logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 岡山

岡山観光なら!自然と歴史を満喫出来る岡山の観光地18選





温暖な気候や豊かな自然に恵まれた岡山県は、北は蒜山高原、南は瀬戸内海といったように様々な環境が入り組んでいます。

清水白桃、マスカットなど質の高い農産が営まれ、国内外からは「くだもの王国」として高く評価されています。
また、古代文化発祥の地としても有名で、あの「桃太郎伝説」の起源となった土地としても知られています。

そんな見どころ満載な岡山県の観光スポットを厳選しました。
四季折々の特徴を楽しめる岡山の見所が満載です。

観光名所と合わせて、岡山のご当地グルメも徹底解説しているのでお楽しみに!

【目次】岡山観光なら!自然と歴史を満喫出来る岡山の観光地18選

 

1ページ目 :

 

<備前地方>

1. 日本三名園の一つ、岡山後楽園

2. 漆黒の城、岡山城

3. 桃太郎伝説発祥の地、吉備津神社

4. 日本最古の庶民学校、旧閑谷学校

5. 日本のエーゲ海、牛窓

6. 岡山農業公園、ドイツの森

 

<備前地方のご当地グルメ情報>

1. フルーツパフェ

2. 備前ばらずし

3. 日生カキオコ

 

2ページ目 :

 

<備中地方>

1. レトロな風情が趣ある、倉敷美観地区

2. ギリシャ神殿のような建物、大原美術館

3. 赤レンガと蔦(アイビー)が絶妙♪倉敷アイビースクエア

4. 天空の城、備中松山城

5. 瀬戸内海や瀬戸大橋を一望、鷲羽山

6. まるで地底の竜宮城、満奇洞(まきどう)

 

<備中地方のご当地グルメ情報>

1. ままかり料理

2. さわら料理

 

3ページ目 :

 

<美作地方>

1. 動物と触れ合える!ひるぜんジャージーランド

2. どきどきの乗馬体験、蒜山ホースパーク

3. 大自然に囲まれた まきばの館

4. 美人の湯として知られる、湯郷(ゆのごう)温泉

5. 桜の名所 津山城址(鶴山公園)

6. 1本なのに圧倒的な存在感、醍醐桜

 

<美作地方のグルメ情報>

1. 津山ホルモンうどん

2. ひるぜん焼きそば

 

 

<備前地方>

 

備前地方とは岡山県東部の事で、岡山市、備前市、玉野市などを指します。

 


1. 日本三名園の一つ、岡山後楽園

 

岡山後楽園
Photo credit: 00_4 via Visualhunt / CC BY

 

岡山観光と言えばやはりここ!日本が誇る三大名園の一つ『後楽園』。

江戸時代初期に岡山藩主の池田綱政によって造営され、300年の時を経た今もなお、当時の美しさを色褪せることなく現存しています。

ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで三ツ星にも認定されるほどです!

 

場所は岡山県岡山市北区にあり、総面積は133,000平方メートル。

これは東京ドームの約3倍の大きさにあたります。

広大な庭園ですが、敷地内には多くの美しい水路や池、築山などが築かれていて、歩きながら移り変わる景色を楽しむことができます。

 

少し疲れたら茶屋も設けられているので、美味しいお茶と茶菓子を食べながら景色を眺めるのもいいですよ♪

また、四季により見る景色も変わり、春だとソメイヨシノや牡丹、夏は蓮やサルスベリ、秋は紅葉や山茶花、冬は椿や水仙を堪能できます。

 

そして、夏と秋に夜間特別開園「幻想庭園」が開催され(2016年からは春も開催)、ライトアップされた夜の美しい後楽園を眺めることができます。

キャンドルや照明の優しい灯りに包まれた庭園はとても幻想的でロマンチックです♪

 

岡山後楽園

 

ぜひ一度、この美しい庭園で自然を満喫されてはいかがでしょうか。

 

後楽園の観光情報

 

住所:岡山県岡山市北区後楽園1-5

アクセス:

山陽自動車道「岡山IC」から車で20分
JR岡山駅から徒歩25分
IR岡山駅から市内バス12分 … バスターミナル1番乗り場、岡電バス「藤原団地」行きから 「後楽園前」下車すぐ

営業時間:

【3/20~9/30】7:30~18:00【10/1~3/19】8:00~17:00
※入園は15分前まで

定休日:年中無休

電話番号:086-272-1148

料金:【一般】400円【子ども】140円【シニア(65歳以上)】140円

公式サイト:  岡山後楽園

 

