logo

top > ヨーロッパ > ポルトガル

街がかわいい!雑貨がかわいい! ポルトガル旅行で必見の観光名所20選





ユーラシア大陸の最果てにある国、ポルトガル。
昔から日本と関わりの深い国として知られていますが、実は観光大国でもあります。

その人気の秘密は、豪華絢爛なイメージの強いヨーロッパにおいて「素朴である」ということです。
まるでおとぎ話にでてくるような古風なかわいいな街、レトロなケーブルカーや市電、コルクでできた雑貨の数々、素材の味を活かしたポルトガル料理・・・

本記事では、そんな知られざる「ポルトガル」の魅力や観光名所ををご紹介します!

【目次】街がかわいい!雑貨がかわいい! ポルトガル旅行で必見の観光名所20選

 

1ページ目 :

 

1. ポルトガルってどんな国?

2. ポルトガルの観光情報

ポルトガル料理は、素材の味を活かした、日本人好み

ポルトガルにはかわいい雑貨がたくさん!お土産の数々

ポルトガルの気候と服装、ベストシーズン

ポルトガル観光の注意点

ポルトガルの通貨・物価情報

ポルトガルでは英語は通じる?

3. ポルトガル観光名所案内〜リスボン編〜

ポルトガルおすすめ観光名所1:ロシオ広場

ポルトガルおすすめ観光名所2:ジェロニモス修道院

ポルトガルおすすめ観光名所3:ベレンの塔

ポルトガルおすすめ観光名所4:発見のモニュメント

ポルトガルおすすめ観光名所5:サン・ロケ教会

ポルトガルおすすめ観光名所6:シントラ

ポルトガルおすすめ観光名所7:ペーナ宮殿

ポルトガルおすすめ観光名所8:ロカ岬

ポルトガルおすすめ観光名所9:カスカイス

ポルトガルおすすめ観光名所10:パステイス・デ・ベレン

ポルトガルおすすめ観光名所11:ジンジャーニャの立ち飲み屋

 

2ページ目 :

 

4. ポルトガル観光名所案内〜ポルト編〜

ポルトガルおすすめ観光名所12:ドン・ルイス1世橋

ポルトガルおすすめ観光名所13:ドウロ川クルーズ

ポルトガルおすすめ観光名所14:クレリゴス教会

ポルトガルおすすめ観光名所15:サンベント駅

ポルトガルおすすめ観光名所16:ボリャオン市場

ポルトガルおすすめ観光名所17:世界で3番目に美しい書店「レロ書店」

ポルトガルおすすめ観光名所18:ポートワインのワイナリー巡り

ポルトガルおすすめ観光名所19:FCポルトのサッカー観戦

ポルトガルおすすめ観光名所20:ボルサ宮殿

 

1. ポルトガルってどんな国?

 

Portugal_01

 

ポルトガルといえば、中学校の歴史でもおなじみの国です。

カステラ、宣教師フランシスコ・ザビエル、種子島などが思い浮かびますよね。

 

けれど、歴史上、日本と関わりが深いということは知っていても、ポルトガルという国の現在のイメージを持っている方は少ないのではないでしょうか。

本記事は、そんなポルトガルの観光情報がまるっとわかる構成になっています。

それでは順番に、観光に役立つ基本情報とポルトガルの観光スポットをご紹介していきます。

 

 


2. ポルトガルの観光情報

 

ポルトガル料理は、素材の味を活かした、日本人好み

 

Portugal_02

 

ポルトガル料理は魚介や肉を活かした料理が中心です。

地理的にも近いスペイン料理と似ています。

 

ただ、おいしいけれど油っこく、どこか大味だと感じてしまう大陸的なスペインの料理とは違い、ポルトガル料理は素材を活かしたあっさり味の料理が主。

ポートワインとともに楽しんでください。

 

おすすめは、バカリャウ(ポルトガル語でタラ)のグラタン。

クリーミーなソースとタラが生み出す旨味が絶妙に絡み合った一品です。

 

