logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 埼玉

【聖地巡礼】あの花の舞台!埼玉県秩父の巡礼スポット7選





「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(以下、あの花)は、2011年にアニメ放映、2013年に映画化、そして2015年にドラマにて実写化された超人気アニメです。

そんなあの花の舞台となった埼玉県の秩父に潜入し、ファンなら誰もが知っているアニメの有名シーンのモデルとなった場所に行ってきました。

本記事ではおすすめのあの花聖地巡礼スポットを7つご紹介しますので、超平和バスターズになりきったつもりで見てくださいね!

※一部ネタバレもございますので、あらかじめご了承くださいませ。

あの花ってどういうアニメなの?

 

あらすじとしては下記のような物語となっています。

 

小学生の頃、宿海仁太(じんたん)、本間芽衣子(めんま)、安城鳴子(あなる)、松雪集(ゆきあつ)、鶴見知利子(つるこ)、久川鉄道(ぽっぽ)の6人は、超平和バスターズという仲良しグループを結成し、毎日のように秘密基地で遊ぶほどの関係でした。

 

しかし、突然のめんまの死をきっかけに、それぞれがめんまに対する後悔や未練を抱えながら、 超平和バスターズの関係はバラバラになってしまいます。

 

その後、高校受験に失敗して引きこもりになってしまったじんたんの前に、亡くなったはずのめんまが突如として現れます。

めんまを成仏させるために、じんたん率いる超平和バスターズのメンバーたちが再集結し、熱い友情を見せながら奮起する感動の物語です。

 

アニメ制作の舞台となった埼玉県の秩父市には、あの花にちなんだグッズがたくさん売られていたり置いてあったりします。

 

下記は超平和バスターズの写真です。

左からぽっぽ、じんたん、ゆきあつ、めんま、つるこ、あなるとなっています。

 

 

超平和バスターズ:ぽっぽ、じんたん、ゆきあつ、めんま、つるこ、あなる

 

あの花のキャラクターについて知りたい!

 

まずは、あの花に出てくるメインキャラクターたちである超平和バスターズのメンバーをご紹介します。

ほぼこの6人しか出てこないので、どういうキャラクターかを把握しておけば、よりあの花の世界観に浸かることができますよ!

既にアニメを見ている方は改めての確認のために、まだ見ていない方は予習のために見てみてください。

 

宿海 仁太 (やどみ じんた):じんたん

 

じんたん
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」 (c)ANOHANA PROJECT

 

4月16日生まれ、血液型はB型で好きな色は赤。身長165cm、体重55kg。

秩父市立緑ヶ丘第三中学校卒。いつも「自由」「地底人」「長ネギ」など、独特の文字が書いてあるTシャツを着ているのが特長的です。

 

あの花の主人公であり、超平和バスターズのリーダーでもあります。

幼い頃はみんなのリーダー的存在でしたが、「めんまの死」をきっかけに拭えないほどの深い傷を心に負ってしまいます。

 

それに加え、最愛の母親である「宿海塔子の死」や高校受験の失敗も重なり、自らの心を完全に閉じて引きこもり、外界との接触を完全に絶った生活を送るようになります。

じんたんが家で引きこもってゲームをしていた際、突如として死んだはずのめんまが眼前に現れ、自分の前にめんまが現れるということはまだ生きているうちにやり残したことがあるから成仏ができないと考えるようになる。

 

そして、引きこもりを克服し、超平和バスターズのメンバーを招集して、リーダーシップを発揮しながらめんまを成仏させるために奮起していきます。

 

本間 芽衣子 (ほんま めいこ):めんま

 

めんま
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」 (c)ANOHANA PROJECT

 

9月18日生まれ、血液型はA型で好きな色は白。身長147cm、体重36kg。

あの花の主人公ですが、幼い頃、夏の日差しがまだ強いときに、超平和バスターズのみんなで集まって遊んでいた際、川に転落して亡くなってしまう。

 

ロシア人の母イレーヌから受け継がれた銀髪と肌の白さを併せ持つ、クオーターの女の子です。

その容貌からか、幼い頃は誰にも相手にされませんでした。

 

しかし、それを見かねたじんたんがめんまに声を掛けたのをきっかけに、めんまはじんたんを含む超平和バスターズのメンバーと仲良く遊ぶ日々を過ごすことになります。

 

事故死してから改めてじんたんの前に姿を現した理由は「何か願い事があったから」。

それにも関わらず、めんまは大事な願い事の内容が何か忘れてしまっていました。

 

めんまの願い事を叶えれば、めんまが成仏できると信じて、亡くなったはずのめんまを改めて加えて超平和バスターズが動き出します。

 

安城 鳴子 (あんじょう なるこ):あなる

 

あなる
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」 (c)ANOHANA PROJECT

 

山羊座、血液型はA型。身長164cm。

じんたんと同じく、市立緑ヶ丘高校に通っています。

 

幼い頃はメガネをかけていて、ものすごく地味な子だったのですが、高校に入学してからはいわゆる「高校デビュー」をしていて、見た目がだいぶ派手になっています。少しギャルちっくですね。

子供の頃によくやっていた「ノケモン」というポケットモンスターのようなゲームが大好きで、高校生になってもゲーム好きは変わらずゲームショップでアルバイトをしています。

 

小さい頃は見た目が地味でコンプレックスの塊で、自分とは正反対のめんまに嫉妬心を抱いていました。

また、自分の発言がきっかけで、めんまは事故死してしまったのではないかと自己嫌悪にも陥っています。

 

ずっと心を寄せていたじんたんが好きなめんまに嫉妬心を持ちながらも、伝え切れなかった想いを勇気を振り絞ってじんたんに伝えようとします。

 

