logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 長野 > 軽井沢

軽井沢の観光地15選!憧れの避暑地、軽井沢で贅沢旅行!





静かで心癒される自然と、お散歩に適した涼しい気候の中で、大人のぶらり旅が楽しめる避暑地、軽井沢。
こだわりの味を守り抜く老舗レストランや、品のある絶品スイーツなど、おいしいものも沢山。

そんな軽井沢ですが、東京から新幹線を使うと、意外にも約1時間で行けちゃいます!

週末のリフレッシュに訪れたい、軽井沢のおすすめ観光スポットを厳選してご紹介します。

【目次】軽井沢の観光地15選!憧れの避暑地、軽井沢で贅沢旅行!

 

1ページ目 :

 

~避暑地軽井沢の気候~

1、『 星野や 軽井沢 』で贅沢なひと時を

2、心が研ぎ澄まされる、軽井沢高原協会

3、駅舎旧軽井沢 でお買い物と食べ歩きを楽しむ

4、軽井沢タリアセンで自然散策

5、とにかく圧巻の白糸の滝と白糸ハイランドウェイ

6、絵本の森美術館で絵本の世界を味わう

7、エルツおもちゃ博物館で童心に帰る

8、軽井沢プリンスショッピングプラザ

 

2ページ目 :

 

9、アミーチアドベンチャーでアクティブな休日

10、軽井沢レイクガーデンで色鮮やかな花々を堪能

11、雲場池の美しい光景で心身ともにリフレッシュ

12、軽井沢ガーデンファームでいちご摘み体験

13、森のいきもの案内人ピッキオと自然の動植物を観察

14、軽井沢プリンスホテルスキー場でウインタースポーツを冬を楽しむ

15、石の教会内村鑑三記念堂の幻想的な雰囲気

 

「仕事の合間にリフレッシュしたいな~。」

「豊かな自然の中で心も身体も癒されたい!」

 

そんな時は是非軽井沢へ。

時の流れを忘れ、至福の時間を過ごせる最高のロケーションがあります。

 

交通手段に関しては、軽井沢駅からバスが出ているところもありますが、いろいろなところを周りたいのであれば車がベストでしょう。

博物館、協会、自然がいっぱいの公園、広いショッピングセンター、コテージ…

見どころはたくさんありますが、どこに行ってもとにかくオシャレです。

 

自然を感じつつ、美味しいものに舌鼓、帰りにショッピングを満喫…

厳選したスポット15選でいうことなしの軽井沢旅行へご案内します。

 

これを読めばきっとあなたも軽井沢へ行ってみたくなりますよ。

まずは厳選スポット5選の前に、軽井沢の気候に関しておさらいしましょう。

 

~避暑地軽井沢の気候~

 

軽井沢の標高は1000メートル前後もあり、年の平均気温は7.8℃ほどです。

この気温は札幌の平均気温(8.5℃)よりも低く、日本では避暑地として知られており、夏になると猛暑をしのぐために軽井沢に行かれる方も多いです。

 

実際に真夏の8月に行ってみると、本当に涼しい!

というより、晴れていなかったせいか、むしろ寒いくらいでした。

夏でも軽井沢に行く際は上着が必須です。

薄手の長袖で十分だと思いますが、これに関しては人それぞれですね。

 

ではいよいよ、厳選スポット10選をご紹介します。

 


1、『 星野や 軽井沢 』で贅沢なひと時を

 

 

ゆっくりしながら気持ちの良い自然を感じられるお宿です。

独立した客室でプライベートの時間を味わいつつ、テラスから四季折々の絶景を堪能できます。

最高に贅沢なひと時を、『星のや 軽井沢』で満喫。

 

 ≪魅力1≫森、山、川に囲まれた客室は自然の音のみの静かな空間

 

 

辺り一面緑いっぱいの景色は、あえて大きく作られた窓やテラスから一望できるように工夫されています。

内装も、木目を生かした作りになっていて、雰囲気抜群です。

自然を生かした空調システムで、夏でもエアコンなしで快適に過ごせるのも魅力的です。

 

≪魅力2≫こだわりの絶品料理

 

 

山の懐石、霜降り牛のしゃぶしゃぶ、日本のフレンチ、村民食堂など、シェフこだわりの食材を使った最高のおもてなしを堪能できます。

 

≪魅力3≫ほっこり温泉で心ゆくまでリラックス

 

 

旅といえばやっぱり温泉ですね。

星のやには「トンボの湯」と「メディテイションバス」二か所の温泉があります。

軽井沢の温泉は『美人の湯』として知られ、疲れを癒すとともにお肌もすべすべになります。

特に女性の方には嬉しいですよね。

夜入って疲れを癒すのも良いですが、お昼から湯船につかり、景色とともに楽しむのも格別です。

 

と、まだまだ『星のや 軽井沢』の魅力は沢山!

