logo

top > 北米 > メキシコ

カリビアンブルーだけじゃない!色々な顔を持つカンクンのおすすめ観光スポット14選





カンクンと言えばカリビアンブルーの青い海。
セレブの休日、あこがれの海外挙式、ダイビングツアーなど、カンクンには爽やかなイメージがたくさんあります。

その一方で、夜になると艶やかなカンクンの魅力が一気に飛び出してくるのをご存知でしょうか。
「カンクンナイト」と呼ばれるナイトショーやナイトディスコもカンクンの見所の1つです。

さらには、少し足を伸ばせば、古代文明の遺跡と体験型の大自然が待っています。

今回はカンクンの観光スポットをはじめ、カンクン郊外の遺跡や自然体験スポットを詳しく解説します。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】カリビアンブルーの海だけじゃない!色々な顔を持つカンクンのおすすめ観光スポット14選

 

カリビアンブルーの海だけじゃない!カンクンの見所は?

1年中海に入れる温暖な気候と突然のスコール

便利なシステム、オールインクルーシブを活用しよう!

朝までカンクンナイトでネオンと戯れる!

無形文化遺産マリアッチを聴いてみよう!

カンクンへのアクセスは?

<カンクンのおすすめ観光スポット>

1. チャックモールビーチ(Chac Mool Beach)

2. イスラ・ムヘーレス(Isla Mujeres)

3. ラ・イスラ・ショッピング・ヴィレッジ(La Isla Shopping Village)

4. シティ(The City)

5. ココ・ボンゴ(Coco Bongo)

<カンクン郊外のおすすめ観光スポット>

1. チチェン・イツァ遺跡(Chichen Itza)

2. ウシュマル遺跡(Uxmal)

3. トゥルム遺跡(Tulum)

4. メリダ(Merida)

<カンクン郊外のおすすめ自然体験スポット>

1. グラン・セノーテ(Gran Cenote)

2. シェルハ海洋公園(Marine Park Xel-Ha)

3. シアン・カアン生物保護国(Sian Kaan Biological reserve)

4. エクスプロール公園(Xplor Park)

5. シカレ海洋公園(Xcaret Marin Park)

 

 


カリビアンブルーの海だけじゃない!カンクンの見所は?

 

カンクンの観光スポットを取り上げる前に、カンクンの特徴について簡単にご紹介します。

青い海で有名なカンクンですが、意外とそれ以外の特徴は知られていないものです。

熱帯雨林気候とリゾートならではの特徴とルールを知っておきましょう。

 

1年中海に入れる温暖な気候と突然のスコール

 

cancun カンクン ビーチ メキシコ

 

カンクンはメキシコの中でも温暖な地域です。

年間を通じて平均気温も最高30℃前後、最低23℃前後なので、暑すぎずちょうどいい暖かさで青い海を満喫することができます。

 

そのため、服装は1年を通して夏服でOKです。

ただし、海外のエアコンにありがちなレストランやホテルなどの公共施設の異常な寒さは健在なので、1枚羽織れるものを持っておくことをおすすめします。

太陽の日差しもかなり強く、紫外線対策にも羽織れる薄手の服と帽子は必須です。

 

また、特に注意したいのが雨です。

雨季には急なスコールもあるため、観光に行く際には雨具も持っていると便利です。

 

便利なシステム、オールインクルーシブを活用しよう!

 

cancun カンクン リゾート プール メキシコ

 

オールインクルーシブとは代金にホテル代、食事、ドリンク、プールなどの施設利用料などが全て含まれるというシステムです。

カンクンをはじめ高級リゾート地にはよくあるシステムで、プライベートビーチ、プールなどのホテル内で活動する際にお財布やカバンを持たずに動き回れるため便利です。

一部、高額なお酒やダイビング、モーターアクティビティが有料な場合もありますが、基本的にはすべて無料です。

 

ホテルでの朝食から夕食までどれだけ食べても、どれだけ飲んでも料金は一緒なので、気軽に楽しむことができます。

もちろん、それなりの料金を支払うことになりますが、ハネムーンのように記念として来ているのであれば、オールインクルーシブでリッチな滞在がおすすめです。

ビーチにいてもホテルマンがお酒をもってきてくれますし、ホテル主催のライブイベントやオプショナルツアーもお金を気にせず楽しむことができます。

 

朝までカンクンナイトでネオンと戯れる!

