logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 東京 > 渋谷/恵比寿/代官山

ヒカリエの見どころを紹介!ショッピングやレストランに意外な楽しみ方まで!





2012年に渋谷駅すぐそばに建てられた商業施設、ヒカリエは飲食店、ファッション店、劇場など、さまざまな楽しみ方ができる複合型施設です。
近代的なその建築は、2012のグッドデザイン賞を受賞しています。

そんなヒカリエの魅力を、都内在住でショッピングの際にはよくヒカリエにも足を運ぶ著者が紹介していきます。
ファッション、美容、雑貨などの200を超える店舗が集まるShinQs(シンクス)、カフェレストラン、そのほかの豊富な施設まで見どころ満載です!

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、臨時休業あるいは営業時間の変更等の措置を取っている店舗・施設がございます。


お出かけ前に、店舗・施設の公式HPやSNS等で最新情報のご確認をお願い致します。


【目次】ヒカリエの見どころを紹介!ショッピングやレストランに意外な楽しみ方まで!

 

ヒカリエってどんなところ?

ヒカリエの利用情報

ヒカリエへのアクセス

ヒカリエの歴史

グルメや買い物に展望スペースまで!ヒカリエの見どころを紹介

1. 待ち合わせにも便利!『デジタルサイネージ』

2. 隠れた模様を探すワクワク感!『ハチ公&黄金のクローバー』

3. セレクトショップ多数!買い物を楽しむなら『shinQs』

4. 無料の展望スペース!『スカイロビー』

5. ユニークなデザインの『休憩スペース』

6. バリエーション豊富な店舗!『カフェ・レストランエリア』

ヒカリエ周辺のグルメスポット!

1. 世界一のバリスタこだわりのエスプレッソ『ポールバセット』

2. 『東京トンテキ 渋谷店』

3. 年中無休!ビストロのプレートランチ『コンコンブル』

ヒカリエ周辺の観光スポット!

1. 人が集まる渋谷のメインストリート『渋谷センター街』

2. 品揃え豊富!コアな音楽ファンも満足『タワーレコード渋谷店』

3. 湧き水池のある静かな公園『鍋島松濤公園』

ショッピングからグルメまで!ヒカリエ観光を楽しもう

 


ヒカリエってどんなところ?

 

ヒカリエ

 

東京都 渋谷区の渋谷駅すぐそばに2012年にオープンした複合型施設が、ヒカリエです。

館内には、ファッションやライフスタイルに関する店が200以上集まるShinQs、カフェレストランエリア、街を見渡せる展望フロアなど見どころが満載!

一日中楽しめる渋谷の新名所ともいえる場所です。

 

東急東横線、京王井の頭線、東京メトロ、JR、それぞれの路線の駅直結なので、渋谷を初めて訪れる方でも迷わずたどり着けます。

建物そのものが2012年グッドデザイン賞を受賞しているヒカリエ。

館内にもデザイン性の高さを感じさせるスポットや、随所に遊び心を感じさせるデザインが見受けられます。

 

そんなヒカリエの中でも、何度も足を運んでいる筆者がおすすめしたいポイント、エリアをグッと掘り下げて紹介していきます。

王道のショッピングや意外性のある楽しみ方もあるので、観光の際はぜひ参考にしてみてください。

 

 

ヒカリエの利用情報

 

ヒカリエ

 

ヒカリエは入場無料の施設なので、大人から子供まで幅広い世代の方が気軽に利用できる施設です。

館内にある東急シアターオーブなど、観劇のためにチケットが必要な施設はHP等を確認しましょう。

 

利用時間はそれぞれの施設やエリアによって異なります。

ファッション店が集まるShinQsは10:00~21:00、カフェ&レストランフロア、クリエイティブスペースは11:00~23:00となっています。

ヒカリエ全体の閉館日は1月1日ですが、施設、ショップによって不定休等あるので確認しましょう。

 

昼間のお出かけから仕事終わりにも立ち寄れるのがヒカリエの大きな魅力です。

その他にも、期間限定の展示や絵画のオークションなど、ユニークなイベントがたくさんあります。

 

 


ヒカリエへのアクセス

 

 

ヒカリエは交通に便利な東京都の都心部にある観光スポットです。

アクセスの際は、電車や地下鉄を使うのがおすすめ!

