logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 福岡

ヤフオクドームの楽しみ方を解説!チケットの予約方法や周辺のおすすめ観光スポットも紹介





ヤフオクドームは、福岡市中央区地行浜にある多目的ドームです。

福岡ソフトバンクホークスの公式戦をはじめ、コンサートや各種イベントが随時開催されています。
ただ、実はイベント開催時でなくても楽しめる魅力満載の観光スポットでもあるのです。

今回はヤフオクドームの見どころをはじめ、ヤフオクドーム周辺のおすすめ観光スポットを詳しくご紹介します。
なお、本記事は2019年シーズンの情報です。

【目次】ヤフオクドームの楽しみ方を解説!チケットの予約方法や周辺のおすすめ観光スポットも紹介

 

ヤフオクドームってどんなところ?

ヤフオクドームまでのアクセスは?

西鉄バス

福岡市地下鉄

自動車

ヤフオクドームでホークス観戦!チケットの予約や楽しみ方を紹介

チケットの購入方法

ヤフオクドームの席種と特徴

コンコースも過ごしやすい工夫がたくさん

ライト外野席後方「RIGHTOP STAND」

7回のジェット風船&勝利の花火

試合開催日じゃなくても楽しめる!ヤフオクドームツアー

期間限定のバスツアーとのセットもおすすめ

ヤフオクドームで飲もう!居酒屋&スポーツパブ

居酒屋「鷹正」

英国風パブ「HUB」

ヤフオクドームの敷地内の見どころ

グッズショップ「HAWKS STORE」

暖手

鷹観音(鷹観世音大菩薩)

ヤフオクドーム周辺のおすすめ観光スポット

マークイズ福岡ももち

ヒルトン福岡シーホーク

シーサイドももち海浜公園とマリゾン

マリゾン

福岡タワー

ヤフオクドームは野球がなくても楽しめる!

 

 


ヤフオクドームってどんなところ?

 

ヤフオクドーム paypayドーム

 

ヤフオクドームは、1993年に完成した開閉式の屋根を持つ多目的スタジアムです。

今でも広さは日本一のドーム球場であり、とても大きな建物です。

 

福岡ソフトバンクホークスのホームスタジアムとして知られ、プロ野球の試合が開催されるほか、コンサートも開催されています。

2020年より名称を「PayPayドーム」に変更する予定で、2020年春には敷地内に五感を刺激する複合エンターテイメント・ ゾーン 「E・ZO FUKUOKA」が新たに完成する見込みとなっています。

 

 

ヤフオクドームまでのアクセスは?

 

ヤフオクドーム paypayドーム

 

ヤフオクドームまでのアクセスでおすすめなのは西鉄バスです。

地下鉄でも福岡空港、博多駅、天神駅から行くことができます。

 

西鉄バス

 

ヤフオクドーム paypayドーム
福岡ソフトバンクホークス公式サイトより

 

西鉄バスは天神・博多・福岡空港など、どの場所からも行けます。

徒歩時間も少なくて安心の方法です。

上記の図のバスに乗ってください。

 

福岡市地下鉄

 

福岡市地下鉄「唐人町駅」で下車し、3番出口より徒歩約15分です。

唐人町〜天神間は、3~8分間隔で運行しています。

天神駅から唐人町駅の所要時間は約5分、博多駅から唐人町駅は約11分です。

 

自動車

 

自動車の場合は、福岡都市高速道路「西公園」あるいは「百道」で降りてください。

「西公園」で降りても「百道」で降りても、そこから5分ほどでヤフオクドームに到着します。

 

 


ヤフオクドームでホークス観戦!チケットの予約や楽しみ方を紹介

 

ヤフオクドーム paypayドーム

 

ヤフオクドームと言えば、やっぱり 「福岡ソフトバンクホークスの試合を観戦したい」 という人が多いのではないでしょうか。

そこで、福岡ソフトバンクホークスの試合を観戦するにはどうすれば良いかをご紹介します。

 

チケットの購入方法

 

ヤフオクドームでの福岡ソフトバンクホークスの試合のチケットは、インターネットはもちろん、コンビニエンスストア(セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ)でも購入可能です。

