logo

top > 東南アジア > ベトナム > ホーチミン・シティ

東洋のパリと称される美しい街並み!ホーチミンの人気観光地14選





若い女性だけでなく、様々な年代の方から人気の高い旅行先の一つが、ベトナム最大の都市ホーチミンです。

ホーチミンは、ベトナムがフランスの占領下にあった時代から発展してきた街で、「東洋のパリ」とも呼ばれる美しい街並みが魅力の人気観光地です。
ベトナム経済の中心地であり、多くのお店で買い物を楽しむことが出来ることからから、特に女性におすすめの旅行スポットでもあります。

本記事では、ホーチミン観光で外したくない人気定番スポットをご紹介します。

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】東洋のパリと称される美しい街並み!ホーチミンの人気観光地14選

 

ホーチミンとは

ホーチミンのアクセスと市内交通

ホーチミンへのアクセス

ホーチミンの市内交通

ホーチミンの観光情報

時差

気温とベストシーズン

観光に必要な日数

ホーチミン観光の注意点

服装

治安

<ホーチミン1区のおすすめ観光スポット>

1. ベンタイン市場

2. サイゴン大教会

3. サイゴン中央郵便局

4. ホーチミン市民劇場

5. 統一会堂

6. ホーチミン人民委員会庁舎

7. サイゴンスカイデッキ

8. オペラビュー

9. ドンコイ通り

10. サイゴン動植物園

11. ベンタイン・ストリートフードマーケット

<ホーチミン1区以外のおすすめ観光スポット>

1. 戦争証跡博物館(3区)

2. 永厳寺(3区)

3. ダムセン公園(11区)

女子旅にもピッタリ!次の長期休暇は「東洋のパリ」ホーチミン旅行へ!

 

 

ホーチミンとは

 

ホーチミンとは

 

ホーチミンは、  ベトナム  南部にある国内で2番目に大きい都市です。

約30年前のドイモイ政策をきっかけに、世界中からお金が集まり現在のホーチミンができました。

 

現在はビジネスや観光の中心地として栄えており、観光客も多く訪れることから、街中は活気に満ち溢れています。

初めてホーチミンに来る人は、街を走る多くのバイクの数に圧倒されるでしょう。

 

ホーチミンの人気観光地

 

商業都市でもあるホーチミンエリアは、市街地や郊外も含めると広いですが、  観光客がよく訪れるスポットの8割はホーチミン1区に集中しています。

 

そんなホーチミンには、「東洋のパリ」といわれるゴシック建築物やおしゃれなカフェがあり、街歩きにうってつけです。

若い方だけでなく、お年を召した方々ものんびり楽しめることでしょう。

 

北部の  ハノイ  の人に比べて大らかで人当たりが良く、穏やかな気質な人が多いのも特徴です。

 

 

ホーチミンのアクセスと市内交通

 

ホーチミンのアクセスと市内交通

 

ここでは、ホーチミンへのアクセスや市内交通についてご紹介します。

いざ空港についてから戸惑わないように、事前にチェックしておきましょう。

 

ホーチミンへのアクセス

 

ホーチミンへのアクセス

 

日本からホーチミンへは、ANAやJAL、ベトナム航空、ベトジェットエアから直行便が就航しています。

成田、羽田、中部、大阪、福岡と5つの空港からホーチミンまで行くことができ、アクセス良好なのが嬉しいところ。

所要時間は  約6時間 です

 

ホーチミンにある空港は、 タンソンニャット国際空港  です。

タンソンニャット国際空港から市内まで行くには、以下の2通りの行き方があります。

 

タクシー

 

タクシーはバスより少し高いですが、お金をかけてでも早く市内までに行きたい人におすすめです。

 

目的地によって料金が変動するものの、  中心部の1区に行くのであれば20万ドン前後。

ホーチミンはバイクの交通量がすごく、渋滞に巻き込まれる可能性もありますが、市内まで約30分で行けます。

 

ベトナムのタクシーはボッタクリも多いので、タクシーを利用する際は騙されないように注意してください。

白タクのドライバーには声をかけられても乗らないようにしましょう。

 

ビナサン(Vinasun)とマイリン(Mai Linh)の2社はホーチミン内で評判が良いので、この2社のどちらかに乗ると良いです。

 

バス

 

ホーチミンで利用したいバス

 

タンソンニャット空港から出ているバスは、以下の4路線です。

 