自家用車やバイク、自転車でアクセスの際には駐車場もあるのでそちらを利用しましょう。

 

駐車場は、6:50~24:00までの営業で、料金は平日30分、300円、休日は30分、400円となっています。

ヒカリエでの買い物額が3,000円以上なら1時間、10,000円以上なら2時間、30,000円以上なら3時間、無料で駐車可能です。

 

駐輪場は、自転車、原付バイクは最初の2時間、バイクは最初の一時間が無料。

料金は自転車が4時間毎100円、原付バイクが2時間毎100円、バイクが1時間毎100円となっています。

 

電車でのアクセス

 

  • 東急東横線、田園都市線、東京メトロ半蔵門線、副都心線渋谷駅15番出口直結
  • JR、東京メトロ銀座線、京王井の頭線渋谷駅、2F連絡通路直結

 

 

ヒカリエの歴史

 

ヒカリエ 歴史

 

ヒカリエは、渋谷駅周辺エリアが特定都市再生緊急整備地域に指定されたことをきっかけに開業された複合型施設です。

2018年時点も再開発が進む渋谷で、再開発のトップバッターとして2012年にオープンしました。

 

JR、東京メトロをはじめ、各線渋谷駅から直結していて、アクセスも便利な立地から渋谷の新名所として人気となっています。

施設の中には、かつて渋谷にあった五島プラネタリウムの流れを引き継ぐ東急シアターオーブをはじめ、文化、芸術の発信地の役割を果たすものも!

その他にも、グルメ、ファッション、オフィスやコワーキングスペースまで兼ね備えた充実の設備が揃います。

 

渋谷観光の拠点として注目を浴びるヒカリエの魅力を都内在住の筆者が、厳選して紹介していきます。

観光やお出かけの際は、ぜひ参考にしてみてください。

 

※合わせて読みたい:  渋谷の観光スポット18選!定番から見逃しがちな穴場スポットまで!

 

 


グルメや買い物に展望スペースまで!ヒカリエの見どころを紹介

 

ヒカリエ 魅力

 

2018年時点で、開業からまだ間もないヒカリエの見どころをグッと厳選!

館内では、買い物を楽しむだけでなく、カフェレストランフロアで食事をしたり、展望フロアから景色を眺めたりと、さまざまな楽しみ方ができます。

実際に筆者が足を運び、感じたヒカリエの魅力や見どころを紹介するので、観光の際はぜひ参考にしてみてください。

 

 

1. 待ち合わせにも便利!『デジタルサイネージ』

 

デジタルサイレージ

 

2012年のグッドデザイン賞を受賞したヒカリエを象徴するような展示が、デジタルサイネージです。

大きな光の輪のようなものが、駅出口やヒカリエの吹き抜けになった場所に展示されています。

こちらには、館内で行われているイベントやお店に関する情報から、渋谷の天気、時間など、さまざまな情報が表示!

 

渋谷駅には沢山の路線が入っているので、駅から近い場所で待ち合わせをする際に、デジタルサイネージを使うのもおすすめです。

音や映像を使ったきらびやかな映像は、待ち時間の退屈もあまり感じさせません。

 

ヒカリエ 吹き抜け

 

デジタルサイネージの近くにあるエスカレーターで上階に向かうと、開放感のある吹き抜けが!

各階店舗の大きな窓から、店内の様子や商品を覗けます。

 

 


2. 隠れた模様を探すワクワク感!『ハチ公&黄金のクローバー』

 

ヒカリエ クローバー

 

ヒカリエに足を運んだ際にぜひ挑戦してほしいのが、隠れたデザイン探しです。

広い館内には、黄金のクローバー、ハチ公が描かれたタイルの二つが隠されています。

筆者も事前情報なしにチャレンジしてみましたが、恋人や友人と一緒に宝探し気分を味わえるのでおすすめです。

 

クローバーのある場所については、shinQs内ということと、写真がヒントとなっています。

沢山のクローバーが天井付近にデザインされているフロアは決まっているので、興味のある方は探してみてください。

 

ヒカリエ クローバー黄金

 

本当にあるのかと半信半疑で探してみたところ、黄金に輝く四葉のクローバーを発見できました。

非常に見つけにくいので、目を凝らして探しましょう。

見つけた人は、写真を待ち受けにすると幸運になるという都市伝説もあるそうです。

 

