logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 東京

HAMACHO HOTEL(浜町ホテル)に泊まってみた!アクセスやアメニティからレストランまで総解説





浜町ホテルは、2019年2月に日本橋浜町にオープンしたデザインホテルです。
ブルーノート東京が手がけるレストラン「セッション」や、チョコレート専門店「nel craft chocolate tokyo」が併設されています。

MUJI HOTELも手がけるUDS株式会社が企画・設計を手がけており、外観から客室の隅々までが「ホームメイド」「日本」「モダニズム」をキーワードにデザインされているのが特徴。
ビジネスにも観光にもおすすめできる、居心地と機能性を兼ね備えたホテルです。

【目次】HAMACHO HOTEL(浜町ホテル)に泊まってみた!アクセスやアメニティからレストランまで総解説

 

HAMACHO HOTEL(浜町ホテル)とは

HAMACHO HOTEL(浜町ホテル)へのアクセス

電車で向かう

リムジンバスT-CATで空港までのアクセスするのが便利!

HAMACHO HOTEL(浜町ホテル)の客室の様子

バスルーム

アメニティ

電化製品

客室の小物

ルームウェア

HAMACHO HOTEL(浜町ホテル)内の飲食店

レストラン「ダイニング&バー SESSiON(セッション)」

朝食ブッフェの様子

チョコレート専門店「nel CRAFT CHOCOLATE TOKYO」

ホテルに泊まりながら、浜町という街を楽しむ

予約は公式サイトが安い!

HAMACHO HOTEL(浜町ホテル)の基本情報

 

 


HAMACHO HOTEL(浜町ホテル)とは

 

ロビー

 

2019年2月15日、東京日本橋浜町にオープンしたホテルです。

無印良品のコンセプトホテル・MUJI HOTELや、代々木の複合施設・代々木VILLAGEなどを企画・設計しているUDS株式会社が手がけています。

 

 

HAMACHO HOTEL(浜町ホテル)へのアクセス

 

ホテル外観

 

電車で向かう

 

最寄駅は、都営新宿線「浜町」駅(A2出口)と東京メトロ半蔵門線「水天宮前」駅(5番出口)で、どちらの駅からも徒歩7分程度です。

また、東京メトロ日比谷線「人形町」駅(A2出口)、都営浅草線「人形町」駅(A3出口)で、これらの駅からは徒歩10分ほどかかります。

正直、HAMACHO HOTELは「アクセスがいい!」とは言えませんが、駅から歩いているとのどかな雰囲気があり、たまには都会の中心から少し離れた場所に宿を取るのも良いなと思わせてくれます。

 

リムジンバスT-CATで空港までのアクセスするのが便利!

 

T-CATは、水天宮前の東京エアシティターミナルから出ているリムジンバスで、成田空港・羽田空港まで1本で行くことができます。

HAMACHO HOTEL(浜町ホテル)から東京エアシティターミナルまでは徒歩7分なので、行き帰りのアクセスにおすすめです。

 

筆者も、帰りは朝ホテルでゆっくり朝食を取った後にチェックアウトをし、T-CATで羽田空港に向かいました。

トランクなど荷物が重い場合は駅の乗り換えが大変ですが、リムジンバスであれば預けて空港までいけるので、移動のストレスがなく便利です。

 

東京エアシティターミナル T-CAT

 

住所 : 東京都中央区日本橋箱崎町42番1号

アクセス : 東京メトロ半蔵門線 水天宮前駅 直結

電話番号 :リムジンバス予約・案内センター 03-3665-7220

所要時間 :

成田空港まで 約55分
羽田空港まで 約25分

料金 :

T-CAT~成田空港 大人2,800円 小人(小学生)1,400円
T-CAT~羽田空港 大人820円 小人(小学生)410円
その他、お得な割引については公式サイトをチェックしてください。

公式URL : 東京エアシティターミナル T-CAT

 

 


HAMACHO HOTEL(浜町ホテル)の客室の様子

 

今回は、筆者の宿泊したセミダブルルームをご紹介します。

 

客室のようす

 

HAMACHO HOTEL(浜町ホテル)のセミダブルルームは、木に囲まれた内装が特徴的です。

客室の広さは15m²でコンパクトですが、天井が高いこともあり開放感が感じられます。

 

コンセント

 

ベッドの両脇にはコンセントがあり、スマホの充電に便利です。

 

デスク

 