  • 109番:空港~ファングーラオ~9月23日公園
  • 119番:空港~チョロン~ミエンタイバスターミナル
  • 152番:空港~ベンタイン市場~KDCチュンソン
  • 72-1番:空港~ブンタウ

 

乗車場所は、国際ターミナルを出て右手にあります。

各番号のバス停に停まっている、黄色のバスに乗車してください。

 

ホーチミンの市内交通

 

ホーチミン市内の移動手段は、  徒歩かタクシーを使うと便利です。

小さい町なので、市内観光ならほぼ徒歩圏内で問題ありません。

 

基本は徒歩でも十分ですが、暑くて歩き疲れた時はタクシーも利用するのがおすすめ。

物価が安いため、タクシーに乗っても大した金額はかかりません。

 

ただ、先述したようにボッタクリドライバーもいるため気を付けてくださいね。

 

 


ホーチミンの観光情報

 

ホーチミンの観光情報

 

ホーチミンの「時差」「気温とベストシーズン」「観光に必要な日数」について紹介します。

 

時差

 

日本とベトナム(ホーチミン)の時差は2時間です。

日本の方が早く進んでおり、サマータイムを実施してないため年間を通して同じ時間です。

 

2時間の時差であれば、時差ボケの心配はほとんどありません。

ただし、寝る時間や食事の時間が少しズレるので、気になる人は現地時間に合わせて調整しておくと良いでしょう。

 

気温とベストシーズン

 

ホーチミン旅行におすすめのベストシーズン

 

ベトナムは南北に伸びている国で、北部、中部、南部とエリアによって気候が変わります。

ホーチミンはベトナムでも特に暑いエリアで、  平均気温は年間を通して25〜30度。

乾季は11月~4月頃まで、5月~10月頃は雨季となり、特に4月~5月頃は年間でも気温がもっとも高くなります。

 

ホーチミンベストシーズンは、  1月~3月頃。

暑さを避けて観光したい人は、この時期に行かれることをおすすめします。

 

観光に必要な日数

 

市内の主要観光スポットを回るだけなら2泊3日で十分でしょう。

ホーチミンはそこまで大きくないため、観光スポットが密集しています。

筆者も3日間の滞在でしたが、十分だと感じました。

 

ただ、主要な観光スポットに加えて買い物やグルメなども楽しみたいなら、3泊4日以上あると良いでしょう。

 

 

ホーチミン観光の注意点

 

ホーチミン観光の注意点

 

服装

 

ホーチミンは年間を通して暑いため、基本的に年間を通して半袖短パンでも問題ありません。

ほとんどの寺院でも、入る時は短パンでも大丈夫です。

 

しかし、  お店や建物内は冷房が効いて寒いこともあり、外との寒暖差があります。

体調を崩す可能性もあるため、薄手のカーディガンやパーカーなどを持っていくとおすすめします。

 

治安

 

ホーチミンの治安は、比較的安定しています。

観光客が多いエリアは安全ですが、  引ったくりやスリ、置き引き、タクシーのボッタクリには注意しましょう。

観光地辺りを歩いていると、日本語で話しかけてくるタクシードライバーがいますが無視してください。

 

命に関わる凶悪犯罪も多くはないので、必要以上に心配しなくて良いでしょう。

夜でも人気のある道であれば一人で歩いても大丈夫ですが、  人気のない暗い通りは歩かないのが賢明です。

 

 


<ホーチミン1区のおすすめ観光スポット>

 

先述した通り、ホーチミンの観光スポットは多くが1区に集まっています。

ホテルや高層ビルが立ち並ぶ近代的な雰囲気もありながら、西洋の面影も色濃く残っている魅力的なエリアです。

 

位置的にも中心にあり他の区にも行きやすいので、ホテルを1区にとって観光拠点にするのも良いでしょう。

 

1. ベンタイン市場

 

Ben Thanh Market ベトナム ホーチミン 観光
ベンタイン市場

 

ベトナムはホーチミンで1番の観光名所であり、ホーチミン市民の台所、それがベンタイン市場です。

ここは、初めてのホーチミン観光なら必ずみんなが立ち寄るほど有名な観光スポットの一つです。

 

ベンタイン市場の魅力って?