ヒカリエ ハチ公

 

ヒカリエの中にあるもう一つの隠されたデザインがハチ公の描かれたタイルです。

小さなハチ公が、ヒカリエ中の床タイルの中のどれかに絵描かれています。

 

筆者は写真の通り、1時間以上もヒカリエ中をぐるぐる回ったのですが、あえなく見つけられませんでした。

一つのタイルに小さなハチ公がいくつも描かれているタイルが確かにあるそうなので、観光の際はぜひハチ公探しにチャレンジしてみてください。

 

 

3. セレクトショップ多数!買い物を楽しむなら『shinQs』

 

ヒカリエ アーバンリサーチ

 

ヒカリエ内にあるShinQsと呼ばれる施設には、2018年時点で、200前後のさまざまなジャンルのショップが入っています。

こちらの施設は地下3Fから地上5Fまでと、かなりの広さですので、一日中観光を楽しむことも可能です。

主に地下は食料品、地上階にファッションやライフスタイルに関わる店舗があります。

 

有名なセレクトショップもワンフロアに集まっているので、お店をはしごしながら、自分好みの洋服を見つけるのもおすすめの楽しみ方です。

綺麗めカジュアルのお店が多く、10代や20代だけでなく、幅広い年代の方がショッピングを楽しめるのもおすすめポイント!

 

ショッピング ヒカリエ

 

ヒカリエのショッピングエリアがターゲットにしている層は、女性客です。

そのため、各店舗女性物の洋服や雑貨が充実しています。

友人同士での買い物はもちろん、デートでの利用もおすすめ!

 

ヒカリエ 雑貨

 

ヒカリエ内にはファッションのお店だけでなく、雑貨店も豊富にあります。

男性から女性まで普段使いしたくなるような商品は、眺めているだけでも楽しめるはずです。

渋谷観光の際に、落ち着いた雰囲気の場所でショッピングを楽しみたい方はぜひ足を運んでみましょう。

 

 


4. 無料の展望スペース!『スカイロビー』

 

スカイロビー

 

ヒカリエ内のスカイロビーからは、無料で渋谷の街を見渡せる景色を楽しめます。

場所はヒカリエ11F、東急シアターオーブへ向かうエレベーターのすぐそばにあるのがスカイロビーです。

 

天井が高く開放感があります。

ロビー内には食事を楽しめるカフェがあり、レストランフロアが混雑している際は、こちらで食事をいただくのもおすすめです。

 

ヒカリエ 景色

 

高層階から見える渋谷の街は、工事中の場所も多く、これからの更なる発展を期待させます。

電気屋さん、デパート、ファッション店、飲食店など、さまざまな施設があふれる渋谷という街の多様性を感じられる光景です。

ネオンが輝く夜景、夕暮れ時など、時間帯ごとに変わっていく景色を楽しみましょう。

 

ヒカリエ

 

見る方向によって全く異なる光景を眺められます。

高層ビルが少ない方面では、空を広く感じられるのが魅力です!

 

ヒカリエ

 

スカイロビーのすぐそばには、渋谷の街を再現したジオラマが展示中です。

数種類のジオラマは、周辺のビルや木々の様子まで忠実に表しています。

すぐ近くの大きな窓から見える景色と照らし合わせてみるのもおすすめ。

 

 

5. ユニークなデザインの『休憩スペース』

 

ヒカリエベンチ1

 

ヒカリエ内で注目したいのが、フロアの隅にある休憩スペースが充実している点です。

フロアごとのコンセプトやお店に合わせたデザインの休憩スペースは思わず長居したくなります。

 

筆者が足を運んだ際は、メインのスペースはすでに人で埋まっていました。

ゆりかごのような椅子、テーブル付きのソファーなど、リラックスした雰囲気の空間が広がります。

 

ヒカリエ ベンチ2

 

簡易的な椅子ではなく、深々と腰掛けられる大きなソファーがレストランフロアにはあります。

ゆったりとくつろぎながら座れるので、食事の約束をした際の待ち時間に座るのもおすすめです。

ちなみにゴミ箱もよく見るとフロアごとにデザインや形が違うので注目してみましょう。

 

ヒカリエ トイレ

 

女性用トイレも各階ごとに、デザインが異なります。

スイッチルームと呼ばれる化粧室には、アロマや心地の良い音楽が流れ、女性のオンとオフ切り替えに活躍!

