logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 青森

青森の観光名所10選!青森旅行に行くなら欠かせない人気観光地を厳選





有名な観光地は一通り行って、次はどこにしようかと迷っている方にお勧めなのが青森です。
ほとんどの人が「りんごの県でしょ」と鼻で笑う本州最北のこの地域には、まだ全国的にしられていないような絶景や美味が山のようにあります。

りんご以外にもにんにくやいかなど日本で一番の食材もあれば、郷土料理であるせんべい汁はB1グランプリで金賞をとったこともつい数年前です。

どうせ北に行くなら北海道という方も、ぜひ一度青森に足を運ぶことをおススメします。

行ったことがない県ランキング1位「青森県」

 

白地図を渡されて「青森県ってどこ?」と聞かれたら、日本人ならほぼ間違いなく答えられるかと思います。

しかし、2016年に発表された「行ったことないランキング」では、なんと堂々の1位。

りんごやねぶたなど、有名なものが多いものの本州の最北端という遠さがネックになるようですね。

そんな青森にはまだよく知られていないみどころがいっぱい。

知らずに後悔する前に、是非この記事をきっかけに青森の魅力について知って下さい。

 

豊かな自然や伝統が色濃くのこる青森

 

雄大な自然と豊富な風土が残る青森は、四季折々に表情を変える景観や、雪国だからこそ見れる幻想的な風景が多く存在します。

また、3方を海に囲まれた特異な地形から海に関するスポットも数多くあり、山と海を同時に楽しめるお得な県でもあるんです。

食をとってもよく知られているリンゴのほかにも、全国1位の生産高や水揚げ高を誇る食材があります。

今回はそんな青森の、見たら行きたくなる魅力のスポット10選を3ページに分けてご紹介します。

 

目次:青森の旅行・観光スポット

 

1ページ目 :

 

津軽(青森・弘前・黒石・つがる・五所川原)エリア

 

【津軽】青森の観光名所1:ねぶたの家 ワ・ラッセ

【津軽】青森の観光名所2:青森県立美術館

【津軽】青森の観光名所3:浅虫水族館

【津軽】青森の観光名所4:弘前公園

 

2ページ目 :

 

下北(むつ・下北群)エリア

 

【下北】青森の観光名所5:恐山

【下北】青森の観光名所6:仏ヶ浦

【下北】青森の観光名所7:尻屋崎

 

南部(八戸・十和田・上北群・三戸・三沢)エリア

 

【南部】青森の観光名所8:種差海岸

【南部】青森の観光名所9:八食センター

【南部】青森の観光名所10:奥入瀬渓流

次の旅行先は青森に!

 


【津軽】 青森の観光名所1:ねぶたの家 ワ・ラッセ

 

 

青森に古くから伝えられ、1980年には重要無形民俗文化財に選ばれたねぶた祭り。

TVやポスターなどで目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

「ねぶたの家 ワ・ラッセ」はそんなねぶた祭りの歴史や魅力を伝え、体験してもらおうと2011年に建てられた文化観光交流施設です。

 

ねぶたの家 ワ・ラッセには何が展示されているの?

 

 

2階まで吹き抜けたになった広いスペースにその年、お祭りで使われた5体の大型ねぶたが常時展示されています。

2階の「ねぶたミュージアム」では、ねぶたの魅力がより深く伝わるよう歴史が紹介され、ねぶたが作られている行程や、これまでの扱われてきた題材に関しても解説されていて、学びの場としても使われます。

食事処やお土産ショップもあるので、観光の途中に一休みするにはうってつけのスポットですね。

 

ねぶたの家 ワ・ラッセの基本情報

 

名称 : ねぶたの家 ワ・ラッセ

住所 : 〒030-0803 青森市安方1-1-1

アクセス : JR青森駅から徒歩1分

電話番号 : 017-752-1311

休館日 : 12月31日、1月1日

営業時間 : 5月~8月 AM 9:00 ~ PM 7:00 9月~4月 AM 9:00 ~ PM 6:00

料金 :

大人 600円 団体料金(10名以上)540円
高校生 450円 団体料金(10名以上)400円
小・中学生 250円 団体料金(10名以上)220円

注意点 : 8月9日、10日は展示ねぶた総入れ替えの為、ねぶたホール・ねぶたミュージアムはお休み、ショップアイモリー、お食事処魚っ喰いの田は通常営業です。

公式URL : http://www.nebuta.jp/warasse/

 

