logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 静岡

静岡に行ったら絶対食べたい!オススメのご当地グルメ24選!





中部地方の最南に位置し、金魚型の地形が特徴の静岡県。
日本一の高さを誇る富士山がある「富士の国」です。

富士山や浜松城などの観光地や、熱海や伊豆といった名湯を楽しもうと、県外、さらには国外から人気の観光地です。
さらに、関東からも関西からも新幹線で簡単にアクセスができるため、弾丸旅行や日帰りツアーの目的地として、日々大勢の観光客が訪れています。

そんな静岡県には、山と海に囲まれた地形を活かしたご当地グルメがたくさんあるんです。
そこで今回は、バラエティに富んだ静岡県の絶品ご当地グルメをご紹介します!

【目次】静岡に行ったら絶対食べたい!オススメのご当地グルメ24選!

 

1ページ目 :

 

静岡県に行ったら、海の幸・山の幸に大満足!

静岡県にはどんな料理があるの?

由比の桜エビ

浜のかきあげや

くらさわや

用宗の生しらす

どんぶりハウス

幸八

とろろ汁

丁子屋

静岡自然生

たまごふわふわ

とりや茶屋

和風レストラン 山田

富士宮やきそば

富士宮やきそば学会

富士宮やきそば専門店 すぎ本

しぐれ焼き

うめづ お好み焼・やきそば店

お好み食堂 伊東

遠州焼き

お好み焼き 奈な

お好み焼き工房 こはち亭

浜松餃子

石松餃子 本店

むつぎく

みしまコロッケ

大村精肉店

市川精肉店

静岡おでん

三河屋

静岡おでんや おばちゃん 青葉横丁

黒はんぺん

まぐろ・焼鳥・おでん ふじのくに酒場

しぞ~か 駅南酒場

さわやかハンバーグ

炭焼きレストランさわやか 御殿場インター店

炭焼きレストランさわやか 静岡インター店

 

2ページ目 :

 

つけナポリタン

喫茶 アドニス

道の駅 富士川楽座 まるせん食堂

おかべ焼きそば

滝かわ 

ゆとり庵 

海賊焼き

河津屋食堂 

ラ・カンティーナ

すその水ギョーザ

レストラン しあわせ

レストラン しあわせの基本情報

ふじやま食堂 道の駅 すばしり店

西伊豆しおかつおうどん

魚季亭

めし処 味蔵山

清水もつカレー

金の字 本店

こさむ 

磐田おもろカレー

R食堂 IWATA CURRY

ラ・カンティーナ ららぽーと磐田

かつ皿

そば食事処 金時

きんせいけん

御前崎波乗りバーガー

BEACH GLASS

がっこーにいこう!

静岡うなぎ

うな修

うなぎのまとい

富士山サイダー

しずおかコーラ

 

静岡県に行ったら、海の幸・山の幸に大満足!

 

food

 

日本一の高さを誇り、世界文化遺産にも登録されている富士山がそびえ立つ静岡県。

富士山の他にも、浜松城や富士サファリパークなどの観光地、熱海や伊豆といった温泉の名地には、季節を問わず日本中から旅行客が訪れています。

 

そんな、観光の目的地として人気の静岡県ですが、忘れてはいけないのがご当地グルメです。

静岡県には、海と山に囲まれた土地ならではの新鮮な海の幸や山の幸を楽しむことができます。

さらに、他の都道府県では食べられないユニークな名物料理もたくさんあるんです。

そこで今回は、静岡県に行ったら絶対食べて欲しいオススメのご当地グルメをご紹介していきます!

 

 


静岡県にはどんな料理があるの?

 

food

 

ご当地グルメの紹介に入る前に、少しだけ静岡県の食文化の特徴についてご説明します。

富士山を含め、山に囲まれた静岡県は標高差がとても大きくなっていて、同じ県内でも地域によって気温に大きな差が出てきます。

そのため冬の間は、富士山や赤石山脈に隣接している県北部の地域ではかなりの量の雪が降ったり、東北地方とほぼ同様にひどく冷え込んだりします。

反対に、駿河湾に面した沿岸部や平野部では、黒潮の影響から冬でもとても温暖な気候となっています。

 

このような地域ごとの寒暖差や標高差が、静岡県で生産される農作物のバラエティを一気に幅広いものにしているのです。

それゆえ静岡県のご当地グルメには、豊富な種類の海の幸・山の幸はもちろん、同じ生産物でも地域によって味や見た目、調理方法などが異なるものもあり、訪れる地域によって変化する静岡県の表情を見ることができます。

それではこれから、静岡県を訪れたら絶対に食べてほしいおすすめご当地グルメをご紹介します!

 

 

由比の桜エビ

 

shrimp

 

静岡県の中部に位置し、駿河湾に面している由比で有名な食材が「桜エビ」です。

由比の桜エビは体長およそ4センチと小ぶりで、色鮮やかなピンク色に輝く姿から「駿河湾の宝石」と呼ばれるほどです。

 

現在桜エビの漁が行われているのは、日本で唯一駿河湾だけで、由比漁港は数少ない桜エビ漁港の1つです。

さらに6月上旬から9月下旬までは繁殖期にあたるため禁漁で、冬季は桜エビが海深くに潜んでしまうため休漁となっており、漁期は4月頃から6月頃までと、10月頃から12月頃までの年2回のみとなっています。

 

そんな貴重な駿河湾の桜エビは甘味が優れており、小さな身体にうま味が閉じ込められています。

活きがよくプリッとした桜エビのどんぶりはもちろんですが、焼きそばやかき揚げ、天日干しなどにして食べてもとても美味しいです。

 

浜のかきあげや

 

 

