logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 大阪

難波おすすめ観光スポット15選!定番観光地からディープな裏なんばまで





訪日外国人旅行客が急増し、その急成長率が2年連続世界1を記録した大阪。
大阪旅行で欠かせない場所と言えば、大阪ミナミを代表する難波です。

グリコの看板で有名な道頓堀界隈や、お笑いの殿堂なんばグランド花月、ちょっとディープな裏なんばなど、これぞ大阪!というコテコテな観光地でいっぱい。

今回はそんな難波の観光・グルメスポットを、「見て遊べる観光スポット」「遊べる観光スポット」「ショッピングスポット」「グルメスポット」の4ジャンルに分けてご紹介していきます。
大阪観光に来られた方はぜひ難波にお越しください。

【目次】難波おすすめ観光スポット15選!定番観光地からディープな裏なんばまで

 

1ページ目 :

 

<難波で見る(観る)>

1. なんばグランド花月

2. よしもと漫才劇場

3. 大阪松竹座

4. 法善寺横丁

5. 道頓堀

<難波で遊ぶ>

1. 道頓堀コナモンミュージアム

2. 道頓堀大観覧車(えびすタワー)

3. とんぼりリバークルーズ

4. 大阪わくわくアカデミー

 

2ページ目 :

 

<難波で買う>

1. なんばパークス

2. 心斎橋筋商店街

3. 黒門市場

4. 千日前道具屋筋商店街

<難波で食べる>

1. 虎目横丁

2. DININGあじと

 

 

<難波で見て楽しむ観光スポット>

 


1. なんばグランド花月

 

 

大阪の笑いの殿堂と言えば「なんばグランド花月」。

その頭文字をとったNGKの愛称で親しまれています。

 

年中無休で、吉本興業のタレント、漫才師、落語家さんが連日舞台で笑いを提供しています。

若手漫才師やタレントから始まり、中堅、大御所、最後には吉本新喜劇といった構成の舞台は連日満員御礼です。

特別イベントや変則公演もあるので、ホームページからスケジュールをチェックして下さいね。

 

公演前には、芸人の着ぐるみと若手芸人が入り口でお出迎え。

周辺の飲食店では、芸人さんが普通に食事をしていたりするのも大阪ならではですね。

名物のお弁当を食べながら、心ゆくまで大阪の笑いを堪能してみませんか?

 

なんばグランド花月 観光情報

 

住所 :大阪府大阪市中央区難波千日前11-6

アクセス :地下鉄御堂筋線、南海「難波駅」より徒歩3分

電話番号 :06-6643-3080

定休日 :年中無休

営業時間 :公演により異なる

料金 :公演により異なる

公式URL :  なんばグランド花月

 

 

2. よしもと漫才劇場

 

よしもと漫才劇場

 

なんばグランド花月のすぐ向かい、YES-NAMBAビルの5階にある「よしもと漫才劇場」はお笑いファン必見の劇場です。

プログラムは漫才がメインで、芸歴の浅い芸人が出演する60分ライブ「Kakeru翔LIVE」、よしもと漫才劇場を代表する芸人が出演する「kiwami極LIVE」、よしもと一押しの若手から中堅、ベテランまでの旬の芸人が出演し、吉本極新喜劇も行われる90分の寄席公園「よしもと漫才ライブ」などが行われています。

 

主に若手の芸人が切磋琢磨する場所として活躍しているので、メジャーになる前の芸人さんを見てみたいという方は足を運んでみてはいかがでしょうか。

ちなみに、同ビルの地下1階には、NMB48のホームグラウンドであるNMB48劇場があります。

 

よしもと漫才劇場 観光情報

 

住所 :大阪府大阪市中央区難波千日前12-7  YES・NAMBAビル地下5階

アクセス :地下鉄御堂筋線、南海「難波駅」より徒歩3分

定休日 :不定休

営業時間 :公演により異なる

料金 :公演により異なる

公式URL :  よしもと漫才劇場

 

 


3. 大阪松竹座

 

大阪松竹座

 

