logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 中国 > 香港

香港旅行の定番観光地15選!九龍島や香港島から離島までエリア別に徹底網羅





日本から4〜5時間ほどで行くことが出来る香港。
時差も1時間ほどと気軽に行けて、週末の旅行先としても人気が高まっています。

効率良く回れば、2〜3泊でも香港の主要な観光スポットを網羅することができるので、旅行の際はきちんと計画を立てて楽しみたいですよね。

今回は初めて香港を観光する方向けに、魅力たっぷりの都市である香港の絶対に外せないおすすめ観光スポットをまとめました。
便宜上、香港を九龍島、香港島、香港郊外、香港の離島に分けて、それぞれより観光名所をご紹介していきます。

【目次】香港旅行の定番観光地15選!九龍島や香港島から離島までエリア別に徹底網羅

 

香港ってどんなところ?

香港観光:街歩きの注意

<九龍島のおすすめ観光地>

1. ビクトリアハーバーのシンフォニー・オブ・ライツ

2. 尖沙咀

3. 旺角

4. 黄大仙

<香港島のおすすめ観光地>

1. ビクトリアピーク

2. 銅鑼湾

3. 中環

4. 上環

<香港郊外のおすすめ観光地>

1. スタンレー

2. レパルスベイ

3. 香港海洋公園(オーシャンパーク)

4. 香港仔(アバディーン)

5. 香港ディズニーランド

<香港離島のおすすめ観光地>

1. ラマ島

2. 長州島

 

 


香港ってどんなところ?

 

 

香港は、正式名称を『中華人民共和国香港特別行政区』と言います。

第2次世界大戦後150年以上 イギリス 統治国家だった香港は、1997年に中国に返還され、現在は特別行政区として独自の文化や通貨を持っています。

そのため、言語は中国語と英語が通じます!

 

日本人にとっては漢字で意味が分かり、英語でもコミュニケーションが取れるのは旅先としては安心ですね。

香港とはビクトリアハーバーを挟んで、北側の九龍半島と南側の香港島、230以上の島々のことを言います。

観光客が一般的に訪れるエリアは、九龍半島南端と香港島の北側になります。

 

 

気候は日本より暖かく、9月中旬から2月ごろが観光のベストシーズンです。

チップも基本的には不要。

治安も比較的安心で、海外旅行初心者にもおすすめの旅先です。

1香港ドル=約14.2円 (2018年10月現在)

 

 

香港観光:街歩きの注意

 

治安の良い香港ですが、いくつか注意点を記載します。

 

①冷暖房対策

 

夏(5月下旬〜9月下旬)の香港は、本当にムシムシと暑いです!

そのため、屋内の冷房がかなり強く効いているので、羽織る物をバッグに入れて出掛けましょう。

 

②ポイ捨て注意

 

公共の場でのポイ捨てやツバ吐きなどは法律で禁止されており、違反者はHK$1500の罰金が科されます。

 

③ビルの階層表記

 

英国式に1階はGF(グラウンド・フロア)、2階は1F(ファースト・フロア)、3階が2F(セカンド・フロア)と表記されます。

特にエレベーターには要注意。

 

④禁煙条例

 

インドアのオフィス、レストラン、バー、公園は全て禁煙。違反者は最大HK$1500の罰金です。

日本とは異なっているので、気をつけて下さいね。

 

 

それではいよいよ、香港のおすすめ観光地をご紹介します。

香港を九龍島、香港島、香港郊外、香港の離島と4つに分けています。

 

 


<九龍島のおすすめ観光地>

 

1. ビクトリアハーバーのシンフォニー・オブ・ライツ

 

Hongkong_symphony of Lights

 

香港と言えば、「百万ドルの夜景」というフレーズを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

香港の定番夜景スポット「ビクトリアハーバー」です。

上の写真は九龍島サイドから見た夜景です。

 

毎晩20時から行われる光と音のファンタジーショー「シンフォニー・オブ・ライツ」を見るために、この時間前になるとビクトリアハーバーに訪れる観光客で溢れかえっています。

香港島サイドや九龍サイドのハーバー沿いの高層ビルから、夜空にサーチライトが放たれ、七色の光が乱舞するこのショーは絶対に外せませんよ。

この13分間の壮大なスケールのショーはなんとギネス記録にも認定されているとか。

 

