logo

top

おしゃれなスーツケースブランド15選!定番のリモワから、安心の日本製ブランドまで





スーツケースは、旅行やビジネスに欠かせない存在。
特に連泊の長期の出張や海外旅行の予定がはいったら、まず初めに準備するのがスーツケースです。

スーツケースにまず求められる条件は、旅行に必要なものを十分に収納できることと、お土産も入るスペースがある事。
条件に合った大きさのスーツケースを選ぶのが第一です。

そうはいっても、旅のシーンや服装に合った、おしゃれなスーツケースが欲しいものです。
今回は、定番のリモアなど世界の有名ブランドと、安心の日本製ブランドのスーツケースを厳選して15ブランドご紹介します。

【目次】おしゃれなスーツケースブランド15選!定番のリモワから、安心の日本製ブランドまで

 

スーツケースの選び方

宿泊日数による大きさの目安

フレームタイプとファスナータイプ

キャスターは2輪か4輪か?

デザインやカラーも重要ポイント

人気の定番ブランドスーツケース

国際色豊かな世界のスーツケースブランド

リモア

アルミニュウム

ポリカーボネイド

ゼロハリバートン

アルミニュウム

ポリカーボネイド

サムソナイト

コスモライト

アメリカンツーリスター

サウンドボックス

デルセー

イノベーター

ロンカート

ブリックス

アントラ―

バーマス

トゥミ 

ブリーフィング

エース

プロテカ

ヒデオワカマツ

シフレ

 

スーツケースの選び方

 

 

宿泊日数による大きさの目安

 

スーツケースを選ぶ時に、まず始めに気になるのが、大きさの目安。

スーツケースの準備は、具体的な旅行の予定や、イベント、ビジネスなどに合わせて開始することが多いはずです。

 

スーツケースの大きさをあらわす単位は、「容量」と標示されています。

容量は、リットルで表示される単位で、スーツケースにどれくらいの水が入るかを仮定して、分かりやすくした標示です。

スーツケースの形状はさまざまなので、実際にどれくらいの荷物が入るのかを考える基準として「容量」が単位として選ばれたのでしょう。

 

スーツケースを使う目的が、旅行などであれば、宿泊数により容量を考えるのが一般的です。

基準としては宿泊数1日につき、おおよそ10リットルと考えるのが良いとされています。

 

たとえば、1泊から2泊なら25リットル、2泊から3泊なら25リットルから40リットル、3泊から5泊なら40リットルから60リットル、5泊から7泊なら60リットルから80リットル、8泊以上なら80リットル以上といった容量が目安になります。

スーツケースを利用する季節や、旅行先の気候、旅行の目的などに合わせて大きを調整することも忘れてはなりません。

 

スーツケースを使う目的が、ビジネスやイベント、日帰り旅行などで、荷物の量がさほど多くない場合は、飛行機の機内持ち込みができるSサイズのスーツケースを選ぶのがおすすめです。

 

スーツケースは、航空会社が決めたサイズ以下であれば、飛行機の機内に持ち込むことが可能です。

機内持ち込みサイズのスーツケースを使えば、航空会社に預ける手間もかかりませんし、到着地で、スーツケースを受け取るために、ターンテーブルで、待つ必要もありません。

 

機内持ち込みサイズは、航空会社各社で決められていますが、目安としては、国際線で、スーツケースの3辺の合計が115cm未満、国内線は、座席が100席未満の飛行機でスーツケースの3辺の合計が100cm未満、座席が100席以上の飛行機で、スーツケースの3辺の合計が115cm未満となっています。

 

スーツケースは、サイズもさまざまですし、荷物が入ると重量も重くなります。

使う目的と同時に、誰が使うのかも考えて選ぶことも重要です。

 

フレームタイプとファスナータイプ

 

スーツケースの開閉部分をフレームタイプにするのか、ファスナータイプにするのかもスーツケース選びのポイントのひとつ。

フレームタイプは、金属のフレームを使ったタイプで、ファスナータイプは、金属フレームの代わりにファスナーを使って開閉を行うタイプ。

 

一般的には、フレームタイプのほうが、中の荷物が壊れにくい。

ファスナータイプのほうが軽量であるといわれています。

 

スーツケースは継続して開発が行われているので、フレームタイプとファスナータイプの比較も、ひとことではどちらが優れているのか判断できないところです。

 

スーツケースブランドによっても、個々のモデルのよっても性能は異なります。

フレームタイプを選ぶか、ファスナータイプを選ぶのかは、吟味したいポイントです。

 

キャスターは2輪か4輪か?

