logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 千葉

日本のカリフォルニア!?SNSで話題の「千葉フォルニア」の見どころを紹介





アメリカ・カリフォルニアと言えば、サンフランシスコやロサンゼルスなどの都市がある有名な州です。
そんなカリフォルニアの魅力は、アメリカ西部の大部分を占めるハイウェイ1号線。

1,046kmにも及ぶ太平洋の海岸線は、コバルトブルーの海に透き通った空、きれいな砂浜にカラッとした天気が人気で、最高のドライブルートになっています。

実はそんなカリフォルニアに似た場所が千葉県にあるのをご存知でしょうか。

その名も「千葉フォルニア」。
今回は注目を集めている千葉フォルニアの見どころや周辺スポットをご紹介します。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】日本のカリフォルニア!?SNSで話題の「千葉フォルニア」の見どころを紹介

 

カリフォルニアの海岸線とは

千葉フォルニアとは

千葉フォルニアのアクセス

車で行く場合

電車で行く場合

袖ヶ浦海浜公園

公園入り口

展望台

サイクリングロード

バーベキュー場

氣志團万博

千葉フォルニア周辺のおすすめ観光スポット

1. 三井アウトレットパーク 木更津

2. WILD BEACH SEASIDE GRANPING PARK

3. 竜宮城スパ ホテル三日月

4. 海ほたるパーキングエリア

5. 富津岬

6. 東京ドイツ村

7. 久留里城

8. 市原ぞうの国

 

 

カリフォルニアの海岸線とは

 

カリフォルニア

 

カリフォルニアは、アメリカ合衆国で3番目に大きく、ロサンゼルスやサンフランシスコなど世界を代表する都市を抱えており、人口はアメリカ合衆国で最も多い州です。

ヨセミテ国立公園やセコイア・キングスキャニオン国立公園など、自然に恵まれたカリフォルニア州で外すことができないのが、太平洋側に広がる海岸線です。

 

全長1,046kmにもなる太平洋の海岸線はハイウェイ1号線と呼ばれ、カラッとした天候に透き通ったきれいな海と砂浜が続き、サーフィンやドライブに大人気のエリアとなっています。

 

そんなカリフォルニアのハイウェイ1号線は、アメリカでも大人気の観光地として有名です。

 

 

千葉フォルニアとは

 

千葉フォルニア

 

カリフォルニアはとても素晴らしいところですが、もちろんそんな簡単に行けるところではありません。

そこでおすすめしたいのが、日本でカリフォルニアにいるような経験ができる場所「千葉フォルニア」です。

 

千葉フォルニアは、千葉県の内房・袖ヶ浦市にある海岸線です。

千葉にあるカリフォルニアという意味で千葉フォルニアと呼ばれ、袖ヶ浦海浜公園に向かう市道がメインスポットとなります。

 

道路の横はすぐに海、道路沿いには等間隔にヤシの木が植えられていて、いかにもカリフォルニアらしい景色が広がっています。

 

そんな千葉フォルニアでは、テレビCMなどの撮影も度々行われたこともあり人気のスポットとなっています。

特に車やバイク好きには大人気の場所です。

 

千葉フォルニア

 

天気が良い日には、道路沿いに自分の愛車を停めて写真を撮る人で溢れかえります。


 


千葉フォルニアのアクセス

 

千葉フォルニアが人気の理由として、アクセスがとても良いことが挙げられます。

 

車で行く場合

 

車

 

千葉フォルニアには愛車を撮影しに行くことが多いので、車やバイクで行く方も多いと思います。

 

東京方面から車で行く場合、東京湾アクアラインの千葉側の出口である「木更津金田IC」を利用しましょう。

 

千葉フォルニアは、木更津金田ICから約6分ほどで着きます。

そのため、東京都心から考えても1時間もかからずに到着します。

 

千葉方面から千葉フォルニアに行く場合は、館山自動車道の「市原IC」で有料道路を降りましょう。

そこから国道16号経由で、およそ20分ほどで到着します。

 