 

ベンタタイン市場

 

活気あふれるこの市場がおすすめなのは、やはりホーチミンで生活するベトナム人の本当の姿に触れ合うことができるからです。

この市場は、朝は6時ごろから夕方6時ごろまで開いており、時間によって色々な一面を観光客に見せてくれます。

 

ベンタイン市場

 

例えば、朝早い時間に市場に行くと地元で生活する人々が集まり、食品を中心に商売をしています。

そこには観光客の為の市場の姿はなく、ホーチミンの台所としてのベンタイン市場の様子を間近に見ることができます。

 

また、昼間は観光客を目当てにしたお土産屋さんや洋服の仕立て屋さんが店を広げて、客引きのための日本語や英語などが飛び交い活気に溢れています。

ちょっとだけお店の人と話しながら、ベトナム人のパワーを肌で感じるのも楽しいでしょう。

 

そして、夜は市場の隣に開かれるナイトマーケットで、冷たいビールを飲みながらホーチミンの料理に舌鼓を打てます。

このようにベンタイン市場に行けば、1日を通してホーチミンの素顔を見ることができます。

 

ベンタイン市場


住所 : Cho Ben Thanh, Ho Chi Minh Vietnam

マップ : Googleマップ

定休日 : 無休

営業時間 : 6:00~23:00 (市場は18:00まで)

料金 : 無料

 

2. サイゴン大教会

 

Duc Ba Church ベトナム ホーチミン 観光
サイゴン大教会

 

かつて、ホーチミンはサイゴンと呼ばれており、17世紀から19世紀までフランスの植民地でした。

当時の面影を残す建物の中でも、とても美しく観光客の目を引いてやまないのがサイゴン大教会です。

 

植民地時代の影響もあってか、実はベトナムには多くのカトリック教徒が住んでいます。

普段は観光客がたくさん訪れますが、ミサが開かれる日曜日には大勢の地元の信者が集まってきます。

 

サイゴン大教会の魅力って?

 

ホーチミンは、「東洋のパリ」ともいわれる街で、ヨーロッパ風の建築がたくさん残っています。

サイゴン大教会の建物は、1880年に建てられたカトリックの教会で、当時のヨーロッパで流行していたネオ・ゴシックの建築様式です。

厳かでありながらも洗練された建築物に、観光客は眼を奪われます。

 

もしカトリック教徒の方であれば、1度ホーチミンのこの美しい教会で開かれるミサに参加してみるのもおすすめです。

 

サイゴン大教会


住所 : Ben Nghe, District 1, Ho Chi Minh City, Vietnam

マップ : Googleマップ

定休日 : 無休

営業時間 : 8:00〜10:30、15:00〜16:00

料金 : 無料

 

3. サイゴン中央郵便局

 

Saigon Central Post Office ベトナム ホーチミン 観光
サイゴン中央郵便局

 

先ほど取り上げたサイゴン大教会のすぐ隣には、次なるおすすめスポット、サイゴン中央郵便局があります。

この郵便局は、フランス統治時代に作られた歴史的な建物であると同時に、現在でも郵便局としてホーチミン市民が毎日使っています。

 

サイゴン中央郵便局の魅力って?

 

建物の外観は、ヨーロッパの駅のような重厚感のある建物です。

建物の中に入ると、フランス人のセンスを感じるお洒落な作りに目を奪われます。

 

また、壁面には当時の地図がそのままの状態で保存されており、ホーチミンの歴史を感じることもできます。

局内に置かれている調度品も、木製で建物の雰囲気にぴったり合っているため、内部の作りをじっくりと観察したいスポットです。

 

観光の記念に、サイゴン中央郵便局から日本にいる家族や友達に手紙を送るのもおすすめです。

ノスタルジックな気分に浸れること間違いなしです。

 

サイゴン中央郵便局


住所 : 2 Cong xa Paris, Ben Nghe, District 1, Ho Chi Minh City, Vietnam

マップ : Googleマップ

定休日 : 無休

営業時間 : 7:00〜20:00

料金 : 無料

 

4. ホーチミン市民劇場

 

Municipal Theatre, Ho Chi Minh City ベトナム ホーチミン 観光
ホーチミン市民劇場

 

ホーチミン市民劇場は、「サイゴンオペラハウス」とも呼ばれています。

この建物は元はフランス植民地時代に建てられましたが、ベトナム戦争により被害を受けました。

 

しかし、1998年に復元されて、今では建設当時の姿を取り戻し、観光スポットの一つとして人気があります。

 

ホーチミン市民劇場の魅力って?