 

スーツケースのキャスターもスーツケース選びの重要なポイントです。

2輪キャスターは、スーツケースを斜めに倒して動かすタイプ。

移動しない場合の安定性に優れています。

 

4輪キャスターは、スーツケースを斜めに倒しても、倒さなくても移動できるタイプ。

キャスターの回転により、方向転換が楽で、機動性に優れています。

 

キャスターの車輪は、小型のタイプと大型のタイプ。

1個のキャスターに2つの車輪をつけたWキャスタータイプなどがあります。

 

キャスターはスーツケースの中で、もっとも壊れやすい部品のひとつです。

キャスターを見る時には、機能性とともに、耐久性も考える必要があります。

 

デザインやカラーも重要ポイント

 

旅行やビジネスのシーンで、スーツケースのデザインやカラーは、その人の印象をかたちづくる重要なポイントです。

旅行やビジネスの時のコーディネートや旅行先のイメージに合ったスーツケースは、センスのいい印象を発散します。

 

人気の定番ブランドスーツケース

 

スーツケースブランドで、定番の人気ブランドといえば、デザインと機能性で人気のある「リモア」、耐久性に優れた「ゼロハリバートン」、巨大な旅行カバンブランド「サムソナイト」、日本を代表するブランド「エース」があげられるでしょう。

 

国際色豊かな世界のスーツケースブランド

 

スーツケース選びで楽しいところは、ブランドの国際色が豊かなところ。

ドイツの「リモア」、アメリカの「ゼロハリバートン」「サムソナイト」、フランスの「デルセー」、イタリアの「ロンカート」「ブリックス」、スウェーデンの「イノベーター」、イギリスの「アントラ―」、日本の「エース」など、世界各国で個性的なスーツケースが創り出されています。

スーツケースのデザインも、お国柄が感じられて、それぞれに魅力的です。

 

 


リモア

 

 

リモアは、1898年にドイツのケルンで創業されたドイツのスーツケースブランドの老舗。

リモアのスーツケースは、アルミニュウム製モデルと、ハイテクノロジーな樹脂素材のポリカーボネイト製モデルとの2つもタイプに分けられます。

金属製モデルも、ポリカ―ボネイト製もどちらも人気で、リモアのトレードマークになっている凹凸がスーツケースの表面にデザインされています。

 

リモアのスーツケースの印象

 

ドイツのブランドは、硬質で品質がいい印象がありますが、リモアもそんなドイツブランドのひとつ。

シンプルで、カッチリした印象が、リモアの魅力になっています。

 

リモアスーツケ―スの凹凸

 

リモアのスーツケースのトレードマークともいえるのが、表面の凹凸。

凹凸をつけることで、強度が非常に強くなります。

凹凸のあるデザインが発売されたのが1950年。

それ以来、リモアは凹凸のあるデザイン一筋に歩んでいます。

 

リモアのスーツケースはサイズのバリエーションが多い

 

リノアのスーツケースは、統一感のあるデザインの中で、サイズのバリエーションが豊富なことが大きな特徴。

旅行のケースバイケースで、自分の必要とする収納量のあるスーツケースを選ぶことができます。

 

アルミニュウム

 

 

アルミニュウム製のスーツケースは、リモアを代表するモデルのひとつ。

リモアは、アルミニュウム性のスーツケースを製作する前は、木製のスーツケースを作っていました。

 

1937年にリモアは、アルミニュウム製のスーツケースを発売しました。

以後現在に至るまで、アルミニュウム製のスーツケースはリモアを象徴するアイテムになっています。

 

トパーズ

 

 

トパーズシリーズは、リモアを代表するアルミニュウム製スーツケースです。

洗練された都会的な印象は、他のブランドの追従を許さないところがあります。

メタリックシルバーは、メカニカルで、精巧なアイテムをつくるドイツブランドを象徴するイメージを発散します。

 

軽量で強度が高い、アルミニュウムボディーを採用。

ホイールは4輪で、全ての車輪が回転して、スムーズな動きを実現します。

世界標準のTSAロックを採用し、セキュリティーチェックの時にケースの破損させないで開けることができます。

 