千葉フォルニアは正式名称ではないため、特定の住所はありませんし、カーナビに「千葉フォルニア」と入力しても出てきません。

その場合は、千葉フォルニアのすぐ横にある「 袖ヶ浦海浜公園 」を入力してください。

 

千葉フォルニアに駐車場はありませんが、すぐ近くの袖ヶ浦海浜公園には駐車情があるので、そこで一息着くことはできます。

 

電車で行く場合

 

電車

 

千葉フォルニアは、電車やバスで行くには少し不便です。

一番最寄りの駅はJR内房線の「袖ヶ浦駅」ですが、千葉フォルニア方面のバスなどは特にないため、徒歩で行かなければいけません。

 

袖ヶ浦駅から徒歩で行った場合、3km以上あるので30分以上かかります。

タクシーを使えば10分もかからないので、複数人で行ってタクシーを割り勘できる場合、みんなでワイワイお酒を飲みたい場合などには、こちらの手段もいいかもしれません。

 

袖ヶ浦駅へは、東京駅からは直通の快速電車があるのでそれに乗りましょう。

乗車時間は1時間弱で到着します。

 

特急の「さざなみ」は袖ヶ浦駅には到着しないため注意してください。

 

 

袖ヶ浦海浜公園

 

袖ヶ浦海浜公園

 

袖ヶ浦海浜公園は、千葉フォルニアのすぐ横にある公園です。

 

千葉フォルニアは、袖ヶ浦海浜公園入り口までの専用道路のような道路なので、千葉フォルニアに行った際は必ず公園の前を通ることになります。

ここでは、そんな袖ヶ浦海浜公園の見どころスポットを紹介します。

 

公園入り口

 

公園

 

袖ヶ浦海浜公園の入り口も、実はカリフォルニアの雰囲気満点の撮影スポットなんです。

 

入り口から正面に展望台がありますが、その展望台に向かって左右にヤシの木が植えられてあり、千葉フォルニアにあるヤシの木の終点のような構図になっています。

晴れた日にこんなところで写真を撮れば、カリフォルニアにいるような写真が撮れること間違いなしです。

 

展望台

 

展望台

 

袖ヶ浦海浜公園の入り口を入り、目の前にあるのが展望台です。

どこかモダンな形をした展望台なので、ぱっと見では展望台とは思えないような形をしています。

 

100段ほどの螺旋階段を登ると、頂上にはひらけた展望フロアがあります。

昼間には対岸の三浦半島や富士山まで見渡すことができる景色が広がりますが、ここの景色のおすすめは夜。

夜になると、袖ヶ浦海浜公園から千葉みなとあたりまでの京葉工業地帯の工場夜景を見渡すことができます。

 

工場の夜景が海に反射して映り込む水辺夜景も見ることができるので、その景色はとても幻想的です。

そして何より嬉しいのが、袖ヶ浦海浜公園はあまりメジャーなスポットではないので、人があまり多くなく、落ち着いて夜景を楽しむことができるところです。

 

景色はとてもきれいなので、人気が出てしまう前にぜひ京葉工業地帯の幻想的な夜景を見に行ってみてください。

 

サイクリングロード

 

袖ヶ浦海浜公園は、イベント会場として使われることも多い公園です。

そんなイベントの1つが「ロングライドサイクルラリー」です。

 

ロングライドサイクルラリーは、自転車で100kmを走破するイベントですが、2018年は袖ヶ浦海浜公園がスタート&ゴール地点となりました。

 

海風を感じながらヤシの木の下を走るのは、とても気持ちがいいのでスタート&ゴール地点になるのも納得です。

そのため、公園内にはサイクリングロードも完備されています。

 

そのまま東京湾沿いにサイクリングするのもとても気持ち良いですよ。

 

バーベキュー場

 

袖ヶ浦

 

袖ヶ浦海浜公園は、広い芝生の公園にアスレチックがある広場がメインの場所となっています。

広場ではバーベキューなどの火気の使用は禁止されていますが、夏限定でバーベキューができます。

 