「浜のかきあげや」は、由比の桜エビといえばここ!というほど人気の定食屋さんです。

プリプリの生サクラエビが楽しめるどんぶりをはじめ、サクサクの食感が楽しいかき揚げや、桜エビの炊き込みご飯や味噌汁など、桜エビづくしのメニューで決めるのに困ってしまうほど。

 

浜のかきあげやでお昼ご飯を食べようと、週末は店の前に長い行列ができています。

ぜひ、とれたて新鮮な由比の桜エビを堪能してくださいね。

 

浜のかきあげやの基本情報

 

名称 : 浜のかきあげや

英名 : Hama-no-Kakiageya

住所 : 静岡県静岡市清水区由比今宿字浜 1068-2

アクセス :JR東海道本線由比駅より徒歩10分

電話番号 : 0543-76-0001

定休日 : 月曜日・祝日の翌日・年末年始

営業時間 :火曜日~木曜日・金曜日~日曜日・祝日:10:00~15:00

注意点 : 予約不可

予約サイト・口コミ・クーポン : 食べログ

 

くらさわや

 

 

由比の桜エビと駿河湾の景色の両方を楽しみたい方には「くらさわや」がオススメです。

高台にあるこの店では、富士山や伊豆半島など静岡の美しい景色を見ることができます。

 

新鮮な生サクラエビやサクサクのかき揚げも美味しいのですが、こちらのお店での一押しメニューは「桜えびまんじゅう」です。

実は、かの有名な料理マンガ「美味しんぼ」にものっている料理なんです!

生の桜エビを細かく刻んだ後、丁寧に丸めたまんじゅうを蒸し上げたもので、桜エビの優しい甘味とふんわりとした食感が病みつきになること間違いなしです。

 

くらさわやの基本情報

 

名称 : くらさわや

英名 : Kurasawaya

住所 : 静岡県静岡市清水区由比東倉沢 69-1

アクセス :

JR東海道本線由比駅より徒歩20分
JR東海道本線由比駅よりタクシー3分
JR東海道本線由比駅より「ゆいばす」(由比コミュニティバス)
香木穴・倉沢コース(月・水・金のみ運行)で3分、「権現橋停留所」下車し、徒歩3分
東名高速「清水I.C.」より車で20分

電話番号 : 0543-75-2454

定休日 : 月曜日(祝日は営業、翌日休み)

営業時間 :火曜日〜日曜日・祝日:11:00~14:00、17:00~19:00

注意点 : 予約不可

予約サイト・口コミ・クーポン : 食べログ

 

 


用宗の生しらす

 

shirasu

 

由比から西へ30キロほど行ったところにあるのが用宗(もちむね)漁港です。

駿河湾の漁港の中でも、安倍川の河口付近の用宗漁港は、餌になるプランクトンが豊富なために絶好の漁場となっています。

それに加え、用宗漁港ではしらすを捕獲する「漁船」と、獲れたしらすを鮮度が落ちないように氷漬けにしたまま漁港まで運ぶ「運搬船」の両方を使っています。

そうすることで水揚げした後もしらすの鮮度を高く保つことができるのです。

 

そんな用宗漁港で獲れる新鮮な生しらすは、透き通った身体とプリプリとした歯ごたえがたくさんの人を虜にしています。

とても新鮮なので苦みや臭みが無く、しらす同士がくっついてベチョベチョするといったこともありません。

釜揚げしらすやたたみいわしもオススメです。

 

どんぶりハウス

 

 

用宗漁港内にある、漁協直営のプレハブレストランが「どんぶりハウス」です。

このレストランでは、水揚げされたばかりの活きの良いしらすをその場で食べることができるんです。

 

オープンしているのは、毎日11:00から14:00までの3時間なので、お昼ご飯に生しらす丼を食べたいという人にぴったりです。

生しらす以外にも釜揚げしらすも人気があります。

値段もリーズナブルで、質の高いしらすを安価に食べることができるレストランです。

 

どんぶりハウスの基本情報

 

名称 : どんぶりハウス

英名 :Donburi House

住所 : 静岡県静岡市駿河区用宗 2-18-1

アクセス :

JR東海道本線用宗駅より徒歩10分
東名高速道路、静岡ICより車で20分

電話番号 : 0542-56-6077

定休日 :

雨天時
木曜日(しらす禁漁時期)

営業時間 :毎日:11:00~14:00

予約サイト・口コミ・クーポン : 食べログ

 

幸八

 

 

しらすを使った様々な料理に挑戦してみたい方にオススメなのがこの「幸八」です。

このお店の名物料理は、大根おろしとネギのみじん切りにしらすをたっぷり加えた、しらすのうま味がぎゅっと閉じ込められたジューシーな餃子です。

ちなみに、店内にはカウンターのような長いテーブル席と、大勢で食事ができる個室席の両方があり、おひとり様でも、家族連れや友人同士でも心地よく食べることができる定食屋さんです。

 

幸八 の基本情報

 

名称 : 幸八

英名 : Kouhachi

住所 : 静岡県静岡市駿河区用宗 1-28-9

アクセス :JR東海道本線用宗駅より徒歩10分

電話番号 : 0542-58-6603

定休日 : 月曜日

営業時間 :

火曜日〜水曜日・金曜日〜日曜日:11:45~13:30、17:00〜22:00(21:00 L.O.)
木曜日は予約によりディナーのみ営業

予約サイト・口コミ・クーポン : 食べログ

 

 

とろろ汁

 

 

用宗漁港から少し内陸にあるのが「とろろ汁」の名地、丸子(まりこ)です。

静岡のとろろ汁は、県産の新鮮で高品質な自然薯をすりおろし、鰹節でとった出汁を加えて作られます。

さらに出汁と一緒に味噌を少し入れ、甘めの味噌味に仕上げるのがポイントです。

 

また、ご飯は麦を30パーセントほど混ぜた麦飯にして食べると、とろろ汁と相性が良く、なお美味しさが増すのだとか。

そんなとろろ汁が、歌川広重作の浮世絵「東海道五十三次」にも登場していることをご存知でしたか?