トパーズシリーズには、アルミニュウム本来のライトなメタリックシルバーカラーの「トパーズ」。

精悍なつや消しブラックカラーの「トパーズ ステルス」。

ベージュがかったチタンカラーの「トパーズ チタニュウム」があります。

 

「トパーズ」は、熱帯の国への旅行に適したスーツケースとして開発されたモデル。

硬度があって軽量なアルミニュウムマグネシウム合金のケースは定評があります。

 

「トパーズ ステルス」は、つや消しブラックがクールな印象を発散するモデル。

ブラックのアルマイト加工を施したボディーに最新の機能を装備しています。

 

「トパーズ チタニュウム」は、チタンのベージュがかったシルバーカラーが一味違った高級感を醸し出すモデル。

軽量で耐久性に優れたモデルです。

 

クラッシックフライト

 

 

トパースに比べるとさらにシャープな、スクエアなデザインと、レザー製のハンドルが、クラシカルな印象を発散するモデル。

インナーは、シックなベージュアラーで、飛行機のイラストがプリントされています。

 

クラシカルでレトロなデザインは、シックで今風な印象を発散します。

一番の個性は、上部とサイドについた。、革製のハンドル。

革製のハンドルのブラックカラーが、強烈な印象を発散します。

 

ポリカーボネイド

 

 

リモアのスーツケースに、ハイテク樹脂のポリカーボネイドが使用されたのは、2000年。

実はポリカーボネイドの歴史は、そんなに古くないんです。

 

ポリカーボネイドの特徴は、耐久性と衝撃に強い柔軟性。

金属と違うのは、伸びることができるので、ねじれの力にも強いところ。

そして他の素材と比較して、軽量なところも大きな魅力です。

 

ポリカーボネイドは、樹脂のため、さまざまなカラーを楽しめるのも特徴。

ポリカーボネイド素材を使うことで、スーツケースの開け閉め部分として、チャックを使ったモデルも製作できるようになりました。

 

サルサ

 

 

サルサシリーズは、リモアのポリカーボネイド製のスーツケースを代表するモデル。

アルミニュウム製のトパーズと並び、リモアの2大人気モデルのひとつです。

 

サルサシリーズは、リモアが初めてポリカーボネイドを使って制作したモデル。

現在もポリカーボネイド製のスーツケースを象徴するモデルです。

ホイールは4輪で、全ての車輪が回転して、スムーズな動きを実現します。

世界標準のTSAロックを採用し、セキュリティーチェックの時にケースの破損させないで開けることができます。

 

サルサシリーズには、ベーシックな「サルサ」、高級モデルの「サルサデラックス」、新感覚の「サルサエアー」の3つのバージョンが用意されています。

 

「サルサ」は、リモアのポリカーボネイド製のスーツケースのなかで最もベーシックなモデル。

カラーは、マッドブラック、カルモナレッド、マッドブロンズ、マッドブルーの4色でつや消しです。

 

「サルサデラックス」は、光沢のあるポリカーボネイドを使用したサルサの高級モデル。

収納機能にアイデアがプラスされているのが特徴。

カラーは、ブラック、ブラウン、オリエンタルレッド、ヨッティングブルーの4色で、すべて光沢があります。

 

「サルサエアー」は、名前があらわすように、軽量化を図ったモデル。

ハンドルがT字型のテレスコープハンドルを採用しているところが特徴的。

カラーは、ウルトラバイオレット、ライムグリーン、アイスブルー、ネイビーブルー、ガーズレッドの5色で、すべて光沢のあるカラー。

今風のトレンドカラーを採用した、リモアのモデルの中で、POPな印象のモデル。

 

リンボ

 

 

リンボは、アルミニュウムとポリカーボネイドのいいところをミックスしたモデル。

アルミニュウムマグネシウム素材をフレームに使い、ボディー部分をポリカーボネイドを使って設計しました。

 

ホイールは4輪で、全ての車輪が回転して、スムーズな動きを実現します。

世界標準のTSAロックを採用し、セキュリティーチェックの時にケースの破損させないで開けることができます。

 

リンボのカラーは、ブラック、ナイトブルー、カルモナレッド、グラナイトブラウン、クリームホワイトの5色。

すべて、光沢のあるカラーです。

 

ボレロ

 

 