 

 

カンクンと言えば一般的にはカリビアンブルーの青い海ですが、旅行者の中にはカンクンの夜を楽しみにしている人たちが数多くいます。

 

カンクンは夜のイベントが目白推しです。

地元や旅行者からは「カンクンナイト」と呼ばれ、昼の青い海のさわやかなイメージから一転して、夜はネオンが艶やかな街に変貌します。

カンクンは別名「パーティーの女王」とも呼ばれ、朝までクラブ・ディスコで音楽とお酒を楽しむ人で溢れかえっています。

 

DJだけでなく、有名アーティストによるライブ演奏も聞ける機会もあるため、予定をチェックして好きなクラブに繰り出しましょう。

おすすめは、ザ・シティ、ココボンゴ、マンダラ、セニョール・フロッグスなどです。

 

この他にも、カンクンナイトを彩るイベントでは「シルク・ドゥ・ソレイユ・ホヤ」をはじめとするショーもありますので、スケジュールや泊まってるホテルの立地に合わせて選んで行きましょう。

 

無形文化遺産マリアッチを聴いてみよう!

 

メキシコ カンクン 観光 マリアッチ

 

メキシコと言えばマリアッチです!

メキシコシティでも聞くことができますが、都会になってしまったメキシコシティではあまり観光地でも目にすることがなくなりました。

ところが、カンクンではいたるところでマリアッチが登場し、音楽を奏でてくれます。

 

マリアッチとは、伝統的なメキシコ衣装に身を包み音楽を奏でる人たちで、結婚式や洗礼式など人生の節目に登場してくれます。

2011年にはユネスコ無形文化遺産にも登録されるほどの認知度を得ています。

 

カンクンでもレストランはもちろんのこと、広場や時にはビーチにも登場して演奏してくれます。

曲をリクエストすることもできますし、演奏者によっては日本の曲を演奏してくれることもあります。

 

定番は「グアダラハラ」と「ラバンバ」です。

ナイトディスコが苦手な人やお子さんのいる家族は、マリアッチで音楽を楽しむのもおすすめです。

 

 

カンクンへのアクセスは?

 

cancun メキシコ カンクン 飛行機 海

 

今のところ日本からカンクンへの直行便はありません。

そのため、主なアクセス方法はアメリカ各都市かメキシコシティを経由していく方法になります。

アメリカ経由であれば、ロサンゼルス、ダラス、シカゴ、ヒューストンがあります。

 

フライト時間はおおよそ14〜16時間程度。

航空会社は、日本の  JAL   、  ユナイテッド航空   、  アメリカン航空   などがおすすめです。

各航空会社のスケジュールを事前に確認するようにしてください。

 

 


<カンクンのおすすめ観光スポット>

 

cancun カンクン メキシコ ビーチ 海

 

ここからはカンクンのおすすめ観光スポットをご紹介します。

カンクンは昼と夜ではまったく違った顔になるので、その両方のおすすめスポットをピックアップしました。

 

1. チャックモールビーチ(Chac Mool Beach)

 

cancun メキシコ チャックモールビーチ カンクン Chac Mool Beach

 

カンクンに来たらまずはこのビーチ!

近隣のホテルに泊まっていなくても入ることができるパブリックビーチなので、ホテルに海が隣接していない旅行者に人気のビーチです。

 

ビーチには自由に使えるパラソルもあり、日陰をちゃんと確保することができます。

とても長いビーチですが、場所によっては波もあるので、サーフィンやヨットを楽しんでる人も見かけます。

 

また、カンクンのビーチではどこでも6〜7月にはウミガメの産卵があり、8〜10月にはウミガメの孵化も見ることができます。

 

チャックモールビーチの観光情報

 

住所 :Blvd. Kukulcan 10, Punta Cancun, Zona Hotelera, 

マップ: Googleマップ

アクセス :カンクンから中心地から車で20分

営業時間 :24時間

料金 :無料

 