カリフォルニアのような景色とバーベキューという組み合わせは、まさにアメリカにいるような気分に浸れます。

海風を感じながらバーベキューできるのも気持ちが良いですよ。

 

バーベキューは完全予約制となっており、1ヶ月前から予約ができます。

人気なので、利用を考えている場合は早めに予約するようにしてください。

 

氣志團万博

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by @mmmm.gnu

 

袖ヶ浦海浜公園が最も盛り上がる日は、毎年夏にやってきます。

毎年夏には、地元出身の氣志團が「氣志團万博」というロック・フェスティバルを袖ヶ浦海浜公園で開催しており、およそ4万人の観客が熱狂します。

 

毎回多くのアーティストが出演し、GLAY・PUFFY・森山直太朗・ももいろクローバーZ・マキシマムザホルモンなど、ジャンルに拘ることなく様々なアーティストが出演しています。

 

さらに、矢沢永吉や和田アキ子・小林幸子・山下達郎など、超大物が登場するのもこのフェスティバルの特徴。

ぜひ真夏の袖ヶ浦で最高の1日を過ごしてみてください。

 

 


千葉フォルニア周辺のおすすめ観光スポット

 

千葉フォルニアは木更津金田ICからすぐの立地にあるため、アクアラインの出口に集中している木更津の観光スポットへのアクセスも抜群です。

 

1. 三井アウトレットパーク 木更津

 

アウトレット

 

アクアラインの木更津金田ICから車で5分ほどの距離にあるのが、「三井アウトレットモール 木更津」です。

 

三井アウトレットモール木更津は、首都圏最大級のアウトレットモールとなっており、その店舗数は300店舗以上。

駐車スペースも5,200台と、とてつもない大きさのアウトレットとなっています。

 

定番のブランドから日本初上陸のブランドも多く、ここでしか安く手に入れられないブランドも多くあります。

 

そして、三井アウトレットモール木更津の強みは、アウトドアブランドが豊富に揃っていることです。

 

Mammut、mont-bell、Patagonia、Columbia、Gregory、Acteryx、NorthFace、Hoglofsなどアウトドアに強みを持つブランドが多く集まっています。

ここまでアウトドア有名ブランドが集まるところは、日本国内の他のアウトレットにはありません。

 

最近はアウトドアがブームになっており、今年からアウトドアを趣味として始めた方も多いのではないでしょうか。

木更津のアウトレットであれば、セール期間であればアウトレット価格のものがさらに割引されています。

 

機能は良いものの値段が高いのがネックなアウトドアブランドを、安く手に入れましょう。

 

また、木更津のアウトレットはフードコートもとても広いです。

 

アウトレット

 

和洋中さまざまな商品を提供する店舗が入っていますが、中でもおすすめは「松戸富田製麺」。

 

コンビニともコラボしている人気のラーメン店「とみ田」がプロデュースしている店舗で、その味はフードコートだからといって一切手を抜いておらず、毎日松戸市にある本店から自家製の麺を直送するほどの手の込みようです。

 

そのため、休日になると松戸富田製麺の前には行列ができるほど。

 

富田

 

三井アウトレット木更津でお昼を食べるなら、ぜひおすすめしたい店舗です。

 

三井アウトレットパークの観光情報

 

住所:千葉県木更津市金田東3-1-1

マップ: Googleマップ

営業時間:10時〜20時

アクセス:

袖ヶ浦駅からバスで10分
木更津駅からバスで20分
木更津金田ICから車で10分

定休日:不定休

 

2. WILD BEACH SEASIDE GRANPING PARK

 

ワイルドビーチ

 

三井アウトレットパーク木更津の向かいにあるのが、「WILD BEACH SEASIDE GRANPING PARK」です。

ここでは、手軽にグランピングを楽しむことができます。

 

パーク内は「Wild kingdom」、「Rhinos」、「The bearch77」の3つに分かれています。

 

