logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 埼玉

【あの花】アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の聖地巡礼!埼玉県秩父の巡礼スポット7選





「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(以下、あの花)は、2011年にアニメ放映、2013年に映画化、そして2015年にドラマにて実写化された超人気アニメです。

そんなあの花の舞台となった埼玉県の秩父に潜入し、ファンなら誰もが知っているアニメの有名シーンのモデルとなった場所に行ってきました。

本記事ではおすすめのあの花聖地巡礼スポットを7つご紹介しますので、超平和バスターズになりきったつもりで見てくださいね!

※一部ネタバレもございますので、あらかじめご了承くださいませ。

【あの花の聖地巡礼:目次】

 

あの花聖地巡礼スポットの所在地マップ

あの花ってどういうアニメなの?

あの花のキャラクターについて知りたい!

宿海 仁太 (やどみ じんた):じんたん

本間 芽衣子 (ほんま めいこ):めんま

安城 鳴子 (あんじょう なるこ):あなる

松雪 集 (まつゆき あつむ):ゆきあつ

鶴見 知利子 (つるみ ちりこ):つるこ

久川 鉄道 (ひさかわ てつどう):ぽっぽ

あの花の聖地巡礼ってどういうこと?

あの花の聖地巡礼スポット①:秩父橋

あの花の聖地巡礼スポット②:秩父橋横の階段

あの花の聖地巡礼スポット③:定林寺

あの花の聖地巡礼スポット④:けやき公園

あの花の聖地巡礼スポット⑤:秩父鉄道線路沿い

あの花の聖地巡礼スポット⑥ :羊山公園

あの花の聖地巡礼スポット⑦:秘密基地

あの花のおすすめグッズ

あの花のDVD

あの花のコスプレグッズ

あの花の音楽、BGM

動画配信サービスならあの花をはじめアニメが見放題!

TSUTAYA DISCAS

U-NEXT

あの花の聖地巡礼:さいごに

アニメ好きにおすすめの関連記事

あの花以外でおすすめのアニメ聖地巡礼記事

 

 

あの花聖地巡礼スポットの所在地マップ

 

 


あの花ってどういうアニメなの?

 

あらすじとしては下記のような物語となっています。

 

小学生の頃、宿海仁太(じんたん)、本間芽衣子(めんま)、安城鳴子(あなる)、松雪集(ゆきあつ)、鶴見知利子(つるこ)、久川鉄道(ぽっぽ)の6人は、超平和バスターズという仲良しグループを結成し、毎日のように秘密基地で遊ぶほどの関係でした。

 

しかし、突然のめんまの死をきっかけに、それぞれがめんまに対する後悔や未練を抱えながら、 超平和バスターズの関係はバラバラになってしまいます。

 

その後、高校受験に失敗して引きこもりになってしまったじんたんの前に、亡くなったはずのめんまが突如として現れます。

めんまを成仏させるために、じんたん率いる超平和バスターズのメンバーたちが再集結し、熱い友情を見せながら奮起する感動の物語です。

 

アニメ制作の舞台となった埼玉県の秩父市には、あの花にちなんだグッズがたくさん売られていたり置いてあったりします。

 

下記は超平和バスターズの写真です。

左からぽっぽ、じんたん、ゆきあつ、めんま、つるこ、あなるとなっています。

 

超平和バスターズ:ぽっぽ、じんたん、ゆきあつ、めんま、つるこ、あなる

 

 

あの花のキャラクターについて知りたい!

 

まずは、あの花に出てくるメインキャラクターたちである超平和バスターズのメンバーをご紹介します。

ほぼこの6人しか出てこないので、どういうキャラクターかを把握しておけば、よりあの花の世界観に浸かることができますよ!

既にアニメを見ている方は改めての確認のために、まだ見ていない方は予習のために見てみてください。

 

宿海 仁太 (やどみ じんた):じんたん

 

じんたん
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」 (c)ANOHANA PROJECT

 

4月16日生まれ、血液型はB型で好きな色は赤。身長165cm、体重55kg。

秩父市立緑ヶ丘第三中学校卒。いつも「自由」「地底人」「長ネギ」など、独特の文字が書いてあるTシャツを着ているのが特長的です。

 

あの花の主人公であり、超平和バスターズのリーダーでもあります。

幼い頃はみんなのリーダー的存在でしたが、「めんまの死」をきっかけに拭えないほどの深い傷を心に負ってしまいます。

 

それに加え、最愛の母親である「宿海塔子の死」や高校受験の失敗も重なり、自らの心を完全に閉じて引きこもり、外界との接触を完全に絶った生活を送るようになります。

じんたんが家で引きこもってゲームをしていた際、突如として死んだはずのめんまが眼前に現れ、自分の前にめんまが現れるということはまだ生きているうちにやり残したことがあるから成仏ができないと考えるようになる。