是非、週末の疲れを癒しに星のやへ。

 

【星野や 軽井沢の基本情報】

 

住所: 〒389-0194 長野県軽井沢町星野

宿泊予約:9:00 〜 20:00

TEL:0570-073-066

アクセス:

JR新幹線で軽井沢駅まで(南口より無料送迎バスあり)
上信越自動車道「碓氷 軽井沢IC」下車

公式サイトURL: http://hoshinoyakaruizawa.com/

予約サイト: 一休

 

2、心が研ぎ澄まされる、軽井沢高原協会

 

 

大正10年に建てられたという、歴史ある教会です。

写真で見てもとっても素敵ですが、実際に見たらもう言葉を失います。

はっと息をのみ、なんとも言えない心が洗われるような感覚に。

キャンドルの優しいあかりと、協会の神聖な雰囲気に包まれて、非日常の空間を味わうことができます。

 

≪魅力1≫牧師館でお話を楽しむ

 

 

とても穏やかな牧師さんが出迎えてくれます。

もともとは牧師さんの書籍として建てられたそうです。

協会に訪れた際は、気軽に立ち寄って牧師さんとお話をしてみてはいかがですか?

 

≪魅力2≫結婚式場としても使われている

 

 

結婚式場としても使用され、協会内を見学することも可能です。

開けた教会ですので、「いつか自分もこんなところで…。」なんて想像しながら、幸せなパワーを感じることができます。

 

≪魅力3≫季節の行事で四季を感じる

 

 

上記の写真は、秋に行われる「秋恋散歩~深まる想い 彩づく時間~」です。

幻想的で自然のあかりに灯された空間。

美しい紅葉の中、ぼんやりと照らされた道を一歩ずつ、大切な人と一緒に歩いてみたいですね。

冬はクリスマス、夏はサマーキャンドルナイト、ゴスペルコンサートなど、他にもここにしかないさまざまなイベントが開催されています。

 

軽井沢に行くのに教会に行かないなんてもったいない!

教会が好きな方もそうでない方も、間違いなく感動とエネルギーをもらえる場所です。

 

【軽井沢高原協会の基本情報】

 

住所: 〒389-0194 長野県軽井沢町星野

TEL:0267-45-3333

アクセス:

JR新幹線で軽井沢駅まで(無料送迎バスあり)
中軽井沢駅からタクシー5分
上信越自動車道「碓氷 軽井沢IC」下車

公式サイトURL: http://www2.karuizawachurch.org/#

予約サイト:  じゃらん

 


3、駅舎旧軽井沢 でお買い物と食べ歩きを楽しむ

 

 

軽井沢名物が食べたい!軽井沢のお土産を買って帰りたいと思ったら間違いなくここです。

この商店街に行けば、美味しいものがたくさんあります。名物が集まってます。お買い物もできます。

まさに至れり尽くせりです。これこそたくさんありすぎて紹介しきれませんが、厳選して3つの魅力を挙げていこうと思います。

 

≪魅力1≫軽井沢のお土産といえば種類豊富な中山のジャム

 

ココでしか買えない珍しいジャムがたくさん並んでいます。

だからこそお土産に最適です。

試食ができるお店が多いので、お買い物も楽しめます。

特に「リンゴバター」がおすすめです。

 

中山のジャム 店舗情報】

 

住所:〒389-0102 長野県北佐久郡軽井沢町旧道750-1

TEL : 0267-42-7825

営業時間 : 9:00~18:00(季節により変動有り、定休日なし)

 

≪魅力2≫ミカドコーヒーのモカソフトは上品な甘さが癖になる

 

 