Wild kingdomでは、ビーチをイメージした「ビーチハウス」や木の温もりをイメージした「グランピングキャビン・ログテント」、日本初上陸の柱のないインフレータブルテント「グランピングキャビン・ボヘミアン」など、様々なスタイルのグランピングを楽しむことができます。

 

ワイルドビーチ

 

ワイルドビーチ

 

キャンプは少し苦手という方には、アメリカンモーテルをモチーフにしたホテル「Rhinos」もあるため安心。

こちらも「サファリブラウン」や「フェミニンホワイト」など、スタイルの違うジャグジールーム付きの独立型ヴィラホテルが準備されています。

 

The bearch77は、770坪の白い砂浜が広がるカフェレストラン兼バーベキュー場となっています。

テラスでのバーベキューや砂浜の上でのバーベキュー、雨の日も安心なビーチレストランでのバーベキューなど選ぶことができます。

 

全て道具は完備されているため手ぶらでOK。

街中にいながらキャンプやバーベキューを楽しみたい方におすすめのスポットです。

 

WILD BEACH SEASIDE GRANPING PARKの観光情報

 

住所:千葉県木更津市金田東2-10-1

マップ: Googleマップ

営業時間:10時〜23時

アクセス:木更津金田ICから車で10分

定休日:不定休

電話番号:070ー3669ー8480

 

3. 竜宮城スパ ホテル三日月

 

TBSの番組「マツコの知らない世界」で、テレビCMで有名なホテルとして紹介されたホテル「竜宮城スパ ホテル三日月」。

千葉フォルニアからすぐ近く、車で15分とすぐのところにあります。

 

ホテル三日月は、本館「竜宮亭」、新館「富士見亭」、温泉テーマパーク「スパ棟」、お子様広場「お祭りランド」と4つのエリアに分けられています。

 

お祭りランドには、120個もの作品が集まっているトリックアートや、子供が思う存分体を動かすことができるキッズガーデン、昔懐かしい射的や輪投げを楽しむことができる屋台・縁日があります。

 

他にもダンスやパーティーができる多目的ホール、県内屈指の100機種を取り揃えているゲームセンター、トリックアートなど、子供から大人までエンターテイメントに事欠かない設備となっています。

 

 

ホテル三日月のCMを見たことがある方にお馴染みなのが、スパ棟にある温泉とプールです。

東京湾の景色がきれいな竜宮の湯をはじめ、ハーブ湯、ゆずの湯、80kgもの金を使用した1億円越えの黄金風呂や銀で作った銀風呂など、多くの種類の温泉を楽しめます。

 

プールでは、晴れていれば富士山と東京湾を見ながら楽しめるオーシャンスパやウォータースライダーなどが完備されている室内アトラクションプールなどがあります。

 

 

本館や新館にある客室からは、東京湾の絶景を眺めながらゆったり寛ぐことができます。

特に新館の富士見亭は、ロビーから客室まで開放感満点でおすすめです。

 

竜宮城スパ ホテル三日月の観光情報

 

住所:千葉県木更津市北浜町1−番地

マップ: Googleマップ

営業時間:受付は9時〜21時

アクセス:木更津金田ICから車で5分

電話番号:0438-41-8111

 

4. 海ほたるパーキングエリア

 

海ほたる

 

千葉フォルニアに行くために、東京湾アクアラインを利用するという方も多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが、東京湾アクアラインにある「海ほたるパーキングエリア」です。

 

海ほたるパーキングエリアは、高速道路にあるパーキングエリアですが、その設備は商業施設と言った方がいいほどに充実しています。

 

2019年にリニューアルしたことにより、新たに誕生したアクアラインシアター「うみほたる」では、当時の最新技術を駆使して建設された東京湾アクアラインの誕生の裏側を学ぶことができます。

 

なお、パーキングなので、海ほたるにはレストランが多くあります。

海ほたるのレストランの特徴は、千葉の房総半島の食材を使ったレストランが多いことです。

 

中でも潮干狩りのメッカとなっている木更津ならではの「あさりとあおさの塩ラーメン」は絶品。

スープには魚介の出汁が出ていてとても美味しいです。

 