 

劇場はコロニアル建築様式で、ホーチミンが「東洋のパリ」と称されるゆえんの一つです。

細部に至るまでこだわって作られた彫像や装飾は、あたかも美術館を見ているかのような美しさです。

 

観光の際には、このフランスの香り漂う建物をぜひ見てみましょう。

観光で訪れた際には、ぜひ注目したいホーチミンのおすすめスポットです。

 

外観に負けず劣らず、内部の作りも豪華です。

内部を観覧されたい方は、週末の夜に行われるオーケストラのコンサートやバレエなどの公演にぜひ行ってください。

チケットは正面入り口横のブースで購入することができます。

 

また、ライトアップされた夜間の景色は、昼間とは違った幻想的な美しさを楽しませてくれます。

 

ホーチミン市民劇場


住所 : Lam Son Sq Dong Khoi Area, Ho Chi Minh Vietnam

マップ : Googleマップ

電話番号 : 0838251563

定休日 : 無休

営業時間 : 内部観覧は、ショーによって異なります。

料金 : 有料

 

5. 統一会堂

 

Reunification Palace ベトナム ホーチミン 観光
統一会堂

 

ホーチミン観光のおすすめの一つに、博物館としても解放されている統一会堂があります。

ベトナム戦争の終結の舞台ともなった場所であり、歴史的な観点からも非常に重要な場所です。

 

この施設は、現在でも国際会議の為に使われることもありますが、通常は30,000ドンの入場料を払って見学することができます。

 

統一会堂の魅力って?

 

この建物は、ベトナム戦争終結まで南ベトナムの大統領官邸としての役割を果たし、部屋数も100を超える非常に大きなものです。

豪華絢爛な居住スペースからは、当時のきらびやかな生活の一面を見て取ることができます。

また、政府の施設としての厳しい危機管理体制がどのようなものであったかを、現在でも垣間見ることができます。

 

日本語の案内パンフレットやガイドさんのおかげで、英語に苦手意識がある方でも展示されている資料に関して、詳しく知ることが可能です。

歴史好きの人にとって、ホーチミン観光の際にはぜひ立ち寄りたいおすすめスポットの一つです。

 

統一会堂


住所 : 135 Nam Ky Khoi Nghia Street, District 1, Ho Chi Minh City, Vietnam

マップ : Googleマップ

定休日 : 無休

営業時間 : 7:30〜11:00、13:00〜16:00

料金 :
一般 30,000ドン
大学生 15,000ドン
6〜17歳 5,000ドン
※日本語のパンフレット 10,000ドン

 

6. ホーチミン人民委員会庁舎

 

The Ho Chi Minh City People's Committee Hall ベトナム ホーチミン 観光
ホーチミン人民委員会庁舎

 

ホーチミンの中心部、グエンフエ通りの突き当たりにあるのが、ホーチミン人民委員会庁舎です。

この建物は、ホーチミン市における現役の役所として機能しています。

そのため、内部への立ち入りは関係者以外厳重に禁止されています。

 

ホーチミン人民委員会庁舎の魅力って?

 

黄色のフレンチコロニアル様式の建物は、ホーチミンの写真で必ずと言っても良いほど紹介される場所です。

歴史を感じさせる美しい外観と、鮮やかな色使いに、観光客の目は釘付けになります。

 

この建物は、観光客の写真撮影のポイントとして有名なので、旅の思い出にこの建物をバックに記念撮影をするのがおすすめです。

 

写真撮影の際の注意しておきたいのが、この建物が役所であるため至近距離での撮影ができないということ。

ホーチミン随一の有名な建造物を、自分の目とカメラにばっちりと収めておきましょう。

 

さらに、ホーチミン人民委員会庁舎は夜間にライトアップが行われ、ホーチミンの夜の観光名所でもあります。

昼とは違った美しさの庁舎を、ぜひ楽しんでください。

 

ホーチミン人民委員会庁舎


住所 : 86 Le Thanh Ton Street, Ben Nghe Ward, District 1, Ho Chi Minh City, Vietnam

マップ : Googleマップ

定休日 : 無休

営業時間 : 24時間(外観のみ)

料金 : 無料

 

7. サイゴンスカイデッキ

 

Saigon Skydeck ベトナム ホーチミン 観光
サイゴンスカイデッキ

 

ホーチミンのおすすめ観光スポットは、歴史的な建物や博物館だけではありません。

ホーチミンは今も発展を続ける、とてもエネルギッシュな街であり、近代的な魅力にも満ち溢れた都市です。

 

その一つが、ホーチミンで1番高い建物であるビテクスコ・フィナンシャルタワーにオープンしたスカイデッキです。

ここは、地上68階・地下3階建ての巨大なビルで、その49階、地上178メートルの場所にある展望フロアーがスカイデッキです。

 

入場料金は、200,000ドン(日本円で約1,000円)です。

 

サイゴンスカイデッキの魅力って?

