logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 東京

東京都内のおすすめナイトプール10選!人気スポットの見所、営業時間やアクセス、料金を紹介





今年の夏は華やかなナイトプールで過ごしませんか?

観光地や温泉地だけではなく、東京都内でもナイトプールの営業をしている場所が複数あります。
ホテル併設のスポットで、リッチなナイトプールを満喫することもできますよ。

本記事では東京都内でナイトプール営業を行っている施設を厳選してご紹介しています。
値段や営業時間等も掲載していますので、夏に向けてナイトプールの下調べの参考にしてみてください。

【目次】東京都内のおすすめナイトプール10選!

 

ナイトプールとは

①ホテルニューオータニ

②よみうりランド

③グランドニッコー東京 台場

④ANAインターコンチネンタルホテル東京

⑤ホテル椿山荘東京

⑥京王プラザホテル

⑦グランドプリンスホテル新高輪

⑧品川プリンスホテル

⑨東京ドームホテル

⑩としまえん遊園地

 


ナイトプールとは

 

ナイトプール

 

ナイトプールとは、日が暮れてからも営業しているプールで、ライトアップやイベントが行われていることもあります。

営業時間帯が夜となっており、ラグジュアリーな雰囲気が楽しめたり、大人だけではしゃぐこともできますよ。

 

ナイトプールにはデイタイムのプールより演出にこだわっているところが多く、プールのライトアップや風船のような小道具などのSNS映えするような設備が整っていたり、DJによるBGMの演出がある施設もあります。

プールサイドでは軽食以外にアルコールの販売をしていることもあるので、大人が楽しむにはもってこいな内容になっていますよ。

 

営業時間帯的に仕事帰りに行くこともできるので、日々の疲れを癒やしにナイトプールへ行ってみませんか?

交通の便がいい駅近のナイトプールが多くありますよ♪

 

 

①ホテルニューオータニ

 

 

広大な日本庭園を有しているホテルにあるナイトプール。

デイプールは7月14日から行っており、9時から営業しています。

ナイトプールは18時からですが、18時以前に入場している場合は引き続き利用することができますので、1日中プールで遊ぶことができますよ。

利用力金にはバスタオルやバスローブ、ロッカーの利用料も含まれているため、持ち物を減らすことができて便利です。

 

アウトドアプールのアッパーテラスには「POOL SIDE DINING OUTRIGGER」が期間限定でオープンします。

ナイトプール期間にも営業しており、プールのクローズ時間の1時間前まで注文することができるので、遅い時間でも飲食を楽しむことができます。

 

ホテルニューオータニの定性情報

 

住所:東京都千代田区紀尾井町4-1

電話番号:03-3265-1111

アクセス:

地下鉄 永田町/赤坂見附駅から徒歩3分
麹町駅から徒歩6分
JR・地下鉄 四ツ谷駅から徒歩8分

営業期間:7月20日~9月16日

営業時間:18:00~22:00(最終入場21:00)

料金(宿泊者):

大人:2000円
子ども:1000円

料金(一般):

平日:10000円
土日祝日・8月10〜8月16日:12000円

公式サイト:  ホテルニューオータニ

 


②よみうりランド

 

 

ジェットコースターやメリーゴーランドなどのアトラクションや、アシカショーのようなイベントも楽しめる遊園地でもナイトプールを行っています。

よみうりランドは 東京都 神奈川 にまたがるようにあるので、神奈川からでも遊びに行きやすいですよ。

 

プールの通常営業時は18時まですが、ナイトプールを行っている期間は21時まで利用可能になります。

「波のプール」「スイミングプール」「直線スライダー」など、さまざまな種類のプールで遊べます。

 

また、「スイミングプール」では20時40分からシンクロショーが行われます。

よみうりランドのスタッフによるシンクロショーで、閉園時間まで楽しめること間違いなしです。

 

プールサイドではビアガーデン「ラ・ピシーヌナイトビュッフェ」を営業しています。

2時間製の飲み放題+食べ放題で、飲酒をしていなければ食後のプールでの遊泳も可能です。

テラス席だけではなく室内でも食事ができるので、のんびりと食事をすることができますよ。

 

よみうりランドの定性情報

 

住所:東京都稲城市矢野口4015-1

電話番号:044-966-1111

アクセス:京王よみうりランド駅からゴンドラで5~10分

営業期間:

7月14日~7月29日の土日祝日
8月3日~9月2日の金土日
8/13(月)~16(木) 