 

丁子屋

 

 

「丁子屋」は慶長元年(1596年)の創業以来、400年以上の長い歴史を持つ伝統あるとろろ汁の名店です。

かやぶきの建物は外側だけでも時代を感じさせますが、一歩中に入ると囲炉裏や色あせた掛物などが目に入り、江戸時代に戻ったかと錯覚するような感覚に陥ります。

そんな丁子屋自慢のとろろ汁は、新鮮な自然薯に香り高い鰹出汁と自家製の白味噌を加えられており、とろとろでふわふわ。

一口食べれば旅の疲れが一気に溶けて消えていくようです。

とろろ汁を楽しんだ後に、併設されている歴史資料館で江戸時代についてのんびり学んでみるのも良いかもしれませんね。

 

丁子屋の基本情報

 

名称 : 丁子屋

英名 : Choujiya

住所 : 静岡県静岡市駿河区丸子 7-10-10

アクセス :JR東海道本線静岡駅よりバス7番線藤枝駅行き、丸子橋入口下車、徒歩1分

電話番号 :0542-58-1066

定休日 : 木曜日(毎月末は水・木休み)

営業時間 :金曜日〜水曜日:11:00~19:00

注意点 : 予約不可

予約サイト・口コミ・クーポン : 食べログ

 

静岡自然生

 

 

なんと「静岡自然生」では、とろろ汁をグツグツと煮えている鍋に投入するという意外なメニューがあります。

冬の寒い日にネバネバのとろろ汁を食べながら温まりたい、なんていう方にオススメの一品です。

また、王道のとろろ汁と麦飯のコンビネーションをすでに試してしまった方も、新しいとろろ汁の食べ方としてぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

静岡自然生の基本情報

 

名称 : 静岡自然生

英名 : Shizuoka Jinenjo

住所 : 静岡県静岡市葵区黒金町 47 アスティ静岡西館209

アクセス :JR東海道本線静岡駅直結アスティ内

電話番号 :050-5594-5933

営業時間 :毎日:11:00~22:00

予約サイト・口コミ・クーポン : 食べログ

 

 


たまごふわふわ

 

 

静岡県西部の中央に位置する袋井市を中心に、江戸時代から名物料理として食べられているのが「たまごふわふわ」です。

なんとも可愛い名前ですが、その名の通りお椀の中で「たまご」が「ふわふわ」としている不思議な見た目の料理なんです。

 

熱しただし汁の上によく泡立てた卵をそっとかけ、蓋をして数分蒸らすことで、このふわふわ感が得られるのだそう。

十返舎一九作の「東海道中膝栗毛」や升屋平右衛門作の「仙台下向日記」など、江戸時代の書物にもたまごふわふわの記載があったり、新撰組の近藤勇が非常に好んで食べていたという話があったりと、長い歴史と多くのファンを持つ料理です。

 

とりや茶屋

 

 

なんとも不思議な見た目のたまごふわふわを食べてみることができる、貴重なお店のうちの1つが「とりや茶屋」です。

店内には、たまごふわふわを目当てに訪れたであろう芸能人のサインが飾られており、グルメリポーターの彦摩呂さんのサインもあります。

 

そんなグルメ通も訪れるとりや茶屋のたまごふわふわは、出汁がきいていて深い味わい。

それでも後味はさっぱりとしていて、ペロリと食べることができてしまいます。

本場のたまごふわふわを味わってみたい方は、ぜひとりや茶屋を訪れてみてください。

 

とりや茶屋の基本情報

 

名称 : とりや茶屋

英名 : Toriya Chaya

住所 : 静岡県袋井市高尾町 15-7

アクセス :JR東海道本線袋井駅より徒歩10分

電話番号 : 0538-42-2427

定休日 : 月曜日

営業時間 :火曜日〜日曜日:11:30~13:30、17:00~22:00(21:30 L.O.)

予約サイト・口コミ・クーポン : 食べログ

 

和風レストラン 山田

 

 

袋井駅から車で10分ほどのところにある「和風レストラン山田」は、アットホームな雰囲気の定食屋さんです。

和風レストラン山田では、静岡県の各地域を代表するご当地グルメの多くを扱っています。

 

その中でも人気があるのが、お椀からあふれんばかりの状態で運ばれてくるたまごふわふわです。

ふわふわ・ぷくぷくとして可愛らしい見た目と優しい味わいが、心も身体も癒してくれること間違いなしの一品です。

 

和風レストラン 山田の基本情報

 

名称 : 和風レストラン 山田

英名 : Japanese-Style Restaurant Yamada

住所 : 静岡県袋井市豊沢 2750

アクセス :JR東海道本線袋井駅より車で13分

電話番号 :0538-42-2057

定休日 : 木曜日

営業時間 :火曜日〜水曜日・金曜日〜日曜日:10:00〜16:00

予約サイト・口コミ・クーポン : 食べログ

 

 

富士宮やきそば

 

 

静岡のご当地グルメと聞いて「富士宮やきそば」を真っ先に思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

静岡県の東部に位置する富士宮市の名物で、B級ご当地グルメの祭典「B−1グランプリ」では第1回・第2回と連続でグランプリを受賞するほど大人気の料理です。

 

では富士宮やきそばは普通の焼きそばと何が違うのでしょうか?