搾乳室や家族で利用できるコミュニケーションスペースもあるので、小さな子供連れの家族も安心です。

 

 

6. バリエーション豊富な店舗!『カフェ・レストランエリア』

 

ヒカリエ レストラン

 

ヒカリエ内の6F~7Fはカフェ・レストランエリアとなっています。

6Fはカジュアルなお店を集めたdining6、7Fは個性的なお店が集まったTABLE7と二つのエリアを展開!

20を超える店舗が入り、和・洋・中・多国籍料理の中から、好みのお店を選んで料理をいただけます。

 

 

8Fにある「iBeer LE SUN PALM」は、昼はカフェ、夜はビアダイニングとなるお店です。

パスタや肉料理といったカフェメニューから、種類豊富なクラフトビールまで揃い、バリエーション豊かな料理を楽しめます。

その他にも、ハワイアン、スペインなど、ユニークな料理を味わえるお店に足を運んでみましょう。

 

 

ヒカリエ周辺のグルメスポット!

 

ヒカリエ グルメ

 

ヒカリエ周辺には、ヒカリエ内も含め、さまざまな飲食店があります。

ホッと一息つけるカフェから、ランチパスタのあるイタリアンまで、厳選したお店を紹介!

ヒカリエ観光の腹ごしらえにぜひ利用してみましょう。

 

 

1. 世界一のバリスタこだわりのエスプレッソ『ポールバセット』

 

 

ヒカリエshinQsB2Fにあるバリスタ世界チャンピオンプロデュースのカフェです。

世界チャンピオン、ポールバセットこだわりのドリンクの数々を飲んで、有意義なカフェタイムを過ごしましょう。

 

お店で一番人気の「エスプレッソ」520円(税込)は、豆や淹れ方をこだわり抜いた一杯です。

エスプレッソは、豆の香ばしさとクリーミーで優しい苦みがふわっと広がります。

2杯目は通常の半額でいただけるサービスも嬉しいポイントです。

 

Paul Bassett 渋谷ヒカリエ ShinQs店の基本情報

 

住所 : 東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ ShinQs B2F

マップ: Googleマップ

アクセス : JR渋谷駅から徒歩1分、ヒカリエから徒歩すぐ

電話番号 : 03-5468-3165

定休日 : ヒカリエに準ずる

営業時間 : 10:00~21:00

予約サイト・口コミ・クーポン : 食べログ ぐるなび ホットペッパーグルメ

 

 

2. 『東京トンテキ 渋谷店』

 

 

ヒカリエから徒歩2分、がっつり豚肉料理をいただきたい方におすすめのお店です。

店名の通り、トンテキの専門店のこちらでは、ランチ、ディナー問わず、鉄板の上で香ばしく焼き上げられた豚のステーキを味わえます。

塩トンテキや自家製ダレのトンテキなど、味に種類があるのもおすすめポイントです。

 

ランチメニューには、200、300、500gから量を選べるトンテキ定食があります。

噛むたびに甘みとまろやかな旨みが広がる豚肉を堪能しましょう。

 

東京トンテキ渋谷店の基本情報

 

住所 : 東京都渋谷区渋谷2-22-10 タキザワビ2F

マップ: Googleマップ

アクセス : JR渋谷駅から徒歩3分、ヒカリエから徒歩2分

電話番号 : 03-3797-9589

定休日 : 不定休

営業時間 :【昼】11:00~15:30(L.O.15:00)【夜】18:00~23:00(L.O.22:30)

予約サイト・口コミ・クーポン : 食べログ ぐるなび ホットペッパーグルメ

 

 

3. 年中無休!ビストロのプレートランチ『コンコンブル』

 

スズキのエシャロットソース

 

ヒカリエから徒歩2分、年中無休で営業している渋谷駅からも徒歩すぐのビストロです。

観光の途中に食事を楽しめるランチタイムにも営業しています。

ランチメニューは、肉、魚、野菜など、さまざまな食材を使ったプレートランチです。

 

「スズキのエシャロットソース」1,300円(税込)は、香りの良いエシャロットソースをスズキの身にかけたワンプレートランチ。

セットには、パンやスープが付いてきます。

その他、ステーキや日替わり料理など、豊富な料理を味わえます。

 

コンコンブルの基本情報

 

