logo

top

MoMAにも収蔵されている!?おしゃれコーヒーメーカーの「ケメックス」





コーヒーメーカーの「Chemex(ケメックス)」をご存知ですか?
ガラスで出来たフラスコのような美しい形をしており、ドリッパーとサーバーを兼ねる機能も魅力的なコーヒーメーカーです。

その美しさは非常に高く評価されており、なんとMoMA(ニューヨーク近代美術館)に永久展示されているほど。
本記事では、実に70年以上にもわたりほとんどそのフォルムを変えず愛されてきた、Chemex(ケメックス)をご紹介します。

【目次】MoMAにも収蔵されている!?おしゃれコーヒーメーカーの「ケメックス」

 

おしゃれコーヒードリッパーの最右翼「 CHEMEX(ケメックス)」とは

MoMA(ニューヨーク近代美術館)にも収蔵されたデザイン性の高さが魅力

アウトドアにも映える!グランピングのマストアイテム

ケメックスを使った美味しいコーヒーのドリップ方法

ケメックス本体を湯通しする

ケメックスに専用フィルター、コーヒーをセット

90℃前後のお湯を注ぎ、コーヒー粉を蒸らす

ゆっくり注ぐ(円を描くように)

ゆっくり注ぐ(フィルターの周りに残るコーヒー粉を落とすように)

最後は一気に注ぐ

どのサイズを選ぶ?ケメックスのラインナップ

3カップ

6カップ

ハンドブロウ?マシンブロウ?奥深きケメックスの世界

ヴィンテージ感がたまらない「オールドケメックス」とは?

Fire-King(ファイヤーキング)「Dハンドルマグ ジェダイ」

ケメックスとともに使いたい便利アイテムたち

ケメックス専用フィルター「KONE(コーン)」

ケメックス専用クリーニングブラシ

ケメックスに合うコーヒーメーカー「Chemex Ottomatic 2.0」

 

 


おしゃれコーヒードリッパーの最右翼「 CHEMEX(ケメックス)」とは

 

chemex_21

 

コーヒーメーカー「CHEMEX(ケメックス)」。

そのフラスコのような独特で美しいデザインは、誰もが一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

 

ケメックスの歴史は1941年、ニューヨークまでさかのぼります。

ドイツ人の科学者ピーター・シュラムボーン博士によって作られたこのプロダクトは、そのデザインが高く評価され、現代まで形を変えず愛されています。

 

MoMA(ニューヨーク近代美術館)にも収蔵されたデザイン性の高さが魅力

 

chemex_11

 

ケメックスの最大のポイントとして挙げられるのが「デザイン性の高さ」です。

ガラスの1層構造でできた美しいデザインと、ドリッパー兼サーバーとして使える機能美が魅力的。

イームズ・チェアでおなじみのイームズ夫妻や、日本を代表するデザイナー・柳宗理氏などデザイン界に愛用者が多いことでも知られています。

そのデザイン性は工芸品として高く評価されており、なんとMoMA(ニューヨーク近代美術館)やフィラデルフィア美術館、スミソニアン美術館において、永久展示品として収蔵されているのです。

 

 

アウトドアにも映える!グランピングのマストアイテム

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

新鮮な豆で最高のコーヒーを淹れていただきました😋 いつも粉で持って行くし、1人で淹れる気にもならないので、めっちゃ嬉しかった✨✨✨ ミルでガリガリ挽いてもらい、たっぷりのドリップ🤩美味しゅうございました☕️ 大満足🏕🏕 #カフェ#イナウト#ピクニック#キャンプ #アウトドア#コーヒー#coffee #カフェキャンプ#ヘルスポート#ケメックス #ヘリノックス#シェルコン#hinataoutdoor #ファミキャン#キャンプでブー#camjyo #outdoorstyle#camping#yeti #camphack取材#campzine掲載希望 #ソトシル#外遊び#キャンプ飯 #ソトレシピ#ひなたごはん

Natsuco さん(@cotton200)がシェアした投稿 -

 

先ほどご紹介した通り、ケメックスのウリとして挙げられるのが「デザイン性の高さ」です。

そのデザインは、アウトドアに持ち出しても映えます。

特にアウトドアでもインドアにいるような贅沢な性格を楽しむ「 グランピング・スタイル 」には相性が良く、アイアンやウッドといったギアと合います。

 