ショーもさることながら、ここから見る夜景は「香港」を感じることが出来るスポットなので、時間に間に合わなくても訪れてみてくださいね。

時間に余裕のある方はクルーズツアーやスターフェリーに乗って、海の上から九龍と香港島両方の夜景を堪能してください。

 

シンフォニー・オブ・ライツの観光情報

 

住所 : Victoria Haibor

アクセス : 尖沙咀プロムナードへ

尖沙咀のスターフェリー乗り場から、時計台の方に進んですぐ。香港太空館と尖沙咀そごうの間からもアクセス可。
ネイザンロード(彌敦道)側から、ペニンシュラホテル東側、シェラトンホテルの南側に、プロムナードへの地下道の入り口があります。
MTR荃灣線、尖沙咀駅から、地下道を通っていくことができます。

定休日 : なし

営業時間 : 20:00~20:15

料金 : なし

公式URL:  シンフォニー・オブ・ライツ

 

 


2. 尖沙咀

 

有名ホテルが建ち並び、ショッピングアーケード、デパートが充実したこちらの香港随一の商業エリア。

テレビなどで看板にぶつかりそうになりながらスレスレで走る二階建てバスを見た事がありませんか?

あのおなじみのネオン街です。

 

○ネイザンロード

 

Nathan Road

 

昼も夜も楽しいエリアなので、ぜひショッピングに観光に訪れて下さいね。

 

ネイザンロードの観光情報

 

アクセス : 尖沙咀駅下車、その北側周辺の一体がネイザンロードです。

注意点 : 営業時間・定休日は店舗によります。

 

○ザ・ペニンシュラ ロビー

 

尖沙咀にある、高級ホテル「ザ・ペニンシュラ」。

英国統治時代の影響を残す香港で、一番有名と言っていいほど大人気のアフタヌーンティーが食べられる名門ラウンジです。

ネオクラシック様式の重厚な空間で、銀の3段トレーで運ばれたアフタヌーンティーはなんとも贅沢。

上階のバルコニーでは四重奏も毎日演奏され、優雅なひとときを楽しめます。

 

 

ホテルの雰囲気はこんな感じです。

本当に素敵ですよね〜!

 

 

ザ・ペニンシュラ・ロビーの観光情報

 

住所 : Salisbury Road, KowloonHong Kong, SAR

アクセス : MTR尖沙咀C1出口から徒歩5分

電話番号 : +852 2920 2888

定休日 : なし

営業時間 : ティータイム 14:00〜18:00

料金 : 1人・HK$358、2人・HK$628 (プラス10%のサービス料)

公式URL :  ペニンシュラホテル「ザ・ロビー」

 

 

3. 旺角

 

下町の雰囲気を残す繁華街で、若者のカルチャーの発信地としても知られているエリア。

特に週末の人手はものすごく、歩道に人があふれ返り、歩くのも大変なほど。

それぞれのストリートで特徴があり、香港らしい街歩きが出来ます。

 

○女人街

 

主に女性向けのチープでカワイイアイテムが集まるお買い物天国!

 

Tung Choi Street

 

○花園街

 

スポーツ洋品問屋街。掘り出し物のスニーカー探しにはおすすめです。

 

○金魚街

 

その名の通り、金魚の問屋街。

様々な種類の金魚や熱帯魚が店内や店頭にビニール袋に入れられ、店頭に吊り下げられています。

 

○登打士街

 

B級立ち食いグルメの激戦区。屋台街。

どれも1個HK5〜15ドルという安さで、店頭で指差し注文すればOK。

食べ歩きをしながらお店を見て回っても楽しいですよ。

 

Dundas.st

 

旺角の観光情報

 

アクセス : 地下鉄 旺角駅と大子駅の東側のエリア 南北に長く街が広がっています

注意点 : 定休日・営業時間は店舗による

 

 


4. 黄大仙

 

香港人に厚く信仰されるお寺で、香港に来たらぜひとも行っておきたい寺院です。

本尊は普代中国の仙人「黄初平」。

砂を薬にする術を得た事から、病気治療にご利益があるとされています。

いつ頃からかここの占いが現実になったと言う人が続出し、今では願掛けや占いでも有名です。

 