実は、独特のコシがある富士宮やきそば専用の麺と「肉かす」と呼ばれる油かすを使用する点が、富士宮やきそばをユニークな焼きそばにしています。

 

富士宮やきそば専用の麺は、一般的な焼きそば麺と違って茹でずに素早く冷やし、表面を油でコーティングしています。

そのため、水分が少なめで弾力とコシがある麺ができるのです。

それに加えて、トッピングとして、鰹節の代わりにイワシの削り粉をかけるところも富士宮やきそばの特徴です。

 

富士宮やきそば学会

 

 

 B−1グランプリで2年連続でグランプリを受賞し、富士宮やきそばブームの火付け役となったのが「富士宮やきそば学会」です。

モチモチの麺と酸味のきいたソースが絡まって、いつまでも食べ続けられてしまうほどの美味しさです。

特に、浅間大社の南側に位置する「お宮横丁」にあるアンテナショップは、富士宮やきそばを目当てに訪れた人たちや浅間大社の参拝客で賑わっています。

 

お宮横丁内には、富士宮やきそば学会の他にもいくつかのお店が立ち並んでおり、食べ比べをしたり他の静岡名物料理と食べたりと、思い思いの時間を過ごすことができます。

ぜひ元祖富士宮やきそばを食べに足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

富士宮やきそば学会 の基本情報


名称 : 富士宮やきそば学会

英名 : Fujinomiya Yakisoba Gakkai

住所 : 静岡県富士宮市宮町 4-23 浅間大社前

アクセス :JR東海道本線富士宮駅より徒歩8分

電話番号 : 0544-22-5341

営業時間 :毎日:10:00~17:00

注意点:予約不可

予約サイト・口コミ・クーポン : 食べログ

 

富士宮やきそば専門店 すぎ本

 

 

先ほどご紹介した富士宮やきそば学会のアンテナショップと同じく、浅間大社前のお宮横丁に建っているのが「富士宮やきそば専門店 すぎ本」です。

 

お好み焼きと焼きそばを扱う「鉄板焼き すぎ本」というお店のアンテナショップとして、富士宮やきそばを販売しています。

オススメはイカが入った焼きそばで、イカの歯ごたえと麺のモチモチ感が絶妙に相まって非常に美味しいです。

お宮通りを歩きながら、富士宮やきそば学会と食べ比べをして見るのもおもしろいかもしれませんね。

 

富士宮やきそば専門店 すぎ本の基本情報


名称 : 富士宮やきそば専門店すぎ本

英名 : Fujinomiya Yakisoba Sugimoto

住所 : 静岡県富士宮市宮町 4-23 浅間大社前

アクセス :JR東海道本線富士宮駅より徒歩8分

電話番号 : 0544-24-8272

定休日:木曜日

営業時間 :月曜日~水曜日・金曜日~日曜日・祝日・祝前日: 10:00~17:30

注意点:予約不可

予約サイト・口コミ・クーポン : 食べログ

 

 


しぐれ焼き

 

 

富士宮市近辺では、富士宮やきそばを使ったお好み焼き「しぐれ焼き」も大変人気です。

しぐれ焼きは、富士宮やきそばの専用麺・肉かす・キャベツ・長ネギなどを混ぜ合わせ、トッピングにイワシの削り粉とソースをかけて出来上がりです。

カリカリとした食感の肉かすや、キャベツの優しい甘味が食欲をそそります。

 

うめづ お好み焼・やきそば店

 

 

美味しいしぐれ焼きを食べられると評判の「うめづ お好み焼・やきそば店」。

席の目の前にある大きな鉄板で豪快に富士宮やきそばやしぐれ焼きが調理されていく様子を間近で見ることができます。

できたてのしぐれ焼きは、大きいですが頑張って冷めないうちに食べるのがオススメです!

 

うめづ お好み焼・やきそば店 の基本情報

 

名称 : うめづお好み焼・やきそば店

英名 : Umezu Okonomiyaki Yakisoba

住所 : 静岡県富士宮市外神 1273-5

アクセス :JR身延線西富士宮駅より車で10分

電話番号 : 0544-22-1104

定休日 : 火曜日

営業時間 :水曜日〜月曜日:11:00~20:00

予約サイト・口コミ・クーポン : 食べログ

 

お好み食堂 伊東

 

 

素早い調理と美味しいしぐれ焼きで有名なのが「お好み食堂 伊東」です。

お腹が空いて、食事が出来上がるのを待っている時間も惜しいという方にはお好み食堂 伊東に行くことをオススメします。

手早い調理だけでなく、しぐれ焼きのモチモチ麺や甘いキャベツがお腹も心も満たしてくれるでしょう。

 

お好み食堂 伊東の基本情報

 

名称 : お好み食堂 伊東

英名 : Okonomiyaki Shokudo Itoh

住所 : 静岡県富士宮市淀師 468-2

アクセス :

JR身延線富士宮駅より富士急バス上野線(5番乗り場)乗車、「淀師西」または「富丘小学校前」下車、徒歩3分
JR身延線西富士宮駅より徒歩25分

電話番号 : 0544-27-6494

定休日 : 月曜日

営業時間 :

水曜日~土曜日:10:30~19:00(18:30 L.O.)
日曜日・祝日:10:30~18:30(18:00 L.O.)

