 

会員は決められた料金を支払い、駐車場・コインパーキングなどの受け渡し場所(=ステーション)にある車を予約して利用することが可能です。

対面の手続きはなしで、短時間・短距離でも安価に借りられるため、たくさん買い物したいときや子どもの送迎などちょっとした用事で気軽に利用できます。

 

カーシェアの種類は自動車の販売やレンタカー事業を行う企業が提供・管理を行うサービスと、個人のオーナーが所有する車をシェアリングできるサービスの主に2パターン。

サービスによってステーションの場所や車両数、車両の種類などが異なります。

 

頻繁に利用したい方なら自宅の近くにステーションがあるサービスを、旅行や出張の際にも活用したいならエリアの広いサービスを…というように、用途に合わせて選びましょう。

 

レンタカーとの違い

 

カーシェア レンタカー 違い

 

レンタカーはレンタカー事業者の営業所へ直接訪問し、対面で手続きをして車を借ります。

カーシェアと違い会員登録や初期費用・月額料金の支払いが不要である代わりに、書面での手続きやスタッフからの説明が必要です。

 

短時間から借りられるカーシェアに対し、レンタカーでは最低6時間以上の長時間レンタルが一般的。

選べる車種はレンタカーのほうが多く、アウトドア用の大型車両や荷物の運搬・引っ越しに使えるトラックなどをレンタルすることもできます。

 

利用後はガソリンを満タンにする必要がありますが、レンタルした営業所以外の営業所へ返却できる乗り捨てサービスが利用できる場合もあって便利です。

 

車の利用頻度や時間、移動距離やトータルのコストを加味して、カーシェアとレンタカーのどちらを利用するか選ぶと良いでしょう。

 

 

カーシェアを利用するメリット・デメリット

 

車の購入・維持に手間やコストをかけず、まるで自分の車のように利用できるカーシェア。

車を買うほどでもないけれどそこそこ使う機会のある人、車を停めておくスペースがない人、憧れの車種に乗って出かけてみたい人など幅広い人に役立つサービスです。

 

当然ですが、メリットだけでなくデメリットも存在します。

両方を知った上で、利用するかどうか検討してみてください。

 

メリット1. 24時間好きな時にレンタルできる

 

カーシェア 時間

 

カーシェアは、サービスのWebサイトやスマホアプリを通じて24時間いつでも簡単に予約できます。

友人窓口へ行って対人での手続きが必要なレンタカーだと、店舗の営業時間内に車の受け取り・返却を行わなければなりません。

 

一方のカーシェアなら、ステーションに空いている車両があれば早朝や深夜でも利用することが可能です。

 

利用者の少ない夜遅い時間だと、夜間限定のお得なプラン『ナイトパック』を利用できるサービスも。

ふとドライブに出かけたくなったときにもすぐに車に乗れるので重宝します。

 

メリット2. 短時間でも気軽に利用できる

 

カーシェア 短時間

 

カーシェアは通常、10分〜15分程度の短い時間から分単位で車を借りられます。

6時間以上の時間単位で利用するレンタカーと違い、必要な時間だけ安く利用できるところが魅力です。

 

「数十分のためにわざわざレンタカーを借りるのは面倒くさい」「普段はあまり車を使わないので購入するのはコスパが悪い」という方にはピッタリなサービスだと言えるでしょう。

スマホやパソコンさえあれば煩雑な書類の手続きを経ることなく、予約してからすぐに利用を開始できます。

 

メリット3. 給油やメンテナンスの費用がかからない

 

カーシェア ガソリン

 

車を所有する場合、車本体の購入価格に加えて車検や修繕などのメンテナンス費用、駐車料金やガソリン代、税金や保険料といった様々な費用が発生します。

レンタカーの場合も通常料金に加えてガソリン代や保険料の支払いが必要です。

 

対するカーシェアは、利用料金にこれらの費用が全て含まれているため安心。

利用中に燃料切れになりそうなときは専用のガソリンカードを使って無料で給油できます。

中には給油や洗車を行うことで割引を受けられるサービスも。

 

万が一事故が起きてしまった場合でも、カーシェアの利用料金内で補償されるケースが多いです。

ただし、事故の無申告や無断延長など補償が適用されないケースもあるため、事前に制度の内容をしっかりと確認しておきましょう。

 

デメリット1. 希望する車に乗れない場合がある

 

カーシェア 車種

 

カーシェアは一般的にレンタカーよりも選べる車種やレンタルできる台数が少ないです。

特に個人間のカーシェアリングサービスではオーナーが所有する車しか借りられないので、借りたい車が明確な人にとっては使いにくいと感じる可能性があります。

 