 

2. 漆黒の城、岡山城

 

岡山城

 

後楽園から約400メートル程の距離にある『岡山城』。

別名『烏城(うじょう)』とも呼ばれています。

これは下見板に黒漆が塗られているため、太陽の光に照らされると烏の濡れ羽色のように見えることからそう呼ばれるようになりました。

 

岡山城は豊臣秀吉に厚遇された大名・宇喜多秀家が1597年に建造したのですが、1873年の廃城令で城内は次々と取り壊され、さらに太平洋戦争時には空襲で焼失してしまいました。

ですが、1966年に城の外観が再建され、かつての漆黒の美しさを取り戻し、現在では魅力の観光地として人気を高めています。

 

城内では様々な体験コーナーが催されて、絢爛豪華な着物衣装を着用できたり、岡山城の数々の歴史を鑑賞することができたり、さらに岡山名物の備前焼も作れたりとベント盛り沢山です!

最上階の天守閣から見下ろせる岡山の景色も絶景で、そこから見える後楽園の風景は見る人の心を安らぎますよ♪

 

岡山城の観光情報

 

住所:岡山県岡山市北区丸の内2-3-1

アクセス:

山陽自動車道「岡山IC」より車20分
JR山陽本線「岡山駅」より、岡電バス「岡電高屋行き」または両備バス「東山経由西大寺行き」からいずれも「県庁前停留所」下車より徒歩5分

営業時間:

9:00~17:30(入館は17:00まで)
※入園は15分前まで

定休日:12/29.30.31

電話番号:086-225-2096

料金:

【大人】300円(240円)【小中学生】120円(100円)
※()は20名以上の団体料金
※岡山市内在住の65歳以上でシルバーカードを持参の方は無料

公式サイト:  岡山城

 

 


3. 桃太郎伝説発祥の地、吉備津神社

 

 

中国地方で最大級の大きさを誇る『吉備津神社』は、日本人なら誰もが知ってるおとぎ話「桃太郎」のモデルになったとされています。

 

昔、岡山県南部の吉備地方には温羅(うら、おんら)という鬼がいました。

温羅は目が狼のように爛々とし、身長は4メートル程にもおよびました。

その性格は凶暴で、人々を襲っては人肉をくらい、恐れられていたそうです。

 

そこで、大和朝廷は温羅討伐に乗り出し、四道将軍の一人である吉備津彦命を派遣しました。

苦戦の末、吉備津彦命は3人の家来と共に見事温羅を打ち取り、その首を吉備津神社の御竃殿に埋めました。

これが吉備津・桃太郎伝説の起源とされています。

 

今でも神社にはその伝説の名残があり、吉備津彦命が矢を置いたとされる矢置石や、温羅の首が埋められたと伝わる御釜殿などが残っています。

また、温羅の祟りを鎮めるためにはじめられた「鳴釜神事」も有名で、炊き上げる釜の鳴る音で吉凶を占えるそうです。

 

他にも吉備津神社には見所が沢山あり、日本で唯一の2棟を1棟に結合した建築様式「比翼入母屋造」も見応えがあります。

梅雨の季節には美しい紫陽花が咲き誇り、庭園全てを鮮やかな色で彩る姿はとても絶景です♪

 

吉備津神社の観光情報

 

住所:岡山県岡山市北区吉備津931

アクセス:

JR吉備線「吉備津駅」から徒歩10分
山陽自動車道「岡山IC」より車15分

営業時間:

終日
※ご祈祷は平日8:30過ぎ~16:00過ぎ・土日祝日8:00過ぎ~16:30過ぎ

電話番号:086-287-4111

公式サイト:  吉備津神社

 

 

4. 日本最古の庶民学校、旧閑谷学校

 

 

『閑谷(しずたに)学校』とは、江戸時代に岡山藩主の池田光政によって開校された、日本最古の庶民の為の学校です。

 

敷地内の建物のうち、講堂が国宝に指定されているほか、小斎・飲室・文庫・聖廟・閑谷神社・石塀など24棟が国の重要文化財に指定されています。

また、学校周辺の津田永忠宅跡及び黄葉亭なども国の特別史跡に指定されています。

 

この閑谷学校は建物造もさることながら赤い備前焼瓦の重厚さに目を惹きつけられます。

緑豊かな木々をバックに眺めると、見事に自然と調和し、とても心が落ち着きます。

 