口の中でふんわりととろける口どけがたまらない一品。

期待を超える上品で大人なソフトクリームです。

ソフトクリームだけではなく、美味しいコーヒーも頂けます。歩き疲れた時は是非ミカドコーヒーでひとやすみ…

 

【ミカドコーヒーの店舗情報】

 

住所:長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢旧軽井沢786-2

TEL:0267-42-2453

営業時間:10:00~17:00(季節により異なる。要確認)

予約サイト・口コミ・クーポン:  食べログ

 

≪魅力3≫旧軽井沢森の美術館で思い出の一枚をパシャリ

 

 

旧軽井沢森の美術館では、面白い仕掛けが隠されたトリックアートが楽しめます。

面白写真が沢山撮れるので、友達や家族に自慢できちゃいます。

写真を撮る時も、盛り上がること間違いありません。

 

【旧軽井沢森の美術館の店舗情報】

 

住所:389-0102 長野県北佐久郡軽井沢町旧軽井沢809

営業時間:

1月~3月 10:00~17:00 
4月~12月 10:00~18:00
12月より17:00閉館

TEL:0267-41-1122

メール:morinoart@abeam.ocn.ne.jp

公式サイト: http://karuizawa-ginza.org/

 

ここまで3つほど魅力をご紹介いたしましたが、とにかく見どころ満載の商店街です。

ぜひゆっくり時間をとってまわってみてください。

美味しいコロッケ屋さん、パン屋さん、工芸品、インポート雑貨など、きっとお気に入りのお店が見つかりますよ。

 

4、軽井沢タリアセンで自然散策

 

 

軽井沢タリアセンで自然を感じながらお散歩…

それだけではなく、歴史的建造物を見て楽しんだり、レジャー施設でアクティブに遊んだり、楽焼体験をしたりと様々なことができます。

この中でも魅力的な3つのポイントを、厳選して紹介します。

 

≪魅力1≫イングリッシュローズガーデン

 

 

イングリッシュローズは比較的新しい品種のバラだそうで、こちらのバラが見られるのは6月下旬〜9月下旬までです。

バラでいっぱいの庭園で、陽の光を浴びながらうっとり自分の時間に浸ってみてはいかがでしょうか?

 

≪魅力2≫軽井沢の文化遺産である、ペイネ美術館

 

 

フランスの画家レイモン・ペイネ作、「ペイネの恋人たち」シリーズの原画やリトグラフなどが展示されています。

心温まる、あたたかい表情で幸せを物語る絵画の世界に引き込まれます。

こちらは別途入館料がかかります。

 

大人[高校生以上]:900円

小人[小学生以上]:500円

 

軽井沢高原文庫、深沢紅子野の花美術館とのセット券だと

 

大人:1500円

小人:800円

 

となります。

 

≪魅力3≫水上バルーンで大はしゃぎ

 

 

A post shared by み (@ynmy36) on

 

レジャー施設も充実しているのがタリアセンのすごいところ!

テレビでもおなじみの水上バルーンですが、これが意外と難しい…

なかなか立てなくて転んで笑って、大人でも夢中になれるアトラクションです。

ちなみに料金は、

 

1回3分:スプラッシュバルーン(1人乗り)
3分500円

1回3分:スプラッシュローラー(1人乗り)
3分600円

1回3分:スプラッシュローラー(2人乗り)
3分1000円 ※2人の合計体重150kgまで

 

是非一度お試しあれ。

芸術に触れ、レジャーも楽しめる軽井沢タリアセンで、家族、友達、彼氏、彼女と楽しい思い出作りを!

 

【軽井沢タリアセンの基本情報】

 

住所:〒389-0111 長野県北佐久郡軽井沢町塩沢湖217

TEL:0267-46-6161(代)

FAX:0267-45-3663

開園時間:午前9時~午後5時 (12月・1月は午前10時~午後4時)

休園日:

12月1日~1月15日は火・水・木曜日 休園 (但し12月20,21,22日は営業)
12月26日~1月1日 (年末始休業)
1月16日~2月28日まで休園 (全休)
※冬期は遊戯施設は休業となります。
※軽井沢高原文庫は12月~2月末まで休館
※旧朝吹山荘「睡鳩荘」は12月〜4月中旬まで休館
※美術館は展示入れ替え時休館させていただきます。
※12月・1月は入園無料 (美術館は有料/ペイネ美術館900円→700円)

アクセス:

軽井沢駅(JR長野新幹線・しなの鉄道)または中軽井沢駅(しなの鉄道)下車、タクシー約8分
上信越自動車道碓氷軽井沢インターチェンジより車で約10分
駐車場:220台(普通車500円・バス2000円)

公式サイト: http://www.karuizawataliesin.com/

予約サイト:  じゃらん

 


5、とにかく圧巻の白糸の滝と白糸ハイランドウェイ

 

 

その名の通り、まっ白な糸のように見える滝は、その幅なんと70m!!