また、カステラが有名なポルトガルですから、スイーツも食べきれないほどの種類があります。

エッグタルトやロールケーキ、ドーナツなど様々な種類のスイーツがあるので、自分のお気に入りを探してみてはいかがでしょうか。

 

ポルトガルにはかわいい雑貨がたくさん!お土産の数々

 

Portugal_33

 

ポルトガルにはかわいい雑貨が本当にたくさんあります。

特産品としては、地方ごとに異なった風合いの陶器やコルクで作られた製品などが有名。

雑貨好きにはたまらない国となっています。

 

ポルトガルの気候と服装、ベストシーズン

 

Portugal_31

 

ポルトガルは地中海性気候。

1年を通して温暖な気候となっています。

 

ベストシーズンは乾季である6〜9月ですが、昼間は暑くても朝晩は冷えることもあるので、一枚羽織れるものを持っていきましょう。

暖かい上、他のヨーロッパ諸国と同じく日が長いので、一日を存分に楽しむことができます。

 

秋から春にかけては雨が多く、1日のうちで天気がころころ変わることも。

折り畳み傘やレインコートなどの雨具をカバンに用意しておくといいでしょう。

 

ポルトガル観光の注意点

 

Portugal_32

 

比較的治安が良いと言われているポルトガルですが、最近はリスボンやポルトなどの大都市圏を中心にスリなどの軽犯罪が多発しています。

カバンからパスポートを抜き取られたり、地下鉄で囲まれて財布をすられたりといった被害もよく聞くので、注意を怠らないようにしましょう。

リュックではなくてサイドバッグを前にかける、カードやパスポートなどの貴重品はポーチに入れて肌身離さず持つなどを心がけてください。

ちなみに、ポルトガルではパスポートの携帯が義務付けられています。

外に出歩く際には忘れないようにしましょう。

 

ポルトガルの通貨・物価情報

 

Portugal_03

 

ポルトガルの通貨はユーロ。

他のユーロ加盟諸国と組み合わせてスムーズに旅行できます。

ユーロ、セントはそれぞれポルトガル語で「Euro(エウロ)」、「Centimo(センティモ)」と発音します。

物価はフランスやイギリスなどに比べると安いです。

 

ビールが1ユーロ程度、ランチが5ユーロ程度、ディナーが10ユーロ程度で楽しめます。

また、他のヨーロッパ諸国と同様、チップの習慣があります。

レストランなどでの支払いのために、お財布には小銭を忍ばせておきましょう。

 

ポルトガルでは英語は通じる?

 

Portugal_34

 

旅行に行く際、気になるのが言語の問題ですよね。

主言語はポルトガル語ですが、英語は概ね通じるという印象です。

特に観光地では、英語が通じず困り果てるなどといったことはほとんどありません。

ちなみに、日本人観光客があまり多い地域ではないため、日本語はほぼ通じないと思っていいでしょう。

 

 

続いては観光スポット紹介です。

ポルトガルには西の首都リスボンと南のポルトの2つの大都市圏があります。

リスボン近郊の地域とポルト近郊の地域について観光名所を紹介していきます。

 

 

3. ポルトガル観光名所案内〜リスボン編〜

 

Portugal_05
Photo on Visual Hunt

 

ポルトガルの首都、リスボン。

坂の多い起伏に富んだ地形から、「7つの丘の街」と呼ばれています。

15世紀大航海時代に、アジアや南米の航海の拠点として大繁栄し、その遺産であるジェロニモス修道院やベレンの塔などが残っています。

 

リスボン最大の魅力は、そのレトロな街並みが醸し出す、落ち着いた素朴な雰囲気。

観光地をツアーバスで巡るといったバタバタの旅行よりも、石畳の敷かれた道をトラムやケーブルカーにゴトゴト揺られたり、カフェで読書にふけったり、昼間からバルでお酒を飲んだり・・・など、ゆっくりの旅にするのがおすすめです。

 

ポルトガルおすすめ観光名所1:ロシオ広場

 

 

リスボンについたら、まずは市街の中心地にであるロシオ広場を目指しましょう。

ロシオ広場を中心として広がるのがバイシャ地区です。

周囲にはカフェやレストラン、土産物も多く、また多くのホテルもここにあることから、ここを拠点にして色んな所に訪れるのがオススメです。

 

ロシオ広場の観光情報

 

住所:Praca de D. Pedro IV, Lisboa.