そして、引きこもりを克服し、超平和バスターズのメンバーを招集して、リーダーシップを発揮しながらめんまを成仏させるために奮起していきます。

 

じんたんの声優は入野自由(いりのみゆ)が担当しています。

有名どころとして2001年に公開された宮崎駿作品である「千と千尋の神隠し」のハク役を演じたことでも知られています。

アニメ以外でも大人気ゲーム「キングダムハーツシリーズ」では主人公のソラの声優として活躍していました。

これまで数々の人気キャラクターの声優を務めてきた大ベテランです。

 

 

本間 芽衣子 (ほんま めいこ):めんま

 

めんま
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」 (c)ANOHANA PROJECT

 

9月18日生まれ、血液型はA型で好きな色は白。身長147cm、体重36kg。

あの花の主人公ですが、幼い頃、夏の日差しがまだ強いときに、超平和バスターズのみんなで集まって遊んでいた際、川に転落して亡くなってしまう。

 

ロシア人の母イレーヌから受け継がれた銀髪と肌の白さを併せ持つ、クオーターの女の子です。

その容貌からか、幼い頃は誰にも相手にされませんでした。

 

しかし、それを見かねたじんたんがめんまに声を掛けたのをきっかけに、めんまはじんたんを含む超平和バスターズのメンバーと仲良く遊ぶ日々を過ごすことになります。

 

事故死してから改めてじんたんの前に姿を現した理由は「何か願い事があったから」。

それにも関わらず、めんまは大事な願い事の内容が何か忘れてしまっていました。

めんまの願い事を叶えれば、めんまが成仏できると信じて、亡くなったはずのめんまを改めて加えて超平和バスターズが動き出します。

 

めんまの声優は茅野愛衣(かやのあい)が担当しています。

「かやのん」の愛称で親しまれている声優さんです。

かやのんにとって、めんまは初めてのヒロイン役でした。

それにも関わらず、あまりにもめんまの声がハマっていて、筆者はファンになりました。

聞いているだけで癒される声をされています。

あの花を起点として一躍有名な声優となりました。

 

 

安城 鳴子 (あんじょう なるこ):あなる

 

あなる
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」 (c)ANOHANA PROJECT

 

山羊座、血液型はA型。身長164cm。

じんたんと同じく、市立緑ヶ丘高校に通っています。

 

幼い頃はメガネをかけていて、ものすごく地味な子だったのですが、高校に入学してからはいわゆる「高校デビュー」をしていて、見た目がだいぶ派手になっています。少しギャルちっくですね。

子供の頃によくやっていた「ノケモン」というポケットモンスターのようなゲームが大好きで、高校生になってもゲーム好きは変わらずゲームショップでアルバイトをしています。

 

小さい頃は見た目が地味でコンプレックスの塊で、自分とは正反対のめんまに嫉妬心を抱いていました。

また、自分の発言がきっかけで、めんまは事故死してしまったのではないかと自己嫌悪にも陥っています。

ずっと心を寄せていたじんたんが好きなめんまに嫉妬心を持ちながらも、伝え切れなかった想いを勇気を振り絞ってじんたんに伝えようとします。

 

あなるの声優は戸松遥(とまつはるか)が担当しています。

愛称はいくつかあり、「とまっちゃん」「はるちゃん」「ハルカス」などと呼ばれています。

スタジオジブリの作品に出たいという想いで声優を志しました。

あの花のあなる以外に有名な作品で「ソードアートオンライン(SAO)」のアスナ役として出演しています。

 

 

松雪 集 (まつゆき あつむ):ゆきあつ

 

ゆきあつ
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」 (c)ANOHANA PROJECT

 

身長181cm、体重68kg。

じんたんの第一志望であった王大付属高校に通っています。

 

学業の成績が学年2位で頭が良く、長身で顔もイケメンなため校内の女子には非常にモテる男です。

どのぐらいモテるかというと、ゆきあつが図書室にいるとき、女の子たちがゆきあつのことを携帯で隠し撮りするほど。

 

幼い頃からめんまのことを気にかけており、めんまが好きなじんたんに対しては陰ながら対抗心を抱いています。

複雑な感情が交錯する中で、突然めんまの格好をして女装をしたりもしています。

 

あなると同じく、自分の言動がきっかけとなりめんまが事故死したのではないかと思っており、片思いをしているということも相まって、あなるには同類意識を感じています。

なお、あの花の企画段階では、ゆきあつは「怪我で挫折を経験した野球少年」という設定だったらしいです。

作中では一切使われておらず、ボツとなっています。

 