その他、四季により様々な自然の風景を楽しむことができます。

4月上旬から4月中旬にかけては桜の美しい光景に触れ合うことができ、5月下旬から6月下旬の間は幻想的な蛍の姿を眺められます。

さらに11月上旬から11月下旬にかけては赤と黄色に色づく素晴らしい紅葉を観賞することができます。

紅葉のシーズンであれば一定期間夜にライトアップもされ、昼とは異なる学校の姿を見ることができます♪

 

閑谷学校の観光情報

 

住所:岡山県備前市閑谷784

アクセス:

JR山陽本線「吉永駅」からタクシーで約8分、赤穂線「備前片上駅」からタクシーで約15分
山陽自動車道「備前IC」から約15分、中国自動車道「美作IC」から約1時間

開門時間:9:00~17:00

定休日:12/29.30.31

電話番号:0869-67-1436

料金:【大人】400円 【小中学生】100円 

公式サイト:  閑谷学校

 

 


5. 日本のエーゲ海、牛窓

 

 

牛窓は、岡山市の東側、瀬戸内市の南部の海沿いに位置し、瀬戸内海と丘陵地からなる地域です。

温暖な気候と、瀬戸内海の美しい眺めなどが似ている事から、日本のエーゲ海と呼ばれています。

 

牛窓には、前島や黒島などの牛窓諸島があり、特に夕暮れ時は息をのむ美しさで、「日本の夕陽百景」にも選出されています。

瀬戸内海が見渡せるスポットは、牛窓オリーブ園、本連寺境内、天神社境内、牛窓神社参道、ギリシャ神殿跡をモチーフにしたミテリィニ広場など。

 

牛窓の丘陵地帯には、農園が広がり、野菜や果樹栽培が盛んです。

中でもオリーブ栽培が有名で、「牛窓オリーブ園」は、人気の観光スポットです。

 

 

「牛窓オリーブ園」は、日本オリーブ(株)が運営し無料で開放している植物園です。

10ヘクタールの敷地には、オリーブの成木約2000本が栽培されていて、小豆島オリーブ園と並び日本最大規模。

一面に芝生が広がり、休みの日にはピクニックを楽しむ家族やファミリー、ワンコ連れの人で賑わいます。

 

牛窓は、地域全体が「恋人の聖地」に認定されているんですよ。

中でもオリーブ園内にある「幸福の鐘」は、二人で一緒に3回鐘鳴らすと幸せになれると言われていて人気があります。

カップルで訪れた方は、忘れずに美しい鐘の音色を園内に響き渡らせて下さいね!

 

牛窓オリーブ園の観光情報

 

住所:岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓412-1

アクセス:

岡山ブルーライン邑久ICから車で15分
邑久駅から車で20分

営業時間 :9:00~17:00

定休日:年中無休

電話番号:0869-34-2370

入園料:無料

公式サイト:  牛窓オリーブ園

 

 

6. 岡山農業公園、ドイツの森

 

 

ドイツの農村をイメージした公園で、広い敷地内には、子どもに大人気の芝滑りゲレンデ、パターゴルフ、足漕ぎボート、自転車広場、チューチュートレイン、ゴーカート、アーチェリー、バズーカ砲、ドッグラン、動物ふれあい広場など遊び場がいっぱい。

お腹がすいたらドイツの森自慢の石窯ピッツァや石窯パン、岡山県産の食材にこだわったファーマーズバイキング、バーベキュー場、ワイナリーなど美味しい物もたくさんあります。

 

ドイツの森というからには、自家製ソーセージと地ビールも人気がありますので是非お試しを!

ドイツの森名物の自家製バームクーヘンや、ドイツ直輸入の食品を扱う売店もあり、お土産選びも楽しみですね。

 

 

ドイツの森のもう一つの魅力は、季節ごとに楽しむ事が出来るお花畑です。

春には、40万本の菜の花畑、5万本のチューリップ畑、夏には3万本のひまわり畑、秋には70万本のコスモスと、春から秋にかけてはお花が途切れる事はありません。

家族で、カップルで、友人と一日中楽しめるのがドイツの森です。

 

岡山農業公園 ドイツの森の観光情報

 

住所:岡山県赤磐市仁堀中 2006

アクセス:

山陽自動車道...山陽ICから車で約30分、和気ICから車で約50分
中国自動車道...美作ICから車で約40分
岡山市から30km...車で約50分
津山市から30km...車で約50分
姫路市から80km...車で70分