松雪 集 (まつゆき あつむ):ゆきあつ

 

ゆきあつ
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」 (c)ANOHANA PROJECT

 

身長181cm、体重68kg。

じんたんの第一志望であった王大付属高校に通っています。

 

学業の成績が学年2位で頭が良く、長身で顔もイケメンなため校内の女子には非常にモテる男です。

どのぐらいモテるかというと、ゆきあつが図書室にいるとき、女の子たちがゆきあつのことを携帯で隠し撮りするほど。

 

幼い頃からめんまのことを気にかけており、めんまが好きなじんたんに対しては陰ながら対抗心を抱いています。

複雑な感情が交錯する中で、突然めんまの格好をして女装をしたりもしています。

 

あなると同じく、自分の言動がきっかけとなりめんまが事故死したのではないかと思っており、片思いをしているということも相まって、あなるには同類意識を感じています。

 

なお、あの花の企画段階では、ゆきあつは「怪我で挫折を経験した野球少年」という設定だったらしいです。

作中では一切使われておらず、ボツとなっています。

 

鶴見 知利子 (つるみ ちりこ):つるこ

 

つるこ
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」 (c)ANOHANA PROJECT

 

身長170cm。趣味は読書で、性格はだいぶ大人びています。

ゆきあつと同じ、王大付属高校に通っています。

 

学業の成績は学年4位で優秀なのですが、ゆきあつに負けていることを気にしていて、追いつくためにも陰ながら勉強を頑張っています。

一見、周りに対してはそっけないふりをしていてあまり関心がないように見えますが、実は心の中ではすごく気にかけていたりと、自分の感情を表に出すことが得意な方ではありません。

 

ゆきあつと一緒にいる期間も長くひそかに好意を寄せているが、ゆきあつが好きなめんまには勝てないと思っており、ゆきあつに対して好意を見せることをしません。

幼い頃から絵が描くのが好きで、高校生になったときでも、スケッチブックに超平和バスターズのメンバー全員を描いたりしています。

 

久川 鉄道 (ひさかわ てつどう):ぽっぽ

 

ぽっぽ
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」 (c)ANOHANA PROJECT

 

身長185cm。作中ではいつもアロハシャツを着ています。

産経新聞のアルバイトをしており、よく原付に乗っています。

 

幼い頃は体が小さく、一人前として周囲から扱ってもらえませんでしたが、超平和バスターズが高校進学する頃には人一倍体が大きくなっており、幼い時のぽっぽの名残はほとんどありません。

 

高校には進学することはせず、アルバイトで稼いだお金で世界中を旅して回っていました。

日本においては、超平和バスターズで使っていた秘密基地を家にして暮らしています。

 

めんまの死に対しては、そんなに罪を感じていないように振舞っていますが、めんまの事故現場の第一発見者であるものの、恐怖心を感じて現場から逃げたことに罪意識は感じています。

 

その罪悪感を払拭するための現実逃避期間として、世界中を回ったりしていました。

誰よりも人懐っこく、メンバー全員の弟分的存在です。

 

あの花の聖地巡礼ってどういうこと?

 

元々の言葉の意味は、宗教において重要な意味を持つ聖地に赴くことを指します。

その意味が転じて、アニメ、漫画、ドラマ、映画、小説などの舞台となった場所に赴くことを聖地巡礼と言うようになりました。

 

今回は、あの花の聖地巡礼なので、あの花の舞台になった埼玉県の秩父市に赴くことを聖地巡礼と言います。

実際に舞台となった場所に赴き、各名シーンなどを想起し再現してみたり、友達とストーリーを元に話し合ったり、楽しい時間を過ごすことができますよ。

 

 

本ページでは、あの花のストーリーや超平和バスターズを中心としてキャラクターの紹介をしていきました!

次のページからは、本記事の主旨でもある聖地巡礼に移っていきましょう!

今回は大きく7つのシーンを、現地に行った際の写真とアニメの画像を比較しつつ記載していきます。


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(68)
北海道・東北(10)
  北海道(4)
  宮城(2)
  山形(1)
  岩手(1)
  福島(1)
  青森(1)
関東(19)
  千葉(2)
  埼玉(2)
  山梨(1)
  東京(6)
  栃木(1)
  神奈川(5)
  群馬(1)
  茨城(1)
甲信越・北陸・東海(10)
  三重(2)
  富山(1)
  新潟(1)
  石川(2)
  福井(1)
  長野(2)
  静岡(1)
近畿(11)
  京都(3)
  兵庫(3)
  大阪(3)
  滋賀(2)
中国・四国(8)
  山口(2)
  岡山(1)
  島根(1)
  広島(1)
  香川(1)
  高知(1)
  鳥取(1)
九州・沖縄(7)
  宮崎(1)
  沖縄(4)
  長崎(1)
  鹿児島(1)

国外エリア一覧

東南アジア(12)
ヨーロッパ(12)
東アジア・中国・台湾(5)
南アジア・インド・ネパール(0)
中近東(2)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(4)
オセアニア(3)
アフリカ(1)
北米(5)
中南米(1)

タグ一覧

アウトドア(66)
イベント情報(57)
ショッピング・お土産(49)
シーン別(90)
ビジネス・出張(16)
マナー(19)
ロケ地(47)
世界遺産(33)
乗り物・交通(92)
宿・旅館・ホテル(31)
旅行準備(52)
歴史・豆知識(102)
温泉・スパ(27)
絶景(87)
聖地巡礼(11)
観光旅行(116)
言語・役立ちフレーズ(3)
食事・グルメ(74)
ランキング(5)
デート(58)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(11)

人気記事ランキング