ゆきあつの声優は櫻井孝宏(さくらいたかひろ)が担当しています。

普段からメガネをかけていますが、視力はなんと2.0もあるので伊達メガネということがわかっています。

あの花以外には「コードギアス 反逆のルルーシュ」の枢木スザクを演じたことでも話題となりました。

その他、数々のアニメ作品に登場している大ベテランの声優さんです。

 

 

鶴見 知利子 (つるみ ちりこ):つるこ

 

つるこ
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」 (c)ANOHANA PROJECT

 

身長170cm。趣味は読書で、性格はだいぶ大人びています。

ゆきあつと同じ、王大付属高校に通っています。

 

学業の成績は学年4位で優秀なのですが、ゆきあつに負けていることを気にしていて、追いつくためにも陰ながら勉強を頑張っています。

一見、周りに対してはそっけないふりをしていてあまり関心がないように見えますが、実は心の中ではすごく気にかけていたりと、自分の感情を表に出すことが得意な方ではありません。

 

ゆきあつと一緒にいる期間も長くひそかに好意を寄せているが、ゆきあつが好きなめんまには勝てないと思っており、ゆきあつに対して好意を見せることをしません。

幼い頃から絵が描くのが好きで、高校生になったときでも、スケッチブックに超平和バスターズのメンバー全員を描いたりしています。

 

つるこの声優は早見沙織(はやみさおり)が担当しています。

声優として活動するのと同時に、アニメの主題歌やキャラクターソングも担当したりしています。

非常に歌唱力があるため、声優だけではなく歌手デビューもファンからは期待され、2015年にはアーティストデビューを飾っています。

 

 

久川 鉄道 (ひさかわ てつどう):ぽっぽ

 

ぽっぽ
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」 (c)ANOHANA PROJECT

 

身長185cm。作中ではいつもアロハシャツを着ています。

産経新聞のアルバイトをしており、よく原付に乗っています。

 

幼い頃は体が小さく、一人前として周囲から扱ってもらえませんでしたが、超平和バスターズが高校進学する頃には人一倍体が大きくなっており、幼い時のぽっぽの名残はほとんどありません。

 

高校には進学することはせず、アルバイトで稼いだお金で世界中を旅して回っていました。

日本においては、超平和バスターズで使っていた秘密基地を家にして暮らしています。

 

めんまの死に対しては、そんなに罪を感じていないように振舞っていますが、めんまの事故現場の第一発見者であるものの、恐怖心を感じて現場から逃げたことに罪意識は感じています。

 

その罪悪感を払拭するための現実逃避期間として、世界中を回ったりしていました。

誰よりも人懐っこく、メンバー全員の弟分的存在です。

 

ぽっぽの声優は近藤孝行(こんどうたかゆき)が担当しています。

あの花以外には「テニスの王子様」の大石秀一郎などのメインキャラクターを務めています。

ちなみに、幼少期のぽっぽの声優は「 けいおん! 」で平沢唯の声優を担当していた豊崎愛生(とよさきあき)です。

 

 


あの花の聖地巡礼ってどういうこと?

 

元々の言葉の意味は、宗教において重要な意味を持つ聖地に赴くことを指します。

その意味が転じて、アニメ、漫画、ドラマ、映画、小説などの舞台となった場所に赴くことを聖地巡礼と言うようになりました。

 

今回は、あの花の聖地巡礼なので、あの花の舞台になった埼玉県の秩父市に赴くことを聖地巡礼と言います。

実際に舞台となった場所に赴き、各名シーンなどを想起し再現してみたり、友達とストーリーを元に話し合ったり、楽しい時間を過ごすことができますよ。

 

 

あの花のストーリーや超平和バスターズを中心としてキャラクターの紹介をしてきました。

次からは、いよいよ本記事の主旨でもある聖地巡礼に移っていきましょう。

今回は大きく7つのシーンを、現地に行った際の写真とアニメの画像を比較しつつ記載していきます。

 

 

あの花の聖地巡礼スポット①:秩父橋

 

あの花一番の名スポットといっても過言ではない、この秩父橋。

アニメでは象徴的な場所として、何度も登場してきています。

 

以下、アニメの画像と筆者が実際に撮った写真を比較していきます。

比較しやすいように、上がアニメ画像、下が筆者の写真という順番で本記事ではご紹介していきます。

 

あの花:秩父橋(アニメ)
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」 (c)ANOHANA PROJECT

 

あの花:秩父橋1(実写)

 

あの花の聖地巡礼を始めるのであれば、まずはここから行ってみましょう!

