logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 北海道

冬だけじゃない!ニセコを旅行するなら欠かすことのできないおすすめ観光スポット10選!





パウダースノーのスキーリゾートで有名なニセコは、新千歳空港から車で1時間半ほどの距離にある日本有数の観光地。
牧場や工房、公園、アクティビティ施設など人気観光スポットが豊富で、冬だけでなく、秋は紅葉、夏は大自然の中でアクティビティと季節を問わず楽しめます。

動物と触れ合いたいなら「第2有島ダチョウ牧場」でダチョウに直接餌やりを。
ニセコの自然を満喫したいなら「ニセコ グラン・ヒラフ」でゴンドラに乗り山々を高台から観察など。

本記事では、ニセコの中でも本当におすすめできる観光スポットをご紹介します!

【目次】冬だけじゃない!ニセコを旅行するなら欠かすことのできないおすすめ観光スポット10選!

 

<ニセコ町市街・綺羅街道のおすすめ観光スポット>

1. 第2有島ダチョウ牧場

2. 有島記念館

<東山のおすすめ観光スポット>

1. 高橋牧場ミルク工房

2. 東山 花の丘

<アンヌプリ・昆布温泉のおすすめ観光スポット>

1. さかもと公園

2. ニセコアンヌプリ国際スキー場

<羊蹄山周辺のおすすめ観光スポット>

1. ふきだし公園

2. 神仙沼

3. ニセコ グラン・ヒラフ サマーゴンドラ

4. 自然体験グラウンドピュア

 

 


<ニセコ町市街・綺羅街道のおすすめ観光スポット>

 

ニセコ町市街・綺羅街道は、「有島記念館」や「有島第2ダチョウ牧場」があるエリア。

周辺は100年ほど前に有島武郎が所有していた場所して、今でも有島の影響を根強く受けているスポットが多く点在しています。

ここでは、そんなニセコの歴史が詰まったニセコ町市街・綺羅街道のおすすめ観光スポットをご紹介します。

 

1. 第2有島ダチョウ牧場

 

 

「第2有島ダチョウ牧場」では60羽以上のダチョウが飼育されており、広大な敷地を元気に走り回る姿を間近で観察することができます。

牧場は100年前まで有島武郎が所有していた土地でしたが、当時の農民たちの貧困した状況に心を痛めた有島が農地を解放。

 

その後、地元農民らで農業を行い一時は青々とした野菜で埋め尽くされていましたが、岩や急斜面という環境の悪さから少しずつ人々がその地を去りました。

その地に目をつけたのが、こちらの農場のオーナーです。

 

生命力が極めて高いダチョウをこの地に運び入れ、現在のダチョウ牧場を作り上げました。

現在では、こちらで飼育されたダチョウの卵や肉を加工したソーセージなどが販売されています。

 

ダチョウ肉は低タンパク・低カロリー・低脂質で、鳥のささみのようなさっぱりとした味。

スーパーには出回らない貴重なお肉ですので、見つけた際はぜひ購入してみてくださいね♪

ダチョウの卵を利用したどら焼きは、オンラインストアでも購入することができますよ!

 

なお、こちらの牧場では1回100円でダチョウに餌やり体験ができます。

全長約2mにもなるという大きな身体で餌を突く姿は迫力満点!

大きなダチョウに最初は驚いてしまうかもしれませんが、慣れてくるとそのつぶらな瞳がかわいくなってくなってきますよ。

手から直接エサをあげることもできますが、怪我をしてしまうこともあるため、地面にエサを落としてあげましょう。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ニセコだちょう牧場 (@nisekodachobokujo) on

 

また、2018年より「カフェだちょう屋さん」がオープン!

こちらのカフェでは、ダチョウの卵を使った卵焼きやどら焼き、プリンや豆から淹れる美味しいコーヒーなどが提供されています。

ニセコの広大な風景を眺めながらゆったりとしたひと時を過ごすことができますよ♪

 

そして、なんとこちらの施設は入場料無料!

