logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 神奈川

ちょっぴりディープ!?横須賀の観光地10選!





箱根や小田原、横浜に鎌倉と多くの人気スポットを擁している神奈川県。

どれも有名で華やかですが、ここで忘れてはいけないのが横須賀です。
軍港巡りや米軍基地で有名ですよね。

けど…横須賀ってちょっと地味、これといった観光地がないのでは?
と思われている方…!そんな事はありません!

都会からのアクセスは抜群ですし、実は他の観光地と違う魅力があり、とってもディープなんです!

この記事ではそんな横須賀の魅力がギュギュっと詰め込まれた観光スポットを10ヶ所厳選してご紹介します!

横須賀について

 

今回ご紹介する横須賀ですが、位置としては神奈川県の東京湾川に飛び出た部分になります。

港町として栄えた歴史ある地域であり、それならではの魅力が盛りだくさん!

ドラマのロケ地やマニアならではのスポットもご紹介いたします!

 

 

 

①雰囲気は『天空の城ラピュタ』!?:猿島

 

 

猿島は東京湾に浮かぶ唯一の無人島で、湾内最大の自然島でもあります。

その面積は実に横浜スタジアムのグランドの約4倍。

『いやいや東京湾内でも、無人島って…遠いでしょう?』なんてご心配もありません。

京急線「横須賀中央」駅から徒歩と船で約30分と気軽に行ける人気の観光スポットなんです!

猿島ではバーベキューや釣り、貴重な歴史遺産散策、磯遊び、そして夏には海水浴などを楽しむことができ、四季折々の魅力を堪能する事ができます。

 

sarujima04

 

猿島はかつて、幕末から第二次世界大戦前にかけては、東京湾の首都防衛拠点となり幕末の1847年(弘化4年)に江戸幕府により国内初の台場が築造され、明治時代に入ると陸軍省・海軍省の所管となります。

そして、東京湾要塞の猿島砲台が築造されました。

島内の岩壁を掘って煉瓦で覆われた要塞跡は現在も残り、苔や張り出しや木の根、蔦が絡まった光景はまさに、かのジブリ名作『天空の城ラピュタ』を連想させられます。

史跡巡りにロマンを感じるならばここは絶対に外せないでしょう!

 

sarujima04

 

≪アクセス方法≫


 
【電車】

京急線「横須賀中央駅」→三笠桟橋まで徒歩15分

JR線「横須賀駅」→三笠桟橋まで徒歩30分

【自動車】

横浜横須賀道路横須賀ICから、本町山中道路経由三笠桟橋まで約3km

三笠桟橋より更に船で10分

 

≪住所・お問い合わせ≫

 

住所:〒238-0019 横須賀市猿島1

電話:046-825-7144 (株式会社トライアングル ※猿島渡船の運航会社)

料金:

【猿島航路乗船料】 大人1,300円・小学生650円
【団体】 (15人以上):大人1,170円・小児580円
【入園料】 15歳以上(中学生を除く)200円 小・中学生100円

定休日:島航路3月~11月は毎日運航(※12月~2月は土・日・祝日のみ運航)

HP: https://www.tryangle-web.com/sarushima.html (※イベント等については要確認)

 

 


②.軍艦見学にドラマのロケ地!:三笠公園

 

 

三笠公園(みかさこうえん)は、神奈川県横須賀市にある都市公園で、(歴史公園)で「日本の都市公園100選」「日本の歴史公園100選」に選ばれており、園内には流れるせせらぎの音が耳をくすぐり、安らかなひと時を過ごす事ができます。

また、岸壁には公園のシンボルにもなっている、戦艦三笠(みかさ)が記念鑑として保存されており、艦内の見学も可能です。

そのほかにも芝生広場や豪放な壁泉、高さ18メートルのモニュメント、東郷平八郎連合艦隊司令長官の銅像などがあり、大和型戦艦の砲弾も付近に展示されているほか、旧帝国海軍を偲ぶ形で石碑も建設されています。

更には2009年放映開始の「坂の上の雲」に戦艦三笠が登場し撮影ロケ地にもなり、非常に人気の観光スポットとなっています。

 

mikasa02

 

・戦艦三笠

 