 

オープニングやポスターでも取り上げられていた場所なので、見たことのある方も多いと思います。

アニメでは、じんたんがめんまをおんぶしながら走っていたり、ぽっぽが原付で通っていたり、じんたんとあなるが歩いていたりと描写も数多く出てきました。

 

現在では埼玉県の指定有形文化財に認定されています。

あの花のシーンに出てきた場所として見るのも楽しいですが、秩父橋から見える景色は物凄く綺麗です!

 

あの花:秩父橋2(実写)

 

是非、足を止めて周囲の風景も撮影してみてください。

 

<秩父橋の聖地巡礼情報>

 

バスで行かれる場合

 

西武秩父駅から直接行く場合、バスが便利です。

秩父駅のバスロータリーから「小鹿野車庫・栗尾行き」のバスに乗車をして、「秩父橋」にて下車をしてください。

「秩父橋」のバス停から秩父橋までは徒歩3分程度で、バスの料金は170円です。

 

バスの乗車時間は15分程度ですので、気軽に行くことができるでしょう。

ただし、バスの本数は1時間に2本ほどしかございませんので、予め時間を確認した上で乗るようにしてください。

 

自転車で行かれる場合

 

西武秩父駅付近には、秩父観光情報館があり、ここでレンタサイクルを利用することが可能です。

西武秩父駅から秩父橋までは自転車で20分~25分程度です。

 

ただし、秩父橋付近には自転車の駐輪場がございませんので、ご注意ください。

個人的にはバスを利用した方が良いかと思います。

 

秩父観光情報館

 

住所:埼玉県秩父市野坂町1-16-15 (西武秩父駅前)

開館時間:9時~17時30分 (4月~10月)、9時~17時 (11月~3月)

休館日:年末年始 (12月29日~1月3日)

TEL:0494-21-2277、FAX:0494-21-2278

 

 


あの花の聖地巡礼スポット②:秩父橋横の階段

 

①でご紹介した秩父橋に隣接している階段です。

こちらは劇場版あの花のポスターにも起用されたので、秩父橋に行った際には是非立ち寄ってほしいところです。

 

あの花:秩父橋横の階段(アニメ)
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」 (c)ANOHANA PROJECT

 

あの花:秩父橋横の階段(実写)

 

劇場版のあの花では、じんたんとめんまが小学生のときにノケモンをやっていたシーンにも使用されています。

その際、テレビシリーズでは描かれなかっためんまの心情が描写されているので名シーンとも言えますよね。

 

めんまが叶えたかった願いとは、じんたんの母親である塔子が叶えたかった願いなのです。それは、「じんたんを泣かすこと」。

塔子が入院して衰弱していく現実を受け止め、じんたんは見栄を張り強くあり続けようとしたため、どんな状況下でも泣くことはありませんでした。

そのため、塔子は気を張っているじんたんが泣かないのを心配していた、それを聞いて、めんまは「じんたんを泣かす」と塔子に約束するのです。

 

めんまがこの世に再び現れた理由は「じんたんのお母さんである塔子の願いを叶えるため。」なのです。

そして、この階段はじんたんがめんまにある「約束」をした場所なのです。

 

小学生のある日、めんまは国語の宿題のために考えた「ノケモン外人」の話をじんたんにしていました。

その内容とは、ノケモン=中には入れない人と、外人=外にいる人は意味が同じだということ。また、めんまはノケモンで外人だということ。

ここでめんまがノケモンで外人で言った背景とは、ノケモン=みんなの輪の中に入れない人、外人=めんまはロシアのクオーターからきています。

 

続けてめんまは、ノケモンで外人だから、これからは犬小屋で暮らそうかなと発言します。

それを受けて、じんたんは「お前には秘密基地があるじゃん」と、めんまの居場所を指し示してくれています。本当じんたんはかっこいいです!

 

めんまの生前のこのじんたんの言葉も相まって、めんまは「だから、きっとめんま、じんたんのところに来たんだね」と劇中で語っています。

 

<秩父橋横の階段の聖地巡礼情報>

 

※あの花の聖地巡礼スポット①:秩父橋に同じ

 

 

あの花の聖地巡礼スポット③:定林寺

 

あの花の劇中には何度も登場してきた場所です。

お坊さんのパネルが実際にあったりと、リアルとアニメの区別はさほどありません。

 

あの花:定林寺(アニメ)
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」 (c)ANOHANA PROJECT

 

あの花:定林寺(実写)

 

幼い頃、超平和バスターズのメンバー全員でかくれんぼをしていた有名なシーンです。

印象的なのが、じんたんとめんまは隠れてお堂の中に入って、みんなに見つかりそうなときに2人で走ってお堂から出てきたことですよね。

 