2. イスラ・ムヘーレス(Isla Mujeres)

 

メキシコ カンクン 観光 イスラ・ムヘーレス Isla Mujeres
Photo credit:  dronepicr  on  Visual Hunt  /  CC BY

 

イスラ・ムヘーレスは小さな島ですが、郊外というほど遠くはなく、カンクンから船で20分のところにある「女の島」という意味の島です。

カンクンのビーチも素晴らしいものの、イスラ・ムヘーレスはさらに美しく無人島のような感覚を体験できます。

 

まずは代表的なビーチであるココ・ビーチに行きましょう。

島一番の美景ビーチで島の北側に位置しています。

マリン・アクティビティも充実していて、シュノーケリング、シーカヤック、ペダルボートで遊ぶことができます。

 

この他にも、水中に無数の石像が配置されている珍しい水中美術館や、ドルフィン・ディスカバリー、ジンベエザメ・スノーケリングも楽しむことができます。

中でもおすすめは、水中美術館の神秘の海中世界です。

 

イスラ・ムヘーレスの観光情報

 

住所 :Centro , Isla Mujeres , Mexico

マップ: Googleマップ

アクセス :カンクンからフェリーで20分

料金 :フェリー代US$17〜

注意点 :小さな島ですが見所はたくさんあるので1日は必要

 

3. ラ・イスラ・ショッピング・ヴィレッジ(La Isla Shopping Village)

 

 

カンクンで買い物をするなら、まず間違いなくラ・イスラ・ショッピング・ヴィレッジですべての目的を達成できるはずです。

こちらはカンクン最大のショッピングセンターで、メキシコ土産だけでなく、ハイブランドのアウトレットも併設されており、買いたいお土産なら何でも手に入れることができます。

 

もちろん、広大な敷地の中にはショップだけではなく、レストランやカフェもあるため、ランチやディナーを取ることも可能です。

さらには水族館やシアターもあり、このショッピング・ヴィレッジだけで1日中楽しむことも可能です。

 

お土産としてメキシコ雑貨を探すのもいいですし、ビーチで着るための水着や浮き輪を購入するのにも便利です。

また、アウトレットは掘り出しものに出会えるチャンスもあります。

 

ラ・イスラ・ショッピング・ヴィレッジの観光情報

 

住所 :Blvd. Kukulcan, La Isla, Zona Hotelera

マップ: Googleマップ

アクセス :カンクン・センターから車やバスで10分

電話番号 :(998)883 5823

営業時間 :10:00〜23:00

料金 :無料

 

4. シティ(The City)

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by The City Cancún (@thecitynightclub) on

 

カンクンと言えば、先述の通り「パーティーの女王」と呼ばれるほどのナイトクラブのメッカです。

ディスコからコンガまで、あらゆる音楽イベントが朝まで続いています。

ここシティはその中でも最大のクラブで、ラテンアメリカ最大のナイトクラブとしても有名です。

 

このクラブは観光客だけではなく、地元客にも人気の巨大ディスコでいつも超満員。

入場料に飲み物代金が含まれるオープンバーシステムなので、お酒が好きな人は飲みたいだけ飲むことができます。

 

深夜0時を過ぎると国内外の有名DJがプレイすることもあるため、異常なほどの盛り上がりになります。

人混みが苦手な方は、上段の方に上がれば少し落ち着いた雰囲気になりますよ。

 

シティの観光情報

 

住所 :Blvd. Kukulcan Km 9.5, Punta Cancun, Zona Hotelera

マップ: Googleマップ

アクセス :カンクン・センターから徒歩3分

電話番号 :(998)883 3333

定休日 :なし

営業時間 :22:30〜5:00

料金 :US$65〜

公式URL :  シティ

 

5. ココ・ボンゴ(Coco Bongo)

 

cocobongo カンクン メキシコ ココボンゴ
Photo credit:  y entonces  on  VisualHunt  /  CC BY

 

ハイレベルなショーが観たいならココ・ボンゴがおすすめです。

シティよりも家族で楽しみやすいナイトディスコで、多くの旅行ツアーに組み込まれることもしばしば。

 

