logo

top > 東南アジア > シンガポール > シンガポール

シンガポールを観光するならここ!おすすめスポット3選





シンガポールはとても小さな国なので、比較的短い日数でも十分に堪能することができます。
その小ささは日本に例えると、なんと東京23区や滋賀県の琵琶湖と同じぐらいのサイズと言われています。

今回は、そんな小さい国であるシンガポールのおすすめスポットを3つご紹介します。
これだけ行っておけば間違いないでしょう!

【目次】シンガポールを観光するならここ!おすすめスポット3選

 

シンガポールの名前の由来

シンガポールを観光するならここだけは行っておきたい!その①:セントーサ島

シンガポールを観光するならここだけは行っておきたい!その②:マリーナ・ベイ・サンズ

シンガポールを観光するならここだけは行っておきたい!その③:ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

 

シンガポールの名前の由来

 

シンガポールと言えば、まず思い浮かぶのがマーライオンだと思います。

上半身がライオンで、下半身が魚の空想上の生き物です。

 

そもそも、シンガポールという国名は元々マレー語やサンスクリット語のシンガプーラという語源から来ました。

シンガプーラは、シンガとプーラという2つの言葉から成立している。

 

シンガはライオン、プーラは町という意味なので、合わせてライオンの町となります。

では、なぜライオンの町と呼ばれるようになったのでしょうか?

 

それは、1324年に現在シンガポールと呼ばれる土地が発見され、当時のマレー帝国の王子が、

初めてシンガポールに上陸した際に最初に見た動物がライオンだったことから来ています。

 

しかし、現代の研究で当時はライオンは島に存在せず、

マレー帝国の王子が見た動物は、トラだという風に言われています。

 

面白いのは、現在でもマレー半島の最南端に位置する町はライオンの町と呼ばれていることです。

是非、シンガポールに行かれる際は調べてみてください。

 

その名残で、人工的に作られたのがマー(海)とライオンを組み合わせた空想上の生き物であるマーライオンなのです。

観光用に作られたマスコットなので、実在はしません。

 

Merlion(マーライオン)1

 

有名な写真のマーライオン、大きさは8.6mで重量は70tあります。

大きいような、小さいような、何とも言えないサイズですね。

 

夜になるとご覧の通り、色鮮やかなイルミネーションが点灯します。

 

Merlion(マーライオン)2

 

 

さて、シンガポールの背景を知って頂いたところで、

ここからは行っておけば間違いないおすすめスポット3選のうち1つをご紹介します。

 

 

シンガポールを観光するならここだけは行っておきたい!その①:セントーサ島

 

シンガポールの人気観光地の1つであるセントーサ島。

なんとここには、シンガポールで一番大きいマーライオンがいるのです。

 

それがコチラ

 

Merlion(マーライオン)3

 

なんとこのマーライオンの大きさは37mにもなります。

先程ご紹介したマーライオンの約4倍の大きさですね。

 

この大きなマーライオンはセントーサ島のシンボルとなっており、

中に入ってセントーサの島内を眺めることもできます。

 

Merlion(マーライオン)4

 

 

中では、マーライオンにまつわるシンガポールの誕生秘話を紹介したビデオを閲覧することができます。

日本語字幕も出るので、英語ができない方でも十分に理解することができますよ!

 

また、島内にはユニーバーサル・スタジオ・シンガポールもあって、エンターテイメント性は抜群です。

 

Universal Studios Singapore(ユニバーサル・スタジオ・シンガポール)

 

その他にも、島ということもあり海に面しているので、

ビーチでのバケーションも楽しめます。

 

Sentosa Island(セントーサ島)

 

 

まさになんでもありますね!

