logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 東京

奥多摩の観光・デートスポットまとめ!東京最後の秘境の定番から穴場スポットまで徹底解説!





都心から青梅街道を辿ることおよそ2時間。
そこにはまるで、秘境に迷い込んだような、東京とは思えない光景が広がっています。

その秘境の名は「奥多摩」!

美味しい空気にコバルトブルーの清流、そして新鮮な山の幸に身に染み入る癒しの秘湯と癒しの宝庫。
緑溢れる美しい環境の中で、心身共にリフレッシュされること間違いなし。

気張らずに日帰りでもふらりと行ける、東京の緑の楽園・奥多摩の定番から知られざる穴場的な観光名所をご紹介します。
観光だけではなくデートにも奥多摩はおすすめです。

【目次】奥多摩の観光・デートスポットまとめ!東京最後の秘境の定番から穴場スポットまで徹底解説!

 

1ページ目 :

 

奥多摩ってどんなところ?

<奥多摩のおすすめ観光・デートスポット>

1. 奥多摩を学ぶ、体験する「奥多摩ビジターセンター」

2. 奥多摩駅から徒歩3分の紅葉谷「氷川渓谷」

3. 知る人ぞ知る奥多摩の秘湯「もえぎの湯」

4. 滝好きにはたまらない!?知られざる穴場的名勝「双竜の滝」

5. 奇岩が入り組んだワイルドな絶景「鳩の巣渓谷」

6. まるで映画のロケ地?!珍しい魚道も見学できる「白丸ダム」

7. エメラルドグリーンが一面に広がる「奥多摩湖」

 

2ページ目 :

 

8. 太古からの贈り物、地下に広がる大宮殿「日原鍾乳洞」

9. 名酒のしぼり立てが無料で飲める?!澤乃井ができるまでを見学しよう「小澤酒造」

10. 神秘溢れる山頂のサンクチュアリ「武蔵御岳神社」

11. 清流の中の渓谷の駅「秋川渓谷 瀬音の湯」

<奥多摩のおすすめご当地グルメ>

1. お蕎麦

2. 釜めし

3. お豆腐

週末に行ける秘境、奥多摩へ行こう!

 

 


奥多摩ってどんなところ?

 

okutama

 

奥多摩は、豊かな大自然と日本の原風景である山村文化が残っている貴重な場所であり、「東京の奥座敷」とも呼ばれています。

また、大自然を「見る」だけではなく、「体験」することができるのも大きな魅力。

渓流釣り、そしてカヤックラフティング、バーベキューなどの川遊びが盛んです。

 

また、都心からはおおよそ車で2時間という好アクセス♪

新宿から奥多摩駅へ向かうには「ホリデー快速おくたま」で、乗り換えなしで1時間半、料金は1,080円と時間もお財布にも優しいのでおすすめです。

マイカーでドライブはもちろん、電車に揺られながら都会から緑に移り変わる窓の景色を楽しむのも田舎旅の醍醐味ですね♪

 

okutama

 

中央高地式気候である奥多摩は、同じ東京都内でも都心とは大きく気候が異なります。

標高も高いため、年間平均気温は約11℃〜12℃ほどで、とくに冬の寒さは厳しく、冬の最低気温は東京都心とは10℃以上の開きがあります。

奥多摩の夏は、標高が高いため都心と比べると涼しく、8月でも最高気温が30℃を下回る日が多いです。

奥多摩へ向かう際は、都心よりかなり涼しいので上着を必ず持参しましょう。

 

 

<奥多摩のおすすめ観光・デートスポット>

 

ここまで奥多摩の基本的な情報を見てきましたが、さっそく奥多摩の観光・デートスポットを見ていきましょう♪

自然を満喫できるスポットから神秘的な神社、ゆったりくつろげる温泉まで、日常の喧騒を忘れて楽しめるスポットを厳選しました。

 


1. 奥多摩を学ぶ、体験する「奥多摩ビジターセンター」

 

bijiter

 

奥多摩駅から徒歩2分の場所にある「奥多摩ビジターセンター」。

こちらは奥多摩の登山、ハイキング、自然、歴史・文化、観光などの情報提供や指導案内をしている施設です。

 

また、定期的に自然教室も開かれており、ムササビウオッチングから新鮮な生ワサビを食べることができるイベントなどバリエーションが豊富。

子供からお年寄りまで幅広い世代が楽しめる内容のものばかりです。

 

気になる参加費はなんと50円〜2,000円と、とってもお財布に優しいが嬉しいところ♪

奥多摩の自然にじっくりと触れ合える貴重な時間なので、こちらも参加してみてくださいね。

 

bijiter

 

奥多摩の生態系や季節毎の見どころを紹介する展示や、クラフトづくりやクライミングウォールなどの体験コーナーも充実しています。

 