アクセス:Metro Rossio駅から徒歩1分

 

ポルトガルおすすめ観光名所2:ジェロニモス修道院

 

Portugal_06

 

続いては、大航海時代ポルトガルの栄華さを感じられる観光スポットをご紹介します。

エンリケ航海王子の偉業、ヴァスコ・ダ・ガマによるインド航路開拓をたたえて建造されたジェロニモス修道院です。

 

マヌエル1世が1502年に着工し、途中中断などもあり、300年かけて建造されました。

15、16世紀の特徴的なポルトガル建築であるマヌエル様式が採用され、その様式での最高傑作とされています。

 

内部には教会やヴァスコ・ダ・ガマの棺も安置されており、見どころもたくさん。

また、新天地開拓へ乗り出す航海士の旅の安全を祈願された建物でもあります。

ここに立ち寄り、旅の無事を祈るのもいいですね。

 

ジェロニモス修道院の観光情報

 

住所:Praca do Imperio, Lisboa.

アクセス:市電15番 Mosteiro Jeronimosから徒歩1分

料金:

大人:10ユーロ
ベレンの塔とセットのチケット:12ユーロ
※毎月第1日曜日の14時までは無料となっています。

営業時間:

10:00~18:30(10~4月:10:00~17:30)
※入場は閉館30分前までとなっています。
※ミサが行われる日は時間変更される可能性があります。

定休日:月曜日

 

ポルトガルおすすめ観光名所3:ベレンの塔

 

Portugal_07

 

リスボンのジェロニモス修道院と合わせ世界遺産に登録されている建造物です。

1520年、ヴァスコ・ダ・ガマの世界一周の偉業を記念し、テージョ川に出入りする船の監視を目的にして建造されました。

ジェロニモス修道院と同じマヌエル様式が採用されています。

 

ベレンの塔の観光情報

 

住所:Av. Brasilia, Lisboa.

アクセス:市電15番 Largo da Princesaから徒歩5分

料金:

大人:6ユーロ
ジェロニモス修道院とセットのチケット:12ユーロ
※毎月第1日曜日の14時までは無料となっています。

営業時間:

10:00~18:30(10~4月:10:00~17:30)
※入場は閉館30分前までとなっています。

定休日:月曜日

 

ポルトガルおすすめ観光名所4:発見のモニュメント

 

Portugal_08

 

エンリケ航海王子没後500年を記念し、1960年に作られたモニュメントです。

エンリケ航海王子やヴァスコ・ダ・ガマ、マゼラン、そしてフランシスコ・ザビエルなど、約30人のポルトガルの偉人が彫られています。

 

記念碑内部ではリスボンの歴史を展示しています。

頂上に上がることもでき、ベレン地区やテージョ川などが一望できます。

 

モニュメント前の広場には、ポルトガル人航海者がたどった航路を示す世界地図のモザイクがあります。

世界地図にはポルトガルが世界各国を発見した年が記述されていて、そこには日本についての記述もあるので、探してみてはいかがでしょうか。

 

 

発見のモニュメントの観光情報

 

住所:Av. Brasilia, Lisboa.