営業時間:18:00~21:00(スイミングプールは20:40まで)

料金:

大人1500円
子ども(3歳〜高校生)・シルバー1000円

公式サイト:  よみうりランド

 

③グランドニッコー東京 台場

 

 

シングルでもファミリーでも泊まりやすいホテルです。

4階にテラスプール「グランブルー」があり、約80人も利用できる大きめなプールとなっています。

有料でデッキチェアーを利用することもできますよ。

 

シャワーやパウダースペースがあるロッカールームや、軽食やドリンクの販売を行っている飲食店もあり、施設内容が充実していて便利です。

ホテル内のプールですが、宿泊者だけではなく、一般のお客さんでもナイトプールを利用することができるのが嬉しいポイントですね。

 

グランドニッコー東京 台場の定性情報

 

住所:東京都港区台場2-6-1

電話番号:03-5500-6711

アクセス:台場駅直通

営業期間:7月6日~9月9日

営業時間:16:00~21:00(トワイライト・最終入場20:00)

料金(宿泊者):2600円

料金(一般):

平日:4000円
土日祝日:6000円

公式サイト:  グランドニッコー東京 台場

 


④ANAインターコンチネンタルホテル東京

 

 

4階にあるガーデンプールを「マムビーチクラブ」としてオープンしています。

プールには大きなバルーンが浮かび、SNS映えするフォトブースも準備されるので、思い出に残ること間違いありません。

毎週木曜日には、ナイトプールの時間帯に有名DJによるプールパーティーも開催されます。

 

プールサイドでは「プールサイドスナック」の営業をしており、「牛リブロースのステーキ丼」や「ピッツァ マルゲリータ」のようなガッツリとしたメニューから、「ミニハンバーガーとチーズバーガー フライドポテト添え」のような子ども向けのメニューもあります。

ドリンクにはアルコールやスムージーもありますよ。

 

プールの利用料金には、バスタオルやシャンプー類、化粧水などのアメニティも入っているので、持ち物を減らすことができます。

有料ですが、水着やゴーグルの貸出も行っています。

 

利用料金については、通常の料金以外に「パスカード」もあります。

プールの営業開始時期から販売をしており、回数券(10回・全日利用可)80,000円や、ナイトタイムパス(全日18時以降)120,000円などが販売されています。

非常に値段は高いですが、何度も利用する場合はこちらの方がオトクなのおすすめです。

 

7月21日~9月16日の間は22時まで営業しているので、他の施設のナイトプールよりも遅い時間まで遊ぶことができます。

ナイトプール開催期間も長いので、7月や8月に時間を取りにくい人でも行きやすいのでおすすめですよ。

 

ANAインターコンチネンタルホテル東京の定性情報

 

住所:東京都港区赤坂1-12-33

電話番号:03-3505-1111

アクセス:地下鉄銀座線溜池山王駅から徒歩1分

営業期間:2018年6月23日~2018年9月30日

営業時間:

6月23日〜7月20日/8:00~20:00
7月21日~9月16日/7:00~22:00
9月17日~9月30日/8:00~20:00

料金(宿泊者):4000円

料金(一般):

平日:7000円
平日の18時以降:5000円
8月6日~16日および土日祝:14000円

パスカード:

フルタイムパス(全日券):300000円
ウィークデーパス(平日券):200000円
ナイトタイムパス(全日18時以降):120000円
回数券(10回・全日利用可):80000円

公式サイト:  ANAインターコンチネンタルホテル東京

 

⑤ホテル椿山荘東京

 

 

宿泊者限定でプールの利用ができるホテルです。

リゾートにいるかのようなリラクゼーション施設「悠 YU, THE SPA」内に、夜も利用できるプールがあります。

通年プールの営業を行っているので、夏以外でもナイトプールを楽しむことができますよ。

 

屋内プールなので、天候に関係なく利用できるのが嬉しいですね。

晴れている日には天井の一部が開放されていることもありますので、気持ち良く入ることができます。

 

プールを利用する場合はジェットバスやフィットネスジム、温泉(2018年6月25日〜9月2日まで工事予定)の利用も可能になるので、飽きずに利用できますよ。

プールサイドにあるジェットバスは湯温39度に設定されており、プールで遊んだ後にのんびりすることができます。

 

ホテル椿山荘東京の定性情報

 