透き通った山の湧水から、自然の美しさを感じますね。

秋になると、紅葉がきれいに色づきます。

最後はそんな白糸の滝の魅力に迫りましょう。

 

≪魅力1≫夜のライトアップがロマンチック

 

毎年夏に、プロジェクションマッピングのショーが開催されます。

期間限定で、大体7月末~8月末まで、金土日曜日とお盆期間に開催されています。

時間は19時~21時で、15分刻みで計9回行われます。

こんなにも神秘的なショーは、他ではなかなか見られません。

 

≪魅力2≫力強い竜返しの滝

 

 

白糸の滝から少し離れたところに、竜返しの滝があります。

白糸の滝とは打って変わって迫力があります。

白糸の滝が有名なだけに、あまり観光客は多くないかもしれません。

時間によっては貸し切り状態かも…

 

≪魅力3≫カップルで見たい氷柱イルミネーション

 

 

A post shared by yurika824 (@yuri2_rico) on

 

こちらは、冬の時期(2月~3月頃)に開催されるイルミネーションです。

バレンタインの告白や、ホワイトデーのお返しにデートとかにお勧めです。

毎週金土日曜日で、16時~19時に開催されます。

とびきりロマンチックな時間を是非、氷柱イルミネーションでお楽しみください。

 

白糸の滝にも隠された魅力がたくさんあります。

ロマンチックな演出と、自然の力の融合で、今まで感じたことのない世界観に出会えるかもしれません。

是非とも神秘的な演出を体感しに、訪れてみてください。

 

【白糸の滝の基本情報】

 

住所:

〒389-0100
長野県北佐久郡軽井沢町~白糸ハイランドウエイの途中    
(駐車場    20メートル位ににわたって、路肩に止めるスペースあり。無料)       

TEL :0267-42-5538

アクセス:

碓氷 軽井沢IC~プリンス通り(新軽井沢交差点を右折)
→ 軽井沢駅・国道18号線
→ 旧軽井沢ロータリーを旧三笠ホテル方面へ左折
→ 三笠通り ~ 小瀬料金所

予約サイト:  じゃらん

 

6、絵本の森美術館で絵本の世界を味わう

 

 

絵本の森とはいっても、大人も楽しめる美術館です。

館内を進めば進むほど、絵本の世界に引き込まれます。

あなたの懐かしの一冊は見つかるでしょうか?

 

≪魅力1≫絵本の森のシンボル、第一展示館

 

 

絵本の森に着たらまずはここ!

欧米絵本の歴史であったり、「ピーターラビットの秘密の部屋」があり、絵本の文化を知ることができます。

木目が美しい、芸術的なこの建物は、ウエディングフォトの撮影に使われることもあるそうです。

 

≪魅力2≫絵本がびっしりの絵本図書館

 

 

A post shared by Chiaki♡shokora (@shocolate812) on

 

ここでは、好きな絵本を自由に読むことができます。

写真からわかるように本当に沢山の絵本がありますが、その数はなんと1,800冊!

時を忘れるような静かな空間で、絵本の世界に浸ってみてはいかがでしょうか。

 

≪魅力3≫絵本のお店で珍しい絵本が手に入る

 

 

絵本の森では、絵本を読むだけではなく購入することもできます。

洋書が中心のお店ですが、仕掛け絵本や、ポップアップ絵本などの驚きの一冊も…

人気キャラクターのグッツ、ポストカードの販売もあります。

 

絵本の森美術館は自然に囲まれたとっても静かで落ち着いた空間です。

研ぎ澄まされた環境で、絵本の歴史を存分に感じることができます。

お気に入りの絵本を購入して持ち帰ることができるのも、嬉しいですよね。

軽井沢にしかない、とっておきの美術館です。是非お立ち寄りください。

 

