logo

top > 東アジア・中国・台湾 > 日本 > 宮城

仙台観光ならここ!仙台の旅行・観光名所12選





仙台は宮城県の県庁所在地であり、政令指定都市でもあります。

東北地方最大の都市である仙台には、都会としての良さはもちろんのこと、広瀬川や青葉山などの自然もあり観光するにはうってつけの場所です。

実際に国内のみならず、海外からもたくさんの旅行客が仙台を訪れており、2015年には仙台市内の観光客数が2000万人を超えています。

今回は、そんな魅力的な仙台を観光するならここだけは押さえてほしい場所をご紹介します。

仙台旅行を考えている人や、旅行先に仙台がまだ出ていない人にとっても、

仙台を観光するならここだけは外せない!その1:仙台城

 

仙台城は仙台市青葉区の青葉山にある城です。

別名は青葉城と呼ばれています。

 

慶長年間に伊達政宗が建てたことで有名な仙台城は、廃藩置県・廃城令があるまでの約270年もの間、伊達氏の居城でした。

そのため、仙台城には伊達政宗の騎馬像が作られています。

 

仙台城:伊達政宗の騎馬像

 

また、伊達政宗の騎馬像付近には展望台が設けられており、そこからは仙台市を一望することが出来ます。

 

仙台城からの風景

 

青葉山の自然に囲まれたところから眺める仙台市内の絶景は格別ですね。

今と街並みは違えど、伊達政宗も同じような景色を見ていたと思うと感動します。

 

<仙台城へのアクセス>

 

住所:宮城県仙台市青葉区川内

営業時間:終日解放されています

料金:無料

交通案内:

・バスで行かれる場合

⇒市バス・動物公園線「(719系統)青葉通・理・工学部・ 仙台城跡 南経由 動物公園循環」に乗り、「 仙台城跡 南」停留所で下車(所要約20分)

・自動車で行かれる場合

⇒JR仙台駅から約10分(距離 約4km)

 

 

仙台を観光するならここだけは外せない!その2:宮城県護国神社

 

明治37年に明治天皇の思し召しによって明治維新から大東亜戦争に至るまでの戦死者を祀るため、仙台城の本丸跡に建てられた神社です。

昭和14年に内務大臣指定の護国神社となり、昭和20年の仙台大空襲によって一度は社殿が全焼してしまいましたが、戦後に復興されています。

 

現在、この宮城県護国神社には、県出身の戦死者を含む5万6千あまりの人たちが祀られています。

歴史を感じるパワースポットと呼べるでしょう。

写真は取材時に撮影して頂いたものです。

 

宮城県護国神社

取材に行ったメンバーで記念撮影をしました。

 

祀られている戦死者の対象は、郷土出身の戦死者、自衛官、警察官、消防士等の公務殉職者で主祭神とされています。

 

<宮城県護国神社へのアクセス>

 

住所:〒980-0862 仙台市青葉区川内天守台

電話番号:022-223-7255

FAX番号:022-223-7269

交通案内:JR仙台駅西口バスプール9番乗り場から動物公園循環、仙台城趾南下車、徒歩5分

料金:無料

営業時間:8:30~17:00

休業日:なし

 

 

仙台を観光するならここだけは外せない!その3:国分町

 

国分町

 

国分町は仙台の「歌舞伎町」といっても良いほど様々なお店が並んでいる歓楽街です。

地元の人には「分町」と親しまれており、飲食店などは特に集中しており、飲みに行く時などに利用することが多いです。

 

正確には1丁目がオフィス街、2丁目が歓楽街、3丁目には定禅寺通りや仙台市役所などがあります。

飲食店に行かれる際は基本的に2丁目となります。

 

国分町を訪れたなら行っておくべきスポットについても記載していきます!

 

<国分町へのアクセス>

 

交通案内:地下鉄南北線「広瀬通」「勾当台公園」より徒歩3分

料金:無料

営業時間:8:30~17:00

休業日:なし

 

国分町のおすすめのお店1:旨味太助

 

仙台と言えば、そう、牛タンです。

ここでは、仙台の牛タン焼き専門店の発祥地と言われている、旨味太助をご紹介します。

 

創業は60年以上経っており、昔ながらの店構えは並ぶ人が後を絶ちません。

いつも地元の人や観光客を中心に賑わっている印象です。

 

ここはカウンター席の眼の前で牛タンを焼いて提供しているので、楽しみたければカウンター席に座ることをおすすめします。

厚く切られた牛タンに、じっくりと火で炙られた香ばしさが相まり、味は文句なしです。

 

仙台:旨味太助

 

仙台を観光するなら知っておきたい:牛タンの歴史って?