アクセス:市電15番 Mosteiro Jeronimosから徒歩5分

料金:大人 4ユーロ

営業時間:

10:00~19:00(10月~4月:10:00~18:00)
※入場は閉館30分前までとなっています。

定休日:なし

 

ポルトガルおすすめ観光名所5:サン・ロケ教会

 

 

続いては、バイロ・アルト地区にあるサン・ロケ教会をご紹介します。

ここは1584年、遣欧少年使節団が宿舎として1ヶ月ほど滞在した場所。

日本との歴史のつながりを感じることができます。

マニエル形式、バロック形式、ロココ形式などで飾りたてられた豪華絢爛な教会奥の礼拝堂では、大航海時代にポルトガルが築いた富の大きさを実感できるでしょう。

 

サン・ロケ教会の観光情報

 

住所:Largo Trindade Coelho, Lisboa

アクセス:地下鉄Resutauradires駅と市電Estacao do Rossio駅から徒歩5分

料金:無料(博物館は2.5ユーロ)

営業時間:10:00~18:00

定休日:月曜日、祝日

 

ポルトガルおすすめ観光名所6:シントラ

 

 

リスボン・ロシオ駅から電車で約40分の距離にある古都シントラ。

街全体が世界遺産に登録されており、かつて、イギリスの詩人バイロンはこの街を「この世のエデン」と形容しました。

 

その魅力は何と言っても美しい景観。

シントラ山を中心に緑が生い茂り、そこに街が広がっている風景は、どこを切り取ってもフォトジェニックです。

 

王族や貴族の避暑地として繁栄した歴史があり、王宮、ペーナ宮殿など宮殿や豪邸が数多く点在しています。

ところどころに残るエキゾチックな建物からは、イスラム教徒に支配されていた歴史を感じさせます。

 

シントラの観光情報

 

アクセス:リスボン・ロシオ駅から所要40分ほど

 

ポルトガルおすすめ観光名所7:ペーナ宮殿

 

Portugal_11

 

シントラにある不思議な宮殿。

ノイシュバンシュタイン城を作ったルートヴィヒ2世のいとこのフェルディナント2世が1885年に建造しました。

 

魅惑的な王子と王女が登場する本のようにしたいという思いで作られており、宮殿は贅を尽くした様式です。

外観・内観はイスラム、ゴシック、ルネッサンス、マヌエルなど各様式の寄せ集めで構成され、奇怪で不思議な印象を与えます。

ヨーロッパの(かなり悪く言えば)「ありきたり」な宮殿や城とは全く異なる雰囲気を醸し出していますので、ヨーロッパ周遊中などに訪れるといいアクセントになりますよ。

ポルトガルを訪れるなら必見の場所です。

 

ペーナ宮殿の観光情報

 

住所:Estrada Da Pena, Sintra

アクセス:シントラから434バス Pena Palaceで下車

料金:13.5ユーロ(冬期は11ユーロ)

営業時間:

夏期(3/23~10/31)9:30~21:00
冬期(11/1~3/22)10:00~18:00

 

ポルトガルおすすめ観光名所8:ロカ岬

 

Portugal_12

 

ユーラシア大陸の最西端にある岬。

バックパッカーのバイブル「深夜特急」(沢木耕太郎作)のクライマックスに登場することで有名です。

 

地の果てを思わせる絶壁の端に「AQUI…ONDE TERRA SE ACABA E O MAR COMECA(ここに地果て、海始まる)」と書かれた石碑が立っています。

石碑の横には小屋があり、最西端到達証明書に名前、日付とロウ印を押印してもらうことができます(5.4ユーロまたは10.81ユーロの2種類)。

広大なユーラシア大陸の最西端まで来たという事実に、ロマンを感じずにはいられないでしょう。

 

ロカ岬の観光情報

 

住所:Estrada do Cabo da Roca s/n, Colares

アクセス:シントラから403バスで所要約40分

料金:無料

営業時間:

9:00〜20:00
冬期(10月〜5月)9:00〜19:00

 

ポルトガルおすすめ観光名所9:カスカイス

 

Portugal_13
Photo on Visual Hunt

 

ポルトガルきってのリゾート地、カスカイス。

古くからの漁師町でありながら、19世紀に王室の避暑地になってからリゾート地としての発展も遂げたという歴史があり、どこか懐かしさを感じるリゾート地となっています。

 