【軽井沢絵本の森美術館の基本情報】

 

名称 : 軽井沢絵本の森美術館

英名 : KARUIZAWA PICTUREBOOK MUSEUM

住所 : 〒389-0111長野県北佐久郡軽井沢町長倉182(塩沢・風越公園)

アクセス :

・電車 軽井沢駅から町内循環バス30分
・車 碓氷軽井沢IC下車、約10分

電話番号 : 0267-48-3340

定休日 :

毎週火曜日
展示入替期間、冬季(1月中旬~2月末)
GW期間中および7月〜9月は無休
12月・1月の休館日はお問合せください。

営業時間 :

3〜11月/9:30〜17:00
12・1月/10:00〜16:00
最終入館は閉館時間の30分前です。

料金 :

大人900円 ※1,3,4,11,12月は800円
中高生500円
小学生以下無料

公式URL : http://museen.org/ehon/

予約サイト:  じゃらん

 


7、エルツおもちゃ博物館で童心に帰る

 

エルツとは、ドイツの地名で、木工玩具や、知育玩具が沢山展示してあります。

300年以上の歴史を持つ伝統工芸のおもちゃで、日本の伝統工芸とはやっぱり雰囲気が違います。

大人でも童心に帰って、心が和む、安らかなひと時を過ごせます。

そんな「エルツおもちゃ博物館」の魅力に迫りましょう。

 

≪魅力1≫メインの大きな展示館に、ドイツの歴史あるおもちゃが沢山

 

 

面白い仕掛けがあるおもちゃや、知育に役立つおもちゃが展示されています。

ところどころにクイズが用意されていて、なぞ解きをしながら進みます。

楽しい仕掛けがあると、ただ見るだけではなく、独特の世界観にのめりこんでしまいますね。

 

≪魅力2≫ぬくもりを感じる、木のおもちゃのお店

 

木でできたくるみ割り人形や、知育玩具などが展示されていて、なんと購入することができてしまいます。

実際に触れることができるので、手に取って木のぬくもりを感じてください。

遊んでもよし、飾ってもよしのおもちゃが種類豊富に用意してあります。

 

≪魅力3≫森の生活館でお買い物を楽しむ

 

日常生活を彩る生活雑貨のお店です。主にナチュラル雑貨屋テーブルウェアなどが購入できます。

森の中のような温かみのある空間、森をイメージした、とても可愛い雑貨がたくさんあります。

あなたのおうちにも、森のぬくもりを持ち帰ってみてはいかがですか?

 

おもちゃというと子どもが喜ぶところのような気がしますが、もしかしたら大人の方がはしゃいでしまうかもしれません。

軽井沢らしい自然に囲まれた博物館で、昔懐かしの思い出に浸ってください!

 

【エルツおもちゃ博物館 軽井沢の基本情報】

 

名称 : エルツおもちゃ博物館 軽井沢

英名 : Karuizawa Erz Toy Museum

住所 : 389-0111長野県北佐久郡軽井沢町長倉182

アクセス :

<関東方面からのアクセス>
関越自動車道「練馬I.C」から「藤岡JCT」経由、上信越自動車道「碓氷軽井沢I.C」まで約1時間40分。碓氷軽井沢I.Cからムーゼの森まで約10分です。
<関西方面からのアクセス>
名神高速「吹田I.C」から「小牧JCT」経由、中央自動車道「岡谷JCT」経由、長野自動車道「更埴JCT」経由、上信越自動車道「小諸I.C」まで約5時間40分。小諸I.Cからムーゼの森まで約20分です。

電話番号 : 0267-48-3340

定休日 :

毎週火曜日
展示入替期間、冬季(1月中旬~2月末)
GW期間中、および7月〜9月は無休
12月・1月の休館日はお問合せ

営業時間 :

3〜11月
9:30〜17:00

12・1月
10:00〜16:00
最終入館は閉館時間の30分前

料金 :

大人 600円
中高生 400円
小学生以下 無料

公式URL : http://museen.org/erz/

予約サイト:  じゃらん

 

8、軽井沢プリンスショッピングプラザ

 

 

広々としたショッピングプラザは、観光地である軽井沢の中でもひときわ存在感を放っています。

アウトレットモールなので、人気ブランドのものも驚きの価格で手に入ってしまいます。

1日では回りきれないほどの広さですので、しっかり計画を練っていく方がいいかもしれません。

では、軽井沢プリンスショッピングプラザの魅力について見ていきましょう。

 