また、近くのステーションにある車に先約が入っていたり、希望する車種が遠くのステーションでしか借りられないことも。

特に利用者の多いエリアや週末、人気のモデルは要注意です。

予定が分かった時点で早めに予約することをおすすめします。

 

なお、レンタカーほど業者側のチェックが頻繁ではないカーシェアでは、ペット同伴や喫煙ができない車両が多いです。

ベビーシート・チャイルドシート、ドライブレコーダー、スタッドレスタイヤなどの有無も車両によって異なります。

 

気に入った車種を見つけても、稼働状況によっては再度同じ場所から乗車できないケースも。

利用を予定しているステーションの車両状況を事前に確認しておきましょう。

 

デメリット2. 時間を延長できない場合がある

 

カーシェア 延長

 

カーシェアは予約するときに返却時間を設定しなければなりません。

次の予約をしている人がいる場合は延長できないため、余裕を持って時間を設定しておくことをおすすめします。

 

返却時間が読めない場合は乗り放題プランなど用途にあった使い方をすると良いでしょう。

 

渋滞など不測のトラブルが発生して返却時間に間に合わないときは、サイトやアプリから時間変更を行うか、延長ができない場合はサポートセンターやカーオーナー様にすぐに連絡を入れる必要があります。

 

デメリット3. 清掃や点検が不十分な場合がある

 

カーシェア 掃除

 

カーシェアの車両は定期的に清掃や点検が行われていますが、複数の会員で共有するという仕組み上、利用するタイミングによっては車両が汚れていることもあります。

 

利用前には車に異常がないか安全点検を行い、利用後は車に備え付けてある掃除用品で清掃してから返却する必要があります。

レンタカーのようにすぐに点検が入るわけではないため、ゴミは必ず持ち帰り、忘れ物がないように気を付けてください。

マナーを守り、みんなが気持ちよく利用できるように心がけましょう。

 

何かあった場合は、サポートセンターへ問い合わせれば24時間対応してもらえます。

 

 


カーシェアの使い方

 

カーシェアはわざわざ店舗へ足を運ばなくても、スマホ1台あれば利用できます。

車の解錠・施錠は、会員登録時に送られてくる会員カードまたはアプリでOK!

 

以下の手順をチェックし、気軽にカーシェアデビューしましょう。

 

1. サービスへの会員登録

 

カーシェア 登録

 

カーシェアを利用するために、まずはサービスへの会員登録が必要です。

 

登録方法はインターネット入会が多いですが、中には郵送や無人入会機での登録、説明会への参加が必要なサービスも。

サービスによって手続きにかかる時間が異なるため、車の利用当日ではなく事前に会員登録を済ませておきましょう。

 

また、会員登録時には運転免許証や料金の支払いに使うクレジットカードの提示・登録を求められる場合があります。

 

2. 予約〜レンタル

 

カーシェア 使い方

 

会員登録が完了すると、車をレンタルできる権利が発生します。

24時間いつでもどこでも予約可能。

サイトやアプリから利用するステーションと車両を検索し、利用開始時間および返却時間を指定して予約を行いましょう。

 

予約時間になったらステーションへ行って該当する車を探し、会員カードやアプリを使って鍵を開けてください。

車のキーやパーキングの入出場カードは多くの場合グローブボックスやダッシュボードなどの中に入っていますが、事前にヘルプページ等で確認しておくと◎

乗車前確認が済んだら、エンジンを始動させて出発します。

 

予約した車のキャンセルは利用開始の直前(1分前など)までOK。

予約日の6日ほど前からキャンセル料が発生するレンタカーと違い、急に予定が変わったときでも安心です。

 

ただし、予約している利用開始時刻を過ぎると料金の発生がスタートするので注意してください 

 

3. 返却

 

カーシェア 乗り捨て

 

予約時に設定した返却時刻までに利用を開始したステーションと同じ場所に車を停めてキーを指定の位置へ戻し、会員カードまたはアプリで施錠すれば返却完了です。

 

その場で支払い手続きを行う必要はありません。

利用時間や距離をもとに料金が計算され、事前に登録したクレジットカード宛に後日請求されます。

 

レンタカーと違い、カーシェアは借りた場所と違うステーションへ返却することは基本的にできません。

乗り捨てができないので、必ず出発地まで戻る必要があります。

 

引っ越しで荷物を運ぶ、旅行中に別の観光地へ移動するなど、片道だけ車を使いたいシーンには適していないと言えるでしょう。

 

 

カーシェアの利用料金の目安

 