奥多摩駅に降り立ったら、まずはビジターセンターに立ち寄りましょう。

情報を収集してから散策に向かえばより一層、奥多摩を楽しむ事ができますよ♪

 

東京都奥多摩ビジターセンターの観光情報

 

住所 :〒198-0212 東京都西多摩郡奥多摩町氷川 171-1

アクセス : 奥多摩駅より徒歩2分

電話番号 : 0428-83-2037

定休日 :

月曜日(月曜日が祝日の際、その翌平日)
年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)

営業時間 : 9:00~16:30

料金 : 無料

公式URL :  東京都奥多摩ビジターセンター

 

 

2. 奥多摩駅から徒歩3分の紅葉谷「氷川渓谷」

 

hikawa

 

奥多摩駅から歩いて徒歩3分という素晴らしい立地にある「氷川渓谷」。

新緑や紅葉の名所として有名で、日原川や多摩川の川べりと愛宕山を巡ることができる約4kmの遊歩道は、きれいに整備されており、歩きやすく幅広い世代の人が安心して散策できるという点も魅力の一つです。

 

hikawa

 

橋の麓に降りて川の流れに近づくと、その透明度にびっくりします。

木々の彩りとエメラルドグリーンのコントラストが美しく、触れてみたいと思わず手が伸びてしまうほど!

 

hikawa

 

山奥に入るような錯覚を起こす、「登計橋」は向こうから人が来たら譲るのが難しい程狭く、小振りなため縦揺れがスリル満点!

 

hikawa

 

登計橋の真ん中からの眺めは絶景の一言。

氷川渓谷は都心から一番近いカヌーゲレンデとしてカヤック体験もできます。

初心者向けの緩やかな流れなので気軽にチャレンジできますよ♪

 

散策所要時間は1時間半ほど。

紅葉にエメラルドの清流に吊り橋、これら全てが電車やバスの待ち時間に堪能する事ができるので、ぜひとも立ち寄ってみてくださいね。

 

氷川渓谷の観光情報

 

住所 : 〒198-0212 東京都西多摩郡奥多摩町氷川181

アクセス : 奥多摩駅より徒歩3分

公式URL :  奥多摩観光協会

 

 


3. 知る人ぞ知る奥多摩の秘湯「もえぎの湯」

 

moegi

 

奥多摩駅から徒歩約10分、ビジターセンター前の交差点の細い道に入ると「もえぎの湯」が見えてきます。

「もえぎの湯」の源泉は、地下深く日本最古の地層といわれる古生層から湧き出る奥多摩温泉・源泉100%の温泉です。

トロっとした、まるで美容液のような湯質はお肌がツルツルピカピカになりますよ♡

また、露天風呂からは迫力ある情緒溢れる渓谷を望むことができるため、大自然に包まれながら上質のお湯でくつろぐことができます。

 

moegi

 

有料ですが、入り口横には足湯があります。

ちょっと浸かりたいときにオススメ。

 

moegi

 

お試しもかねて、まずは足もとから温めましょう。

タイミングが良ければ貸し切り状態も♪

 

 

露天風呂では澄んだ空気に心地よい風、流水の音、鳥の声が静かに流れる。

これぞ癒しのフルコース。 

 

館内のレストランでは奥多摩の郷土料理を頂くことができます。

お湯から上がったら、渓谷美を眺めつつ火照った体を横たえてお座敷で一休み。

頭のてっぺんからつま先までの疲れがとれること間違いなしの癒し処です。

土日やシーズンによっては入場制限がかかるほど混雑する場合があるので、事前にお店へ確認を取ってから向かう事をおすすめします。

 

奥多摩温泉もえぎの湯の観光情報

 

住所 : 〒198-0212 東京都西多摩郡奥多摩町氷川119-1

アクセス :奥多摩駅より徒歩10分

電話番号 : 0428-82-7770

定休日 : 月曜日 ※月曜日が祝日の場合は翌日

営業時間 :

4月~6月 9:30~20:00 19:00
7月~9月 9:30~21:30 20:30
10月~11月 9:30~20:00 19:00
12月~3月 9:30~19:00 18:00

・足湯
4月~11月 10:30~17:00
12月~3月 10:30~16:00

料金 :

大人 780円(2時間) 超過200円/1時間
小学生 410円
心身障害者 大人460円/小人200円
幼児・未就学児 無料
足湯のみ 100円

注意点 : 混雑状況により受付終了時間が変更になる場合あり

公式URL:  もえぎの湯

 

 

4. 滝好きにはたまらない!?知られざる穴場的名勝「双竜の滝」

 

souryu

 