≪魅力1≫とにかく広い!お目当てのお店がきっとあります

 

広ーい敷地の中に、なんと合計217店舗(うち、アウトレット店舗:137店、飲食店舗:30店)もあるのです。

East・New East・New East Garden Mall・味の街・West・New Westの6つのエリアに分かれていて、エリアごとにそれぞれのコンセプトがあります。

レディースブランド、メンズブランド、キッズ用品、ペット、生活雑貨、スポーツ、アウトドアなどなど、どんなジャンルもこの一か所でかなってしまいます。

 

≪魅力2≫自然に囲まれて、お散歩気分でショッピングが楽しめる

 

 

広々とした芝生の広場が2つもあり、お買い物もまるで公園をお散歩しているような気分でできてしまいます。

子どもが遊べる遊具も設置されていて、お買い物が飽きてしまった子どもたちが楽しめる工夫が感じられます。

 

≪魅力3≫食へのこだわりも怠らない、味の街

 

「味の街」という名のレストラン街があり、和食、洋食、中華、イタリアンなど何でもそろっています。

店内はそれぞれ広いスペースがあり、席数も多いので、ゆっくり座って食事が楽しめます。

もちろんフードコートもあるので、軽食を取りたい方はフードコートで。

 

以上、軽井沢プリンスショッピングプラザの魅力を3つご紹介致しました。

自然の中で、のびのびとショッピングが楽しめる、魅力的なショッピングプラザです。

美味しい食べ物も頂けて、子どもも満足できる、盛りだくさんな魅力が伝わったでしょうか?

思いっきりお買い物を楽しみたい方は、是非軽井沢ショッピングプラザへ!

 

【軽井沢プリンスショッピングプラザ 基本情報】

 

名称 : 軽井沢プリンスショッピングプラザ

英名 : KARUIZAWA PRINCE SHOPPING PLAZA

住所 : 〒389-0102 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢

アクセス :

車の場合 上越自動車道 碓氷軽井沢IC下車
電車の場合 北陸新幹線 軽井沢駅下車 徒歩3分

電話番号 : 0267-42-5211

定休日 : なし

営業時間 : 時期により変動

公式URL : http://www.karuizawa-psp.jp/page/


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(306)
北海道・東北(29)
  北海道(18)
  宮城(6)
  山形(1)
  岩手(1)
  福島(1)
  秋田(1)
  青森(1)
関東(102)
  千葉(7)
  埼玉(5)
  山梨(4)
  東京(54)
  栃木(4)
  神奈川(23)
  群馬(3)
  茨城(2)
甲信越・北陸・東海(45)
  三重(3)
  富山(2)
  岐阜(3)
  愛知(6)
  新潟(4)
  石川(5)
  福井(1)
  長野(7)
  静岡(13)
近畿(48)
  京都(13)
  兵庫(12)
  和歌山(1)
  大阪(15)
  奈良(4)
  滋賀(3)
中国・四国(24)
  山口(2)
  岡山(5)
  島根(2)
  広島(8)
  徳島(1)
  愛媛(1)
  香川(3)
  高知(1)
  鳥取(1)
九州・沖縄(39)
  大分(5)
  宮崎(1)
  沖縄(13)
  熊本(5)
  福岡(6)
  長崎(4)
  鹿児島(5)

国外エリア一覧

東南アジア(14)
ヨーロッパ(32)
東アジア・中国・台湾(10)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(4)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(7)
オセアニア(7)
アフリカ(2)
北米(9)
中南米(1)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(271)
イベント情報(249)
ショッピング・買い物・お土産(289)
シーン別(381)
ビジネス・出張(148)
ロケ地、舞台(151)
世界遺産(87)
乗り物・交通・アクセス(356)
宿・旅館・ホテル(132)
旅行準備(332)
歴史・豆知識(400)
温泉・スパ(109)
絶景(262)
聖地巡礼(28)
観光旅行(416)
言語・役立ちフレーズ(26)
食事・グルメ(339)
ランキング(302)
デート(326)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(216)
ツアー/旅程(116)
海水浴場・ビーチ・リゾート(38)

人気記事ランキング