予約サイト・口コミ・クーポン : 食べログ

 

 

遠州焼き

 

遠州焼き

 

富士宮市付近ではしぐれ焼きが人気ですが、浜松市近辺では「遠州焼き」というお好み焼きが地元民から愛されています。

遠州焼きの最大の特徴は、細かく刻まれたたくあんが混ぜ込まれていることです。

 

今よりもキャベツが食卓に浸透していなかった時代に、大根の生産が盛んだった浜松市では、キャベツの代わりとして歯ごたえや腹持ちが良いたくあんを使ってお好み焼きを作り始めたのが遠州焼きの誕生だそう。

さらに、他のお好み焼きではソースが一般的ですが、遠州焼きでは醤油を使用することが多いです。

ポリポリとした食感が楽しいたくあんと香ばしい醤油の香りが多くの人を虜にしています。

 

お好み焼き 奈な

 

 

静岡文化芸術大学のすぐ近くにある「お好み焼き 奈な」では、昔ながらの遠州焼きを楽しむことができます。

遠州焼きには欠かせないたくあんの他にも、紅しょうが・ネギ・ひき肉・天かすなど様々な食材が入っていて飽きることのない味です。

水曜日と金曜日のみに、それぞれ1日5食限定で提供されている「遠州焼きセット」には、ホカホカのご飯・味噌汁・サラダが一緒に付いてきます。

心も身体もホッとする定食を食べに、お好み焼き 奈なに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

 

お好み焼き 奈なの基本情報

 

名称 : お好み焼き 奈な

英名 : Okonomiyaki Nana

住所 : 静岡県浜松市中区中央 2-5-5 サンクレール102号

アクセス :JR東海道本線浜松駅より徒歩15分

電話番号 : 0534-52-4545

定休日 : 日曜日・月曜日

営業時間 :火曜日〜土曜日:11:00~14:00、16:00~20:30

予約サイト・口コミ・クーポン : 食べログ

 

お好み焼き工房 こはち亭

 

 

大きな遠州焼きをお腹いっぱい食べたい方にぜひ訪れていただきたいのが「お好み焼き工房 こはち亭」です。

定番の遠州焼きはもちろん美味しいですが、特にオススメなのが、遠州焼きの中に焼きそばが挟み込まれて、爆弾のように膨らんだ「ばくだん」です。

モチモチの麺とポリポリのたくあんが一緒になって、あっという間に食べられてしまう美味しさですよ。

その他にも、ハーフ&ハーフや季節によって変わる限定料理など、豊富なメニューでいつ訪れても楽しめること間違いなしです。

 

お好み焼き工房 こはち亭の基本情報

 

名称 : お好み焼き工房こはち亭

英名 : Okonomiyaki Kobo Kohachitei

住所 : 静岡県浜松市南区飯田町 1422

アクセス :JR東海道本線天竜駅より徒歩20分、車で5分

電話番号 : 0534-25-4762

定休日 : 水曜日

営業時間 :木曜日〜火曜日:11:30~14:30、17:30~21:30

予約サイト・口コミ・クーポン : 食べログ

 

 


浜松餃子

 

 

栃木県の「宇都宮餃子」に負けず劣らず、多くの人を病みつきにしているのが「浜松餃子」です。

浜松餃子は、キャベツや玉ねぎのさっぱりした甘味と豚肉のコクが絶妙にマッチしていて、先ほどご紹介した富士宮やきそばと共に静岡県の人気B級グルメとしてよく食べられています。

ちなみに、浜松市は宇都宮市を抑えて餃子の消費量全国一位になったこともあるんですよ。

 

そんな浜松餃子の特徴は、多くの餃子が円形に並べて焼かれた「円型焼き」です。

もともと屋台で始まった浜松餃子ですが、調理の際にフライパンに餃子を敷き詰めて焼いたことがこの円型焼きの始まりとされています。

しかし、円形に餃子を敷き詰めたことで中心にぽっかりと穴が開いてしまいます。

そこで考え出されたのが、「もやしで穴をふさぐ」というアイディアでした。

豚肉の脂っぽさを、さっぱりしたもやしがリフレッシュしてくれるので、すぐに飽きずにさらに多くの餃子を食べられることができるというわけです。

 

石松餃子 本店

 

 

「石松餃子 本店」は浜松餃子の元祖と言われています。

なんでも、昭和20年後半に屋台で餃子をは提供し始めた石松餃子が、浜松餃子の発祥なんだそうです。

さすが元祖だけあり、店内は浜松餃子目当てのお客さんたちで混んでいることが多いです。

 

餃子は10個から5個ずつの単位で注文することができるので、少食の方にもたくさん食べたい方にも嬉しい注文形式になっています。

野菜の分量が多いため、タネは白っぽい色をしていて、あっさりした味わいでパクパクと食べられてしまいます。

 

石松餃子特製の餃子のタレも、焼きたての餃子にマッチしていてご飯が進みます。

大きな円盤で運ばれてきた餃子があっという間になくなること間違いなしです!

 

石松餃子 本店の基本情報

 

名称 : 石松餃子 本店

英名 :  Ishimatsu Gyoza Honten

住所 : 静岡県浜松市浜北区小松 1145-1

アクセス :遠州鉄道鉄道線より徒歩15分

電話番号 :0535-86-8522

定休日 : 水曜日・木曜日

営業時間 :金曜日〜火曜日:11:00~14:00、16:30~21:00(20:45 L.O.)

予約サイト・口コミ・クーポン : 食べログ

 

むつぎく

 

 

元祖の石松餃子に負けず劣らず人気のある餃子店が「むつぎく」です。

混んでいるときは40分から1時間程度の待ち時間があるほどの人気店で、リピーターも多いんだとか。

 

浜松餃子は小・中・大・特大の4種類から大きさが選べます。

皮は少し薄めで、パリパリとした食感がクセになります。

タネはキャベツなどの野菜の割合が多めで、甘さがありつつさっぱりとして食べやすいです。

スパイシーなラー油が餃子の美味しさをさらに引き立てます。

いくらでも食べ続けられてしまうほど美味しい浜松餃子をぜひむつぎくでお試しあれ!