リモアのボレロシリーズの特徴は、何といっても、大きなフロントポケット。

スーツケースを使った旅のシーンで、ちょっと不便に感じるのが、中に入れてしまった荷物の取り出し。

 

ボレロは、そんな時の解決策として、フロントに大きなポケットをつけました。

旅の途中で取り出したいものをフロントポケットに入れておけば、スーツケース本体を開ける手間なく、出し入れできます。

 

ホイールは4輪で、全ての車輪が回転して、スムーズな動きを実現します。

世界標準のTSAロックを採用し、セキュリティーチェックの時にケースの破損させないで開けることができます。

カラーは、つや消しのマッドブラック。

 

 

ゼロハリバートン

 

 

「ゼロハリバートン」の名前を世界にとどろかせたのは、月の石を入れて地球に持ち帰ったエピソードです。

1969年人類で最初に月に着陸した、アポロ11号は、月の石を月から地球に持ち帰りました。

このときに月の石が入れられていたのが、ゼロハリバートンのケースでした。

 

ゼロハリバートンは、1938年創業のアメリカを代表するスーツケースブランド。

どんな環境にも対応できるバッグをつくることがブランドスピリッツで、スーツケースの密閉性・強度・耐久性に優れています。

 

ゼロハリバートンのスーツケースのトレードマークは「ダブルリブ」。

スーツケースには凹凸のある2本のラインが入っています。

ダブルリブを付けることによってスーツケースの強度がプラスされています。

 

アルミニュウム

 

 

アルミ合金を素材としたケースは、ゼロハリバートンが創業時から製造してきたモデル。

アルミニュウム素材のスーツケースは、ゼロハリバートンを象徴するシリーズです。

 

Geo Aluminum

 

 

「Geo Aluminum」は、伝統のWリブをさらに進化させた、「Xリブ」を採用したモデル。

Geoは、Geometric(幾何学)からとったネーミング。

Xリブは、Wリブに幾何学的な3次元の変化をプラスしたデザイン。

 

ZR

 

 

「ZR」は、Wリブを採用したゼロハリバートンのクラシカルなデザインの継承したモデル。

ゼロハリバートンのアルミニュウムシリーズを代表するモデル。

クラシカルなデザインを残しながらも、キャスターやハンドルなどの機能性は、最新の性能に進化しています。

ゼロハリバートンの印象を強く発散するスーツケースです。

 

ポリカーボネイド

 

 

ゼロハリバートンの伝統的なデザインを活かしながら軽量なポリカーボネイドを素材に採用したモデル。

 

ZRL

 

 

「ZRL」は、ゼロハリバートンの機能とともに、軽量化を実現したモデル。

伝統のWリブは、軽さを表現したデザインになっています。

4輪の機動性をもった、すっきりしたスーツケース。

 

ZRO

 

 

「ZRO」は、ゼロハリバートンの原点に立ち返りながら、さらに進化をとげたモデル。

Wリブを凹凸から溝状に変え、剛性をもたせた「トレンチリブ」を採用したモデルです。

シンプルでクラシカルなデザインでありながら最新の機能をもったスーツケースです。

 

ZRP-FⅡ

 

 

「ZRP-FⅡ」は、マグネシウム合金のフレームにポリカーボネイド樹脂のボディーを採用した硬質かつ軽量なモデル。

伝統的なWリブのデザインが、ゼロハリバートンのスーツケースの印象を強く発散しています。

 

ZRA-XⅡ(Zero Air )

 

 

「ZRA-XⅡ(Zero Air )」は、ゼロハリバートンが、重量の軽さだけではなく、なめらかに動くキャスター、使いやすいハンドルなど、楽な持ち運びにこだわったモデル。

軽量化とともに剛性にもこだわったスーツケースです。

 

 


サムソナイト

 

コスモライト

 

 

サムソナイトは、1910年創業の、アメリカの老舗スーツケースメーカー。

軽量のスーツケースや、キャスター付きスーツケースなどを世界に先駆けて開発して、現在では世界を代表するスーツケースブランドのひとつになっています。

 

「コスモライト」は、サムソナイトのスーツケースの中で最も軽量なモデル。

軽量なだけでなく、衝撃耐性に優れたスーツケース。

ボディーの素材には、スーツケースブランドに中では、サムソナイトのみが使用している、Curv🄬(カーヴ)を使用。

 