Tai Sin Temple

 

本殿前でお線香を3本立て、お参りするのが主流ですね。

占いブースも境内に100程集まっていて、日本語OKのブースもたくさんあります。

ご興味のある方は、ぜひ占いも試してみて下さいね。

 

黄大仙の観光情報

 

住所 : 2, Chuk Yuen Village, Wong Tai Sin, Kowloon

アクセス : 地下鉄 黄大仙駅B2出口から徒歩すぐ

電話番号 : 2327-8141

定休日 : なし

営業時間 : 7:00~17:30

料金 : 入り口の賽銭箱に心付け程度

 

 

<香港島のおすすめ観光地>

 


1. ビクトリアピーク

 

 

香港と聞いて思い浮かぶフレーズと言えば「百万ドルの夜景」という方が多いのではないでしょうか。

最も代表的なスポットが、香港で最も高い山、ビクトリアピークからの夜景です。

ここからの夜景は世界三大夜景の一つになっているので、香港に来たら必ず訪れたいスポットです。

ちなみに、昼間の景色も圧巻。

 

 

出来れば両方とも見てみたいですね。

こちらは無料の展望台もあるのですが、有料の展望台「ピークタワー スカイテラス」からの景色がやはりおすすめです。

 

ピークタワーにはショッピングモールが併設されていて、カフェやレストラン、お土産店に、ブルース・リーやジャッキー・チェーンなど香港ゆかりのスターの蝋人形が飾られている「マダムタッソー」館などが入っています。

「ピークギャラリア」と言うショッピングモールもあるので、ゆっくり回ると2~3時間はあっと言う間に過ぎてしまうのではないでしょうか。

 

ここまでの行き方は「ピークトラム」と言われる有名な赤い車体のケーブルカーで行くのが観光の定番になっています。

ぜひ晴れの日に訪れてください。

 

ビクトリアピークの観光情報

 

住所:Victoria Peak(香港山頂道山頂)

アクセス:

ピークトラムでのアクセス
中環(セントラル)花園道(ガーデンロード)のピーク・トラム駅からピークトラムで10分
毎日7:00-24:00の間、10-15分間隔で運行 大人往復HK$40 子供(3-11歳)シニア(65歳以上)往復HK$18
バスでのアクセス
中環(セントラル)スターフェリーバスターミナルからピーク・トラム・シャトルバス15C番で約20分
毎日10:00-23:40の間、15-20分間隔で運行 大人HK$4.20 子供(3-11歳)シニア(65歳以上)HK$2.10

定休日:なし

営業時間:スカイテラス:10:00〜23:00(土日祝日は8:00〜)

 

 

2. 銅鑼湾

 

カジュアルなお店やショッピングビルが連なり、地元の若者が多く行き交う町並みは『香港の渋谷』と言った雰囲気。

最新の中にも、トラムが行き交いレトロな雰囲気が漂います。

 

 

そごう、タイムズスクエア、リー・ガーデンズなど、大型デパート、ショッピングセンターが建ち並び、買い物スポットが充実のこのエリア。

街中のブランド品も全て免税なので、狙い目のブランド品がある方にはぜひともおすすめです!

もちろんカジュアルブランドや香港ならではのショップも多数あるエリアなので、買い物好きにはたまらないですね♪

 

銅鑼湾の観光情報

 

アクセス : 地下鉄 銅鑼湾駅周辺

注意点 : 定休日・営業時間は店舗による

 

 

3. 中環

 

香港島金融の中心、超高層のビル群が立ち並ぶ中環エリア。

香港一で世界で3番目に高い88階建てのTWO IFC(INTERNATIONAL FINANCE CENTRE)ほか洗練された国際都市を感じさせます。

九龍側からの見える夜景はこの中環(セントラル)地区が中心なんですよ。

 

Central

 

中環エリアのおすすめ観光スポットはこの2つ!

