logo

top

おしゃれサンダルの決定版! 「ビルケンシュトック」の魅力と定番モデル紹介!





特に夏場、街を歩いていると見ない日はない、というほど定番アイテムのサンダル「BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)」。
カジュアルなファッションにもキレイめファッションにも相性がよく、男性でも女性でも履きこなすことができるというファッション性から、その人気は途絶えることがありません。

また、サンダルとはいえ抜群の履き心地も人気の秘密。
「健康を意識した靴」として、医学的な見地から改良され続けてきたという歴史があります。

本記事ではそんなビルケンシュトックの特徴やおすすめ商品をご紹介します。

【目次】おしゃれサンダルの決定版! 「ビルケンシュトック」の魅力と定番モデル紹介!

 

1. BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)の魅力

<健康を意識した靴>

<コーディネートを選ばない。メンズでもレディースでもOK!>

2. 直営店舗やアウトレットでの展開は?

<アウトレット>

<修理対応>

3. ビルケンシュトックのサイズ感

4. ビルケンシュトックの代表モデル・おすすめ定番カラーをご紹介!

<Arizona(アリゾナ)>

<Milano(ミラノ)>

<Madrid(マドリッド)>

<Gizeh(ギゼ)>

<Zurich(チューリッヒ)>

<Boston(ボストン)>

<EVA製モデル>

 

1. BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)の魅力

 

Birkenstock_11

 

ドイツ生まれのサンダル 「BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)」

ブランドの起源はなんと、1774年までさかのぼります。

シューマイスターのヨハン・アダム・ビルケンシュトックが、国王から「臣王の靴職人」として認可を受けたことにルーツを持つのです。

1700年代といえば、日本では江戸幕府が統治していたころですから、その歴史の長さは驚きですよね。

 

以来、ブランドの起源から240年以上もの間、ドイツ製にこだわって、ハイクオリティなサンダルを作り続けています。

これだけ歴史のあるファッションブランドも珍しいのではないでしょうか。

 

<健康を意識した靴>

 

Birkenstock_16

 

ビルケンシュトックが掲げるのは 「健康を意識した靴」 というコンセプト。

そのコンセプトはブランドの歴史に由来します。

 

1896年、前述のヨハン・アダム・ビルケンシュトックの子孫であるコンラッド・ビルケンシュトックがフランクフルトに初のシューズショップを開店しました。

整形外科医であるカール=ビルケンシュトックも加わり、足病学に関する文献を発表するなど、精力的に医療的な研究を行いました。

そして、ビルケンシュトックはドイツ国内において、医療サンダルや足の矯正シューズメーカーとしての地位を確立します。

 

1963年には、自然と足の筋肉を鍛えられる医療用サンダルとして「Madrid(マドリッド)」を発売。

これがビルケンシュトック初のワンストラップサンダルでした。

以降、1973年には「Arizona(アリゾナ)」を、1978年には「Boston(ボストン)」とニューモデルを展開。

これらのモデルは、発売後半世紀近く経つ今でも販売されている定番アイテムです。

 

<コーディネートを選ばない。メンズでもレディースでもOK!>

 

日本には1980年代に上陸し、カジュアルなファッションとの合わせやすさと、サンダルにもかかわらず歩きやすいことから「コンフォートサンダル」の定番ブランドとして認知されるようになりました。

ビルケンシュトックの魅力は、「コーディネートを選ばない」こと。

例えば、このようなラグジュアリーなよそ行きファッションにも

 

 

また、こんなラフなアメカジファッションにも合うのです。

 

 

もちろん男性でも、このようにとてもおしゃれに履きこなすことができます。

 

 

これらのコーディネートは、インスタグラムにて 「#MyBirkenstock」 にて見ることができます。

世界中からたくさんの方がビルケンシュトックを使ったコーディネートを投稿していますので、ぜひチェックしてみてください。

 

 


2. 直営店舗やアウトレットでの展開は?

 

Birkenstock_13

 

コーディネートを選ばず、サンダルにも関わらずとても歩きやすい というビルケンシュトックの魅力は伝わりましたでしょうか。

 

ビルケンシュトックの販売は、国内の直営店舗やセレクトショップなどの取扱店舗、インターネットショップで行われています。

最も安く購入する方法は、ずばり 「インターネット通販」。

Amazonや楽天などの量販サイトでは、定価より大幅に値引きされて販売しているケースも多いです。

できるだけ安く購入したい方は量販サイトをチェックしてみてください。

 

ただ、「たくさんの種類があってどれを選んだらいいかわからない・・・」「実際に試着して選びたい」という声も多いと思います。

確かに、ビルケンシュトックのサイズ感は独特で、モデルによっても甲の高さなどが微妙に異なってくるため、特に一足目のビルケンシュトックは店舗でフィッティングしてから購入することをオススメします。