日本でも人気の「スパイダーマン」や「オペラ座の怪人」、「シカゴ」など人気映画をベースにしたショーを楽しめます。

シティよりも日本人向けの雰囲気なのもおすすめポイントです。

 

ココ・ボンゴの観光情報

 

住所 :Plaza Forum By The Sea, Blvd. Kukulcan Km 9.5 #30, Punta Cancun, Zona Hotelera

マップ: Googleマップ

アクセス :カンクン・センターから徒歩3分

電話番号 :(998)883 2373

営業時間 :22:30〜3:30

料金 :US$65

公式URL :  ココ・ボンゴ

 

 

<カンクン郊外のおすすめ観光スポット>

 

chichen メキシコ チチェンイツァ遺跡

 

カンクンは青い海だけでなく、ちょっと足を運ぶと古代文明も見ることができる都市です。

車を1時間ほど走らせればいくつかの遺跡スポットに到着するので、時間のある方は半日〜1日くらい余裕をもって行くと良いでしょう。

 

1. チチェン・イツァ遺跡(Chichen Itza)

 

chichenchichen メキシコ チチェンイツァ遺跡
Photo on  Visualhunt

 

チチェン・イツァ遺跡は、ユカタン半島北部に位置しており、古代戦闘部族トルテカの影響を受けた建造物が立ち並んでいます。

6世紀ごろから栄えはじめ、10世紀にはマヤ低地北部最大の都市として最盛期を迎えます。

 

すべて回るとなると、トータル3時間は必要です。

売店やトイレは入口付近にしかないため、あらかじめ済ませておきましょう。

 

チチェン・イツァ文明の面白いところは、6世紀〜10世紀の間に一度衰退し、再び復興しているところです。

その証明として、7世紀〜9世紀までの遺跡と思われる旧チチェン・イツァの遺跡は雨神像が見えますが、10世紀ごろの新チチェン・イツァの遺跡には羽の生えたヘビであるククルカンやドクロなどの戦闘部族風のモチーフがいたるところにあります。

 

まず絶対に観ておきたいのは「カスティージョ」と「戦士の神殿」です。

カスティージョは「城」という意味があり、チチェン・イツァのカスティージョは高さ24m、一辺あたり56mもあります。

 

ピラミッドは全部で9層に分かれており、チチェン・イツァの中でも圧倒的な存在感を放っています。

もう1つの戦士の神殿は3層基壇の神殿で、石柱には戦士や捕虜の姿が掘られています。

 

cancun chichen メキシコ チチェンイツァ遺跡
Photo credit:  OliBac  on  Visualhunt.com  /  CC BY

 

階段の上には、メソアメリカ全土にあるチャックモール(仰向け状態で肘をつく像)やククルカン像が鎮座しています。

この様式は中央高原の様式でもあり、当時から中央高原と交流を行なっていた証として歴史的にも価値のある像です。

 

その他にも、球戯場、ツォンパントリ(ガイコツの壁)、天文台、セノーテ(聖なる泉)、教会など様々な遺跡があるので、時間が許す限りチチェン・イツァ遺跡を巡ってください。

太陽を遮る場所が少ないため、こまめな水補給を忘れず体調管理には気を付けてください。

 

チチェン・イツァ遺跡の観光情報

 

住所 :Chichén Itzá, Yuc.

マップ: Googleマップ

アクセス :カンクン・センターから車で2時間半

営業時間 :8:00〜17:00、ナイトショー20:00〜

料金 :$242(ビデオ持ち込み料$35、ナイトショー$453)

 

2. ウシュマル遺跡(Uxmal)

 

uxmalchichen メキシコ ウシュマル遺跡
Photo credit:  Rob Young  on  VisualHunt.com  /  CC BY

 

ウシュマル遺跡はカンクンからは遠いですが、メリダに寄ったりする予定のある人にはおすすめしたい場所です。

こちらはトルテカ文明とは少し異なり、プウク様式と呼ばれる華麗なデザインを特徴とする建築物が立ち並んでいます。

 

プウク様式は、幾何学模様や蛇腹模様などの華やかなデザインが特徴的で、マヤ文明の美意識の高さを象徴するものです。

このウシュマル遺跡はプウク様式の最高傑作とも言われており、華麗な彫刻で飾られています。

 