デスクとチェアがあり、ビジネスで利用する方も作業がしやすく嬉しいポイント。

ノートパソコンを広げて作業してみましたが、なかなか快適でした。

机の上にはコンセントもあります。

テレビ画面が埋め込み式で大きめなのも好印象でした。

 

バスルーム

 

バスルーム

 

こちらはバスルーム。

バスタオルとフェイスタオルは薄めで肌触りがよく、こだわりが感じられました。

 

アメニティ

 

アメニティ

 

下記6点が部屋のバスルームに人数分ありました。

白と黒を基調にしたシンプルなデザインです。

 

  • 歯ブラシ
  • ひげ剃り
  • ボディタオル
  • 綿棒
  • コットン
  • ヘアブラシ

 

スリッパ

 

玄関には使い捨ての茶色いスリッパが置かれています。

その他、下記が無料でレンタルすることができます。

 

  • アイロン
  • ズボンプレッサー

 

電化製品

 

ドライヤー

 

ドライヤーがKOIZUMI(コイズミ)だったり、電気ケトルがデロンギだったり、家電製品にもこだわりが感じられます。

普段ホテルのドライヤーを使用すると髪がパサつく筆者ですが、今回はサラサラに仕上がりました。

こういった細かな違いでも、滞在の快適度が変わってくるのを実感しました。

 

客室の小物

 

部屋の片隅にも、こだわりの品が置かれていました。

 

コップ

 

棚に並んだカップは「"mano'S" cup」。

スウェーデンの有名なデザイナーであるインゲヤード・ローマンと、佐賀県で明治12年から有田焼を作り続けている陶磁器会社の香蘭社によって作られたカップです

HAMACHO HOTEL(浜町ホテル)のすべての客室に青磁(せいじは白にも見えますが、淡い色が入っています)と黒2色のペアで設置されています。

 

レザーケース

 

どこのホテルにも置かれている案内と便箋・ペンも、おしゃれな専用レザーケースに入っていました。

 

ティッシュケース

 

お部屋のティッシュケースも同じ素材で作られています。

ちなみに、この2つのレザーケースは1階ロビーにて販売されています。

 

ルームウェア

 

ルームウェア

 

甚平のようなルームウェアです。

素材は書いていませんでしたが、麻が入っているのかサラサラとした着心地でした。


 

HAMACHO HOTEL(浜町ホテル)内の飲食店

 

レストラン「ダイニング&バー SESSiON(セッション)」

 

レストラン内観

 

HAMACHO HOTELの1階には、ブルーノート・ジャパンがプロデュースするダイニング&バーSESSiON(セッション)があります。

時間帯別に朝食・ランチ・カフェ・ディナーを提供しています。

 

日曜・祝日のみ、ラストオーダーの時間が20:30と早いため注意してください。

今回筆者は日曜の宿泊だったのですが、ラストオーダーの時間を確認していなかったので、ディナーが食べられませんでした...

代わりといってはなんですが、SESSiONの朝食ブッフェをご紹介します。

 

朝食ブッフェの様子

 

朝食はブッフェスタイルで、時間の制限は特にありません。

宿泊予約時に朝食を付けていない場合は、ロビーのカウンターで朝食チケット(1,800円)を購入します。

和食と洋食のコーナーがあり、どちらも好きなだけ食べられます。

 

和食ブッフェ

 

和食のコーナーには、筑前煮やお浸しといったお惣菜、焼き魚、温泉卵、自家製のお豆腐、白米など。

 

醤油ラーメン

 

この日はラーメンもありました。

 

たくさんのパン

 

洋食コーナーには、たくさんのパンが並んでいます。

 

サラダ

 

パンの隣はサラダコーナーになっていました。

ドレッシングはごま、しそ、フレンチの3種類が並びます。

 

朝食

 

今回は、このように和食メインで朝食をいただきました。

惣菜の種類が充実しているのは、ホテルの朝食でも珍しいと思います。

なお、洋食コーナーのスクランブルエッグも美味しくておすすめです。

 

ダイニング&バー SESSiON(セッション)

 

電話番号 : 03-3666-3303

営業時間 :

朝食 7:00〜10:00
ランチ 11:30〜14:00
カフェ 14:00〜17:00
ディナー 17:00〜23:00(月〜土)、17:00〜21:30(日&祝)

公式URL : ダイニング&バー SESSiON(セッション)

 

チョコレート専門店「nel CRAFT CHOCOLATE TOKYO」

 

HAMACHO HOTELの客室に入ると、こんなものが置かれています。

 