ダチョウは夜でも牧場に放し飼いにされているので、時間が遅くなったとしても見学することは可能です。

看板もなくひっそりと佇む牧場ですので、注意して探してください。

 

第2有島ダチョウ牧場の観光情報

 

 

住所 : 北海道虻田郡ニセコ町豊里239-2

電話番号 : 090-8273-8324

営業時間 : 10:00~16:00※放牧している期間であれば、いつでもダチョウを見ることができます。

料金 : 無料

注意点 : こちらにあるカフェは月によって営業日が異なります。公式ホームページなどをご確認ください。

公式URL : 第2有島ダチョウ牧場

 

 


2. 有島記念館

 

 

「有島記念館」は、有島武郎にまつわる歴史的資料が展示されている記念館です。

有島武郎は生まれは東京ではあるものの、大学から教職時代をこのニセコの地で過ごしています。

 

こちらの記念館は、彼がニセコで行なった農地解放と彼の文学界への功績を讃え、有島武郎の生誕100周年の年に建てられました。

施設内には、有島の生い立ちや彼の短い人生をたどることができる資料はもちろん、ニセコの歴史を物語る貴重な資料が多数展示されています。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by del zono (@delzono) on

 

有島記念館にはブックカフェも併設されています。

ニセコで有名な高野珈琲店とのコラボ店舗で、こだわりコーヒー豆を使用した美味しいコーヒーを提供しています。

有島が著した作品だけでなく、ニセコにまつわる作品も多数置いてあるので、ゆったりと本の世界に浸ることができますよ♪

 

なお、こちらのブックカフェでは、音楽会をはじめ様々な催し物を開催されることもあります。

入場券の半券を提示するとドリンクの100円割引サービスも行われていますので、ぜひ活用してください。

もちろん、カフェのみの利用も可能です。

 

また、ミュージアムショップでは有島武郎が著した有名な「或る女」などの作品や、ニセコの雄大な土地を描いたポストカードも販売されています。

有島記念館でしか販売されていないものも多くありますので、ぜひチェックしてみてください。

 

有島記念館の観光情報

 

 

住所 : 北海道虻田郡ニセコ町字有島57番地

電話番号 :(0136)44-3245

定休日 :毎週月曜及び年始年末

営業時間 :9:00~17:00

料金 :大人 500円 高校生 100円 中学生 無料

公式URL : 有島記念館

 

 

<東山のおすすめ観光スポット>

 

東山は、高橋牧場を中心としたエリアです。

高橋牧場直営の「高橋牧場ミルク工房」や牧場に隣接する「東山 花の丘」など、ニセコの自然を満喫することができるスポットがたくさんあります。

高橋ミルク工房では搾りたての牛乳を使用して、ソフトクリーム作り体験も行うことができますので、ぜひチャレンジしてみてください。

 


1. 高橋牧場ミルク工房

 

 

「高橋牧場ミルク工房」は、隣接する高橋牧場直営の施設。

髙橋牧場でその日の朝にとれた、搾りたての牛乳を使用した商品を数多く販売しています。

 

添加物をできるだけ使用せず、誰でも安心して食べることができるように作られているこちらのスイーツは、優しい甘さでとても人気があります。

シュークリームやロールケーキ、カステラなど様々なスイーツが販売されていますが、中でも人気なのが”ソフトクリーム”!

スッキリとした甘さのソフトクリームで、濃厚ながら後味はさっぱりとしていて食べやすいです。

 

 

また、こちらの施設では「アイスクリーム作り体験」をすることができます。

前日までに予約をすれば、3歳以上のお子様なら誰でも参加可能!

販売されているものと味は同じですが、自分で作ったソフトクリームは何倍も美味しく感じるはず。

 

高橋牧場の関連施設は「ミルク工房」だけでなく、イタリアンレストランの「PRATIVO(プラティーヴォ)」やピザショップの「MANDRIANO(マンドリアーノ)」などがあります。

どちらのお店もニセコの食材を使用した地元の人からも評判の高いお店です。

ニセコで観光される際は、これらのお店で食事を楽しんでみてください。

 

高橋牧場ミルク工房の観光情報

 

 

住所 : 北海道虻田郡ニセコ町曽我888-1

電話番号 : 0136-44-3734

営業時間 : 9:30~18:00 (冬季は~17:30)

料金 :無料

注意点 :駐車場完備(230台)

公式URL : 高橋牧場ミルク工房

 

 

2. 東山 花の丘

 

 

「東山 花の丘」は、高橋牧場ミルク工房に隣接する花畑です。

夏には、広大な青空の下に元気よく咲き誇るひまわり畑が広がります。

地元の人や稚内に良く訪れるという方からとても人気のある花畑で、毎年見にくるという方も多いようです。

 

天気の良い日には、羊蹄山をバックにひまわり畑を眺めることができますよ!

ひまわりだけでなく菜の花も植えられていますので、忘れることなく鑑賞してくださいね♪

 

なんと、こちらで咲いている花は全て持ち帰り可能!

