logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 宮城

日本三景にも選ばれる景勝地!宮城県の松島観光おすすめスポット6選!





松島は、宮城県宮城郡松島町にある海が間近に広がる観光スポットです。

小さな島々が点在する日本らしい趣ある景色を眺められる松島湾、宮城県ゆかりの武士、伊達家にゆかりのある寺院など、数多くの見どころが兼ね備えられています。
JR仙台駅から電車で40分、車でも1時間前後と中心都市からのアクセスも良く、観光時に足を運びやすい立地にあるのも嬉しいポイントです。

アクセスも良く、景色、歴史的建築と見所が豊富な松島観光おすすめスポットを厳選して紹介していきます。

【目次】日本三景にも選ばれる景勝地!宮城県の松島観光おすすめスポット6選!

 

松島ってこんなところ!

松島観光MAP

その1 松島湾の景色を一望できる『松島湾遊覧船クルージング』

その2 スカスカの橋にハラハラ!重要文化財の『五大堂』

その3 縁結びのパワースポット!『福浦橋』

その4 数多くの国宝を抱える荘厳な寺『瑞巌寺』

その5 伊達家ゆかりの寺で情緒あふれる日本庭園『円通院』

その6 仙台グルメ笹かまにお土産も!『阿部蒲鉾 松島寺町店』

 

松島ってこんなところ!

 

松島 景色

 

松島は 宮城県 宮城郡松島町にある観光スポットです。

天橋立 、宮島と並んで、日本三景の一つにも数えられる景勝地です。

 

宮城県の中心都市  仙台 からのアクセスも良く、日本三景の中でも年間観光客が一番多いのが松島だといわれています。

有名な俳人、松尾芭蕉が思わず句を詠むのを忘れたといわれるほどの景色が松島の大きな魅力!

 

大小合わせて250を超える島々が点在する松島湾の景色を楽しめる観光船クルーズ、「瑞巌寺」、「円通院」といった歴史情緒あふれる寺院巡りなど、その楽しみ方は多岐にわたります。

観光スポットの他にも、宮城県ならではの名産品、豊富な海産物を生かした穴子や牡蠣を使った料理など、グルメにも恵まれている松島。

松島ならではの景勝地をはじめ、一日かけて楽しめる宮城県松島のおすすめ観光スポットを厳選して紹介します。

 

 


松島観光MAP

 

 

松島は、JR「松島海岸駅」から徒歩圏内に主要な観光スポットが集まっています。

そのため、電車、車、どちらを使っても十分に観光スポットを満喫できる場所です。

 

松島には駅周辺から海沿い、少し陸地に入った場所まで、ホテルをはじめとする宿泊施設が充実しています。

松島観光を考えている方は、そんな目の前に日本三景が広がる絶景の宿に宿泊するのもおすすめです。

観光地らしく、海沿いの大通りにはお土産スポットや飲食店も豊富なので、買い物や食事の場所にも困りません。

 

車で訪れた際に心配になる駐車場ですが、海沿いを中心に1時間300円前後の有料駐車場があり、駅や松島湾から少し離れた陸部には無料の駐車場も点在しています。

平日の昼間なら十分にどの駐車場も空いていますが、休日は海沿いの駐車場が混み合うので、陸部の駐車場にも目を向けてみましょう。

 

 

その1 松島湾の景色を一望できる『松島湾遊覧船クルージング』

 

松島遊覧船 

 

日本三景にも選ばれている松島の景色を存分に楽しみたい方におすすめなのが「松島遊覧船クルーズ」です。

JR松島海岸駅から徒歩5分程の場所にある港から出港する遊覧船に乗って、松島湾の雄大な景色や200をゆうに超える島々を鑑賞しましょう。

 

船に乗るためのチケットは、海沿いに点在しているチケット売り場で購入できます。

あらかじめ乗船時間、観光で訪れる日程が決まっている方は、松島遊覧船HPでの購入も可能です。

チケットの値段は大人1,500円、子供750円となっています。

船のが出港する間隔は基本的に1時間おきなので、各自の観光予定と合わせて利用しましょう。

 

ペット可の小型船、夏限定の「嵯峨渓コース」など、いくつかのプランがあるので自分好みのコースを選んでください。

筆者が乗船したものは、大型遊覧船で優雅に松島湾を巡る「仁王丸コース」。

立派な外観だけでなく、中に入ると広々とした座席でゆったりとくつろげるのが魅力です。

 

松島遊覧船クルーズ

 

船に乗ってしばらくするとスーッと船が進みだし、クルーズの開始です!