 

インターネット上でも購入することはできますが、各プレイガイドの会員登録が必要となります。

詳しくは  公式サイトのチケット案内ページ  をご覧ください。

 

ヤフオクドームの席種と特徴

 

ヤフオクドーム paypayドーム

 

ヤフオクドームには数多くの座席があります。

基本的にゆっくり見たい場合はS指定、A指定、B指定などの内野指定席、みんなで声を出して応援したい場合はホークス応援席がおすすめです。

 

チケットの料金は平日や祝日など日程によって違うので、公式サイトで確認してみてください。

 

また、ヤフオクドームには通常の座席とは一風変わった変わった席があるのも魅力です。

ここでは、いくつかの例をご紹介します。

 

ヤフオクドーム paypayドーム
(C)SoftBank HAWKS

 

例えば  「ビクトリーウイング」  というシートであれば、おいしいビュッフェ食べ放題が付いてきます。

お財布と相談しながらスタジアムグルメを選ぶような必要はなく、おいしそうなものをとって好きなだけ食べられるのです。

 

ヤフオクドーム paypayドーム

 

ちなみに、ビクトリーウイングには以下の4席種が用意されています。

 

  • シスコシート
  • JA全農なごみシート
  • JALスカイビューシート
  • ECCキッズパーク

 

JALスカイビューシートは 1席5,500円~7,000円 で座れますし、追加で2,500円を払えばアルコールの飲み放題も可能という夢のような席です。

 

ヤフオクドーム paypayドーム

 

また、「ECCキッズパーク」はビュッフェ+遊具付きという、パパママにはありがたい席です。

子どもを遊ばせ食事をとりつつ、野球観戦を楽しめます。

大人が4,800円~6,000円、子ども(4歳~小学生)が1,800円~3,000円で、3歳以下は無料 です。

 

グラウンドから遠い位置となりますが、内野席と遜色ない価格設定なので、内野席に行くくらいならこちらの席でゆっくりと楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

コンコースも過ごしやすい工夫がたくさん

 

ヤフオクドーム paypayドーム


野球観戦は3時間以上の長丁場になることが多いスポーツです。

よっぽど野球好きであれば集中して試合を観られるかもしれませんが、ずっと野球に集中しないといけないと思うと「ちょっとしんどい」という人もいるのではないでしょうか。

しかし、そんな場合でもヤフオクドームには 座席以外でも快適に過ごせるように工夫が凝らしてある ので、野球観戦以外にも様々な過ごし方が可能となっています。

 

ここでは、観戦時に使えるコンコースの設備についてご紹介します。

ヤフオクドームのコンコースにはスタジアムグルメが立ち並んでおり、何を食べようか選ぶ人がウロウロしているのですが、それだけではありません。

 

ヤフオクドーム paypayドーム

 

野球を観ない時間も快適に過ごせるような工夫が施されているのです。

 

ヤフオクドーム paypayドーム

 

コンコースのテレビで野球観戦ができる ようになっており、試合の展開を見逃すことはありません。

試合を確認できるテレビは、コンコース1周に等間隔に設置されているので、テレビを見つけるために探すようなストレスはありません。

 

ヤフオクドーム PayPayドーム

 

コンコースには 160台以上のデジタルサイネージ が設置されています。

球場内とコンコースの一体感を演出するためにも一役買っています。

 

これまで、席を離れてコンコースへトイレに行ったり、食べ物を買いに行ったりしている最中にホームランなどのいいプレーがあって「見逃した」というストレスを感じることがありました。

ただ、コンコース内に情報を流すモニターがたくさんあるため、 席から離れても野球から離れることはありません。

コンコースでも試合状況をチェックしながら過ごすことができます。

 

ヤフオクドーム PayPayドーム

 

また、食事ができるテーブルも数多く設置されています。

球場の座席だとテーブルもなく、食事には狭いと感じる人もいるかもしれませんが、そんな時に活躍してくれます。

 

ヤフオクドーム PayPayドーム


コンセント付きのテーブルも数多く置かれているので、 スマホの充電 をしながら食事をすることもできます。

 

ヤフオクドーム PayPayドーム

 