大正12年に日本初の洋式の劇場として誕生したのが「大阪松竹座」です。

ミラノのスカラ座をモデルにして、イタリアの大理石を使用して作られています。

1997年、ネオルネッサンス様式の正面部分は当時のまま残し、最新設備を導入した演劇専門の劇場としてリニューアルされました。

 

現在は歌舞伎公演、ミュージカルなど様々なタイプの舞台芸術を上演しています。

関ジャニがデビューして以来、定期的に公演を行っていたので、ファンには聖地のような場所として知られています。

1階には演劇専門の書店、地下には道頓堀ビールの醸造所のレストランや、神戸牛ステーキレストラン、とんかつ屋さん、和食店などが入っています。

 

大阪松竹座 観光情報

 

住所 :大阪府大阪市中央区道頓堀1-9-19

アクセス :地下鉄「なんば駅」14番出口より徒歩1分

定休日 :不定休

営業時間 :公演により異なる

料金 :公演により異なる

公式URL :  大阪松竹座

 

 

4. 法善寺横丁

 

法善寺横丁

 

全長約80m、幅3mの路地が東西に延びた法善寺横丁。

ミナミの繁華街にありながら、静かなたたずまいで情緒たっぷりの横丁には、老舗の割烹や小料理屋、串カツ店、バーなどが約60店舗並んでいます。

 

東西両端にある門に掲げられた「法善寺横丁」という文字は、西側が喜劇俳優、藤山寛美、東側が三代目桂春団治によるもの。

もともとは法善寺の参拝客相手の露店が発達したもので、太平洋戦争の空襲で横丁も法善寺も焼失しましたが、戦後に盛り場として復活しました。

風情のある横丁で、ちょっと一杯、または小説「夫婦善哉」の舞台になったぜんざい屋さんで甘味タイムもおススメです。

 

水かけ不動

 

水かけ不動の名前で親しまれている法善寺。

不動明王には、商売繁盛、恋愛成就など様々な願いを込めて水がかけられるので、全身に緑の苔がびっしりとついています。

 

法善寺横丁 観光情報

 

住所 :大阪府大阪市中央区難波1丁目付近

アクセス :地下鉄御堂筋線・千日前線、近鉄、南海「なんば駅」から徒歩で5分

定休日 :店舗により異なる

営業時間 :店舗により異なる

公式URL :  法善寺横丁

 

 


5. 道頓堀

 

道頓堀

 

1612年、安井道頓という人物が私財を投げうって南河堀の開削に着手、1615年に運河が完成。

開削者の功績を後世に伝えるために、運河を「道頓堀」と名付けたのです。

 

その後、江戸幕府が大坂を直轄領とし、街づくりが始まりました。

道頓堀には芝居小屋が集められ、歌舞伎、義太夫、見世物小屋などが並び賑わいを見せるようになったのです。

17世紀後半には中座、角座、浪花座などの劇場がオープン、歌舞伎ブームとともに、人形浄瑠璃の竹本座、豊竹座などもオープンしました。

 

東洋のシェークスピアと称された劇作家、近松門左衛門の歌舞伎や浄瑠璃の大半が道頓堀で初演しています。

大きな劇場に、それを取り巻く中小の小屋がひしめく道頓堀。

今では閉鎖された劇場もありますが、道頓堀界隈は今でも関西の演劇、演芸の中心である事に変わりはありません。

 

巨大看板

 

そんな道頓堀は、今は巨大看板と食べ歩きの中心地でもあります。

 

14万個のLEDを使用した6代目となるグリコの看板。

とれとれピチピチかに料理~♪のかに道楽の動くかに看板。

づぼらやのふぐ看板。

二度漬け禁止!と睨みをきかせている串カツだるまの社長の看板。

元禄寿司のまぐろのにぎり看板。

金龍ラーメンのでっかい龍の看板など、まだまだいっぱい。

 

ずっと動いている看板もあれば、数分に一度顔が変化するなんていう仕掛けの看板も。

たこ焼きの食べ歩きはマストですが、ちょっとリッチに、かに道楽の焼きタラバガニもおススメ。

難波で一番大阪のコテコテさを感じられる場所、それが道頓堀です!