ハサミが用意してあるため、手ぶらで行っても安心です。

 

東山 花の丘の観光情報

 

 

住所 :ニセコ町曽我888-1

電話番号 :0136-44-3734

営業時間 :24時間営業

料金:無料

 

 


<アンヌプリ・昆布温泉のおすすめ観光スポット>

 

アンヌプリ・昆布温泉は、羊蹄山の恵みを体感・体験することができるエリアです。

「さかもと公園」では羊蹄山で長い年月をかけろ過された美味しい湧き水を体感、「ニセコアンヌプリ国際スキー場」では様々なアクティビティを体験することができます。

大人だけでなく、お子様も楽しむことができると評判の高い場所ですので、お子様連れのご家族にもおすすめです。

 

1. さかもと公園

 

 

「さかもと公園」は、甘露水という湧き水があるということで有名となったスポット。

昭和天皇がさかもと公園の前のホテルに滞在された際、こちらの湧き水を「甘露」と表現されたことからその名が付きました。

 

こちらの湧き水はニセコのレストランに使用されていることもあるほど品質が良く、連日湧き水を汲みにくる方で賑わっています。

日により異なりますが、1日の湧出量は1000トンを超えることも。

湧出量の多い日には、噴水のように高く吹き出すこともありますよ!

 

湧き水はペットボトルに入れて持ち帰ることが可能となっています。

さかもと公園は駐車場からもほど近い場所にあるので、持ち運びも楽々です。

ただし、容器の販売はないので、湧き水を持ち帰りたい場合はご自身であらかじめ準備する必要があります。

冬場でもこちらの公園で水を汲むことはできますが、足場がとても悪いので注意して向かってくださいね。

 

さかもと公園の観光情報

 

 

住所 : 北海道虻田郡ニセコ町ニセコ413-55

電話番号 : 0143-44-2121

営業時間:24時間営業

 

 


2. ニセコアンヌプリ国際スキー場

 

 

「ニセコアンヌプリ国際スキー場」は、白馬の壮大な自然を感じながら様々なコンテンツを楽しむことができると人気の施設。

夏になるとゴンドラの営業が開始され、展望台や熱気球体験、バンジートランポリンなどのアミューズメントを楽しむことができます。

 

頂上へはゴンドラで行くことができるので、足腰が弱い人でも安心ですね。

ゴンドラは車椅子の方でも乗車することが可能です。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by kyosona (@kyosona) on

 

標高1000m地点にある展望広場からは、羊蹄山をはじめ白馬の壮大な山々を眺めることができます。

こちらから見える夕焼け時は幻想的に空がオレンジに彩られ、言葉にならないほどの美しさ。

運が良ければ雲海を見ることもできるため、雲のないよく晴れた早朝はこちらへ行ってみてください♪

秋にはニセコの山々が紅葉で彩られ、また違った表情を見せてくれますよ。

 

また、こちらでは熱気球体験をすることもできます。

地上50mからは、見事なニセコの景観を満喫することができます。

ゆったりと空に上がっていくので、高所恐怖症の方でも乗れるという方も多いようです。

 

フライト時間は、早朝(6:30〜7:00)と夕方(16:30〜17:00)の2回。

早朝のフライトでは、壮大な山の朝焼けを見ることができます。

保護者の方が同伴すれば、小さなお子様でも熱気球に乗ることは可能です。

 

ニセコアンヌプリ国際スキー場の観光情報

 

 

住所 : 北海道虻田郡ニセコニセコ485

電話番号 : 0136-58-2080

定休日 :月によって営業日が異なりますので、公式ホームページを確認してください。

営業時間 :9:00~16:30

料金 :【アンヌプリゴンドラ利用料金】【往復】大人(中学生以上) 1,300円 子ども 650円 【片道】大人 790円(中学生以上) 790円 子ども 400円

注意点 :ゲージに入っていれば、ペットも一緒にゴンドラに乗車することができます。

公式URL : ニセコアンヌプリ国際スキー場

 

 

<羊蹄山周辺のおすすめ観光スポット>

 

こちらのエリアは、「ふきだし公園」や「神仙沼」など昔からの自然を大切に保護しているスポットや、「ニセコ グラン・ヒラフ サマーゴンドラ」や「自然体験グラウンドピュア」など心ゆくまで自然を満喫することができるスポットがあります。

1人でゆったりと楽しむことも、大人数でワイワイと楽しむこともできるところです。

 

1. ふきだし公園

 

 

「ふきだし公園」は、羊蹄山からの湧き水を楽しむことができると人気のスポット。

こちらの湧水量は1日8万トンを超え、北海道でも最大規模。

 

羊蹄山に降り注いだ雨が長い年月をかけてろ過され、ミネラル分を豊富に含んだ状態で湧き出てきます。

とても飲みやすく身体にも良いとされているこちらの湧き水は、名水百選にも選ばれています。

水を汲むための専用エリアも設けられているので、品質も確かな美味しい湧き水を持ち帰ることもできますよ!