その他、コンコースにはユニホーム型のオリジナルキーチェーンをつくるマシンが設置されていたり。
 

ヤフオクドーム PayPayドーム

 

好きな選手の写真を購入できるマシンが設置されています。

席から少し離れてコンコースに出てみても、 色々な過ごし方が可能 なのが、ヤフオクドームの良いところです。

 

ライト外野席後方「RIGHTOP STAND」

 

ヤフオクドーム PayPayドーム


ライト外野席後方には 「RIGHTOP STAND」 というスペースがあり、ここで飲食物の販売を行っています。

カウンター席もいくつかあり、ここで食事を楽しみながら野球を観ることもできるのです。

 

ヤフオクドーム PayPayドーム


さらにカウンターの後方には、ヤフオクドームのベンチを再現したスペースもあります。

奥には選手名を書くホワイトボード(実際に書ける)や、ブルペンへの電話などが設置されていて、記念撮影が盛り上がりそうです。

 

ちなみに、レフト席後方にも 「LEFTOP VISITOR」 という場所があります。

ここはビジターファン専用のスペースです。

 

ヤフオクドーム PayPayドーム

 

球団旗をモチーフにした装飾(フォトスポット)や、ビジターグッズの販売、各チームの選手紹介をする端末があります。

 

7回のジェット風船&勝利の花火

 

ヤフオクドーム PayPayドーム

 

ヤフオクドームで観戦する時の楽しみと言えば、やはり 7回裏前の「いざゆけ若鷹軍団」の大合唱とジェット風船 ではないでしょうか。

ドーム全体が黄色い風船に包まれ、みんなで一斉に飛ばす瞬間は圧巻です。

 

また、ホークスが試合に勝利した後は白星風船を飛ばした後、 勝利の花火&ルーフオープンショー が開催されます。(ルーフオープンショーは雨天時除く)

ヤフオクドームはホークス戦の観戦をエンターテイメントとして、思う存分楽しめるようになっているのです。

 

 

試合開催日じゃなくても楽しめる!ヤフオクドームツアー

 

ヤフオクドーム PayPayドーム

 

ヤフオクドームでは、ヤフオクドームの裏側を見ることができる 「ヤフオクドームツアー」 を行っています。

試合開催日以外も実施しているので「ヤフオクドームを観光したい」という人におすすめのツアーです。

ヤフオクドームツアーは、以下の5種類です。

 

  • ドーム満喫コース
  • アドベンチャーコース
  • OB解説付練習見学コース(試合日のみ)
  • コカ・コーラシート練習見学コース(試合日のみ)
  • 試合終了後フィールド体験コース(試合日のみ)

 

試合日以外でも開催されているドーム満喫コースや、アドベンチャーコースについてご紹介します。

 

ドーム満喫コース は、普段ファンが入れない様々な場所を案内してもらえる、ヤフオクドームツアーの基本コースです。

 

ヤフオクドーム PayPayドーム

 

グラウンドに入って、 松田選手のパネルと一緒に記念撮影 を撮ることも可能です。

 

ヤフオクドーム PayPayドーム

 

記念撮影用に様々なグッズを貸してくれるので、インスタ映えする写真撮影にチャレンジしてみましょう。

ベンチに入れるのはもちろん、 ブルペンの見学 もできます。

 

ヤフオクドーム PayPayドーム

 

さらにマニアックなところで言えば、記者会見を行う 「プレスカンファレンスルーム」 も嬉しいスポットではないでしょうか。

 

ヤフオクドーム PayPayドーム


一度は記者会見の椅子に座ってみたかったとい人も多いのではないかと思います。

 

 

このように、日頃から記者会見に使用されている部屋です。

撮影用にパネルが用意されており、ヤフオクドームツアーの時は誰でも写真撮影を行えます。

 

ヤフオクドーム PayPayドーム

 

このように、誰でもMVPになれてしまうのがこのツアーの魅力です。

 

アドベンチャーツアーは ヤフオクドームの屋根の上に登れるツアー となっています。

 

ヤフオクドーム PayPayドーム

 

日頃絶対に入れない足がすくむような通路を歩いて、屋根の上へと案内してもらいます。

 