 

むつぎく の基本情報

 

名称 : むつぎく

英名 : Mutsugiku

住所 : 静岡県浜松市中区砂山町 356-5 

アクセス :

JR浜松駅より徒歩3分
遠鉄鉄道新浜松駅より徒歩6分
東名高速浜松ICより車で15分
循環まちバス「く・る・る」駅南大通りバス停より徒歩1分

電話番号 : 0534-55-1700

定休日 :  月曜日・第2火曜日・第4火曜日(その他不定休あり)

営業時間 :

月曜日~土曜日:11:30~14:30(14:00 L.O.)、17:00~21:30(21:00 L.O.)
日曜日・祝日:11:30~14:30(14:00 L.O.)、17:00~21:00(20:30 L.O.) 

注意点:

予約不可
餃子が売り切れ次第終了

予約サイト・口コミ・クーポン : 食べログ

 

 

みしまコロッケ

 

 

静岡県東部の伊豆半島の付け根に位置する、三島市周辺のご当地グルメが「みしまコロッケ」です。

三島市から神奈川県西部の箱根市までの一帯を含む箱根西麗は、土壌は栄養たっぷりで水はけの良く、風通しが良いためにじゃがいも作りには最適な土地です。

 

そんな箱根西麗で、30年近く作られ続けている三島ブランドのメークイン「三島馬鈴薯」は、とてもホクホクで優しい甘さが特徴です。

「みしまコロッケ」は、そんな高品質の三島馬鈴薯をたっぷり使用したコロッケで、B-1グランプリで第4回・第5回と連続で入賞を果たしたこともあります。

形はお店によって様々で、まん丸や小判形が多いですが、ハートなど可愛らしい形のものも人気があります。

2014年に放送された、宮藤官九郎監督のドラマ「ごめんね青春」でも、登場人物たちが仲良くみしまコロッケを食べているシーンが話題を呼びました。

 

大村精肉店

 

 

甘くてホクホクのみしまコロッケを食べたい方は、ぜひ「大村精肉店」へ行ってみてください。

大村精肉店のみしまコロッケは、観光客の旅のお供としてだけではなく、地元の人の夜ご飯として、また子供たちのおやつとして、県内外から愛されています。

小ぶりなハート型のみしまコロッケも販売されており、いかにもインスタ映えしそうな可愛さです。

厚さも一般的なコロッケよりあるので、小さいながら意外とお腹にたまります。

かわいいハートのみしまコロッケを食べに、大村精肉店を尋ねて見てはいかがでしょうか。

 

大村精肉店の基本情報

 

名称 : 大村精肉店

英名 : Ohmura Seinikuten

住所 : 静岡県三島市大社町2-27

アクセス :伊豆箱根鉄道駿豆線三島田町駅出口より徒歩10分

電話番号 :0559-72-2981

定休日:日曜日

営業時間 :月曜日〜土曜日:8:00〜18:30

予約サイト・口コミ・クーポン : 食べログ

 

市川精肉店

 

 

地元の人から愛されるみしまコロッケを販売しているのが「市川精肉店」です。

三島馬鈴薯が少しだけ形を残してつぶされていて、程良くホクホクとした食感がうまく引き出されています。

 

メークインが持つ甘さや香りも十分に感じられます。

大きすぎず小さすぎない、ちょうど良い大きさで、食べた後の満足感が大きいです。

観光のお供として食べ歩きにぴったりなみしまコロッケを、買いに行ってみてはいかがですか?

 

市川精肉店の基本情報

 

名称 : 市川精肉店 

英名 : Ichikawa Seinikuten

住所 : 静岡県三島市松本 8-14

アクセス :

伊豆箱根鉄道駿豆線三島二日町駅より徒歩30分
伊豆箱根鉄道駿豆線三島田町駅より徒歩30分
伊豆箱根鉄道駿豆線大場駅より徒歩30分

電話番号 : 055-977-1608 

予約サイト・口コミ・クーポン : 食べログ

 

 

静岡おでん

 

 

静岡県の広い範囲で愛されている料理が「静岡おでん」です。

県民には「しぞーかおでん」と呼ばれるこの静岡おでんですが、一般的なおでんと何が違うのでしょうか?

 

1つ目は、寒い時期だけの料理ではなく、季節を問わず年中食べられているということです。

大正時代に、おやつの代わりとして食べられ始めたのが静岡おでんの起源だそうで、今ではファストフードのような存在として地元の人々に好んで食べられています。

 

2つ目は、おでんの煮汁が黒っぽい色をしていることです。

よく見かけるおでんの煮汁は薄く透き通った色のものが多いと思いますが、静岡おでんではもつや牛すじといったものからとった出汁に濃口醤油を加えて作られるために、黒っぽい色の煮汁となっているんです。

ちなみに見た目とは裏腹に味はあっさりしていて、ネタの旨うま味を引き出しています。

 

そして3つ目は、それぞれのおでんのタネが串に刺さっていることです。

食べたいネタを簡単におでんから取り出したり食べたりできるのが嬉しいですよね。

味噌・カラシ・青のり・削り粉をお好みでトッピングして召し上がってください。

 

なお、JR東海道本線静岡駅の西側には、「青葉横丁」と「青葉おでん街」という2つのおでん街が、昭和通りを挟んで両側に並んでいます。

青葉おでん街・青葉横丁共に、およそ20軒のお店が立ち並んでおり、地元の人たちや観光客で毎晩賑わっています。

おでん街で店をハシゴしながら、静岡おでんを食べ比べしてみると楽しいかもしれません。

 

三河屋

 

 