住所:東京都文京区関口2-10-8

電話番号:03-3943-1111

アクセス:東京メトロ有楽町線江戸川橋駅から徒歩10分

営業期間:通年営業

営業時間:

8:00~18:00
20:00~22:00(最終受付21:30)

料金(宿泊者):

大人:4320円
子ども:2160円

公式サイト:  ホテル椿山荘東京

 


⑥京王プラザホテル

 

 

交通の便が良い新宿駅の西口から徒歩5分程度でたどり着ける「京王プラザホテル」内のプール。

15時以降は通常料金より安くなっているのでお得です。

 

本館7階の屋外にあるプールの周りにはビル群が並び、都会ならではのナイトプールを満喫できます。

更衣室は白を基調にした造りになっているので、清潔感があり使いやすいです。

立地がいい分、プールの入場に時間がかかる場合があるので、早めに行かれることをおすすめします。

 

京王プラザホテルの定性情報

 

住所:東京都新宿区西新宿2-2-1

電話番号:03-3344-0111

アクセス:JR新宿駅から徒歩5分

営業期間:2018年6月23日〜9月17日

営業時間:9:00〜20:00

料金(一般):

平日:5000円(9:00〜15:00)/7000円(15:00〜20:00)
土日祝日:4000円(9:00〜15:00)/5000円(15:00〜20:00)

公式サイト:  京王プラザホテル

 

⑦グランドプリンスホテル新高輪

 

 

夏季限定で「ダイヤモンドプール」と「スカイプール」の営業をしており、「ダイヤモンドプール」はモーニング、「スカイプール」はナイトプールの利用も可能になっています。

16歳以上の宿泊者限定で利用できるので、混むことなく落ち着いた空間の中でナイトプールを楽しむことができますよ。

 

ナイトプール営業時にはプールがライトアップされ、心地のいいBGMが流れています。

定期的にDJによるBGMの演出やイベントの開催も行っているのが特徴です。

 

グランドプリンスホテル新高輪の定性情報

 

住所:東京都港区高輪3-13-1

電話番号:03-3442-1111

アクセス:

JR・東海道新幹線・京急線品川駅から徒歩5分
都営浅草線高輪台駅から徒歩3分

営業期間(2017年参考):

7月7日~7月27日
7月28日~9月3日
9月4日~9月10日

営業時間(2017年参考):

7月7日~7月27日、9月4日~9月10日 10:00~18:00
7月28日~9月3日 10:00~21:30(18:00以降は16歳以上のみ)

料金(宿泊者、2017年参考):

大人:3000円
子ども(4〜12歳):1500円

公式サイト:  グランドプリンスホテル新高輪

 


⑧品川プリンスホテル

 

 

駅近で日本最大級の客室数を誇るシティホテル、「品川プリンスホテル」でもナイトプール営業を行っています。

品川駅から徒歩2分で行くことができるので、交通の便が良く電車でも行きやすいです。

駅から徒歩で「品川プリンスホテル」に行く場合は、高輪口から出るとすぐに辿り着くことができます。

 

ナイトプールは18歳以上限定なので、大人だけの落ち着いた雰囲気を楽しめるでしょう。

2017年のナイトプールではナイトプール営業時間にヨガレッスンが受けられるイベントも行っていたので、2018年のナイトプールでも期待ができそうです。

水着のレンタルも行っているため、急遽ナイトプールに行きたくなった時でも気軽に遊びに行くことができますよ。

 

品川プリンスホテルの定性情報

 

住所:東京都港区高輪4-10-30

電話番号:03-3440-1111

アクセス:品川駅から徒歩2分

営業期間(2017年参考):7月15日~9月18日

営業時間(2017年参考):18:00~21:00(18歳以上のみ利用可)

料金(宿泊者、2017年参考):1700円

料金(一般、2017年参考):

平日:3700円
土日祝日:5500円

公式サイト:  品川プリンスホテル

 

⑨東京ドームホテル

 

 

東京ドームやラクーアなどの複数の施設で構成されている都市型総合エンターテインメント、「東京ドームシティ」内にあるホテル「東京ドームホテル」のプールです。

開放感ある屋外ガーデンプールでナイトプール営業をしています。

ホテルの7階にプールがあるので、周りのビルと肩を並べた空間でナイトプールを満喫することができますよ。

ナイトプールの営業時間までは「東京ドームシティ アトラクションズ」のアトラクションで遊んだり、「ミーツポート」のカフェやレストランでのんびりと過ごすこともできるため、朝から夜までとことん遊べます。

