logo

top

コスパよし!履き心地よし!デザインよし!モンベルの「サンダル」徹底紹介!





ゴムソールと鼻緒でできているシンプルな構造が特徴的なモンベルサンダル。

近年のスポーツサンダル人気もあり、普段使いにもアウトドアにも使えるサンダルとして大流行しています。
今ではモンベルにおける夏の定番アイテムとして欠かせない存在となりました。

本記事では、そんなモンベルサンダルの人気の秘密やラインナップについて、徹底紹介します。
一度手に入れると、その快適さ・手軽さから、春から秋にかけて手放せない一足になること間違いなしですよ!

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】コスパよし!履き心地よし!デザインよし!モンベルの「サンダル」徹底紹介!

 

1.  アウトドアブランドの定番「mont-bell(モンベル)」

2.  モンベルの定番アイテム「サンダル」人気の秘密

特徴1:シンプルなデザインで合わせやすい

特徴2:アウトドアサンダルは履きやすい

特徴3:軽いのでアウトドア・アクティビティに最高!

特徴4:何と言ってもコストパフォーマンスが最高!!

3.  モンベルサンダルを使ったコーディネート紹介!

<メンズ>

<レディース>

<キッズ>

4.  モンベルサンダルにはあの有名セレクトショップとのコラボも!

5.  モンベルサンダル ラインナップ紹介

<コンフォートモデル?それとも通常タイプ?>

6.  モンベルサンダル ラインナップ別おすすめ紹介!

<ソックオンサンダル>

<ロックオンサンダル>

<スリップオンサンダル>

<アクアグリッパーサンダル>

<キャニオンサンダル>

 

 

1.  アウトドアブランドの定番「mont-bell(モンベル)」

 

montbell_sandals_12

 

アウトドア好きの方なら、 mont-bell(モンベル) の名を聞いたことがあるはずです。

1975年に大阪にて創業した、老舗・国産アウトドアブランドです。

 

モンベルの特徴は、 日本の気候や、日本人の体格に合ったアウトドアギアを、高性能かつ高品質で、性能に見合った(海外ブランドと比較するとリーズナブルな)価格 で展開していること。

特に国内にはファンが多く、登山やキャンプに出かけるとフィールドで見ない日はないというほどです。

 

そんなモンベルですが、いくつかの定番商品があります。

圧倒的なコストパフォーマンスを誇るレインウエア 「ストームクルーザー」 、高品質なシュラフ 「スパイラルダウンハガー」 、タウンユースでも使える 「インナーダウン」 など・・・

 

そんな中、今回紹介する「サンダル」は、近年発売されたラインナップ。

発売するやいなや爆発的人気となり、これらの定番商品の中に割って入ろうという勢いがあるアイテムです。

 

ここからは、モンベルサンダルの特徴、ラインナップについてご紹介していきます。

他の定番アイテムやブランドの歴史・魅力など、詳しく知りたい方はモンベルについての記事をご覧くださいね。

 

 

2.  モンベルの定番アイテム「サンダル」人気の秘密

 

montbell_sandals_11

 

夏になると足元に欠かせないのが「アウトドアサンダル」。

海水浴 キャンプ など、アウトドア・アクティビティにおいてはもちろん、普段履きでも快適なアウトドアサンダルは欠かせませんよね。

 

サンダルの定番ブランドとしては、アメリカのChaco(チャコ)やTeva(テバ)、ドイツの BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック) 、ビーチサンダルが有名なブラジルのHavaianas(ハワイアナス)などが挙げられます。

これらのブランドに加えて近年、爆発的な人気を巻き起こしているのが、日本が誇るアウトドアブランド「mont-bell(モンベル)」のアウトドアサンダルなのです。

 

特徴1:シンプルなデザインで合わせやすい

 

montbell_sandals_10

 

人気の秘密としてまず挙げられるのが、シンプルなデザインでどんなファッションにも合わせやすいこと。

そのデザイン性の高さは「BEAMS(ビームス)」などのコラボアイテムが誕生することからもわかります。

 

「ソックオンサンダル」などですと、その名の通りソックスを履いたままサンダルを履くという履き方ができるのも◎

ソックスを変えて様々なパターンの足元が楽しめるのも魅力ですよね。

 

特徴2:アウトドアサンダルは履きやすい

 

montbell_sandals_13

 

足を突っ込めばすぐ履けるのがモンベルサンダルの良いところ。

かかとも浮き上がりにくく、フィット感も上々です。

甲に直接当たる鼻緒の部分には柔らかい素材を採用するなど、細やかな配慮も。

 

また、ソールにはグリップ力の高いモンベルの独自素材を採用しているので、雨の日でもへっちゃら。

このあたりはさすが品質に定評のあるモンベルならではの魅力です。

 

特徴3:軽いのでアウトドア・アクティビティに最高!