おでん街で食事をする方にオススメしたいのが、青葉横丁の「三河屋」です。

三河屋の静岡おでんは、黒いスープがそれぞれのタネの中までぎゅーっと深く染み込んでいてとても美味しいです。

こんにゃくや大根、卵といった王道のおでんダネから、レンコンや黒はんぺん(次にご紹介します)など珍しいタネもいくつか入っています。

焼き鳥や魚介類などのおつまみもあるので飽きずに楽しめます。

人気店なので、事前に予約を入れておくか開店直後に行くことをオススメします。

 

三河屋の基本情報

 

名称 : 三河屋 

英名 : Mikawaya 

住所 : 静岡県静岡市葵区常磐町 1-8-7  

アクセス :

JR東海道本線静岡駅より徒歩15分
静岡鉄道新静岡駅より徒歩12分
東名高速静岡ICより車で8分
静鉄バス(しずてつジャストライン)「七間町」バス停より徒歩1分

電話番号 : 0542-53-3836 

定休日 : 日曜日・第2月曜日・第3月曜日

営業時間 :月曜日〜土曜日:17:00~22:00

予約サイト・口コミ・クーポン : 食べログ

 

静岡おでんや おばちゃん 青葉横丁

 

 

三河屋と肩を並べる青葉横丁の人気店が「静岡おでんや おばちゃん 青葉横丁」です。

愛想の良い店員さんが「いらっしゃい!」と迎えてくれる、アットホームな雰囲気のお店です。

王道のからしも良いですが、青のりや魚粉をかけて食べると美味しさが増します。

 

ほとんどの品は100円で統一されていて手頃に食べることができます。

「厳選静岡おでん5本盛」というメニューもあり、これには黒はんぺん・牛すじ・さんかく(こんにゃく)・ふわ(牛の肺)・しのだ巻きが含まれています。

 

しのだ巻きとは、油揚げにかまぼこ・肉・野菜・豆腐などの食材を巻いて、じっくりと煮ながら味をつけた料理です。

青葉横丁を訪れたらぜひ立ち寄ってほしいおでん屋さんです。

 

静岡おでんや おばちゃん 青葉横丁の基本情報

 

名称 : 静岡おでんや おばちゃん 青葉横丁

英名 : Shizuoka Oden-ya  Obachan Aoba Yokocho 

住所 : 静岡県静岡市葵区常磐町 1-8-7 

アクセス :

JR東海道本線静岡駅より徒歩15分
静岡鉄道新静岡駅より徒歩12分
東名高速静岡ICより車で8分
静鉄バス(しずてつジャストライン)「七間町」バス停より徒歩1分

電話番号 : 0542-21-7400

営業時間 :
毎日:16:00~23:00(22:30 L.O.)

予約サイト・口コミ・クーポン : 食べログ

 

 

黒はんぺん

 

 

「はんぺん」と聞いたら、真っ白でふわふわとした四角形か三角形のはんぺんを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

しかし、静岡県のほとんどの地域ではんぺんといえば、アルファベットの「D」の形をした黒色の「黒はんぺん」が主流なんです。

特に静岡県中部に位置する焼津では、地元の名産品として販売されています。

 

アジやサバなどの青魚を主な原料としていて、「ふわふわ」した白いはんぺんと違って、さつま揚げなどに近い「モチモチ」とした歯ごたえが特徴です。

黒はんぺんには、主に「そのまま」「焼く」「煮る」「揚げる」の4通りの食べ方があり、どんな風に調理しても抜群の美味しさです。

先ほどご紹介した静岡おでんのタネとしても大活躍しています。

 

まぐろ・焼鳥・おでん ふじのくに酒場

 

 

静岡駅から歩いてすぐのところにある「まぐろ・焼鳥・おでん ふじのくに酒場」は、深夜でも笑い声が絶えない居酒屋さんです。

焼き鳥・卵焼き・刺身・おでんなど、居酒屋の定番メニューがずらりとそろっています。

 

その中でも特にオススメなのが焼き黒はんぺんです。

黒はんぺんを表面がこんがりとしてくるまで火であぶった一品で、お酒のおつまみとしてサラリーマンたちから大人気だそう。

焼くことで黒はんぺんの甘味も増すので、噛めば噛むほど甘味と香りが口の中に広がります。

夜3時まで開店しているので、夜にゆっくり黒はんぺんをつまみに語らいたい、なんて方にオススメですよ。

 

まぐろ・焼鳥・おでん ふじのくに酒場の基本情報

 

名称 : まぐろ・焼鳥・おでん ふじのくに酒場

英名 : Maguro Yakitori Oden Fuji no Kuni Sakaba

住所 : 静岡県静岡市葵区常磐町 1-3-5  

アクセス :JR東海道本線静岡駅より徒歩10分

電話番号 :050-5590-9047

営業時間 :毎日:17:00~3:00

予約サイト・口コミ・クーポン : 食べログ

 

しぞ~か 駅南酒場

 

 

静岡駅を出て目の前のところにあるのが、「しぞ~か 駅南酒場」です。

先ほどご紹介した静岡おでんや浜松餃子といった静岡名物はもちろん、新鮮な魚介類の刺身、鍋料理などメニューが豊富な居酒屋さんです。

 

しぞ~か 駅南酒場に行ったら食べてほしいのが黒はんぺんのフライです。

黒はんぺんにうすく衣をつけて、衣がこんがりときつね色になるまであげたら出来上がり。

黒はんぺんの甘さや香りがより一層引き立っていくつでも食べられてしまいます。

お好みでからしや醤油などをつけて食べるのがオススメです。

 

しぞ~か 駅南酒場の基本情報

 

名称 : しぞ~か 駅南酒場

英名 : Shizoka Eki Minami Sakaba

住所 : 静岡県静岡市駿河区南町 7-1

アクセス :JR東海道本線静岡駅より徒歩3分

電話番号 :050-5868-9829

営業時間 :毎日:15:00~24:00

注意点:ご予約は4名様より承っております

予約サイト・口コミ・クーポン : 食べログ

 