鳩ノ巣渓谷へ向かう前、トンネル手前の道の急な階段を下ると「双竜の滝」があります。

小規模な滝ですが、水が流れ出る入り口に岩が突き出しており、掘り抜いたように断崖の切り通しになっていて、滝が二又に分かれて落ちることが名前の由来になっています。

流れ出る水量も豊富で、滝壺めがけ、細いながらも勢いよく流れ落ちる滝は上品で迫力があります。

 

soryu

 

力強い水音に引かれて石段を降りると見えてくる、双竜の滝の上部。

落差は10mを勢いよく、滝壺めがけて流れる。

 

soryu

 

滝壺を覗き込んでみる。

緑と岩に覆われた日があまり射さない場所にあるため、吸い込まれそう。

 

soryu

 

滝の流れと細い渓谷を見ながら、下に降りていくと小さな滝にたどり着きます。

上部に比べて明るく、開けていて同じ滝なのに異なる雰囲気をもった不思議な滝です。

 

上部と下部でまるで違う雰囲気を醸し出す、陰と陽のような「双竜の滝」。

大きな滝のような賑やかな華やかさはありません。

ですが、小さいながらも神秘的で力強い流れと、間近でマイナスイオンをたっぷり感じることができる穴場的名勝地なのです。

 

双竜の滝の観光情報

 

住所 : 〒198-0106 東京都西多摩郡奥多摩町棚澤405

アクセス :鳩ノ巣駅から徒歩5分,トンネル手前の道を入ってすぐ

 

 


5. 奇岩が入り組んだワイルドな絶景「鳩の巣渓谷」

 

hatonosu

 

鳩ノ巣駅から青梅街道を渡り、下道へ降りると、約40メートルの断崖の下には多摩川の清流が悠々と流れている「鳩ノ巣渓谷」があります。

川の両脇に並ぶ巨大な岩や、様々な形の奇岩が大きな見どころの一つです。

 

そして、ちょっと変わった「鳩ノ巣」という地名の由来。

その歴史は江戸時代に遡り、魚留滝(なるたき)の上の飯場に祀られた、水神社の森に二羽の鳩が仲睦まじく住んでいた事から、いつからか「鳩ノ巣の飯場」と呼ばれるようになりました。

 

渓谷の周囲には宿泊施設などの廃墟が多く、それがまた自然の景観をマッチして不思議な雰囲気を醸し出しています。

写真好き、廃墟好きにもオススメのスポットです。

 

hatonosu

 

天然の洞窟を利用した休み場。

BGMには鳥の鳴き声と心地よい水のせせらぎの音。

 

hatonosu

 

周囲にはまるでジブリ映画「もののけ姫」のワンシーンのような風景が広がっています。

 

hatonosu

 

鳩ノ巣渓谷にかかる鳩ノ巣小橋。

小さいながらも明るく綺麗な橋です。

絶好の撮影スポット♪

 

hatonosu

 

橋の上からの眺め。

ゴツゴツとワイルドな岩場が続きます。

 

hatonosu

 

地名の由来になった、二羽の鳩が住んでいた水神社。

緑に覆われながらも神聖な空気が漂っていました。

 

鳩ノ巣渓谷周辺には、「大多摩ウォーキング・トレイル」というハイキングコースが整備されています。

鳩ノ巣小橋の手前を左に行けば古里方面へ、対岸に渡れば白丸ダムを経て白丸方面へ行く事できます。

時間が許す限り、普段は中々あつこ発見いっぱいの山道と、ワイルドな渓谷美を見ながらプチハイキングを楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

鳩ノ巣渓谷の観光情報

 

住所 : 〒198-0106 東京都西多摩郡奥多摩町棚沢

アクセス :鳩ノ巣駅から徒歩で5分,はとのす荘の下すぐ

電話番号 : 0428-83-2152

 

 

6. まるで映画のロケ地?!珍しい魚道も見学できる「白丸ダム」

 

shiromaru

 

高さ30.3m、長さ61mの重量式の「白丸ダム」は、調整池(白丸湖)からの放流を利用して発電する「発電所」で、1963年(昭和38年)に東京都交通局により摩川断崖の谷に建設されました。

発電機はダムの下に設置されており、外からは見ることができなくなっています。

 

また平成13年に造られたもう一つの見所である「白丸魚道」は、多摩川が「魚がのぼりやすい川づくり」のモデル河川として指定され、白丸魚道が建設されました。

魚道とは、川の堰などの段差があるところに魚が自由に行き来できるようにする魚の道路です。

こちらではその内部を見学することができます♪

 

shiromaru

 

魚道の入り口。

時期によって閉館している場合があるので、事前にスケジュールを確認していきましょう。

 

shiromaru

 

魚道へ続く吸い込まれるような螺旋階段は人間専用です。

まるで映画のロケ地のよう?!

トンネル内にはしんしんと水が流れる音が響いています。

 

 

下まで降りていくとやっとあらわれる魚道。

川の中が見えるようにガラス張りになっている所もあり、魚道延長332m(トンネル区間125m)、魚道幅2mという日本最大級!