少しバタバタした旅になってしまいますが、リスボンからの日帰りでシントラ、カスカイス、ロカ岬を回ることが可能です。

シントラ、カスカイス付近のバス会社であるScotturbから、沿線全てのバスに1日乗り放題の「Bilhete Turistico Diario」というパスが販売されており、バスで運転手から購入が可能です(10ユーロ)。

また、リスボンからの鉄道も組み合わせた「Bilhete Train & Bus」というバスもあります。

ロシオ駅、シントラ駅、カスカイス駅など主要駅で購入できます(12ユーロ)。

 

カスカイスの観光情報

 

アクセス:

ロカ岬から403バスで所要約30分
シントラから407番バスで所要約40分

 

ポルトガルおすすめ観光名所10:パステイス・デ・ベレン

 

 

リスボンに行ったら絶対行きたいのがここ、パステイス・デ・ベレン。

ポルトガルの伝統菓子、エッグタルト(パステル・デ・ナタ)のお店です。

 

エッグタルトはこのお店が一番有名。

一度食べると忘れられないくらいおいしいです。

ジェロニモス修道院やベレンの塔のあるベレン地区にあるので、観光がてら行ってみてはいかがでしょうか。

 

 

パステイス・デ・ベレンの観光情報

 

住所:R. Belem 84-92, Lisboa

アクセス:市電15番 Mosteiro Jeronimosから徒歩3分

営業時間:8:00〜21:00

 

ポルトガルおすすめ観光名所11:ジンジャーニャの立ち飲み屋

 

Portugal_16

 

リスボン地方特産のさくらんぼ酒、ジンジャーニャ。

ロシオ広場周辺にある、ジンジャーニャを専門に扱う老舗立ち飲み屋がオススメ。

小さな店先に沢山の人があつまっているのですぐわかります。

 

このお店、道路に面してカウンターだけしかない潔い仕様なのです。

注文すると1ユーロでプラカップについでもらえます。

 

Portugal_17

 

甘くてほろ苦いジンジャーニャですが、とても飲みやすく止まらなくなってしまいます。

アルコール度数が20%前後と高いので、お酒に弱い人は気をつけて。

お土産にもいいですね。


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(339)
北海道・東北(31)
  北海道(18)
  青森(1)
  岩手(2)
  宮城(7)
  秋田(1)
  山形(1)
  福島(1)
関東(110)
  埼玉(5)
  千葉(8)
  東京(59)
  神奈川(24)
  茨城(2)
  栃木(4)
  群馬(4)
  山梨(4)
甲信越・北陸・東海(51)
  長野(9)
  新潟(4)
  富山(2)
  石川(6)
  福井(1)
  岐阜(4)
  静岡(14)
  愛知(7)
  三重(4)
近畿(51)
  滋賀(4)
  京都(13)
  大阪(16)
  兵庫(13)
  奈良(4)
  和歌山(1)
中国・四国(27)
  鳥取(1)
  島根(4)
  岡山(5)
  広島(8)
  山口(2)
  徳島(1)
  香川(3)
  愛媛(1)
  高知(2)
九州・沖縄(42)
  福岡(8)
  佐賀(1)
  長崎(4)
  熊本(5)
  大分(5)
  宮崎(1)
  鹿児島(5)
  沖縄(13)

国外エリア一覧

東南アジア(16)
ヨーロッパ(33)
東アジア・中国・台湾(11)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(4)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(7)
オセアニア(7)
アフリカ(2)
北米(10)
中南米(2)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(316)
イベント情報(272)
ショッピング・買い物・お土産(326)
シーン別(434)
ビジネス・出張(155)
ロケ地、舞台(160)
世界遺産(92)
乗り物・交通・アクセス(397)
宿・旅館・ホテル(143)
旅行準備(356)
歴史・豆知識(452)
温泉・スパ(120)
絶景(295)
聖地巡礼(29)
観光旅行(453)
食事・グルメ(375)
ランキング(356)
デート(366)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(257)
ツアー/旅程(136)
海水浴場・ビーチ・リゾート(42)

人気記事ランキング