 

さわやかハンバーグ

 

 

静岡県内には、およそ30店舗を展開する「炭火焼レストランさわやか」というハンバーグレストランがあります。

地元民から愛され、家族連れや友達同士などで多くの人が毎日訪れているご当地ファミリーレストランです。

 

そんな炭火焼レストランさわやかで、ダントツ人気なのが「さわやかハンバーグ」です。

正式名称は「げんこつハンバーグ」で、牛肉を250グラム使用したまん丸のハンバーグなのですが、静岡県民の間では中心部分がミディアムレアからレアの状態で食べるのが普通です。

250グラムだと少し多いな、という方には200グラムの「おにぎりハンバーグ」もオススメです。

 

炭焼きレストランさわやか 御殿場インター店

 

 

約30ある「炭火焼レストランさわやか」の中でも、お昼ご飯や夜ご飯の時間帯に行くと1時間以上の順番待ちが普通というほど人気なのが「御殿場インター店」です。

長い待ち時間の後、店の中に一歩入るとハンバーグが焼ける匂いと煙、そしてジュージューという音が食欲をかき立てること間違いなしです。

 

げんこつハンバーグを注文すると、中にまだ火が通っていない状態で運ばれて来て、店員さんが最後の仕上げをしてくれます。

外側はしっかり焦げ目がついていて香ばしいのに、内側は少し赤みがあるミディアムレアで柔らかい最高の組み合わせで、ご飯がよく進みます。

真夜中まで営業しているというところも、お仕事や観光の関係で遅い夜ご飯を食べたい方には嬉しいですよね。

 

炭焼きレストランさわやか 御殿場インター店の基本情報

 

名称 : 炭焼きレストランさわやか 御殿場インター店

英名 : Sumibiyaki Restaurant Sawayaka Gotemba Inter Store

住所 : 静岡県御殿場市東田中 984-1

アクセス :JR御殿場線御殿場駅「乙女口」バス停より徒歩6分

電話番号 : 0550-82-8855

定休日 : 12月31日

営業時間 :

月曜日~金曜日:11:00~24:00
土曜日・日曜日・祝日:10:45~24:00
ランチは月曜日~土曜日:11:00~15:00(祝日を除く)

予約サイト・口コミ・クーポン : 食べログ

 

炭焼きレストランさわやか 静岡インター店

 

 

「静岡インター店」も、「御殿場インター店」に負けず劣らず毎日大勢のお客さんで賑わいを見せています。

お客さんの前で店員さんがハンバーグにナイフを入れ半分に切ってから、断面を鉄板に押し付けて出来上がりです。

 

大きなハンバーグですが、脂っぽさがそんなになくあっさりとした口当たりなので、胃もたれせずペロリと食べられてしまいます。

ソースは人気ナンバー1のオニオンソースとデミグラスソースの2種類から選ぶことができ、店員さんが仕上げにかけてくれます。

テーブルにはブラックペッパーや岩塩などもおかれているので、ソースとはまた違った美味しさを見つけることができるかもしれません。

 

炭焼きレストランさわやか 静岡インター店の基本情報

 

名称 : 炭焼きレストランさわやか 静岡インター店 

英名 : Sumibiyaki Restaurant Sawayaka Shizuoka Inter Store

住所 : 静岡県静岡市駿河区中野新田 387-1

アクセス :静岡駅前からしずてつジャストライン「静岡インター入口」より徒歩1分

電話番号 : 0546-54-6166

定休日 : 12月31日

営業時間 :

毎日:11:00~24:00
ランチは月曜日~土曜日:11:00~15:00(祝日を除く)

注意点:予約不可

予約サイト・口コミ・クーポン : 食べログ


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(339)
北海道・東北(31)
  北海道(18)
  青森(1)
  岩手(2)
  宮城(7)
  秋田(1)
  山形(1)
  福島(1)
関東(110)
  埼玉(5)
  千葉(8)
  東京(59)
  神奈川(24)
  茨城(2)
  栃木(4)
  群馬(4)
  山梨(4)
甲信越・北陸・東海(51)
  長野(9)
  新潟(4)
  富山(2)
  石川(6)
  福井(1)
  岐阜(4)
  静岡(14)
  愛知(7)
  三重(4)
近畿(51)
  滋賀(4)
  京都(13)
  大阪(16)
  兵庫(13)
  奈良(4)
  和歌山(1)
中国・四国(27)
  鳥取(1)
  島根(4)
  岡山(5)
  広島(8)
  山口(2)
  徳島(1)
  香川(3)
  愛媛(1)
  高知(2)
九州・沖縄(42)
  福岡(8)
  佐賀(1)
  長崎(4)
  熊本(5)
  大分(5)
  宮崎(1)
  鹿児島(5)
  沖縄(13)

国外エリア一覧

東南アジア(16)
ヨーロッパ(33)
東アジア・中国・台湾(11)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(4)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(7)
オセアニア(7)
アフリカ(2)
北米(10)
中南米(2)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(316)
イベント情報(272)
ショッピング・買い物・お土産(326)
シーン別(434)
ビジネス・出張(155)
ロケ地、舞台(160)
世界遺産(92)
乗り物・交通・アクセス(397)
宿・旅館・ホテル(143)
旅行準備(356)
歴史・豆知識(452)
温泉・スパ(120)
絶景(295)
聖地巡礼(29)
観光旅行(453)
食事・グルメ(375)
ランキング(356)
デート(366)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(257)
ツアー/旅程(136)
海水浴場・ビーチ・リゾート(42)

人気記事ランキング