 

道頓堀 観光情報

 

住所 :大阪府大阪市中央区道頓堀

定休日 :店舗により異なる

営業時間 :店舗により異なる

公式URL :  道頓堀商店会

 

 

<難波の遊べる観光スポット>

 


1. 道頓堀コナモンミュージアム

 

コナモンミュージアム

 

道頓堀のど派手看板の中でもひときわ目立つ、動くタコの看板。

地下1階は「たこ焼き道場くくる 匠(たくみ)」では、各席にプロ仕様のたこ焼き器がセットされていて、マイたこ焼きを作る事ができます。

基本料金は350円で、たこ焼き15個分の生地、葱、天かす、紅ショウガ、ソース、マヨネーズ、カツオ節、アオサが含まれています。

これに、30種類近くある具材(1種類180円~)から5個分を3種類選べばOKというシステム。

 

1番安くても15個のたこ焼きは890円になるという、なかなかのナニワ商法ですが、店員さんがつきっきりで手伝ってくれるのでアリですね。

チョコレートやパイナップルといった店頭では扱っていない具材もあるのが楽しいですよ。

 

1階は「たこ家道頓堀くくる」の店舗、焼き立てアツアツのたこ焼きは道頓堀川沿いのテーブルに座って食べる事ができます。

 

2階はコナモン歴史ミュージアム、たこ焼きのルーツだけではなく、広くコナモン文化の歴史もパネルや資料を見ながら知る事ができます。

コナモンにはつきものの、ソースについても解説があります。

 

3階は「コナモンサンプル工房 まねき多幸」で、人気のたこ焼きの食品サンプルを作る事ができます。

所要時間は約45分、タコ、紅ショウガや鰹節など本物そっくり、緻密に再現されたロウサンプルは世界で1つだけの手作りお土産になりますね。

 

道頓堀コナモンミュージアム 観光情報

 

住所 :大阪府大阪市中央区道頓堀1-6-12 中和第一ビル

アクセス :地下鉄御堂筋線「なんば駅」14番出口から徒歩4分

電話番号 :06-6214-6678

定休日 :無休

営業時間 :11:00~22:00

料金 :入場無料、ロウサンプル体験 2,000円

公式URL :  道頓堀コナモンミュージアム

 

 

2. 道頓堀大観覧車(えびすタワー)

 

道頓堀大観覧車

 

10年近く休止していた観覧車「えびすタワー」が2018年1月から再始動しているのをご存じでしたか?

 

ディスカウントストア、ドン・キホーテ道頓堀店の看板として2005年に開業した観覧車。

高さ77.4m、世界初の長円形の観覧車として多くの人が利用していました。

ところが2008年、レールにひび割れが見つかり、営業休止していたのです。

 

訪日外国人の人気スポットの道頓堀川沿いにあり、営業再開の声が多くあがった事もあり、2億5千万円をかけて改修し、再始動の運びになりました。

32台のゴンドラにはそれぞれ違った縁起物のイラストが描かれていて、冷暖房完備。

約15分で一周、開業時にはなかった「あべのハルカス」も眺める事ができますよ。

 

道頓堀大観覧車(えびすタワー) 観光情報

 

住所 :大阪府大阪市中央区宗右衛門町7-13

アクセス :地下鉄各線「なんば駅」14番出口より徒歩5分

電話番号 :06-6214-6511

定休日 :無休

営業時間 :11:00~23:00

料金 :600円

公式URL :  道頓堀大観覧車えびすタワー

 

 


3. とんぼりリバークルーズ

 

 

あのグリコの看板をはじめ、道頓堀らしい景色を川から眺める約20分間のミニクルーズ。

ガイドさんが乗船し、大阪弁で地名の由来や簡単な案内を面白おかしくしてくれます。

外国人観光客の方が多いので、日本語プラス英語、中国語の案内もあり。

 

人でごった返す道頓堀を、すいすいーっと川からのんびり眺めるのも楽しい経験ですね。

グリコの看板が見えるスポットでは、写真タイムもあります。

 

 

夏から秋にかけての土日祝には、「とんぼりリバージャズボート」が運行。

ジャズの生演奏を聴きながら約40分間のクルーズを楽しめます。

 