住所 : 東京都渋谷区渋谷1-12-24 707渋谷ビル1F

マップ: Googleマップ

アクセス : JR渋谷駅から徒歩3分、ヒカリエから徒歩2分

電話番号 : 03-5467-3320

定休日 : 年中無休

営業時間 : 【昼】11:30~15:30 (ラストオーダー14:00) 【夜】18:00~22:30 (ラストオーダー21:30)

予約サイト・口コミ・クーポン : 食べログ ぐるなび ホットペッパーグルメ

 

 

その他の渋谷グルメに関する情報は、下記記事をご覧ください。

 

・  渋谷ランチ58選!安くて美味しい渋谷のおすすめランチを徹底網羅!

・  渋谷カフェでデートするなら!渋谷のおしゃれカフェ32選

・  渋谷ラーメンの名店36選!道玄坂からセンター街までおすすめの渋谷ラーメン店を厳選!

・  渋谷でおすすめの居酒屋を厳選!安くて美味しい渋谷居酒屋38選

・  渋谷焼肉の人気店18選!渋谷で焼肉なら外せない有名店を厳選

 

 

ヒカリエ周辺の観光スポット!

 

渋谷 町並み

 

渋谷エリアは、国内外から観光客が集まる観光スポットです。

ヒカリエ周辺にも、いくつもの観光、お出かけスポットがあります。

 

そこで、筆者が足を運んだ中からおすすめの場所を厳選して紹介!

ヒカリエと合わせて足を運んでみましょう。

 

 

1. 人が集まる渋谷のメインストリート『渋谷センター街』

 

渋谷 センター街

 

ヒカリエから徒歩5分、渋谷のメインストリートがセンター街です。

通りの中には飲食、ファッション、娯楽、などさまざまなジャンルのお店が並んでいます。

10代から20代の若者を中心に、外国人観光客、国内の旅行客など、幅広い層の人が訪れる場所です。

 

通りは真っすぐに数百メートルほど伸びているので、その中を歩けば自分好みのお店が見つかるはずです。

治安が心配された時期もありましたが、地域の努力により、綺麗に安全な観光地となりました。

 

渋谷センター街 その2

 

カラオケや居酒屋といった夜の飲み会、2次会に使えるお店もセンター街には豊富にあります。

ヒカリエ観光を終えて、遅くなってしまった時も飲食店や施設が豊富に営業しているので安心です。

109やマルイといった大型の商業施設もすぐそばにあるので、合わせて足を運んでみましょう。

 

渋谷センター街の観光情報

 

住所 : 東京都 渋谷区 宇田川町12-3

マップ: Googleマップ

アクセス : JR渋谷駅から徒歩3分、ヒカリエから徒歩5分

電話番号 : 03-3461-3314(渋谷センター商店街振興組合事務所)

定休日 : 観覧自由

営業時間 : 店舗に準ずる

公式URL : 渋谷センター街

 

 

2. 品揃え豊富!コアな音楽ファンも満足『タワーレコード渋谷店』

 

タワレコ

 

ヒカリエから徒歩7分、黄色く大きな看板は、109などの商業施設と並んで、渋谷のランドマークとなっているCDショップです。

店舗の前には、渋谷を象徴する忠犬ハチ公のオリジナル銅像が置かれています。

ノーミュージック、ノーライフと英語で書かれた大きな看板があるので、駅から観光客の方でも比較的迷わずたどり着けるはずです。

 

こちらのお店では、CDを買うだけでなく、書籍、カフェ、インストアライブなどさまざまな楽しみ方ができます。

有名アーティストサインも展示されているので鑑賞しましょう。

 

タワレコ

 

その時々、一押しのアーティストのために作られた、個性溢れる展示がこのお店の魅力です。

メインエリアの他にも、店員や音楽好きの方が注目するアーティストの紹介がポップに書かれています。

インディーズバンド、歌手のCDも置かれている品揃えの多さも魅力です。

 

タワーレコード渋谷店の観光情報

 

住所 : 東京都渋谷区神南1-22-14

マップ: Googleマップ

アクセス : JR渋谷駅ハチ公口から徒歩6分

電話番号 : 03-3496-3661

定休日 : 不定休

営業時間 : 10:00~23:00

料金 : 無料

公式URL : タワーレコード渋谷店

 

 

3. 湧き水池のある静かな公園『鍋島松濤公園』

 

鍋島松濤公園

 

ヒカリエから徒歩15分、渋谷の中心地を少し外れた場所にある静かな公園が、鍋島松濤公園です。

渋谷区でも珍しい湧き水池が、公園内の中央にあります。

池の周りにはベンチもあるので、人の多い渋谷の中心地から離れてゆっくり休みたい方におすすめ!