 

ビルケンシュトックの直営店舗は、北は 北海道 から南は 沖縄 まで、ショッピングモールや百貨店を中心に全国に展開しています。

その数は全国で69店舗という規模です。

 

<アウトレット>

 

店舗で実物を見たいけれど、やっぱりできるだけ安く購入したいという方にオススメなのがアウトレット。

こちらも全国に12店舗あります。

アウトレットモールに店舗が入っているので、お住まいが近い方はとってもお得です。

ぜひチェックしてみてください。

 

<修理対応>

 

Birkenstock_17

 

ビルケンシュトックは履き続けると、ソールのコルクが自分の足になじみ、購入時より一層履きやすくなってきます。

そんなビルケンシュトックですが、ソールのすり減りやコルク素材がかけてしまったりすることも。

 

せっかく足に馴染んだビルケンシュトックは、使い捨てるのではなく、修理して大切に履き続けてあげるのが◎です。

ビルケンシュトックの修理は直営店舗で受け付けてもらえるので、必要な方は店舗に持ち込んで相談してみましょう。

 

 

3. ビルケンシュトックのサイズ感

 

Birkenstock_14

 

ビルケンシュトックで難しいのが 「サイズ感」

スニーカーサイズと同じサイズを選んでちょうど良いという方もいれば、裸足で履くサンダルなので少し小さめをセレクトするとぴったりという方もいます。

また、ビルケンシュトックの定番モデルは、足幅によってナロー(幅狭)とレギュラーを選択可能。

 

こういったサイズ感は一概にこうとは言えず、正直個人差があるところです。

もちろんジャストフィットを選んだほうが、ビルケンシュトックならではの素晴らしい履き心地を体感できます。

そのため、できる限り店舗で試着して購入するのが◎。

店舗スタッフの方が丁寧に計測してくれますよ♪

 

 


4. ビルケンシュトックの代表モデル・おすすめ定番カラーをご紹介!

 

Birkenstock_15

 

ビルケンシュトックには、いくつかの定番モデルが存在します。

1963年に登場したブランド初のコンフォートサンダルである「マドリッド」を始め、エントリーモデルとして人気の「アリゾナ」、つま先まで覆うデザインの「ボストン」など・・・

ここでは、そんなビルケンシュトックを語る上で外せない代表的なモデルを紹介していきます。

 

なお、見ておわかりの通り、ビルケンシュトックのモデルには世界の都市名が採用されています。

これには、 年齢・性別・人種・国境にとらわれず、世界中のすべての人々に履いてほしい という願いがこめられているとのこと。

こういった背景も、ブランドの魅力の一つですよね♪

 

<Arizona(アリゾナ)>

 

定番モデルの中から、まずは一番人気の 「Arizona(アリゾナ)」 をご紹介します。

ビルケンシュトックといえばこのモデルを思い浮かべる方も多いはず。

フットベッドと2本のベルトが印象的なアリゾナは、ビルケンシュトックの中でも、どんなコーディネートにも合わせやすい万能アイテムとして人気があります。

 

ベルトはさまざまな素材のものがあります。

代表的な素材は、合成皮革 「Birko-Flor(ビルコフロー)」

これは、皮革の風合いや素材感はそのままに、価格が抑えられたものです。

汚れにくくメンテナンスも容易という、ビルケンシュトックが独自開発した素材です。

 

デメリットとしては、天然皮革に比べて寿命が短いこと。

ビルコフローは耐久性に劣るので、メンテナンスをしていても、ひび割れてきてしまうことも・・・。

 

天然皮革やスエード地のものはそれとは逆に、価格は高いです(1.5倍〜2倍程度)。

ただ、きちんとメンテナンスを行うことで長持ちします。

ファッションとしてビルケンシュトックを楽しみたい方はビルコフロー、こまめにメンテナンスをして長く愛していきたいという方は天然皮革やスエード地のものを選ぶと良いでしょう。

 

オススメBIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)<Arizona(アリゾナ)>:「ビルコフロー ホワイト」

 

 

ビルケンシュトックの定番中の定番とも言えるのが、この「アリゾナ」の「ビルコフロー ホワイト」。

オンオフ問わず使いやすく、清潔感のある「ホワイトカラー」が一番人気の理由です。

特に街では、女性の方がオシャレに履きこなしている姿をよく見かけますね。

 

<Milano(ミラノ)>

 

先ほど紹介した「アリゾナ」をベースに、アンクル部分にベルトがついたモデル「Milano(ミラノ)」。

「アリゾナ」に比べて露出部分が減るため、カジュアルになりすぎないのが魅力◎。

オンにもオフにも使いやすい、バランスのとれたアイテムと言えるでしょう。

 