ヤフオクドーム PayPayドーム

 

屋根の上には見たことのない風景が広がっています。

詳しくは  ヤフオクドームツアーの公式サイト  をご確認ください。

 

期間限定のバスツアーとのセットもおすすめ

 

ヤフオクドーム PayPayドーム


「ヤフオクドーム」のドームツアーと福岡オープントップバスのコースが一度に楽しめる 「ホークスコラボツアー」 が2019年から始まっています。

 

 

バスのままでドームの中に入ることができるという貴重な体験は、他では味わえるものではありません。

 

ヤフオクドーム PayPayドーム

 

グラウンドの中に入った瞬間は思わず歓声が上がります。

野球を知らない人でも感動できる、とっておきの観光コースとなっています。

こちらは大変人気のコースなので、ぜひお早めにご予約を。

 

福岡オープントップバス - ヤフオクドームツアー

 

料金:

大人 2,870円 子ども 1,390円
※4歳以上、小学生以下、3歳以下は乗車不可
※11月26日以降日にち限定で開催されます。

所要時間:約110分(うちドームツアーは約40分)

公式URL:  福岡オープントップバス - ヤフオクドームツアー

 

 


ヤフオクドームで飲もう!居酒屋&スポーツパブ

 

ヤフオクドーム PayPayドーム
(C)SoftBank HAWKS

 

ヤフオクドームでは、野球観戦を楽しみながらお酒を楽しめるスポットが2か所あります。

2か所は居酒屋と英国風パブとなっており雰囲気が両極端なので、シチュエーションに応じて選ぶのがおすすめです。

 

居酒屋「鷹正」

 

ヤフオクドーム PayPayドーム


おふぃしゃる居酒屋鷹正は、ヤフオクドームの5番ゲートそばにあります。

ホークスの試合中は店内のビジョンで試合が流れ、野球観戦をしながらお酒を楽しめるようになっており、店内は常連客で賑わっていました。

 

ヤフオクドーム PayPayドーム


九州・博多らしいメニューがたくさん並んでいます。

球場併設の居酒屋だからといって、クオリティが落ちたり値段が高かったりすることはありません。

 

大将こだわりのメニューが多数並んでいますので、ぜひ野球の試合を観ながら美味しい料理とお酒を楽しんでください。

 

おふぃしゃる居酒屋 鷹正の店舗情報

 

営業時間:ナイトゲーム16時~23時半(23時ラストオーダー)、デーゲーム11時~試合終了後2時間まで

定休日:ヤフオクドームホークス主催試合開催日、ヤフオクドームコンサート開催日のみ営業

座席数:140席

公式URL:  おふぃしゃる居酒屋 鷹正

 

英国風パブ「HUB」

 

ヤフオクドーム PayPayドーム

 

英国風パブの「HUB」は、ヤフオクドームの7番ゲート横にあるお店です。

 

ヤフオクドーム PayPayドーム

 

店内はイギリスの酒場のような雰囲気でとても良い感じ。

球場の中とは思えません。

 

ヤフオクドーム PayPayドーム


もちろん、テレビで試合観戦をすることも可能です。

また、店内にはたくさんのホークスグッズが展示されていて、そちらも見ごたえ十分。

ホークスファンはグッズを眺めるだけでも楽しいでしょうし、会話も盛り上がること間違いなし。

 

極めつけはこちらのカウンター席

 

ヤフオクドーム PayPayドーム

 

なんと お店の中からそのまま野球観戦 ができるのです。

それにも関わらず、お店に入る追加料金はありませんし、こちらの席に座るからと言って追加で料金がとられることもありません。

 

もちろん、飲み物や食べ物が高いということもなく、むしろ少しリーズナブルな価格帯です。

ヤフオクドームの隠れた名所なので、ぜひこちらも行ってみてください。

 

英国風パブHUBの店舗情報

 

営業時間:平日16:00〜23:00、土日12:00〜23:00

定休日:年中無休

座席数:222席

公式URL:  英国風パブHUB

 

 

ヤフオクドームの敷地内の見どころ

 