 

サイゴンスカイデッキの周囲には、景色を遮るものがないためホーチミンの街全体を見渡すことができます。

特に、夕方から夜にかけての時間にスカイデッキに行くのがおすすめです。

夕焼けから夜景へと変化してゆく、美しいホーチミンの街並みを満喫することができますよ。

 

また、無料のミネラルウォーターもあり、望遠鏡が無料で使えるという、旅行者には嬉しいサービスがあります。

 

サイゴンスカイデッキ


住所 : 36 Ho Tung Mau street, District 1, Ho Chi Minh City, Vietnam

マップ : Googleマップ

定休日 : 無休

営業時間 : 9:30〜21:30(チケット購入・入場は閉館45分前まで)

料金 : 200,000ドン

 

8. オペラビュー

 

Opera View Building ベトナム ホーチミン 観光
オペラビュー

 

ホーチミン観光の中でも、1番の楽しみはなんといってもショッピングです。

先ほどご紹介したベンタイン市場での買い物も楽しいですが、やはり旅行に来た時こそ、思い出にもなるブランド品を自分へのご褒美として買いたいところです。

 

そんな時におすすめしたいのが、オペラビューと言う建物です。

 

オペラビューの魅力って?

 

ここは、オフィスなども入る複合型のビジネスビルディングですが、ここにはルイ・ヴィトンやエニグマなどの高級ファッションブランドのお店が入っています。

 

しかも、ホーチミン市民劇場のすぐとなりと言う好立地のため、お買い物にはうってつけです。

また、日本からのツアーで良く泊まるホテルからとても近いというのも嬉しいですね。

 

お気に入りの品を、ぜひこちらで見つけたいものです。

 

オペラビュー


住所 : Opera View Building, 161 Dong Khoi Street, District 1, Ho Chi Minh City, Vietnam

マップ : Googleマップ

定休日 : 店舗によって異なります

営業時間 : 店舗によって異なります

料金 : 無料

 

9. ドンコイ通り

 

Rue Catinat ベトナム ホーチミン 観光
ドンコイ通り

 

ホーチミンに観光で来たのなら、おすすめしたい買い物エリアがあります。

 

それが、ドンコイ通りです。

この通りにはたくさんの雑貨屋さんがあり、ゆっくりと時間をかけてお気に入りのかわいい雑貨を見つけることができます。

 

ドンコイ通りの魅力って?

 

ホーチミンの市場では、価格が表示されていないために高い買い物をしてしまったという話を聞くことがありますが、この通りにあるお店は金額が表示されているため、観光客用の高い値段で商品を買ってしまう心配がまずありません。

 

また、数多くの雑貨屋さんが店を構えていますが、それぞれのお店がみんな独自のカラーを出しているところも、おすすめしたい理由です。

自分のお目当ての品を決めておき、お店のコンセプトを見極めてお買い物をすれば、ホーチミンでのショッピングを存分に楽しめます。

 

ドンコイ通りは、ホーチミン観光で絶対に忘れてはならないおすすめスポットです。

 

ドンコイ通り


住所 : Dong Khoi Street, District 1, Ho Chi Minh City, Vietnam

マップ : Googleマップ

定休日 : 店舗によって異なります

営業時間 : 店舗によって異なります

料金 : 無料

 

10. サイゴン動植物園

 

サイゴン動植物園

 

2014年に開園150周年を迎えた、歴史のある動植物園。

世界最古の動物園10選にも選出されており、正確には世界で6番目に古く、アジアでは最古の動物園です。

 

元々は、フランスの植物学者であるルイ・ピエールが、1864年にサイゴン動植物園の前身である植物園を作りました。

それからベトナム戦争によって植物園が破壊され、また復活するなどの変遷を経て、今のサイゴン動植物園が出来上がりました。

 

園内には、約120種類・1,000頭ほどの動物が飼育されており、ファミリーやカップルを中心に数多くの人が見受けられます。

入場料が安く日本円で大人が約270円・子供が約160円とお手ごろで、立地も中心部からタクシーで約10分・徒歩で約20分と行きやすいところにあります。

 

サイゴン動植物園の魅力って?