 

○SOHO

 

香港きってのオシャレなエリア。

香港在住のデザイナー、アーティストのアトリエやブティックが点在し、香港の流行の発信地としても注目されています。

ニューヨークやロンドンなどでも「SOHO」と呼ばれるエリアがありますが、香港の「SOHO」も負けてはおりません。

インターナショナルなレストランやオープンテラスのカフェ、隠れ家風のバーなどストリートに軒を連ね、周辺エリアにもその波は広がっています。

 

セントラルの中心エリアに近い『蘭桂坊(Lan Kwai Fong)』と並んで、欧米人の多く集まるエリアとしても有名です。

香港の中心にあって、ローカル色が少ないエリアですね。 

お気に入りのお店を探しながら、街を散策するのが楽しいですよ♪

 

 

SOHOの観光情報

 

名称:ソーホー

英名 : SOHO

住所 : Elgin St/Staunton St/Central

アクセス : 地下鉄中環駅D2出口から徒歩10分

注意点 : 定休日・営業時間はお店により異なる

 

○PMQ

 

 

こちらは2014年にオープンした新しいスポットです。

なんと使用していなかった既婚者向けの警察宿舎を再利用し、さまざまなアーチストやデザイナー、クリエーターたちが独自にショップをオープン。

それぞれの空間はとてもかつて同じデザイン・レイアウトだったとは思えないほど、それぞれのオーナーのこだわりが感じられ、個性的に仕上がっています。

ほかでは絶対に手に入らないオリジナルデザインや、一点ものの商品が並べられているので、意外なお土産探しにはおすすめです。

 

PMQの観光情報

 

住所 : 35 Aberdeen Street, Central, Hong Kong

アクセス : 地下鉄 中環駅のD1出口徒歩5分

電話番号 : 2870-2335

定休日 : 無休(ショップの定休日は各店で異なる)

営業時間 : 開放時間7:30~23:00(ショップの営業時間は各店で異なる)

公式URL :  PMQ

 

 

4. 上環

 

香港島のおすすめ観光地④:上環

 

香港島北岸にある上環は、イギリス統治時代にはイギリス人が多く住んでいた地域。

古き良き時代のノスタルジックな雰囲気を色濃く残した地区と、モダンな店、カフェがあるおしゃれな場所が混在していて、街歩きが面白いところです。

安くて美味しいレストランが多い事でも有名。

高層ビルが並ぶ中環からの散歩コースがおススメです。

 

キャットストリート(摩羅上街)

 

 

キャットストリートとは、愛称であって本当の通りの名前は「摩羅上街 Upper Lascar Row」といいます。

1920年代あたりまで、この辺りはインド人コミュニティがあり、アンティークや中古品を売って商売をしていました。

その後マーケットが広がり、盗品を売る店も出没、香港では盗品を「ねずみ商品」と呼ぶ事から、ねずみ商品に集まる人をネコ、ネコが集まる通りという事でキャットストリートと呼ばれるようになったんだそう。

 

現在は、200mほどの短い通りに、ザ・チャイナ!という雰囲気の小物や雑貨の店が並んでいます。

ちょっとレトロな物も多く、掘り出し物が見つかるかも?

 

ウェスタンマーケット(西港城)

 

 

1906年に作られた食品市場の跡で、1991年に改装され、若者に人気のショッピングモールに変身しました。

生地屋さんや香港トラムとバスのミニチュアショップなど、ひと味違ったお店が入っているのが特徴。

マンゴーパンケーキ、ドリアンパンケーキで有名になった「満記甜品」も入っているので、ぜひご賞味あれ。

 

ウェスタンマーケットの観光情報

 

住所:The Western Market, 323 Des Voeux Rd. Sheung Wan, Hong Kong

アクセス:MTR港島線上環駅のB出口かC出口から徒歩5分

営業時間:10:00〜19:00 (店舗により異なる。レストラン 11:00〜23:00)

定休日:店舗により異なる

公式URL:  ウェスタンマーケット

 

文武廟

 

 

文武廟は、150年以上の歴史を持つ、香港最古の道教のお寺です。

文学の神である、「文昌帝君」と、三国志の関羽で知られる武神、「関聖帝君」が祀られています。

巨大な渦巻き型の線香が沢山吊るされていて、その火は絶える事がないほど、多くの人が続々と訪れています。

 

文武廟の観光情報

 

住所:128 Hollywood Road, Shueng Wan, Hong Kong

アクセス:MTR港島線上環駅A2出口より徒歩10分

電話番号:2540‐0350

営業時間:08:00~18:00

定休日:なし

 