カーシェアでかかる費用は初期費用+月額料金+時間料金+距離料金の組み合わせが基本。

中には、レンタカーのように数時間単位や1日単位でレンタルできるプランが用意されているサービスもあります。

 

詳しい料金体系や金額はサービスによって異なるため、各サービスの利用案内を必ず確認してください。

 

初期費用

 

カーシェア 初期費用

 

カーシェアには初期費用が無料のサービスが多いですが、カードの発行料などが初期費用として請求されることがあります。

その場合、1,000円〜1,500円前後が相場です。

 

0円で始められるサービスを選ぶか、初期費用無料キャンペーン中に登録をすることをおすすめします。

 

月額料金

 

カーシェア 月額

 

1ヶ月あたりの基本料金は無料、あるいは有料の場合は数百円〜2,000円前後が相場。

個人プラン、学生プラン、法人プランなどいくつかの料金プランが用意されているサービスが多いです。

 

車に乗らなかった月でも月額料金分は請求されてしまいますが、その代わりに利用時の時間料金や距離料金が安くなるケースも。

 

また、利用料金から月額料金分の割引を受けられる=車を利用した場合は、月額料金が実質無料になるサービスもあります。

 

時間料金

 

カーシェア 料金

 

カーシェアでは利用料として、利用開始時刻から返却時刻までの時間に応じた料金が発生します。

 

時間あたりの料金はサービスごとに違いますが、15分 200円〜400円前後が相場です。

利用する車種によって、軽自動車やコンパクトカーなら安い、大型車や高級車は高いという具合に料金が異なる場合もあります。

 

経過した時間ごとに加算される料金体系のほか、「◯時間パック」などまとまった時間でお得な料金が設定されているサービスも。

ほとんどの場合、最も安くなる料金体系が自動で適用・算出されるので、わざわざ利用前に自分で計算する必要はありません。

 

距離料金

 

カーシェア 距離

 

カーシェアでは一定の利用時間を超えた場合やお得な料金パックを利用する場合、サービスによっては走行距離に応じて料金が加算されます。

距離料金は1kmあたり10円〜20円前後が相場です。

 

一方のレンタカーでは、時間料金のみの適用で距離料金は加算されません。

長時間の利用ではレンタカーのほうが安くなる傾向にあります。

 

 


東京でおすすめのカーシェア

 

カーシェアは車をより手軽に、お得に利用できるサービス。

人口の多い都内は特にカーステーションや利用できる車両の数が多いです。

 

自分のニーズやライフスタイルに合うサービスを選んで、上手に利用してくださいね。

 

タイムズカー(旧:タイムズカーシェア)

 

 

タイムズカーは時間貸駐車場で知られるタイムズ24が運営するカーシェアサービス。

ステーション数と車両数は業界トップクラスで、全国どこでも利用できます。

 

利用料金は車種によって3種類のクラスに分かれていますが、通常の時間料金よりも安くなる最大時間料金や18時〜翌9時までの『ナイトパック』が適用されるためお得です。

 

個人で利用できるプランのほか月額料金が無料の法人プランや学生プラン、1人分の月額料金で家族全員が使える家族プランの4つのプランが用意されています。

会員になるとポイントを貯めて各種サービスに利用できたり、会員ランクに応じて特典を受けられたりとメリットも多いです。

 

急に車が必要になったときもステーション数の多いタイムズカーなら安心。

24時間いつでもスマホまたはパソコンから予約でき、最短3分で利用を開始できます。

 

タイムズカー アプリ

Park24 Co.,Ltd.

Apple Store アイコン

グーグルプレイ アイコン

 

タイムズカーのサービス情報

 

初期費用:1,650円(税込)

月額料金:880円(税込)

時間料金:220円〜440円(税込)/15分

距離料金:6時間を超える利用で16円/km

ステーション数:14,000箇所以上

自動車台数:29,000台以上

 

dカーシェア

 

 

dカーシェアはNTTドコモが運営するカーシェアおよびレンタカーサービスです。

全国にある5社のカーシェア(オリックスカーシェア、カレコ・カーシェアリングクラブ、カリテコ、トヨタシェア、NISSAN e-シェアモビ)、8社のレンタカー事業者と提携している点が特徴。

 

電気自動車や自動運転車を含む豊富な車種や幅広いエリアから、自分に合うサービスを選べます。

 

初期費用と月額料金はなんと0円で、利用料金110円ごとにdポイントが1ポイント貯まります。

普段からdポイントを貯めている方、カーシェアの利用頻度が低い方、全国のカーシェアを試してみたい方に適していると言えるでしょう。

 