その主役は「魔法使いのピラミッド」と呼ばれる高さ35mの巨大ピラミッドです。

頂上や内部に神殿があり、異なる時代に建てれらた5つの建物が組み合わさって成り立っています。

 

特に正面のチュネス神殿の建物は、一面にモザイク模様が掘られており壮麗な作りになっています。

魔法使いのピラミッド以外にも、大ピラミッド(30m)尼僧院、総督の宮殿、カメの家、ハトの家などの見所があります。

 

ウシュマル遺跡の観光情報

 

住所 :Uxmal, Yuc.

マップ: Googleマップ

アクセス :メリダから車で1時間半

電話番号 :(999)944 0033

営業時間 :8:00〜17:00(ナイトショー20時〜)

料金 :$182(ビデオ持ち込み料$45、ナイトショー$75)

 

3. トゥルム遺跡(Tulum)

 

tulum uxmalchichen メキシコ トゥルム遺跡

 

カリブ海を望む絶景を観ながら観光できるトゥルム遺跡。

全世界の遺跡の中でも、これだけ美しい海とセットになっているのはかなり珍しい遺跡です。

しかも、古代の遺跡でありながら、海とのバランスをしっかり考えた造りになっており、古代マヤ人も美しい海を大切にしていたことが伺えます。

 

真っ青なカリビアンブルーと遺跡の組み合わせは芸術と言えるレベルであり、かつ強固な城壁と海により守られた城は難攻不落と言われ栄華を極めました。

ところが、16世紀になるとスペイン軍の数の理による猛攻をしのげず、マヤ文明も滅亡します。

 

大きさはそれほど大きくなく、1時間半くらいですべてを回りきることができます。

カメの産卵場所として保護されているビーチを見下ろせる「風の神殿」、足を天に向けた彫刻のある「降臨する神の神殿」、海からの敵を見張る「海の神殿」など、海沿いならではの遺跡が存在します。

 

トゥルム遺跡の観光情報

 

住所 :Carretera Federal, Cancun - Chetumal Km 230, Zona Hotelera Tulum

マップ: Googleマップ

アクセス :カンクンセンターから車で1時間半

電話番号 :(984)802 5405

営業時間 :8:00〜17:00

料金 :$70(ビデオ持ち込み料$45)

 

4. メリダ(Merida)

 

merida メキシコ カンクン 観光 メリダ
Photo on  VisualHunt.com

 

カンクンから遠いですが、同じユカタン半島の州都として栄えている重要な都市です。

マヤ遺跡群へのアクセスが簡単なので、遺跡巡りの中心地点となっています。

 

古代と現代が融合したような美しい街並みと、ユカタン半島最大のカテドラルなど見所がたくさんあります。

その他にも人類博物館やバロック調のヘスス教会、市庁舎、現代美術館などがあります。

 

また、ここメリダはカリブシャツ(キューバシャツ)のメッカでもあるため、しっかりとした仕立てのカリブシャツを1枚買って帰るのもおすすめです。

 

メリダの観光情報

 

住所 :Mérida, Yuc.

マップ: Googleマップ

アクセス :カンクンから飛行機で40分、車で4時間半

 

 


<カンクン郊外のおすすめ自然体験スポット>

 

cancun メキシコ カンクン ビーチ

 

カンクン郊外は、ユカタン半島の中でも珍しく自然を満喫できるスポットが目白押しです。

遺跡以外にも、カンクンには素晴らしい自然体験ができるポイントがあるので、ここではその中から厳選してご紹介します。

 

1. グラン・セノーテ(Gran Cenote)

 

cenote メキシコ カンクン グランセノーテ
Photo credit:  edwardotis  on  Visualhunt  /  CC BY

 

カンクンにきたら神秘の泉でシュノーケリングがおすすめです。

独特の青さは、石灰岩が陥没して地下水が溜まり、泉となることで起きています。

メキシコにはこのセノーテがいくつかあり、ユカタン半島独特の地形だと言われています。

 