コスモライトの魅力は、軽量でハイテク素材を使用した、最新のモデルとあるとともに、インパクトのあるデザインです。

貝殻の形状をインスパイアしたデザインは、耐久性も兼ね備えた個性的でおしゃれなスーツケースです。

 

 

アメリカンツーリスター

 

サウンドボックス

 

 

アメリカンツーリスターは、1933年に創業した、アメリカのスーツケースメーカーの老舗。

サムソンに次いで世界第2位の規模。

1995年に、サムソンの傘下に入り、さらに世界へ市場を拡大しています。

 

「サウンドボックス」のボディーは、POPで楽しいデザイン。

レコードや、スピーカーからヒントを得てつくられたデザインで、まさに名前通りサウンドボックス。

カラーリングも、ベーシックな、ブラックとホワイトの他に、カラフルな、スカイブルーとライムグリーンがあります。

アメリカンツーリスターらしい明るい印象のモデルです。

 

 


デルセー

 

 

「デルセー」は、フランスのスーツケースブランド。

フランスのブランドらしく、シックな印象が魅力です。

カラーリングも、ライトグレー、ネイビーなどのベーシックカラーから、ベージュやブラウンなどのアースカラー、トレンディーなオレンジなどを含んだレッド系まで、ファッショナブルなモデルを取り揃えています。

 

 

イノベーター

 

 

「イノベーター」は、スウェーデンのライフスタイルブランド。

イノベーターのスーツケースは、スウェーデンのブランドらしく、北欧の印象が強く感じられるデザインが印象的。

スーツケースのボディーの凹凸は、スウェーデンの国旗をインスパイアしています。

 

デザインと機能だけではなく、イノベーターのスーツケースは、移動の時に生じるキャスターの音も抑えた設計になっています。

 

 


ロンカート

 

 

「ロンカート」は、デザインのセンスが光るイタリアのスーツケースブランド。

イタリアらしい、ハイセンスなデザインは、個性的で目を引きます。

フレームに金属ではなく、ポリプロピレンを採用したのは、ロンカートが世界初。

超軽量のスーツケースの設計を実現しました。

 

 

ブリックス

 

 

「ブリックス」は、1952年に創業された、世界のファッショントレンドの発信地であるイタリアミラノに店舗を構える旅行バッグの老舗ブランド。

モダンでラグジュアリーな旅行バッグを作り出すことが、ブランドスピリッツ。

ボディーに2本のベルトを巻いたように見えるデザインは、ブリックスのスーツケースのトレードマークで、クラシカルな旅行バッグの印象を彷彿させます。

 

 


アントラ―

 

 

「アントラ―」は、1920年創業のイギリス老舗スーツケースブランド。

アントラ―のスーツケースは、軽量で、デザインが個性的。

イギリスのトラディッショナルな印象をもった、印象的なスーツケースです。

 

 

バーマス

 

 

「バーマス」は、1919年にドイツで創業されたバッグブランド。

1996年のアトランタオリンピックで、ドイツチームの公式スーツケースに採用されました。

 

バーマスのスーツケースは、高品質の軽量ポリカーボネイドを素材にして、軽量で高強度。

取り回しがスムーズな、大型のWキャスターも定評があります。

現在は、兵庫県豊岡市の衣川産業株式会社がブランドを取得しています。

 

 

トゥミ 

 

 

「トゥミ」は、1975年に創業のアメリカのブランド。

高級感のあるスーツケースは、シックで人気。

トラベルにもビジネスにも適したモデルが多いのが魅力です。

 

トゥミのスーツケースは、耐久性に優れたHTLSポリエステルを素材に使ったモデルと、軽量なポリカーボネイドを素材に使ったモデルがあります。

いずれのモデルも、トゥミのバッグに共通した印象であるしっかりした作りで、高品質のスーツケースです。

 

 

ブリーフィング

 

 

「ブリーフィング」は、1998年創業のアメリカのバッグブランド。

ミリタリーをブランドのテーマにしている、耐久性のある機能美を追求するブランド。

ボディーについた、レッドの「BRIEFING」の文字が印象的です。

 

ブリーフィングのスーツケースは、高品質のポリカーボネイドを素材にした、耐久性に優れたモデル。

デザインはシンプルで、カラーリングは、ネイビー、ブラック、ホワイト、グレーなどのベーシックカラーと、ミリタリーの印象を発散するカーキがあります。

 

 