他にも、東京湾を眺めながら入れる足湯や、海ほたるに行ったら必ず行くであろう展望台など、見どころはたくさんあります。

 

海ほたる

 

特に海ほたるの夜景は、日本夜景遺産に認定されるほどきれいと人気です。

海の上に建つ海ほたるからは遮るものが何もないため、横浜の夜景から京葉工業地帯の夜景、川崎工業地帯の夜景、東京タワーや東京スカイツリーまで全て見ることができます。

 

そして極め付けは、海に浮かんだように見えるアクアライン。

アクアラインは水産物に影響を与えないよう、海を光で照らさないような構造になっています。

そのため、周りが真っ暗な東京湾ではまるでアクアブリッジが浮いているように見えますよ。

 

海ほたるパーキングエリアの観光情報

 

住所:千葉県木更津市中島地先

マップ: Googleマップ

営業時間:パーキングアリアは24時間

アクセス:

木更津金田ICから車で6分
川崎浮島JCTから11分

電話番号:0570-024-024

 

5. 富津岬

 

富津岬

 

富津岬は千葉県の富津市にある岬で、東京湾に尖ったように突き出た形となっており、その景色は「白砂青松100選」にも選ばれています。

 

岬は南房総国定の「富津公園」の中にあり、公園の入り口のところに大きな駐車場があります。

 

駐車場付近には数件の飲食店が並んでいて、どのお店も地元のアナゴや貝など地元の新鮮な食材を使ったお店ばかりで美味しいですが、特におすすめなのは「公園食堂 志のざき」の「磯ラーメン」です。

その名前からもわかる通り、地元富津の貝や海苔、ワカメなどをふんだんに使い、さっぱりとしているけれどしっかりと出汁が出ていて深い味わい人気のラーメンです。

 

富津岬は公園の一番先になりますが、その途中にもいくつか穴場スポットがあります。

 

その1つが「富津元洲堡塁砲台」です。

富津岬は、対岸の神奈川側で東京湾に突き出ている観音崎と合わせて、東京湾へ続く浦賀水道の入り口となっています。

 

富津岬

 

国防上、東京湾に外国艦隊が侵入してきた場合、東京はひとたまりもありません。

敵艦隊を想定し、砲台として「お台場」が建設されたことは有名ですね。

 

そのため、富津岬にも明治14年に外国艦隊の侵入に備え、砲台を置くための海堡(かいほ)を築きました。

その名残りとして今でも砲台や試射場などが残されており、東京湾要塞としては唯一毎日新聞の「ヘリテージング100選」に選ばれています。

 

富津元洲堡塁砲台の跡地に建てられた「中の島展望台」は、近隣の砂を盛り上げた場所となっているため、第一海堡、第二海堡、観音崎、猿島といった東京湾防衛の最重要拠点を全て見渡すことができます。

 

富津岬

 

富津岬

 

砲台跡地などがあるところから2kmほど海側に進んだところが、富津岬の先っぽです。

ここには、明治元年から100年が立ったことを記念して作られた「明治百年記念展望台」がそびえたっています。

 

富津岬

 

五葉松をモチーフにした展望台は、いくつもある入り口から上に向かうと頂上で1つになるという少し変わった展望台となっています。

 

富津岬は東京湾に突き出ているため、頂上からは360°のパノラマビューが広がっています。

 

左手には三浦半島が見え、正面には富士山、右前方にはみなとみらいや東京都心。

後方に目を向けると、右後方には京葉工業地帯が見え、左後方には房総半島の山々を見渡すことができます。

 

富津岬

 

こんなにもきれいに景色を見渡せるところはそうそうありません。

千葉フォルニアに行った際は、ぜひ富津岬まで足を伸ばしてみてください。

 

富津岬の観光情報

 

住所:千葉県富津市富津2280

マップ: Googleマップ

アクセス:木更津南ICから車で3分

電話番号:0439-87-8887

 

6. 東京ドイツ村

 

東京ドイツ村

 

