logo

top

海外旅行でも使える!おすすめのSIMフリーモバイルルーター10選





海外旅行に行く際、持っていると心強いのがモバイルルーター。
モバイルルーターがあれば、旅先で見つけた素敵な場所の写真をその場でSNSにアップしたり、偶然出合った気になるものについて詳しく調べたりと、楽しみの幅も広がります。

でも、いざモバイルルーターを購入しようとすると種類が多く、どれを買えばよいのか迷ってしまうもの。

本記事では海外でも使用できるSIMフリーのモバイルルーターの選び方と、おすすめの機種を紹介します。
合わせておすすめのSIMカードも取り上げるので、ぜひ次の旅行の参考にしてください♪

【目次】海外旅行でも使える!おすすめのSIMフリーモバイルルーター10選

 

SIMフリーモバイルルーターで海外でも快適に

SIMフリーモバイルルーターって?

海外でも使えるSIMフリーモバイルルーターの選び方

渡航先のバンドに対応しているか

使用したいSIMカードのサイズに対応しているか

バッテリーは持ちは良いか

携帯しやすいか

デュアルSIMに対応しているか

通信速度の速さは十分か

海外で使用可能なおすすめSIMフリーモバイルルーター

1. NETGEAR AirCard AC785

2. NEC Aterm MR05LN

3. HUAWEI Mobile WiFi E5577

4. ZMI Battery Wi-Fi MF855

5. NEC Aterm MP01LN

6. ZTE MF920S

7. FREETEL ARIA 2

8. GlocalMe G4

9. HUAWEI Mobile WiFi E5383

10. PIXELA PIX-MT100

海外旅行におすすめのSIM

1. eConnect Japan MightySIM

2. AIS SIM2Fly

3. mobell ワールド・プラスSIM

レンタルするという選択肢も

 

 


SIMフリーモバイルルーターで海外でも快適に

 

モバイルルーター_PC使用イメージ

 

海外旅行に行く時、みなさんはどうやって日本にいる家族や友人と連絡をとっていますか?

電話はもちろん、メールやLINE、Instagramなど、インターネットを通じて連絡をとっている方が多いのではないでしょうか。

 

そこで気になるのが海外でのインターネットへの接続方法。

宿泊しているホテルではフリーWi-Fiを使用できる場合も多いですが、日本にいる友人にほしいお土産の種類を確認したり、素敵な景色をSNSで共有したい時など、外でインターネットを使用したい時はすぐにWi-Fiに接続できない場合も多いです。

 

そんな時、便利なのがモバイルルーターです。

モバイルルーターがあれば、出先でも好きな時にインターネットに接続することができ、より快適に海外旅行を楽しむことができます。

 

今回は海外でも使用できるSIMフリーのモバイルルーターの選び方とおすすめのモバイルルーターを紹介します。

海外旅行に行く際、ぜひ参考にしてください。

 

 

SIMフリーモバイルルーターって?

 

「最近よく聞くけど、SIMフリーって何?」と思われている方も多いのではないでしょうか。

 

SIMフリーとは、どのキャリアのSIMでも使用できるという意味です。

 

モバイルルーターの中には、SIMロックがかかっており、auやdocomo、SoftBankなど特定のキャリアのSIMしか使用できないものもあります。

これに対し、SIMフリーのモバイルルーターでは好きなキャリアのSIMを使用することができ、使用する地域や利用頻度に合わせて使用するキャリアを変更することができます。

このため、SIMを差し替えれば1台のモバイルルーターでどこにいてもインターネットへの接続が可能になるのです。

 

 


海外でも使えるSIMフリーモバイルルーターの選び方

 

モバイルルーター_デバイスサンプル

 

便利なSIMフリーモバイルルーターですが、多くのメーカーから様々な機種が販売されているため、いざ購入しようとするとどれを購入すればよいのか迷ってしまいます。

そこで、ここからは海外でも使えるSIMフリーモバイルルーターの選び方について解説します。

 

渡航先のバンドに対応しているか

 

海外で使用するモバイルルーターを選ぶ際にまず気を付けたいのが、渡航先のバンドに対応しているかどうかです。

バンドとは周波数のことで、使用したいエリアのバンドに対応していないとインターネット回線に接続することができません。

 