 

montbell_sandals_14

 

モンベルサンダルの特徴は「圧倒的に軽いこと」です。

なんと「ソックオンサンダル」は驚きの169g!

例えば、アメリカのChaco(チャコ)の定番「Z1 CLASSIC」は314g、Teva(テバ)の「ハリケーン」は283gですから、ライバルブランドと比べても群を抜いています。

ビーチサンダルの決定版ともいえるHavaianas(ハワイアナス)のサンダルが100〜200gですから、ビーチサンダルとほとんど変わらない重量ということがわかりますね。

 

先ほど紹介したChaco(チャコ)やTeva(テバ)などのアウトドアサンダルは重くて持ち歩くのが億劫になりますが、モンベルサンダルは軽いため、キャンプや登山などのアウトドア・アクティビティにも持っていけますね。

もちろん、モンベル独自の構造によりかかとが浮き上がりにくく、履き心地も◎

モンベルサンダルは、軽さと履き心地を両立させた名品なのです。

 

特徴4:何と言ってもコストパフォーマンスが最高!!

 

そして、欠かせないのがモンベル製品全ラインナップにいえる特徴でもある「コストパフォーマンスが高い」ということ。

スタンダードな「ソックオンサンダル」であれば、なんと 2,800円+税 というとてもリーズナブルな価格設定なのです。

アウトドアサンダルとして定番のChaco(チャコ)のサンダルは何と1万円以上するモデルも・・・その中で、3,000円を切る超・良心的な価格で発売されているのは驚きともいえます。

 

 


3.  モンベルサンダルを使ったコーディネート紹介!

 

そのシンプルなデザインがウリのモンベルサンダル。

どんなコーディネートにもマッチするため、タウンユースとしても人気となっています。

ここでは、そんなモンベルサンダルを使ったコーディネートを紹介していきます!

 

<メンズ>

 

モンベルサンダルはすべてユニセックス展開となっています。

ユニセックスでカラーリングも全く同じため、カップルでお揃いなんて遊び方もできます・・・最高に素敵ですね♪

一足目としては、ソックスで遊びやすく、かつコーディネートがしまる「黒」や「青」など、落ち着いたカラーリングのものがオススメですよ。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by R🇯🇵 (@gzjapan) on

 

<レディース>

 

シンプルなデザインのモンベルサンダルは、メンズだけでなく、レディースでもバッチリはまります。

夏だけでなく、ソックスと組み合わせることで春や秋でも履くことができます。

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by hideka nagao (@hidekanagao_typy) on

 

シンプルなデザインだから、こんなきれいめコーデにも合わせれちゃうのがモンベルサンダルの良いところ。

アウトドアブランドの商品だからといって、コーディネートを選ばないのが人気の秘密です♪

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by hideka nagao (@hidekanagao_typy) on

 

<キッズ>

 

メンズ・レディースだけでなく、キッズのサイズ展開も行っているのがモンベルサンダルの嬉しいところ。

鼻緒と肌が擦れて痛くなりがちな親指と中指の間も、ソックオンサンダルなら安心できます。

週末のキャンプのために家族でお揃い・・・なんてとっても可愛いですね♪

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by shimorix1971 (@shimorix1971) on

 

 

4.  モンベルサンダルにはあの有名セレクトショップとのコラボも!

 

ソールと鼻緒だけで作られたシンプルなデザインが特徴的なモンベルサンダル。

ソックスと組み合わせれば、無限の組み合わせが楽しめちゃいます。

 

そんなシンプルなデザインは、アウトドア好きだけでなく有名セレクトショップも目を付けています。

近年では、なんとあの有名セレクトショップ「BEAMS(ビームス)」とのコラボも実現しました。

モンベルのシンプルなデザインと機能性に加えて、ビームスならではのカラーリングを取り入れた、おしゃれでタウンユースに最適なモデルになっています。

 

このコラボアイテム、毎年人気で発売直後から完売してしまうことも・・・

見つけたら早めに手に入れておくようにしましょう!