エース

 

プロテカ

 

 

「エース」は、1950年創業の日本を代表するカバンブランドのひとつ。

エースのスーツケースは、たくさんのテーマごとのレーベルを持つのが特徴的。

 

「プロテカ」は、エースのレーベルの中でもっとも人気の高いシリーズ。

プロテカは、一歩先行く最新のアイデアを取り入れたスーツケースレーベルです。

 

具体的には、キャスターの消音をテーマに「サイレントキャスター🄬」を開発し、体感音量を約30%軽減しました。

キャスターの車輪には、「ベアロンホイール」を採用して、スムーズな走行を可能にしました。

スーツケースは通常、横の方向にしか開けられませんが、プロテカは、横にも縦にも、4方向に開けることができる「360°オープンシステム」を採用しています。

 

 

ヒデオワカマツ

 

 

「ヒデオワカマツ」は、機能(function)と有用性(utility)をブランドスピリッツに掲げたバッグブランド。

ブランド名にもなっている若松秀夫(ヒデオワカマツ)氏が、スーツケースのデザインをプロデュース。

若松秀夫氏は、世界的に有名なバッグデザイナー。

ヒデオワカマツのスーツケースは、ハイセンスなおしゃれなアイテムです。

 

 

シフレ

 

 

「シフレ」は、品質のよいスーツケースを制作するブランドとして定評のある日本のブランドです。

良質の素材や部品を海外や日本国内から見立てて、品質の良いスーツケースを制作しています。

 

たとえば、高強度の耐久性の良いボディーには、ドイツのバイエル社製のポリカーボネイドを素材として使っています。

キャスターは、スムーズな動きと、耐久性の高い日乃本錠前社製を使用。

TSAロックシリンダー錠もキャスターと同じ日乃本錠前社製を使用しています。

 

 

定番リモワから始まり、世界各国の人気ブランドのスーツケースと日本製ブランドを15選紹介しました。

トラベルは、世界中の人々が愛する人気のレジャー。

そのため、スーツケースへの関心は、世界的に共通のテーマです。

 

スーツケースブランドに、求められる大きなテーマは2つ。

軽量化と耐久性です。

相反する傾向にも見える2つのテーマを実現するために、現在も世界のブランドが研究を重ねています。

 

スーツケースは、世界各国に魅力的なブランドがあります。

世界各国の個性的なブランドや、高品質で定評のある日本ブランドからお好みのスーツケースが見つかるはずです。


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(177)
北海道・東北(18)
  北海道(9)
  宮城(4)
  山形(1)
  岩手(1)
  福島(1)
  秋田(1)
  青森(1)
関東(49)
  千葉(5)
  埼玉(3)
  山梨(3)
  東京(21)
  栃木(1)
  神奈川(13)
  群馬(2)
  茨城(1)
甲信越・北陸・東海(24)
  三重(2)
  富山(1)
  愛知(4)
  新潟(3)
  石川(2)
  福井(1)
  長野(5)
  静岡(6)
近畿(32)
  京都(9)
  兵庫(8)
  和歌山(1)
  大阪(11)
  奈良(1)
  滋賀(2)
中国・四国(14)
  山口(2)
  岡山(3)
  島根(1)
  広島(3)
  徳島(1)
  愛媛(1)
  香川(1)
  高知(1)
  鳥取(1)
九州・沖縄(24)
  大分(1)
  宮崎(1)
  沖縄(10)
  熊本(2)
  福岡(5)
  長崎(3)
  鹿児島(2)

国外エリア一覧

東南アジア(14)
ヨーロッパ(15)
東アジア・中国・台湾(8)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(2)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(6)
オセアニア(4)
アフリカ(1)
北米(5)
中南米(1)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(125)
イベント情報(136)
ショッピング・買い物・お土産(138)
シーン別(197)
ビジネス・出張(93)
マナー(53)
ロケ地、舞台(87)
世界遺産(43)
乗り物・交通・アクセス(193)
宿・旅館・ホテル(89)
旅行準備(171)
歴史・豆知識(219)
温泉・スパ(74)
絶景(151)
聖地巡礼(17)
観光旅行(239)
言語・役立ちフレーズ(9)
食事・グルメ(186)
ランキング(106)
デート(145)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(93)
ツアー/旅程(10)
海水浴場・ビーチ・リゾート(14)

人気記事ランキング