三笠公園に記念艦として保存され、現存している戦艦三笠。

この戦艦は、大日本帝国海軍の戦艦で、敷島(しきしま)型戦艦の四番艦にあたります。

奈良県にある三笠山(若草山)にちなんで命名されました。

 

船籍港は京都府舞鶴市の舞鶴港。

同型艦に敷島(しきしま)、初瀬(はつせ)、朝日(あさひ)があります。

日清戦争後、ロシア帝国に対抗するために日本海軍は軍拡を進めており、その中の一環である”六六艦隊計画”(戦艦を6隻、装甲巡洋艦を6隻配備する計画)の最終艦として三笠はイギリスのヴィッカースに発注され建造されました。

 

1904年(明治37年)からの日露戦争では連合艦隊旗艦を務め、連合艦隊司令長官の東郷平八郎大将らが座乗しました。

現在の三笠公園に保存されている三笠の艦首は皇居へ向けられており、さらにそのまま直線状にロシアへ向けられています。

これは保存時に三笠が帝国海軍の象徴とされていたことと、日露戦争からいつまでもロシアのほうを覗いていることから。

そのために第二次世界大戦の終戦直後に三笠はソビエト連邦 (当時)から解体の声が上げられたが、交渉等によってそれは回避されたと言われています。

 

 

戦艦三笠の見学には特に予約は必要ありませんし、外側を撮影するのであれば見学料はかかりません。

横須賀についたら是非明るい時間帯に三笠公園に向い全長131.7mの巨体をご覧になってください!

※撮影をする際には周囲へぼご配慮をお願いします。

 

≪アクセス方法≫

 

【電車】

京急線「横須賀中央駅」から徒歩15分

JR線「横須賀駅」から徒歩30分

【路線バス】

京急「横須賀中央駅」より三笠循環バスで「三笠公園」で下車→徒歩2分。

JR「横須賀駅」よりバスで「大滝町」で下車→徒歩7分。

【自動車】

横浜横須賀道路横須賀ICから、本町山中道路経由三笠桟橋まで約3km

 

≪住所・お問い合わせ≫

 

住所:〒238-0003 神奈川県横須賀市稲岡82

電話:.046-822-5225

FAX:046-822-9822

料金:一般600円・シニア500円・高校生300円・小、中学生無料・障碍者200円

※団体割引あり詳しくはHP参照

観覧時間:9時~16時30分(季節により変動あり)

休艦日:季節により変動。詳しくはHP参照

HP: http://www.kinenkan-mikasa.or.jp/

 

 

③軍艦好きは外せない!:YOKOSUKA軍港巡り

 

 

軍艦が好きで興味がある!もっと間近で見てみたい!そんな方に是非オススメしたいのが「YOKOSUKA軍港めぐり」!

これは、船に乗って横須賀に停泊している軍艦を巡るという日本唯一のクルーズツアーで、普段お目にかかるかかることの出来ないアメリカの軍艦や海上自衛隊の軍艦を間近で見学する事ができるとても魅力的な観光スポットです。

更に船内では専属の案内人が船内ガイドを実施しており、軍艦のわかりやすく解説してくれるので、軍艦に詳しく無い方でも十分楽しめるようになっています。

時間にしてたっぷり45分!

1400円というかなりの安価で珍しい体験ができるのでかなりおすすめです。

非常に人気のツアーの為、各自に乗船したいのであれば予約しておく事をオススメします!

 

 

≪アクセス方法≫

 

【電車】

京急線「汐入駅」より徒歩5分→汐入ターミナルより運行

横須賀線「横須賀駅」より徒歩10分→汐入ターミナルより運行

【自動車】

横浜横須賀道路横須賀ICから本町山中有料道路経由6分

※駐車場いついてはHP参照

 

≪住所・お問い合わせ≫

 

住所:神奈川県横須賀市本町2-1-12 (汐入桟橋)

電話:046-825-7144 ((株)トライアングル) 
 
料金:大人1400円、小学生700円

時間:11~15時まで1時間ごとに出航(土・日曜・祝日および夏休み~11月末日は10時便も運航) 

休航日:年中無休

HP: https://www.tryangle-web.com/naval-port.html

 

 


④日本最古の洋式灯台:観音崎公園

 