船内の座席は、新幹線や飛行機のように窓側に2列、真ん中に一列の座席が完備されています。

じっくりと腰掛けながら景色を鑑賞したい方は、船が港に着く前から列に並び、窓側の席を確保しましょう。

 

クルーズが始まると、窓側の席に座り景色を見る人、デッキに出て外の風に触れながらクルーズを楽しむ人に大きく分かれます。

窓側の席を確保できなかった場合は、爽やかな潮風を肌で感じられるデッキに出るのがおすすめです。

写真は出港まもなくデッキから船の後方を撮ったもの。

船のスクリューによって起きる水流の奥には、のどかな松島の町並みが広がっています。

 

松島遊覧船クルーズ

 

船のデッキに出ると、松島湾に浮かぶ、大小合わせて200を超える島々が目の前に現れます。

乗った船が仁王丸の場合、デッキの進行方向左手にはさまざまな島々、右手にはのどかな松島湾の景色が広がるので、自分好みの方面の景色を眺めましょう。

見どころとなる島々が豊富な左手に比べ、デッキ右手は比較的観光客も少なく空いているので、ゆったり景色を写真に収めたり鑑賞したりしたい方は右手に陣取るのがおすすめです。

 

松島湾遊覧船クルーズ

 

遠くに見える島々と波も少ない穏やかな海は見ているだけでも癒されます。

デッキに出て海を眺めてくるとカモメが船に寄り添うように飛んでくるので、それを眺めるのも楽しみの一つです。

 

ただし、エサを目当てに来ているカモメもいるので、スマホやお菓子など目立つものをカモメの前に差し出す際は注意をしましょう。

一周50分と程よい時間で見所もあるクルーズ船での船旅を観光の際は、ぜひ楽しんでみてください。

 

松島遊覧船クルーズの観光情報

 

住所 : 宮城県宮城郡松島町松島字町内85

アクセス : JR仙石線松島海岸駅から徒歩5分、もしくはJR東北本線松島駅から徒歩15分

電話番号 : 022-354-2233

定休日 : 不定休

営業時間 : 9:00~16:00(冬季は15:00)

料金 : 大人1,500円、子供750円

公式URL : 松島島めぐり観光船

 

 


その2 スカスカの橋にハラハラ!重要文化財の『五大堂』

 

五大堂

 

松島海岸駅から徒歩5分、海沿いの道を歩いていくと見えるお堂が「五大堂」です。

五大堂は、1604年に武将である伊達政宗が建築した東北地方最古の桃山建築で、国の重要文化財にも選ばれています。

海沿いにありながら、松島の内陸部にある瑞巌寺と呼ばれる寺の境内と捉えられているのも特徴です。

 

小島にあるお堂に行くには2つの橋を渡ります。

周辺を海に囲まれた景色、赤く塗られた木造の橋は思わず写真に収めたくなる姿です。

 

五大堂

 

五大堂に行くまでに渡る二つの橋には特徴があります。

この橋のワクワクポイントであり、小さな子供連れの方には注意ポイントにもなる特徴が足元の隙間です。

 

梯子上に作られた橋は、所々に大きな隙間があるので気を付けて渡るようにしましょう。

余裕がある方は、じっくりと足元の隙間から見える海を覗いてみるのもおすすめです。

 

五大堂

 

橋を渡り切った先に見える大きなお堂が「五大堂」です。

出島の上にぽっかりと見えるこちらのお堂は、どっしりとした瓦屋根、木造の建築で見る人を圧倒します。

お賽銭箱がお堂の目の前にあるので、観光の際はお参りをして願い事を唱えてみましょう。

 

お堂の中には平安時代に作られたといわれる「五大明王」の姿があります。

こちらは33年に一度の開帳で、次回開帳日は2039年となっているそうです。

 

五大堂の観光情報

 