アウトドアで、美しいケメックスで淹れたコーヒーを楽しむなんて、最高に贅沢な時間ですよね。

ケメックスをアウトドアで使う際の注意点としては、「割ってしまわないこと」につきます。

全身ガラスで出来たケメックスはお世辞にしても丈夫ではなく、気を付けないと持ち運びなどの際に割ってしまうこともあります。

購入時の箱に入れたり、プチプチのような緩衝材を用意したり、上にものを置かない、落とさないなど最低限の事柄を守って大切に扱いましょう。

 

 


ケメックスを使った美味しいコーヒーのドリップ方法

 

chemex_12

 

HARIO(ハリオ)やKARITA(カリタ)などのドリッパーを見てみると、ドリッパーに溝が付いています。

これは、コーヒー粉とお湯の接地面積を増やす工夫。

コーヒー粉をくぐらずにお湯が落ちてしまうと、十分にコーヒーが抽出されないためです。

 

それに対し、ケメックスはそのフォルムゆえ、ガラスで出来たとてもシンプルな形状。

多少乱暴にお湯を注いでもしっかり味を出してくれるハリオやカリタのものと異なり、丁寧にドリップしないと失敗ということがあります。

ここでは、ケメックスを使った「美味しいコーヒーの淹れ方」をご紹介します。

 

ケメックス本体を湯通しする

 

お湯が湧いたら、サーバー本体、マグカップにお湯を注ぎ、ガラスを温めておきます。

こうすることで、コーヒーをドリップした際や注ぐ際の温度変化が少なくなり、より雑味のないコーヒーが抽出できます。

 

ケメックスに専用フィルター、コーヒーをセット

 

chemex_14

 

ケメックスは専用のコーヒーフィルターを使って抽出します。

このフィルターをセットした様子がまた美しく、ドリップする様子は見とれてしまうほど。

ただ、専用のコーヒーフィルターは高いのが玉にキズです。

 

Chemex(ケメックス)専用フィルター

 

 

90℃前後のお湯を注ぎ、コーヒー粉を蒸らす

 

chemex_15

 

乾いたコーヒー粉にいきなり大量のお湯を注いでも、コーヒーを抽出する前にただお湯が流れ出てしまうことになってしまいます。

コーヒーがお湯に馴染むよう、少量のお湯を注ぎ1分程度蒸らしましょう。

 

ゆっくり注ぐ(円を描くように)

 

chemex_16

 

ドリッパーの中心から円を描くようにゆっくりとお湯を注ぎます。

前述の通り、ケメックスは溝がないドリッパーの形状をしているので、一気にお湯を注ぐとコーヒー粉を十分にくぐらずお湯が流れ出てしまいます。

とにかく「ゆっくり」を意識しましょう。

コーヒーがじわじわと開き、写真のような状態になったら注ぐ手を止め、お湯が落ちるのを待ちます。

 

ゆっくり注ぐ(フィルターの周りに残るコーヒー粉を落とすように)

 

chemex_17

 

お湯がある程度落ちたら、コーヒー粉が周りに残っていると思うので、これを落とすようにお湯を注いでいきます。

 

最後は一気に注ぐ

 

chemex_18

 

十分な量が注げたと感じたら、最後は一気に注いでください。

雑味が残りやすい最後の段階で一気に注ぐことで、コーヒーの雑味を減らすことができます。

 

なお、ケメックスのサーバー部分にはガラスの突起があり、これがお湯を注ぐ際の目安になります。

最初は、ケメックスの容量(3cups、6cups)に対しこの目安までコーヒーを淹れると良いでしょう。

慣れてきたら、好みの濃さや量に調整していくのがおすすめです。

 

 

どのサイズを選ぶ?ケメックスのラインナップ

 

ケメックスは大きく2種類あり、ガラスハンドルのモデルとウッドハンドルのモデルに分かれます。

機能的な違いはほとんどありませんので、デザインの好みによって選ぶと良いでしょう。

 

また、それぞれのケメックスはサイズが3カップ用と6カップ用との2種類用意されています。

これぞケメックス、というフォルムは6カップ用ですが、スリムな3カップ用も「ちょっとコーヒーを飲みたいな」というときにはぴったりのサイズ感で魅力的です。

ここでは、マニアに好まれる「オールドケメックス」もご紹介します。

 

3カップ

 

 

chemex_03
ガラスハンドル: Amazon

 