チョコレート引換券

 

この「ウェルカムチョコレート 引き換えチケット」はすべての客室に置かれており、これを持って1階のnel CRAFT CHOCOLATE TOKYOに行くと、チョコレートをもらうことができます。

 

チョコレート屋さん

 

カフェも併設されており、自家製のチョコレートを使ったショコラショーやパフェ、プリンなどのスイーツを店内で食べることができます。

 

ボンボンショコラ

 

ボンボンショコラ(1粒350 円〜)は手土産にもおすすめです。

 

nel craft chocolate tokyo

 

電話番号 : 03-5643-7123

定休日 : 不定休

営業時間 : 10:00〜20:00

公式URL : nel craft chocolate tokyo

 

 


ホテルに泊まりながら、浜町という街を楽しむ

 

HAMACHO HOTEL(浜町ホテル)は、浜町というまだあまりメジャーではない街の知名度をあげて、街づくりをするために作られた施設です。

筆者は東京に3年間住んでいましたが、「浜町」という地名を知ったのは、実はこのHAMACHO HOTELがきっかけです。

 

浜町公園

 

「浜町駅」で降りると、まず目に入るのがいっぱいの緑。

駅の真上には「浜町公園」という広い公園があり、子供からお年寄りまで、地域の方が散歩や遊びに来られている様子でした。

 

浜町のまち

 

街はのどかで落ち着きある雰囲気で、日本らしい風情が残っているのを感じました。

また、浜町周辺は飲食店も豊富で、フレンチやお寿司といった高級料理から、カジュアルなカフェ、ラーメン、スイーツまであるので、食べる場所に困ることもなさそうです。

 

予約は公式サイトが安い!

 

公式HPの「宿泊予約」ボタンから予約することができ、こちらは最低価格保証がされています。

今回ご紹介した部屋は「セミダブル」で検索すると出てきます。

浜町ホテルのルーム料金は時期によっても変わってくるので、宿泊予約ページで条件検索をすると出てくる「空室カレンダー」を使って価格をチェックしてください。
 

HAMACHO HOTEL(浜町ホテル)の基本情報

 

住所 : 〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町3-20-2

アクセス :

都営新宿線「浜町」駅(A2出口)徒歩7分
東京メトロ半蔵門線「水天宮前」駅(5番出口)徒歩7分
東京メトロ日比谷線「人形町」駅(A2出口)徒歩10分
都営浅草線「人形町」駅(A3出口)徒歩11分

電話番号 : 03-5643-1811

公式URL : HAMACHO HOTEL(浜町ホテル)


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(469)
北海道・東北(38)
  北海道(21)
  青森(3)
  岩手(2)
  宮城(7)
  秋田(1)
  山形(3)
  福島(1)
関東(162)
  埼玉(7)
  千葉(11)
  東京(88)
  神奈川(35)
  茨城(4)
  栃木(7)
  群馬(5)
  山梨(5)
甲信越・北陸・東海(71)
  長野(10)
  新潟(7)
  富山(3)
  石川(13)
  福井(1)
  岐阜(5)
  静岡(18)
  愛知(7)
  三重(7)
近畿(72)
  滋賀(7)
  京都(21)
  大阪(21)
  兵庫(15)
  奈良(5)
  和歌山(3)
中国・四国(32)
  鳥取(1)
  島根(5)
  岡山(7)
  広島(8)
  山口(3)
  徳島(2)
  香川(3)
  愛媛(1)
  高知(2)
九州・沖縄(61)
  福岡(9)
  佐賀(2)
  長崎(7)
  熊本(10)
  大分(9)
  宮崎(2)
  鹿児島(8)
  沖縄(14)

国外エリア一覧

東南アジア(18)
ヨーロッパ(43)
東アジア・中国・台湾(18)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(6)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(8)
オセアニア(8)
アフリカ(2)
北米(12)
中南米(2)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(477)
イベント情報(331)
ショッピング・買い物・お土産(445)
ビジネス・出張(163)
ロケ地、舞台(168)
世界遺産(109)
乗り物・交通・アクセス(549)
宿・旅館・ホテル(173)
旅行準備(408)
歴史・豆知識(652)
温泉・スパ(149)
絶景(395)
聖地巡礼(30)
観光旅行(610)
食事・グルメ(502)
ランキング(534)
デート(515)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(400)
ツアー/旅程(201)
海水浴場・ビーチ・リゾート(56)

人気記事ランキング