セノーテの中でも最も有名で青く神秘的な泉が、このグラン・セノーテです。

スペイン語でグランとは「大きい、すごい、素晴らしい」を意味する言葉で、まさにグラン・セノーテは最高級の泉ということになります。

 

もちろん、見るだけではもったいないので、シュノーケリングをしてみましょう。

水中に潜ると太陽の光が中に差し込んできて、神秘的な映像を目にすることができます。

最もおすすめの時間帯は、泉の透明度が最も高くなる朝一がベストです。

 

なお、グラン・セノーテでは、シュノーケル用具やロッカーを借りられるので、道具はもたずに行くことができます。

あくまで大切な自然スポットなので、水質を落とさないためにも日焼け止めはシャワーでしっかりと流して入るのがマナーです。

 

グラン・セノーテの観光情報

 

住所 :Quintana Roo 109, Tulum

マップ: Googleマップ

アクセス :カンクン中心部から車で2時間

電話番号 :(984)138 2954

定休日 :なし

営業時間 :8:00〜16:00

料金 :$180

注意点 :シュノーケルやロッカーなどを借りると約+$100〜150

公式URL :  グラン・セノーテ

 

2. シェルハ海洋公園(Marine Park Xel-Ha)

 

xelha メキシコ カンクン シェルハ海洋公園
Photo credit:  Kirt Edblom  on  Visual hunt  /  CC BY-SA

 

シェルハ海洋公園では、シュノーケリング、川下り、ドルフィン・スイムを楽しむことができます。

オールインクルーシブの料金設定で、入場料・飲食代・ロッカー利用料・シュノーケルセットなどを含んでいるため、ずぶ濡れでも飲食ができるため気楽です。

 

海洋公園内の川には様々な魚が泳いでおり、川下りをしていると水面下にくっきりと大小様々な魚を見ることができます。

中には人魚のモデルとなったマナティもいて、シュノーケリングで接近することもできます。

 

河口付近の魚は餌付けされているため、シュノーケリングが苦手な方は浮いてるだけでも魚鑑賞を楽しむことができます。

もっとも人気のアトラクションはドルフィンスイムで、イルカを抱きしめたり、キスをしたりすることができますよ。

 

シェルハ海洋公園の観光情報

 

住所 :Carretera Chetumal Puerto Juárez Km 240, locales 1 & 2, módulo B

マップ: Googleマップ

アクセス :カンクンから車で1時間30分

電話番号 :(800)069 3542

定休日 :なし

営業時間 :8:30〜19:00

料金 :US$79

注意点 :入場料・飲食代・ロッカー利用料・シュノーケルセットなどを含むオールインクルーシブ

公式URL :  シェルハ海洋公園

 

3. シアン・カアン生物保護国(Sian Kaan Biological reserve)

 

siankaan メキシコ カンクン シアン・カアン生物保護国
Photo credit:  laradanielle  on  VisualHunt  /  CC BY-ND

 

シアン・カアンは、ユカタン半島が誇る5280㎢の自然保護区です。

1987年に世界遺産に登録され、広大な自然保護区としてジャングルやラグーンが広がり、様々な生物を観察することができます。

 

醍醐味の1つが、マングローブの川をボートで下るツアー。

クロコダイルの横を通過するドキドキ体験ができます。

 

ラグーンを越えた先には、美しい水色のビーチが見えます。

魚がたくさん泳いでいるわけではありませんが、一面水色のビーチは圧巻です。

 

シアン・カアン生物保護区の観光情報

 

住所 :Felipe Carrillo Puerto

マップ: Googleマップ

アクセス :カンクンから車で2時間

営業時間 :8:30〜19:00

料金 :ツアーでUS$100〜

 

4. エクスプロール公園(Xplor Park)

 

 

エクスプロールはこれまでご紹介した自然とは違い、ジャングルがメインの自然体験公園です。

大人気なのは、広大なジャングルの上空を滑走する4kmのジップラインで、スリリングな空中遊泳を楽しむことができます。

 

ジップライン以外にも、以下のようなアトラクションを楽しむことができます。

 

  • 水陸両用のジープでジャングルのラグーンを渡り洞窟へ行く
  • 洞窟内の鍾乳洞を観光する
  • 鍾乳洞内の川(綺麗)を泳いで下る

 