<香港郊外のおすすめ観光地>

 

1. スタンレー

 

Photo credit:  Thanate Tan  on  Visualhunt  /  CC BY

 

香港島最南端の半島に位置するスタンレーは、欧米人が多く住み、リゾート地のようになっています。

海沿いにはオープンカフェや、おしゃれなレストランが並び、香港中心地の喧騒からちょっと気分を変えたい時にピッタリ。

 

海岸沿いに建つコロニアルな建物「美利樓(マレーハウス)」は、イギリス統治時代に軍将校の住居としてセントラルに建てられていたもの。

戦後、香港政府に譲渡されたのち、いったん取り壊されましたが、2000年になり、スタンレーに当時の姿のまま再建されました。

中にはレストランと、香港海事博物館があるので、ちょっと覗いてみてはいかがですか?

 

バスターミナルから坂を下ると人気のスタンレーマーケットが広がります。

所狭しと並べられた香港雑貨やアクセサリー、衣料品、お土産にできそうなシルク製品などは欧米人好みのデザインが多くおしゃれです。

 

スタンレーの観光情報

 

住所:Stanley, Hong Kong

アクセス:

香港島・中環(セントラル)から
交易廣場(エクスチェンジ・スクエア)バスターミナル
6X 所要時間約35分
6、6A、73、66 所要時間約45分
260 所要時間約30分
香港島・銅鑼湾から
銅鑼湾登龍街ミニバス乗り場
40番の緑色ミニバス「赤柱市集」行き 所要時間約35分

 

 

2. レパルスベイ

 

Photo credit:  Mark Lehmkuhler  on  VisualHunt  /  CC BY-ND

 

香港に数あるビーチの中でも美しく、人気抜群のエリア。

かつて映画『慕情』の舞台となった場所で、今も波静かな海と白砂のビーチが人々を惹き付けています。

 

 

○天后廟

 

またビーチに沿って、シービュープロムナードという遊歩道を歩いていくと徒歩10分程でカラフルな寺院に着きます。

こちらが天后廟(ティンハウミュウ) 。

海と漁師の女神が祭られており、万物にご利益があると言われています。

海を望む境内には、福の神が一同に集まり、中でも財を呼び込む「財神」や健康長寿を叶えるという「長寿橋」などが人気です。

 

天后廟の観光情報

 

住所 : Repulse Bay Road, Hong Kong

アクセス :

中環の交易廣場(バスターミナル)から6・6A・6X・260番のバスで約35分
浅水湾海灘(Repulse Bay Beach)で下車

注意点 : 天后廟の営業時間は日の出〜日没まで

 

 

3. 香港海洋公園(オーシャンパーク)

 

 

香港二大テーマパークと言えば、ディズニーランドとオーシャンパーク。

地元民に人気があるのは、圧倒的にこちらのオーシャンパークだといいます。

 

創業30年を超えたオーシャンパークは、水族館と動物園と遊園地が一つになっていて特に家族連れに大人気。

敷地面積が87万平方メートルという広さなので、とても一日では遊びきれないほど。

海に近く、二つの山にまたがって作られているので、大自然の中で遊ぶ、という雰囲気も人気の理由の一つです。

 

見どころは、オーシャンシアターのイルカショー、大規模な水族館、パンダ園、絶叫マシーンなど。

日本人にとって必見なのは、パンダ園。

地元の人にはそれほど珍しくないのか、結構すいているので、じっくりと生態観察できますよ。

 

東南アジア1の高さ(海抜200m)の観覧タワーから絶景もお見逃しなく。

アバディーンや、ビクトリアピーク、また周辺の島々の景色が360度パノラマで楽しめます。

 

香港海洋公園オーシャンパークの観光情報

 

住所 : OCEAN PARK、 ABERDEEN, HONG KONG

アクセス :MTR港島線 金鍾駅のバスターミナルから海洋公園行きのバス

電話番号 : 3923 2323

定休日 : なし

営業時間 : 月曜日~金曜日10:30~18:00、土曜日、日曜日 10:00~19:00

料金 : 大人(12歳以上)HK$480 子供(3-11歳)HK$240

公式URL:  香港海洋公園オーシャンパーク

 

 

4. 香港仔(アバディーン)

 