 

東京ドームホテルの定性情報

 

住所:東京都文京区後楽1-3-61

電話番号:03-5805-2222

アクセス:春日駅から徒歩8分

営業期間(2017年参考):7月1日、2日、8日、9日、7月15日~9月3日

営業時間(2017年参考):10:00~19:00(最終受付18:00)

料金(宿泊者、2017年参考):1620円(14時以降は1080円)

料金(一般、2017年参考):

平日:3780円
土日祝日・8月1日~8月16日:4320円

公式サイト:  東京ドームホテル

 

⑩としまえん遊園地

 

 

練馬区にある遊園地です。

埼玉 よりにあり、都外から遊びに来る方も多いです。

アトラクションがあるため、1日中遊ぶことができます。

 

毎年夏季にプールの営業を行っており、夏休みの時期には子どもから大人まで幅広い年齢層の人が遊びに来ています。

「流れるプール」や「ハイドロポリス」など様々なエリアがあり、その中でもナイトプールの時間帯に楽しめるのが「波のプール」です。

長さ160mもある「波のプール」は、まるで海水浴に来ているかのような気分が味わえますよ。

 

プールサイドにはペアシートやファミリーシートなどの座席があり、別途有料で利用することができます。

人数が多い場合は特に利用したいですね。

 

としまえん遊園地の定性情報

 

住所:東京都練馬区向山3-25-1

電話番号:03-3990-8800

アクセス:豊島園駅から徒歩1分

営業期間(2017年参考):

7月28日〜8月27日の金・土・日
8月11日〜8月15日

営業時間(2017年参考):18:00~21:00

料金(2017年参考):

大人:1500円
子ども(3歳〜小学生):1000円

公式サイト:  としまえん遊園地

 

 

格安航空券でお得に観光を楽しもう

 

旅費の大半を占めるのが交通費と宿泊費。

皆さんはどこの旅行代理店やサイトでいつも予約していますか?

実は全く同じホテルや航空券でも、サイトによって価格が違うということはよくあります。

最安値保証をしてくれる予約サイトや、価格比較が出来るサービスを使って賢く旅行しましょう♪

 

 

 

おわりに

 

東京で営業しているナイトプールは、ホテルで営業している場合が多いです。

東京都外から泊まりで遊びに行くなら、ナイトプールの営業をしているホテルに一度泊まってみてはいかがでしょうか。

宿泊者以外でも利用できるナイトプールも多くありますが、宿泊者の方が利用料金が安くてお得ですよ。


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(484)
北海道・東北(40)
  北海道(23)
  青森(3)
  岩手(2)
  宮城(7)
  秋田(1)
  山形(3)
  福島(1)
関東(164)
  埼玉(7)
  千葉(11)
  東京(90)
  神奈川(35)
  茨城(4)
  栃木(7)
  群馬(5)
  山梨(5)
甲信越・北陸・東海(72)
  長野(11)
  新潟(7)
  富山(3)
  石川(13)
  福井(1)
  岐阜(5)
  静岡(18)
  愛知(7)
  三重(7)
近畿(77)
  滋賀(7)
  京都(26)
  大阪(21)
  兵庫(15)
  奈良(5)
  和歌山(3)
中国・四国(32)
  鳥取(1)
  島根(5)
  岡山(7)
  広島(8)
  山口(3)
  徳島(2)
  香川(3)
  愛媛(1)
  高知(2)
九州・沖縄(65)
  福岡(10)
  佐賀(2)
  長崎(7)
  熊本(11)
  大分(9)
  宮崎(2)
  鹿児島(8)
  沖縄(16)

国外エリア一覧

東南アジア(19)
ヨーロッパ(46)
東アジア・中国・台湾(19)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(6)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(8)
オセアニア(8)
アフリカ(2)
北米(14)
中南米(3)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(496)
イベント情報(346)
ショッピング・買い物・お土産(455)
ビジネス・出張(163)
ロケ地、舞台(168)
世界遺産(116)
乗り物・交通・アクセス(568)
宿・旅館・ホテル(175)
旅行準備(413)
歴史・豆知識(676)
温泉・スパ(151)
絶景(412)
聖地巡礼(30)
観光旅行(633)
食事・グルメ(519)
ランキング(550)
デート(536)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(409)
ツアー/旅程(218)
海水浴場・ビーチ・リゾート(59)

人気記事ランキング