また、超平和バスターズのメンバーが高校生の年代になったときに、この場所でめんまに対する想いをメンバーそれぞれが暴露した場所としても有名です。

そのシーンで、泣きじゃくるあなるの付けまつ毛が取れてたのはクスッと笑えますよね。

同時に、めんまに対してだけではなく、メンバー全員が幼い頃呼び合っていたあだ名(じんたん、あなる、ゆきあつ、つるこ、ぽっぽ)で呼び合うようになったのもその時です。

 

また、その際にぽっぽが隠れていた鐘も実在します。

 

あの花:定林寺の鐘(実写)

 

あの花に登場したこともあって、たくさんの聖地巡礼に来てる方達で賑わっています。

また、境内の絵馬掛けはあの花柄になっており、お気に入りのキャラクターの絵馬で願掛けをすることが可能です。

 

あの花:定林寺の絵馬掛け(実写)

 

<定林寺の聖地巡礼情報>

 

住所:〒368-0025 埼玉県秩父市桜木町21-3

秩父線秩父駅から約1km(徒歩約15分)です。

西武秩父駅から秩父線秩父駅を通る路線バス利用もできます。

「小鹿野車庫」「栗尾」行のうちの相生町経由のバスと、「和銅黒谷駅」行のバスが通ります。「所17番入口」下車で徒歩4分です。

 

※「小鹿野車庫」「栗尾」行のうち、市立病院経由のバスに乗った場合は、「西小学校前」下車です。秩父駅方向に少し戻ると17番の看板があります。

※車の場合は、秩父市立病院通りからが入りやすいです。西小学校そばに看板があるので、東に入ります。坂を上がっていくと左に参道入口がありますが、そのまま通り過ぎるとすぐ左側に駐車場があります。

 

 


あの花の聖地巡礼スポット④:けやき公園

 

ここは、定林寺に隣接しているため、定林寺とセットで足を運ぶと良いと思います。

けやき公園のベンチは、アニメの第3話でじんたんが腰をかけていた青いベンチがあります。

 

あの花:けやき公園の青いベンチに座るじんたん(アニメ)
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」 (c)ANOHANA PROJECT

 

あの花:けやき公園の青いベンチ(実写)

 

この青いベンチに腰をかけ左手を見てみると、なんとあのシーンの場所が!

あなるとゆきあつが付き合う!?ところを目の当たりにしたつるこのシーンです。

 

あの花:けやき公園であなるとゆきあつが付き合いそうになるのを目の当たりにするつるこ(アニメ)
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」 (c)ANOHANA PROJECT

 

あの花:けやき公園(実写)

 

<けやき公園の聖地巡礼情報>

 

住所:埼玉県秩父市相生町11-18

アクセス:秩父線秩父駅から徒歩約15分

電話番号:0494-27-7331

 

 

あの花の聖地巡礼スポット⑤:秩父鉄道線路沿い

 

あの花:秩父鉄道線路沿いのじんたんとめんま(アニメ)
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」 (c)ANOHANA PROJECT

 

あの花:秩父鉄道線路沿い(実写)

 

決して、めんまのように裸足で塀の上を登るようなことはしないでください。

また、実際の写真の後方にはシンシアという看板が見えますが、これはアニメでもちゃんと写っています。

 

あの花:秩父鉄道線路沿いのめんま(アニメ)
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」 (c)ANOHANA PROJECT

 

あの花のシーンとは関係ないですが、線路沿いは情緒ある町並みになっています。

 

あの花:秩父鉄道の線路(実写)

 

<西武線秩父駅の聖地巡礼情報>

 

所在地:〒368-0033 埼玉県秩父市野坂町1-16-15

電話番号: (0494)22-2459

営業時間:特急券うりば 7:00~20:00

 

 


あの花の聖地巡礼スポット⑥ :羊山公園

 

あの花のオープニングをよく見ていた人なら誰しもがわかるこの名シーン。

ぽっぽが羊山公園の柵に腰掛け、秩父の町並みを見下ろしています。

 

ぽっぽの小話をさせてもらうと、ぽっぽがいつも胸にかけている袋がありますが、その中身は「めんまが事故死した場所に咲いていた花」を詰めて入れてあります。

おそらく、この花が「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」というタイトルにも用いられていると思われます。

ぽっぽはめんまの事故死を一番最初に見つけたメンバーですが、あまりの恐怖心におびえ、事故現場に咲いていた花を持ってその場から逃げてしまうのです。

 