香港島の南部に位置する港町で、その名前は「香港」の地名の由来とも言われています。

 

Aberdeen

 

こちらで有名なのは、なんといっても香港名物水上レストラン「ジャンボ・キングダム」です。

 

 

3階建てのゴージャスな建物は夜になると華やかなイルミネーションが輝き、まるで海に浮かぶ宮殿のようですね。

赤や金色で飾られたきらびやかな店内で味わえるのは、新鮮な素材を使った広東式海鮮料理。

中国の店内をイメージした店内で、雰囲気を楽しみながら、美味しく味わって下さいね♪

 

ジャンボキングダムの観光情報

 

住所 : Shum Wan Pier Drive, Wong Chuk Hang, Aberdeen, Hong Kong

アクセス :

中環の交易廣場バスターミナルから70番のバスで約30分。香港仔海濱公園(アバディーン・プロムナード)前の停留所下車。
徒歩3分の桟橋にある専用送迎船乗車から送迎船で約3分。

電話番号 : 2553-9111

定休日 : 年中無休(旧正月も通常どおり営業)

営業時間 : 11:00 - 23:30(月-土)/ 09:00-23:30(日&祝日)

 

 

5. 香港ディズニーランド

 

2005年9月12日に香港のランタオ島にオープンした香港ディズニーランド。

東京ディズニーランドよりも総面積が約半分位なので、1日あればかなり楽しめます!

 

アトラクションも日本に比べれば混んでいないと思われます…

空港からバスやタクシー、地下鉄どれでも20分前後、また、香港市内からも40分前後で行くことが出来ます。

ディズニーファンならずとも、行っておきたいスポットですよね。

 

disney

 

M&M

 

ここでぜひ見ておきたいのが、世界でここだけしかない「ミスティックポイント」の「ミスティックマナー」。

ヘンリー・ミスティック卿の発明品である電磁カ―に乗って、コレクションの中を探検します。

 

 

もう一つおすすめなのは「ライオンキング」のショーです!

ハリウッドでも人気を博したミュージカル版のライオンキング、そのダイジェストともいうべき約30分間の縮小バージョンが毎日上演されています。

英語や中国語が分からなくても、見ているだけで楽しめます。

かなり本格的で評判も良く、日本では見ることが出来ないので、ショーの時間をチェックしてから予定を立てる事をおすすめします。

 

Lion

 

そして、香港ディズニーランドならではの楽しみ方と言えば、、、キャストの方から貰えるシール。

声をかけるキャストによって持っているシールが違うので、ぜひ集めてみて下さいね。

 

seal

 

香港ディズニーランドの観光情報

 

住所 : Hong Kong Disneyland, Sunny Bay

アクセス : 地下鉄 MTR迪士尼駅下車すぐ

電話番号 : +852 1-830-830

営業時間 : 10時〜20時

料金 : 大人HK$539 子供(3歳〜11歳)HK$385 シニア(65歳以上)HK$100

公式URL :  香港ディズニーランドリゾート

 

 

<香港離島のおすすめ観光地>

 

1. ラマ島

 

Photo credit:  decade_null  on  Visual hunt  /  CC BY

 

香港では、ランタオ島、香港島に次いで三番目の大きい島、ラマ島。

香港島からフェリーで30分という距離から、都会のストレスから離れてこの島に住んで香港島へフェリー通勤している人も多いようです。

島内は車の乗り入れが禁止されているので、ぐるりと回りたい方はサイクリングがおススメ。

フェリー乗り場を出ると、レンタサイクルがたくさんとまっています。

 

島のあちこちに絶景ポイントがあり、綺麗なビーチもあるので1日リラックスできますね。

ハイキングコースもあるので、自由自在に島歩きを楽しんでみませんか?