マグカップ3杯用のケメックスがこちら。

1〜3杯のコーヒーを淹れられる「ちょうどよい」サイズ感が魅力の一品です。

一般的なご家庭で使うのであれば、このサイズが最も使いやすいサイズではないでしょうか。

スマートなフォルムで「シュッとした」印象も、3カップならではと言えます。

 

6カップ

 

 

chemex_04
ガラスハンドル: Amazon

 

ケメックスといえばこのフォルムが定番です。

少しぼってりとしたフォルムはどこか愛らしく、美しさとかわいさのバランスのとれたデザインとなっています。

ただ、6カップは少し多めに感じる方も多く、結局3カップと6カップの2台持ちになってしまうとか。

 

 


ハンドブロウ?マシンブロウ?奥深きケメックスの世界

 

 

近年販売されているケメックスは、機械でガラスの吹付けを行っている「マシンブロウ」と、職人が手作業で吹付けを行っている「ハンドブロウ」との大きく2種類に分かれています。

より好まれるのは、ほんのり青みがかった美しい色合いと丸みを帯びた注ぎ口などが特徴の「ハンドブロウ」タイプ。

ハンドブロウタイプは、マシンブロウタイプの2倍程度の価格差があります。

 

 

ヴィンテージ感がたまらない「オールドケメックス」とは?

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【新着入荷】 こんにちは。 1960年ヴィンテージオールドケメックスCM-1,CM-2入荷しました。 . . ヴィンテージのケメックスは、 滑らかなガラスの質感を持ち、ずっしりとした厚みがあります。 . . オブジェのようなシルエットなので、コーヒーを淹れた後はインテリアになります。 . . 特別なコーヒータイムに、 ぜひ、いかがですか? . . ◎アカシアウッドプレート、ボウル 再入荷しています。 . . ✈︎商品はプロフィールのリンク先より ご覧くださいませ。 . . . _______________________________________ 《イベント出店のお知らせ 》 4/21日(土)22(日)2日間 モリコロパーク(愛•地球博記念公園内) 芝生広場で開催される東海エコフェスタに出店します。 . 時間10:00-16:30 . 今回も器や、カトラリー、雑貨など、 たくさん販売いたします。 . ぜひ、この機会に遊びに来てください。 当店の出店ブースは、エコブースB :29番です。 . . ※実店舗、発送業務はお休みとなります。 何卒よろしくお願いいたします。 . ____________________________________________ . . . #chemex #vintage #オールドケメックス #ヴィンテージ #ハンドブロ #コーヒー #コーヒーメーカー #暮らし #日々の暮らし #名古屋 #名東区 #hasami #ウッドプレート

Anchor Bridgeアンカーブリッジ さん(@anchorbridge)がシェアした投稿 -

 

ケメックスは製造開始以来、基本的なフォルムは変わらないものの、細かな仕様変更がなされています。

主に1941年〜1980年台までに作られたケメックスを「オールドケメックス」といい、ビンテージ好きの間ではプレミアが付いています。

 

ほとんどのオールドケメックスはハンドブロウで作られており、ガラスが分厚くしっかりした造りだったり、微妙な歪みやガラスのゆらぎが見え、それが味となっていたりするのが特徴です。

オールドケメックスは、年代によってはPylex社が製造していたり、現在の生産国であるアメリカではなくMade in Germanyのものもあったりして、ジーンズやランタンのように年代による違いを楽しめるアイテムなのです。

そんな風にしてレアなケメックスを探すのも、ヴィンテージ好きやアンティーク好きにはたまらないでしょう。

 

ちなみに、オールドケメックスには、相性抜群のミルクガラスで出来たマグ「ファイヤーキング」がおすすめです。

ファイヤーキングといえば、定番カラーの「ジェダイ」ですね。

 

Fire-King(ファイヤーキング)「Dハンドルマグ ジェダイ」

 

 

 


ケメックスとともに使いたい便利アイテムたち

 

ケメックスはガラスの本体とネック部分のウッド、ストラップと3つのパーツのみ。

合わせて使わなければならない専用のアイテムといえばフィルターくらいです。

ただ、シンプルゆえ不便に感じてしまう部分があるのも確か。

そう感じる方のために、ここではケメックスと合わせて使いたいアイテムを紹介します。

 

ケメックス専用フィルター「KONE(コーン)」

 

 