 

 


5.  モンベルサンダル ラインナップ紹介

 

montbell_sandals_09

 

モンベルサンダルのラインナップは、ソックオンサンダル、ロックオンサンダル、キャニオンサンダル、アクアグリッパーの全5種類に分かれています。

ちなみに、全ラインナップはユニセックスでの展開となっており、メンズモデル、レディースモデルといった区別はありません。

 

  • ソックオンサンダル・・・定番のタウンユース向けモデルです。その名の通りソックスを履きながら履けることが特徴。
  • ロックオンサンダル・・・ソックオンサンダルとよく似た構造ながら、かかとにストラップがつき、よりフィット感が得られるモデル。
  • スリップオンサンダル・・・鼻緒を親指と中指の間にはさんで履くモデルです。ビーチサンダル感覚で使えるのが特徴。
  • アクアグリッパーサンダル・・・ソールにグリップ力の高い素材を採用しており、ストラップによるフィット感もバツグン。川遊びなどで使用可能なフィールド向けモデル。
  • キャニオンサンダル・・・足の甲までカバーするスリッポンタイプナノが特徴。川遊びや磯遊びなど、岩などから肌を保護してくれます。

 

<コンフォートモデル?それとも通常タイプ?>

 

ソックオンサンダル、ロックオンサンダルにはコンフォートタイプというモデルが存在します。

通常モデルとの違いは、ソールの素材。

ラバー混のEVA素材を採用しているのが特徴で、雨の日や水の中でも滑りにくい仕様になっています。

タウンユースよりもアウトドアアクティビティにおいての使用が予想される場合などは、コンフォートタイプのチョイスが間違いないでしょう。

 

 

6.  モンベルサンダル ラインナップ別おすすめ紹介!

 

さてここからは、ラインナップ別にオススメのモンベルサンダルをご紹介していきます。

あなたにぴったりのサンダルはどのモデルでしょうか♪

 

<ソックオンサンダル>

 

シンプルな鼻緒のデザインが印象的な、モンベルサンダルの中でも最も人気のモデル。

足の甲を2箇所で支え、歩行時にもかかとが浮き上がりにくい構造になっています。

 

「ソックオンサンダル」はその名の通り、裸足はもちろん、ソックスと組み合わせて履けるコーディネートのしやすさが◎

本体のカラーリングも豊富なので、無限の組み合わせが楽しめちゃいますね♪

また、このソックオンサンダルには滑りにくい仕様の「コンフォート」モデルもラインナップされています。

 

mont-bell(モンベル)おすすめサンダルその1:「ソックオンサンダル」

 

 

mont-bell(モンベル)おすすめサンダルその2:「ソックオンサンダル コンフォート」

 

 

<ロックオンサンダル>

 

シンプルなデザインが美しい「ソックオンサンダル」ですが、やはり足の甲だけで支えるという構造ではフィット感が物足りないというユーザーも中にはいます。

走ったり長距離を歩いたりといったハードなアクティビティにはどうしても「ソックオンサンダル」では役不足・・・

 

そんな声を受けて誕生したのが、かかとにストラップがついた「ロックオンサンダル」です。

ソックオンサンダルやスリップオンサンダルのように「つっかけるだけ」ではなく、着脱の際かかとのベルトをしめる必要はあります。

ひと手間かかりますが、それにもまして圧倒的なホールド感で超快適な履き心地を提供するモデルになっています。

このサンダルをランニングに使っている方もいるほどです。

「ロックオンサンダル」にも、ソックオンサンダル同様のソール素材を用いた「ロックオンサンダル コンフォート」が展開されています。

 

mont-bell(モンベル)おすすめサンダルその3:「ロックオンサンダル」

 

 

mont-bell(モンベル)おすすめサンダルその4:「ロックオンサンダル コンフォート」

 

 

<スリップオンサンダル>

 

ビーチサンダルのような見た目が特徴の「スリップオンサンダル」。

モンベル独自の構造でこちらもかかとが浮き上がりにくい仕様です。

こちらは親指と中指の間に鼻緒を固定させるため、ソックスと組み合わせるなら足袋型のソックスをチョイスしましょう。

 

mont-bell(モンベル)おすすめサンダルその5:「スリップオンサンダル」

 