料金は5社それぞれ異なりますが、いずれの場合でもクレジットカードのほかdカード払い、dポイント払い、電話料金合算払いの4つの支払い方法を選択できて便利。

 

また、万が一トラブルが発生しても、365日8時〜22時まで対応の無料サポートセンターへすぐに問い合わせができるので安心です。

 

dカーシェア

株式会社NTTドコモ

Apple Store

グーグルプレイ アイコン

 

dカーシェアのサービス情報

 

初期費用:無料

月額料金:無料

時間料金:200円(税込)/15分〜700円(税込)/10分

距離料金:0円または6時間を超える利用で14円(税込)〜24円(税込)/km

ステーション数:8,000箇所以上

 

Anyca

 

 

Anyca(エニカ)はAnycaが所有する車に加え、個人オーナーやカーディーラーからも車を借りられるカーシェアサービス。

新型の電気自動車や輸入車、オープンカーやトラックなど1,000車種以上から乗ってみたい車を選べるところが魅力です。

「ワンランク上の車に乗ってみたい」「購入を検討している車でドライブしたい」という方に特におすすめします。

 

個人間でカーシェアする場合、受け渡しまでのやり取りはアプリ内のチャット機能で簡単に行えます。

車の返却後はお互いにレビューを記入するので、口コミを元に車を選ぶといった使い方も可能です。

 

損保ジャパンと共同開発した専用保険、免責金額0円オプション、365日24時間稼働している事故受付専用のカスタマーサポートなど、自己対応がしっかりしている点も◎

利用料金はAnyca所有の車の場合は1時間500円(税込)〜、個人オーナーやディーラーに借りる場合は各所有者が設定した個別の使用料が適用されます。

 

Anyca

DeNA SOMPO Mobility Co., Ltd.

Apple Store

グーグルプレイ

 

Anycaのサービス情報

 

初期費用:無料

月額料金:無料

時間料金:500円(税込)〜1,500円(税込)/1時間

距離料金:無料または15円〜20円/km

自動車台数:20,000台以上

 

 

カーシェアは会員登録さえしておけば、「ちょっと車に乗って出かけたい」というときに気軽に使える便利なサービス。

長時間の利用を前提としたレンタカーとは違い、日々の生活で短時間からでも利用できます。

 

マイカーを所有しない新しいカタチのカーライフを楽しんでみてはいかがでしょうか。


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(930)
北海道・東北(69)
  北海道(35)
  青森(4)
  岩手(4)
  宮城(14)
  秋田(1)
  山形(5)
  福島(6)
関東(392)
  埼玉(15)
  千葉(32)
  東京(230)
  神奈川(81)
  茨城(8)
  栃木(11)
  群馬(6)
  山梨(9)
信越・北陸・東海(118)
  長野(17)
  新潟(9)
  富山(4)
  石川(17)
  福井(4)
  岐阜(13)
  静岡(31)
  愛知(15)
  三重(8)
近畿(138)
  滋賀(8)
  京都(58)
  大阪(36)
  兵庫(22)
  奈良(8)
  和歌山(6)
中国・四国(54)
  鳥取(3)
  島根(5)
  岡山(9)
  広島(15)
  山口(3)
  徳島(5)
  香川(7)
  愛媛(5)
  高知(2)
九州・沖縄(102)
  福岡(19)
  佐賀(2)
  長崎(7)
  熊本(10)
  大分(13)
  宮崎(5)
  鹿児島(14)
  沖縄(32)

国外エリア一覧

東南アジア(34)
ヨーロッパ(105)
東アジア・中国・台湾(24)
南アジア・インド・ネパール(7)
中近東(9)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(15)
オセアニア(12)
アフリカ(9)
北米(23)
中南米(14)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(720)
イベント情報(383)
ショッピング・買い物・お土産(616)
遊園地・テーマパーク(597)
ビジネス・出張(233)
ロケ地、舞台(220)
世界遺産(205)
乗り物・交通・アクセス(885)
宿・旅館・ホテル(284)
旅行準備(523)
歴史・豆知識(1093)
温泉・スパ(209)
絶景(625)
聖地巡礼(42)
観光旅行(1144)
食事・グルメ(707)
おすすめ/ランキング(1042)
デート(854)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(451)
ツアー/旅程(259)
海水浴場・ビーチ・リゾート(83)
日帰り旅(134)
1泊2日(107)
寺院・神社・教会(141)
パワースポット(47)
ファミリー(235)
1人旅(211)
雨の日(51)
モデルコース(19)
メーカー/ブランド(8)
シーシャバー/カフェ(20)

人気記事ランキング