以下の筆者の写真のように、ぽっぽの真似をして同じところに座って写真を撮ってもらう人が多いです。

 

あの花:羊山公園から秩父の風景を眺めるぽっぽ(アニメ)
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」 (c)ANOHANA PROJECT

 

あの花:羊山公園から秩父の風景を眺める(実写)

 

羊山公園の柵に腰を下ろして見る秩父の町並みは、何とも言えないほど綺麗でした。

ついつい時間も忘れそうになってしまいます。

 

<羊山公園の聖地巡礼情報>

 

電車で行かれる場合

 

西武鉄道横瀬駅から徒歩約1.4km、西武秩父駅から徒歩約1.5km

秩父鉄道御花畑駅(芝桜駅)から徒歩約1.5km

 

自動車で行かれる場合

 

関越自動車道花園ICから国道140号、皆野寄居バイパス利用約25km

圏央道狭山日高ICから国道299号を約39km

カーナビへの入力は秩父市大宮6360

※芝桜まつり期間中、羊山公園内の駐車場が満車となる場合があります。満車の際は周辺の臨時駐車場をご案内される場合がございますがご了承ください。

 

バスで行かれる場合

 

秩父駅経由は帰りのみとなります。

 

注意

 

芝桜の開花期間中は、大変な交通渋滞が予想されますので、公共交通機関をご利用頂いた方が良いと思われます。

 

 

あの花の聖地巡礼スポット⑦:秘密基地

 

あの花で何より重要な役割を担っている場所は、間違いなくこの秘密基地です。

超平和バスターズの秘密基地として、メンバーたちの想いがここで錯綜していました。

 

秘密基地へは、秩父の山を登っていくと辿り着けます。

※場所については諸説ございますので、本当に秘密基地の舞台となったか定かではありません。

 

あの花:秘密基地に繋がる道(実写)

 

山道を登っていくと、いよいよ秘密基地が見えてきました。

 

あの花:秘密基地(アニメ)
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」 (c)ANOHANA PROJECT

 

あの花:秘密基地(実写)

 

見た目はだいぶ似ていますね。しかし、これまただいぶ辺鄙なところにありました。

アニメの中では、一番象徴的に描かれている場所だと思います。

 

めんまが事故死する直前にこの秘密基地で「じんたんを泣かすための計画」が実行されたり、幽霊となって現れためんまのお別れ会を開催したり、めんま亡き後に超平和バスターズのみんなでかくれんぼをしたり。

 

また、秘密基地の中には「超平和バスターズ」と掘っているところがありましたが、物語の終盤ではめんまがこの文字に「はずっと仲良し」を書き足しています。合わせて「超平和バスターズはずっと仲良し」です。

 

じんたんのお母さんの願いを叶えるために、再びこの世に現れためんまですが、おそらく、めんま自身の願いは上記の言葉通り「超平和バスターズがずっと仲良しでいること」だったということでしょう。

 

こちらの秘密基地かもしれない場所については、秘密基地にしておくために場所は伏せておきます。

その他にもあの花の秘密基地だと言われている場所はありますので、信じるか信じないかはあなた次第です。

 

 

さて、ここまではあの花の聖地巡礼スポットをご紹介してきましたが、最後にあの花に関連するおすすめグッズをまとめていきます。

予習としてのアイテムや、より聖地巡礼するときに超平和バスターズになりきれるグッズまで幅広くご紹介しますよ。

これからあの花を観ようと思っている方も必見です。

 

 

あの花のおすすめグッズ

 

あの花の聖地巡礼スポットを見て、ファンなら「いつでもあの花を観れる状態でいたい」と思う方も少なくないはず。

特にあの花のシーズンの夏なんかにはみんなでアニメ鑑賞会なんていうのも良いですよね。

ここでは、あの花好きにはたまらないグッズをご紹介していきますので、是非ともチェックしてみてください!

 

あの花のDVD

 

あの花の超平和バスターズメンバーにいつでも会えるのが、このDVDです!

筆者が聖地巡礼した際は、巡礼前日にあの花のDVDを観て気持ちを高めていました。

まだあの花を観ていないという方も、1クール(11話まで)の長くない作品ですので、気合があれば1日で見切ることもできちゃいます。

 

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』コンプリートDVD-BOX1(1〜5話 125分)

 

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』コンプリートDVD-BOX1(6〜11話 150分)

 

あの花のアニメをコンプリートした人には、あの花の劇場版もおすすめです!