営業時間:【3月~11月】9:30~17:00  【12月~2月】 10:00~17:00

定休日:【3月~11月】無休 【12月~2月】要確認

電話番号:086-958-2111

入園料:大人 1000円 小人(4歳以上小学生まで) 600円

公式サイト:  岡山農業公園 ドイツの森

 

 


<備前地方のご当地グルメ情報>

 

1. フルーツパフェ


岡山はその温暖な気候から農作物が良く育つ地域で、特に白桃、マスカット、ピオーネの生産量は全国1位を誇ります。

他にも1年を通じて美味しい果物が収穫される事から、岡山商工会議所が中心となってスタートさせたのが「フルーツパフェの街おかやま」プロジェクトです。

 

参加店は統一のポスターやのぼりを提示して、魅力的なオリジナルパフェを提供する事。

現在は50店舗以上の加盟店があり、どのお店もそのオリジナリティを競っています。

 

 

ピオーネと吉備団子のパフェ 620円

 

たくさんある加盟店の中から、旅行者にとって便利な岡山駅周辺からご紹介しましょう。

こちらは駅ビル、サンフェスタ岡山の1階にある「エスタシオン岡山」自慢の「ピオーネと吉備団子のパフェ」です。

 

フルーツパフェに吉備団子が入っているのが岡山らしくていいですね。

春にはイチゴと吉備団子のパフェが登場します。

 

 

カフェのすぐ前には2017年、「TARO’s SQUARE」がオープン。

1972年の山陽新幹線岡山駅開業時に、岡山の街の躍進をイメージして岡本太郎氏が制作した陶板レリーフ「躍進」と、岡山駅後楽園口前の広場にたつ桃太郎像と同じ幻の2体目と言われる「桃太郎像」が並ぶ新たな観光スポットとして注目されています。

 

TARO’s SQUAREには、カフェの営業時間にはテーブルが置かれ、これらのモニュメントを鑑賞しながらカフェメニューを楽しむ事ができるんですよ。

パフェはもちろんのこと、「鬼ヶ島du Chokolat」や「ひとつわたしに下さいなプレート」などの面白い限定メニューもあります。

「TARO’s SQUARE」自体が期間限定オープンと言われているので気になる方はお早めに!

 

エスタシオン岡山のスポット情報

 

住所 :岡山県岡山市北区駅元町1-1 サンフェスタ岡山 1F

アクセス :JR岡山駅(東口)から徒歩3分

電話番号 :0868-01-0029

定休日 :無休

営業時間 :7:00~21:00

予約サイト・口コミ・クーポン :  食べログ

 

 


2. 備前ばらずし

 

 

岡山県の名物「備前ばら寿司」は、地域やお店によって、隠し寿司、まつり寿司、岡山ばら寿司などと呼び方が変わります。

その起源は江戸初期まで遡ります。

 

備前岡山初代藩主の池田光政は、町民に対して「食膳は一汁一菜」という倹約令を発令しました。

これに反発した町民が「ご飯に具材を混ぜても乗せても一菜だ」とご飯の上に魚や野菜をのせて食べだしたのが由来だと言われています。

甘めの酢飯に人参、フキ、椎茸などの具材を混ぜ込み、さらに上にサワラの酢漬けや焼き穴子、旬の魚介類、錦糸卵などを盛り付けるのが一般的です。

 

 

こちらは岡山駅前の「ホテルグランヴィア岡山」の2階にある「日本料理 吉備膳」です。

早速ばら寿司を注文してみましょう。

 

茶碗蒸しにお吸い物、そして美しい木箱が登場しました。

どんなばら寿司なのか期待が高まります。

 

 

木箱の蓋を開けると・・・・・

錦糸卵が一面に敷き詰められています。

え?これだけ?

 

 

もう一度蓋を閉じて、くるりと反対側から開けると、こんな美しいばら寿司が登場しました!