 

観音埼灯台(かんのんざきとうだい)は、観音崎公園の敷地内に立っている白色八角形の中型灯台で、「日本の灯台50選」にも選ばれている日本初の洋式灯台であり、それと同時に最古の洋式灯台でもあります。

明治元年に起工し、明治2年の1月1日に点灯。

当時はレンガ造りの灯台でしたが、大正時代の関東大震災により崩壊してしまい、現在は第3代目のコンクリート造の灯台になっています。

また、広い公園内には照葉樹の森や海岸の磯など、豊かな自然が広がっており、お散歩やピクニックに海水浴、東京湾を眺めながら食事の出来るレストランもあるのでデートにも最適です。

更に天気が良い日は青い空、青い海に白色の灯台のコントラストが美しく、よく映えます。

海風にを感じながらのんびりと観光がしたい方にオススメの観光スポットです。

 

≪アクセス方法≫

 

【電車】

JR横須賀線「横須賀駅」

京浜急行線「浦賀駅」、「馬堀海岸」

【路線バス】

「横須賀駅」から「観音崎行き」バスで35分。

「浦賀駅」から「観音崎行き」バスで15分。

「馬堀海岸」から「観音崎行き」バスで15分。

すべて終点にて下車。

【自動車】

横浜横須賀道路 馬堀海岸インターチェンジから約5分。

横浜横須賀道路 横須賀インターチェンジから約11キロメートル、本町山中有料道路から国道16号を東へ進行してください。

 

≪住所・お問い合わせ≫

 

【観音崎公園】

住所:神奈川県横須賀市鴨居4-1120

電話:046-843-8316 (観音崎ビジターセンター)

駐車場:あり 

料金:入園自由

休日:無休

HP: http://www.kanagawaparks.com/kannon/

 

【観音崎灯台】

住所:神奈川県横須賀市鴨居4-1187

電話番号: 046-841-0311

営業時間:5月~9月:9:00~16:30、10月~4月:9:00~16:00

料金:参観寄付金:大人200円

※保護者同伴の小学生以下無料

定休日:不定休

HP: ttps://www.cocoyoko.net/spot/kannonzaki-toudai.html

 

 

⑤モダン、アート、恋人の聖地!:横須賀美術館

 

 

観音崎公園の敷地内にあり、散策したその足で訪れたいのがこの横須賀美術館。

横須賀市の市制100周年を記念して、2007年にオープンした美術館です。

館内には横須賀・三浦半島にゆかりのある画家たちの作品をはじめ、日本の近現代美術の名品約5,000点の中から選んだ所蔵品展、週刊新潮の表紙絵で知られている、谷内六郎作品を常設展示しています。

さらに美術館としては珍しく、図書館を擁しているため、美術的な知見を広げる場所として最高の場所なのです。

 

 

観音崎の地に立つこの美術館は、かつて日本の絶景美術館のランキングで上位に選ばれたこともあります。

緑に囲まれた屋外の素晴らしい眺望、さらに東京湾も望む事ができ、それは三浦半島でも指折りの景観。

有名シェフが総料理長を勤めるイタリアンレストランや、お洒落なアイテムいっぱいのミュージアムショップなど併設施設も充実しています。

 

更には、その美しさが NPO法人地域活性化支援センターから評価され、全国の“恋人の聖地”としてふさわしい場所としても認定されています。

http://www.seichi.net/

 

自然にアートに恋人の聖地。

カップルでお出かけするのであればオススメの観光スポットです。

 

≪アクセス方法≫

 

【電車】
JR横須賀線「横須賀駅」

京浜急行線「馬堀海岸」

【路線バス】
「横須賀駅」から「観音崎行き」バスで約35分→「観音崎京急ホ
テル・横須賀美術館前」で下車。

「馬堀海岸」から「観音崎行き」バスで約10分→「観音崎京急ホ
テル・横須賀美術館前」で下車。

【自動車】
横浜横須賀道路馬堀海岸ICから3km。
※駐車場有

 

≪住所・お問い合わせ≫

 

住所:〒239-0813 横須賀市鴨居4-1

電話番号:046-845-1211

営業時間:10:00~18:00

料金:

【常設展】一般310円、高校生・大学生・65歳以上210円
※企画展:展覧会によって異なります。詳しくはHP参照。

尚、以下の方は無料です。

・中学生以下・障害者手帳をお持ちの方(受付でご提示ください)
・市内在住または在学の高校生

定休日:毎月第1月曜日、12月29日~1月3日。

※他休館日あり。詳しくはHP参照

HP: http://www.yokosuka-moa.jp/

 

 


⑥遊んで、食べて、動物と触れあえる:ソレイユの丘

 

 

ソレイユの丘は、横須賀市西部、長井地区の小高い丘に位置し、広大な敷地の中で食、農業、クラフト、動物とのふれあいなどが体験でき農業体験型総合公園として主に家族連れの方に人気の観光スポットです。

南フランス、プロヴァンス地方をモチーフにして作られており、石畳の道やレンガ造りの建物などが特徴。

牧場エリアではバードショーやカピパラ、カンガルー、うさぎと触れ合いや、さらには乗馬体験もできちゃうんです!

他にも野菜を収穫したり、ピザ造りを体験したりと、毎日色々なイベントが催されており、家族みんなで一日中遊ぶにはオススメ!

天気がいい日には相模湾、富士山、湘南が望める最高のローケーションのソレイユの丘にお出かけしてみませんか?

 

≪アクセス方法≫

 

【電車】

京急三崎口駅

【路線バス】

「ソレイユの丘行き」→終点下車、約15分。

※直行バスは約12分)

「荒崎行き」→「漆山」バス停下車、約20分→徒歩で約10分。

【自動車】

三浦縦貫道路「林」出口を左折、国道134号線を南へ、「ソレイユの丘入口」信号を右折(林出口より約3km)

 

≪住所・お問い合わせ≫

 

住所:〒238-0316 横須賀市長井4丁目地内

電話番号:046-857-2500

営業時間:3月~11月:9:00~18:00 12月~2月:9:30~17:00

※季節により変更有り、詳しくはHP参照。

料金:入園料:無料

 ※体験プログラムには有料のものがあります

定休日:年中無休

HP: http://www.seibu-la.co.jp/soleil/

 

 

次のページでは、どぶ通り商店街、走水神社、横須賀温泉・湯楽の里、秋谷・立石海岸をご紹介いたします!


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(196)
北海道・東北(19)
  北海道(10)
  宮城(4)
  山形(1)
  岩手(1)
  福島(1)
  秋田(1)
  青森(1)
関東(61)
  千葉(5)
  埼玉(4)
  山梨(3)
  東京(30)
  栃木(1)
  神奈川(15)
  群馬(2)
  茨城(1)
甲信越・北陸・東海(28)
  三重(2)
  富山(1)
  愛知(5)
  新潟(3)
  石川(4)
  福井(1)
  長野(5)
  静岡(6)
近畿(33)
  京都(10)
  兵庫(8)
  和歌山(1)
  大阪(11)
  奈良(1)
  滋賀(2)
中国・四国(15)
  山口(2)
  岡山(3)
  島根(1)
  広島(4)
  徳島(1)
  愛媛(1)
  香川(1)
  高知(1)
  鳥取(1)
九州・沖縄(25)
  大分(1)
  宮崎(1)
  沖縄(11)
  熊本(2)
  福岡(5)
  長崎(3)
  鹿児島(2)

国外エリア一覧

東南アジア(14)
ヨーロッパ(15)
東アジア・中国・台湾(8)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(2)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(6)
オセアニア(4)
アフリカ(1)
北米(6)
中南米(1)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(138)
イベント情報(154)
ショッピング・買い物・お土産(153)
シーン別(218)
ビジネス・出張(99)
マナー(57)
ロケ地、舞台(100)
世界遺産(45)
乗り物・交通・アクセス(214)
宿・旅館・ホテル(94)
旅行準備(193)
歴史・豆知識(240)
温泉・スパ(77)
絶景(161)
聖地巡礼(22)
観光旅行(260)
言語・役立ちフレーズ(10)
食事・グルメ(205)
ランキング(126)
デート(168)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(99)
ツアー/旅程(16)
海水浴場・ビーチ・リゾート(17)

人気記事ランキング