 

たくさんの珍獣を目の当たりにできるところです。

 

世界では約250頭(日本では約35頭)しかいない絶滅危惧種として保護対象となっているホワイトタイガーや、同じく絶滅危惧種に指定されている世界三大珍獣のコビトカバ、アジアゾウなど、普段は見ることのできない珍しい動物を直に観察することができます。

 

植物園には約260種類・1,800本ほどの木々が生い茂っており、樹齢が100年を超えるような趣のある木々が連なっています。

それらに囲まれて散歩をしたり、レジャーシートを広げてみんなでご飯を食べたりすると、格別に気持ち良いでしょう。

中にはハンモックを吊るしてお昼寝している人も見受けられます。

 

歴史ある自然と動物に囲まれたサイゴン動植物園で、ホーチミンの喧騒を忘れて心豊かにのんびりと過ごしてみてはいかがでしょうか。

休日には大変混雑しますので、できれば平日に足を運ぶことをおすすめします。

 

サイゴン動植物園


住所 : 2B Nguyen Binh Khiem Str., Ward Ben Nghe, Dist. 1, Ho Chi Minh City, Vietnam

マップ : Googleマップ

アクセス : 統一会堂からレユアン(LeDuan)通りを進み、突き当たりにあります。

電話番号 : 08 38 291 425

定休日 : 無休

営業時間 : 7:00〜18:00 (土日は22:30まで開園)

料金 : 130cm以上は12.000ドン、130cm以下は10.000ドン

 

11. ベンタイン・ストリートフードマーケット

 

ベンタンストリートフードマーケット

 

「ベンタイン・ストリートフードマーケット」は、ベンタイン市場から歩いて1分のところにあるフードコートです。

 

屋台の数は40店舗ほどで、屋根があるので雨が降っても安心。

ベトナムの料理だけでなく、日本食やインド料理、韓国料理、タイ料理など世界各国の料理が味わえますよ。

 

ベンタンストリートフードマーケット

 

世界中から観光客が集まるベンタイン・ストリートフードマーケットですが、夜は特に賑わいを見せ、アジアらしい熱気を感じられます。

筆者は午後に行きましたが、特にヨーロッパ系の外国人で多く、盛り上がっていました。

 

ランチにも夜ご飯にも使えるフードコートです。

 

ベンタイン・ストリートフードマーケットの魅力って?

 

ベンタンストリートフードマーケット

 

ベンタイン・ストリートフードマーケットの中は、屋台村のようになっています。

料金は観光客向けなので若干割高ですが、様々な料理が楽しめます。

 

料理は各店舗で注文し、支払いをします。

飲み物はその場で受け取れるものもありますが、料理は基本的に席に小さな旗を置いておけば、店員さんが持って来てくれますよ。

 

開放感があり、東南アジア特有の雑多な雰囲気が好きな人にはたまらないでしょう。

週末にはライブが開催されるので、タイミングが合えば食事と一緒に楽しむの良いですね。

 

ベンタイン市場で買い物をした後にはぜひベンタイン・ストリートフードマーケットに立ち寄って、食事を楽しんでください。

 

ベンタイン・ストリートフードマーケット


住所 : 26-28-30 Thủ Khoa Huân, Phường Bến Thành, Quận 1, Thành phố Hồ Chí Minh 700000 ベトナム

マップ : Googleマップ

アクセス : ベンタイン市場北門から徒歩1分

電話番号 : 090-126-2830

定休日 : 無休

営業時間 : 9:00~24:00

公式URL : ベンタイン・ストリートフードマーケット

 

 

<ホーチミン1区以外のおすすめ観光スポット>

 

ここでは、ホーチミンをより堪能したい方に向けて、1区以外にある観光スポットをご紹介します。

華々しい印象のある1区とは打って変わって、より地元に暮らす人々の生活をリアルに垣間見ることができるでしょう。

 

1. 戦争証跡博物館(3区)

 

War Remnants Museum ベトナム ホーチミン 観光
戦争証跡博物館

 

ベトナムと言えば、わずか40年ほど前に終結したベトナム戦争が印象的です。

ホーチミンには、この戦争の歴史を風化させないためにも、戦争証跡博物館があります。

 

観光の際にぜひこの博物館を訪れ、ベトナムの文化や背景にも注目したいものです。

 

戦争証跡博物館の魅力って?