最近ではおしゃれなカフェやレストランも増え、ますます魅力的な島になりつつあります。

 

ラマ島には、フェリーの発着所が二か所あります。

「榕樹湾」(Yung Shue Wan)と「索罟湾」(Sok Kwu Wan)で、「榕樹湾」が住居地区、「索罟湾」がシーフードレストランなどが集まる地区。

初めて訪れるならば、「榕樹湾」に到着して、観光、散歩しながら「索罟湾」へ向かい、食事をしてから帰るルートがおススメです。

 

ラマ島の観光情報

 

住所:Lamma Island、Hong Kong

アクセス:中環のフェリー乗り場(ピア3)から約30分

 

 

2. 長州島

 

Photo credit:  Holimood  on  Visualhunt.com  /  CC BY-NC

 

ラマ島よりさらに南西に位置するのが「長州島」です。

ラマ島同様、香港の喧騒から離れてのんびり過ごしたいという香港人で賑わう島で、ハイキング、海水浴、サイクリングが楽しめます。

 

長州島には、安くて美味しいローカル色豊かなシーフードレストランが多く、新鮮なエビやシャコの料理は絶品かつ、とても安いので人気があります。

ずらりと並んだ屋台では、若者の間で流行しているようなちょっと変わったスイーツが楽しめて、まるでお祭りのよう。

食べ歩きしながら、島の散策を楽しむのもいいですね。

 

Photo credit:  laszlo-photo  on  Visualhunt  /  CC BY

 

こののんびりとした長州島が一番賑わうのが、太陰暦の4月5日から9日に行われる「饅頭祭」です。

祭りは一週間続き、道教の式典や音楽、パレード、ドラゴンダンスなどが行われます。

 

メインイベントは、最終日の夜中の饅頭取り合戦(搶包山比賽)で、高さ14mの竹製のやぐらにびっちり取り付けられた饅頭(本物ではない)を制限時間内にいくつ取れるかを、個人、団体で競うというもの。

奇祭として知られ、期間中は3万人もの人が訪れるというからすごい人気です。

 

長州島の観光情報

 

住所:Cheung Chau, Hong Kong

アクセス:中環のフェリー乗り場から、高速船で約30分、フェリーで約1時間

 

 

今回は代表的なスポットばかり集めてみましたが、他にもたくさん魅力的なスポットがある香港。

しっかりと計画を立てて、あなたの旅を満足のいくものにして下さいね。

 

※香港観光の関連記事

 

  香港で購入するべきお土産14選!

  香港旅行はこれで完璧!香港の地理や交通手段から、エリア別おすすめ観光地まで徹底解説


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(568)
北海道・東北(44)
  北海道(26)
  青森(3)
  岩手(2)
  宮城(8)
  秋田(1)
  山形(3)
  福島(1)
関東(201)
  埼玉(7)
  千葉(13)
  東京(118)
  神奈川(41)
  茨城(5)
  栃木(7)
  群馬(5)
  山梨(5)
甲信越・北陸・東海(81)
  長野(12)
  新潟(7)
  富山(3)
  石川(13)
  福井(1)
  岐阜(5)
  静岡(25)
  愛知(8)
  三重(7)
近畿(93)
  滋賀(7)
  京都(39)
  大阪(24)
  兵庫(15)
  奈良(5)
  和歌山(3)
中国・四国(34)
  鳥取(1)
  島根(5)
  岡山(8)
  広島(8)
  山口(3)
  徳島(2)
  香川(4)
  愛媛(1)
  高知(2)
九州・沖縄(77)
  福岡(15)
  佐賀(2)
  長崎(7)
  熊本(10)
  大分(9)
  宮崎(3)
  鹿児島(9)
  沖縄(22)

国外エリア一覧

東南アジア(25)
ヨーロッパ(64)
東アジア・中国・台湾(19)
南アジア・インド・ネパール(2)
中近東(7)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(10)
オセアニア(10)
アフリカ(2)
北米(17)
中南米(6)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(569)
イベント情報(368)
ショッピング・買い物・お土産(483)
遊園地・テーマパーク(568)
ビジネス・出張(166)
ロケ地、舞台(172)
世界遺産(145)
乗り物・交通・アクセス(633)
宿・旅館・ホテル(186)
旅行準備(435)
歴史・豆知識(789)
温泉・スパ(155)
絶景(467)
聖地巡礼(31)
観光旅行(741)
食事・グルメ(552)
おすすめ/ランキング(662)
デート(620)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(433)
ツアー/旅程(242)
海水浴場・ビーチ・リゾート(67)
日帰り旅(3)
1泊2日(1)
寺院・神社(16)
パワースポット(8)
ファミリー(43)
1人旅(35)
雨の日(13)
メーカー/ブランド(5)

人気記事ランキング