どちらのクルーズも断然おススメは夜。

涼しい風を感じながら、ネオンが煌く道頓堀の夜景を堪能できますよ。

 

とんぼりリバークルーズ 観光情報

 

住所 :大阪府大阪市中央区宗右衛門町

アクセス :「難波駅」 「心斎橋駅」「日本橋駅」から徒歩で10分

電話番号 :06-6441-0532

定休日 :7月13、24、25日 8月第1土曜日

営業時間 :平日13:00~21:00 毎時00分、30分に出航 土日祝・繁忙日 11:00~21:00 毎時00分、30分に出航

料金 :おとな(中学生以上)900円、こども(小学生以上)400円

公式URL :  とんぼりリバークルーズ

 

 

4. 大阪わくわくアカデミー

 

 

大阪土産が所せましと並ぶお土産屋さん「いちびり庵」の千日前店の3階。

ただ物を作るではなく、親子で楽しみながら大阪の歴史、文化を学べる体験型エンターテーメントショー「大阪わくわくアカデミー」は、知る人ぞ知る人気スポットです。

 

体験コースの第一弾は、大阪発祥と言われる食品サンプル作り。

食品サンプル学科で学ぶ生徒として、卒業試験にチャレンジします。

プロフェッサーが出題するクイズ(筆記試験)とサンプル作り(実技試験)をクリアし無事卒業できるのか?

 

わくわくスイーツコースでは、スイーツかタルトを、わくわくお寿司コースではお寿司(にぎり1貫、イクラ軍艦巻き)を製作体験します。

大阪らしい笑いとノリの中で進められる体験コースに参加者の笑顔がはじけること間違いなしです。

 

大阪わくわくアカデミー 観光情報

 

住所 :大阪市中央区千日前2-11-10 おみやげ処いちびり庵3Fフリースペース

アクセス :各「なんば駅」下車、徒歩5分

電話番号 :0120-554-728

定休日 :無休

営業時間 :10:00~20:00

料金 :わくわくスイーツコース2,500円 わくわくお寿司コース5,000円(お得ないちびり庵金券付き)

公式URL :  大阪わくわくアカデミー


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(380)
北海道・東北(33)
  北海道(18)
  青森(2)
  岩手(2)
  宮城(7)
  秋田(1)
  山形(2)
  福島(1)
関東(129)
  埼玉(7)
  千葉(11)
  東京(62)
  神奈川(29)
  茨城(3)
  栃木(7)
  群馬(5)
  山梨(5)
甲信越・北陸・東海(56)
  長野(10)
  新潟(5)
  富山(2)
  石川(7)
  福井(1)
  岐阜(4)
  静岡(14)
  愛知(7)
  三重(6)
近畿(55)
  滋賀(6)
  京都(13)
  大阪(17)
  兵庫(13)
  奈良(4)
  和歌山(2)
中国・四国(28)
  鳥取(1)
  島根(4)
  岡山(6)
  広島(8)
  山口(2)
  徳島(1)
  香川(3)
  愛媛(1)
  高知(2)
九州・沖縄(51)
  福岡(8)
  佐賀(1)
  長崎(5)
  熊本(7)
  大分(7)
  宮崎(2)
  鹿児島(8)
  沖縄(13)

国外エリア一覧

東南アジア(17)
ヨーロッパ(33)
東アジア・中国・台湾(13)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(5)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(7)
オセアニア(7)
アフリカ(2)
北米(10)
中南米(2)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(365)
イベント情報(282)
ショッピング・買い物・お土産(368)
シーン別(495)
ビジネス・出張(158)
ロケ地、舞台(161)
世界遺産(92)
乗り物・交通・アクセス(442)
宿・旅館・ホテル(153)
旅行準備(368)
歴史・豆知識(511)
温泉・スパ(133)
絶景(326)
聖地巡礼(29)
観光旅行(497)
食事・グルメ(415)
ランキング(415)
デート(408)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(304)
ツアー/旅程(150)
海水浴場・ビーチ・リゾート(47)

人気記事ランキング