ふきだし公園の周辺は、水の冷たさから夏でもひんやりとした温度で保たれています。

 

 

隣接する道の駅「名水の郷きょうごく」では、こちらの湧き水を使用したコーヒーや美味しいアイスクリームなどを提供しています。

マイナスイオンたっぷりの空気を堪能しながら、ゆったりと美味しいコーヒーを楽しんでください。

 

こちらでは、湧き水を持ち帰ることができるようにポリタンクも販売されています。

羊蹄山のパワーをため込んだこちらの湧き水をたっぷり飲んで、身体の中もすっきり浄化させましょう。

 

その他、お子様が遊ぶことのできるアスレチックも完備されているので、お子様も飽きることなく最後まで楽しむことができますよ。

ふきだし公園の近くには、京極温泉やスリーユーパークゴルフ場もあります。

 

ふきだし公園の観光情報

 

 

住所 : 北海道虻田郡京極町字川西45

電話番号 : 0136-42-2111

営業時間 :24時間営業

公式URL :  ふきだし公園

 

 

2. 神仙沼

 

 

「神仙沼」は、10以上あるニセコの沼の中で最も美しいと言われている沼。

その神妙な雰囲気からその名が付いたと言われている神仙沼は、周囲には商業施設は何もなくとても静かで落ち着いた雰囲気。

 

天気が良い日には、池を囲むように生息しているアカエゾマツが水面に映り込みます。

神仙沼の看板もありますので、こちらでステキな写真を撮影してみてはいかがでしょうか。

 

神仙沼は他よりも標高が高いということから、雪解け水と雨水のみで維持されています。

そのため、こちらの沼は水の流れもなく魚も生息していません。

行ったものだけがわかる、その神秘的な静けさと美しさをぜひ体験してみてくださいね。

 

 

こちらの池の周囲は湿原となっており、大小様々な池の周りを散策することができます。

秋になると一面紅葉で色づきますが、ベストシーズンは夏。

周囲の木々や水草が生き生きとした様子を観察することができますが、夏の観光シーズンには多くの人が訪れ大変混雑します。

早朝は人も少なく空気も澄んでいるので、落ち着いて神仙沼の雰囲気を堪能することができますよ。

 

なお、神仙沼へ道のりは整備されていますが、駐車場から15分程度歩かなければなりません。

散策路はきちんと整備されていますが中には歩きにくい場所もありますので、サンダルではなく歩きやすい靴や服装で向かいましょう。

神仙沼の駐車場にはレストランがトイレも完備されています。

 

神仙沼の観光情報

 

 

住所 : 北海道岩内郡共和町前田

電話番号:0135-73-2011

料金:入場料無料

注意点:駐車場完備

公式URL : 神仙沼

 

 

3. ニセコ グラン・ヒラフ サマーゴンドラ

 

 

「ニセコ グラン・ヒラフ サマーゴンドラ」は、ニセコの雄大な景色を眺めることができると人気の観光スポット。

冬シーズンはスキー場として営業しているグラン・ヒラフですが、夏シーズンには”サマーゴンドラ”として営業しています。

 

サマーゴンドラからは、ニセコの町並みや羊蹄山を一望することができますよ!

帰りもゴンドラに乗って帰ることができるので、お子様や高齢の方でも楽に移動することが可能です。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by ちゃんみの (@mino_keshi) on

 

こちらの施設では、初心者から上級者まで楽しめるフロートレイルやダウンヒルのコースがあります。

スキー場の傾斜を利用したコースで、ニセコの風や自然を感じながら体験することができます。

電動アシスト付きモーターバイクの貸し出しやレッスンもあるため、モーターバイクに乗ったことがない方でも安心して体験することができますよ。

 

 

こちらの人気スポットが、「丘の上の展望ベッド~#NISEKO SIESTA~」。

直径2mほどの大型ベットが設置してあるので、座って撮影すれば広大な山々を背景にステキな一枚を写真に収めることができます。

スマホを設置することができる台もあり、タイマー機能を使用すれば全員で写真を撮影することも。

6床設置されており、混雑して待たなければいけないこともありません。

ゴンドラの乗車料金はかかりますが、入場料は無料です。

 