最後は洞窟ラフティングを500mほど行ってゴールとなります。

ユカタン半島独特の地形を存分に楽しめるアクティビティが満載です。

 

エクスプロール公園の観光情報

 

住所 :Carretera Chetumal, Puerto Juarez Km 282, 77710 Playa del Carmen

マップ: Googleマップ

アクセス :カンクンから車で1時間半

電話番号 :(998)881 9700

営業時間 :9:00〜17:00

料金 :US$149

公式URL :  エクスプロール

 

5. シカレ海洋公園(Xcaret Marin Park)

 

 

シカレはマヤ語で「入江」を意味しており、美しい穏やかなビーチで楽しめる公園です。

 

アトラクションは、600mの地下水路を浮き輪でお泳いだりする比較的ライトなものが多いです。

また、スキューバダイビングのライセンスがなくても潜って楽しめるスヌーバが人気となっています。

 

アトラクションだけでなく、亀の観察やイルカのナイトショーなど、水族館感覚で参加するのもおすすめです。

公園内の敷地は広く、ピューマとジャガーが住んでいる島に渡り間近で観察することもできます。

 

シカレ海洋公園の観光情報

 

住所 :Carretera Chetúmal-Puerto Juárez Kilómetro 282, Solidaridad

マップ: Googleマップ

アクセス :カンクンから車で1時間

電話番号 :(800)292 2738

営業時間 :8:30〜22:00

料金 :US$99

注意点 :プラスUS$129でオールインクルーシブ

公式URL :  シカレ海洋公園

 

 

カンクンは主に4つの顔を持っています。

爽やかな青い海、艶やかなナイトショー、古代文明遺跡、大自然での貴重な体験。

 

これらすべてを一度の旅行で楽しむのは容易ではありませんが、1週間あればすべてを体験することも可能です。

できる限りすべての顔を堪能してくださいね!


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(668)
北海道・東北(47)
  北海道(26)
  青森(3)
  岩手(2)
  宮城(9)
  秋田(1)
  山形(4)
  福島(2)
関東(266)
  埼玉(9)
  千葉(15)
  東京(160)
  神奈川(59)
  茨城(5)
  栃木(7)
  群馬(6)
  山梨(5)
甲信越・北陸・東海(91)
  長野(13)
  新潟(9)
  富山(3)
  石川(13)
  福井(1)
  岐阜(5)
  静岡(31)
  愛知(9)
  三重(7)
近畿(101)
  滋賀(7)
  京都(43)
  大阪(27)
  兵庫(15)
  奈良(6)
  和歌山(3)
中国・四国(41)
  鳥取(3)
  島根(5)
  岡山(8)
  広島(11)
  山口(3)
  徳島(2)
  香川(5)
  愛媛(2)
  高知(2)
九州・沖縄(81)
  福岡(15)
  佐賀(2)
  長崎(7)
  熊本(10)
  大分(12)
  宮崎(3)
  鹿児島(9)
  沖縄(23)

国外エリア一覧

東南アジア(28)
ヨーロッパ(84)
東アジア・中国・台湾(20)
南アジア・インド・ネパール(2)
中近東(7)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(10)
オセアニア(11)
アフリカ(2)
北米(19)
中南米(8)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(607)
イベント情報(373)
ショッピング・買い物・お土産(513)
遊園地・テーマパーク(574)
ビジネス・出張(177)
ロケ地、舞台(190)
世界遺産(165)
乗り物・交通・アクセス(710)
宿・旅館・ホテル(203)
旅行準備(448)
歴史・豆知識(896)
温泉・スパ(170)
絶景(507)
聖地巡礼(31)
観光旅行(858)
食事・グルメ(587)
おすすめ/ランキング(749)
デート(675)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(435)
ツアー/旅程(246)
海水浴場・ビーチ・リゾート(69)
日帰り旅(27)
1泊2日(12)
寺院・神社・教会(49)
パワースポット(17)
ファミリー(87)
1人旅(91)
雨の日(20)
モデルコース(4)
メーカー/ブランド(5)

人気記事ランキング