ここで内容に深くは触れませんが、映画の半分はこれまで(アニメ版)の総集編で、後半はそれからの展開といった流れです。

超平和バスターズのじんたんをはじめ、それぞれのメンバーがメンマが亡くなってからどういう気持ちで生きてきたのかが繊細に描かれています。

アニメ版では語られなかった細かいメンバーたちの心情が描かれていて、より感情移入しやすくなる作品となっていますよ。

ハンカチを用意した上で鑑賞してください。

 

劇場版『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』

 

 

 

あの花のコスプレグッズ

 

あの花のDVDの次は、よりキャラになりきれるコスプレグッズのご紹介です!

聖地巡礼のときに来ていくと、かなりテンションが上がること間違いなし。

 

じんたんの地底人Tシャツ

 

じんたんがいつも着ているあの赤いTシャツが実は販売されています。

筆者はこのTシャツを来てじんたんになりきりながらあの花の聖地巡礼をしました。

お手軽にキャラになりきれる便利グッズです。

 

めんまの白ワンピース

 

こちらもお馴染み、めんまが身に付けている純白のワンピースです。

じんたんと一緒に男女でコスプレできたら楽しいですね。

 

あの花の音楽、BGM

 

DVDも観て予習ばっちり、コスプレグッズも購入して巡礼準備ばっちり。

ただ、まだ大事なものが抜けていますよね。そうです音楽です!

あの花の雰囲気を最大限に味わうために、作中で使用されている音楽もいつでも聴けるようにしておきたいものです。

 

アニメ版『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』エンディングテーマ:secret base ~君がくれたもの~

 

元々はアーティストであるZONEの名曲ですが、あの花ではめんま・あなる・つるこの声優さんがカバーをして歌っています。

ZONEとはまた違った良さが出ていて、3人が奏でる絶妙なハーモニーがたまりません!

 

 

『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』オリジナルサウンドトラック

 

作中で使用されているサウンドが集約されたものです。

筆者的には、あの花の回想シーンで度々使用される「last train home ~ still far」が切ない曲調でおすすめ!

 

 

動画配信サービスならあの花をはじめアニメが見放題!

 

これまであの花の舞台や聖地巡礼について記載してきました。

しかし、中にはまだあの花を観たことがない方や、これからあの花を観ようと思っている方もいらっしゃると思います。

そんな時には、あの花をはじめアニメは動画配信サービスで観るのがおすすめです。

 

DVDを借りると貸し借りの手間や料金が都度かかってきます。

また、著作権違反であの花のアニメを違法にアップしているアニメ無料サイトなどが数多くあり、無料であの花が観られるから良いと思う人もいるかもしれません。

しかし、違法サイトには怪しい広告があったりウイルスに感染したり、ユーザーの不利益になることもあるので使用はおすすめしません。

何より、あの花のアニメ制作陣が身を粉にして作った綺麗な映像美を見れないケースが非常に多く、動画の画素数が荒いという問題があります。

 

それらをすべてクリアした上で、クリーンにあの花をはじめアニメ全般を視聴をするときに便利なのが動画配信サービスです。

動画配信サービスは月額制で、なおかつ初月がお試しとして無料のところが多いです。

そのため、最初の一ヶ月お試しで動画配信サービスに登録をしてみて、やっぱり使いづらいから辞めるということも可能ですよ。

あの花だけ観たいという方は、あの花のアニメやアニメ映画だけを一ヶ月以内に見終えて辞めればお金はかかりません。

一口に動画配信サービスと多くの種類がありますので、ここではおすすめの動画配信サービスをピックアップしていきます。

 

※各動画視聴(VOD)サービスでご紹介する作品は執筆次点での配信作品です。現在は配信停止している場合がございます。最新の配信作品は各サービスの詳細ページよりご確認下さい。

 

TSUTAYA DISCAS

 

費用:月額933円(税抜)

無料お試し期間:30日 ※お試し期間中に解約をすれば、費用は一切かかりません。

アニメ作品数:40,000本以上、アニメ以外45,000本以上

 

あの花以外にも、とにかく作品数が圧倒的!

観たいアニメがたくさんあってどうしようもないという人にはおすすめの動画配信サービスです。

HD画質ですし、様々なデバイスに対応していますし、ネット環境が悪くてもスムーズに再生できますし、ダウンロードだってすることができます。

月額933円というのもお手頃ですよね。

TSUTAYAでアニメを借りたら1,000円を超えることなんてざらにありますから、コスパは良いと言えるでしょう。

ちなみに、アニメだけではなくTSUTAYAでレンタルできるものであればほぼ何でも観ることができます。

 

TSUTAYA DISCASで観ることのできる主なアニメ作品

 

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。/GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊/PSYCHO-PASS サイコパス/僕だけがいない街/四月は君の嘘/響け!ユーフォニアム/ワンピース/アルドノア・ゼロ/アイドルマスター/東京喰種トーキョーグール etc...