セントーサ島には美味しい食べ物屋さんもあるので、是非足を運んでみてください。

 

 

シンガポールを観光するならここだけは行っておきたい!その②:マリーナ・ベイ・サンズ

 

今やシンガポールといえば、マーライオンか、このマリーナ・ベイ・サンズと言われることも増えてきました。

この建物の内部はホテルや商業施設になっています。

 

Marina Bay Sands(マリーナ・ベイ・サンズ)1

 

マリーナ・ベイ・サンズの人気の秘訣は、57階にあるインフィニティ・プールです。

ホテルの宿泊者だけが利用出来るその壮大なプールは、誰もが一度は遊んでみたいと思うことでしょう。

 

Marina Bay Sands(マリーナ・ベイ・サンズ)2

 

周辺の街並みも夜になるとライトアップされてすごく綺麗ですので、

散歩がてら外を歩いてみるのも良いと思います。

 

Singapore(シンガポール)

 

散歩するときなど特に気を付けて頂きたいことは、その街の綺麗さからもわかるのですが、

タバコのポイ捨ては罰金300ドル(日本円にして約3万円)程度かかってしまうということです。

 

その他、ガムの持ち込みが禁止されていたり、唾を吐いてはいけなかったり、

缶やボトル、大きいゴミなどを捨てたら裁判所行きになってしまいます。

 

それだけ、国を上げて環境を整備する努力をしているということですね。

 

 

シンガポールを観光するならここだけは行っておきたい!その③:ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

 

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイは、2012年に創設された近未来的な建物が並ぶ植物園です。

色鮮やかに光る夜のライトアップは、見るものすべてを魅了します。

 

Gardens by The Bay(ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ)1

 

高さが25~50mにもなる人工のツリーが輝かしい光を放っています。

まるでここが現実ではないと思わせるほど、異空間な場所です。

 

Gardens by The Bay(ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ)2

 

Gardens by The Bay(ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ)3

 

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイは、マリーナ・ベイ・サンズの裏側にあるので、

角度によっては、2つ同時に写真に収めることだって出来ちゃいます。

 

Gardens by The Bay(ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ)4

 

本当に絵になりますね。

 

 

いかがでしたでしょうか?

シンガポールはコンパクトな国なので、とても観光がしやすいかと思います。

 

また、とても綺麗でエンターテイメントに溢れる街なので、

友達と行くのもよし、大切な人と行くのもよし、1人で行ってもとても楽しめる国です!

 

是非、シンガポールを観光する際は、今回のおすすめスポット3選を覗いてみてください。


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(612)
北海道・東北(44)
  北海道(26)
  青森(3)
  岩手(2)
  宮城(8)
  秋田(1)
  山形(3)
  福島(1)
関東(236)
  埼玉(7)
  千葉(14)
  東京(142)
  神奈川(51)
  茨城(5)
  栃木(7)
  群馬(5)
  山梨(5)
甲信越・北陸・東海(87)
  長野(12)
  新潟(7)
  富山(3)
  石川(13)
  福井(1)
  岐阜(5)
  静岡(30)
  愛知(9)
  三重(7)
近畿(94)
  滋賀(7)
  京都(39)
  大阪(25)
  兵庫(15)
  奈良(5)
  和歌山(3)
中国・四国(34)
  鳥取(1)
  島根(5)
  岡山(8)
  広島(8)
  山口(3)
  徳島(2)
  香川(4)
  愛媛(1)
  高知(2)
九州・沖縄(78)
  福岡(15)
  佐賀(2)
  長崎(7)
  熊本(10)
  大分(10)
  宮崎(3)
  鹿児島(9)
  沖縄(22)

国外エリア一覧

東南アジア(25)
ヨーロッパ(73)
東アジア・中国・台湾(19)
南アジア・インド・ネパール(2)
中近東(7)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(10)
オセアニア(10)
アフリカ(2)
北米(18)
中南米(6)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(580)
イベント情報(369)
ショッピング・買い物・お土産(494)
遊園地・テーマパーク(569)
ビジネス・出張(169)
ロケ地、舞台(181)
世界遺産(152)
乗り物・交通・アクセス(657)
宿・旅館・ホテル(189)
旅行準備(440)
歴史・豆知識(836)
温泉・スパ(159)
絶景(478)
聖地巡礼(31)
観光旅行(788)
食事・グルメ(561)
おすすめ/ランキング(702)
デート(648)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(435)
ツアー/旅程(242)
海水浴場・ビーチ・リゾート(67)
日帰り旅(9)
1泊2日(1)
寺院・神社(32)
パワースポット(11)
ファミリー(66)
1人旅(64)
雨の日(17)
メーカー/ブランド(5)

人気記事ランキング