東京ドイツ村は東京という名前が付いていますが、千葉県の袖ケ浦市にある東京ドーム19個分にもなる広大な敷地を持つテーマパークです。

 

ドイツの田園風景を田園風景を再現した東京ドイツ村は、あまりに広大なためそれぞれのエリアに車が駐車できるスペースがあり、園内を車で回れるほどです。

 

そんな東京ドイツ村では、様々な遊び方ができます。

テーマパークの定番であるアトラクションやお土産などのショッピングはもちろん、なんと野菜の収穫体験もできるんです。

時期によって作物は変わりますが、ジャガイモやさつまいもの芋類から千葉の名産の落花生、みかん狩りの食べ放題やシイタケまで幅広い品目の収穫を体験できます。

 

さらに、当初はゴルフ場の計画があった名残もあり、広大なパターゴルフ場やボルダリング施設、釣り堀などもあります。

 

そして、東京ドイツ村の代名詞となっているのが、冬季に開催されるイルミネーションです。

関東三大イルミネーションにも選出されたイルミネーションはとても幻想的で、イルミネーション目当てに来るお客さんも数多くいます。

 

毎年イルミネーションの内容は変わるので、飽きずに楽しむことができるのも嬉しいですね。

 

東京ドイツ村の観光情報

 

住所:千葉県袖ケ浦市永吉419

マップ: Googleマップ

アクセス:姉崎袖ヶ浦ICより車で3分

営業時間:

9:30〜17:00
イルミネーション期間は9:30〜20:00

電話番号:0438-60-5511

 

7. 久留里城

 

 

久留里城は、千葉県の君津市にあるお城です。

室町時代に上総武田氏の武田信長によって建てられました。

 

久留里城を築城してから、三日に一度の割合で雨が降り続いたことから、「雨城」とも呼ばれています。

 

久留里城は「ちば眺望100景」にも選ばれているので、久留里城に行った際は天守閣を目指しましょう。

 

車で行った場合、駐車場から本丸までの標高差は90mにもなります。

傾斜もかなりきつく、坂のスタート地点に杖が準備されているほどなので、途中で休憩しながら登るのが良いでしょう。

 

幸い、道の途中には久留里城の歴史にまつわることやお城の構造などに関する看板が多くあります。

休憩がてら看板を読みながら、ゆっくり登るのがおすすめです。

 

天守閣はさほど大きいものではありませんが、周りに高いものがないので、景色はとても開けていて綺麗です。

千葉の田園風景が広がり、千葉が農業県だということを実感するようなのどかな景色が広がっています。

 

 

久留里は名水の町としても有名です。

この地域独特の方法である「上総掘り」によって掘られた井戸は、現在でも200箇所もの井戸があります。

 

久留里の水は地下層を通り濾過された水が湧き出ており、「平成の名水百選」にも選ばれています。

今でも多くの人が久留里の水を求めて大きな容器を抱えて訪れるほどです。

 

久留里駅前など水汲み場となっているところもあるので、久留里に行く際はペットボトルなど、水を汲んで持って帰れるものを準備すると良いでしょう。

 

久留里城の観光情報

 

住所:千葉県君津市久保2ー13ー1

マップ: Googleマップ

アクセス:君津ICより車で25分

営業時間:9:30〜16:30

電話番号:0439-27-3478

 

8. 市原ぞうの国

 

 

「色々な動物と触れ合いたい!」という方におすすめなのが、「市原ぞうの国」です。

千葉県市原市にある動物たちと触れ合いができる動物園で、東京ドームよりも大きい敷地となっています。

 

名前に「ぞう」という名前が入っている通り、市原ぞうの国ではぞうの飼育をメインとして行っていて、その数は12頭と日本最多の飼育数です。

中には2005年に公開された映画「星になった少年」のモデルとなった「ランディ」もいます。

 

市原ぞうの国の特徴は、なんと言ってもぞうとの距離が近いこと。

ぞうは体が大きく危険な動物ですが、ここにはぞうの飼育のプロが集まっており、ぞうに近づくことができます。

 