住所 : 宮城県宮城郡松島町松島町内

アクセス : JR仙石線松島海岸駅から徒歩5分

電話番号 : 022-354-2618

定休日 : 年中無休

営業時間 : 8:00~17:00(季節により変動あり)

料金 : 拝観自由

公式URL : 五大堂

 

 

その3 縁結びのパワースポット!『福浦橋』

 

福浦橋

 

JR「松島海岸駅」から徒歩15分程の場所にある「福浦橋」は、別名「出会い橋」とも呼ばれる縁結びのパワースポットです。

この橋を渡ると素敵な出会いに恵まれるという不思議な魅力を持った橋は、恋人を求める人はもちろん、カップルにもおすすめ!

 

橋の全長は252mと松島湾沿いにある赤く塗られた橋の中でも最長です。

橋の入り口には、カフェもあるので松島観光をしていて一休みをしたい方は立ち寄ってみましょう。

また、入場料は大人200円、子供100円が必要ですが、こちらも橋入り口で支払いができます。

 

福良橋

 

こちらの橋は「出会い橋」という呼び名の他に、もう一つ別の通称を持っています。

それが東日本大震災を機に台湾からの義援金により、こちらの橋が修復されたことにより付いた「絆の橋」という通称です。

橋から眺められる穏やかな松島湾の景色を見られることが、当たり前でないことを改めて考えさせられる場所でもあります。

 

福浦島

 

全長252mの「福浦橋」を渡った先にある「福浦島」は、実際に島に上陸して散策を楽しめます。

島をぐるっと一周すると30~40分程かかるので、観光の際に時間に余裕がある方や自然散策を楽しみたい方におすすめです。

 

アカマツ、スギなど島内にある植物には解説版も付いているので、沢山の植物の名前や生態を学べる場所でもあります。

島内には、松島湾を一望できる「見晴台」といった名所もいくつかあるので、足を運んでみましょう。

 

福良橋の観光情報

 

住所 : 宮城県松島福浦島

アクセス : JR松島海岸駅から徒歩15分

電話番号 : 022-354-5708

定休日 : 年中無休

営業時間 : 8:30~17:00(3月~10月)/8:30~16:30(11月~2月)

料金 : 大人200円、子供100円

公式URL : 福良橋

 

 


その4 数多くの国宝を抱える荘厳な寺『瑞巌寺』

 

瑞巌寺

 

「瑞巌寺」は、正式名称「松島青龍山瑞巌円福禅寺」といわれる数多くの国宝を抱えたお寺です。

海岸部から少し陸側に歩いた場所にありますが、寺のすぐそばに駐車場もあるので、車でのアクセスも便利。

 

ルーツは平安時代にまでさかのぼり、関ヶ原の合戦後は、寺社仏閣の建設に力を入れた伊達政宗をはじめとする伊達家の庇護を受けています。

その後、貴重な境内にある本堂・御成玄関、庫裡・回廊は国宝に認定。

今なお寺を訪れる人々を出向かえてくれます。

 

中に入ると大きな木々が訪れた人を出迎え、それらに囲まれた参道を歩いていると身がきゅっと引き締まるような感覚を抱きます。

お寺ならではの荘厳な雰囲気と歴史情緒あふれる寺内の建築をゆっくり歩きながら鑑賞しましょう。

 

瑞巌寺

 

「瑞巌寺」の中でも国宝が数多く展示されている本堂は一番の見どころです。

本堂の中は、撮影禁止となっているので、実際に足を運んで自分の目で国宝を鑑賞しましょう。

 

本堂に靴を脱いで上がるとまず驚かされるのは、鴬張りの床です。

歩くたびにキシッと音を立てる床に当時ならではの建築手法を感じさせられます。

 

本堂の中心部にあるのは、仏間、上段の間、文王の間といった実際に使われていた部屋の数々。

部屋の屏風は黄金に輝く金屏風で、寺の建設にも関わった伊達政宗のセンスを感じさせられます。

本堂内には、展示物について説明してくれるボランティアの方も多くいるので、詳しく一つ一つの展示について知りたい方は説明を受けながら回りましょう。

 

瑞巌寺

 