 

岡山ではここでしか食べられないという、「烏城黄金かくし寿司」4,500円(税別)です。

食前酒、小鉢、茶わん蒸し、お吸い物、デザート付き。

お醤油の横に見える薄茶色の小皿は煎り酒で、醤油がない時代にお酒に梅干しを煮切って作った煎り酒を付けてお寿司を食べていました。

数量限定なので、予約をしてからお出かけ下さいね。

 

日本料理 吉備膳 (きびぜん)のスポット情報

 

住所 :岡山県岡山市北区駅元町1-5 ホテルグランヴィア岡山2F

アクセス :JR岡山駅2階から遊歩道橋にて3分

電話番号 :086-233-3138

定休日 :無休

営業時間 :ランチ11:30~14:30(L.O.14:00) ディナー17:30~22:00(L.O.21:00)

予約サイト・口コミ・クーポン :  食べログ

 

 

3. 日生カキオコ

 

 

岡山県は日本で第3位の牡蠣の生産量を誇ります。

日生の牡蠣は毎年10月~3月頃まで水揚げされ、この時期になると直売所でカゴにどっさり盛られて販売されるようになります。

 

炭火で焼く牡蠣小屋もオープンし、新鮮な牡蠣を求める人で日生が賑わうのもこの時期。

そしてメディアなどで取り上げられるようになり、その知名度もアップしつつあるのが「日生カキオコ」です。

 

 

カキオコってご存知ですか?

牡蠣のたっぷり入ったお好み焼きの事を、備前市日生のご当地グルメ「日生カキオコ」と言います!

 

日生の牡蠣はぷりっとしていてジューシーなので、お好み焼きに入れても縮む事もなく、ぷりぷりのまま。

お好み焼きは関西風とも広島風ともちょっと違う、いうなれば日生風。

オタフクソースではなく、岡山メイドの「タイメイソース」をどばーっとかけるのが定番です。

 

 

10人も入ればいっぱいという小さな名店「浜屋」さん。

浜屋のカキオコは、とにかく牡蠣が沢山入っていて、作り方も豪快そのもの。

 

店名にもなっているみっちゃんが手際よく焼き上げるヤキオコは、ちょっと生地が緩めでもんじゃ風なのが特徴です。

シーズン以外は冷凍になりますが、冷凍だって驚くほどぷりっとしていてジューシー。

禁止しているお店もありますが、浜屋はマヨネーズだってOK、ボリュームたっぷりなので、残したら持ち帰りも可能です。

牡蠣好きなら、牡蠣バーベキューを楽しんでからカキオコ店めぐりなんて最高ですね!

 

浜屋みっちゃんのスポット情報

 

住所 :岡山県備前市日生町日生859 

アクセス :日生駅から徒歩15分

電話番号 :0869-72-2580

定休日 :火曜日(11月~3月の火曜日は営業、ただし~15:00)

営業時間 :11:00~18:00 11月~3月は~20:00

予約サイト・口コミ・クーポン :  食べログ


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(369)
北海道・東北(32)
  北海道(18)
  青森(2)
  岩手(2)
  宮城(7)
  秋田(1)
  山形(1)
  福島(1)
関東(121)
  埼玉(7)
  千葉(9)
  東京(62)
  神奈川(27)
  茨城(2)
  栃木(5)
  群馬(4)
  山梨(5)
甲信越・北陸・東海(56)
  長野(10)
  新潟(5)
  富山(2)
  石川(7)
  福井(1)
  岐阜(4)
  静岡(14)
  愛知(7)
  三重(6)
近畿(55)
  滋賀(6)
  京都(13)
  大阪(17)
  兵庫(13)
  奈良(4)
  和歌山(2)
中国・四国(28)
  鳥取(1)
  島根(4)
  岡山(6)
  広島(8)
  山口(2)
  徳島(1)
  香川(3)
  愛媛(1)
  高知(2)
九州・沖縄(49)
  福岡(8)
  佐賀(1)
  長崎(5)
  熊本(7)
  大分(7)
  宮崎(2)
  鹿児島(6)
  沖縄(13)

国外エリア一覧

東南アジア(17)
ヨーロッパ(33)
東アジア・中国・台湾(13)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(4)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(7)
オセアニア(7)
アフリカ(2)
北米(10)
中南米(2)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(350)
イベント情報(280)
ショッピング・買い物・お土産(356)
シーン別(478)
ビジネス・出張(158)
ロケ地、舞台(161)
世界遺産(92)
乗り物・交通・アクセス(432)
宿・旅館・ホテル(150)
旅行準備(363)
歴史・豆知識(497)
温泉・スパ(128)
絶景(316)
聖地巡礼(29)
観光旅行(485)
食事・グルメ(405)
ランキング(395)
デート(397)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(289)
ツアー/旅程(147)
海水浴場・ビーチ・リゾート(45)

人気記事ランキング