そのため、モバイルルーターが渡航先の地域のバンドに対応しているかは必ず確認しておきましょう。

何カ国かで使用する場合は、複数のバンドに対応しているモバイルルーターを購入すると1台で対応することができます。

 

使用したいSIMカードのサイズに対応しているか

 

使用するSIMカードのサイズとモバイルルーターに挿入可能なSIMカードのサイズが合っているかも、忘れてはいけないチェックポイントの1つです。

 

SIMカードには標準SIM、microSIM、nanoSIMの3つのサイズがあります。

使用するSIMカードとモバイルルーターが対応しているSIMカードのサイズが異なると、SIMカードをモバイルルーターに挿入することが出来ず、モバイルルーターがあってもインターネットに接続することが出来ません。

 

渡航先のバンド数と合わせて、挿入可能なSIMカードのサイズも必ず確認するようにしましょう。

 

バッテリーは持ちは良いか

 

海外旅行で使用する場合は、バッテリー持ちの良さも重要なポイントです。

 

渡航先にもよりますが、出先でバッテリーが切れてしまった場合、日本のカフェのようにふらっと立ち寄って充電できる場所はなかなかありません。

もし充電できる場所が見つかっても、十分にバッテリーが充電されるまでその場から離れられなくなってしまうため、自由に行動できる時間が減ってしまい、スケジュールを変更しなければならなくなってしまうこともあります。

こうした事態を防ぐため、モバイルルーター購入時は「連続通信時間」が旅行中の外出時間より長いか確認しておきましょう。

 

また、バッテリー容量の大きいモバイルルーターの中には、給電機能を備えているものもあります。

スマホやカメラなどを長時間使用する予定がある場合、こうした機能のあるものを購入しておくと、モバイルバッテリーを持ち歩く必要がなくなるため、荷物を減らすことができます。

 

携帯しやすいか

 

出先で使用する上では、携帯のしやすさも気にしておきたいところです。

大きすぎるものだとバッグに入れられるものが減ってしまいますし、重いものだと体に負担がかかってしまいます。

 

モバイルバッテリーは携帯用として作られているため、比較的小さく軽いものが多いですが、購入の際は外出用のバッグに納まる大きさかはもちろん、重量が軽いかも合わせてチェックすると良いでしょう。

 

デュアルSIMに対応しているか

 

デュアルSIM対応とは、1つのルーターに2つのSIMカードを挿入できることを意味します。

この機能のよいところは、面倒なSIMカードの抜き差しなしに、設定1つで使用するSIMを切り替えられるところです。

 

複数の国を渡航する予定で、国によってSIMカードを切り替える必要がある場合や、利用シーンによって低速で安価な回線と高速で高価な回線を使い分けたい場合などは、デュアルSIM対応のモバイルルーターを使用するとスムーズに対応できます。

 

通信速度の速さは十分か

 

より快適にネット回線を使用するために、通信速度もチェックしておきましょう。

ネットで調べものをする程度であればあまり気にする必要はありませんが、動画の視聴やアップロードなどをしたい場合、通信速度が遅いとストレスになります。

 

動画を視聴する場合は、動画の解像度にもよりますが、最低でも最大通信速度が5Mbps以上のモバイルルーターを使用することをおすすめします。

最大通信速度は使用する通信方式(LTE、3G等)により異なるので、渡航先で使用する通信方式と合わせて確認しておきましょう。

 

 

海外で使用可能なおすすめSIMフリーモバイルルーター

 

海外旅行向けのSIMフリーモバイルルーターの選び方が分かったところで、ここからはおすすめの機種をご紹介します。

各機種の特徴やスペックをまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

 

1. NETGEAR AirCard AC785

 

 

まずご紹介するのはNETGEARの「AirCard AC785」。

対応国数が多く、なんと93カ国での使用が可能です。

 

また、最大で15台の同時接続が可能であるため、家族や友人などと一緒に利用することができます。

コンパクトで携帯性にも優れているので、旅行のお供としてもぴったりです。

 

NETGEAR AirCard AC785の商品情報

 

バッテリー容量:2,000mAh

連続通信時間:約10時間

サイズ:約110×69×16.6mm

重さ:約127 g

デュアルSIM:対応不可

通信方式:LTE/3G

SIMサイズ:microSIM

 