ヤフオクドーム PayPayドーム


ヤフオクドームの敷地内にもいくつか見どころとなるようなスポットがあります。

ヤフオクドームに遊びに行った際には覗いてみてください。

 

グッズショップ「HAWKS STORE」

 

ヤフオクドーム PayPayドーム

 

「HAWKS STORE」は福岡ソフトバンクホークスのオフィシャルグッズショップで、ヤフオクドームに訪問したお土産も購入することができます。

 

ヤフオクドーム PayPayドーム

 

ショップにはホークス応援グッズをはじめ、お菓子や日用品に至るまで、様々なグッズが販売されています。

 

きっと 「こんなグッズもあったのか!」 と驚くだろうと思います。

ウィンドウショッピングをするだけでも楽しいので、ヤフオクドームを訪れた際にはぜひ立ち寄ってみてください。

 

暖手

 

ヤフオクドーム PayPayドーム

 

ヤフオクドームの周囲には「暖手(だんて)」と呼ばれる著名人の手のオブジェが多数並んでおり、著名人と握手ができるようになっています。
 

ヤフオクドーム PayPayドーム

 

ここでライブを行ったことのある、元ビートルズのポール・マッカートニーと握手することもできます。

 

ヤフオクドーム PayPayドーム

 

ちなみに、 ポール・マッカートニーの隣には武田鉄矢の手が。

このごった煮感が暖手エリアの魅力です。

 

ヤフオクドーム PayPayドーム

 

なんとマイケル・ジャクソンの手もありました。

企画趣旨が伝わっていなかったのか、指が広がってしまっています。

それもまた、生々しくていいですよね。

 

鷹観音(鷹観世音大菩薩)

 

ヤフオクドーム PayPayドーム

 

ヤフオクドーム敷地内にある観音様です。

 

ヤフオクドーム PayPayドーム

 

シーズンが始まる前には、監督や球団フロント陣らで集まって必勝祈願をするほど、球団が大切にしている場所です。

 

 

野球観戦をする前にホークスの勝利を祈るのはもちろんですが、 何か大切な勝負事を控えている人はここで必勝祈願をするのもいいかも しれません。

ホークスの強さにあやかってみたい方はぜひどうぞ。

 

 


ヤフオクドーム周辺のおすすめ観光スポット

 

ヤフオクドーム PayPayドーム

 

ヤフオクドームの周辺には、他にも観光できるスポットがいくつかありますので紹介します。

 

マークイズ福岡ももち

 

ヤフオクドーム PayPayドーム

 

マークイズ福岡ももちは、ヤフオクドームに隣接するショッピングモールです。

専門店街や大型店舗、フードコートや映画館などが入っており、野球試合日以外でも賑わっています。

 

主なテナント

 

  • ニトリ
  • ユナイテッドシネマ
  • コジマ×ビックカメラ
  • ハローデイ
  • ユニクロ
  • TSUTAYA BOOKSTORE
  • トイザらス・ベビザらス
  • ジーユー
  • Zepp Fukuoka

 

マークイズ福岡ももちの観光情報

 

住所:福岡県福岡市中央区地行浜2-2-1

公式URL:  マークイズ福岡ももち

 

ヒルトン福岡シーホーク
 

ヒルトン福岡シーホーク

 

ヒルトン福岡シーホークは、ヤフオクドームに隣接しているホテルです。

地上36階、地下2階建て、高さ143メートルの高層ホテルで、福岡市内では3番目に高い建物となっています。

 

G20福岡財務大臣、中央銀行総裁会議の会場となったり、福岡を舞台にした映画に登場するなど、ヤフオクドームと並んで福岡を代表するランドマークとなっています。

宿泊はもちろん、レストランで食事を楽しむこともできます。

 

ヒルトン福岡シーホークの観光情報

 

住所:福岡県福岡市中央区地行浜2丁目2番3号

公式URL:  ヒルトン福岡シーホーク

 

シーサイドももち海浜公園とマリゾン

 

シーサイドももち

 

シーサイドももち海浜公園は、ヤフオクドームの裏手に広がる人工ビーチの公園です。

砂浜からはヤフオクドームを眺めることもでき、夜景もきれいなスポットです。

 

シーサイドももち海浜公園の観光情報

 