帰り際にも思わず写真をパシャリ。

本堂の向かいにある「宝物館」でも寺や宮城の歴史を感じさせる貴重な展示を観覧できます。

本堂左手に見える大きな門も見ごたえがあるので、忘れることなく足を運びましょう。

 

瑞巌寺の観光情報

 

住所 : 宮城県宮城郡松島町松島町内91

アクセス : JR仙石線松島海岸駅から徒歩8分

電話番号 : 022-354-2023

定休日 : 年中無休

営業時間 : 8:00~17:00(季節により前後)

料金 : 大人700円、子供400円

公式URL : 瑞巌寺

 

 

その5 伊達家ゆかりの寺で情緒あふれる日本庭園『円通院』

 

円通院 山門

 

伊達家ゆかりの寺として「瑞巌寺」と並び、松島観光のメインスポットとなっているのが「円通院」です。

「円通院」と「瑞巌寺」は、ほぼ隣り合わせで、徒歩2分程の距離にあるので、観光の際は合わせて足を運んでみましょう。

 

「円通院」でまず目につくのが、藁を使った屋根が印象的な山門です。

この山門は、宮城県の文化財にも指定されている貴重なもの。

荘厳な門をくぐって境内探索に向かいましょう。

 

円通院 日本庭園

 

寺内に入ると、わびさびを感じさせる大きな日本庭園が広がり、その庭園の左手、山門すぐそばには縁結び観音と呼ばれる小さな観音さまもいます。

縁結びこけしという絵馬のようなものに願いをかけて観音様の側に置くと縁結び効果があるそうなので、恋愛成就を願う方は足を運んでみましょう。

 

季節によってさまざまな顔を訪れた人に見せてくれるのも日本庭園の魅力です。

秋には庭園全体がライトアップさせた美しい姿を鑑賞できるので、時期を選んでの拝観もおすすめ。

ちなみに、筆者が足を運んだのは冬の真っただ中ですが、緑と枯れた木々のバランスが風情を感じさせる景色を鑑賞できました。

 

円通院 三慧殿

 

境内の中で大きな見所の一つが「三慧殿(さんけいでん)」と呼ばれるお堂です。

こちらは伊達家にゆかりのある人々の魂を祀っている場でもあります。

 

見る人を圧倒する重厚感ある建築は国の重要文化座にも指定。

お堂の中を覗くと、支倉常長が持ち帰ったといわれる厨子や十一面千手観音立像といった展示物を眺められます。

 

お堂内の厨子にバラが描かれているのが、別名「バラ寺」ともいわれる所以です。

境内を進んで行くと、バラ園があり暖かい季節には、綺麗に咲き誇るバラの花を鑑賞できます。

 

円通院

 

三慧殿の奥には、岩を大きく削ってできた空間があります。

その神秘的な空気には思わず足を止めたくなる場所です。

境内の一番奥にある静かな場所なので、ゆっくりと建造物を鑑賞できます。

 

円通院 庭園

 

円通院の中にはいくつもの日本庭園があります。

こちらのお寺の本堂でもある「本堂大悲亭」は、禅寺らしい趣ある雰囲気が魅力の場所です。

 

そんな本堂の正面にも日本庭園があります。

大きな池の奥に木々が茂る庭園は、伊達藩の江戸屋敷を作った小堀遠州によって作られた庭です。

秋には池の周辺に咲き誇るモミジと錦の鮮やかな紅葉を鑑賞できますよ。

 

円通院の観光情報

 

住所 : 宮城県宮城郡松島町松島町内67

アクセス : JR松島海岸駅から徒歩6分

電話番号 : 022-354-3206

定休日 : 年中無休

営業時間 : 8:00~17:00(季節により前後)

料金 : 大人300円、高校生150円、子供100円

公式URL : 円通院

 

 


その6 仙台グルメ笹かまにお土産も!『阿部蒲鉾 松島寺町店』

 

阿部蒲鉾 松島寺町店

 

JR「松島海岸駅」から徒歩5分、「円通院」、「瑞巌寺」の比較的側にある「阿部蒲鉾 松島寺町店」では、宮城県名物の笹かま焼き体験ができます。

店内に入ると笹かまを焼くための大きなコンロがあります。

 

200円で焼き用の笹かまを購入し、自分好みの焼き加減に焼き上げて笹かまをいただきましょう。

上手く焼けるように丁寧に焼き方の説明書きまであるので参考になります。

 

笹かま

 

コンロの上に笹かまを並べて焼きあがるのをじっと待ちます。

暫くすると表面に香ばしい焼き目が!