2. NEC Aterm MR05LN

 

 

続いてご紹介するのはNECの「Aterm MR05LN」。

デュアルSIM対応で、ショートカットアイコンを使用すれば10秒という速さでSIMの切り替えが可能です。

 

事前に設定しておけば時間帯、通信量などにより自動でSIMを切り替えることも出来ます。

頻繁にSIMの切り替えを頻繁に行いたい方におすすめの機種です。

 

NEC Aterm MR05LNの商品情報

 

バッテリー容量:2,500mAh

連続通信時間:Wi-Fiテザリング時 約14時間、Bluetoothテザリング時 約30時間

サイズ:約63×115×11mm

重さ:約115g

デュアルSIM:対応

通信方式:LTE/3G

SIMサイズ:nanoSIM

 

3. HUAWEI Mobile WiFi E5577

 

 

HUAWEIの「Mobile WiFi E5577」。

3000mAhの大容量バッテリー搭載で、連続通信時間が12時間と長いことに加え、スマホやタブレットなどのモバイル機器への給電も可能です。

バッテリー容量が大きい割に重量も約112gと軽量で、携帯性にも優れています。

 

国内の主要バンドはもちろん、海外の多くのバンドに対応しており、海外旅行中でも国内にいるのと同じようにネット回線を使用できるのも魅力です。

 

HUAWEI Mobile WiFi E5577の商品情報

 

バッテリー容量:3,000mAh

連続通信時間:約12時間

サイズ:約96.8×58×17.3mm

重さ:約112g

デュアルSIM:対応不可

通信方式:LTE/3G

SIMサイズ:標準SIM

 

4. ZMI Battery Wi-Fi MF855

 

 

「とにかく電池持ちの良さを重視したい!」という方におすすめなのがZMIの「Battery Wi-Fi MF855」。

7,800mAhというずば抜けた容量のバッテリーを搭載しており、連続通信時間は18.5時間と旅行中の長い外出でも安心の長さです。

 

給電機能があり、通信中も他のモバイル機器への充電が可能である上、本体を充電しながら他の機器への充電も同時に出来る「おっかけ充電」機能付。

約235gと他の機器と比較するとやや重めですが、モバイルバッテリーとして兼用できるので、モバイルバッテリーも携帯する場合と比べると荷物を軽量化することができます。

 

ZMI Battery Wi-Fi MF855の商品情報

 

バッテリー容量:7,800mAh

連続通信時間:約18.5時間

サイズ:約75×102.2×22.3mm

重さ:235g

デュアルSIM:対応不可

通信方式:LTE/3G

SIMサイズ:microSIM

 

5. NEC Aterm MP01LN

 

 

携帯性の良さを重視する方におすすめなのがNECの「Aterm MP01LN」。

重さ約71g、かつクレジットカードよりも小さいサイズでポケットにも入る大きさです。

 

コンパクトでありながら連続通信時間も約10時間と長く、自動で接続設定をしてくれるため、簡単に使用できます。

モバイルルーターを初めて購入する方や、操作が不安な方にもおすすめです。

 

NEC Aterm MP01LNの商品情報

 

バッテリー容量:1,670mAh

連続通信時間:約10時間

サイズ:約50×91×12mm

重さ:約71g

デュアルSIM:対応不可

通信方式:LTE

SIMサイズ:nanoSIM

 

6. ZTE MF920S

 

 

携帯性だけではなく、バッテリーもちの良さも重視したいという方にはZTEの「MF920S」がおすすめです。

 

約106gと軽く、大きさもコンパクトですが、連続通信時間は驚きの14時間。

無線LANをOFFにしておけば、なんと575時間もバッテリーが持ちます。

 

「Aterm MP01LN」と同様に自動APN設定機能搭載で面倒な接続設定不要である上、1.44インチのカラー液晶がついておりバッテリー残量や通信状況も確認しやすく、初心者の方におすすめです。

 

ZTE MF920Sの商品情報

 

バッテリー容量:2300mAh

連続通信時間:約14時間

サイズ:約107.5×63.7×14.8mm

重さ:約106g

デュアルSIM:対応不可

通信方式:3G/LTE

SIMサイズ:標準SIM

 