もちろん、かかとにベルトが加わった分、アリゾナに比べてホールド感もUP。

足とフットベッドが離れないため、より良い履き心地を実現しています。

 

オススメBIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)<Milano(ミラノ) >その1:「ビルコフロー ブラック」

 

 

ビルケンシュトックの「ミラノ」のオススメはズバリ「ブラック」。

サンダルながら、足元にボリュームを持たせ、コーディネートに締まりを作ることができます。

また、ハードユースにも汚れにくいのも魅力の一つ。

オンオフ問わず使いたい方には、この「ブラック」がオススメです。

 

オススメBIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)<Milano(ミラノ)>その2:「ビルコフロー ネイビー」

 

 

「ミラノ」のオススメとしてもう一つ紹介しておきたいのが「ネイビー」カラー。

落ち着いたネイビーをベースに、アクセントとして入れられたソールのホワイトカラーが軽さを演出してくれます。

この「ネイビー」、不定期に限定カラーとして登場するため、見つけた方は早めに購入することをオススメします。

 

<Madrid(マドリッド)>

 

前でも紹介しましたが 「Madrid(マドリッド)」 は、ビルケンシュトック初のコンフォートサンダルとして発売されたモデルです。

 

もともとは医療用サンダルとして、足を自然に鍛えることができるアイテムとして発売された「マドリッド」。

そのため、これはビルケンシュトック製品全般に言えることですが、履き始めは足に痛みを感じてしまうことも。

これは普段疎かになってしまっている、足の筋肉が鍛えられている痛みなのです。

そのため、履き始めは短時間履きやソックス履きからはじめ、慣れたら履く時間を伸ばしていくのがオススメの履き方です。

 

オススメBIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)<Madeid(マドリッド)>その1:「ビルコフロー ホワイト」

 

 

ベルトが一本の「マドリッド」はアリゾナに比べてラグジュアリーな印象のモデルです。

そのため、オンでも対応できますが、どちらかというとオフの使用にオススメ。

 

オススメBIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)<Madrid(マドリッド>)その2:「ビルコフロー シルバー」

 

 

「マドリッド」にはたくさんのカラーが存在しますが、女性にオススメなのがこのカラーリング。

休日中心の使用であれば、いっそのこと「シルバー」をチョイスしてみるのはいかがでしょうか。

「マドリッド」のラグジュアリー感をより一層強調してくれ、差し色として、コーディネートを華やかに演出してくれます。

 

<Gizeh(ギゼ)>

 

トング(鼻緒)が印象的な「Gizeh(ギゼ)」は、基本的には裸足での使用を前提としたモデルです。

トングを採用したモデルは他にもありますが、ギゼはその中でも一番人気のアイテム。

細めのT字ベルトがスタイリッシュですよね。

 

オススメBIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)<Gizeh(ギゼ)>:「ビルコフロー ダークブラウン」

 

 

「Gizeh(ギゼ)」 の魅力は、ビーチサンダルのようなシルエットながら高級感があること。

フットベッドが足にフィットするので、ビーチサンダルにありがちな「パタパタ」という音もありませんし、トング部分が痛くなることもありません。

 

<Zurich(チューリッヒ)>

 

足の甲を包み込むベルトが特徴的な 「Zurich(チューリッヒ)」

ベルト部分はさまざまな素材のものがリリースされていますが、中でも定番は高級感のあるスエードレザーを用いたモデルです。

「マドリッド」や「アリゾナ」に採用されている合成皮革「Birko-Flor(ビルコフロー)」とは異なり、天然皮革を採用しているのです(その分価格はどうしても高くなってしまっていますが・・・)。

履き込めば履き込むほど、味が出てきて経年劣化を楽しむことができます。

 

オススメBIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)<Zurich(チューリッヒ)>:「スエードレザー ブラウン」

 

 

チューリッヒのスエードレザーの中では、どんな服にも合わせやすいブラウンがオススメです。

アリゾナなどビルコフローを採用したモデルに比べて5,000円ほど高くなってしまっていますが、経年劣化とともに味が出てくるスエードレザーは、長く愛せるアイテムとしてオススメです。

 

<Boston(ボストン)>

 

「Boston(ボストン)」 は、ぼてっとしたフォルムが印象的な、つま先までスエード地でカバーしたモデル。

露出部分が少ないため「アリゾナ」や「マドリッド」などのモデルと比べて大人っぽく見えます。

また、靴下を履くことで秋冬ファッションにもなじみやすくなっています。

 

オススメBIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)<Boston(ボストン)>:「スエードレザー ブラウン」

 

 

つま先まですっぽり包み込む「ボストン」のカラーリングの中からオススメは、秋冬に使いたい「ブラウン」。

こちらも「チューリッヒ」と同じく革の面積が多く、さらにスエードレザーを採用しているため、「アリゾナ」などに比べ価格は上のモデルになります。

 