 

戦争証跡博物館

 

日本でも、近年しきりに平和についての報道がなされていますが、この博物館の展示からなぜこのテーマが重要かを考えるきっかけを得ることができます。

 

まず最初に目に入るのは、屋内外に展示されている実際の戦争で使われた武器・兵器です。

 

また、館内では戦争中の悲惨な出来事の写真や、化学兵器の結果として生まれた現実を展示物を通して見ることができます。

 

戦争証跡博物館

 

血で血を洗う戦闘が、実際にこの場所で起きた証拠を目の当たりにし、観光に訪れた私たちの人生観を変えると言っても過言ではありません。

ホーチミンの戦争証跡博物館の展示から、平和のすばらしさやそのための努力について、全ての人が考えさせられることでしょう。

 

こちらの博物館は、お休みはなく15,000ドンの入館料を払えば誰でも観覧できます。

 

戦争証跡博物館


住所 : 28 Vo Van Tan, Ward 6, District 3, Ho Chi Minh City, Vietnam

マップ : Googleマップ

定休日 : 無休

営業時間 : 7:30〜12:00、13:30〜17:00

料金 : 15,000ドン

 

2. 永厳寺(3区)

 

永厳寺

 

永厳寺(ヴィンギエム寺)は、ホーチミンの中で最も有名な寺院です。

場所は統一会堂の前のナムキーゴイキア通りを北に進んだところに位置しています。

 

テト正月の期間に永厳寺に行くと、異様な光景を目の当たりにすることができます。

期間中は、みんなが揃いも揃って額の前に線香を掲げてお祈りを捧げています。

 

そもそも、ベトナムのテトとはお正月を表し、1年を通じて最も重要な祝祭日となります。

日本と同様にベトナムは大乗仏教なので、普段はお寺に行かなくとも、お正月には国民的にお寺でお祈りを捧げる慣習ができています。

 

テトは旧暦で祝うことになっているため、毎年テトの日にちは変わります。

 

ここで注意しておきたいのは、テト元旦やテト休みの期間は公的機関・お店・レストランなどが休業し、さらには交通機関やホテルが帰省を理由に大変混雑します。

もし永厳寺に足を運ばれる際は、テト期間を事前にチェックした上で行くようにすると良いでしょう。

 

永厳寺の魅力って?

 

寺院の横にある鐘楼が有名です。

というのも、日本と関係が深いということを象徴するものだからです。

 

鐘楼は日本から送られたもので、鐘楼には日本語で「日本の佛子こぞりて捧げたる。平和の鐘はベトナムに鳴る」と記載されています。

ベトナムの教科書にも掲載されているほど有名な仏教寺院で、日本に留学していた僧が帰国したのち、1971年に建立されました。

 

ベトナムと日本の関係の深さが伺える寺院のため、日本人にとってはベトナムと親近感が一気に湧くスポットだと思います。

 

永厳寺


住所 : 339 Nam Ky Khoi Nghia, District 3

マップ : Googleマップ

アクセス : 統一会堂のあるナムキーゴイキア通り沿いにありますが、かなり北上するため徒歩では難しいです。そのため、タクシーを使用するのが望ましいです。

電話番号 : 08 3 848 3153

定休日 : 無休

営業時間 : 6:30〜11:30、13:30〜18:00

料金 : 無料

 

3. ダムセン公園(11区)

 

 

ベトナムのディズニーランドと言われるほど有名なアミューズメントパークです。

 

園内には遊園地やプールもありますし、動物やサーカスだって見ることができます。

公園という名前が付いていますが、正確には遊園地付きの公園です。

 

ホーチミン市から車で1時間ほどで行くことができます。

敷地内には日本のようにぎゅうぎゅう詰めで人がいるわけではなく、ぽつぽつと人がいる程度なので、ストレスフリーで楽しめるはずです。

 

一時は入場料が無料の期間もあったようで、そのときの1日の来場者数はなんと50万人という記録を作ったほどだそうです。

東京ディズニーランドの1日の来場者数が平均5万人ほどなので、50万という数字がとんでもないということが伺えます。

 

ただ、一時は50万人であっても今は休日であってもガラガラ。

面白いことに、いないのはお客さんだけではなく、経費削減のために従業員の方もあまりいません。

 

そのため、「喉が渇いたから飲み物を買いたい!」「アイスが買いたい!」と思ってもお店の人を探すのにも一苦労するでしょう。

あらかじめ飲み物は持参していくと良いですよ。

 

ダムセン公園の魅力って?