 

【津軽】青森の観光名所2:青森県立美術館

 

musium1

 

穏やかな表情で佇む、真っ白で巨大な「あおもり犬」。

いろんなメディアで目にしたことがある人も多いかと思いますが、実は青森の美術館にあるんです。

青森県出身の画家、彫刻家である奈良美智さんが制作した高さ8.5mの大作です。

行った際には是非、一緒に記念撮影してくださいね。

 

青森県立美術館は外観からも美しい

 

 

美術館自体が隣接する山内丸山遺跡にをイメージして作られた独創的なデザインになっており、建物自体が大きなアートとして人々の興味を引いています。

その他にも20世紀を代表する画家・シャガールによる大作「アレコ」も常設されており、これ目当てで訪れる方もいるほどです。

 

青森県立美術館にアート以外の魅力はあるの?

 

 

館内のカフェ「4匹の猫」では、その時の企画展示に合わせ、青森の食材を使ったオシャレで美味しい食事が頂けます。

「津軽鶏と青森産りんごのカレーライス」やりんごのパイなど、青森の美味しいが詰め込まれた素敵なカフェです。

芸術家・山内文夫画伯が描いた絵本仕立てのメニューも見ものですよ。

 

青森県立美術館の基本情報

 

名称 : 青森県立美術館

住所 : 〒038-0021 青森市安田字近野185

アクセス :

JR新青森駅からルートバスねぶたん号で約10分
青森駅から青森市営バスで約20分

電話番号 : 017-783-3000

休館日 :

毎月第2、第4月曜日 (この日が祝日の場合は、その翌日)
年末(平成28年度は12月29日から12月31日まで)

営業時間 :

10月1日 - 5月31日 9:30 - 17:00 (入館は16:30まで)
6月1日 - 9月30日 9:00 - 18:00 (入館は17:30まで)

料金 :

一般 510円 団体 (20名以上) 410円
大学生・高校生 300円 団体 (20名以上) 240円
中学生・小学生 100円 団体 (20名以上) 80円

カフェの営業時間 :

6月1日 - 9月30日 10:30 - 17:00 (16:30ラストオーダー)
10月1日 - 5月31日 10:30 - 16:30 (16:00ラストオーダー)

公式URL : http://www.aomori-museum.jp/ja/

 

 


【津軽】青森の観光名所3:浅虫水族館

 

asamusi
Photo credit: __U___ via Visualhunt / CC BY

 

東北地方で最も大きく、本州で最も北に位置する浅虫水族館。

青森県だけでなく、世界の珍しい生き物たちは約500種類以上展示しています。

海の生きものが好きという方には、特に行って欲しいスポットですね。

 

浅虫水族館には地元の海を再現した海底トンネルが

 

 

2015年にリニューアルして作った海底トンネルは地元の豊かな海を再現したものとなっており、本当に海中散歩を楽しんでいるかのような感覚になります。

水深4m、長さ15mのこのトンネルは地元のむつ湾の海を再現しており、身近な魚をはじめとした25種類の生物2700匹が泳ぐ様子を楽しめます。

養殖の様子も上手く表現しており、普段目にすることのない養殖用の網を横や下から覗くのは普段はできない体験です。

 

浅虫水族館の一番の見どころは?

 

 

水族館の目玉となるのはもちろんイルカのショー。

ダイナミックのショーや鮮やかなコンビネーションの芸はもちろん、イルカたちが歌う様子はなかなかお目にかかれない芸当です。

4つの異なる声で歌うかわいいイルカ達の歌声を是非生で聞いてみてください。

 

青森県営浅虫水族館の基本情報

 

名称 : 青森県営浅虫水族館

住所 : 青森県青森市大字浅虫字馬場山1-25

アクセス :

青森道「青森東IC」より国道4号経由(15分)
青森駅〜(55分)〜浅虫温泉駅下車。浅虫温泉駅より徒歩10分
新青森駅〜(60分)〜浅虫温泉駅下車。浅虫温泉駅より徒歩10分
青森空港よりタクシーで40分

電話番号 : 017-752-3377

定休日 : 年中無休(年末、年始も休まず営業)