7. FREETEL ARIA 2

 

 

続いてご紹介するのはFREETELの「ARIA 2」。

液晶画面に表示されるQRコードを読み取ることで、簡単にネット回線に接続できるのが特徴です。

 

ラバーコーティングで擦り傷や汚れが付きにくいのも魅力の1つ。

microSDカードを差し込むことで、ファイルストレージとしても使用できる優れものです。

 

FREETEL ARIA 2の商品情報

 

バッテリー容量:2300mAh 

連続通信時間:約17時間

サイズ:約66×110×77mm

重さ:約110g

デュアルSIM:対応不可

通信方式:3G/LTE

SIMサイズ:標準SIM

 

8. GlocalMe G4

 

 

複数の国を渡航する方におすすめなのがGlocalMeの「G4」。

SIMカード不要で、アプリの設定をするだけで140の国と地域で使用することができます。

 

使用地域での最適な通信キャリアを自動で選択・接続してくれるため手間のかかる接続設定も不要です。

バッテリー容量も3,900mAhと大きく、給電機能も搭載しているため、モバイルバッテリーとしても使用できます。

 

GlocalMe G4の商品情報

 

バッテリー容量:3,900mAh

連続通信時間:約13時間

サイズ:約136×72.2×12mm

重さ:約188g

デュアルSIM:対応可能

通信方式:3G/LTE

SIMサイズ:nanoSIM

 

9. HUAWEI Mobile WiFi E5383

 

 

通信速度の速さが気になる方におすすめなのがHUAWEIの「Mobile Wi-Fi E5383」。

下り最大通信速度300Mbpsの高速通信が可能で、動画の再生や大きなファイルのアップロードも快適に行えます。

 

通信エリアが広く、山間部などでもつながりやすい点や操作しやすく見やすいカラータッチスクリーンも魅力です。

 

HUAWEI Mobile WiFi E5383の商品情報

 

バッテリー容量:3000mAh

連続通信時間:約13時間

サイズ:約95×58×16.4mm

重さ:約120g

デュアルSIM:対応不可

通信方式:3G/LTE

SIMサイズ:microSIM

 

10. PIXELA PIX-MT100

 

 

よりコンパクトなUSBスティック型のSIMフリーモバイルルーターをお探しの方には、PIXELAの「PIX-MT100」がおすすめ。

無線タイプの機器と比較すると持ち運びに便利で、ノートパソコンやシガーポケットなど接続先から電力が供給されるため、本体の電池残量を気にしなくて良いのが特徴です。

 

USBスティック型のSIMフリーモバイルルーターは接続先のノートPCや車など1台で使用するものが一般的ですが、この製品はアクセスポイントとして最大8台まで同時接続可能であり、スマホやタブレット、ゲーム機なども同時に接続することができます。

 

PIXELA PIX-MT100の商品情報

 

バッテリー容量:-

連続通信時間:-

サイズ:約92.9×34.1×14mm

重さ:約34g

デュアルSIM:対応不可

通信方式:LTE

SIMサイズ:microSIM

 

 


海外旅行におすすめのSIM

 

ネット回線に接続するためには、モバイルルーターだけではなくSIMカードも必要です。

ここからは、海外旅行におすすめのSIMカードを紹介します。

 

1. eConnect Japan MightySIM

 

 

まずご紹介するのは、eConnect Japanの「MightySIM」です。

 

世界100カ国以上で使用が可能なプリペイド式SIMで、購入後はオンラインでプランの管理が出来ます。

事前に渡航先で使用可能なプランを購入しておけば、現地ですぐに使用可能で、アクティベートの手間も不要です。

 

データ残量がなくなる前にデータをチャージしてくれるオートチャージ機能もあり、突然のデータ切れの心配もなし。

検閲の厳しい中国でも、検閲システムの影響を受けずにGoogle各種サービスやSNSが利用可能というのも魅力です。

 

2. AIS SIM2Fly

 

 

1回きりの海外旅行におすすめなのがAISの「SIM2Fly」。

ヨーロッパ、アジアを中心とする70の国と地域で使用可能な使い捨てSIMです。

 

アクティベート後、15日間・4GBまで通信が可能であるため、短期の旅行であればこれ1枚で十分対応できます。

もしデータ使用量が4GBを超えた場合でも、128kbpsの速度制限はかかりますが、通信できなくなることはありません。

 