象さえ近づいてきてくれれば、檻に入っているぞうに触れることもできます。

 

市原ぞうの国に行った際に必見なのが、園内のぞうを総動員して1日2回行われるぞうのショーです。

10頭を超えるぞうが集結して行うパフォーマンスは迫力満点。

 

パフォーマンスの内容は、タンバリンを鳴らしたり2本のフラフープを回したり、サッカーをしてみたり、終始ぞうの頭の良さに驚かされます。

 

そしてこのパフォーマンスの一番の見せ場は、ぞうのゆめ花・りり香によるお絵描きです。

その物珍しさにテレビにも度々取り上げらますが、想像以上に絵が上手く驚きます。

 

 

ショーの終わりには、ぞうに乗ることができる「ぞうさんライド」や、ぞうの鼻にぶら下がることができる「ぞうさんリフト」などのアトラクションもあります。

 

園内は坂が多く、山道のような道が多くあるため、お出かけの際はスニーカーで行くのがおすすめ。

ベビーカーなどの移動は大変なので気を付けてください。

 

市原ぞうの国の観光情報

 

住所:千葉県市原市山小川937

マップ: Googleマップ

アクセス:

市原鶴舞ICより車で20分
市原鶴舞バスターミナルよりバスで10分

営業時間:10:00〜16:00

休園日:木曜日

入園料:

大人2000円
小人900円

電話番号:0436-88-3001


 

東京都心から手軽に行ける千葉フォルニアは、SNS映えするから近年話題のスポットとなっています。

木更津の観光エリアがすぐ近くにあるので、観光やショッピングと合わせて千葉フォルニアに足を運んでみてください。

 

※合わせて読みたい:  都心から1時間以内!木更津のおすすめ観光スポットを紹介


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(799)
北海道・東北(53)
  北海道(29)
  青森(3)
  岩手(2)
  宮城(12)
  秋田(1)
  山形(4)
  福島(2)
関東(331)
  埼玉(12)
  千葉(30)
  東京(192)
  神奈川(65)
  茨城(8)
  栃木(11)
  群馬(6)
  山梨(7)
甲信越・北陸・東海(105)
  長野(14)
  新潟(9)
  富山(3)
  石川(16)
  福井(2)
  岐阜(11)
  静岡(31)
  愛知(12)
  三重(7)
近畿(118)
  滋賀(7)
  京都(53)
  大阪(31)
  兵庫(15)
  奈良(8)
  和歌山(4)
中国・四国(51)
  鳥取(3)
  島根(5)
  岡山(8)
  広島(15)
  山口(3)
  徳島(4)
  香川(7)
  愛媛(4)
  高知(2)
九州・沖縄(95)
  福岡(16)
  佐賀(2)
  長崎(7)
  熊本(10)
  大分(12)
  宮崎(4)
  鹿児島(13)
  沖縄(31)

国外エリア一覧

東南アジア(28)
ヨーロッパ(100)
東アジア・中国・台湾(23)
南アジア・インド・ネパール(6)
中近東(7)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(11)
オセアニア(12)
アフリカ(7)
北米(21)
中南米(12)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(672)
イベント情報(379)
ショッピング・買い物・お土産(568)
遊園地・テーマパーク(591)
ビジネス・出張(198)
ロケ地、舞台(213)
世界遺産(190)
乗り物・交通・アクセス(817)
宿・旅館・ホテル(227)
旅行準備(470)
歴史・豆知識(1008)
温泉・スパ(190)
絶景(578)
聖地巡礼(38)
観光旅行(1014)
食事・グルメ(659)
おすすめ/ランキング(888)
デート(777)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(442)
ツアー/旅程(254)
海水浴場・ビーチ・リゾート(78)
日帰り旅(99)
1泊2日(72)
寺院・神社・教会(102)
パワースポット(38)
ファミリー(168)
1人旅(164)
雨の日(30)
モデルコース(13)
メーカー/ブランド(8)

人気記事ランキング