 

mont-bell(モンベル)おすすめサンダルその6:「スリップオンサンダル コンフォート」

 

 

<アクアグリッパーサンダル>

 

本格的な川遊びや海水浴を楽しむならオススメは「アクアグリッパーサンダル」です。

 

ソールにはモンベル独自の素材「アクアグリッパー」を採用しています。

これは、シャワークライミングなどの際に履くウォーターシューズなどに採用されているゴム素材。

水中の岩に対して高いグリップ力を持つのが特徴です。

 

また、ストラップもホールド性が高く、脱げにくい仕様になっています。

 

mont-bell(モンベル)おすすめサンダルその7:「アクアグリッパーサンダル」

 

 

<キャニオンサンダル>

 

上記で紹介してきたようなタイプのサンダルとは全く異なるのが「ロックオンサンダル」。

その名の通り、EVA素材が足の甲まで包みこむモデル。

甲にはベルトが備え付けられており、バツグンのフィット感を得られます。

 

この「キャニオンサンダル」は、磯遊びや川遊びなどで本格的に使用する場合を想定して作られたサンダルです。

ソックオンサンダルなどのタイプだと水中の岩で足の指や甲をケガしてしまうこともあるので、そういった場合は「キャニオンサンダル」をセレクトしましょう。

つっかけタイプなので、普段使いにもとても便利ですよ♪

 

mont-bell(モンベル)おすすめサンダルその8:「キャニオンサンダル」

 

 

 

サンダルは、モンベルの新定番商品。

ソックスと組み合わせたい定番モデルや、ウォーターシューズと同じソール素材を採用しグリップ力に特化したモデルなど、特徴的なモデルの数々をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

いずれのアイテムも、シンプルなデザインで水陸両用、軽くてコストパフォーマンスが高い・・・と文句のつけられない一品です。

人気の色やコラボアイテムなどは、夏を待たずして完売してしまうこともあるので、見付けたら早めに手に入れることをオススメします!


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(799)
北海道・東北(53)
  北海道(29)
  青森(3)
  岩手(2)
  宮城(12)
  秋田(1)
  山形(4)
  福島(2)
関東(331)
  埼玉(12)
  千葉(30)
  東京(192)
  神奈川(65)
  茨城(8)
  栃木(11)
  群馬(6)
  山梨(7)
甲信越・北陸・東海(105)
  長野(14)
  新潟(9)
  富山(3)
  石川(16)
  福井(2)
  岐阜(11)
  静岡(31)
  愛知(12)
  三重(7)
近畿(118)
  滋賀(7)
  京都(53)
  大阪(31)
  兵庫(15)
  奈良(8)
  和歌山(4)
中国・四国(51)
  鳥取(3)
  島根(5)
  岡山(8)
  広島(15)
  山口(3)
  徳島(4)
  香川(7)
  愛媛(4)
  高知(2)
九州・沖縄(95)
  福岡(16)
  佐賀(2)
  長崎(7)
  熊本(10)
  大分(12)
  宮崎(4)
  鹿児島(13)
  沖縄(31)

国外エリア一覧

東南アジア(28)
ヨーロッパ(100)
東アジア・中国・台湾(23)
南アジア・インド・ネパール(6)
中近東(7)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(11)
オセアニア(12)
アフリカ(7)
北米(21)
中南米(12)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(672)
イベント情報(379)
ショッピング・買い物・お土産(568)
遊園地・テーマパーク(591)
ビジネス・出張(198)
ロケ地、舞台(213)
世界遺産(190)
乗り物・交通・アクセス(817)
宿・旅館・ホテル(227)
旅行準備(470)
歴史・豆知識(1008)
温泉・スパ(190)
絶景(578)
聖地巡礼(38)
観光旅行(1014)
食事・グルメ(659)
おすすめ/ランキング(888)
デート(777)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(442)
ツアー/旅程(254)
海水浴場・ビーチ・リゾート(78)
日帰り旅(99)
1泊2日(72)
寺院・神社・教会(102)
パワースポット(38)
ファミリー(168)
1人旅(164)
雨の日(30)
モデルコース(13)
メーカー/ブランド(8)

人気記事ランキング