また、日本でも使用できるため、使用可能データ量が余った場合は帰国後に無駄なく利用できるのも嬉しいポイントです。

 

3. mobell ワールド・プラスSIM

 

 

通話もしたいという方にはmobellの「ワールド・プラスSIM」がおすすめ。

ヨーロッパを中心に100カ国以上の地域で使用可能なポストペイド型のSIMで、無料分の1GB以上のデータを使用した場合は使用した分だけ料金が請求されます。

 

海外で使用可能なプリペイドSIMカードはデータ専用のものや通話専用のチャージが必要なものが多いですが、こちらのSIMカードは音声通話の事前申し込みやチャージ不要で、必要な時にすぐ通話が可能。

通話料金も国内通話が50円/分、日本への国際電話75円/分と手ごろで、安心して通話することができます。

 

基本料金が1か月単位で設定されており、長期の滞在ほど割安になるのも特徴です。

 

 

レンタルするという選択肢も

 

ここまで、モバイルルーターの購入に関する情報をご紹介しました。

 

しかし、海外でSIMフリーモバイルルーターを使用したい場合は、購入ではなくレンタルするという手段もあります。

購入する場合は5,000円~25,000円ほどの機器に加えてSIMカードも購入する必要がありますが、レンタルの場合は1日あたり約1,500円から利用可能で、面倒な機器の設定も不要です。

 

受取・返却の手間や通信速度の制限などのデメリットもありますが、短期間の旅行で出来るだけ費用を抑えたい方や、機器の設定に不慣れな方はレンタルも検討してみると良いでしょう。

 

 

海外でも快適なインターネット環境を提供してくれるSIMフリーのモバイルルーター。

渡航する国や旅行中の過ごし方によって、使用しやすい機種も変わってきます。

 

より快適に海外旅行を楽しむためにも、ここでご紹介した選ぶ際のポイントやおすすめの機種を参考にしつつ、自分の旅行スタイルにあったモバイルルーターを探してみてください!


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(599)
北海道・東北(44)
  北海道(26)
  青森(3)
  岩手(2)
  宮城(8)
  秋田(1)
  山形(3)
  福島(1)
関東(226)
  埼玉(7)
  千葉(14)
  東京(134)
  神奈川(49)
  茨城(5)
  栃木(7)
  群馬(5)
  山梨(5)
甲信越・北陸・東海(86)
  長野(12)
  新潟(7)
  富山(3)
  石川(13)
  福井(1)
  岐阜(5)
  静岡(29)
  愛知(9)
  三重(7)
近畿(93)
  滋賀(7)
  京都(39)
  大阪(24)
  兵庫(15)
  奈良(5)
  和歌山(3)
中国・四国(34)
  鳥取(1)
  島根(5)
  岡山(8)
  広島(8)
  山口(3)
  徳島(2)
  香川(4)
  愛媛(1)
  高知(2)
九州・沖縄(78)
  福岡(15)
  佐賀(2)
  長崎(7)
  熊本(10)
  大分(10)
  宮崎(3)
  鹿児島(9)
  沖縄(22)

国外エリア一覧

東南アジア(25)
ヨーロッパ(69)
東アジア・中国・台湾(19)
南アジア・インド・ネパール(2)
中近東(7)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(10)
オセアニア(10)
アフリカ(2)
北米(17)
中南米(6)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(574)
イベント情報(368)
ショッピング・買い物・お土産(491)
遊園地・テーマパーク(569)
ビジネス・出張(168)
ロケ地、舞台(178)
世界遺産(150)
乗り物・交通・アクセス(650)
宿・旅館・ホテル(188)
旅行準備(438)
歴史・豆知識(819)
温泉・スパ(157)
絶景(473)
聖地巡礼(31)
観光旅行(771)
食事・グルメ(558)
おすすめ/ランキング(688)
デート(640)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(434)
ツアー/旅程(242)
海水浴場・ビーチ・リゾート(67)
日帰り旅(9)
1泊2日(1)
寺院・神社(30)
パワースポット(10)
ファミリー(58)
1人旅(57)
雨の日(14)
メーカー/ブランド(5)

人気記事ランキング