 

芝生の日陰やベンチに座ってのんびりすることができるところです。

 

ベトナムのアミューズメントパークでは、入場料とは別にアトラクション毎にお金がかかることが一般的です。

その理由から、入場した後は芝生やベンチに座ってまったりと1日過ごすベトナム人も少なくありません。

 

入場した後はお金をかけずに、散歩をしたり芝生の上で寝転んだり、ピクニックをするファミリーの方も多いです。

せっかくベトナムに行くのであれば、現地の人の過ごし方を真似してベトナム人の気分になって過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

ただ、アトラクションにたくさん乗って遊びたいという方もいらっしゃると思いますので、お話をさせて頂きます。

 

経費削減のために従業員があまりいないという記述をしましたが、経費削減はアトラクションでも感じる場面があります。

例えば、ジェットコースターは「〇〇名以上乗らない限りは動かしません。」という決まりがあったりするので、あまりのジェットコースター乗りたさに、近くの人に声をかけて「一緒に乗らない?」と他人を誘っている人すらいたりします。

 

事前に上記を踏まえながら、ゆっくり過ごすなり、アトラクションで遊びつくすなり、動物園で動物たちとたわむれるなり、自分なりの遊び方を追求して過ごして頂ければと思います。

 

ダムセン公園


住所 :  3 Hoa Binh St. P.3.Quan11, Ho Chi Minh

マップ : Googleマップ

アクセス : ベンタイン市場のバスターミナルから11番バスに乗車して30分ほど経つと終点のダムセン公園に到着します

電話番号 : 08 3 858 7826

定休日 : 無休

営業時間 : 【平日】8:00〜21:00、【土日】8:00〜22:00

料金 : 大人180.000ドン、小人10.000ドン

 

 


女子旅にもピッタリ!次の長期休暇は「東洋のパリ」ホーチミン旅行へ!

 

ホーチミン観光

 

ホーチミンのおすすめ観光スポットは、ここには収まりきらないほどたくさんあります。

 

ぜひ次の休暇には、ホーチミンの観光を楽しまれてください。

見るところも買い物するところも、そして美味しいものもたくさんありますよ。

 

▼ベトナムの観光関連記事

 

・  ベトナムの観光名所15選!ハノイ・ホイアン・フエなど都市別に人気のおすすめスポットを厳選

・  おいしいグルメからかわいい雑貨まで!お土産の宝庫ベトナムでおすすめのお土産23選

・  ハノイのおすすめ観光スポット15選!フランスとの融合が美しく映えるベトナムの首都

・  ダナンの観光スポットまとめ!ダナンでビーチ遊びや絶品グルメを楽しもう


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(799)
北海道・東北(53)
  北海道(29)
  青森(3)
  岩手(2)
  宮城(12)
  秋田(1)
  山形(4)
  福島(2)
関東(331)
  埼玉(12)
  千葉(30)
  東京(192)
  神奈川(65)
  茨城(8)
  栃木(11)
  群馬(6)
  山梨(7)
甲信越・北陸・東海(105)
  長野(14)
  新潟(9)
  富山(3)
  石川(16)
  福井(2)
  岐阜(11)
  静岡(31)
  愛知(12)
  三重(7)
近畿(118)
  滋賀(7)
  京都(53)
  大阪(31)
  兵庫(15)
  奈良(8)
  和歌山(4)
中国・四国(51)
  鳥取(3)
  島根(5)
  岡山(8)
  広島(15)
  山口(3)
  徳島(4)
  香川(7)
  愛媛(4)
  高知(2)
九州・沖縄(95)
  福岡(16)
  佐賀(2)
  長崎(7)
  熊本(10)
  大分(12)
  宮崎(4)
  鹿児島(13)
  沖縄(31)

国外エリア一覧

東南アジア(28)
ヨーロッパ(100)
東アジア・中国・台湾(23)
南アジア・インド・ネパール(6)
中近東(7)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(11)
オセアニア(12)
アフリカ(7)
北米(21)
中南米(12)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(672)
イベント情報(379)
ショッピング・買い物・お土産(568)
遊園地・テーマパーク(591)
ビジネス・出張(198)
ロケ地、舞台(213)
世界遺産(190)
乗り物・交通・アクセス(817)
宿・旅館・ホテル(227)
旅行準備(470)
歴史・豆知識(1008)
温泉・スパ(190)
絶景(578)
聖地巡礼(38)
観光旅行(1014)
食事・グルメ(659)
おすすめ/ランキング(888)
デート(777)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(442)
ツアー/旅程(254)
海水浴場・ビーチ・リゾート(78)
日帰り旅(99)
1泊2日(72)
寺院・神社・教会(102)
パワースポット(38)
ファミリー(168)
1人旅(164)
雨の日(30)
モデルコース(13)
メーカー/ブランド(8)

人気記事ランキング