 

そもそも、なぜ仙台は牛タンが有名なのでしょうか?

それは、先ほどご紹介した旨味伝助の初代である佐野啓四郎さんが、初めて牛タンを塩焼きしたことが始まりです。

 

佐野啓四郎さんは、料理の修行中に牛タンシチューなどから牛タンの味を学び、日本人向けに牛タンを美味しく食べられる方法を模索していました。

そのときに思い付いたのが、今の牛タン焼きということです。

 

<旨味太助へのアクセス>

 

住所:〒980-0803 宮城県仙台市青葉区国分町2-11-11 千松島ビル1F

電話番号:022-262-2539

交通案内:仙台市営地下鉄南北線勾当台公園駅より徒歩3分程

料金:ランチ・ディナー共に一人当たり1500~2000円目安

営業時間:11:30~22:00(LO 21:30)、火~金、土、祝:11:30~22:00(LO 20:30)

休業日:毎週月曜日

 

国分町のおすすめのお店2:一福

 

著名人御用達の有名牛タン屋さんです。

數十分は並ぶ覚悟で臨んでください。

 

一福

 

旨味太助と同様に非常に美味しく、ここの牛タンは食べるとほっぺたが転げ落ちそうです。

仙台の元祖「味噌漬け牛タン」が売りのお店なのですが、筆者は塩タンが好きなのでどこでも塩タンを注文してしまいます。

 

一福

 

また、一福のおすすめは何といっても「牛タン刺し」です!

これが初体験の感覚で病みつきになってしまいました。

 

一福

 

ビールも販売していますので、こんなに美味しいおつまみがあったらお酒も進んじゃいますよね。

とことん牛タンを堪能したいという方は是非行ってみてください。

 

<一福へのアクセス>

 

住所:宮城県仙台市青葉区国分町2-10-4 魚好ビル1F

電話番号:022-265-7914

交通案内:地下鉄勾当台駅南2番出口より徒歩3分、勾当台公園駅から358m

営業時間:11:30~23:00

休業日:日曜日

 

 

仙台を観光するならここだけは外せない!その4:定禅寺通り

 

定禅寺通りは仙台市青葉区にある並木道です。

その始まりは1601年まで遡り、仙台城の鬼封じのためにまず定禅寺が建立され、その参道として開かれたのが定禅寺通りです。

 

仙台市のイベント会場となることも多い定禅寺通りですが、中でもおすすめなのが冬に開催される「SENDAI光のページェント」です。

地元民の間では「ページェント」や「ヒカペー」などという愛称で親しまれており、既に30回以上も開催されている仙台の冬を象徴するイルミネーションですよ。

 

約60万球のイルミネーションが160本ものけやきに彩られている様子は圧巻です。

あまりの綺麗さに言葉を失ってしまいます。

 

光のページェント

 

隣接している勾当台公園にも、光のページェントの際にはイルミネーションが点灯しています。

合わせて寄って見るのも良いかもしれません。

 

勾当台公園

 

勾当台公園

 

<定禅寺通りへのアクセス>

 

住所:宮城県仙台市青葉区国分町2丁目

電話番号:022-214-8260

交通案内:市営地下鉄勾当台公園駅から徒歩すぐ

 

 

仙台を観光するならここだけは外せない!その5:AER展望テラス

 

AER(あえる)展望テラスは、仙台駅から徒歩3分程度で行くことができ、なおかつ仙台の街並みを一望できる絶好の観光スポットです。

展望テラスが設置されているビルは仙台駅に隣接されており、31Fの展望室は北側と南側の2箇所が展望できるスペースとなっています。

 

一見、展望室は完全に室内と感じてしまうかもしれません。

若干ではありますが、外と隙間が空いていますので、風や街の音を肌で感じることができます。

高所恐怖症の人にはAER展望テラスはおすすめできません。

 

AER展望台

 

特に夜景が息をのむほどの絶景ですが、下記のアクセスにも記載している通り営業時間が夜8時までとなりますので、時間にはお気をつけて足をお運びください。

 

<AER展望テラスへのアクセス>

 

住所:〒980-6120 仙台市青葉区中央1-3-1AER31F

電話番号:022-724-1111

FAX番号:022-724-1115

交通案内:JR仙台駅より徒歩3分、地下鉄仙台駅より徒歩5分

料金:無料

営業時間:10:30~20:00(8/5は17:00にて終了)