住所: 福岡県福岡市早良区百道浜2丁目、4丁目地先

公式URL:  シーサイドももち海浜公園

 

マリゾン

 

マリゾン

 

人工砂浜の中央部分には、結婚式場やレストランがある「マリゾン」があります。

空と海を眺めながら食事を楽しんだり、散歩を楽しんだりと思い思いに過ごせる、都市の中のオアシスとも言える場所です。

 

マリゾンの観光情報

 

住所:福岡市早良区百道浜2丁目902-1地先

公式URL:  マリゾン

 

福岡タワー

 

福岡タワー

 

福岡タワーは、高さが234mある日本で一番高い海浜タワーです。

外観は8000枚のハーフミラーで覆われた独特の外観となっており、クリスマスや七夕の時期にはイルミネーションが施されています。

そのため、デートスポットとしても人気です。

 

最上階の展望室からは福岡市街や博多湾を360度一望できるほか、空中散歩が楽しめるVR双眼鏡や、恋人の聖地、レストランなど様々な設備があります。

 

福岡タワーの観光情報

 

住所:福岡市早良区百道浜2丁目3番26号

営業時間:9:30~22:00(最終入館21:30)

料金:大人800円、小・中学生500円、幼児(4歳以上)200円

公式URL:  福岡タワー

 

 

ヤフオクドームは野球がなくても楽しめる!
 

ヤフオクドーム PayPayドーム

 

ヤフオクドームは野球ファンでなくても野球が楽しめるように工夫されているので、初めて野球を観に行く人が観に行っても思う存分楽しめるスタジアムです。

 

また、野球の試合が開催されていない日に行っても、ヤフオクドームツアーで楽しむことができるでしょう。

周辺にも楽しめるスポットがたくさんあるので、福岡へお越しの際はぜひ立ち寄ってみてください。

 

※合わせて読みたい:  福岡の観光名所18選!福岡グルメから温泉まで楽しみつくす旅行スポットを厳選


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(568)
北海道・東北(44)
  北海道(26)
  青森(3)
  岩手(2)
  宮城(8)
  秋田(1)
  山形(3)
  福島(1)
関東(201)
  埼玉(7)
  千葉(13)
  東京(118)
  神奈川(41)
  茨城(5)
  栃木(7)
  群馬(5)
  山梨(5)
甲信越・北陸・東海(81)
  長野(12)
  新潟(7)
  富山(3)
  石川(13)
  福井(1)
  岐阜(5)
  静岡(25)
  愛知(8)
  三重(7)
近畿(93)
  滋賀(7)
  京都(39)
  大阪(24)
  兵庫(15)
  奈良(5)
  和歌山(3)
中国・四国(34)
  鳥取(1)
  島根(5)
  岡山(8)
  広島(8)
  山口(3)
  徳島(2)
  香川(4)
  愛媛(1)
  高知(2)
九州・沖縄(77)
  福岡(15)
  佐賀(2)
  長崎(7)
  熊本(10)
  大分(9)
  宮崎(3)
  鹿児島(9)
  沖縄(22)

国外エリア一覧

東南アジア(25)
ヨーロッパ(64)
東アジア・中国・台湾(19)
南アジア・インド・ネパール(2)
中近東(7)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(10)
オセアニア(10)
アフリカ(2)
北米(17)
中南米(6)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(568)
イベント情報(368)
ショッピング・買い物・お土産(482)
遊園地・テーマパーク(568)
ビジネス・出張(166)
ロケ地、舞台(172)
世界遺産(144)
乗り物・交通・アクセス(633)
宿・旅館・ホテル(186)
旅行準備(435)
歴史・豆知識(787)
温泉・スパ(155)
絶景(466)
聖地巡礼(31)
観光旅行(739)
食事・グルメ(551)
おすすめ/ランキング(660)
デート(618)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(433)
ツアー/旅程(242)
海水浴場・ビーチ・リゾート(67)
日帰り旅(3)
1泊2日(1)
寺院・神社(15)
パワースポット(8)
ファミリー(41)
1人旅(34)
雨の日(12)
メーカー/ブランド(5)

人気記事ランキング