アメリカ・ポートランドの「Coava」というコーヒーカンパニーが製造しているケメックス専用ステンレス・コーヒーフィルターが「KONE(コーン)」です。

6カップのケメックスにすっぽりハマるデザインで、細かなメッシュの形状になっており、コーヒー粉を直接注いでドリップすればいいだけ。

バランスよくお湯を通してくれ、紙のフィルターと同じ感覚で使うことができる、地球にやさしいフィルターなのです。

スタイリッシュなデザインはもちろん、ケメックスと同じくMade in USAなのも嬉しいポイント。

 

ケメックス専用クリーニングブラシ

 

 

ケメックスを使ってみるとわかるのですが、「洗うのが意外と難しい」ということ。

特にケメックスの底まではなかなかブラシが届かず、何度かそのまま使っているとコーヒーの茶渋が付いてしまいます。

ブラシなら何でも良いのですが、なんとケメックスから専用のクリーニングブラシが販売されているので、ブラシにもこだわりたいという方はこちらをどうぞ。

柄の部分に入った「CHEMEX」のロゴが嬉しいですね。

 

ケメックスに合うコーヒーメーカー「Chemex Ottomatic 2.0」

 

 

ケメックスといえばハンドドリップとは思いますが、なかなか朝は忙しくコーヒーの準備はマシンに任せたいという方もいるはず。

そんな方におすすめなのが、ケメックスにばっちりサイズが合うコーヒーメーカー「Chemex Ottomatic 2.0」です。

 

コーヒーメーカーと言っても、ケメックスは本体がコーヒードリッパー・コーヒーサーバーを兼ねているので、「Chemex Ottomatic 2.0」の役割はただお湯をまんべんなく行き渡らせることと、下からケメックス本体を温めること。

ただ、面倒なドリップの作業を時短してくれる道具ということもあり、購入すれば重宝するかもしれません。

ケメックス専用ということもあって、デザインが美しいのも嬉しいですね。

 

 

デザイン性がとことん高いコーヒードリッパー・コーヒーサーバー「Chemex(ケメックス)」をご紹介しました。

MoMA(ニューヨーク近代美術館)をはじめ名だたる美術館に永久展示品となっていることにも、驚いた方は多いのではないでしょうか。

シンプルなアイテムながら、70年を越す歴史があったり、ヴィンテージ製品が愛されていたりと奥が深いのも魅力的ですね。

キャンプとの相性も抜群なので、ぜひグランピングに持っていっていただきたいアイテムです。


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(469)
北海道・東北(38)
  北海道(21)
  青森(3)
  岩手(2)
  宮城(7)
  秋田(1)
  山形(3)
  福島(1)
関東(162)
  埼玉(7)
  千葉(11)
  東京(88)
  神奈川(35)
  茨城(4)
  栃木(7)
  群馬(5)
  山梨(5)
甲信越・北陸・東海(71)
  長野(10)
  新潟(7)
  富山(3)
  石川(13)
  福井(1)
  岐阜(5)
  静岡(18)
  愛知(7)
  三重(7)
近畿(72)
  滋賀(7)
  京都(21)
  大阪(21)
  兵庫(15)
  奈良(5)
  和歌山(3)
中国・四国(32)
  鳥取(1)
  島根(5)
  岡山(7)
  広島(8)
  山口(3)
  徳島(2)
  香川(3)
  愛媛(1)
  高知(2)
九州・沖縄(61)
  福岡(9)
  佐賀(2)
  長崎(7)
  熊本(10)
  大分(9)
  宮崎(2)
  鹿児島(8)
  沖縄(14)

国外エリア一覧

東南アジア(18)
ヨーロッパ(43)
東アジア・中国・台湾(18)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(6)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(8)
オセアニア(8)
アフリカ(2)
北米(12)
中南米(2)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(477)
イベント情報(331)
ショッピング・買い物・お土産(445)
ビジネス・出張(163)
ロケ地、舞台(168)
世界遺産(109)
乗り物・交通・アクセス(549)
宿・旅館・ホテル(173)
旅行準備(408)
歴史・豆知識(652)
温泉・スパ(149)
絶景(395)
聖地巡礼(30)
観光旅行(610)
食事・グルメ(502)
ランキング(534)
デート(515)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(400)
ツアー/旅程(201)
海水浴場・ビーチ・リゾート(56)

人気記事ランキング