休業日:1/1

 

 

仙台を観光するならここだけは外せない!その6:作並温泉

 

仙台の中心から車で30分ほど移動するだけで、極上の癒しスポットに行くことができます。

作並温泉は「仙台の奥座敷」と呼ばれており、伊達政宗も愛したと言われている名湯が数々あります。

 

この温泉地は江戸時代から本格的に温泉宿が営業を開始し、今でも地元民によって愛され続けています。

昔ながらの雰囲気を感じることもできて趣がありますよ。

 

 

また、作並温泉は源頼朝が見つけた温泉地だと言われています。

これはあくまで伝説として語り継がれているので、信憑性は定かではありません。

 

それに加え、作並周辺は「こけし」の名産地としても有名です。

温泉地に足を延ばすと、様々なこけしを見る機会があるかもしれません。

 

 

<作並温泉へのアクセス>

 

交通案内:

・自動車で行かれる場合

⇒仙台市内から国道48号線で約25分

・電車で行かれる場合

⇒仙台駅から仙山線で作並駅まで約40分

※作並駅から各旅館の無料送迎バスが出ています

・バスで行かれる場合

⇒JR仙台駅から仙台市営バスで約50分

 

 

仙台を観光するならここだけは外せない!その7:仙台東照宮

 

東照宮といえば徳川家康を神として祀った栃木県の神社のことですが、家康の死後には全国に大小500以上もの東照宮が建てられています。

仙台東照宮は、1654年(承応3年)に伊達忠宗(伊達氏2代目)が、幕府(徳川家)への忠誠心を示すために造られたとされています。

仙台駅から2kmほどのところにあり、現在では国指定重要文化財に指定されています。

 

本殿・唐門・透塀が国の重要文化財に指定されており、随身門と手水舎が宮城県の文化財に指定されています。

どちらの文化財も、当時の最高峰の技術を用いて造られたものとされており、その歴史を肌で感じるには最適の場所だと思います。

 

 

春には綺麗な桜が咲き誇り、秋には紅葉を楽しむことができます。

お好みのシーズンに合わせて足を運んでみるのが良いでしょう。季節を感じることができますよ。

 

<仙台東照宮へのアクセス>

 

住所:〒981-0908 仙台市青葉区東照宮1-6-1

電話番号:022-234-3247

FAX番号:022-272-9852

交通案内:JR仙山線東照宮駅より徒歩3分/バス仙台駅発17番のりば宮町経由南光台・旭ヶ丘行き宮町5丁目下車徒歩3分

料金:無料

見学時間の目安:20分程度

営業時間:9:00~16:30(ご祈祷受付時間)

休業日:なし

駐車場:普通車120台/無料

飲食施設:なし

売店:なし

 

 

仙台を観光するならここだけは外せない!その8:仙台市天文台

 

仙台市の郊外にある、立派な天文台です。

2008年にリニューアルオープンして、2015年に開台60周年を迎えました。

 

 

展示室は広く、旧天文台の3倍の広さを持ち、天文分野の博物館の中でも日本有数の規模を誇っています。

プラネタリウムや模型を見ながら、宇宙の神秘について学ぶことができます。

 

プラネタリウムは直径25mもの巨大なドームになっており、美しい星空を見ることができるだけではなく、迫力のある映像も合わせて見ることで素晴らしい幻想空間へと誘ってくれます。

また、国内でも有数の大きさを誇る口径1.3メートルのひとみ望遠鏡で、肉眼では絶対に見ることのできない、遠くの星まで観察することができるんです!

 

特に、観光に来たけど雨で外に出辛い!なんてときには最高のスポットになることでしょう。

子供から大人まで楽しめますので、お子さんのいるご家庭も満足して頂けることかと思います。

雨の日だけではなく、企画物の展示やプラネタリウムのコンサートなど、1年を通じて様々なイベントが開催されていますので、いつでも「無料で」遊びに行くことができますよ。

 

<仙台市天文台へのアクセス>

 

住所:〒989-3123 仙台市青葉区錦ケ丘9丁目29-32

電話番号:022-391-1300

FAX番号:022-391-1301

駐車場:125台(うち身障者用5台)、大型バス6台

駐輪場:バイク16台、自転車32台

料金:無料

利用時間:9:00~17:00(土曜日は21:30まで)

交通案内:

・自動車で行かれる場合

⇒仙台駅前から約30分、または東北自動車道仙台宮城ICから国道48号線経由で約10分

・仙台駅からバスで行かれる場合

⇒バス会社ごとに時刻や本数が異なります。時刻表をご確認の上ご利用ください。

愛子観光バス

「錦ヶ丘」行き

さくら野百貨店西向いリッチモンドホテルプレミア前停留所→錦ヶ丘七丁目北・天文台入口下車→徒歩5分

※仙台市天文台そばには横断歩道がないので、バス停そばの横断歩道を渡ってから行ってください。 

タケヤ交通

「秋保・川崎 仙台西部ライナー」

仙台駅西口→仙台市天文台→徒歩すぐ

※仙台市天文台は、開館日のみの停車につき休館日は通過となります。

仙台市営バス

「錦ケ丘」行き

仙台駅前/バス(10番のりば)→錦ケ丘七丁目北・天文台入口下車→徒歩5分

※仙台市天文台そばには横断歩道がないので、バス停そばの横断歩道を渡ってから行ってください。

 

 

仙台を観光するならここだけは外せない!その9:輪王寺

 

 

元々、輪王寺は1441年(嘉吉元年)に伊達持宗(伊達氏11代目)が祖母の冥福を祈るために創建しました。

その後、伊達氏の転地とともに各地を巡り、1602年に伊達政宗が仙台に居城を移したと同時に現在地に定められました。

 

1876年に火事が発生し、仁王門以外はすべて焼き尽くされてしまいました。

そこからすぐに再建されることはなく、1915年に無外和尚が現在の本堂を完成させたそうです。

 

無外和尚は本堂にとどまらず、庭園の手入れにも尽力し、亡くなるまでの1943年までに現在の規模まで庭園を完成させたと言われています。

 

境内の中は広く、庭園の大きさは仙台一を誇っています。

庭園を見に、多くの観光客が毎日訪れています。

 

5月は新緑とツツジやヤマブキが6~7月はアヤメや菖蒲が咲き乱れ、秋には紅葉が、冬には雪景色が広がるので、年中飽きることなく四季折々の景観を楽しむことができますよ。

 

特に、冬の輪王寺が物凄く素敵です!

以下の写真で幻想的な雰囲気を少しでも感じて頂ければと思います。

 

 

<輪王寺へのアクセス>

 

住所:〒981-0931 宮城県仙台市青葉区北山1丁目14-1

電話番号:022-234-5327

FAX番号:022-275-5050

交通案内:

・仙台駅から行かれる場合

⇒タクシー15分、市営バス25分(中山ニュータウン行または北山廻り子平町行「輪王寺前」下車)

・北仙台駅から行かれる場合

⇒徒歩10分


フォローして最新の旅行・観光記事をチェック!



検索

国内エリア一覧

日本全体(79)
北海道・東北(10)
  北海道(4)
  宮城(2)
  山形(1)
  岩手(1)
  福島(1)
  青森(1)
関東(24)
  千葉(3)
  埼玉(2)
  山梨(1)
  東京(6)
  栃木(1)
  神奈川(8)
  群馬(2)
  茨城(1)
甲信越・北陸・東海(13)
  三重(2)
  富山(1)
  新潟(3)
  石川(2)
  福井(1)
  長野(2)
  静岡(2)
近畿(13)
  京都(4)
  兵庫(3)
  和歌山(1)
  大阪(3)
  滋賀(2)
中国・四国(9)
  山口(2)
  岡山(2)
  島根(1)
  広島(1)
  香川(1)
  高知(1)
  鳥取(1)
九州・沖縄(7)
  宮崎(1)
  沖縄(4)
  長崎(1)
  鹿児島(1)

国外エリア一覧

東南アジア(12)
ヨーロッパ(13)
東アジア・中国・台湾(5)
南アジア・インド・ネパール(1)
中近東(2)
ミクロネシア・ハワイ・グアム(4)
オセアニア(3)
アフリカ(1)
北米(5)
中南米(1)

タグ一覧

アウトドア(75)
イベント情報(67)
ショッピング・お土産(63)
シーン別(102)
ビジネス・出張(26)
マナー(27)
ロケ地(51)
世界遺産(35)
乗り物・交通(102)
宿・旅館・ホテル(39)
旅行準備(66)
歴史・豆知識(113)
温泉・スパ(33)
絶景(95)
聖地巡礼(13)
観光旅行(132)
言語・役立ちフレーズ(6)
食事・グルメ(89)
ランキング(11)
デート(69)
旅行グッズ・商品紹介・レビュー(19)

人気記事ランキング