 

TSUTAYA DISCASでアニメを無料視聴する

 

U-NEXT

 

費用:月額1,990円(税抜)

無料お試し期間:31日 ※お試し期間中に解約をすれば、費用は一切かかりません。

アニメ作品数:2,600本以上、アニメ以外110,000本以上

 

アニメ作品の数はTSUTAYA DISCAS未満ですが、アニメ作品以上に映画やドラマが豊富な動画配信サービスです。

趣味程度にあの花をはじめとしたアニメは嗜むけれども、どちらかというと映画・ドラマなど幅広く観たいと言う方にはおすすめです。

成人向けコンテンツが充実している点は、男性にも嬉しい特典と言えるかもしれません。

 

U-NEXT で観ることのできる主なアニメ作品

 

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。/TARI TARI/花咲くいろは/みなみけ/ラブライブ!/はたらく魔王さま!/ワンピース/コードギアス 反逆のルルーシュ/BLACK LAGOON/化物語 etc...

 

U-NEXTでアニメを無料視聴する

 

あの花の聖地巡礼:さいごに

 

本記事ではあの花の聖地巡礼スポットやあの花のおすすめ関連グッズをご紹介してきました。

あの花の聖地巡礼をするなら、間違いなく今回ご紹介した①から⑦のスポットを周れば最低限は押さえられると思います。

また、あの花のおすすめグッズも用意して完全に好きなキャラになりきって巡礼したいものです。

 

是非、超平和バスターズになりきって、1人でも複数人でもわいわい聖地巡礼をお楽しみください。

聖地巡礼なんてしたことない!なんていう人も、せっかくこの記事を見て頂けたのであれば、お時間あるときに足を運んでみてください。

 

それでは、また聖地巡礼関係の記事は書きたいと思いますので、次回をお楽しみにして頂ければと思います!

 

 

アニメ好きにおすすめの関連記事

 

おすすめアニメ総まとめ!恋愛、バトル、ロボット、ファンタジーまで人気アニメとアニメ映画をジャンル別に厳選

アニメ映画総まとめ!おすすめのアニメ映画を青春、ファンタジー、アクション、恋愛、ロボットなどのジャンル別にご紹介

 

 

あの花以外でおすすめのアニメ聖地巡礼記事

 

流行語にも選ばれた「聖地巡礼」!聖地巡礼すべきおすすめアニメまとめ

『君の名は。』の舞台となった東京・長野・岐阜を聖地巡礼してきた

【聖地巡礼】けいおんの舞台になった!滋賀県の「旧豊郷小学校」に行ってみよう!

【聖地巡礼】時かけの舞台になった!東京都の素敵な巡礼スポット3選


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(118)
北海道・東北(14)
  北海道(6)
  宮城(3)
  山形(1)
  岩手(1)
  福島(1)
  秋田(1)
  青森(1)
関東(32)
  千葉(4)
  埼玉(3)
  山梨(3)
  東京(10)
  栃木(1)
  神奈川(8)
  群馬(2)
  茨城(1)
甲信越・北陸・東海(18)
  三重(2)
  富山(1)
  愛知(3)
  新潟(3)
  石川(2)
  福井(1)
  長野(3)
  静岡(3)
近畿(19)
  京都(5)
  兵庫(4)
  和歌山(1)
  大阪(6)
  奈良(1)
  滋賀(2)
中国・四国(12)
  山口(2)
  岡山(2)
  島根(1)
  広島(2)
  徳島(1)
  愛媛(1)
  香川(1)
  高知(1)
  鳥取(1)
九州・沖縄(12)
  大分(1)
  宮崎(1)
  沖縄(6)
  熊本(1)
  福岡(1)
  長崎(1)
  鹿児島(1)

国外エリア一覧

東南アジア(12)
ヨーロッパ(13)
東アジア・中国・台湾(5)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(2)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(4)
オセアニア(3)
アフリカ(1)
北米(5)
中南米(1)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(102)
イベント情報(100)
ショッピング・買い物・お土産(94)
シーン別(138)
ビジネス・出張(52)
マナー(45)
ロケ地、舞台(69)
世界遺産(40)
乗り物・交通・アクセス(136)
宿・旅館・ホテル(60)
旅行準備(103)
歴史・豆知識(150)
温泉・スパ(52)
絶景(124)
聖地巡礼(15)
観光旅行(171)
言語・役立ちフレーズ(9)
食事・グルメ(122)
ランキング(43)
デート(101)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(40)
ツアー/旅程(6)
海水浴場・ビーチ・リゾート(6)

人気記事ランキング