 

鍋島松濤公園

 

公園内は、季節ごとの草花で溢れています。

春には桜の名所として、地元のみならず、さまざまな地域の人が訪れるお花見スポットとなっています。

梅雨にはアジサイ、秋には紅葉といった季節の景色を楽しみましょう。

公園内には遊具もあるので、家族でのお出かけにもピッタリです。

 

鍋島公園の観光情報

 

住所 : 東京都渋谷区松濤2-10-7

マップ: Googleマップ

アクセス : JR渋谷駅ハチ公口から徒歩12分、京王井の頭線上泉駅から徒歩8分

電話番号 : 03-3463-1211

定休日 : 観覧自由

営業時間 : 観覧自由

料金 : 無料

公式URL : 鍋島松濤公園

 

 

ショッピングからグルメまで!ヒカリエ観光を楽しもう

 

ヒカリエ まとめ

 

JR渋谷駅直結の商業施設、ヒカリエの魅力をグッと掘り下げて紹介してきました。

グルメやファッションのお店に足を運ぶだけでなく、展望フロアから景色を楽しんだり、隠れたデザインを探したりとその楽しみ方は豊富です。

 

女性限定のスイッチルーム、くつろげる休憩室など、細やかな気配り、設備も整えられています。

渋谷エリアを観光の際は、ヒカリエにぜひ足を運んでみましょう。

 

▼合わせて読みたい

渋谷駅南口の新スポット「渋谷ストリーム」を徹底リサーチ!食べて飲んで楽しめる魅力をご紹介

・  渋谷の観光スポット18選!定番から見逃しがちな穴場スポットまで!

・  意外と知らないスポットがあるかも!?渋谷のおすすめデートスポット10選


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(666)
北海道・東北(47)
  北海道(26)
  青森(3)
  岩手(2)
  宮城(9)
  秋田(1)
  山形(4)
  福島(2)
関東(265)
  埼玉(9)
  千葉(15)
  東京(159)
  神奈川(59)
  茨城(5)
  栃木(7)
  群馬(6)
  山梨(5)
甲信越・北陸・東海(90)
  長野(13)
  新潟(8)
  富山(3)
  石川(13)
  福井(1)
  岐阜(5)
  静岡(31)
  愛知(9)
  三重(7)
近畿(101)
  滋賀(7)
  京都(43)
  大阪(27)
  兵庫(15)
  奈良(6)
  和歌山(3)
中国・四国(41)
  鳥取(3)
  島根(5)
  岡山(8)
  広島(11)
  山口(3)
  徳島(2)
  香川(5)
  愛媛(2)
  高知(2)
九州・沖縄(81)
  福岡(15)
  佐賀(2)
  長崎(7)
  熊本(10)
  大分(12)
  宮崎(3)
  鹿児島(9)
  沖縄(23)

国外エリア一覧

東南アジア(28)
ヨーロッパ(84)
東アジア・中国・台湾(20)
南アジア・インド・ネパール(2)
中近東(7)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(10)
オセアニア(11)
アフリカ(2)
北米(19)
中南米(8)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(607)
イベント情報(373)
ショッピング・買い物・お土産(513)
遊園地・テーマパーク(574)
ビジネス・出張(177)
ロケ地、舞台(189)
世界遺産(165)
乗り物・交通・アクセス(710)
宿・旅館・ホテル(202)
旅行準備(448)
歴史・豆知識(894)
温泉・スパ(169)
絶景(506)
聖地巡礼(31)
観光旅行(856)
食事・グルメ(585)
おすすめ/ランキング(749)
デート(673)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(435)
ツアー/旅程(246)
海水浴場・ビーチ・リゾート(69)
日帰り旅(27)
1泊2日(12)
寺院・神社・教会(49)
パワースポット(17)
ファミリー(85)
1人旅(90)
雨の日(19)
モデルコース(4)
メーカー/ブランド(5)

人気記事ランキング