営業時間 :

9:00~17:00(入館は16:30まで)
※5月3・4・5日    8:30~18:00
※8月1~13日     9:00~18:00
※8月14・15・16日  8:30~18:00
※8月17~28日    9:00~18:00

料金 :

大人・高校生 1020円 イルカパフォーマンス終了後 710円
小・中学生 510円 イルカパフォーマンス終了後 360円
※団体割引あり
※イルカパフォーマンス終了後の料金は、最終パフォーマンス開始10分後からのものになります。

公式URL : http://asamushi-aqua.com/

 

 

【津軽】青森の観光名所4:弘前公園

 

castle
Photo credit: t-mizo via Visualhunt / CC BY

 

花見の名所として全国的にも有名な弘前公園。

散った桜が川をピンクに染める景色は、様々なメディアで取り上げられ、全国から多くの花見客が弘前公園に集まります。

是非桜の季節に一度は足を運んでみてください。

 

弘前公園に日本最古の桜が咲き乱れる

 

 

ただ桜が多いというだけでなく、弘前公園には日本最古のソメイヨシノや本最大幹周のソメイヨシノが存在し、春になると一斉に公園全体を染め上げるのです。

弘前公園からは岩木山も望めるので、弘前城と桜と山が一度に映る景色を観に、遠方からも人が訪れるのも納得です。

日本人なら桜好きでなくも一度は見て欲しい景色の一つです。

 

弘前公園といったら東北地方唯一の天守閣「弘前城」

 

 

東北地方で唯一、江戸時代の天守閣が残されている弘前城。

公園内には、当時の櫓や門が多数そのまま残されており、それぞれが国の重要文化財に指定されています。

小説家の司馬遼太郎はこの弘前城を「日本七名城」の一つとして数えていました。

 

弘前公園の基本情報

 

名称 : 弘前公園

住所 : 〒036-8356 青森県弘前市下白銀町1

アクセス :

弘前駅・バスターミナルから徒歩約20分
弘前駅前→土手町循環100円バスで約10分

電話番号 : 0172-33-8739(弘前市商工観光部公園緑地課)

定休日 : 4月1日~11月23日 期間中無休(弘前城)

営業時間 : 9:00~17:00(弘前城)

料金 :

弘前城本丸・北の郭の1日入園券
大人(高校生以上) 310円
子供(小・中学生) 100円

公式URL : http://www.hirosakipark.jp/


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(103)
北海道・東北(13)
  北海道(5)
  宮城(3)
  山形(1)
  岩手(1)
  福島(1)
  秋田(1)
  青森(1)
関東(27)
  千葉(4)
  埼玉(2)
  山梨(1)
  東京(8)
  栃木(1)
  神奈川(8)
  群馬(2)
  茨城(1)
甲信越・北陸・東海(18)
  三重(2)
  富山(1)
  愛知(3)
  新潟(3)
  石川(2)
  福井(1)
  長野(3)
  静岡(3)
近畿(16)
  京都(4)
  兵庫(3)
  和歌山(1)
  大阪(5)
  奈良(1)
  滋賀(2)
中国・四国(12)
  山口(2)
  岡山(2)
  島根(1)
  広島(2)
  徳島(1)
  愛媛(1)
  香川(1)
  高知(1)
  鳥取(1)
九州・沖縄(12)
  大分(1)
  宮崎(1)
  沖縄(6)
  熊本(1)
  福岡(1)
  長崎(1)
  鹿児島(1)

国外エリア一覧

東南アジア(12)
ヨーロッパ(13)
東アジア・中国・台湾(5)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(2)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(4)
オセアニア(3)
アフリカ(1)
北米(5)
中南米(1)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(92)
イベント情報(89)
ショッピング・買い物・お土産(86)
シーン別(124)
ビジネス・出張(49)
マナー(41)
ロケ地、舞台(63)
世界遺産(39)
乗り物・交通・アクセス(122)
宿・旅館・ホテル(56)
旅行準備(91)
歴史・豆知識(138)
温泉・スパ(48)
絶景(114)
聖地巡礼(13)
観光旅行(157)
言語・役立ちフレーズ(9)
食事・グルメ(114)
ランキング(32)
デート(87)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(37)
ツアー/旅程(1)

人気記事ランキング