<EVA製モデル>

 

ビルケンシュトックといえば長い間コルクのサンダルのみの展開でした。

歩けば歩くほど、コルクのフットベッド(底)が自分の足に馴染んできて、すばらしい履き心地を味わうことができるのですが、コルクには最大の弱点があります。

それは、 雨に弱い ということ。

革のストラップやコルク製のフットベッドが水を吸収し、サンダルの寿命を極端に縮めてしまう原因となってしまうのです。

 

そんな中、近年登場したのが 合成樹脂であるEVA で作られたサンダル。

これなら雨の日も水仕事もガンガン履いていくことができます。

もちろんビルケンシュトックが作ったサンダルですから、履き心地は最高です。

 

定価が4,000円台というリーズナブルな価格設定も嬉しいポイント。

オフィスサンダルやプレゼントとしてもオススメの一品です♪

アリゾナやチューリッヒなどの定番アイテムのEVA製が販売されています。

 

オススメBIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)<EVA>その1:「アリゾナ ホワイト」

 

 

EVAのサンダルでオススメのモデルは「アリゾナ」。

中でも、カラーは夏を思わせる「ホワイト」が、男女問わずオススメです。

清潔感があり、オフのコーディネート用としても、職場での普段使い用としてもどちらでも活躍するアイテム。

「白は汚れるんじゃないの?」という疑問をお持ちの方も多いと思いますが、汚れてもある程度は拭くことでとれるので、そこまで神経質にならずとも大丈夫ですよ。

 

オススメBIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)<EVA>その2:「マドリッド ネイビー」

 

 

4,000円代というリーズナブルさもEVA製ビルケンシュトックの魅力ですよね。

そういった意味では、ちょっとした庭仕事やベランダ仕事の際に、ツッカケ感覚で履きやすい「マドリッド」もオススメ。

定番のホワイト、ブラックの他、レッドやピンク、イエローなどさまざまなカラーがラインナップされていますが、落ち着いていて合わせやすいネイビーがオススメカラーです。

 

 

BIRKENSTOCK (ビルケンシュトック)」についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

240 年を超える長い歴史の中で洗練されたビルケンシュトックのサンダルは、デザインも歩きやすさも他に類を見ない、まさに「おしゃれサンダルの決定版」とも言えます。

カジュアルな夏のスタイルの足元として、またかっちりスタイルのハズしとして・・・さまざまな応用が効くサンダルなので、ワードローブにはぜひ一足持っていたいアイテムです。

 

サンダルということで、夏の使用を想像してしまいがちですが、実はそんなことはなく、秋冬も靴下と合わせることで履きこなすことができます。

まずは裸足でその履き心地を体感して、気づいたら年中離せなくなっている、ビルケンシュトック中毒の方もたくさんいるとか・・・

この記事を読んでサンダルを購入し、ぜひあなたも、快適なビルケンシュトック・ライフを楽しんでください♪


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(361)
北海道・東北(32)
  北海道(18)
  青森(2)
  岩手(2)
  宮城(7)
  秋田(1)
  山形(1)
  福島(1)
関東(119)
  埼玉(7)
  千葉(9)
  東京(62)
  神奈川(26)
  茨城(2)
  栃木(5)
  群馬(4)
  山梨(4)
甲信越・北陸・東海(53)
  長野(10)
  新潟(4)
  富山(2)
  石川(6)
  福井(1)
  岐阜(4)
  静岡(14)
  愛知(7)
  三重(5)
近畿(53)
  滋賀(5)
  京都(13)
  大阪(17)
  兵庫(13)
  奈良(4)
  和歌山(1)
中国・四国(27)
  鳥取(1)
  島根(4)
  岡山(5)
  広島(8)
  山口(2)
  徳島(1)
  香川(3)
  愛媛(1)
  高知(2)
九州・沖縄(49)
  福岡(8)
  佐賀(1)
  長崎(5)
  熊本(7)
  大分(7)
  宮崎(2)
  鹿児島(6)
  沖縄(13)

国外エリア一覧

東南アジア(17)
ヨーロッパ(33)
東アジア・中国・台湾(12)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(4)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(7)
オセアニア(7)
アフリカ(2)
北米(10)
中南米(2)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(338)
イベント情報(279)
ショッピング・買い物・お土産(345)
シーン別(465)
ビジネス・出張(157)
ロケ地、舞台(161)
世界遺産(92)
乗り物・交通・アクセス(423)
宿・旅館・ホテル(148)
旅行準備(361)
歴史・豆知識(484)
温泉・スパ(127)
絶景(308)
聖地巡礼(29)
観光旅行(476)
食事・グルメ(398)
ランキング(382)
デート(390)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(278)
ツアー/旅程(141)
海水浴場・ビーチ・リゾート(44)

人気記事ランキング