 

店内には無料で飲めるお茶やお冷も用意されているので、笹かまを焼いている最中にいただきましょう。

両面に綺麗な焼き目が付いたら食べごろです。

 

笹かま

 

実際に焼きあがった笹かまは、ほのかな魚介の風味、甘みを感じられる優しい味わいです。

香ばしく焼き上げた表面は、パリッとしてふんわりとした内部とは違った食感を楽しめます。

こちらのお店には、お土産用の笹かまをはじめとするかまぼこ詰め合わせなども販売されているので、気に入った方はお土産として購入することができますよ。

 

蒲鉾店の隣には「萩の月」をはじめ、仙台の名産品やお土産を購入できるショップが並んでいるので、蒲鉾以外のお土産購入にも便利な場所です。

店の目の前には無料で使える駐車場もあるので、車で訪れた方も安心して利用できます。

 

阿部蒲鉾 松島町店

 

住所 : 宮城県宮城郡松島町松島字町内58

アクセス : JR仙石線松島海岸駅から徒歩5分

電話番号 : 022-353-4277

定休日 : 年中無休

営業時間 : 8:00~19:00

料金 : 笹かま焼き体験 200円

公式URL : 阿部蒲鉾 松島町店

 

 

松島観光:最後に

 

松島は宮城県の中でも海が目の前に広がる屈指の景勝地です。

日本三景にも選ばれた松島湾と湾に浮かぶ島々が見せる壮大な景色を鑑賞しましょう。

 

海沿いの景色の他にも「円通院」、「瑞巌寺」といった歴時情緒あふれる観光スポットも豊富にあり一日を通して観光を楽しめる松島。

牡蠣、穴子、海鮮丼など豊富な海産物を使ったグルメも大きな魅力です。

まだまだ紹介しきれない魅力あふれる宮城県の松島に、観光の際はぜひ足を運んでみてください。


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(339)
北海道・東北(31)
  北海道(18)
  青森(1)
  岩手(2)
  宮城(7)
  秋田(1)
  山形(1)
  福島(1)
関東(110)
  埼玉(5)
  千葉(8)
  東京(59)
  神奈川(24)
  茨城(2)
  栃木(4)
  群馬(4)
  山梨(4)
甲信越・北陸・東海(51)
  長野(9)
  新潟(4)
  富山(2)
  石川(6)
  福井(1)
  岐阜(4)
  静岡(14)
  愛知(7)
  三重(4)
近畿(51)
  滋賀(4)
  京都(13)
  大阪(16)
  兵庫(13)
  奈良(4)
  和歌山(1)
中国・四国(27)
  鳥取(1)
  島根(4)
  岡山(5)
  広島(8)
  山口(2)
  徳島(1)
  香川(3)
  愛媛(1)
  高知(2)
九州・沖縄(42)
  福岡(8)
  佐賀(1)
  長崎(4)
  熊本(5)
  大分(5)
  宮崎(1)
  鹿児島(5)
  沖縄(13)

国外エリア一覧

東南アジア(16)
ヨーロッパ(33)
東アジア・中国・台湾(11)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(4)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(7)
オセアニア(7)
アフリカ(2)
北米(10)
中南米(2)

タグ一覧

アウトドア・レジャー・自然(316)
イベント情報(272)
ショッピング・買い物・お土産(326)
シーン別(434)
ビジネス・出張(155)
ロケ地、舞台(160)
世界遺産(92)
乗り物・交通・アクセス(397)
宿・旅館・ホテル(143)
旅行準備(356)
歴史・豆知識(452)
温泉・スパ(120)
絶景(295)
聖地巡礼(29)
観光旅行(453)
食事・グルメ(375)
ランキング(356)
デート(366)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(257)
ツアー/旅程(136)
海水浴場・ビーチ・リゾート(42)

人気記事ランキング