この魚道のおかげで27mもの高低差を魚達が進めるようになっています。

 

shiromaru

 

魚道には綺麗な水でしか生息できないヤマメやイワナが登ります。

運が良ければ魚道を通り、多摩川を上る魚を見る事ができますよ♪

 

「白丸魚道」は4月〜11月に開館しますが、その月によって休館日が異なります。

土日しか開館していない月もあります。

見学する前にHPで開館日を確認していきましょう!

 

白丸ダム魚道の観光情報

 

住所 : 〒198-0107 東京都西多摩郡奥多摩町白丸

アクセス :

(1)白丸駅から徒歩で10分
(2)奥多摩駅から徒歩1時間

電話番号 : 0428-83-2111

定休日 : HP要確認

営業時間 :10:00~4:00 開館期間:4月~11月

料金 : 無料

公式URL : 奥多摩町

 

 


7. エメラルドグリーンが一面に広がる「奥多摩湖」

 

okutamako

 

エメラルドグリーンの湖面が美しい「奥多摩湖」は、多摩川を小河内ダムによって堰き止めて造られた人造湖で、正式名を「小河内貯水池」といいます。

その有効貯水量は1億8540万立方メートル!

東京都で利用される水の約2割を供給している貴重な水源です。

そして、その周囲を大自然が覆うように四季折々の美しい景観が広がります。

 

okutamako

 

奥多摩にはドラム缶橋と言われる2つの浮橋が架けられています。

こちらは留浦浮橋。

現在は合成樹脂の浮体が使用されていますが、かつては浮体にドラム缶を用いられており、現在でも「ドラム缶橋」の呼び名で親しまれています。

 

 

そして麦山浮橋。

舟が通る時は橋の間を手動で開閉されるので、運良く目撃するとびっくりしますよ。

 

uikihashi

 

浮橋は人が通る度にグラグラとかなり揺れます。

湖の真ん中に立ってみると、爽快で気持ちよいですよ♪

 

okutamako

 

紅葉の季節にはまるで絵画のような絶景が広がります。

 

周辺は遊歩道が整備されていて、気軽にハイキングを楽しむ事ができます。

大自然に囲まれているので、お猿など野生の動物に出会う事もしばしば!

 

湖面に木々の彩りや空模様が映し出され、その美しさに思わずため息が漏れます。

無料駐車場やトイレ、休憩所も所々に設けられているので、時間を気にせずゆっくりと奥多摩の自然を楽しめますよ♪

 

奥多摩湖の観光情報

 

住所 : 〒198-0223 東京都西多摩郡奥多摩町原

アクセス :

奥多摩駅からバスで20分(奥多摩湖バス停下車)
西東京バス 奥多摩湖バス停下車

電話番号 : 0428-83-2152

公式URL :  奥多摩観光協会


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(452)
北海道・東北(37)
  北海道(20)
  青森(3)
  岩手(2)
  宮城(7)
  秋田(1)
  山形(3)
  福島(1)
関東(157)
  埼玉(7)
  千葉(11)
  東京(83)
  神奈川(35)
  茨城(4)
  栃木(7)
  群馬(5)
  山梨(5)
甲信越・北陸・東海(69)
  長野(10)
  新潟(7)
  富山(3)
  石川(13)
  福井(1)
  岐阜(5)
  静岡(16)
  愛知(7)
  三重(7)
近畿(67)
  滋賀(6)
  京都(17)
  大阪(21)
  兵庫(15)
  奈良(5)
  和歌山(3)
中国・四国(32)
  鳥取(1)
  島根(5)
  岡山(7)
  広島(8)
  山口(3)
  徳島(2)
  香川(3)
  愛媛(1)
  高知(2)
九州・沖縄(58)
  福岡(8)
  佐賀(1)
  長崎(7)
  熊本(9)
  大分(9)
  宮崎(2)
  鹿児島(8)
  沖縄(14)

国外エリア一覧

東南アジア(18)
ヨーロッパ(39)
東アジア・中国・台湾(18)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(5)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(7)
オセアニア(8)
アフリカ(2)
北米(12)
中南米(2)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(452)
イベント情報(320)
ショッピング・買い物・お土産(436)
ビジネス・出張(162)
ロケ地、舞台(168)
世界遺産(104)
乗り物・交通・アクセス(527)
宿・旅館・ホテル(169)
旅行準備(401)
歴史・豆知識(621)
温泉・スパ(147)
絶景(375)
聖地巡礼(30)
観光旅行(586)
食事・グルメ(487)
ランキング(516)
デート(491)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(385)
ツアー/旅程(183)
海水浴場・ビーチ・リゾート(55)

人気記事ランキング