また、リードを着用していれば、ワンちゃんもゴンドラに乗って山頂付近へ行くことができます♪

こちらのスポットはドッグランのような施設はなく、山頂付近でもワンちゃんのリードを外すことはできません。

 

その他、ゴンドラ乗り場の隣には日帰り温泉施設もあります。

山頂付近は真夏でも気温が低く身体が冷え切ってしまうこともありますので、帰り際にゆったりと温泉に入って身体を温めるのも良いでしょう。

 

ニセコ グラン・ヒラフ サマーゴンドラの観光情報

 

 

住所 : 北海道虻田郡倶知安町字山田204

電話番号 : 0136-22-0109

営業時間 : 9:00~16:00(8月11日~18日 8:30~16:00)

料金 : 【往復】大人 1,100円 小人 550円(未就学児は無料) ペット 300円

注意点 : 【営業期間】2019年7月13日~2019年9月23日

公式URL : ニセコ グラン・ヒラフ サマーゴンドラ

 

 

4. 自然体験グラウンドピュア

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by kenta kitazaki (@kenta.913) on

 

「自然体験グラウンドピュア」は、自然を活用したアクティビティを楽しめる施設。

ニセコの広大な敷地を利用したこちらの施設では、「ツアートレッキング」や「クイックジャンプ」、「レールスライダー」などを体験することができます。

 

最初にスーパーパスポートを購入すれば、グラウンドピュア内にある11のアクティビティも参加することが可能。

ショッピングエリアとアクティビティエリアを結ぶゴンドラにもこちらのスーパーパスポートを利用することができるので、複数のアクティビティに参加する予定の方はスーパーパスポートを購入する方がお得に満喫することができます。

 

子供だけでなく、大人も楽しむことができるアクティビティがたくさん用意されています!

中には普通免許証が必要なアクティビティや身長制限があるアクティビティもありますが、小学生以下のお子様でも遊ぶことができるエリアも完備されていますのでご安心を。

 

自然体験グラウンドピュアの観光情報

 

 

住所 : 北海道虻田郡ニセコ町東山 ニセコビレッジ

電話番号 : 0136-44-2211

営業時間 : 【2019年4月27日~10月14日】9:00 ~17:00(10月1日~10月14日は16:00まで営業)

料金:【パスポート】大人(高校生以上) 4,800円 子供(中学生以下) 3,800

注意点:身長制限があるアトラクションもありますので、公式ホームページを確認してください。

公式URL :  自然体験グランドピュア

 

 

北海道西部に位置するニセコは、人気の観光スポットが集まるところです。

本記事を参考に、ニセコの観光スポットを心ゆくまで満喫してください。


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(511)
北海道・東北(43)
  北海道(26)
  青森(3)
  岩手(2)
  宮城(7)
  秋田(1)
  山形(3)
  福島(1)
関東(173)
  埼玉(7)
  千葉(12)
  東京(96)
  神奈川(37)
  茨城(4)
  栃木(7)
  群馬(5)
  山梨(5)
甲信越・北陸・東海(76)
  長野(11)
  新潟(7)
  富山(3)
  石川(13)
  福井(1)
  岐阜(5)
  静岡(22)
  愛知(7)
  三重(7)
近畿(82)
  滋賀(7)
  京都(31)
  大阪(21)
  兵庫(15)
  奈良(5)
  和歌山(3)
中国・四国(34)
  鳥取(1)
  島根(5)
  岡山(8)
  広島(8)
  山口(3)
  徳島(2)
  香川(4)
  愛媛(1)
  高知(2)
九州・沖縄(69)
  福岡(13)
  佐賀(2)
  長崎(7)
  熊本(11)
  大分(9)
  宮崎(2)
  鹿児島(8)
  沖縄(17)

国外エリア一覧

東南アジア(19)
ヨーロッパ(56)
東アジア・中国・台湾(19)
南アジア・インド・ネパール(2)
中近東(6)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(9)
オセアニア(9)
アフリカ(2)
北米(17)
中南米(5)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(541)
イベント情報(368)
ショッピング・買い物・お土産(473)
ビジネス・出張(164)
ロケ地、舞台(170)
世界遺産(127)
乗り物・交通・アクセス(612)
宿・旅館・ホテル(178)
旅行準備(430)
歴史・豆知識(728)
温泉・スパ(152)
絶景(445)
聖地巡礼(30)
観光旅行(680)
食事・グルメ(537)
おすすめ/ランキング(595)
デート(577)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(427)
ツアー/旅程(242)
海水浴場・ビーチ・リゾート(64)

人気記事ランキング